今夜は加子母保育園の夏祭りがありました。
私は今回が初めての参加ですが、かみさんは以前行ったことがあり、
「かなりの人出だったよ。」とのこと。

でも失礼ながら、たかが一保育園のイベントでしょ?
それに加子母が十区に分かれているうちの一つの区の保護者会役員である私に、
事前に何の連絡もなかったので、先生たちだけの小さい行事だとイメージしていました。

ただ、かみさん曰く、「いろんなお店が出ていたよ。」ということなので、
「もしかして出店できるのかな?」と打診してもらっていましたが、それも返事が無し。
だから「私たちはおとなしく、一観客で参加しよう。」と話し合っていました。

ところが、開催日のほんの数日前に配られた案内を見てびっくり!
出店者に「もりのいえ」が入っているではないか!
「えっ、うちが出店するの?」と驚いた私たちは、やおら準備を始めたのでありました。

結局、当日の開催直前まで焼き菓子を焼いて、大わらわで会場入りしました。
何とも気合いの入ったゲートです。
1ゲート

会場内は既に他の店の準備は完了しており、うちのスペースだけが空いておりました。
B&Gの大きな屋根のかかった屋外施設ですが、それにしても何とも広い会場です。
2会場

ようやく「もりのいえ」の設営完了。
今回は値段も品数もぐっと抑えて、
とりあえず「参加することに意義があり」というスタンスです。
でも思うに、これが私たちの加子母内での初イベントデビューだったのですね。
ウーファーのあやちゃん、いろいろ手伝いをありがとう!
3もりのいえ店舗

他の店を眺めると、どちらもお値段抑えめです。
4他の店

さて、加子母太鼓で幕を開けた今年の加子母保育園・夏祭り。
5加子母太鼓

他のご家族は勝手を知っているのか、シートを敷いて準備万端です。
6シート敷いて

まずは年少の子供たちからの演技です。
U太は後列右の方で「アブラハム・・・」を踊っておりました。
こういう我が子を見る時の親って、皆同じ心境なのでしょうか。
自分の子供しか見ていないという感じですね。
私は仕事柄、つい全体のオペレーションに目がいっておりました。
7U太踊る

その後、各年代別に様々な披露があり、いよいよ周りのお店の開店です。
我が「もりのいえ」にもぽつぽつとお客さんがやってきました。
でも、いつも参加しているイベントとは異なり、
食の指向が一般の方が多いようなので、関心はぼちぼちです。
別にそれは気にしていません。
加子母にこんな店があることを知ってもらえれば良いのですから。

会場の後ろに、ダンボールで作った迷路がありました。
U太と入ってみましたが、なかなかの力作です。
U太はもう大はしゃぎ!
8ダンボール迷路

ようやく出口に辿り着きました。
9迷路出口

正面の舞台を見ると、フラダンスがありの、
映像紙芝居がありの、と盛りだくさんです。
10紙芝居

他にも様々なゲームや店が並んでいました。
「一体誰がこんな大きな仕掛けを企画して実行しているのか?
先生だけでは無理だよね?」と疑問を感じることもなく、
答えは明白になりました。
保護者会の役員さんたちが周到に準備を重ねてきていたのです。
最後にパフォーマンスまでやってくれました。
11保護者役員踊り

でもね、変だよね。私も地区の役員なんだけれど、ひと言もかかからなかったよ。
他の地区では、U太と同じく年少の親も参加しているというのに。
これはきっと、我が地区ではU太一人だけなので、
「大変だろう。」と見逃してくれたのではないか?
あるいは単なる連絡ミスか?

いずれにせよ、もし今年、この役が私にまわっていたら、
もうてんやわんやであったことだけは確かです。
それでなくてもかなり「退屈しない日々」なのに。
ともかく今年は素直に「助かった~!」と喜ぼう。
でも、来年以降もし声がかかったら、これは相当覚悟が必要でしょうね。

最後には花火があるというのは聞かされていました。
でもまさか本当に大きな仕掛け花火を観られるとは思っていなかったですね。
しかも最後にはナイアガラですよ!こんな予算、どこにあるのでしょうか?
子供達は間近で大きな花火を観られて、もう大騒ぎです。
12花火

一連のイベントが終わり、ほぼ完売の私たちは店を引き上げていきましたが、
先生たちと保護者会役員さんたちは片付けで大わらわでありました。
いやぁご苦労様です。(明日は我が身か?)

それにしても、失礼ながらたかが一保育園の夏祭りで何でここまでやるの?
もう感心を越えて呆れてしまいました。
ともかく、これまでに準備を重ねてこられた皆さん、本当にご苦労様でした。
予想以上に楽しめましたよ。相当に。


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
加子母の自慢、「明治座」で毎年一度開かれる、「加子母歌舞伎」。
今年は9月6日(日)です。
そのパンフレットが完成しました! (画像をクリックしてください。)

加子母歌舞伎ちらし表


加子母歌舞伎ちらし裏


私は常々感じるのですが、加子母では文化が生きています。
「かつてこの地域で、○○という行事が行われていました。」
と博物館や郷土資料館の映像で見せられるような文化ではないのです。
現実に村で暮らす人々が、数々の生きた文化をつなげています。
その最たるものが、この「加子母歌舞伎」です。

役者も大道具小道具も、企画から運営まで、全て村人がこなします。
もちろん観客も地元の人々が多いです。
親戚や友人の姿に喝采を送ります。

東濃と呼ばれる岐阜県東部では、かつては多くの歌舞伎座があり、
各地で歌舞伎や演芸が行われていたそうです。
それが今では明治座が数少ない生き残りとなった訳ですが、
今や加子母の大きな自慢ですね。

でも聞くところによると、この明治座の加子母歌舞伎も、
以前はそれほどの人出はなかったらしい。
想像するに、地元の人々からすると、あまりに当たり前のことで、
「それほど大したことではない。」という認識だったのかもしれません。

でも、外から入ってきた人々がその価値を見いだし、魅力を引き出してきたと言います。
例えば今回のちらしのデザイン、お洒落でしょ?
そして明治座のサイトがこれまたお洒落です。
これらのデザインは、加子母に移り住んだデザイナーの方の手によるものだとか。

そして、こういった「外からの風」の人々は、加子母歌舞伎そのものにも関わっています。
最初はきっとチョイ役だったのでしょうが、次第にいろんな役をこなすようになり、
最近では大役をこなすようにもなってきました。

そんな彼らの意気込みたるや見事ですが、
そんな彼らを受け止める村人の心意気も見事だと思います。
私も若連で獅子舞の笛をさせていただいていますが、
皆さんとてもフランクで、彼らといると心が和みます。

そんな、いかにも加子母らしい風土が育てた加子母歌舞伎。
武蔵野美術大学などの協力も得て、最近は毎年満員御礼です。
もともと「明治座ファン」という方もいて、結構遠方から来られます。
この活気を是非みなさんに一緒に感じてもらいたいですね。

とはいうものの、実は私たちは今まではゆっくりと観ることがありませんでした。
U太と一緒では、なかなかじっとしてられなかったのです。
でも今年はきっとU太も良さを感じ取ってくれるのではないかと期待しています。

そして何よりも、今年は歌舞伎座の前で「もりのいえ」が出店するのです。
出店と言っても、小さなコーナーを持たせていただく程度でしょうが、
この日はうちの誰かが店番をして、順番に歌舞伎を観ることができそうです。
同時に私も委員に入っている、「西方いも委員会」が西方いもの料理を披露します。

改めてご案内します。
加子母歌舞伎、明治座にて9月6日(日)11:00開演です。
そして何と!入場無料です!

このチャンスに是非観に来て下さい。

ちなみに5日午後から7日の朝まで「もりのいえ」での宿泊も可能です。
人数が多くなれば雑魚寝になるでしょうし、私たちは出店の準備で大わらわですので、
大してお構いできないかもしれませんが、その点はどうかご了承ください。
ちなみにウーファーは日本人女性三名が滞在中の予定です。
是非一緒に楽しい時を過ごしましょう!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori@mori-no-ie.com
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
お中元セットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡