FC2ブログ
2009.05.10 ところで、
ジョシュアが自分のブログで
「もりのいえ」での暮らしを紹介しているのはお気づきでしょうか?

右欄の「リンク」の中で、
「Joshua Hall」 をクリックしてみてください。

そしてふんだんに撮った写真も次第にアップされてきました。
それは同じく右欄の 「malleabis' photostream」 をご覧下さい。
なかなかの写真テクニックですよ。
勉強になります。広角レンズが欲しくなります。

今、彼にはウーファーの仕事の一つとして、
彼自身のブログとアルバムサイトを充実させることもお願いしています。

その結果、私たちは自分たちの頭や手を使わずして、
「もりのいえ」を伝える英語版を手に入れることができています。
これから先、外国人ウーファーにこれらを見てもらうことで、
より一層理解を深めてもらえそうです。

あらゆることが願い通りに、スムーズに流れています。
ありがたいことです。
スポンサーサイト



昨日は男性陣の活躍をお伝えしましたが、女性陣も頑張ってくれました。
ノビルを移植中のスウェーデン人のカリン。
将来、ウーフホストになりたいという彼女には、
細かい作業を少しずつしてもらいました。
その経験がきっと将来役に立つはず。
1ノビル移植

お子さん連れのアキさんはさすがに作業時間が限られていましたが、
それでも合間を見てカリンと一緒に畑の柵を立てるなど、
いろいろ作業してもらいました。ありがとう。
2柵立て

シオンは、おばあちゃんが中国人のオーストラリア人で、お父さんは鍼灸師だとか。
「日本で定住したい!」と願うシオン。これからどんな人生を歩むのかな?
ここでは薪づくりをしてくれています。
3薪づくり

家事は皆で分担してやってくれました。
風呂の焚き方も、最初のウーファーに教えたら、
後は伝言式で伝わっていきました。
4風呂焚き

この日の調理をしてくれたシオンとジョシュア。
うちにやってくる人は菜食中心の人が多いので、好みが近いです。
ジョシュアに家の周りの山野草を教えたところ、
喜んで採ってきては美味しいサラダを作ってくれます。
「まさにこういうことをやりたかったんだ~!」という顔つきです。
その他、日替わりでお国自慢家庭料理を披露してくれたりと、
質素だけれど実に豊かな食卓が続きました。
5調理

この他、家の片付けや掃除も率先してくれたので、随分助かりました。
私はただにこにこしていただけ。
まるで「大家族の家長」になったような気分で過ごさせていただきました。
みんな、ありがとうね!

そしてある日にはかみさん主導の「ベジタリアン手巻き寿司」と、
私の「山野草天ぷら」を夕食に披露。
皆さんとても喜んでくれ、大量に作ったのに全て平らげてしまいました。
6天ぷらと手巻き寿司

5月4日の午後から5日までは休息日としました。
私は終日居ないし、かみさんも役があったからね。
合間をみて、同じ加子母内の違う地区の祭りに連れていきました。
「加子母太鼓」を最前列で眺めるウーファー達。
ちなみに太鼓の後列一番手前は、
気合いの入った(化粧の)なっちゃんです。
7加子母太鼓見学

5日夜、ジョシュアの指導で、
アメリカ・インディアンがよく作っていた「ドリームキャッチャー」の
製作ワークショップが開かれました。
私は祭りが終わった後で正直言ってヘロヘロでしたが、
良い機会なので一緒に学びました。

今回、「ここにある材料を使って作る」というジョシュアの提案で、
うちの竹を使って輪を作ります。
そしてタコ糸をきつく縛ります。
8輪を作り紐をくくる

少し間をあけた場所でくくります。
(完成した後で気づきましたが、この間隔はもう少し広い方が楽でした。)
9離してくくる

この作業を続けて一周し、最初に作った弦の真ん中を捉えて、
同じくくくっていきます。
10真ん中をとりながらくくる

ずっと続けていって、程よく真ん中に穴が残ったところで縛り、
鳥の羽やビーズなどをぶら下げると完成!
これが私の処女作です。うちの烏骨鶏の羽をぶら下げました。
もっと丸く仕上がるとなお良いですが、ま、いいでしょう。
11処女作

これを寝室や玄関にぶら下げておくと、
真ん中の穴が大きいと「大きな幸せ」が、
小さいと「たくさんの幸せ」がやってくるそうです。

そんなこんなで即興のワークショップあり、多彩な食事ありと、
日々の暮らしを楽しみながら、あっと言う間にGWが過ぎていきました。
それぞれのウーファー達の顔つきを見ても、皆、楽しそうです。

よくコメントを寄せてくれる、つみとがのしるしさんも、
忙しい中、関東方面から駆けつけてくれました。
私が祭りに入っていたのでなかなか話をできずに申し訳なかったですが、
その分、他の人たちとコミュニケートできたかな?
これは私が居ない時に撮った集合写真です。
12記念撮影

上の写真の真ん中で緑のトレーナーを着た男性と、その手前の母子。
かみさんととても仲の良い家族です。ご主人は何と!宮大工です。
今回、二泊という短い期間でしたが、とっても素敵な「仕事」を残してくれました。
それは明日、ご紹介します。