FC2ブログ
昨日、地区の春祭りが無事終了しました。
そして、我が家ではまぁ見事に怒濤の日々が続いております。
ウーファーや友人たちが大勢訪れてくれて、
ピーク時には15名で寝泊まりしておりました。
食事風景はまさに大家族!
P5030015.jpg

この数日間、実に様々な出来事がありました。
その内容を逐一書いていきたいところですが、
そうすると私は丸一日ブログを書いて過ごすことになり、
まるで「ブログ作家」になってしまいそうなので、
さすがにそういうことはできません。

ですから、これから数日かけて、
ぼちぼちと書いていこうかと考えてもいますが、
でもその間にきっと新しいネタが登場するんでしょうね。

春祭りでは、初めての経験ばかりの上に、
幾つもの「役」が重なり、大わらわでありました。
詳しくは後日の報告として、ともかく無事に終わって良かった、良かった。

そして、ウーファー達のパワーには驚かされています。
彼らは実に多くのことを残してくれました。
「ここがこうなればいいなぁ。」
「早くこの作業をしておかねば。」
そんな作業が次々に片付いています。

私はただ指示をしたり、お願いをして、
後はにこにこしているだけで物事が進むのです。
まるで魔法を見ているかのようです。
「願えば叶う」とはこういうことなのかな?

もちろん良いことばかりではなくて、
上の写真のような暮らしが続いているので、
家族のプライベートタイムはありません。

また、今ではウーファー達に作業を任せて、
私はデスクワーク中心にシフトしてきているのですが、
とは言うものの自分の作業に没入できるほどにはならないですね。

そして、今も次々とウーフの打診メールが届いています。
現在のところ、ざっと7組ですかね。
国は様々です。ライフスタイルも様々。
敬虔なユダヤ教っぽいカップルや、
とても仲の良さそうなニューヨークの男性二人組などなど。

彼らが最初に送って来るメーッセージの内容も様々です。
丁寧に自己紹介する人がおれば、
「アロハ!そちらのことを知りたいので教えて!」
という一文で済ませる人もいます。
そんな人には、「まずは自己紹介をしてください。」と、
多少冷たく返しています。



ここ数日の怒濤の暮らしを続けながら、
私はある感覚を感じています。
それは「また一つ、試される時がやってきたのかな?」というものです。

地域行事にせよ、ウーフにせよ、
共通しているのは「求められている」ということです。
正直言って地域行事の方は「これ以上は動きが取れません!」状態ですが、
ウーフに関して、「もりのいえで過ごしたい!」
という求めにどれくらい応えて生きていけるだろうか?

これまでにも何度か「試されているな」と感じた時がありましたが、
今回の「試し」に近いのは、八ヶ岳で陶芸工房を開いた時です。
最初は勤めている障がい者更生施設の人々が利用できるようにと考えて
準備していたのですが、近所の人々の求めに応じて、
「年中無休、24時間開放、完全無料」の工房を開きました。
土代、釉薬代、焼き代もいただきませんでした。

「何故、一銭もお金をもらわないの?」と、よく訊ねられ、
「いや、私は素人だし、これは道楽だから。」と答えていましたが、
実は違います。

私はその方針を決めた時、私自身の心を開放していたのです。
「お金のやりとりではない、心のやりとりをしたい。」という気持ちが、
そのような判断をさせました。
(そのおかげで、かみさんと出会うことになった訳ですが。)

そして今回も同じような心境になってきています。
つまり、「私たちの暮らしに関心を持つ人々が
世界中からやって来るのであるならば、
それを断る理由は無いだろう。」というものです。
「理由」と言うよりも、「流れ」ですかね。

私は物事の流れをとても大切にします。
今も大きな流れに身を任せて過ごしているようなものです。
その流れの行く先は、
「求めを分け隔てなく受け止める」ということなのかもしれない。

何だか宗教っぽい物言いになりましたが、
私は特に何かの宗教を選んでいる訳ではありません。
でも自分自身の生き様の問題として、
そんな心境になりつつあるこの頃であります。
今から思い起こせば、
うちの電気をやっとこさ40Aに落としたのは昨年の秋のことでした。
その後、我が家のブレーカーが落ちたことはありません。

そして先日の「六ヶ所村ラプソディー」上映会
鎌仲監督の講演会で出た話題が、「アンペアダウン」でした。
つまり、現在、電力会社と契約しているA(アンペア)を
下げようという働きかけです。

何を言いたいかといいますと、
普段使っていてブレーカーが落ちないということは、
「それで安心」ということではなく、
余計に契約して支払っている可能性が高いということなのです。
だから、もっと切り詰めることができるはずです。

加えて、我が家では晴れて太陽光発電システムが稼働しました。
まだ容量は少ないけれど、それでも多少の足しにはなっているはず。

そこで改めて頭を整理します。
・まずは使う電気をもっと減らそう!
・そしてできるだけ日中の太陽光発電の分を利用しよう!
・ならば、電力会社との契約単位をもっと減らせるのではないか?
という理屈です。

そこで、中部電力に電話しました。
すると、前回のアンペアダウンから一年を経ていないので、
もし新たなアンペアダウンを申し出ると、
余計な出費が出るかもしれないとのこと。
確かに中部電力にすれば、客を逃がしたくないですよね。

でも結局今回はそういう「足かせ」は無く、
即日担当者がやって来ることになりました。
やってきた担当者、前回も会った人かなぁ。
とても当たりが柔らかいです。

その方に「20Aまで落としてください。」とお願いしました。
それを聞いて、「本当にいいんですね?」と何度も訊ねられました。
本当に何度も。

そして、「今はいいですけれど、
冬場、ホットカーペットを使うと結構いきますよ。」とか、
「風呂やストーブで結構電気を使いますよ。」と、
決して嫌みではなく、親身になって心配してくれました。
「うちにはホットカーペットはありません。
風呂やストーブは薪です。大丈夫です!」と言い切る私。

でも、このひと言にはこたえました。
「シャワートイレをお使いでしたら、それだけで結構使いますよ。」
シャワートイレは水を温めておくのと、便座の保温が一体となっていて、
どちらか片方だけ利用するという訳にはいかないのです。」

シャワートイレ大好きの私としては相当悩みましたが、
「では、これからは使いません!」と宣言しました。
その様子を嬉しそうに眺めるかみさん。

何度も確認され、やがて工事が始まりました。
一旦ブレーカーを落として、器具を取り替え、
改めてブレーカーを上げるだけの作業です。
ついについた20A!
P5030006.jpg

その際、一連の作業をしていた担当者さんが
「さすがですね。」とうめきました。

「どうしたんですか?」と訊ねると、
「いや、一旦切って、その後上げると、
既につながっているいろんな電気器具が一斉に立ち上がろうとるすので、
その時の分量で大体の様子が分かるのですが、
この家は200W程度でした。この家は本当に普段の電気使用量が少ないです。
経験的にこの段階で1/10の数値が出るものですから、
この数値でしたらきっと2000W(100V×20A)でも大丈夫でしょう。とのこと。

何だか嬉しくなりました。
「やったね!」という気分です。
さて、ということで20A生活、始まりました。
本当に少しずつ、願っていた暮らしに近づいてきています。
「そういえば、コシアブラをたくさん採らなきゃ!」
かみさんが思い出したように言いました。
今年も5月23日にわらべ村のアースマーケットに出店する予定ですが、
その食材にコシアブラが必要なのです。
(こちらにもりのいえが紹介されています。)

コシアブラは今が旬なので、もちろんその時期には採れません。
ですから今のうちに採っておいて、冷凍しておくのです。
それを採るならば頭数がいる今がチャンスです。

ということで、午前中はみんなで山に入りました。
でも危惧していた通り、一番芽は他の人が採った後です。
しかも今年は暖かいため、結構大きく育っています。
一週間早くコトを起こしておれば良かったかも。

それでも少しずつ集めているうちにそれなりにはなりました。
そして、
「もし季節が早まっているのならば、あいつがもう出ているかも?」
あいつとは、私の愛する「モミジガサ」です。

そこで、彼らと一緒に目指す場所に向かいました。
すると、
ありました!我が愛しいモミジガサよ!
1モミジガサ

ウーファー達に「これはとっても貴重な山菜だからね。
京都の料亭とかで出たら相当高いんだから!」
と半分脅しながら伝え、一緒に採りました。
2採る

あぁ、何と愛しい姿であろうか!
この地に降りた星ですね。
3モミジガサ2

一方こちらはラブラブのカップル。
彼らにとれば場所はどこでも良いのかもしれませんね。
手をつないでコシアブラを採っておりました。
うんうん。そんな時をこの地で過ごしてくれるのならば良しです。
4ラブリーな二人

結局、なんだかんだ言って、これくらい採れました。
これで何とかイベントに使えそうかな?
やっぱりウーファーがいるといろいろコトが進むものです。
ありがたいですねぇ。
5収穫
随分もったいぶって間延びしてしまいましたが、
ようやく後半です。

「それはきっと、掃除口が一個しかないからですよ。」
この風呂を含めた、水回り全体をリフォームしてくれたTさんは、
いとも簡単に言ってくれました。

これには説明が必要です。
窯の煙は浴槽の底の一旦奥まで届き、その後煙道が左右に分かれて、
今度は浴槽の両脇を手前に流れて焚き口の両側に辿り着きます。
そう流れることで、浴槽全体が暖まる訳ですね。

そして焚き口に向かって左側の煙道は、焚き口の上を通って、
右側の煙道と合流し、家の外に出て、煙突につながる仕組みになっています。
(言葉だけでは分かりにくいないかな?)

この煙道、結構煤がたまるのでマメに掃除する必要があるのですが、
これまでは焚き口の左側にしか掃除口がありませんでした。
これが証拠です。
8煙が前から出る

でも向かって右側の煙道の方は掃除口がありません。
つまり、右側は相当詰まっていることが予想される訳です。
ということは、左側の煙道しか生きていないのかも。
Tさんはそのことを言っているのです。

でもちょっと待ってよ!
「何でそもそも右側に掃除口が無いのよ?」
最初から無かったとしたら、右側は絶対詰まるではないか!
それを訊ねると、浴槽の設置条件が厳しかったので、
本来は焚き口の両側に掃除口を付けるはずが、
家の外の煙突口に一個移したために、右側の分が足らなくなったとのこと。
これがその家の外に付けられたものです。
1外の口

「だったら、何故その時に言ってくれなかったの?
追加の掃除口を手に入れて設置すれば良かったのでは?」
と言いたい気持ちをぐっとこらえて、
「じゃぁ、焚き口の右側に穴を開けようか?でもお金は無いよ。」
と少々突っぱねて答えました。
困ってしまったTさん、結局格安で引き受けてくれることになりました。

さてGW前にやってきたTさんと左官屋さん。
約束通りに焚き口の右側に穴を開けて、掃除口を付けてくれました。
やれやれこれでようやく火が点くか?
1右側に扉

ところがTさん達、何やら浮かぬ顔をしています。
どうやら向かって右側の煙道は、それほど詰まっていなかったらしい。
つまり、右側に穴を開けても状態は変わらなかったのです。
そして相変わらず煙は手前から出ています。

「何でやろ?」思案を重ねるTさん。
「煙突掃除はしているんですよね?」
「はい。でも焚き口からの最初の煙突は簡単に外せないので、していません。」
煙突は窯口から真っ直ぐに上がって、
その後二度曲がって上がっているのですが、
最初のやつ(何故かこれだけ石綿製)だけは掃除していなかったのです。

「もしかして・・・」
しばらくして、煙突を全て取り外し始めました。
すると、何と!すごいことが明らかになりました。
それがこれです。
すごいでしょ?煙突がタールでほぼ詰まっております。
よくぞこんな状態で、今まで風呂が沸いていたものだ。



2詰まる

「こりゃひどいわ。これで焚ける訳がない!」
そこで煙突は新しいステンレス製に換えられました。
3新煙突

これでようやく火が点くようになるのかな?
半信半疑、いや期待を込めて火を点けます。
なかなか良い感じかな?でも油断大敵です。
4着火

しばらくすると綺麗な炎が立ち始めました。
5いい感じ

煙突からの煙。元気です。
6煙

そしてこの炎!見事ですね。
とても効率良く燃えているようにみえます。
7美しい炎

いやぁ、ありがたいです。
結局、焚き口の煙道右側は問題無かったので、
金をかける必要がなかったと言えばそうですが、
でもそのおかげで真の原因が分かったし、
その作業分は請求されなかったので、ラッキー!

ということで、長かった試行錯誤の道でしたが、
その後は快適に風呂を焚けております。
火からは本当に多くのことを学ばせていただいています。
奥が深いなぁ。
さぁ、いよいよお目見えです。我が家の独立式ソーラーシステム!
どうですか?この凛々しい姿。
青い空、緑の山に映えています。
私は「サンフラワー・システム」と名付けることにしました。
1全景

サンフラワー・システムのすごいところ、其の一。
季節に合わせて動きます。
これが夏至の頃。
2夏至

これが春分と秋分の頃。
3春分秋分

そしてこれが冬至の頃です。
4冬至


サンフラワー・システムのすごいところ、其の二。
一日の動きに合わせて動きます。
これが朝のポジション。
5朝

昼。
6昼

夕方です。
まさにサンフラワー(ひまわり)の真骨頂!
7夕

これらの動きをコントロールする目安が、
何と!パネルに垂直に立てられた一本の釘なのです。
この釘の頭の陰が一番小さくなるようにすることで、
太陽光を真っ直ぐに受けることができます。
8釘

そして作られた電気はコントローラーに送られます。
9コントローラー

続いてインバーターに。
このインバーター用の台は、ジョシュアと私の共作です。
屋根裏から出て来た煤けた材を使いました。
風情があるでしょ?
10インバーター

これらを設置した場所は、屋外トイレの前です。
これは確か今の店の畳を外した時に、下に敷いてあった板です。
これもまた良い風情。
バッテリーも設置して、システムは完成!
11セッティング

ではつないでみましょう。
うちに残っていた60wの灯りを幾つか点けてみます。
嬉しいですねぇ。
目の前に降り注ぐ太陽の光が、この灯りを作っているのですよ。
12灯り

太陽を追うシステムは、今のところは手動です。
いずれ、「自動式」になる予定とか。
「とか」なんて言っているのは、
全ては作って下さった皆さんの頭の中にプランがあるからです。
きっとこれが「すごいところ 其の三」になることでしょう。

そして「すごいところ 其の四」は、
発電パネルの下で野菜が育つのです!
つまり、畑の真上に立つサンフラワー・システムです。
どうです?すごいでしょ?

こうして待望ののソーラー生活が始まりました。
あれから三日経ちましたが、
現在では、パソコン2台と、それぞれのデスクの灯り、
そして我が家の高電気料金の元凶、酵素玄米用の保温ジャーに使われています。
夜はさすがに元に戻しますが、
少しでも「脱電力会社」できたのがとても嬉しい。

日中はもう少し使える気がします。
でも延長コードが無い。
今も我が家の足元はコードがあちらこちらを張っています。
しばらくの間は試し使いをしてみて、感じをつかめたらきちんと配線します。

電気の使い方について。
人は現在使っている分量を減らさずに、代わりの方法を探しがちですが、
私はまず「使う量を減らすこと」が先決だと思います。
電球を省エネタイプに換える。使わないようにする。
いろいろやり方は考えられますよね。
電力会社との契約アンペアを下げる(アンペアダウン)もその一つです。

そして次に、「できるだけ自給する道を探すこと」だと思います。
今回、その第一歩を踏み出すことができました。
この生き方を進めていけば、
電力会社の電気は最低限に抑えられるかもしれない。

そんな記念すべき一歩を踏み出すことができたこと、本当に嬉しいです。
太陽光発電を勧めてくれた石岡さん、
作り上げて下さった、和田さん、小出さん、そして倉田さん。
本当に、本当にありがとうございました!