FC2ブログ
昨日、ある仕事の中間報告会がありました。
その場でのプレゼンテーションの出来次第で、
私の年末年始の過ごし方が変わります。

それなりに準備してプレゼンをしたところ、大成功!
とってもうるさ型で有名なクライアントが、全くクレームをつけず、
「これで良いです。よくできています。」と評価してくれました!
やったね!この先も作業は続きますが、とても気分が楽になりました。

気分良く帰宅して、家族とも久しぶりにゆったりとした心で接し、
されどお父さんは夜に向かう場所がありました。
ついに今年の「若連(わかれん)」が始まったのです。

若連とは、地域の祭りの時に演じる集団です。
獅子、笛、太鼓、人形の操作など。
私は加子母に移った年から笛で参加し、今年で3シーズン目を迎えます。

当初はなかなか音が出ず苦労しましたが、
お陰さまでそれなりに吹けるようになり、
気がつけば獅子舞の笛を吹く立場の一人になっておりました。

でも実力はまだまだ。
一歳年下の師匠・Kさんが傍にいなければとてもおぼつきません。
それでも外から来た人間をここまで引っ張ってくれる皆さんの心意気が嬉しくて、
ずっと続けています。

その若連、これから1年半ほどが大切な時期に入ります。
加子母十区あるうちで、我が区が来年は当番になっているのです。
来春の神社二箇所での獅子舞奉納に始まり、
秋は設楽祭(しがくさい)、
そして再来年の正月明けに伊勢神宮での獅子舞奉納があります。
そんなハレの場に私も出ることになっておるのです。

その大切なシーズンの練習会初日が昨夜開かれました。
でも想像した通り、まだ演者の集まりは少ないです。
集まったのは僅か5名。
それなりに軽く音合わせをして、後は即宴会に突入。
でも実はこれが大切なのです。

加子母では知る人ぞ知る酒飲みの若連代表・Tさん(一歳年下)が、
大好きなにごり酒と泡盛を持ってきてくれました。
彼は本当にこの手の酒が大好きです。
私も仕事が一山越えた気分も手伝い、美味しくいただきました。
こいつは飲み過ぎると足にくるんだよなぁ。
MA330001.jpg

宴会でははっきり言って大層な話をする訳ではないのですが、
飲みながらよもやま話をするうちに、コミュニケーションが深まります。
昨夜は過去の祭りの様子から、
地元消防団の話題(特に団の沖縄旅行話)で大盛り上がり。

そしてご時世の不景気話題で時は流れ、
あっと言う間に午前様直前!
大急ぎで片付け、家路に着きました。

こういう時の過ごし方って久しぶりだなぁ。
これぞ田舎での暮らしそのものです。
都会暮らしの人たちには想像し難いかもしれませんが、
この飲み会込みの練習会、これからずっと週に二日ずつ続きます。
春には週3日以上になるとか。
こうやってだんだんと「濃い関係」になっていきます。
これぞ田舎の醍醐味です。

↓ブログランキングに応援よろしくお願いします!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト