いきなりビッグニュースがやってきました。
パーマカルチャー界では世界一知られているであろう、
レインボウ・バレー・ファーム(以下RVF)のオーナー・トリッシュが、
『もりのいえ』で滞在してくれることになりそうなのです!

私たちがRVFにお世話になったのは、2004年の3月でした。
ニュージーランドは丁度秋を迎える頃で、毎日がとても良い気候でした。
(例えばRVFはこんな風に紹介されています。)
1レインボウ

ここでの様々な体験は他には代えられないものでした。
パーマカルチャーの知識はもちろんのこと、
何と言っても旦那のジョーの強い個性と、
奥様のトリッシュの私たちを包み込むような人柄がとても印象的でした。
2ジョー&トリッシュ

そのジョーは昨年亡くなりました。
あのジョーがこんなに早く亡くなるなんて、今でも不思議な感じがします。

その頃のRVFは様々な困難が続いていて、
彼らを日本から支援しようという動きがあり、
有志の皆さんが連絡を取り合っておられたようですが、
私たちは自分たちが生きていくのに精一杯で、
RVFを支援したい気持ちはあれど、なかなか具体的な行動に参加できず、
せめて僅かな金額的支援を最初にさせていただいただけでした。

残されたトリッシュにも一度励ましのメールを送ったことはありましたが、
具体的な支援活動をされている方々が大勢いらっしゃいましたので、
私たちは遠慮気味に見守っておりました。

そんな中、「トリッシュが来日する。」という噂を聞きました。
また、「何カ所かを巡っていくので、滞在地を募集&調整中!」
という噂も流れてきました。

「トリッシュに会いたいね。あの全てを包み込んでしまう人柄にまた触れたいものだ。」
「そうね。RVFに行ったことで今の私たちがあるんだしね。」

そんな気持ちはありましたが、上に挙げた理由もあり、
「他にRVFともっと親しい人や、
パーマカルチャーをもっとしっかりと実践している方も大勢いらっしゃるのだから、
私たちごときが手を挙げるのは遠慮しておこう。」と話し合っていました。

他のところに滞在される時に訪問するという手もありましたが、
それもまた遠慮しておりました。
ただただ、「会いたいなぁ。」と心密かに願っていただけだったのです。

(RVFに設置されている「アース・オーブン」)
3アースオーブン


ところが、つい先日、ある方から連絡がありました。
パーマカルチャー界ではよく知られた「マサコさん」という方です。
私たちはマサコさんがかつて雑誌で紹介したたRVFの記事を読んで、
そちらに行く事を決心したという経緯がありましたが、
実際にはお会いしたことはありません。

しかし、数ヶ月前にマサコさんの方からコンタクトがあり、
「もりのいえの噂を聞いたのだけれど、一度訪問してもいいですか?」
という打診を受けていたのです。

「へぇ、あのマサコさんがうちのことに関心を持ってくれているんだ。」
とありがたく思いましたが、
その後はなかなか具体的な話にはなっていませんでした。

ところが今回、当のマサコさんから連絡をいただき、ビックリ!
そしてその内容に二度ビックリ!
「実はね、トリッシュの訪問先を予定していたところが一カ所キャンセルになってね、
そこで『もりのいえ』はどうかと思って連絡したのよ。
それでね、私も一緒に訪問してもいいかしら?」

とても気さくに話をしてくれ、嬉しかったですが、
それにしても、何と!トリッシュがうちに来てくれるだって!?
数々の「願えば叶う」を体験してきた私たちですが、これには驚きましたね。
だって私たちは何のアプローチもしていないのだもの。
答えはもちろん、「OKです!喜んでお迎えします!」

(RVFで自由に過ごす鳥たち)
4レインボウ庭


その後、よくよく聞くと、実は複数の関係者の方々が私たちのことをご存知でした。
そして、ニュージーランドで大変お世話になり、多くを学んだ、
「タニア&シャーメイン」のレズビアン・カップルが、
私たちを紹介してくださっていたことを知りました。
5タニアたちと

新婚旅行を兼ねたオセアニア三ヶ月の旅では、多くの方々から刺激を受けましたが、
私にとって一番印象深いのが彼女たちです。
「パートナーシップが取れておれば、何だってできるのよ。
もしパートナーシップが取れていなければ、何にもできないのよ。」
ということを、身をもって伝えてくれたのも彼女たちです。
彼女達には時々近況を知らせており、
子供が生まれる度にお祝いのメールもいただいていました。
そんな彼女達が私たちを後押ししてくださっていたのです。

嬉しいですねぇ。ヒトやコトって本当につながっていると実感します。
ということで、詳細はこれからですが、
あのトリッシュが本当にもりのいえに来てくださるかもしれません。
今の私たちにとれば、こうやって物事が流れていること、
その流れに身をおかせていただいていることに、まず感謝です。

ここしばらくは実店舗とネットショップと飲食業と宿泊業と
ウーフと環境とISOと地域活動と子育てに目を向けていて、
田畑の方は見て見ぬふりをしていたのですが、
トリッシュが来るとなると、もうちょっとそちらにも目を向けようっと。
いろいろとまた盛り上がってきました!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡