FC2ブログ
このブログを読んでくれている方と最近会う度に、
「ウーフの受け入れ、大変ですね。」と労われることが多いです。
確かに慣れないうちに一気に大勢が滞在した頃は大変でしたが、
それ以上に多くのものを得たし、今ではこちらも慣れてきて、
かなり自然体で暮らせるようになってきました。
今や、「ウーフがいる暮らし」が『もりのいえ』の普通の暮らしという感覚です。

今月は6日からウーファーがやってきました。
大阪からやってきたユカちゃん。
大阪と言っても、豊能町という最北の地で、かつては相当な田舎町でした。
今は住宅街としてどんどん整備されているようですが、
それでもこの地域の子供たちは親しみを込めて「能勢っ子」と呼ばれます。

そんな能勢っ子のユカちゃん。
農業をしているおばあちゃんから、
「今や完全無農薬の農業なんてありえない!」と断定され、
「そんなことはないはず!」と探しているうちに、もりのいえに辿り着いたとか。
そんなルートもあるんだね。

確かにうちは完全無農薬です。化学肥料も使っていません。
それで5年間が過ぎました。
「農業」ではなく、「農的暮らし」ですが、それでもよければどうぞ。
ということで、早速田んぼの草刈りをしてもらいました。
1ユカちゃん

うちの田んぼは田植え以来何もしていないので、草がボーボーです。
特に今年初めて田んぼにした場所は、元々の草たちの根が張り付いているので、
上草を刈った程度ではへこたれません。
稲の苗を覆うようにガンガン伸びています。
だから草を刈る前に、「どこに稲があるのか?」と探さねばなりません。

そんな作業を一緒にやってくれたもう一人、コウヘイ君です。
彼は鹿児島のウーフからこちらにやってきました。
国内や世界をいろいろ周り、今はあちらこちらをウーフして過ごす強者です。
この春に広島のコウタロウさんからうちのことを紹介されていたようですが、
別のルートでもうちを知り、縁を感じてやってきてくれました。
2コウヘイ横向き

彼は、「ウーフ慣れしている」というんですかね。
作業指示の飲み込みが早いし、どんな作業もどんどんこなしていきます。
この二人のお陰で、「一体どうなることやら」と思われた田んぼの草刈りは、
どんどんはかどりました。
3草刈り後

コウヘイ君はかつてニュージーランド南島のレストランで二年間働いていたそうで、
その時に提供していた「ベジタリアン・ピザ」をうちでも作ってくれました。
どうです、この風情!
4ベジピザ

とろーり、ソースがこぼれます。
とっても美味しかった。ありがとう!
5ベジピザアップ

この頃から、「1ウーファー、1ディッシュね!」とかみさんが言うようになりました。
つまり、滞在中にウーファーは一度は料理を提供してもらいましょう!
という余興です。ま、無理のない程度で挑戦してもらうことにしましょう。

続けてやってきたハルミちゃん。4泊5日の短い滞在です。
農は初体験ということでしたが、どれも熱心にしてくれました。
コンビニでも働いているというだけあって、
いろいろ気がつき、段取りがテキパキしているのが助かります。
でもあっと言う間の滞在だったね。
こんどまたゆっくりいらっしゃい!
6ハルミちゃん

そして一昨日にやってきたタエミちゃん。
何と2泊3日の最短滞在です。
でも企業に勤めている人にとれば、こういう日程しか取れないよね。

正直言って、もともと「3日以内の滞在はお断りしよう。」と決めておりました。
だって、初日は出迎え、二日目に作業を伝えて、3日目に帰っていかれるのでは、
かえって時間がかかると思われましたから。

でも今回は特別に許可しました。
タエミちゃんが「麻の実ベーカリー」というところでウーフした際、
あのジョシュアが一緒に滞在していて、その時に『もりのいえ』の話を聞き、
「是非、行きたい!」と願って申し込んできたといういきさつがあったからです。

「ジョシュアからの紹介か。じゃあ仕方ないね。」と、
タエミちゃんには悪いけれど、少々気持ちは引き気味にお受けしたのでした。
でもいざタエミちゃんと会ってみると、「いい人じゃないか!」
一見清楚ですが何でも嫌がらずにやるし、控えめだけけれど明るいし、
「私、何かしていないと手持ち無沙汰なんです。ですからどんどん指示して下さい!」
と積極的です。まさに私たち好みです。
7タエミちゃん

U太も一目で気に入った様子で、初日から一緒に田植え作業をしていました。
(そうです。実はまだ田植えが残っていたのです。)
タエミちゃん、初日の朝にやってきて、3日目の夕方までみっちり働いてくれました。
そんな姿を見て、
「やはり日本人の勤務事情を考えると、2泊3日もありかな?」なんて考えを改めました。
9U太と田植え

ところで、彼女の着ているTシャツのバックは面白いデザインです。
両手の指をそれぞれ合わせると、まるで薄い壁があるかのように感じますが、
そのことを友人達と語っているうちに、「指技部」なるものを作ったそうです。
なかなか面白いセンスです。是非またおいでよ。
8指技部

ということで、最近は比較的短期の日本人ウーファーが続けてやってきました。
梅雨の時期ですので、外作業は結構きつかったと思いますが、
みんな嫌がらずに作業してくれてありがとうね。
おかげでとても助かりました。

ちなみにコウヘイ君が別のウーファーと電話をしていた時、
「今、岐阜にいるんだよ。」と伝えたら、
「そこはもしかして『もりのいえ』?」という答えが返ってきたとか。
ウーファーの間でも、もりのいえの名が通り始めたのかな?

さて、そして明後日からは再び外国人ウーファー・ラッシュが始まります。
今回はそれぞれ一ヶ月程度の滞在希望のウーファーが多く、
さてどんな夏になることやら。
とても楽しみなことです。


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
もう混んでいないので気軽にご注文ください!
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
スポンサーサイト