FC2ブログ
とてもよく働くウーファーのジョシュア。
「よく」というのは「たくさん」という意味よりも、
むしろ「気持ち良く」と言った方がぴったりします。
何を頼んでも嫌な顔をせず、楽し気にやってくれます。

昨日のブログで暴露しましたが、私はしばらくの間、家を出ていました。
その間、我が家では私以外の家族とジョシュアだけが残りました。
「うまく会話ができるかしら?」と心配顔のかみさんでしたが、
私は安心して、そして信頼して出て行きました。

出掛ける前、ジョシュアが私に言いました。
「何か一つ、パーマカルチャー的な作業ができないでしょうか?
今回この機会にマスターしたいのです。」
少し考えて、一つの宿題を彼に与えることにしました。
それは、特大のコンポストを作ることでした。

コンポストと言うよりも、「土づくりマシーン」と呼ぶ方が近いかもしれません。
それはまさに「良質の土をあっと言う間に作ってしまう、魔法の箱」なのです。
パーマカルチャーに限らず、農にとって土作りは基本です。
その作り方を彼に伝授して、私は出掛けました。

さて帰宅して、まさに彼は期待通りのものを作ってくれていました。
でもそれはまだ「ただの箱」です。
これに中身(魂)を入れてこそ、生かされるのです。
そこで今度は一緒に「魂を入れる作業」をしました。

まず、近所の馬牧場に行って、馬糞をもらってきました。
私が馬小屋の外で馬に餌をあげている隙にジョシュアが馬小屋のゲートを閉め、
スコップで糞をすくいます。
干し草が混ざっていて、まるで臭くありません。
それをコンポストの一番底に入れます。
(本当は枯れ小枝を入れることになっていますが、
そうすると土作りのペースが遅くなるので今回はパスしました。)
1馬糞

その上に、刈り取った雑草を重ねました。
私たちは基本的には刈った草をそのまま畑に置きますが、
あまりに成長が早いものや、根がしつこいものは除きます。
それらを今回はコンポストに入れました。
この先コンポスト内の温度が上がることで、きっと枯れてくれるでしょう。
2雑草

そして米ぬかをたっぷりと入れます。
米ぬかをジョシュアと一緒に取りに行った時は、
「これを使うのか?」と相当驚いていましたが、
「これこそ栄養満点なんだよ。」と教えてあげました。
3米ぬか

米ぬかの上に水をかけます。
そうすることで発酵が早く進むようです。
4米ぬかに水

ここで段ボールを敷けば良いのですが、
今回は段ボールが少なかったので、まずは新聞を敷きました。
けっこう分厚く敷きます。
そして同じくたっぷりの水を掛けてあげます。
5新聞

今回、特別に「ご馳走」を入れてあげました。
それはコンフリーです。別名「ヒレハリソウ」。
これはパーマカルチャリスト(パーマカルチャー実践者)が
こよなく愛する植物です。

こいつは傍にいる植物に栄養分(窒素)を補給する役割を持つのです。
特に果物の傍に植えておくと、とてもよく実がなります。
今回、こいつの葉をふんだんに敷いてあげました。
6コンフリー

そして段ボール(炭素)を敷きます。
段ボールはとても便利な道具です。
うちでは現在、畑の通路に大活躍!
今回は数が少ないので一重ですが、もっと重ねてもいいです。
7ダンボール

そしてその上に牛糞からの堆肥化途中のものを入れました。
本当はもっと入れたかったけれど、
かみさんが「これはもう堆肥として使えるから、
もうコンポストに入れる必要はないよ。」と言うので、
「はいはい、分かりました。」と生返事しておいて、
少しだけ黙って入れました。
あくまでもジョシュアにやり方を教えるためです。
8牛糞堆肥

最後にたっぷりの落ち葉を入れました。
これこそだめ押しの素材ですね。
おかげで随分と上に上がってきました。
9落ち葉

もうお分かりかと思いますが、
この木箱、ただ木で囲っただけではありません。
使う量によって木のスライドを差し込むことで高さを調節できるのです。
しかも実は両側の面でスライドできます。
優れたデザインでしょ?
10完成

本来ならば最初に小枝を入れるのと、
最後のあたりで堆肥をたっぷり入れることで、
木箱の上の線までたっぷりと積み上げられるところですが、
今回は少し上が空きました。
でも十分に良い土が得られるはずです。
まさに究極のコンポストですね。

さてこのコンポスト、たぶん三ヶ月で良い土を作ってくれると思います。
ということは、本当は同じ物を三つ作って、
ひと月ずつずらして積み上げていくと、
三ヶ月後からは良質の土が続々と誕生するという仕組みになります。
これを読んで関心を持った方、騙されたと思って是非お試しを!
今からでも間に合いますよ。

そして今回入れた素材が全てではありません。
実は私たちは結構はしょっています。
最低限のものだけを入れたという感じですかね。

非難を恐れずに書きますと、
女性の方は月の巡りの時に出た血をここに入れると良いと思います。
うちのかみさんは、以前バケツに水を張って布ナプキンを入れ、
染み出した血を畑にまいていました。
私はそれを見て、「この人(女性)にはかなわない。」と感じたものです。
「自らの血で作物が育つ。」
そんなことが日常的にできるのは女性の特権だと思います。

話がずれましたが、まぁあまり固く考えないで良いということです。
いろいろ入れて試してみましょう。
そして良い土ができれば「ラッキー!」と素直に喜びましょう。
今回、全てを一から作り上げたジョシュア、とても喜んでいました。
もちろん私たちも嬉しいです。

今回、数々の功績を残してくれたジョシュアですが、
最後にとてもメモリアルなものを残してくれました。
そのジョシュアもそろそろ去っていきます。
誠に名残惜しいですが、それもまた「縁」です。
ジョシュア、ありがとうね。
スポンサーサイト



年が明けてから怒濤のような日々が加速を増してきています。
まるで幾つもの大きな渦(流れ)が私たちを取り囲むが如くです。

その一つは2月の公開勉強会&オフ会以降の流れです。
このイベントを発端とした大きな流れについては、
これまでもこのブログで書いてきました。

「ウーフ」という大きな流れもありますね。
これもまたずっと書いてきました。

三つ目は地域の「役」です。
これについても、これからいやほど書いていくことになるでしょう。

四つ目の流れは、「もりのいえのネット通販準備」です。
こちらについては近々発表します。

今日は、これまでは詳しく書いてこなかった、
そして実は一番大変だった、もう一つの流れについて書きます。
それは私の仕事に関してなのです。

昨秋、やっとの思いでISO22000(食品安全マネジメントシステム)の
講習会講師としてスタートできました。
あの頃はKAN太の出産直後で、しかも体調を崩しながら準備し、
相当なプレッシャーの中で、何とかその「立場」を得ることができました。

「あんな苦労をすること、もう早々はないだろう。」と思っていたら、
何とまぁ、早々にすごい話が舞い込んできたのです。
年末のある日のことです。
「masan、品質と環境の講師もやってみないか?」
たまたま他の講師スケジュールが合わなかったという事情らしかったのですが、
突然の申し出に驚きました。

当たり障りのない程度で事情を説明しますと、
今、国内でISO講習会を開催する企業では、ある2社が抜けて大きな存在です。
私はそのうちの1社の食品安全に関する講師です。
私ごときがそういう立場でいるということ自体が驚きです。

でも実はまだ食品安全の世界は楽な方なのです。まだやり手が少ないから。
ところが品質や環境の世界では、
名だたる先生方が星の数ほどいらっしゃいます。
そんな方々を差し置いて私が講師の立場になるというのは、
本当に、本当に「僭越」なのです。

でも、これってやっぱりチャンスなんですよね。
即座にそう感じたので、「やります!」と手を挙げました。
そして、私を講師として紹介してくれる人曰く、
「知っている限り、三つの分野の講師を国内で見たことが無い。」とのこと。
国内で無いということは、ひょっとして世界でもいないかも?

私は決してナンバーワンではありませんが、
ひょっとしてこの世界でオンリーワンになる可能性があるということです。
その想いを心の支えに、「三分野の講師」に向けて準備をすることにしました。

さぁ、それからが大変でした。

まずは夜中に時間を作って、品質・環境それぞれの自習をしました。
そして次に、本部から送られてきたテストを受けました。
これが結構難しいんだ! ヒーヒー言いながら書いて送りました。
そして結果は、環境はパスしたものの、品質は「再提出」。

素直に落としてくれてもよいものを、「再」ですと!
苦労しながらも何とか再提出し、戻ってきた返事は、「再再提出」!
何だと~! も、も、もう一回!?

一体何を書いてよいのやら本当に苦労して提出し、
ようやく本部で先輩講師の授業をオブザーブする権利が得られました。
しかし、ただ聴講するのではありません。
オブザーブ直前にまたもやテストがあり、
それに合格しないと「お帰りください!」なのです。
まるで昔の「ウルトラクイズ」ばりです。

この試練、まずは4月中旬に「環境」の方でスタートしました。
そしてテストの結果は、「惨敗」!
本来ならば即帰らされるところですが、
環境ISOの世界の重鎮で講習会講師でもある常務さんが、
「取りあえず最後まで聴いて帰りますか?」と温情を示してくれました。

二日間のコースが終わった後、改めて常務さんの面接です。
常務「さて、どうしましょう?」
私「・・・」
常務「この二日間、あなたと接して、人間性は問題ないことは分かりました。
私としては是非こういう人に講師になってもらいたい。
でも残念ながらあなたは今のところ講師のレベルではありません。」
私「・・・」
常務「・・・ではこうしましょう。
あなたは一ヶ月後に品質のコースをオブザーブするために
再びここにやって来るでしょう?
その時に再試験もしくは私が改めて面接しましょうか?」
私「はい。よろしくお願いします。精進します!」

ということで首の皮一枚残って帰って来たのですが、
4月中旬から一ヶ月の間って、そんな勉強をする暇がなかったことは、
このブログを読んでらっしゃる方はお分かりかと思います。
(実際のところ、その前の3~4月も大変な状況の中で勉強していたのですが。)

ということで、あっと言う間に一ヶ月が経ち、
今度は「品質」の講習会オブザーブのために上京しました。
こちらの方は前日の夕方に本部に呼ばれ、同じくテストです。
でも何とか品質の方は通りました。やれやれ。

そして翌日の夕方、改めて「環境」のテストに臨みます。
う~ん、やっぱり難しい! 結果は「スレスレ」かなぁ?
目の前で答案用紙を見つめる常務の目が笑っていません。
「一応基本は外してはいないのですが、
講師のレベルとしては未だ不足ですねぇ。」とのこと。

そして、「ではこれから私が質問します。」と常務が口頭で質問をしてきました。
「今から10分間かけて、私に○○○について説明してください。」
エッ? 今ここで? 

まさかそういう攻撃を受けるとは思ってもいなかったので、
頭が真っ白になりました。
いったいどこまで試練は続くのか?

恥ずかしながら、しどろもどろになって説明を終えたところ、
常務「その説明ではまだまだですねぇ。」とのご神託。
こりゃ駄目だわ! もう私は目をつぶりました。

そして結論ですが、「まだ返答はできません。」
たぶん来週開けあたりに結果通知があるだろうとのこと。
いやはや、全て私の至らなさのせいなのですが、
今回の流れ(渦)にはまさに翻弄(ほんろう)されています。

ということで、ともかくも帰宅した私。
再びウーファーに囲まれ、田舎暮らしの日々が始まりました。
さぁどんな結果がやって来るのか?
ここはじっと待つことにしましょう。