FC2ブログ
島本了愛さんの講演会を先日のブログで告知して以来、
続々とお申し込みをいただいております。ありがとうございます!

第二夜に関して、驚くべきは遠方からの申し出が多いことです。
既にイベントを行ったことのある郡上エリアからの参加が多く、
遠くは東京からも泊まりがけで来られます。
あと、噂では浜松からもお越しを検討中とか。
伊豆の方、どうされますか?

きっと皆さん、島本さんの魅力を十分にご存知なのでしょうね。
その上で、今回のテーマがとてもタイミングが良かったのだと想像します。

さて、今回のチラシが出来上がりました!
この画面を印刷していただき、多くの方々に知らせてくださると嬉しいです。
「人生を変える、貴重なチャンスですよ!」と添えて。

<表>
ちらし表

<裏>
ちらし裏


ところで、島本さんたちは講演ばかりをしているのではありません。
提供しているプログラムの一つに、
「感情解放プログラム」というものがあります。
その概要は、島本さんたちのホームページから引用させていただきましょう。

・・・・・・・・・・
感情解放プログラムは、
人間のエネルギーフィールドに直接アタッチすることによって、
溜まっている(記録として残っている)古い感情を、
肉体的な”痛み”や”不快感”として発見し、
声を出す・叫ぶ・手足をバタつかせる・息を吐き出す・涙・咳・ゲップetc....
に表現することで
無意識下に溜まっている古い感情を解放してゆくセッションとなっております。

感情が解放されると、それまで感じていた痛みが消える、
という体験を実際に体感していただくことで、
理論的にではなく、体験的に理解していただけるセッションです。

感情解放プログラムとは、 具体的にどのような効果を目指しているものなのか、
ということを、掃除に例えて説明いたします。

まず、数年間、掃除をせず、
ゴミもほとんど捨てたことが無い部屋があるとします。
そうすると部屋は散らかり放題、
足の踏み場の無いほど、ゴミ袋が山盛りになっていることが想像できます。

そのような部屋を掃除し、整頓するためには、
最初にそのゴミ袋の山を外に出さなければなりませんね。

ゴミ袋の山を部屋の外に出してはじめて、足の踏み場ができ、
それから、掃除機をかけたり、水ぶきをしたりできるようになります。

感情解放プログラムとは、例えるなら、ゴミ袋の山を部屋の外に出すことです。

わたしたちのココロには、
これまでの魂の歴史で感じてきた感情のうち、
表現されずに溜まっている感情が
膨大なバイブレーションの記録として残っています。

多くの場合、たまっている古い感情とは、
恐怖、トラウマティックな悲しみ、悔しさ、恨み、怒りなど等、
いわゆるネガティブな感情です。

これらが、感情のゴミ袋の山です。

「思っていもいないことが起こる」ような場合の多くは、
この無意識になってしまった古い感情が、解放されないために
いつまでも同じような出来事を引き寄せ続けるという現象と考えられます。
自分の中にある感情と同じ感じのする現実が、
引力の法則によって引き寄せられ続けるからです。

また、このように古い感情で足の踏み場のない状態となっているココロでは、
新しいものが入るスペースが全くない為、
新しい願いを引き寄せることもできないのです。

これらの古い感情は無意識下にあるため、
ほとんど意識されることがありません。
それは思い出したくもないくらいの感情である場合が多いからです。

強い感情やトラウマ、恐怖や二度と思い出したくないようなショックなどは、
ひとりで向き合うことが、時として辛いものです。
解放することも大変困難で、難しい場合があります。

このプログラムは、理論ではなく、
単純な”肉体的な痛み”や”不快感”として経験し、感情を解放することで、
ひとりで向き合う苦しさを軽減させることを可能にし、
またその感情そのものを客観的に捉えることができるようにサポートします。

そうすることによって、確実に、安全に、
溜まっている感情を解放することができるようになる方が多いのです。
ココロの中を、願いを叶えていくことのできるスペースに作り変えるためには、
まずゴミを出すことから始まります。

ですから、始めに感情解放のプログラムによって、
ココロに中をクリアにすることをお勧めしています

掃除をして、すっきりとした部屋であるなら、
新しい家具を入れても、絵を飾っても、美しく映えることでしょう。

わたしたちのココロも、シンプルに美しくすることができます。

★ スペースがある状態で新しいことを吸収した場合と、
  スペースのない状態で吸収した場合とでは、
  前者のほうがよりクリアに、
  多くを吸収できることがご想像いただけると思います。

  このプログラムの素晴らしいところは、理論がないということです。
  したがって、今あなたが学んでいるいかなる学び・教えにも、
  理論的な衝突がありません。

  感情を解放し、スペースを広げた状態で学べば、
  今あなたが学んでいるいかなる学び・教えも、
  今以上に理解する速さが加速することでしょう。
・・・・・・・・・・

今回、私たち夫婦は、それぞれこのプログラムを受けることにしました。
そして、島本さんたちのホームページ上から申し込むのですが、
最後に「ご質問等」という欄があり、次のような注釈が添えられています。
※ 感情解放プログラムをご予約の方は、
改善したい問題の詳細や現在の状態などをできるだけ詳しくお書きください。

さて、では私は何をどう書こうか?
しばし思案して、次のように書き送りました。

・・・・・・・・・・
「やりたいこと」「やらねばならぬこと」「依頼されること」が多く、
一つ一つのことを行なうのに、心のゆとりが少なくなっているように感じています。

「もりのいえで生きていく。」と決心したことについては確信していますし、
もちろん後悔もしていません。
愛する妻や子供たちに囲まれ、夢を少しずつ実現し、
そして多くの反響が寄せられていることに満足し、幸せに感じています。

ところが、そのライフスタイルを実践する中で、
時間管理ができていないこと、睡眠も含めて健康管理が行き届いていないこと、
経済的にギリギリで暮らしていることなど、ゆとりがありません。
「きっとこれまでの考え方ややり方を根本的に変えるべき時期が来ているのだろう。」
と予感していますが、まだ実感がありません。「病気」を治したいものです。

妻を愛しており、また心から感謝しています。
ところが、「整理整頓ができていない」という状態に、時々イライラします。
同時に、妻への想いに比べると、そのような些細なことにイライラしてしまう自分が
嫌になる時もあります。
・・・・・・・・・・

これに対して、夫の島本和典さんから次のようなメールが届きました。
ちなみに、このセッションは和典さんが中心となって進めるらしいです。

・・・・・・・・・・
こんにちは☆
この度は、感情解放プログラムお申し込みありがとうございました!
それではセッションの詳細をお送りしますね。

まずはご相談の内容に関してですが、
masanが解決しようと思われている問題のメインは
「余裕がないこと」でよろしいですか?

>「やりたいこと」「やらねばならぬこと」「依頼されること」が多く、
 一つ一つのことを行なうのに、心のゆとりが少なくなっているように感じています。

人は自分が体験する全ての現実を自分で創造して体験しています。
ですから、この「余裕のない」状況を創りだしている感情がある、
また思考パターンがあるようですね。

忙しくなっている時に感じている感情があると思います。
または、その感情を感じることを避けているために
何度もその状況を体験している可能性もあります。

余裕がない状況を体験している時に、
どんな感情を感じているのか?を感じてみてください。

>妻を愛しており、また心から感謝しています。
 ところが、「整理整頓ができていない」という状態に、時々イライラします。
 同時に、妻への想いに比べると、そのような些細なことにイライラしてしまう自分が
 嫌になる時もあります。

こちらも、イライラという感情、またそれを生む思考パターンがあることがわかります。
上記の感情、思考パターンをセッションで解放しましょう☆

いただいたメールで大体どのような感じかは掴めましたが、
正確にこの問題を解決するぞ!練習もかねて限定してみてくださいね。

例・お金に余裕がない自分を解決します。
 ・時間に余裕がない自分を解決します。等

またどのような自分になりたいですか?
(どのような状況になるのが理想ですか?)

例・もっと自由にやりたいことができる自分になりたい。
 ・お金に困らない自分になりたい。等

解放するためには、自分の中にどんな問題があるのか?
自分の中の何が問題を引きを越している原因であるのか?
ということをできるだけ正確に掴む必要があります。

上記の質問に答えて行くことは、とてもよい練習になりますので、
感じてみてくださいね!

セッション当日はできうる限り精一杯お手伝いさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

溜まっている感情が少ない方や、
著書 「ココロを開くアイコトバ LOVE YES PEACE」で紹介している,
解放のワークの理解が深い方は、
一度のセッションで大きな問題を解決される方もいらっしゃいます。

また、沢山の感情が溜まっている方や、
感情を素直に感じて解放することが難しい方など、
3時間のセッションでは時間が足りずに、
何度か受けることで解放される方もいらっしゃいます。

セッションは、体験に個人差がございますこと、予めご了承ください。
・・・・・・・・・・

これに対して私が返したメールと、和典さんの返信を合わせて載せます。

・・・・・・・・・・
> もう既にセッションは始まっているのですね。
> 準備といい、当日の会場設営といい、
 見えないところで配慮してくださっていることを知り、感謝しています。

セッションを受けると決めた時点から始まっています。
決めたとたんに発熱や下痢など、身体的に症状が出る方もいらっしゃいます。

今回は、何を解決したいのか?ということにより意識を絞っていただくために、
メールでのプレセッションをおまけしてみました。

準備の件、こちらこそ細やかなお心遣いにとても感謝しています。
ありがとうございます!

> この準備から、私との今までのやりとりの内容を、
 ブログで紹介しても良いですか?
 これからセッションを受けようかと考えている人々にとって、
 決断する良い機会になるかもしれません。

はい。
本気で取り組む方のお力になれるのでしたら、どうぞお使いください。
こちらも再会できること本当に楽しみにしています。
お世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・

メールの文面に人柄が現れています。
ところで、上の文にあった「会場設営」に関して、
会場を決めるまでに次のようなやりとりがありました。

・・・・・・・・・・
感情解放プログラムを開催するのに必要な条件なのですが、
場所に関しては、セッションに完全に集中していただくために、できるだけ静かで、
周囲の話し声などが聞こえない(聞かれない)所がよいです。
広さは四畳半もあれば十分です。

セッションはクライアント様に寝ていただく姿勢で行うため、
畳のお部屋で暖房のある場所がよいです。

時間ですがセッションに3時間、
セッションの前に清掃・場の調整(チューニング)で1時間、
セッション後の清掃に1時間必要となります。
(合計1セッション5時間)

一日に2名行う場合、1時間の清掃・場の調整後にセッション3時間、
次のセッションの準備(清掃・場の調整)に1時間、
2回目のセッション3時間、セッション後の清掃に1時間
というのが最低限必要な時間となります。
(合計9時間)
・・・・・・・・・・

このように、一つのプログラムを行うのに相当なエネルギーを使ってくれているのです。
これはお値段を聞いても納得です。
ちなみに私たちが想定している「感情解放プログラム」の会場はこちらです。
山里に建つログハウスで、少々声を上げても大丈夫な環境です。
PB030019.jpg


かくして、15・16日の講演会の翌日、17日に、
私たちは「感情解放プログラム」を受けることになりました。
さぁ、一体どんな変化が起きるのか?
実は早々に起き始めているのです。


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

「秋のお菓子セット」、近々本当に終了します!
2秋のお菓子セット


ご注文はこちらへ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
ギフトセットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡



スポンサーサイト