FC2ブログ
2009.07.25 アニャ!
21日から滞在しているウーファーは、これまでの人とは少し違った印象があります。
呼び名は、「アニャ」。
元ソ連のベラルーシで生まれ、家族とともにスウェーデンに移り住んだという女性です。

まだ22才だというのに、アニャは語学が堪能で、いろんなことも知っています。
ですから私が何か説明しようとしても、「あ、それ知ってる!」という具合。

初めて聞く話でもすぐに受け止め、マスターし、こなしていきます。
ひと言で言うと、有能な女性です。
美形で、元気で、明るくて、頭の回転が速いです。
加えてどんな仕事もやってくれます。
花壇の片付けもさっさとやってくれました。
1花壇の整理

そしてひょうきんでもあります。
2ポーズ

彼女はビーガン(完全菜食主義者)です。
乳製品も卵もはちみつも食べません。
最初に会った時、「私は世界中の人がビーガンになればいいと思うの!」
と、車の中で熱く語ってくれました。

そして私の英語が間違っていると、ひと言ずつ訂正してくれました。
「masanは今“woods”と言ったけれど、
材木のことを指すのならば“wood”が正しいわよ。」という具合。

そんなやりとりが続いたこともあり、正直言って最初は少し距離を感じました。
こういう表現をすると大変失礼なのだけれど、
「私は何でも分かっているから!」という雰囲気が漂い、
「少々鼻持ちならない人」と捉えられかねないところがあったのです。


でも数日過ごすうちにお互いのスタイルも分かってきて、
随分と距離が縮まってきました。
なるほどと思ったのは、「私は大きな子供なの。」と彼女自身が言った時です。
確かにそのように捉えて彼女の言動を見ていると、納得がいきます。
要はピュア(純粋)なんですね。風貌からしても妖精のようでもあります。

私は私で、時間の許す限り彼女と会話するように心がけました。
というのも、今はウーファーが彼女一人なので、
どんな作業をするにしてもひとりぼっちになってしまうからです。
そのおかげか、最近はお互いのことを尊重しつつ快適に過ごせるようになりました。

昨日は障子替えの作業をお願いしました。
「宿泊業を始めました!」と宣言しながらも、まるで予約が入らなかったのですが、
ここ数日でトントンと問い合わせがやってきました。
そこで、「そろそろ、せめて客間の障子は新しくしよう!」ということになり、
早速アニャにお願いした次第です。
3障子替え

「どうして日本人は紙なんかをドアに使うのだろう?破れ易いのに。」
といぶかしがるアニャに、
「それは日本が木の文化だからじゃないか?外国人には奇妙に移るかもしれないね。」と返すと、
「私は奇妙なんてことは言ってないわ。ただ理由を知りたいだけ!」と答えるアニャ。
こんな会話も、「大きな子供」と捉えれば戸惑いません。

彼女の母親は私よりも2才年下だというので、確かに彼女は私の子供のようです。
でもわずか22才でこれだけ有能だなんて大したものです。
アニャに限らず、最近うちにやってくるウーファーは20代前半の人が多いのだけれど、
「近頃の若い子は全くよくできているね。」と感心することしきりです。
「私たちが評価された若い頃とは大違いだなぁ。」と苦笑しながら、
今日もアニャと楽しい時を過ごしています。


★速報★
「もりのいえのお届け便」で好評の、「ミレットスクエア」「りんごのさわやかマフィン」は、
7月中のご予約を持って終了とさせていただきます。
ご希望の方はお早めにご注文ください!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
スポンサーサイト