FC2ブログ
こんな立派な学校があったのですね。
昨夏によきかな号を天ぷら油仕様にしたワークショップで、
そちらの「生徒」だという40歳のコバケンさんと奥さんが来てくれ、
その時に学校の話をしてくれたのですが、失礼ながらその時は、
数ある専門学校の一つくらいにしか認識しておりませんでした。

それがたまたま「いかそまい会(循環型地域づくり研究会)」立ち上げの際、
会長から「この先生に会ってらっしゃい。」と紹介された、
バイオマスの権威というK先生がこの学校所属だったのです。
そこで先生に会いに行くということで、学校訪問が実現しました。

行ってビックリ!何とも立派な校舎群です。木造建築にこだわったとか。
1校舎1
2校舎2
3校舎3

事務棟のエントランスのこの壁の広さと高さに圧倒されます。
4壁

これらの写真は施設のほんの一部です。
周りにはコテージもあり、33haの林がありと、広大な環境の中にあります。
その中で、「大学を卒業した」生徒さん80名ほどが学んでいます。
講師陣もそうそうたるメンバーです。
森林文化を学ぶ環境としては日本随一だそうです。
詳しくはこちらをどうぞ。

こんなすごい施設を作っちゃった岐阜県に驚きますが、
その割に人がほとんどいないことにも驚きました。
この時期は学生が少ないというのもありますが、もともと学生数が少ないですよね。

ある一角で、子供達の歓声が聞こえました。
そこでは学校の施設を利用した「幼稚園」が開かれていました。
講師のナバさん(風貌がナバホ族に似ているかららしいです)が主催して、
共感する親御さんたちと一緒に始めたとか。
この日は豆まきをして子供達が走り回っていました。
いいですねぇ。やっぱり施設は使われて賑わいがあってこそなんぼです。
5幼児

紹介されたナバさん、「ああ、もりのいえの!」とご存知の様子。
聞けば、昨春のわらべ村イベントに出店した時、
うちの限定10食弁当の予約が終了していて悔しい思いをしたとか。
その後も「もりのいえ」に遊びに行こうとしながら、時間が取れないでいたとか。

いろんなところに顔を出していると、いろんなご縁がつながるものですね。
そしてイベントではどーもすいませんでした。
今年はもう少し多くの方々に口にしていただけるように考えていますので、
めげずにお越しください。
そして是非もりのいえにもどうぞお越し下さい!

わたしが「よきかな号」で来ているということを、コバケンさんがアナウンスしたところ、
ワラワラと人々が集まってきました。
ひと通り説明すると、さすが皆さん大関心の様子です。
6群がる人々

でも面白いのは、ここの人たちって、歳をとった学生が多いこともあってか、
どなたが先生で、どなたが学生か、よく分かりません。
先生も結構権威の方が多いはずですが、ぜんぜん偉そうにしていないです。
つい「めだかの学校の二番」を思い出しました。

♪メダカの学校の メダカたち 
だれが生徒か 先生か
だれが生徒か 先生か 
みんなで げんきに あそんでる♪

もちろん皆さんは遊んでおるわけではないですが、
とても和気藹々(わきあいあい)とされていました。
もし私に時間と金があったら、2年間こういうところで学ぶのもいいなぁ。
コバケンさんご夫妻、ご案内ありがとうございました。

それにしても、正直なところ、
「これだけの環境が整っている施設を、もっと活用すべきだなぁ。
もったいないなぁ。」と感じました。
もしお子さんが自然に関心をお持ちなら、ちょっとのぞいてみませんか?

↓ブログランキングに参加しています。
↓よろしければ「一日1クリック」の応援よろしくお願いします!
↓押してくださると励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト