「映画『こどもの時間』を観たい。」とかみさんが言いました。
「いいよ。」と私が答えました。
年明け頃の会話だったかと思います。

その後、その映画の上映会を軸に、
様々なワークショップが企画されているイベントに行くのだということが分かりました。

やがて、「出店しないかという話があるよ。」という展開になりました。
「ならば話を進めてみたら?」と軽く答えました。

当初、「森林文化アカデミー」で開かれる予定だったこのイベント、
状況が二転三転して、結局、
陽がほら(ひがほら)」という古民家宿&カフェで開かれることになりました。

このお店のオーナーさんはうちのことをご存知で、
年末にもりのいえの焼き菓子セットをご注文いただきました。
ありがとうございます。

そして、噂では私のブログを最初から読んでいらっしゃるらしい。
これはすごいことですよ。
だって今日で1727話ですよ。
一話が結構長いのが多いので、本にすれば何冊になるだろうかという文字量です。
私は今更読み返す気力がありません。

でも嬉しいですねぇ。
そんな気概を持って読んでくれている人がいるなんて。感激ものです。
是非、読後感をお聞かせいただきたいです。

そんな「陽がほら」さんで行うイベントで出店できるようになるなんて、
これも何かのご縁なのでしょうね。
とても楽しみです。

ということで、3月13日(土)、美濃市は「陽がほら」で行われるこのイベント、
ぽかぽか園「ころりん」に、「もりのいえ」が出店します!
お近くの方、是非予定を入れておいてください!ヨロシク!
(ちらしをクリックしてください。)

ころりんちらし
2010.01.31 岐阜の旅
二泊三日の岐阜の旅から戻りました。
岐阜県人の私が「岐阜に行ってきました。」と書くのは変ですが、
加子母の人々は岐阜市界隈に向かうことを「岐阜に行く」と言います。
同じく、中津川駅界隈に向かうことを「中津に行く」と言います。
中津川市民なのに。

今回の旅(出張)の目的は、ISOの岐阜県の審査でした。
二日間で10カ所を審査してそれなりに神経も使い、少々疲れました。
でも今年は昨年に比べてこちらも余裕があり、結構楽しく過ごせました。

どの部署の方も最初は緊張気味な態度です。
それが一時間経つとリラックスされ、「ようやくISOが分かってきました!」
と、腑に落ちたような様子で帰られる姿を見ると、こちらも嬉しくなります。
審査された皆さん、随分となれなれしい態度ですいませんでした。

最終日の審査を終え、後はリラックスタイムです。
岐阜中心街にある円徳寺でのイベントに向かいます。

開催まで少し時間があったので、噂の柳ヶ瀬に向かいました。
「かつての繁華街が相当寂れているよ。」という噂をこの目で確認するためです。
すると、本当に寂れていました。
この通りなんて、開いている店がありませんでした。
柳ヶ瀬

他の通りもとても閑散としています。
高島屋の前のイベントブースでは、司会の二人の前には4~5名の観客が眺めておりました。
いやぁ、寒かったですね。

イベント開催が近づいたので、そそくさとその場を離れ、
織田信長公が本陣を張ったという円徳寺に入りました。
そこでは、お葬式と、市長選挙の事務所と、今回のイベントが同時に開かれておりました。
あまりのノリの違いに写真を撮るのを忘れました。

お寺に入って主宰者とご挨拶です。
本当はかみさんが一緒だったら良かったのですが、
自宅から出発したかみさんが少々遅れたので、店を開く準備をすることもなく、
私はぶらぶらしておりました。

すると、私の知らない多くの方々が挨拶をしてくれます。
最初は「もりのいえはこんなにも名前が知られてきたのか?」と
不思議に感じていたのですが、
次第に本当に理由が分かってきました。
皆さん、私のことを円徳寺の住職さんと勘違いされていた様子でした。
道理で妙にかしこまった挨拶を受けました。

やがてかみさんと子供達と焼き菓子たちが無事到着。
遅ればせながら開店です。
もりのいえに何度も通ってくれる人々も来てくれて、嬉しい限りです。

会場では吉本有里さんのCDが売られていました。
私はある指令を受けていました。
白州のわたなべんさんから、「『生きているそれだけで素晴らしい』という素晴らしい曲が入った、
『愛の花』というアルバムを買いなさいと指示されていたのです。
愛の花

さっそくそれを見つけ、傍にいた人に訊ねました。「これ、ください。」
すると、訊ねられたその方は、
「ありがとうございます。で、サインをしましょうか?」と聞いてこられました。

「はて?別に領収書のサインは要らないのだけれど・・・」
と何だかよく分からないことを考えて不思議な顔つきになってしまった私でしたが、
次第に分かってきたのは、目の前でCDを売っている人が、
どうも吉本有里さんご本人らしい。

「私は貴女を知りません。」というのを、あまりに露骨に示してしまいました。
どうもすいません、有里さん。
ともかくCDにサインを書いていただき、
友の指令を果たしてにこやかにその場を離れました。

そしてイベントの開催です。
お寺のお堂で開かれるライブ、素敵でした。
円徳寺

吉本有里さんの第一声を聴いた途端、驚きましたねぇ。
とっても柔らかい、慈悲深いお声であります。
由紀さおりさんが肩の力を抜いたような歌いぶりです。
私はすっかり魅了されてしまいました。
吉本有里さん

こんな素敵な声で歌えたらいいなぁ。
私の郡上踊りなんて本当にお恥ずかしい限りです。
とても羨ましく感じました。

夏秋文彦さんの鍵盤ハーモニカも見事でした。
楽器と身体がつながって見えました。
こんなに見事に楽器を扱えたらいいなぁ。
私の獅子笛なんて、本当にまだまだです。
こちらにもとても羨ましく感じました。
夏秋文彦さん

休憩を挟んだ後半のライブでは、U太が飽きてきて外で遊びたがったので、
私はまるで聴くことができず、残念でした。
それでも、会場に来られた皆さんの満足気な様子を見て、私も嬉しくなりました。

その後、「住職ではない」と気づかれた方々とご縁を楽しみ、
有里さんとも再び会話できました。
とても自然に、ともかく一度「もりのいえ」に来ていただき、
いつかライブをしてくださると約束してくれました。
そういう流れに感謝です。

そして皆さんとお別れして夜更けにかみさんの実家に到着。
長い一日が終わりました。

翌朝、私は新ウーファーのともちゃんを岐阜駅に迎えに行き、
そのまま「空歩21」へ。
昨年夏にもりのいえでウーフしてくれ、その後空歩21でスタッフをしていた、
「ベーグルのりょうこさん」が1月一杯で辞めるという話を聞いたので、
労いの挨拶に向かったのです。

途中、二車線の道路でぴったり私の車に寄り添って走る車があり、
ふとその車に目を向けると、何と!前日にライブにきてくれたよしこさんでありました。
もりのいえにも来てくれ、お菓子もたくさん買ってくれているよしこさん。
会う度に輝いてきているよしこさん。
縁がある人とは車を走らせていても道路上で会うものなのですね。
私たちに気づいてくれてありがとう!

空歩21で新旧のウーファーを紹介し、美味しい竹皮弁当をいただいてお別れ。
帰宅して家の大掃除をしながら、ひょんなことからマイケルの話題になりました。
ともちゃんのお母さんはマイケルにまるで興味がなかったのに、
映画「THIS IS IT」を観て、マイケルに対する評価が大きく変わったとか。
よくぞお母さん、映画を観に行ってくれましたね!

でも娘のともちゃんが未だ観ていないと言うので、
「ならばお観せいたしましょう!」とばかりに、やおら上映会を開くことになりました。
要は私たちが観たかっただけなのですが・・・

「なかよし家族」のやすこさんにお声を掛けたら、「観る!観る!」と二つ返事。
で、「もりのいえシアター」を設えて夕食後から上映会を開きました。
「もりのいえシアター」、回を重ねる毎に良い体裁になってきましたよ。
これからはこういう場が増えるでしょうね。

そしてマイケルでありますが、やっぱりすごいなと感心しきりです。
ますます踊りをマスターしたくなってきました。
そして実は私、獅子笛でマイケルの練習も始めたのであります。
まだ音を拾っている段階ですが、獅子舞の笛でこういう曲を吹けるようになったら愉快でしょ?

かくして、あれこれあった三日間でありました。
帰宅すると沢山のメールが届いておりました。
少しずつご返事させていただきます。映画を先に観ててごめんなさいね。

そうそう、4月25日(日)岐阜で開かれるアースデー・イベントで
「何かしゃべってくれないか?」との打診を受けました。

勿論参加させていただきたいと前向きに受けとめておりますが、
このイベント会場、JR岐阜駅北口広場ですって。
ということは、その広場で私が喋るのか?

私、人前で話をする場面は増えてきましたが、
駅前で通りすがりの人に話したことはありません。
ちょっとドキドキしてきました。
これも、固定概念を超える良い機会なのか?
本当に変化に富んだ日々であります。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」(3月14日)は、こちらをどうぞ!
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
年初めからどんどんと予定を組み始めたイベントの企画を、
少しずつ詰めてきています。
今日はその一つ、杉山開知さんによる「地球暦ワークショップ」のお知らせです。
このイベント、昨年秋の杉山開知さんとの出会いから、実現をずっと願っていました。

「何故、私たちは一週間のサイクルで暮らしているの?」
疑問に感じたことはありませんか?

私は一週間のサイクルが悪いとは思っていません。
「日月火水木金土」は大切です。
でも、一週間は人間が作った暦です。自然界にはありません。
この暦が私たちの暮らしを固定している部分もあると思います。
自然界の生き物で、そんな固定概念に縛られているのは人間くらいなものでしょう。

このように人間が自ら作った暦ではなく、
歴然とした「事実」から生まれた暦があります。
それは、「太陽系の惑星は太陽の周りを回っている」という事実に基づく暦です。
これが「地球暦」です。

「この地球暦の仕組みを理解し、読み解く知識を身につけましょう!」
というのが、「地球暦ワークショップ」の目的です。
して、企画内容を発表します!

「地球暦ワークショップ」
日時:3月14日(日)13:00-16:30
会場:もりのいえ
参加費:2500円(もりのいえのデザートとお茶セットつき)

お申し込み:もりのいえ
*当初、3月13日開催と告知していましたが、一日ずれましたのでご注意ください!
 「もりのいえのお届け便」では販売しています。ご注文はこちらへ!当日も入手可能です。

これは超お勧めですよ。
昼食を食べたい方は前もってご連絡ください。
1000円程度でご用意できます。
また、当日は焼き菓子も販売します。

実は、ワークショップ後にいろいろ話し合うのがとっても楽しそうです。
もしかしたら、あなたの星についての話が聞けるかもしれません。
そういう話はじっくりと聞きたいでしょ?
という方は、是非お泊まりでお越し下さい。
一泊二食6000円でお受けします。

さてここで、地球暦についての説明文を杉山さんが作ってくれたので転載します。
読んだだけだと難しく感じるかもしれませんが、
大切なのは、「私たちは地球号に乗って、一緒に太陽を回っている」という感覚です。
その感覚を実感して日々を暮らすことで、きっと人生が変わります。
その体験を一緒にしませんか?
8地球暦


HELIO COMPASS 地球暦 /太陽系を縮尺した天体暦
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
ヘリオスは、水素HとヘリウムHeで核融合している太陽を神格化した言葉、
コンパスは羅針盤を意味します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
もし、地球の一年が30cmの円盤だったなら...

■ ヘリオコンパスとは
太陽系そのものを惑星時計と捉え、
地球の「1日・1年」の周期で空間を細分化した時間地図。
ヘリオコンパスは太陽中心の座標系で、
360°の日心黄径の角度を使って惑星の位置を表します。
惑星の移動距離で、時間の経過を示す、暦の機能を持った羅針盤です。

■ ヘリオコンパスの見方
「今日は何月何日か?」というカレンダーによる計測法と違って
「今度は何度か?」と円の中での周期性を分度器を使って測るシンプルなものです。
円盤には太陽や惑星などが最初は配置されていないため、
惑星の位置を、毎日専用のピンで表示し、現在位置を確認します。
ヘリオコンパスと惑星ピンは、レコードと針のような関係です。

■ ヘリオコンパスの特徴
日心黄径〔ヘリオセントリック〕に基づいて設定された視点は、
従来の地心黄径〔ジオセントリック〕の見方と対称的で、
全てが反時計回りになっています。
ヘリオコンパスでは惑星の"合"や"衝"の働きはわかりやすく、
合=「結び」、衝=「開き」と呼んでいます。
太陽系の9つの惑星の36通りの会合周期を用いて、
様々な周期性を実生活に応用し、実践していくことが目的です。
記憶方法や、記録方法としてデザイン性を持つヘリオコンパスは、
思考を整理し、人生の道のりを明確にすることができます。
視覚的に見ているだけで太陽系の縮図を感覚することができ、
室内が調和的な空間になります。

毎日の惑星の位置は、同じ日であれば全世界共通です。
時差はありますが、惑星の位置は場所によって変化することはないため、
国や言語、宗教や思想を問わず「地球は1つ」という共通認識を育むことができます。
個人以外に社会的な活動の指針となる公共芸術であるため、
占いの流派や、一定の解釈、シンボルの深い定義付けは持たないのも特徴です。
あなたの意識が、この惑星を進化させていくのです。
真っ白な円盤に、あなただけの思いを乗せてみませんか?

■製品内容 ヘリオコンパス
・ マップ A1サイズ タテ84.1cm ヨコ59.4cm
・ ガイドブック 36pカラー A4サイズ 〔壁掛けカレンダータイプ〕
・ 二十四節気+朔弦望 A3サイズ
・ 簡易惑星ピン(別売り:イシピン)
本体価格 3600円 税込み
*もりのいえで販売しています。お申し込みはこちらへ。


杉山開知 
2002年から静岡にて半農半暦の生活し、暦作りやお話会をはじめる。
2008年に暦の世界観から脱し地球暦・ヘリオコンパスを発表。
円盤形の太陽系アートは、お茶の間から宇宙意識をもたらす銀河ツールとして注目される。
円盤を愛し、日々開発に前進する、2児の父。
日本暦学会会員。NPOじねんじょの会会員。




♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」は3月14日開催です。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
あの感動の映画鑑賞の後、我が家はもう大変なものです。
マイケルを心から尊敬するかつしさんが近くに住むおかげで、
過去のCDやDVDを全てお借りすることができました。

で、我が家ではずっとマイケルがBGMです。
おかげでU太もマイケルのことを認識し始めたようです。
彼は時々ステレオの前で立ち、身体を上下させて踊っております。
誰も教えていないのに、音楽に合わせて身体を揺するんですね。
音楽の力ってすごいと感じる瞬間でもあります。

さて、実はかつし師匠はムーンウォークも得意です。
で、一度我が家に来ていただき、「ムーンウォーク講習会」を開いてもらいました。
その時に分かったのは、ことムーンウォークに関しては、
かみさんよりも私の方が上手だということでした。

私は身体が固いので踊り系は駄目!とずっと信じていたのですが、
練習を積み重ねれば結構できるようになるかも?
その後、かみさんは負けじと普段から練習を続けております。
そして畳の上で、時々クルッと回ったりもしております。

そんな我が家に、ついに「この時」がやってきました!
そうです。あの映画「THIS IS IT」のDVDがやって来たのです!
(左は同封されてきた絵はがきです。)
マイケルDVD

さぁ、どうしよう。
まずは「さわりだけね。」とお互いに牽制し合いながら、パソコンで観てみました。
ふむふむ、映画と同じです。当たり前か。
当然のようにU太とKAN太も寄ってきました。

さて、今回は本当にさわりだけで止めておきましたが、
やはりこれは大きなスクリーンで、それなりに音量を上げて観たいですね。
となると、プロジェクターとBOSEスピーカーの登場です!

ということで、今後は「もりのいえ」で「THIS IS IT」を観ることも可能になりました!
何だか観たいものがどんどん増えていますね。
まるで「もりのいえシアター」です。大げさか。

うんにゃ。結構お勧めDVDが増えてきましたので、
ご希望の方は前もってお知らせくださいね。
お勧めはやはりお泊まりいただき、夕食後に観るというパターンです。
ますます、お楽しみが増えてきました。



♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

「新春のお菓子セット」は受け付けを終了しました。
大勢の方からご注文をいただきました。ありがとうございました!

もりのいえは、おまつりさわぎ!
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」は、3月14日に変更します。近々発表!
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
突然ですが、明後日の29日、下記のイベントに「もりのいえ」が小さく出店します。
「吉本有里with夏秋文彦 ~新春『満月』岐阜ツアー」の一環のこのイベント、
「面白そうだね。」と、以前からかみさんと話していたのですが、
たまたま私がその日、岐阜県のISO審査で近くに行くことになり、
「ならば家族で観に行こうか。」ということになりました。

そして出店リストを眺めていると、これまた面白そうなお店がずらり。
試しに主宰者さんに問い合わせてみると、
「飛び入り出店可能ですよ!」と返答が届いたので、
ならばと出店させていただくことになった次第です。

ということで、明後日という、あまりに急な告知ですが、
ご都合が合う方は是非ご参加ください!
とてもアットホームな場になりそうですよ。
まったりとお待ちしています。
(以下、主宰者さんのサイトからの転載です。)

■1/29(金)円徳寺 楽市楽座コンサート

18:00~ 開場 出店
18:30~ コンサート 第1部
19:30~ 休憩 出店
20:00~ コンサート 第2部
21:00~ 閉場 希望者のみシェアリング

チケット料金 前売り 2000円(電話予約OK)
       当日  2500円

岐阜で頑張ってる素敵なお店が出店します。
美味しいご飯に素敵な日用品、体に優しい衣類など。
あなたの探していたものがきっとここにある!

 ★出店★
 麻処さあさ   (麻褌、麻製品)
 melchi designs  (オーダーメード服)
 ちょこーる   (木綿の天然草木染め)
 岐阜ネパール会 (ネパール小物)
 あとりえふりる (綿製品・服飾・雑貨)
 空歩21     (ベジカツ・酵素玄米おにぎり)
 enjoy cafe OHANA (organic&vegan food)
 ibumaki     (天然酵母パン&ピザetc)

場所:岐阜市神田町6-24
お問合せ(前売りチケット予約):
090-2944-2448(大塚)


吉本 有里 <よしもと ゆり>
歌を作るのではなく『降りてくる』
超自然体なシンガーソングライター兼ヴァイオリン奏者。
1992年、妊娠を機に理想的な自宅出産環境を求めて、
北カリフォルニア標高1000mの山中へ移住。
その後最初のパートナーと別れ、長野高遠町に古民家を借り、
畑、子育てをしながら国内外問わずライブ活動。
2006年、火事により自宅が全焼。
パートナーが光の世界へ旅立ち、自身も大やけどを負う。
現在は長野の東伊那に「観音道場 遊里庵」を再建し、
リトリート(日常生活から離れた集まり)を主催。

○コンサート後に希望者のみで行われる『シェアリング』とは?

知る人ぞ知る、吉本有里さんのコンサート後のお楽しみ「シェアリング」。
「シェア」とは「分かち合い」です。
今その場に集まっている人たちと、今の感情を分かち合います。
コンサートで心が開かれた後なので、家族への感謝を口にする人、
未来への希望を語る人、さまざまです。
言葉を用意する必要も、言葉を飲み込む必要もありません。
シェアリングには、助言や非難は存在しません。
ただ自分の心の動きを素直に口に出し、
誰も気にせず最後まで話して良いのです。
そして聞く側も、話している人の気持ちに寄り添い、
最後まで聞く、ただそれだけの場です。
それだけ…なのに、人の話を最後まで聞かない、
聞いてもらえない日常からすると、なかなか稀有な体験だったりします。

日ごろ、パートナーに最後まで話を聞いてもらえなかったり、
こんなこと言ってはいけないと我慢していたりしませんか?

シェアリングに参加することで、
自分の意外な本当の心に出会えるかも知れません。
ちなみに長野の遊里庵で行われるリトリートは、
3泊4日をかけてシェアリングを深めていきます。
日本アルプスの美しい景色と有里さんのコンサート、美味しいご飯が、
どんどん魂を目覚めさせていきます。
興味のある方は有里さんのブログをチェック!(愛の花、吉本有里で検索)
さすがに二日連続のISO審査は疲れます。
しかも毎回場所が離れているので、移動に時間がかかります。
そして帰宅すれば、それなりにやることは山ほどあり・・・
ということで、書きたいネタは山ほどあれど、今日は寝ます。
おやすみなさい...zzz
昨日は終日、ISOの関係で仕事をしていました。
岐阜県が環境に対して取り組むシステムを審査するという、
得難いチャンスであります。

昨年もさせていただいたのですが、
今年は二年目ということもあり、余裕を持って臨ませていただいております。
今週はしばらくこの業務が続きます。

若い頃、私は「先生と呼ばれるような仕事はすまい!」と考えておりましたが、
歳を経て、気がつけばそんな風に呼ばれるケースが出てきまして、
今回も県の担当者が当然のように先生よばわりするのを
不思議な感覚で聞いておりました。

今回、高山で一緒にお仕事をさせていただいた長瀬先生は、
「ひだ林業・建設業森づくり協議会」の中心人物です。
28日に設立される「たかやま林業・建設業協同組合」の専務理事になられるそうでして、
この世界では注目度No1.の方です。
近々、加子母にお呼びして、お話していただこうと目論んでおります。

さて、ひと仕事終えて帰宅すると、
我が家は結構すごいことになっていました。

・ウーファーからはウーフ希望が殺到しておりました。
・視力回復合宿の打診や申し込みが続けて届いておりました。
・ネットショップでは、締め切り間近の新春セットの駆け込み注文が続いていました。
・他にも、いろいろメールが届いていました。
・かみさんは焼き菓子づくりに奔走していました。
・U太とKAN太がすこぶる元気でした。

ウーフに関しては、春の申し込みが多いですね。
ところが春は毎週末、なにかとイベントがあり、
正直言って日本人ウーファーの方がありがたい状態です。
谷間の2月中旬から3月初旬にかけて、誰か手伝ってくれないかな?

視力回復合宿については、近々詳しく紹介しますが、
今、販売中の雑誌で特集されています。
本当に今、旬の企画ですよ!

焼き菓子に関しては、近々「バレンタインセット」を発表します。
これは2月14日という期限が決まっているので、
それまでの段取りが勝負です。
「段取りしない宣言」をした私ですが、
きっとこのセットは「限定○○セット」ということで
段取りすることになるのでしょうね。

3月7日(日)、愛知県小牧市に「もりのいえ」が呼ばれることになりました。
特にテーマを決めず、来られる方々とお話会を開きます。
合わせて、「ギブ&ギブンの会」も出張する予定です。
詳しく決まったところで告知しますね。

他にも、「うちのイベントに参加して!」という打診が届いています。
そういう声掛けがされるようになったのが嬉しいですね。
可能な限り、出ばって行きます!

2月2日、私が事務局をする「いかそまい会」の会合が開かれます。
この会合、循環型社会の形成に向けてのちょっとしたエポックになるかも。
高野先生たちや岐阜新聞も来てくれます。

ということで、一体何が起きるのか?というほどの「もりのいえ」まわりの動きです。
従来ならば、「そんなにあれこれ同時にできない!」というところですが、
今年のモットーは「固定概念を乗り超える」であります。
この調子でガンガン行きまっせ!
伊勢への旅の疲れも取りきれぬまま、次の行事に突入であります。
ちなみに、この「疲れ」とは、獅子舞奉納の疲れではなく、
「飲み過ぎ・食べ過ぎ」の疲れであります。

最近はとても質素な食事に満足していました。
おかげで体重はどんどん減り、高校生時代に戻りました。
おかげで、会う人々から「痩せたんじゃない?ガンじゃないの?」
と心配される日々でありました。

それが今回の旅の後半からは無礼講です。
飲むわ、食うわ、また飲むわ、食うわ。
そして挙げ句の果てに、寝る前に豚骨ラーメンで締めであります。
こういう食事スタイル、昔はよくやったものですが、
最近は本当になかったですね。

おかげで一泊二日の旅で、何と2kgも体重が増えておりました。
あな恐ろしや!
それでもまだ以前のベスト体重よりは少ないのでありますが。

ま、暴飲暴食の話はこれまでにして、
今日は朝から「保育園の左義長」の日でありました。
加子母では、正月には地区毎に左義長をやり、
この時期に保育園の左義長をして、
それまでに焼きそびれた注連縄などを焼くのであります。

ところで、私は獅子舞保存会から大きな仕事を仰せつかっておりました。
22日に伊勢神宮で獅子舞奉納をした後、
我が地区は「大麻」を手に入れておりました。

大麻と言っても怪しいものではありません。
こういうものです。とても大切な「大麻」です。
桐の箱に入ったこの「大麻」が、
この5年間、我が二渡地区の会館を守ってきたのです。
1大麻箱

「それを今回新調したので、今までの大麻を左義長で焼いて欲しい。」
と言うのが、私の使命でありました。
「確かに仰せつかりました。」と恭(うやうや)しく受け取り、
左義長に向かおうとしましたが、ここである考えが浮かびました。
「ところで、この『大麻』には何が入っているのだ?」

上の画像を見ての通り、紙で包まれた箱でありますが、
とっても軽いです。
「まさか本当の大麻?」
「いや、本物が入っていなくて、何故『大麻』と呼ぶ?」
急に興味が湧いてきました。

そこで、「大麻」に一礼して、紙をはがしてみました。
その中からは簡易式の箱が出てきました。
そして、開けてビックリ!玉手箱!
出てきたのは、この一品だけだったのです。
2中身はこれ?

「何これ?」
本当に見当がつきませんでした。
私は大麻というものを見たことがありません。
ですから想像でものを言うしかないのですが、
どう見てもこれは、「木」です。
軽い、細い材木を4本縛り、
3元をしばり

先っぽは軽く開いています。
4先っぽは木

未だにこれが何だったのかは不明ですが、
材はともかく、いろいろと念が込められtいるのでしょうね。
恭しく元に戻し、左義長の他のものたちと一緒に置き、
心からお祈りしました。
5そっと置く

こうして左義長の準備は完了!
とか言って、準備をしたのは保護者会役員の皆さんです。
私は一応地区役員となっているそうですが、
わが地区唯一の家族ですので、諸々の作業を免除されているらしい。
今のところは。
6準備完了

保育園の左義長ですので、進め方も保育園ちっくです。
この行事、「左義長参観」ということでして、
基本的にお父さんが来ることになっておるようです。
園の中で、まずは子供達が歌い、
7左義長参観開始

次にはそれぞれの小さい椅子にお父さん達が座って、
ひざに子供達が座り、ご挨拶です。
そして外に出て、父子のコミュニケショーンを深めるお遊びをしました。

この時のU太の笑顔はとても素敵でした。
とっても嬉しそうで、幸せそうでした。
こういう顔を是非写真で残しておきたいものです。
でもいいんだ。私の心にはしっかり残ったから。

やがて左義長に火が点きます。空は見事な快晴です。
8火が点く

左義長の先っぽには子供達の書き初めや風船などが飾られ、
後で倒した時に子供達は風船に群がっておりました。
9先っぽに飾り付け

火は次第に大きくなり、煙は雲のように広がっていきます。
10雲のような煙

そしておきになったら、宴会の始まりです。
炭をめいめいのグループに分け、
各グループでいろんな食材を焼き始めます。
我が地区は、U太しか園児がいないので、
お隣の地区に混ぜさせていただきました。
11食事開始

地区の左義長では、棒に巻いたパンを焼いて好評でした。
今回は、土鍋でのパン焼きに挑戦。
大勢の方の注目を浴びましたが、
前回とは違い、火加減が見えないので苦労しました。
12土鍋で焼いてみる

最初は上のように取り出したおきの上で焼いたのですが、
火力が弱かったです。
そこで土鍋を元の左義長の場に移したのですが、
今度は底が焦げて、上は生焼けという状態に。
あまりに見栄えが悪かったので、写真も撮りませんでした。

味は良かったですけれど、
土鍋パンは次回に期待とさせていただきましょう。
ともあれ、楽しく左義長は終了しました。
でもこの行事、当然ながら誰かが準備をし、片付けをしてくれています。
その番がいずれは回ってくるのでしょうね。

ま、そういうことはそういう時に考えることにします。
私としては、U太のとってもいい笑顔に出会えて幸せでした。
下の写真もいいけれど、こんなもんじゃなかったからね。
そして、もちろんその日はずっと「お父さんベッタリ」でした。
こういう時は大切です。
13とうもろこしを食うU太


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
新春セット
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
まもなく販売終了します!


もりのいえは、おまつりさわぎ!
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」(3月13日)も、近々企画を発表します。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

無事、伊勢神宮での獅子舞奉納から戻りました!
私としては、じっくりと今回の旅を振り返りたいのですが、
さすがに少々疲れていますので、ともかくアルバム風にご報告します。

新しくなったばかりの内宮・宇治橋です。
これは奉納が終わった後の画像ですので、「渡り初め」ではありませんが、
綺麗な橋を渡るのは気分が一新するものですね。
1宇治橋渡り初め

宇治橋を渡ったばかりの場所に、加子母獅子舞保存会のメンバーが揃いました。
いよいよ「宮入り」の開始です。
2宮入り

私たちは加子母10区のうちの一つ、二渡区の若連メンバーですが、
獅子舞奉納の際は加子母を代表して参画します。
3先頭

禰宜(ねぎ)が導く先を獅子が進んでいきます。
4禰宜と獅子

その後ろを大小二つの太鼓が続き、
5太鼓

私を含む笛の衆が最後につきます。
着物を来ているのは、この後の獅子舞奉納で獅子を舞うマサです。
笛の吹き手が少ないので、二役という訳です。
6笛

獅子の頭をなでると病気にならないとか、頭が良くなるとか、
いろいろご利益があるそうですね。
そしてそのお礼に、獅子の口にお金を入れてくださいます。
結構な人出で、獅子の口にも結構入ったそうです。
7お金を入れる

快晴の光の中を進む獅子連と、それを見守る長老・みどるさん。
本当に素晴らしい天候に見守られました。
8光の中

宮入りは意外に早く終了し、終着点で記念撮影。
宮入の間もそうでしたが、大勢の方が私たちを撮影されていました。
(この画像のみ、クリックすると大きくなります。)
9勢揃い

これで前半は終了。
いよいよ、私にとっての最大の山場、参集殿の能舞台での獅子舞奉納です。
10参集殿

結果から報告しますと、うまくできました。
まるで緊張することなく、とても楽しく、ゆとりを持ってできました。
細かいミスはあったものの、今の私としては上出来でした。

屋外の能舞台で音が響くのか、見当がつかなかったのですが、
第一声で、師匠のかつしさんと私の笛が合った時、
とても大きな音が響くのが分かりました。
傍にいた、まさと君は、その音の大きさに驚いたそうです。
客席で聴いていた仲間も、「とっても大きな、良い響きだったよ。」と言ってくれました。
(左端が私です。)
11獅子舞奉納アップ

全てが無事終了し、拍手が起き、舞台から下がって、皆と交わした握手。
「これぞ達成感!」というやつでしたね。
そして同時に、「よおし、飲むぞ!」と自分に誓った瞬間でもありました。

その後、旅に同行していた、かつしさんの師匠で引退されたひでおさんが、
つまり私の師匠の師匠が、私たちに声をかけてくれました。
「これで、うちの区の笛は、この二人で安泰だな。」
とても嬉しかったです。

こうして、数年越しの練習の成果が出ました。
私にとって、大きなステージを超えました。
もともと、何の芸も持たない私が、ようやく一つの自信を得た瞬間でもありました。
これまでに本当にいろいろありました。
今日ばかりは、自分で自分のことを褒め、労ってあげることにします。

ここにくるまでに、私を指導し、励まし、仲間に入れてくれた皆さん、
飛び入り参加で撮影を手伝ってくれた、長期滞在のまりちゃん、
そしてずっと見守ってくれた家族、
本当にありがとうございました!

また私は、この「笛」で次なるステージに向かおうかという気になってきました。
獅子笛のレベルを上げるための修練はもちろん続けるとして、
私独自の笛の世界、つまり、創作を少しずつ始めてみようかと考えています。

そしていつか、小さなライブでもできるようになれたらいいな。
決して無理をせず、ずっと楽しみながらね。
そんな、とてもリラックスした気分で、
笛物語・第一話「出会いから秋祭りへ」、第二話「伊勢神宮・獅子舞奉納への道」
に続く、第三話が、そろりと始まりました。


もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
新春セット
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!

◎伊勢神宮・獅子舞奉納までの道のりは、こちらにまとめています。
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」(3月13日)も、近々企画を発表します。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
1獅子舞

早いものですねぇ。
伊勢神宮に獅子舞を奉納する日が来てしまいましたよ。
この旅の告知をしてからというものの、
それなりに真剣に練習をしてきました。
今は、「もうジタバタしても仕方あるまい。」という心境です。

本日、新しくなった宇治橋を渡り、12時頃から獅子舞の「宮入り」を行い、
たぶん13:30ごろから内宮・参集殿にて獅子舞奉納をします。
ということで、帰宅後の報告をお楽しみください。
では、行ってきます!
2獅子舞立つ

もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
新春セット
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!

◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」(3月13日)も、近々企画を発表します。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
先日、岐阜新聞から電話がありました。
このくだりが面白いです。
要点を整理すると次の通りです。

・今年6月に「全国豊かな海づくり大会」が、海の無い岐阜県で開かれます。
・メインテーマは、「清流が つなぐ未来の 海づくり」で、
 主に長良川流域を中心とした、「海の源」に焦点を当てた大会となります。
・岐阜新聞では、この大会に向けて、元旦から特集を組んでいます。
・当面は、「水のつながり」を追う取材をしていますが、
 次第に「人のつながり」に論調を広げた紙面にしたいと考えています。
・そのような取材を続けるうちに、「ならば加子母に行きなさい。」
 というアドバイスを数カ所から聞きました。
・そこで、「加子母」で検索したところ、
 名古屋大学・高野先生のブログ「加子母巡礼」に辿り着きました。
・その中で、「もりのいえ」について書かれていたので、電話した次第です。
・つきましては、加子母についてのとっかかりが何もない今、
 まずは「もりのいえ」を訪問して取材したいのですが、よろしいでしょうか?

とのことでした。
何とまぁ、細い赤い糸(?)をたぐってこられたものです。
「何で、『海づくり大会』の特集で『もりのいえ』なの?」と突っ込むなかれ。
まるで「風が吹けば、桶屋が儲かる」的なお話ですが、
ともかく記者さんは何かを感じ、求めて「もりのいえ」に打診してこられたのです。
ならばお話、お受けしましょう!と、お迎えしました。

さて、やって来られた記者さん。可愛いお嬢さんで、
とても話のしやすいタイプの方です。
私は、あの日以来、
あまり多くを語らないタイプの生き方をしてきていますが、
取材で黙っているのも失礼でしょうと、
この日は久しぶりに語らせていただきました。

私たちの暮らしについて
私たちと加子母との出会いについて
加子母の地域性について
加子母の人間は、やたら「加子母は」「加子母は」とうるさいこと。
・・・

それらを聞いて、彼女が何を感じたのかは、これからの紙面に期待しましょう。
ともあれ、最低もう一度は加子母に来られるそうです。
次回は、加子母のいろんな人に会いたいとか。
ようし、紹介しようではないか! 
消化不良にならないようにね。濃い人が多いから。

高野さんは加子母のことを「奇跡の村」と呼んでいます。
以前、こちらを取材された日本農業新聞の記者さんは、
「加子母病にかかってしまいました!」と言いました。
他にも加子母に注目し、通っている人は大勢います。
きっとそれなりの魅力があるのでしょう。

その魅力を解き明かし、今回岐阜新聞さんが企画する「人のつながり」の中で、
うまくまとめていただけるのならば、それはありがたいことです。
そして掲載された記事で、日本中の村が、
そして日本が元気になれたらいいですね。

ところで、この記者さん、よくよくお話していると、
私の大阪の大学の後輩でした。そんなこともあるんだね。
後輩と聞いただけで、より親しみを感じて、
馴れ馴れしくなってしまった私でありました。

ま、これも何かの縁でしょう。
岐阜新聞のあゆみちゃん、期待しておりますよ。
(一番左があゆみちゃんです。)
岐阜新聞あゆみちゃん


もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
新春セット
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!

◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
▲「107+1~天国はつくるもの~Part2」上映会(3月6日)は、近々詳細を発表します。
☆杉山開知さん「地球暦のワークショップ」(3月13日)も、近々企画を発表します。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
続いて速報です。
昨年、中山康直さん講演会と、SAYAKAさんライブの際に、
見事なナビゲーションをしてくれた杉山開知さんが、
再び加子母に来てくれることになりました!

そして、地球暦のワークショップを開いてくれます。

日程:3月13日(土)午後~約3時間
会場:もりのいえ

詳しくはこれから詰めます。
こちらの日程も押さえておいてね!
取り急ぎ、速報としてご案内します。
昨年、全国一斉に自主上映され、私たちも観て感動した映画、
「107+1~天国はつくるもの~Part2」を、加子母で上映します!

日程:3月6日(土)午後と夜の2回上映
会場:ふれあいのやかた 加子母

詳しくは後日、発表します。
まずは予定を押さえてください!

天国はつくるもの2ちらし表紙



もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
新春セット
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もう数日前の出来事になってしまいましたが、
大切なスピリットですので、ログに残しておきます。
ギブ&ギブン

17日、「ギブ&ギブンの会」が終日開かれました。
開かれたと言っても、ただモノを並べて、人が来られるのを待っていただけですが。
正直言って、事前告知はこのブログのみでして、
地元の人々にほとんど知らせていなかったので、
それほどの人が来るとは想像していませんでした。

小春日和の中、「本当に人が来ないねぇ。」
前夜の新年会の賑やかさと比べると、実に静かな一日の始まりです。

それでもポツリポツリと来客者が現れました。
近所のEちゃんは、「くださ~い!」と言いながらやって来てくれました。
そういうノリが嬉しいです。
そして、使わなくて久しい灯油ストーブなど、いろいろ持って帰られました。

高山からやって来たIさん夫婦。ありがとう!
そして元ウーファーのあきちゃんカップル、ありがとう!
長期滞在してくれている、サングラスのまりちゃんと、
名古屋から新年会に参加してくれたかずみちゃんもありがとう。
あなたがたが来てくれたことで、とっても場が和みました。
池谷&あきら&まり

そして子供達とも一緒に遊んでくれてありがとう。
あきちゃん達と

U太はとっても嬉しそうでした。
はしゃぐU太

ここしばらく、怒濤の日々を送っていましたので、
一転してとても和やかな時を過ごすことができ、嬉しかったです。

さて、「ギブ&ギブンの会」ですが、いろいろとドラマがありました。
例えば、なかよし家族さん。
大切にしていたワイングラスの一つが割れ、残念がっておられたのですが、
この会に来たところ、何と!
割れたグラスと全く同じデザインのワイングラスを発見!
そんなこともあるのですね。こちらでも紹介されています。

また、あきちゃんたちは、同じくワイングラスを物色していたところ、
突然彼氏が叫びました。
「おい、このワイングラス、ティファニーだぞ!」
引っ越しをされた方がドンッと置いていかれたワイングラスの中に、
そんな掘り出し物もあったのですね。良かったね。

またある方は、たまたま衣類が不足されていたので、
とてもタイミング良く、私の衣類をごっそりと持って帰られました。

皆さん、帰り間際には「本当にこんなにもらってもいいのですか?」
と念を押されますが、もちろん結構です。
持ち帰っていただけることが、私たちの喜びなのですから。


この「ギブ&ギブンの会」、実はこの日だけのイベントではなく、
既に数日前から始まっており、そして今でも続いています。
思うに、この会って、期間限定のものではなく、
「もりのいえの一つの姿」なのではないかと考えるようになりました。

つまり、「ギブ&テイク」ではなく、オークションでもなく、
全く見返りを求めない場を設けることで、
「もりのいえ」のスピリットを表現する格好の場となっているように思うのです。

ですから、今後どこにそういうスペースを確保するかは考えるとして、
「ギブ&ギブンの会」はずっと続けることにします。

ということで、これから先、「もりのいえ」に来られる方は、
店員(?)の巧みな話術で、何かとお持ち帰りいただくことになるかと思います。
それもまた楽しみということで、ヨロシク!



もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
□安曇野でのゲストハウスやりたい会(3月27・28日)へは、こちらをどうぞ!
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
今回は、「お呼ばれイベント」のご案内です。
他にもこのように呼んでいただくようなお話があります。
これからは、
「呼ばれたら どこでも行きます もりのいえ」です。

では、お読みください。
そして大勢の方とお会いできるのを楽しみにしています!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『ゲストハウスやりたい会(!?) in 安曇野
  ~出会いは夢への第一歩、オーナー候補大集合!~』


『ゲストハウスやりたい会(!?)』は
将来のゲストハウスオーナーを夢見るあなたを応援します!!

普段は聞けない!?話せない!?
ゲストハウスのあんな事やこんな事、ここに来れば解決するかも・・・。

現役ゲストハウスオーナーも多数登場し、彼らと直接話をしたり、
ゲストハウス開業を目指すお互い同士、語り合って仲良くなったり、
熱く、濃い2日間になります。

特に農的生活を絡めたゲストハウス、また、やって来たゲスト同士が
共に語り合える空間を造りたい!そんな人にオススメです!!

プログラム最後に、
みんなの前で自分のゲストハウスについてプレゼンする時間もあります。
現役オーナー、未来のオーナー達から、アドバイスや刺激を受けて、
ゲストハウスの夢を実現させよう!

♪日時:平成22年3月27日(土)13:00~3月28日(日)15:00
    初日12:30受付開始、最終日15:00解散予定
♪開催場所:安曇野地球宿
      〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉4028-1
      連絡先080-5486-6111
      ホームページ http://chikyuyado.com/
♪料金:¥11,000(学生¥10,000)
    1泊3食(初日夕食&懇親会、2日目朝昼食)付き
    ※キャンセルの場合、当日全額、前日50%、3日前まで30%頂きます。
♪対象:高校生以上 ※高校生は保護者の同意が必要です。
    こんな人におススメです。
     ・将来ゲストハウスを開業したい人
     ・農的生活を送りながら何かもう一つ仕事を持ちたい人
     ・人が集まる場づくりをしたい人
      などなど
♪定員:20名
♪交通:電車の場合はJR松本駅から大糸線乗換一日市場駅下車、送迎有
    松本駅12:10発→一日市場駅12:21着の電車で来てください。
    車の場合は以下ホームページのアクセス欄をご確認ください。
    http://chikyuyado.com/
♪主催:ゲストハウスやりたい会(!?)実行委員会
♪申込:http://my.formman.com/form/pc/NW2qoBULJl0zyg9t/
    上記より必要事項を記入の上、送信願います。
♪問合先:メールの場合 E-Mail:guesthouse-tsukuru@hotmail.co.jp
     電話の場合 安曇野地球宿 携帯080-5486-6111

♪プログラム内容
(※内容は変更する可能性もあります。)
【27日(土)】
午後 集合、受付
   挨拶、企画趣旨・プログラム内容説明
   アイスブレイク、自己紹介

   ゲストハウスオーナーの話と質疑応答
     ・岐阜・加子母・もりのいえ 森本正則さん
      (岐阜県中津川市)
       http://maasan.blog19.fc2.com/
     ・まちの人とむらの人をつなぐおうち のっけ 
       菊地容子さん(山梨県上野原市)
       http://nokkeweb.blog115.fc2.com/
       個人ブログ
       http://ameblo.jp/yokominka/
     ・穀物菜食と自然体験の宿 なかや 井上時満さん
      (長野県下伊那郡)
       http://www.mis.janis.or.jp/~nakaya04/
     ・出会いと体験の旅宿 安曇野地球宿 増田望三郎さん
      (長野県安曇野市)
       http://chikyuyado.com/

     ※上記ゲストハウスオーナーは先方の都合により、
      参加できなくなる場合もあります。予めご了承ください。

   風呂(近くの温泉。入浴料500円別途)
   夕食

夜  グループ別トークセッション
   ゲストハウスオーナーのもと、グループごとに自分の夢を語ったり、
   直にオーナーに質問しちゃおう。

   懇親会

【28日(日)】
午前 起床、朝食

   ・一人でじっくり考える時間
    (宿の名前を決めたり、プレゼンテーションの準備)

   ・プレゼンテーション
     一人一人、自分の宿について、みんなの前でプレゼン!
     熱い思いを語ってください。
     聞いている参加者はアドバイスや応援メッセージを伝えてください。

   昼食
   総括、まとめ
   解散


★~出会いと体験の旅宿
 『安曇野地球宿(あずみの ちきゅうやど)』~★
〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉4028-1
TEL0263-77-6118 携帯080-5486-6111
安曇野地球宿プロジェクトホームページ
http://chikyuyado.com/
地球宿イベントブログ
http://chikyuyado.blog95.fc2.com/
メールアドレス
boetu@d6.dion.ne.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
今日は、まずこの日のブログをお読みください。お願いします。

そして、余力があれば、こちらも読んでいただけると、
より感動をシェアできるかと存じます。

そして画像で追っていきます。
この「手動もみすり機」の隙間に埋もれていた、
1手動もみすり機

あの401粒の籾。
2加子母百年米401

そのうち、たった一粒だけが芽を出し、
3加子母百年米初芽

大事に育てた結果、
4百年米

18株にまで分かれ、
5加子母百年米順調に

立派に実をつけてくれました。
6加子母百年米アップ

やがて感動の初収穫!
7百年米の初収穫

その後、他の穂も収穫し、自然乾燥させておりました。
それをマサと一緒に数える儀式をやろうと約束していたのですが、
なかなか時間を取れないうちに年を越しておりました。

「ならば、新年会の時に、みんなで数えようか?」という話になり、
大宴会の最中に来てくれたマサ。
宴がひと心地ついたところで、皆さんにこれまでの物語をざっと説明し、
「では、四つのグループに分かれて、籾を数えてください。」
と、穂を分けてお願いしました。

穂から籾を外す人
8外す

一粒ずつ数える人、それぞれです。
9数える

飲んだ頭で数を数えるのは大変だった人もいたようですが、
皆さん、「加子母百年米物語」に参加してくださり、
それぞれに思いを持たれた様子でした。

特に、この家の元地主の姪っ子さんだったOさんは、
「私のご先祖様がこの米を育てていたかと思うと・・・」
と、目頭を熱くされていました。

して、数えられた米粒。
合計、1634粒でありました!
皆さん、ご協力ありがとうございました!
10新籾1634粒

手動もみすり機の隙間から拾われた401粒のうち、
たった一粒が芽を出し、
その一粒が1634粒の次の世代を生んだのです!
そうやって眺めると、何とも愛おしくなります。

「大きな粒だねぇ。」
「これなら、きっと今年も芽を出すよ。」
皆さん、口々に語ってくれました。
嬉しいですね。

さて、この「加子母百年米1634粒」。
もちろん今年の田んぼは、彼らが主役です。
今度は一粒ずつ小さなポットに入れて発芽させようか。
そして、やがて彼らが我が田んぼを黄金色に輝かせるのです。
感慨無量です。
11アップ1634

こうして、
「加子母百年米物語」第二章がいよいよ始まりました!
どんなストーリーになるのか、ワクワクどきどきです。
あなたも一緒にシェアしてください。
今年の「もりのいえ」の田んぼ、お楽しみに!



もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
2010.01.18 新年会!
大村和生さんのライブの後片付けを済ませて、
私たちは大急ぎで買い物をして帰宅しました。
夕刻から始まる「もりのいえ」のイベント、新年会の準備のためです。

当初、「一人一品、もしくは参加費1000円」としておりましたが、
途中からはなしくずしです。ひと家族一品でOK!
それでも皆さん、気合いの入った一品以上を持ち寄ってくれました。
それらは写真に収まることなく、あっと言う間に皆さんのお腹に収まりました。

もりのいえの今回のウリは何と言っても「みんなの手づくりピザ」でした。
この作業をしてくれたのが、10名ほど集まった子供達です。
こういう宴では、普通は子供達は途中から飽きてしまうのですが、
今回は子供達が順番待ちでピザ生地を伸ばしてトッピングをして、
薪ストーブのオーブンに入れて、焼き上がったら出して、
という作業を全てしてくれたので、私たちは大助かり!
ピザづくり

結局、子供も含めて30名の宴となり、
人が入り乱れ、酒も入り乱れ、とても楽しい宴となりました。
30人

途中、はるさんによる胡弓の演奏などもあり、
ずっとワイワイがやがやの大宴会となりました。
胡弓

突然のスペシャルゲストが、この人。
左合勉さんです。
左合勉さん

失礼ながら私は存じ上げなかったのですが、
縄文文化に関して造詣深い方だそうです。
左合さんは午後の大村さんライブに来られていて、
大村さんからも紹介されていました。

「ま、縁が合ったら会話することもあるでしょう。」と眺めていたら、
ライブの後にいきなり縁がありました。
かみさんとしばし会話していたらしい左合さん。
その後、私も加わり、「もりのいえで縄文文化についてお話してもいいですよ。」
という流れになりました。

でも初めて会ったばかりで、まだ人となりもよく分からないので、
「今夜、うちで新年会を開くので、いらっしゃいませんか?」
とお誘いしたところ、快く了解してくれました。

こうしてやって来られた左合さん。
同席する人たちと次々に話し込まれていました。
実は知る人ぞ知る存在だったらしく、
「前からお会いしたかったんだ~!」とか、
「今日、左合さんと会話できて良かった~!」という声が続出。

私も僅かな時間でしたが会話をして、お人柄は分かりました。
そして、物事を見る視点も近いことが分かりました。
そこで、遠からず、左合さんを改めて「もりのいえ」にお呼びして、
お話会をしていただくことにしました。

日程や内容はこれからですが、
「現代の人々にとって大切なものを、実は縄文人は持っていた。」
というような内容でお話いただければと考えています。

他にもできたてほやほやのカップルが二組いたりして、
とても華やかな、和やかな場がつくられていました。
そしてみんなニコニコ。
まるでこれからの「もりのいえ」を占うような場でした。

嬉しいですねぇ。
「もりのいえ」は本当に素晴らしい場に育ってきています。
最近よく言うことですが、
もりのいえは、様々な思いを持つ人々が集い、通り過ぎて行く
「駅」のような存在になってきています。
そしてその駅では、集う人々による様々なドラマが生まれてきています。

そんな駅の管理人として、これからも場を見守っていけたらと願っています。
皆さん、改めまして今年もよろしくお願いします!

もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
昨日の午後、「ふれあいのやかた かしも」にて大村和生さんのライブが開かれました。
大村さんライブ

今回の会場はダイニングでした。
最初に聞いた時は意外な感じがしましたが、
これが結構良かったです。
ダイニングでライブ

薪ストーブを背に歌う大村さん。
薪はもりのいえが準備して、私が炎を点けました。
ただそれだけのことだけれど、イベントに参画した気がします。
薪ストーブでライブ

大村さんの歌は、ひと言で表現すると「暖かい」。
声色が素朴で、メロディもが穏やかで、聴いていると心が落ち着きます。
何よりも歌詞が良いですね。
私は正直言って、歌の歌詞はあまり気にしないほうなのだけれど、
大村さんの歌詞に共感できたのは、きっと生き方に共感できたからだと思います。

例えば、「ただ在りて在るもの」という曲の歌詞を転載します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<ただ在りて在るもの>

捨てる神在れば
必ず拾う神在るよ
いつだってそうだった
君だって そうだったろう

倒れそうになった時も
いつもそばに来てくれた
様々な姿のあなたに
心からありがとう

野辺に歌う鳥のように
自由に生きて行こう
必要なものはすべて
そばに居てくれるから
さあ何もかも手放して
自由に生きて行こう
野辺に咲く花のように
ただそこに在りてあろう

でも時には簡単には
手放せない事もあるよね
いつしか何もかも手放して
風になりたいな

風に舞うものたちは
私でもなく
あなたでもなく
風に舞うものたちは
ただ在りて在るもの

ただ在りて在るもの
決して裁くことなく
ただ在りて在るもの
ありのままを許すもの

ただ在りて在るもの
決して捨てることはなく
ただ在りて在るもの
あるがままに愛するもの

ああ何もかも手放して
天使と共に飛び立とう
何もかも手放して
風になりたいな

風に舞うものたちは
私でもあなたでもなく
風に舞うものたちは
ただ在りて在るもの

あなたがもし居なかったら
この宇宙も星も
何も無かったのです
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この歌は今の私の心境にとても近いものでした。
そのことを大村さんに話したら、
「どうぞ、歌詞を紹介してください!」と快諾を得ました。

そして大村さんのお話が面白いですね。
「生きる」ということについて、幾らでも引き出しがあるみたい。
前半のお話の中で、大村さんが日本蜜蜂を育てている話題が出たので、
休憩時間に、「私はとても関心があるのです。」と伝えました。

すると、後半のライブの合間に、
日本蜜蜂についての興味深い経験談をたっぷりと聞かせてくれました。
それを聞いて、「よし!日本蜜蜂、やるぞ!」と心した私です。

このように、共感できる部分がとても重なった大村さん。
「是非、もりのいえでライブ&お話し会」をしてもらいたいと願いました。
大村さんも私たちのことに関心を持ってくれて、
「別の機会に是非、もりのいえを訪ねます!」と約束してくれました。
今年のうちには是非、上の企画を実施したいです。

豊丘のときさんや、白州のわたなべさんとも知り合いで、
最近特に感じる、「人のネットワークが確実につながっている」ことを
今回も実感しました。

今回、大村さんのアルバムを三枚購入し、順番に聴いています。
アルバム

大村さん、これからもよろしくお願いしますね。
(今回の企画を主催した、「加子母のイラストレーター・きよちゃんと」
きよちゃんと

もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
さきほど、新年会が終わりました。
一日、本当に沢山のドラマがありました。
これから整理していきます。

いずれにせよ、言えることは、
明らかに人々の意識が変わってきているということと、
「もりのいえ」がそういう人々の集う「駅」になってきているという実感です。
ありがたいことです。

全ての出会いと出来事に感謝!
今日は快晴です!
午後からは大村さんのライブがあります。

そして夕刻からは「もりのいえ」で新年会です。
今のところ、赤ん坊も含めて25名以上の参加予定!
ブログ読者も泊まりで来てくれるよ。

ひと家族一品もちよりで、さて何が揃うかな?
もりのいえは、「薪ストーブ・みんなで手づくりピザ」と、
大人気の「しいたけの軸の唐揚げ」などを準備します。

では、お楽しみの一日に、行ってきま~す!
友人から以下のようなメールが届きました。
これを信じる/信じないはあなたの自由です。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
本日、数千年に1度の星回りの日食が起こります。
確かに、エネルギーの変化、数日前から感じています。
私も、今日は引きこもって祈ります。

いたずらにおそれず、騒がず、でも外出や行動は慎重に、
重要な決断や交渉ごとは延期し、
リラックスしておすごしいただくことをオススメします。

どうしても、人ごみや雑多なエネルギーの場へ出なければいけない方は、
(仕事、学校、病院など)自分なりの方法で結構ですので自分を守るように、

夜は、海の塩を入れたお風呂にゆっくり入って浄化することをオススメします。

以下、友人より転送~

1/11アセンションゲートでの話です。
1月15日の日食の日の過ごし方をシェアさせて下さい。

2010年1月15日(金)16時47分34秒

この惑星が闇に包まれ全く光が届かない時間で、
太古では2日間洞穴や地中に隠れる事をしたくらいの、
数千年に一度の日食です。

どうか無視しないでください。

*対処法*

①日食6時間前にシーソルトのお風呂にゆっくりつかり浄化をします。
 (伯方の塩とか天然海水塩をたっぷり)

②日食1時間前から1時間後までの2時間リチュアルするかマントラを唱える、
 その後1時間瞑想。

③その後グラウディングさせるため、
 その事を忘れ全く関係ないDVDを観て、そのあと少し寝てもよい。

④日食から6時間後(8時間位迄ならよい)にもう一度塩風呂に入る。

仕事病欠してでもしたほうが良いと言われてました。
何らかのダメージを受けたり、トラブルに巻き込まれないよう、
その時間は家で過ごした方が良さそうです。

全ての人々が愛と光で満たされます様に

注)ただ不安がらず大騒ぎしないように出来る事をしましょ~
大切な人にシェアしてあげて下さい。
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

さて、この話を私は数日前に聞きました。
そしてこのメールが今朝回ってきました。
でも、すっかり忘れておりました。
もうお分かりかと思いますが、このブログを書いている時点で、
既に日食は過ぎております。

冒頭、私は「信じる/信じない」と書きました。
それで良いと思います。
ただ、私はこのことを忘れていたのに、感じました。
そして見ました。

夕刻、U太が保育園から帰ってきました。
最近のU太は元気です。
帰宅するなり、外で雪遊びをし始めます。
やることはいつも同じです。
うちの雪かき器を「ソリだ~!」と言って、家の周りを引っ張り回すのです。
この時、私はできるだけ傍にいて、見守ることにしています。

今日も同じようにU太と時を過ごしていました。
やがて私は空の様子が何だか異なることに気づきました。
西の空は薄い夕焼け空で、でもはっきりしません。
方や東や南の空は妙に水色っぽくて、それもはっきりしません。
空全体が何かに包まれているような、妙な感覚がしました。

「U太、お空を見てご覧。いつもと何だか違うよ。」
と、U太に声をかけました。
でもU太は遊びに夢中で、私を置いて進んでいきました。

家の前の道で、一人立ち、私はずっと空を眺めていました。
特に不安を感じることはなく、ただ、「違う感覚」を味わっていました。
その時刻が、まさに日食のタイミングだったのです。

そして家に入り、メールをチェックしていて、
改めて上の文章を見つけました。
「そうだったんだ。あれが『数千年に1度の星回りの日食』だったんだ。」

忘れていたので、私は何の対処もしていません。
今、長期滞在中のまりちゃんが薪風呂を沸かしてくれているので、
海の塩を入れておいてもらいましょうかね。

では、「数千年に1度の星回りの日食」とは?
まだ詳しくは調べていないのですが、
私の目の前には「地球暦」があります。
これが今日の配置です。
赤色の太陽、すぐ右下の青色は水星、もっと右下の水色が地球です。
地球と太陽の間に小さい黒い点が見えますでしょうか?それが月です。
つまり、これが日食の配置です。
日食

ま、これは驚くほどのことではないですね。
ところが、少し引いて眺めると、面白い配置に気づきました。
真っ直ぐとは言えませんが、他の惑星が割と真っ直ぐに並んでいるのです。
左上の赤色が金星、右下のピンクが火星です。
縦配列

「だからどうしたんだ?」と突っ込まれればそれまでですが、
何か違う力が惑星間に働いているのかな?と想像することはできます。

地球に一番近い惑星・月。
月との関係で潮の満ち干が変わるのは皆さんご存知でしょう?
それが人間はもとより、全ての生命体に影響を及ぼすことも想像できるでしょう。

太陽は勿論、地球に大きな影響を及ぼしています。
今、改めて読んでいる「自然は脈動する」では、
太陽と地球は受精しているそうです。

その太陽、月、地球が並んでいるだけでなく、
他の惑星も割と真っ直ぐに並んでいます。
何か影響があるのかな?

上の文章にもあるように、いたずらに恐れることはないと私は思います。
むしろ、「この時、この瞬間」を感じる良い機会と捉え、
心穏やかに時を過ごしましょう。
こんな「特別な時に遭遇している」と思えば、むしろ厳かな気分になりませんか?

そう捉えることで、これから先も、
「一瞬を生きている実感」を感じやすくなるだろうと、私は考えます。
今朝、雪が積もっていました。
外気はマイナス11℃。この冬最低気温です。
雪の朝

雪の中、餌を探すブッダ。
お前も加子母で鍛えられているね。
雪のブッダ

雪に埋もれる「よきかな号」。
今、助けてあげるからね。
雪のよきかな号

今年は雪が多いです。
積もっては少し残して融け、また積もりの繰り返し。
加子母のことを雪国だと誤解している友人が多く、
「山里ではあるけれど、雪国ではないよ。」と答えていますが、
今年は雪国です。

この大雪が思わぬ出来事を生みました。

視力回復プログラムを続けている私。
乱視のせいで、字が重なって見えるため、
視力表ではまだ大きな変化は起きていませんが、
実際の暮らしでは随分と見え方が良くなってきました。

「それでも、いざという時には眼鏡が必要だから。」という理由で、
眼鏡に紐をかけて、いつも首にぶら下げていました。
これはとても便利なのですが、
いざ眼鏡をかけた時、眼鏡の両側に紐がぶらさがった顔がキザです。

でも、「視力回復のためにはそんなことは言っておれんわい。」
と開き直り、ぶら下げた眼鏡を掛けては外すということを繰り返していました。

ところが一昨日のこと、朝から雪かきをするのに邪魔だったので、
店先にひょいと眼鏡を置いて外に出ました。
眼鏡って不安定なブツです。しかもそれに紐がついているのなんて、
「さぁ私を引っ掛けて行って!」と言わんばかりです。
その状態がある結果を生みました。

雪かきから戻った私が、さあ靴を脱ごうかと店の玄関に入った時、
「グシャッ」と音がしました。

「まさか・・・」
そのまさかでした。
私は、何故か店の土間に落ちていた眼鏡を踏んでしまったのです。
買ったばかりのガンジー丸眼鏡を。

気を落ち着かせて、そっと足元にかがみます。
レンズは無事でした。よかった~!
でも右側のフレームが見事にひしゃげていました。
かけてみると、「グワン!」と視界が大きく歪みます。

「参ったなぁ・・・」
加子母には眼鏡屋さんがありません。街に出なければありません。
外は大雪。さてどうするか?

しばし思案して、決心しました。
「よし、もう眼鏡は使わん!」

「ええ~っ!」でしょ?
だって昨年末は両眼で0.07だった私ですよ。
その私が眼鏡無しで暮らせるのか?

「でも、使える眼鏡が無い以上、仕方がないではないか!
これは、そうしろという巡り合わせなのだ!」と自己解釈した私。
かくして、裸眼のみの暮らしがいきなり始まりました。

そうして見ると、結構裸眼のままでも大丈夫なことって多いです。
これまでも試していましたが、調理はOK!
薪ストーブや薪風呂など、火を扱う場面でも大丈夫になりました。
お店の棚卸しや発送業務も、何とかクリア!
お客さん一人一人に書くメッセージも、首を下げつつ書きました。

問題はパソコンと車の運転でした。
それでもパソコンには果敢に挑戦!
正直言って首が疲れますが、次第に慣れてきました。

でも車の運転はまずいですね。
いくら視界が良くなったとは言え、0.7にはなっていませんからね。
法律違反でもあります。
だからやむなく、ひしゃげた眼鏡をかけての運転です。
これが滅茶苦茶疲れた!

ひしゃげたフレームに布切れを巻いて高さ補正をしたり、
ゴムバンドを取り付けて頭にくくりつけるようにして使いましたが、
結構参りました。
特に運転後に眼鏡を外した後の、「グワン!」という感覚もきつい。

そこで、先ほど奮起して、工具を取り出し、補修に挑戦。
両眼のレンズを外して、ペンチでうんとこどっこいしょとしているうちに、
ほぼうまい具合にまで戻りました。

ですから結果的には今まで通りに
「眼鏡をかけたり外したり」を繰り返す暮らしに戻ることもできるのですが、
ここは初心を尊重することにします。

「全く眼鏡を使わない。」とは言いません。
でも、「本当に極力使わない!」とすることにしました。
運転中とか、パソコン作業が多くて辛い時とかにだけ、
眼鏡をかけることにしました。

大雪が思わぬ決心をさせてくれました。

ちなみに、今の眼鏡は手元の書類を読むために作った、
度数の弱い眼鏡だったのですが、
いざ直ったこの眼鏡をかけてみると、実に遠くまで良く見えます。
これって、裸眼での視力が回復したせい?
でしょ?でしょ?

ということで、私の視力回復、
まずは順調に推移しているということにいたしましょう。
どうです?視力回復合宿に参加する気になってきた?

もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
昨年末、私には大きな変化がありました。
そのくだりは、この日のブログを読んでいただくとして、
数々の変化のうちの一つに、
「Things to Doリストを捨てる」というのがありました。

このリストは、別名「やることリスト」。
今すべきこと。この先やりたいことなどをリスト化し、
常に、やることの漏れがないように網羅する為のテクニックでした。

また、これまでの私は、「あれして、こうして、何して、どうして」と、
段取りを組みながら日々を過ごしてきました。
そうすることで、自分の人生をミス無く全うできると信じていたのです。

バブル時代にある漫画を読んだ時、私は一人大笑いしました。
その漫画のタイトルは「ダンドリ君」。
これに登場する主人公を見た途端、「ここに私がいる!」と指差したものです。
ダンドリ君

実際に私は「物事は段取りが八割!」と信じていました。
それくらい、事前の準備と手配に気を配っていたのです。
その私が「やることリスト」と「ダンドリ君」を放棄しました。

その結果、私は「やるべきこと」に追われる日々から解放されました。
その開放感は、それはもう見事なものでした。
だって、追われる身でなくなったのですから。

今、私は手帳に「今、すべきこと」を簡単に書き留めるだけです。
そしてそれをそのまま実行しない時もあります。
それでも時間は流れ、私はとても幸せに過ごしております。

このように、「やるべきこと」から解放された私は、
とても快適に暮らしているのですが、
一方、マイナス面も出始めました。
細かい「漏れ」がたくさん出始めたのです。

例えば、「メールを送ったのに、返事が来ない!」
「あのお願いしていた件は、その後どうなったの?」
「もうそろそろ、あの業務をすべきなのだけれど、どうなっている?」
といったお声掛けを数多くいただくようになりました。

はっきり言いましょう。
私は漏れてきています。
もうやることなすこと、漏れだらけです。
そのことで二度手間になることも多いのですが、気にしていません。

その結果、どういうことが起きたか?
私の肩の荷が降りたことは書きました。
もう一つ、大きな変化がありました。
それは、かみさんが段取り屋さんになってきたことです。

かつて私がダンドリ君だった頃、つい最近までのことですが、
私はかみさんの動きを見て、黙っておれず、よくこんなことを言っておりました。
「そういう時は、ああして、こうして、何しておけば間違いがないのに。」と。

それを私はかみさんに対する「好意」としてやっておりました。
そう「助言」することが、きっとかみさんにとって良いはずだと信じていたのです。
かみさんは私の期待に応えようと努力してくれました。
それでも私は満足していませんでした。
「もっとかみさんに段取り屋さんになって欲しい!」と願っていたのです。

ところが今や私が段取りを捨て、
かみさんが私のフォローをしてくれております。
いやぁ、人生って不思議で面白いですね。
あんなに私が「努力」して変えようとしていながらも「満足」していなかったことが、
あっという間に既に達成しております。
「つまりは、こういうことだったのかぁ!」という心境です。

ところが、私もかみさんも漏らしていることって結構あります。
ですから、「最近のmasanたちは何だか変だぞ。」と感じるところがあるかもしれません。
それもまた、「ニュー私たち」だとご理解していただき、
温かく見守っていただければと願うばかりの、今日この頃であります。

ただ一つ、これだけは言えることがあります。
私たちは間違いなく、以前よりもラブラブで幸せに過ごしております。
つまりは、そういうことだったのかもしれません。
今、明かされる、「紫芋のスコーンパン」の製造過程!
普通のサツマイモに混じって、蒸らされる紫芋です。
紫芋って、本当に芯まで紫色なのですよ。
今年は加子母の幾つかの農家さんに、専属で育成をお願いしようかと考えています。
紫芋を蒸らす


昨年の春先は、「もりのいえ」の体裁づくりに奔走していました。
・ネットショップのオープン
・宿屋の営業許可申請
その他、それにまつわる準備で大わらわでした。

その姿を見て、周りの人々は「何故、急に間口を広げるのか?」といぶかしぎ、
「大丈夫?身体はもっているの?」と心配してくれたものです。

当の私はこんな考えでした。

「仏作って魂入れず」とよく言われます。
いろんな解釈があるかと思いますが、
私は「器を創っても、心がこもっていないと、体(てい)をなさない。」
という意味に解釈しています。

でも、まずは仏(器)を創らない限り、魂の入る場所がない!
とも考えたのです。
ですから、まずは体裁づくりに励みました。

その結果、無事に店の体裁は整い、
当初は苦労したものの、次第にご注文が入るようになりました。

同時に、数々の「魂」が入ってきました。
それは、イベントやワークショップというようなものであったり、
ネットショップ上でコミュニケショーンをとるようになった方々、
そして「もりのいえ」にやって来てくれる人々です。

そして今年はいよいよ、魂をどんどん呼び込む年です。
先ほど、魂は「イベント」や「人」と書きましたが、
やはり魂の本命は、そこにやって来る「人」です。

その「人」が集いたくなるような仕掛け(イベント)の一つ、
大村和生さんのライブが近づいてきました。
大村さんはきっと私たちとフィーリングが合うはず。
今からとても楽しみにしています。

大村和生ライブ
日時:1月16日 14:00~
会場:ふれあいのやかた かしも

(画像をクリックしてください。)
大村和生ライブちらし

詳しくはこちらをご覧ください。


そしてその日の夜、我が家で新年会を開きます。
今のところ、地元民ばかりから参加の返答をいただいていますが、
もちろん遠方からの参加も大歓迎です。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

「もりのいえ新年会」
日時:2010年1月16日(土)
   18:30頃から適当な時刻まで
会場:もりのいえ
参加費:お一人一品持ち寄り、あるいは1000円

*お泊まりもできます。大人一泊朝食付き5000円でお願いします。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


そして、そして、「ギブ&ギブンの会」です!
一応、17日としていますが、実は既に始まっています。
面白いのが、声を掛けると、「私も持って行っていい?」との返答が、
二人に一人から返ってくることです。
「もちろんいいですよ。その代わり、貰い手がなかったら、持って返ってよね!」
と皆さんに返答しています。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

「ギブ&ギブンの会」
日時:1月17日(日)
   11:00~日没まで
会場:もりのいえ
参加費:無料

*「もりのいえ」で食事を希望される場合は、まかないを用意します。
 お一人1000円でお願いします。

内容:
「もりのいえ」で眠っているモノたちを並べます。
どうぞ、それを貰って下さい。
主な衣服は、子供服、大人用普段着&防寒着、着物、浴衣など
小物は、調理具、ワイングラス、キャンピング用品、かばん、靴など
その他、本、CDなども並べます。ひょっとして超掘り出し物も???

ご自宅にある同じような「眠れるモノたち」を持ち込んで下さっても結構です。
その場合、仮に貰い先がなかったら、どうかお持ち帰りください。

基本ルール:
貰う分量に制限はつけません。
持って帰ることが「ありがたい行為」だとご理解ください。
「私は何も持ってきていないから」という気持ちは全く不要です。
ただし、「押しつけ」はタブーです。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

こうして、今年最初のイベントが近づいてきました。
このブログをお読みの方、ご近所の方、是非気軽にお立ち寄りください。
皆さんお一人お一人が、大切な「魂」です。お待ちしています!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


うちのお客さん達はとても優しい人たちばかりでして、私たちの健康を気遣い、
「もりのいえはとても忙しそうだから、今は注文するのを遠慮しておこう。」
と、控えてくださっている方が大勢いらっしゃるようです。

実際のところ、最近までは少しお休みをいただいていました。
その間、昨年の成果や反省を振り返り、
今年の始まりはそろりと行こうと、告知も控えめにしておりました。

でも、もうご心配なく!
ようやく今年の「もりのいえのお届け便」が稼働しました!
焼き菓子も調子良く進んでおります。
どうぞ遠慮なくご注文ください!

さぁ、そこで、新セット「新春のお菓子セット」の画像アップです!
まずは一番の目玉、「西方いもと銀手亡のキッシュ」から。
どうです。すんごい存在感でしょ?
西方いもキッシュ

これがまた美味いんだ!
年始にかみさんの実家に試作品を持ち込んだところ、大絶賛!
植物性でこんなにしっかりとした味が出るんだ!と驚きますよ。

銀手亡は、ちょっとそこらにある白豆とは異なります。
日本でこの豆を育てている人はとても少ないのだとか。
味に深みがあり、うちではよくスープでいただきますが、もう最高!
その豆を惜しげもなく使ってあります。
加子母の名産「西方いも」とのマッチングが、これまたとてもよろしいです。
西方いもキッシュアップ

続いては、これまで謎に包まれていた「さつまいものミレットスクェア」です。
昨夏に出していた「ミレットスクェア」とは少し趣を変え、
随分とどっしり感が増しての登場です。
これがまた美味いんだ!甘くて香ばしくて、ボリュームたっぷり!
これ一つでお腹にどっしり収まりますよ。
ミレット

とっても可愛いクッキー。さてこれは何でしょう?
名付けて「かぼちゃのおひさまクッキー」です。
サクサク、でも歯ごたえしっかり!噛みしめるほどに甘い!
おひさま

このパッケージも可愛いでしょ?
おひさまパッケージ

他にも、人気商品をずらりと並べた自信作です!
「新春のお菓子セット」
新春セット

上段左から、
・大人気の「紫芋のスコーンパン」。私の「こね」も絶好調!
・昨夏に人気だった「りんごのさわやかケーキ」が復活!
・今回のイチオシ!「西方いもと銀手亡のキッシュ」

中段左から、
・リピーター続出の「塩キャラメル胡桃」!
・見た目地味ですが、納得の存在感!「さつまいものミレットスクェア」
・新作「ゆずクッキー」!次回紹介しますね。

下段左から、
・根強い人気の「おさつスティック」一度食べたら止まりません!
・昨夏からの復活!「えごまのぷちぷちクッキー」
・定番人気の「お茶サブレ」

右端
・可愛い!!「かぼちゃのおひさまクッキー」

このセット、これからネット上でガンガンに宣伝します。
そしてご注文は25日で終了とさせていただきます。
ですから、このブログを読んでいるあなた!
ここだけの話、今のうちに申し込んでおかれることをお勧めしますよ。

ということで、ご注文はこちらへ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡



この綺麗に収まったものは何?
これは何?

そろりと広げると、
広げると

褌(ふんどし)であります。
ヘンプふんどし

しかも「麻(ヘンプ)」です!
私は早速、股に通しましたが、すこぶる肌触りがよろしいです。
ヘンプ布地

ようやく麻(ヘンプ)の褌を販売できるできるようになりました。
これまでもいろいろ麻ものを模索していましたが、
やはり「麻処さあさ」さんのものが良いと結論!
昨秋から草木染めをお願いしていましたが、ようやく揃ってきました。
この五色から販売開始です。サイズはM,Lの二種類です。
ふんどし五色

ヘンプの靴下もあります。同じくサイズは二種類。
靴下五色

コーヒーフィルターというのもあります。
コーヒーフィルター

ということで、「もりのいえ」に麻(ヘンプコーナー)ができました!
これからはガンガンに紹介していきますよ!
何と言っても、麻は日本文化の源(みなもと)ですからね。
そのいわれも合わせて紹介していきます。
ネットショップでも近々アップします。
ヘンプコーナー

ところで、このDVDタイトルを見て、何だか分かりますか?
分かる人は、このブログ通ですね。
そうです。「あの」位山での新神事の模様が、実は撮影されていたのです。
そして編集されて、「もりのいえ」に到着しました!
このDVD は?

この映像、コピー厳禁! 貸出し厳禁!とします。
観たい人は「もりのいえ」までお越しください。
かなりのインパクトを受けることは間違いありません。
相当凄いよ!




♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

しばらくの間、埼玉からうちだ夫婦が滞在してくれていました。
家のことを何かと積極的に手伝ってくれます。
一昨日は左義長があったので、一緒に参加しました。
その前に、竹を切って、マイカップを創るかよちゃん
マイカップづくり

左義長に向かうと、既に火が点いていました。
左義長に煙

ほどなく激しく燃え始め、良い炎です。
燃える二人

おきになったところで、めいめい持ち寄った特製機材で、
餅を焼いたり、焼き肉をしたりと食事と宴会が始まります。
餅を焼く

「もりのいえ」では、ちょっと異なった趣向を凝らしました。
かみさんが準備したパン生地を持ってきていて、
パンの準備

生地を細くして竹に巻き付け、
生地を巻き付ける

おきの上でパンを焼こうとしたのです。
でも準備した竹が短過ぎて、ダンナ、熱そう!
ちなみにうちだ夫婦のダンナはU太と同姓同名!
U太をとても近い存在と感じてくれていました。
呼び名はウッチーとさせてもらいましたが。
焼くが熱い

地区の同僚のアイデアで、竹をつないで問題解決!
まるで釣りをするような雰囲気でパン焼きが始まりました。
棒を伸ばす

やがて完成!これが結構美味かった!
パンが焼けた

私も挑戦です。
こういう火が近い時は、ビールが美味いです。
私も焼く

少し焦げ目がつきましたが、かみさん調理の小豆あんこが良く合います。
いい調子

次第に調子に乗って、三つも同時に焼き始めた私たち。
三つ焼く

おきの上で並ぶ、三つのパン焼き棒。
周りの人々は不気味に思ったでしょうね。
でもこれが美味かったのです。
三つ焼けてきた

この日は焼きリンゴにも挑戦。
これがまた美味かった!
なんでこんなに甘くなるのでしょうね。
焼きリンゴ

焼き芋もサイコー!
焼き芋

こうして左義長は楽しく過ぎ、
他にもいろいろ楽しい体験を経て、
うちだ夫婦は去っていきました。

数年前の私たちと同じ様に、夢と不安に満ちた二人。
とってもうまが合っているから、あなたたちはきっとこの先、
あなたたちのスタイルの暮らしを創ることができるでしょう。
これからもよろしくね。
ご苦労さん

こうして、今年ももりのいえは新しいコミュニケショーンが始まっています。



♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
2010.01.09 今年の抱負
もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

今年も抱負を載せる時がやってきました。
一昨年は「勉強の年」
昨年は「本物が試される年」と書きました。
どちらもドンピシャでありました。

特に昨年は凄かったですねぇ。
「もりのいえで食っていく!」と腹を据えた暮らしを始めた訳ですが、
本当に「試されまくり」ました。

そして、できたこと、できなかったことはそれぞれあれど、
一年を終えて得たものは「感動と確信」でした。
個人的には、心と身体と周りの大掃除(解放)を通して、
大きな気づきと変革がありました。
詳しくは12月20日のブログを読んでいただければと願います。

また、「もりのいえ」は私たちの想像を超えて成長していました。
「もりのいえ」は、私たちだけのものではなく、
みんなの「場」になっていたのです。

さて、そんな変革を経て、今年はどう過ごすか?
ひと言で表現するならば、テーマは『愛』です。
普段の暮らしの中で、ひとつひとつのことに対して、
いかに愛情をもって臨めるか? を意識したいと考えています。

その実践方法としては、まず、「足るを知る」をより深めること。
「足るを知る」と聞くと、
モノや衣食住に関して節約をするというイメージが浮かぶかもしれません。
私もこれまではそういう視点が中心でした。

持ち物や着るもの、食べるもの、住まいについて、
「あれも欲しい。これも欲しい」と願うのではなく、
身の周りにあるもので十分満足し、それらをいただけることに感謝して暮らす。
これは基本だと思います。

でもよく考えると、「足るを知る」はもっと広い概念があります。
対象とするものは、モノや衣食住だけではないのです。
まず、お金がありますね。
そして、エネルギーもそうです。

他にも、次々に浮かびます。
情報
時間
出来事、できること、コトの流れ、段取り、成功、失敗
健康(暑さや寒さを感じることも含めて)
家族や友人、周りの人々との関係
感情、喜怒哀楽、そして受けとめる愛
・・・・・

「足るを知る」ことの対象って結構あるものです。
その心とは、
「あるがままを受け入れる」ということではないでしょうか?
そして、そのあるがままを「おかげさま」と感じ、
「ありがたい」と感謝する姿勢を、より深めていければと願っています。

この「足るを知る」姿勢を押さえた上で、
もう一つ、今年の抱負としたいことがあります。
それは「固定概念を超える」ということです。
誰しも、これまでの自分の経験に裏付けされた知識や知恵があります。
それはそれとして、それにとらわれずに生きていこうと思います。

「守破離(しゅ・は・り)」という言葉があります。
まずは基本を押さえ(守)、
その上で基本を自ら破り(破)、
乗り越え、自らの道を創る(離)という意味と捉えています。
そういう意味で、私は「守」から「破」「離」への段階に入っていければと考えています。

そしてノリとしては「もりのいえはおまつりさわぎ!」
既に幾つか公表していますが、この先も楽しい話題をどんどん企画していきます。
今年の「もりのいえ」、ますます目が離せませんぞ!


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
もりのいえ 簡単リンク(お好みのイベントをクリックしてください。)
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
♣大村和生さんライブ(1月16日)については、こちらをご覧ください。
♡「もりのいえ新年会」(1月16日)についても、こちらをご覧ください。
♠「ギブ&ギブンの会」(1月17日)についても、こちらをご覧ください。
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

現在、私の最大の関心時は、ほかでもない「獅子舞」です。
1月22日(金)、ついに私が笛を吹く獅子舞が、
伊勢神宮内宮の能舞台で奉納されるのです!

私が初めて笛に触れたのが、2005年の秋です。
(ブログナンバーが61ですよ! 懐かしいなぁ。)
加子母に越して来て、
「ここに来たら、地域の祭りには参加するもんだぞ。」と言われ、
「そんなものか」と軽い気持ちで翌年の秋祭りに向けて練習を始めました。

ところが「音」が出ない!
音色ではありません。音が出ないのです。
「少し練習すれば、それなりに出るだろう。」と高をくくっていた私は焦りました。

その一年後、2006年の秋祭りでは、
何とか周りに合わせて吹けるようにはなっていましたが、
実は誤摩化していました。
それでも、打ち上げの宴席で、
「お前、いけるじゃないか!どうだ?獅子笛をやらんか?」とそそのかされ、
「やります!」と声を上げたのが物語第二話の始まりでした。

ところがこの「獅子笛」というのが難しい!
秋祭りに比べてメロディラインが難しく、長い。
しかも秋祭りは大勢でやるので誤摩化しがききますが、
獅子笛は二人でやります。音を外せばすぐに分かります。

「これはえらいことを引き受けてしまったわい。」と当初は正直に思いました。
それでも周りは温かく見守ってくれ、
獅子笛デビューは2007年の春でしたが、俗に言う「ほろ苦デビュー」ではなく、
「惨敗デビュー」でありました。

もうガックリの私。
それでも周りは温かく見守ってくれました。
翌年の2008年春は少しは上達したものの、やっぱり納得できません。

何に納得できていなかったのか?
突然、音が出ない時があり、そういう時の対処が分からなかったのです。
つまり、笛が自分のものになっていませんでした。
ようやく「これかぁ!」とコツを掴んだ気になったのは、その後のことでした。

そして昨年、2009年の春
この頃からようやく心のゆとりが出て来ました。
テクニック的にはまだまだでしたが、ある種、開き直りができるようになり、
少々音を外しても、出なくなってもリカバーが早くなったように思います。

秋祭りでは、それなりに楽しんでできました。
もちろん、技術的にはまだまだですよ。ミスも多いし。
それでも4年前には音さえ出なかった私が、
ようやくここまで来たかと感慨無量です。
そして、いよいよ最後の本番、伊勢神宮での奉納の時が近づいてきました。

この奉納は、加子母内の5つの地区が持ち回りで毎年行っています。
つまり、5年毎に番が回ってくるのですが、今年は意味合いが違ってきました。
もしかしたら、うちの地区だけで奉納するのは今年が最後になるかもしれないのです。

というのも、昨年、ある地区が「もうわしらは続けられん。」と脱退を表明したのです。
その地区よりも人数が少なくて四苦八苦している我が地区。
「わしらも今年を最後にしようか?」と話しあわれているのです。

そうなると、残り三つの地区で持ち回りをすることになりますが、
これは結構辛いんじゃないかな?
ともかく今年は我が地区がやり、残り三年をそれぞれの地区がやったところで、
この先をどうするかを今後、話し合うことになっているそうな。

まさかこの行事がいきなり無くなることはないとは思いますが、
現実に「役者」がいなくてどこも苦労しています。
その最たる地区が、我が地区です。

伊勢神宮の獅子舞は、次のような流れで行います。
まず、内宮の宇治橋を渡った広場に、12時頃に集合。
そこから数匹の獅子が参道を練り歩いていきます。
後ろに太鼓と笛の衆が続きます。
この距離が結構長いです。

やがて獅子は能舞台「参集殿」に到着。
ひと息の後、獅子舞が舞われます。
その時の役者は、獅子が前後の二人一組、太鼓が一人、笛が二人です。
その笛の一人が私です。

一通り獅子舞を終えて一旦下がり、しばし休憩。
その後、再び舞台に上がり、同じ獅子舞を奉納します。
その際、通常は、前の方の獅子と太鼓は交代します。笛は交代なし。

つまり、役者は全てで7名必要なのです。
ところが、今年、異変が起きました。

当初、小学5年生の獅子役者と、太鼓の父子が参加する予定でした。
ところが、小学生役者のおじいさんが昨年亡くなってしまわれました。
そこでお二人が喪中ということになり、参加できなくなったのです。

さぁ困った!どうする?
いろいろ議論した結果、一度だけの獅子舞で終了することになりました。
少し寂しいけれど、仕方ありません。

ともかく、この少ない役者たちが伊勢神宮に向かいます。
面白いのは、加子母から伊勢に向かうのは、これだけの人数ではないのです。
同じ地区の住民を中心に、他の地区の人々にも声をかけ、大勢で出掛けます。
ざっと40~50名になるのかな?

二年前、他の地区が担当の時に参加してみましたが、こんな雰囲気でした。
結構、大イベントでしょ?

で、今年のイベントの行程表がこちらです。
(画面をクリックしてみてください。)
伊勢神宮スケジュール


車の移動が多いのですが、その中にも幾つか山場があります。
まず、私たちの獅子舞奉納。
その後、「垣内(かきうち)参拝」と呼ばれる、正式参拝に臨みます。
その際は私たちもスーツに着替えます。

そして、最後の山場が夕刻からの大宴会。
はっきり言って、周りは旅の始めから飲んだくれておるのですが、
さすがに私は役が終わるまでは控えておきます。

でも、役が終わるや否や、きっと飲み始めるでしょうね。
そして翌日も帰宅するまで宴が続くのでありましょう。
そんな酒まみれの旅であります。

そこで、皆さんにご案内です。
先ほど、イベントリーダーに確認しましたところ、
このブログを読んでいる人で、この旅に関心がある人は、
参加費さえ払えば参加可能とのことでした。

つまり、21日のうちに一旦、加子母に来ていただき、
22日の朝から一緒にバスに乗り込み、
参道を獅子が練り歩く時にはスタッフとして参画してもらいます。
(法被を着て太鼓をかついだり、幟を持ったり、撮影したり)

そして一緒にホテルに向かい、大宴会にも参加。
そのまま飲んだくれてホテルで泊まり、翌日加子母に戻るという、
とても素敵な旅の仲間に、あなたもなれるのです。参加費は3万円弱。

「ええ~っホンマかいな?」と驚くなかれ、「そんな人いるの?」と疑うなかれ。
実は既に一人の参加希望が出ております。
現在、オーストラリアで暮らすまりちゃん。
日本に一時帰国するにあたり、「どこか、いいところはないかいな?」
と探すうちに、「もりのいえ」を発見!

うちで長期宿泊することになったのですが、
丁度その時期にこのイベントが入っておりました。
「ならば日本の伝統行事に参画するかい?」と誘ったところ、
「是非、行きたい!」ということになりました。

ということで、降って湧いたような「日本の伝統行事に参加する会」。
しかも伊勢神宮での獅子舞奉納ですよ。
どうです、あなた?
ディープな仲間になりませんか?
きっと、一生の思い出になりますよ。


♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
昨年、大好評を博した、島本さんたちの加子母訪問。
今年も春にお呼びすることになりました。
4月17・18日を軸に一週間程度、ご夫妻に滞在していただきます。
講習会、感情解放プログラム、その他イベントを企画中です。
詳しくは後日!!