「久しぶりにあそこのイタリア料理を食べたいわ。」
お袋が嬉しいことを言ってくれたので、
家族揃ってじいちゃん&ばあちゃんと食事に出掛けました。

「あそこ」とは、ピアット・ウーニコさんです。
中津川市のゴミ処理施設をちょっと行ったところにあります。
(こんな説明の仕方、良くない?)
私たちが大好きなお店です。

でも最近はご無沙汰しておりました。
理由の一つは言わずと知れた「KAN太の誕生」です。
かみさんは外食どころではなかったからね。

そしてもう一つの理由は、ウーニコさんの側にあります。
まず、昨秋彼女は、イタリアはフィレンツェに旅に出掛けたのでありました。
詳しくは聞いていませんが、それはもう大変な刺激を受けて帰ってきた様子。

帰国後、彼女を待っていたのは来客の波でした。
このご時世に、まるで休みを取れないでいたのですと!
特に2月は嘘のように忙しかったとか。
きっと彼女がますますパワーアップしたことが
噂で広まったのではないでしょうか?

「次の子が産まれたら、加子母にケータリングに行きますからね!」
と約束してくれていたウーニコさんですが、
とてもじゃないが外出できる状態ではなかったとか。

そこで今回はこちらから押し掛けた形になったのですが、
ありがたいことに格安で「ご祝儀ランチ」を提供してくれました。
さて、どんな料理が現れたか?

まずは前菜のサラダです。一見して普通のサラダですが・・・
採れたての野菜に、左側には新鮮なトリガイと、
「ボッタルガ」と呼ぶからすみが添えてありました。
1前菜サラダ

そして右側には「ノレソレ」と呼ぶマアナゴの稚魚が!
う~ん、いきなり珍味連発です。
2ノレソレ

そして現れたディッシュは、
解禁されたばかりのアマゴのスモークにバルサミコソースを掛けたものと、
ピザの取り合わせです。
その間に添えた「幸せの黄色いトマト」も甘くて美味しかった。
3アマゴスモーク&ピザ

そして二つ目のメインは、塩漬け豚と、
大きなソラマメなどのソテーです。
豚肉がとっても柔らかくて美味いのなんの!
4塩漬けブタとソラマメ

肉系が苦手なかみさんには、手長海老です。
一口もらいましたが、甘い!
5手長エビ版

ところでウーニコさんはパンも美味しいのです。
でも今回はあまりたくさんは食べないでおきます。
6パン

というのも、何とこの次にパスタが登場したからです。
これは「穴子のパスタ」。
天ぷら用の薄いのではなく、とっても肉厚の立派な穴子だったとか。
7穴子のパスタ

そしてデザートは「土佐ブンタンのゼリー」です。
とっても口当たりが良くって、気分サッパリ!
8土佐ブンタンのゼリー

最後にしっかりとした味のコーヒーをいただきました。
もう大満足!
中津川でこんな食事をいただけるなんて、何と幸せなことでしょう!
これが大都会だったら、一体いくら請求されるであろうか?
いやいや、値段の問題ではありません。

ウーニコさん。イタリアからの帰国後に何が変わったかというと、
一日に一組くらいしか取らなくなったのだそうです。
もちろん予約制です。

そして、やって来られるお客さんをイメージして、
毎回メニューを変えるのだとか。
ですから、同じメニューはないのだそうです。
この心意気が素晴らしいです。

かくしてとっても幸せな気分でお店を後にした私たち。
「またいつか行きたいものだね。」
「こんなに何度も行きたい店って、そうはないよね。」
と、いつまでもニコニコでありました。


そして実は今日が私の誕生日です。
48歳になりました。
私は食事中、密かに自分へも祝福しておりました。
ウーニコさん、ありがとう!
これからもお付き合いのほど、ヨロシク!

(お店の紹介は、こちらをご覧ください。)