FC2ブログ
18:00にエプソム塩水を飲んだ後、ますます寒気を感じるようになりました。
手先・足先はガチガチに冷たいです。
ストーブの傍で佇みますが、なかなか暖まらない。

見かねたかみさんが、「踏もうか?」と声を掛けてくれました。
これは「女王様とお呼び!」のSMではなく、
足で踏むことで身体の具合を調節する
「楽健法(らっけんほう)」と呼ぶマッサージ方法です。

楽健法はカップルでやることをお勧めします。
というのも、寝転がった相手の太ももの付け根を足で踏むからです。
それも、より付け根に近い方が良いとされていますので、
まぁはっきり言って、陰部に触れる訳ですね。

そういうところに何があるかと言うと、リンパです。
本当に見事に、ここを踏むと身体が楽になるのですよ。
同時に、軽く踏まれただけで相当痛く感じる時は、
身体の代謝が相当落ちていると自覚することもできます。

それに、お互いにし合うことでコミュニケーションにもなります。
踏む側に取っても、ストレス発散や竹踏み効果があります。
私たちの夫婦円満の秘訣の一つと言っても良いでしょう。

今回、かみさんに軽く踏んでもらっただけで、かなりきました。
もう、七転八倒。
リンパが張っていることがよーく自覚できました。

夕食の時刻になったので、かみさんのクィック踏み踏みは終わりましたが、
少し身体は楽になりました。
でも今度は頭が熱い!

「こ、これは、もしかして!」
体温計で計ってみると、38.1℃!

「何をその程度でビビっておる?」と突っ込まれそうですが、
私の平熱は35.5℃なのです。
これまでの人生で何度か38℃を越えた時がありましたが、
もう死ぬかと思いました。

「こりゃ辛いはずだわ。」
痰に咳に、止まらない鼻血に、高熱に、・・・
この先、いったい何が出て来るのか?

夕食の食卓にもつかず、
脇で家族とウーファーたちが食事をするのを眺めながら、
私はおもむろに語り始めました。

「今から遺言を言っておく。」

「はいはい。」
またかという表情のかみさん。

私はよく遺言を伝えます。
その時々で気分が違うので、常に最新のものを伝えておくべきと考えるからです。

でも今回のかみさんはクールでした。
「でもね、ちゃんと専門家を通して遺言書を残さないと効力がないのよ。
そう聞いたもん。口頭では駄目!」

「まぁ、そう言うな。本人がその気になっているのだから。」
「はいはい。」

「まず、葬式はせんでもいい。と言いたいが、きっと周りがするだろう。
だからせめて小じんまりにしてくれ。余計な金はかけんでいい。」
「はい。」

「それから、私が死んだら代わりにローンが帳消しになるので、
心配しないように。」
「はいはい。」

「確か小額だけれど、保険が下りるはずだから、
申請期間までに手続きをするように。」
「はいはい。」

「・・・後はそれくらいか。
ま、私のことは後を引かずに、家族で前向きに暮らしてくれ。」
「今日の遺言って、前と変わってないよね?」
「そうだ。だから確認した最新版だ。」
「了解!」

これで無事遺言も伝え、(読み返すと、カネのことばっかり!)
私は心おきなくプログラムを進めることにしました。
実は、「風邪をひいている時は、レバーフラッシュをしないように。」
という注意書きがあります。

確かに私は風邪をひいているようですが、身体が高熱を出して戦っているとも言えます。
ここは戦う身体を応援することにしました。
プログラム続行です。

19:30
風呂に入る。
とても熱かったのですが、おかげで身体の冷えが止まりました。
でも、鼻血が出てきました。
ほどなくして止まってやれやれ。

20:00
二度目のエプソム塩水を一気飲み。
お腹が空いているので、口に入るものは苦かろうが何だろうが嬉しいです。

そして、これから私は腸内洗浄をします。
いざ石が降りてくる時に、うんこが邪魔していてはいけませんからね。
そしていよいよ大きな山場を迎えることになります。

22:00ジャストに、
オリーブオイル125mlに、塩酸2滴、ブラックウォールナッツ20滴、
グレープフルーツの搾りたて果汁200mlを加え、
よーく振って立ったまま一気に飲み干し、
L-オルチニン・カプセルを4つ飲み込み、
上の作業を合計5分以内でおさめ、即寝て、最低20分は決して動かず、
言葉も発せず、できればそのまま寝ます。

そして翌朝は6:00起床です。
それ以前に起き出してはいけません。

ということで、この先のレポートは明朝ということになりそうです。
では皆さん、ごきげんよう!
スポンサーサイト



何だか寒気を感じるようになってきました。
これは今、家族全員が風邪っぽいことが原因だと思いますが、
ストーブの傍にいても手先が冷たいのは何故だ?


ともかく、先ほど「エプソム塩水」1/4を飲みました。
「苦いので、大きめのストローで飲む方が良い。」とか、
「レモン汁を加えると良い。」とかいうアドバイスが載っていますが、
ここはそのままぐっとグラスで飲み干すことにしました。

最初の液体が舌に触れた途端に、「あ、にが!」
でもここで止めると、何度も同じ思いをするだろうから、
「苦みを感じる舌」のままに、「エプソム塩水」を流し通すことにしました。

意外に喉ごしは良く、するすると胃に入っていきました。
閉口したのは、後味の苦さが結構続いたことです。
でも全体的に、想像していたよりは楽でした。

この後、20:00、22:00とプログラムは続きます。
12:30
昼食をいただきました。
今日はうちの定番メニュー「雑穀丼」でした。
かみさん曰く、「ほんの少ししか油を使っていないよ。」とのことでしたが、
ここはセオリー通りに無脂肪で過ごします。

分づきご飯に、ゆかりと刻み海苔を乗せ、一杯いただきました。
ここ数日はこれくらいのご飯量ですが、
さすがに「この先は断食かぁ。」という気持ちが湧いてきたので、
少しおかわりをして、味噌と刻み海苔でいただきました。

もうこれで飲食とはしばらくお別れです。
14:00以降は水もできるだけ飲まないこととあるので、
セオリー通りに飲まないことにします。


さて、解説書によると、「14:00にエプソム塩水を作って、冷蔵庫で冷やすこと。」
となっています。
でもこれを飲むのは18:00からです。

早めに作っておけということなのか?
水に溶かしてしばらくすると変化が起きるのか?
私は前の説を取りましたので、今頃作りました。

ペットボトルの水を足しながら750mlの線を引き、
水を入れた中に、「エプソム塩」を溶かします。
噂によると、こいつは「にがり」のような苦さなので、冷やしたり、
水の代わりに新鮮なグレープフルーツジュースあるいはりんごジュースで溶かして
飲むように助言されています。

りんごジュースは魅力でしたが、最初はセオリー通りに作ることにしました。
右回りで回すとエネルギーが入ると読んだことがあるので、
その通りに回して溶かしました。
その時の渦がとても綺麗だったのですが、
今回は撮影しそびれたので、別の機会に載せますね。
袋に残った粒を舐めたら、確かに苦かった!
エプソム塩水

これで準備完了!
体調はと言えば、肩や腹に力が入らない感覚です。
声も小さくなってきました。
ウーファーが、「次、何をしましょうか?」と訊ねてきても、
「ま、ゆっくりしてて・・・」という感じ。

また、五月雨でうんこが出てきます。
出るほどにお腹が軽くなっていきます。
果たして一晩もつのか?私の腹は?

ともかく今日は本でも読んでゆったりと過ごすことにします。
朝食は玄米ご飯一杯と、大根・ニンジン・豆腐のみそ汁。
あとは白菜とゆずのお浸し、スギナのふりかけのみ。
食卓にはおからや、有機野菜と油揚げのお浸しなどが並んでいましたが、
ここはぐっと我慢。

一日1リットル以上飲みなさいと言われているりんごジュース。
今日は午前中に飲み切る必要があるので、がんがんに飲みました。
おかげでお腹はりんごジュース腹!

ここ数日で変わったことがもう一つあります。
それは、おならが増えたこと。
接客時は困ります。
さっと席を離れてやりすごしています。

さて、今日最後の食事が近づいてきました。
そして14時から本格的に始まります。
おはようございます。

いよいよ、レバーフラッシュの初日を迎えました。
これからは可能な限りライブでお伝えしようと思います。

さて、今日を迎えるにあたり、幾つかの準備をしてきました。

まずは食事ですが、朝食と夕食は控えめ、昼食は普通のボリュームです。
どの食事も、おかわりはしませんでした。
つまり腹八分目ですね。

食事内容は、玄米もしくは分づきご飯と、油分の少ない菜食です。

そして、5日前からアルコールは止めています。

一日に1リットル程度のりんごジュースを飲んできました。
これは結構楽です。

ところが、「1.5リットル以上の水」というのは結構きついですね。
夏は大丈夫でしょうが、この時期に水をがぶがぶという訳にはいきません。
そのくせ、「身体を冷やさぬように」というのは難関です。

そこで、りんごジュースで割りながら飲んでおりました。
そうすると結構するする飲めます。
あとはお茶を飲んでおりました。

3日前には腸内洗浄を実施。
珈琲は使わず、ぬるま湯を尻から入れましたが、
久しぶりだからか、あまりうまくできませんでした。
1リットル以上入れたのですが、その割にはうまく出ませんでした。
ま、こんなものかな?

こういう暮らしをしていて、何が変わったか?

まず、トイレが近くなりました。
当たり前ですね。
もう、水道のようにじゃんじゃん出ます。
お寝床の心配はなかったけれど、昼間はトイレを行ったり来たり。

そして、大便の量が減りました。
まとまって出てこなくなりました。
これでいいのかな?

まだ変化があります。
それは、鼻血が止まらなくなったことです。
たまたま鼻をかんだ時、なかなか止まらなくなって困りました。
何度もティッシュやトイレットペーパーで鼻を押さえ、
血が固まるのを待ちますが、結構時間がかかります。

その血が喉にも入り、固まった血を口から出す姿は結構スプラッタ!
当然食道にも入り、喉がいがらっぽくなっています。

また、痰がたくさん出るようになりました。
この痰と咳は、レバーフラッシュとは関係ないかもしれません。
今年は春から夏にかけても同じ様に苦労しましたからね。

むしろ、感情解放プログラムを申し込むことにしてから起きた変化なので、
そちらの影響かも。
まっとうな見方としては、秋までのハードな日々による疲れが出ているともいえます。


以上のような準備を経て、いよいよレバーフラッシュ、始めます。
まずは、無脂肪の朝食から。これからいただきます。
ではでは、どうなりますか。
ライブをお楽しみに!
最近、島本了愛さんの本「LOVE YES PEACE」を改めて読み直しています。
とは言っても、実は前回はさっと斜め読みしただけだったのです。実は。
それでも前回のお話会の内容は聴いたので、
今回も第二夜に参加する資格はあるのですが、
ここはやはり主宰者としてしっかりと読んでおこうと本を手に取りました。

LOVE YES PEACE

この本、じっくり腰を据えて読むと、実にに読みやすい本です。
古今東西、古(いにしえ)の昔から言い伝えられてきた内容の
書き直しではあるのですが、
改めてシンプルに分かりやすく表現できる力は大したものです。

例えば、「循環の法則」は、「因果応報」のようなことだし、
「引力の法則」は、いわば「願えば叶う」や、
「ドリーム・カム・トゥルー」のようなものですね。
でもこの本を読むことで、より深くそして簡単に身にしみていくのを感じます。

そして、読んでいるうちにハッピーな気分になれるのが何よりです。
「そうそう、そうだよね。」と頷きながら読み進むことで、
自然と自ら周りを愛する気持ちになり、循環も引力も動き始めた気がします。


昨日の朝、かみさんと献立の打ち合わせをしていた時のことです。
「何か葉モノが欲しいわね。」とかみさん。
「それじゃぁ、なかよし家族さんのところにちらっと行ってこようか?」
「今日、そんな時間があるの?」
「ま、何とかするさ。」

そんな会話をした数分後のことです。
商品チェックのために店に入ったかみさんが叫びました。
「店の玄関に白菜が置いてあるわよ!」

親しい農家の方が、
私たちが気づかないうちに大量の白菜を置いていってくれたのです。
「これって、まさに・・・」
もともと、このような恵みが多い私たちですが、
今回のあまりのタイミングの良さには驚きました。


さて、昨夜はお泊まりのお客さんが来られました。
温泉に行きたいとおっしゃるので、「ならばみんなで行こうか?」と
ウーファーたちも誘って車一台で出掛けました。
温泉に入ったことがないオリビエ(仏)と、来たばかりのメリッサ(米)は大喜び!

道中、かみさんがつぶやきました。
「どうせなら、島本了愛さんの講演会ちらしを持ってきて、
温泉に置いてもらうように頼めば良かったね。」
「ま、まぁ、そうだね。」と私。
「そうは言っても現実に持ってきていない訳で、ならばどうするんじゃ?」
と、少々気持ちがざわつきます。

やがて温泉の駐車場に到着。
「さぁ、行くぞ!」という時に、かみさんが再び口を開けました。
「ご免なさい!ご飯を炊いている圧力釜の火を消すのを忘れました!」
「えっ???」

で、どうするって、消しに戻るしかないですわな。
そしてその役は私以外には考えられません。
「分かった。消しに戻るよ。皆は温泉に入っておればいい。」
「でも、もし消していたら、またご免なさい!」
「・・・はいはい。」

こうして、温泉のチケットはかみさんに渡し、
私以外の全員は温泉に入って、私一人で道を引き返しました。
この時、正直に言って、それほど感情は乱れておりませんでした。
「ま、仕方ないわな。」くらいのものでした。

ところが、しばらく走るうちに、あることを思いつきました。
「よし、この機会に一度、感情解放をしてみようか?」
今、車には私一人。最近は子連れの時が多いので、
たった一人で車にいることは滅多にありません。

考えようによっては、
本番前に一度「感情解放」なるものをしてみる良いチャンスです。
「これは面白い思いつきだぞ!」と考えた私は、
運転しながら口に出してみることにしました。

ちなみに、島本さんの本では、例えばこんな風に書いています。
・・・・・・・・・・
思っていること、感じていることを、思うままに言葉に出してみてください。
「本当にあんなことを言うなんて、信じられない!」
「あのブス!」
「わたしは傷つけられた~!」
「くやしい!」
「いつか見てろ~!」
「何でこんなことするんだよ~!」
などです。
・・・・・・・・・・

ところが、いざそんなセリフを出そうとするのですが、
なかなか出ないものですねぇ。
普段そんなセリフは言わないものなぁ。
まずはその気づきが新鮮でした。

それでも強引にオーバーめに言ってみることにしました。
すると、ひと言発すると、それなりに幾つか続くものです。
「でもこんなネガティブなセリフを吐いていて良いのだろうか?」
という、後ろめたい気分にもなりました。

また、私たちはお互いのことを
「どうせ、この人は・・・」で始まるようなことは言わないようにしよう!
と約束してきたのですが、この時ばかりは見事に違反しておりました。
「それでいいのかなぁ・・・」という気持ちが再び湧いてきます。

やがて、一通り今の気分を言葉にすると、ものの5分ほどで黙ってしまいました。
もう、同じセリフを繰り返す以外、言うセリフが見つからないのです。
「感情解放って、こんなものでいいの?」と、
また疑問が湧いてきます。

そうこうするうちに我が家に戻りました。
厨房を覗くと、確かにコンロの火が点いておりました。
良かった、良かった。少しでも早く火を消すことができました。
それだけでも戻った甲斐があるというものです。
(これがもし既に消えていたら、また違った感情が湧いたかも。)

そして問題は、ご飯の炊き具合です。
これでご飯が焦げていたら、お客さんに出すご飯がないということになります。
本来は蒸らしの時間も必要なのでしょうが、ここは現状を把握するために、
空気圧をしっかりと抜いて、蓋を開けました。
すると、うまくご飯が炊けていました。
ふう、良かったわい。

もう蒸らしも終わったかの様子でしたので、保温ジャーに移し、
さて改めて温泉に戻ろうかとした時に、一つ思い出しました。
「そうだ!島本さんの講演会ちらしを持っていこう!」
張り出し用の一枚でも良かったのだけれど、
目の前にあるちらしの束を握って車に乗り込みました。

ところが既に時間がかなり経っており、このままだと私が温泉に着く頃には、
皆が出てくるようなタイミングです。
つまり、私は温泉に入らず仕舞ということになりそうです。

「ま、これも仕方ないか。」と感じた時に、また一つ思い出しました。
そうだった!今回のお客さんは
「夕方には温泉に入って、夜にはもりのいえの直火焚き風呂に入りたい!」
と贅沢なリクエストをしておったのだった。

だから皆が温泉に行くにもかかわらず、家の風呂は湧いておるのであった!
つまり私は後で自宅の風呂に入れば良いのです。
温泉代も一人分が浮きます。

やがて温泉に再到着。
支配人に島本さん講演会ちらしの相談をすると、
「いいですよ。全て置いていってください。」とのこと。ラッキー!
その頃、ちょうど良いタイミングで皆が出て来ました。
皆さん、とても満足気な様子です。
「気分良かった? さぁ、帰ろうか!」

私は周りには何も言いませんでした。
そして、かみさんにはこう言いました。
「火が点きっぱなしなことを、よくぞ思い出してくれたね。
おかげでご飯は焦げなかったし、講演会ちらしも持ってこられたよ。
ありがとう。」


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

【島本了愛さん講演会「ココロを開くアイコトバ」】
に次々とお申し込みが届いています! ありがとうございます!
まずは入門編【第一夜】からお越し下さい!
詳しい説明はこの日のブログをご覧下さい!

【第一夜】
テーマ:「私と世界を豊かにする2つの法則」
日時: 2009年12月15日(火) 18:30ごろ~21:00ごろ
会場: 「ふれあいのやかた 加子母」
     岐阜県中津川市加子母3890-3
     (道の駅加子母の右脇を進み、橋を渡った左側)
参加費: 2000円
お申し込み方法: 「もりのいえ」にできるだけ前もってお申し込みください。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


【第二夜】

テーマ: 
 「もっと自由に、もっと豊かにお金とつき合おう!」
日時:  2009年12月16日(水) 18:30ごろ~21:00ごろ
会場:  中津川北商工会・加子母支所 2階
      岐阜県中津川市加子母3900‐3 
      (国道257号線沿い、道の駅加子母の右隣)
     *駐車場は道の駅の第二駐車場をご利用ください。
持ち物: 筆記用具、メモやノートなど。
参加費: 3500円(15日の講演会に参加した人は2500円)
お申し込み方法: 「もりのいえ」に前もってお申し込みください。

*【第二夜】に参加される方は 【第一夜】の講演会に参加するか、
 もしくは別の場所で了愛さんのお話を聴いたり、
 著書「ココロを開くアイコトバ LOVE YES PEACE」を読んでからご参加下さい。
 当日は、本に書かれている法則のことを理解しているという前提で、本題に入ります。

講師プロフィールや、講演会開催に関するブログは、こちらをご覧ください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
超オススメの「初冬のセット」に続々のご注文、ありがとうございます!
7初冬のセット

(上段左から)
・紫芋のスコーンパン(2個入り)
・さつまいもスティック
・おからクッキー(紅茶)
・にんじんかみかみ
・玄米あられクッキー
・定番のもりのいえクッキー

(下段左から)
・塩キャラメル胡桃
・かぼちゃとココナッツのケーキ  
・さつまいもとキャロブのケーキ 
・りんごとさつまいものタルト(小1個または1カット)

このセットのご注文はこちらへ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせはこちらにどうぞ!
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
ギフトセットがオススメです。
是非、こちらをご覧ください!お待ちしています!

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡