昨日はかなり面白いご縁で出会った方と再会しました。
tokoshieさんは、かつて「吉村医院」で検索して私のブログに辿り着き、
その後も継続して読んでくれていたのですが、
たまたま昨年の秋、岡崎のメガスーパーでお仕事があったのだそうです。

丁度その頃、私たちはKAN太の誕生を待って吉村医院に滞在中でした。
その様子をブログでも書いていたので、
「もしかして会えるかも。」とtokoshieさんは期待していたそうです。

そして運命の時!
たまたま私とU太が二人でそのスーパーに買い物に行き、
たまたま別の用事ができて他のルートで駐車場に向かおうと、
階段を下りかけた時に、声を掛けられました。

「もしかして、U太君ですよね?」
「はっ?」
地元ならばまだしも、遠く離れた岡崎のスーパーで
このように声を掛けられたら驚きますよね?

「は、はい。そうですが・・・」
「あの、私、ずっとmasanのブログを読んでいるのです。
そして先ほど目の前をお二人が通りかかったので、
声をかけさせていただきました!」
と、興奮気味に話す女性は、決して怪しい人には見えませんでした。

「それはどうも。確かに私たちはあなたがおっしゃる人間ですが、」
と、その方の名札を見て再びビックリ!
苗字が同じなのです。不思議なご縁ですね。

その場は名刺をお渡ししただけで、すぐにお別れしましたが、
勿論かみさんに伝え、「いつかまた会えたらいいね。」と話しておりました。
そのtokoshieさんがご主人と一緒に加子母に来てくれたのです。
これは丁寧にお出迎えせねば。

昨朝は早くから山野草を集めに出掛けました。
そして玄関にも紅白の梅を飾ります。
こういう「設え(しつらえ)」も、少しずつできるようになってきました。
1紅白でお出迎え

ところで、今回はtokoshieさんたちに一つご提案をしました。
私たちは近々、完全予約制で人数を限定した食事を提供するつもりでいます。
そこで今回はお客さんを迎えるテストをさせてもらうことにしました。

テストとは、
「どんな献立で、どれくらいの体裁と段取りになるであろうか?」
というものです。
そして今回は想定する価格よりもお安く食事を提供することで
了解してもらったのです。

それではご紹介します。
まずはスープから。
「稗(ヒエ)と大根のポタージュ・ハコベソース」
2稗と大根のポタージュ/はこべソース

「ノビルの梅味噌添えと、カンゾウのエゴマソテー」
3ノビルの梅味噌添えとカンゾウのエゴマソテー

銀手亡(ギンテボウ、白インゲンの一種)とレンコンのロースト
4銀手ボウとレンコンのロースト

クレソンの白和え
5クレソンの白和え

山野草の天ぷら盛り合わせ
(フキノトウ、カンゾウ、ヨモギ、セリ、ノビルの根、
菜花、ユキノシタ、タンポポ、スイバ)
玄関と同じく、紅白の梅をあしらいました。
6山野草の天ぷら

そして最後が岩魚の塩焼きです。
画像が暗いですが、今回のはかなり大きかった!
まさに「尺モノ」です。
これは捕まえてさばくところからお見せしました。
7岩魚塩焼き

ご飯は酵素玄米です。
おかわりの際は自家製のふりかけを数種出しました。
(大根葉、スギナ、ツクシ、胡麻味噌、ゆかり)

tokoshieさんご夫婦、とても喜んでくれました。
そんな姿を見て、私たちも嬉しいです。
そしてお店で買い物もしてくれて、なお嬉しい。
8tokoshiieさん夫婦

人のご縁って不思議ですよね。
あの日、あの時に彼女が思い切って私たちに声を掛けてくれなかったら、
今回の場は無かった訳です。
人とコトの出会いに感謝です。

そして「飲食」のテストは無事終了。
段取りの面でまだ無駄は多いですが、
こういうのは慣れるしかありませんので、
少しずつ回を重ねていきましょう。

ところで今回はテストでしたので格安で提供しましたが、
本番となればどうしましょうかね?
今回のランチ、皆さんならいくら払います?