FC2ブログ
「仙人同窓会」の後、私は仙人の自宅に泊めさせていただきました。
眠る前にもダイニングルームで仙人の貴重なレクチャーを受け、
床に入ったのは日が変わる直前でした。

そして目が覚めたのは朝の4時半。
私には目的がありました。
仙人修行時代、私の受け持ちだった「ある場所」に向かうという目的が。

そこを私は「タマゴタケの山」と呼んでいました。
夏から秋にかけて、毎朝この地を訪れてはタマゴタケを採取したものです。
丁度その頃はかみさんとの婚約時代でもありましたので、
「今朝は○○個採ったよ。」と携帯メールを送るのが日課でもありました。

そして、私が自然とのつながりを強く感じたのもこの地でした。
汗まみれになって傾斜を登り切った際、
地面から両足の底に向けて「ズンッ」という力が上がってきたのを感じたものでした。

あの修業時代、私には「研ぎすまされた感覚」がありました。
今はそういう感覚は随分と鈍くなったものです。

そこで今回の旅を「リセットの旅」と位置づけてから、
「あの感覚」を再び感じてみたくって、
ともかくもその地を再び訪れると決心していたのです。
ですから前夜にいくら飲もうとも、夜が遅くなろうとも、
身体を起こして向かいました。

白み始めた山は清々しいです。
作られた道ではなく、ただ感性のおもむくままに山の中を進みます。
数年ぶりでしたが、意外に「目印」を覚えていました。
傾斜の角度、突然現れる大岩、全てが懐かしいです。
8森

残念ながらタマゴタケはまだ出ていませんでした。
わずかなヒラタケを見つけたのみです。
でも私はそれで満足でした。
9ヒラタケ

一時間半ほど歩き回りながら、キノコを探しながらも、
ここ最近の自分自身を思い返し、
そしてこれからの暮らしについてイメージしながら、山の中を進んでいるうちに、
次第に気持ちが澄んできました。

そして、その地を離れる際に、一声かけました。
「ありがとうね。」

その時、頭上で一陣の風が吹きました。
山全体に風が流れたのではなく、
まさに私の頭上の一部の木々だけがザワザワと揺れていました。
ふとその方向を見上げた瞬間、私はある声を聴いたような気になりました。

「生きろ!」

「えっ?」
もう一度その頭上の樹々の先端、小さく丸く開いた空を眺めます。
「生きろ! お前らしく生きればよいのだ。」
そんな声がしたような気がしました。
そして全身が震えるような、大きな波紋が体中に広がりました。

私は幼い頃からそんな感覚を時々感じていました。
気持ちの良い場に身を置いた時、最近だと友人のオーラソーマの会に出た時など、
尾てい骨あたりから波紋が広がるような震えを感じるのです。
今回も同じような波紋が広がったのでした。

そして、その瞬間に、とても腑に落ちたような気分になりました。
「そうなんだよな。私は私らしい人生を歩めばいいんだ。
この頃は少し考え過ぎていたのかもしれない。」

「自分の時や空間といったスペースがない。」と言いながら、
「考え過ぎていた」というのは矛盾しているかもしれませんが、
要は考えていたつもりでも、ただ焦っていたのかもしれません。

改めてその地に感謝の気持ちを伝え、私はその地を離れました。
そして場所を変えて再びある地に向かいました。
すると、そこでは見事なウスタケが私を迎えてくれました。
10ウスタケ

ウスタケは微妙なキノコです。
私たちは食用していましたが、最近は「毒」と書かれた本もあります。
ですから皆さんにオススメするようなキノコではありませんが、
その地にはわらわらとこのキノコが並んでいました。
ともかくも見つけただけ採取させてもらいました。

続いて場を変え、ある地に向かいました。
特に目当てはなかったのですが、すぐに食用キノコが見つかりました。
ヌメリコウジタケです。
11ヌメリコウジタケ

それも面白いほどにどんどん見つかりました。
このキノコをこれほども見つけたのは初めてかも。

その後、一応「毒」と書かれていますが微妙なサマツモドキなども発見。
12サマツモドキ

結局、気がつけばこの時期にしては上出来な収穫を得ました。
本当に「自然の恵みに感謝」です。
これらのほとんどは、前夜の働きを労って、
同僚の弟子・しんちゃんにあげてきました。
13採取キノコ

それにしても面白い流れだなと思います。
修行時代、頑張って探しても見つからなかったキノコが、
肩の力を抜いて山に入るとすぐに見つかるのですから。
「キノコ採りは人生の縮図だ!」とかつて感じたものですが、まさに実感します。

さてこうして八ヶ岳で得難い体験と気づきを得て、
他にも懐かしい知人や友とも再会し、
たった一夜で随分とリセットした私は、次なる目的地、河口湖に向かったのでありました。


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットの内容が固まりました!
是非、こちらをご覧ください!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
スポンサーサイト



2009.07.14 仙人同窓会
7月10日は私にとって、とても懐かしい日となりました。
というのは・・・

2003年八ヶ岳、私は仙人の元で修行しました。
修行と言っても、滝に打たれた訳ではありません。
『仙人小屋』と呼ぶ飲食店のオーナー・仙人に弟子入りし、
春は山菜、夏から秋にかけてはキノコ、冬は狩猟と、
それぞれの季節の山の恵みをいただく暮らしをし、
採れた食材を調理して提供するという「修行」をしていたのです。

その時期、私の他にもう一人の弟子がいました。
しんちゃんといいます。
彼はまだ若く、子供のいない仙人にとれば、いわば息子のような存在でした。
私たちは性格も生き様もモノの考え方もまるで違いましたが、何故かうまが合い、
「将来、自分たちの店を持とうな!」と約束し合った仲でした。

やがて私たちはそれぞれの修行を終え、八ヶ岳を離れていきました。
私は丹波篠山を経て加子母に落ち着き、
つい最近になってそれなりの事業の体裁を整えることができました。

一方しんちゃんもいろんな人生経験を積んできましたが、
結局八ヶ岳に戻ってきて、先月から彼自身の店を持つことになりました。
その場所とは、仙人小屋の隣です。
つまり、仙人小屋の並びに店を構え、自分で食材を求め、
調理し、接客することになったのです。
これは何と言っても仙人の愛(親心)のおかげだと思います。

そして今回、私が八ヶ岳を訪問することになったので、
「ならば久しぶりに三人で会うか?」ということになったのです。
三人が別れたのが2003年の晩秋です。
つまり、約6年ぶりの同窓会という訳です。
しかもまがりなりにも自分の店を持つことになった三人の再会です。

今回はしんちゃんの店で、しんちゃんの料理をいただくこととなりました。
仙人と突貫で作ったという店は、想像以上にしっかりとした作りでした。
1カウンター

客席も雰囲気あります。
2店内

やがて仙人と私が客として呼ばれました。
まずは山の恵みを取り混ぜたプレートです。
3前菜

そしてお次は川魚料理。
4刺身

最後にはキノコなどの天ぷらです。
5天ぷら

どれも丁寧に調理されていて、美味しかったです。
私も安心し、とても嬉しく感じました。
一息ついたしんちゃん、仙人と談笑します。
6再会

ところで上の写真で右に写っているのは別の人です。
この人こそ、「小仙人(こせんにん)」と呼ばれる人なのです。
小仙人はかつての仙人の弟子でした。
そのたゆまぬ探究心と知識から仙人に認められ、「小仙人」の称号を得た人です。

ところが小仙人、ここ数年は全く顔を見せることがなかったとか。
それが何の連絡もしていないのに、私たちの宴会の場にふらっと現れました。
そのタイミングの良さに皆ビックリ!
この出会いもきっと何か意味があるのでしょうね。

宴会の間、仙人はずっとご機嫌でした。
そしてずっと熱く語っていました。
今の時代や社会のこと。これからの自分の店の展開。
そして私たち一人一人への指導とエール・・・

どの言葉もとてもありがたかったです。
普通は願っても仙人に認められない限り弟子にはなれないのですが、
私は運良く弟子入りすることができました。
そのお陰で今の暮らしがあります。
その出会いと、仙人の愛情と、大きな流れに感謝です。

でも正直言って、私もしんちゃんも、
開店してすぐに千客万来というような状態ではありません。
むしろギリギリの状態で生きているのが実態です。
まさにこれからの人生が試されている私たちです。

かつては共に修行をした仲ですが、
今やそれぞれの道の修行のスタートラインに立ちました。
かみさんの名前も、子供の年齢も同じな弟子同士。
そんな仲間にこの時期に再会できたこと、意志と熱意を確認し合えたこと。
それもまた何か大きな意思を感じるような出来事でした。
これからも共に刺激し合って生きていこうな。
7しんちゃん一家


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットの内容が固まりました!
是非、こちらをご覧ください!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡