FC2ブログ
やりかけのことが満載の私ですが、
その中でも本当にずっと「そのまま」になっておったものがあります。

それは、かつて故大橋氏の遺した木材を処分するお手伝いをした際、
「安く材を購入できたお礼に」と、
地元の木工業者さんからいただいた材でした。
直径1mほど、厚さ10cmに胴切りした栃の木です。

最初いただいた時は、「これは立派だ!テーブルにしたら良いだろうな。」
と喜んだものですが、何と言ってもでかくて重いです。
この材に耐えられる足となると、
相当頑丈なものをしっかりと固定する必要があります。

「ま、いつか加工できる時もあるでしょ。」と軽く考え、
客が来た時はそいつを畳の上にドンと置いて
車座になって食事を提供した時もありました。
ところがどうしても場所を取るのが難点で、
「早く足を付けねばならないなぁ。」と気にかけておりました。

ところが、昨日玄関先で、正月に使った臼を見かけてピンときました。
「臼って、テーブルの足に良いかも?」
でも目の前の臼は餅つきに使います。それに直径が少し小さい。

「そういえば、離れ家の中に大きな臼があったよな。」
うちの離れ家は本当にいろんなものがあります。
先日、手動のもみすり機が現れた時は驚きました。しかも3台!

ということで一人いそいそと中に入ると、ありました!
巨大な臼です。しかもひびが入っているので実用には厳しい様子。
一人でえっちらおっちら運んで、縁側の前に持ってきました。
1大臼

そして課題のテーブルを載せます。
おお、ピッタリではないか!
こいつはその風情から、「キノコテーブル」と呼ぼう。
U太も興味津々です。それにしても2月から下半身裸か!?
2キノコテーブル

おい、上に乗るな!
3登るな

ということで、長い間の課題があっと言う間に片付きました。
それにしても相当な存在感ですよ、キノコテーブル。

片付いたと言えば、もう一つ大きな「やりかけ」課題がありました。
母屋の雨どいから来た水は、三方は雨水タンクで受けて利用していますが、
南西角の水だけはタンクを置かず、パイプをつたって庭に流しておりました。
4雨どいから

ところがそのパイプの先でどうやって利用するかを決めきれずにいたものですから、
パイプを地上に出したままにしておったのです。
「夏は他の事で手一杯だし、冬の間は地面が凍っているのでできない。」
と言いながら、2シーズンが過ぎておりました。
その間、夜中に我が家を訪れる人々が何度足を引っ掛けたことか。

でも昨日、懸案のテーブルが片付いたことで気を良くした私は、
一気に作業することにしました。
ツルハシでえっちらと地面を掘ると、何のことはない、サクサク掘れます。
「こんな作業を面倒がっていたのか!」と我ながら呆れてしまいます。
こちらもあっと言う間に完成!
「フローフォームを作りたい!」という希望は今でもありますので、
この先にいつか取り付けたいものです。
5埋める

この日は他にも土間の片付けや、いろいろ家の中の掃除がはかどりました。
「すごいね、masan!」とかみさんがおだてます。
「俺ゃあ、やる時ゃあやるぜ!」
「うんうん、やる時はやる人だよ、あなたは!」
豚もおだてりゃ樹に登ります。私はおだてりゃ天にも昇ります。
6土間

ということで、懸案の課題が次々と片付いた、
とても気持ちの良い日でありました。

↓ブログランキングに参加しています。
↓よろしければ「一日1クリック」の応援よろしくお願いします!
↓押してくださると励みになります。ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
スポンサーサイト