FC2ブログ
今日は、まずこの日のブログをお読みください。お願いします。

そして、余力があれば、こちらも読んでいただけると、
より感動をシェアできるかと存じます。

そして画像で追っていきます。
この「手動もみすり機」の隙間に埋もれていた、
1手動もみすり機

あの401粒の籾。
2加子母百年米401

そのうち、たった一粒だけが芽を出し、
3加子母百年米初芽

大事に育てた結果、
4百年米

18株にまで分かれ、
5加子母百年米順調に

立派に実をつけてくれました。
6加子母百年米アップ

やがて感動の初収穫!
7百年米の初収穫

その後、他の穂も収穫し、自然乾燥させておりました。
それをマサと一緒に数える儀式をやろうと約束していたのですが、
なかなか時間を取れないうちに年を越しておりました。

「ならば、新年会の時に、みんなで数えようか?」という話になり、
大宴会の最中に来てくれたマサ。
宴がひと心地ついたところで、皆さんにこれまでの物語をざっと説明し、
「では、四つのグループに分かれて、籾を数えてください。」
と、穂を分けてお願いしました。

穂から籾を外す人
8外す

一粒ずつ数える人、それぞれです。
9数える

飲んだ頭で数を数えるのは大変だった人もいたようですが、
皆さん、「加子母百年米物語」に参加してくださり、
それぞれに思いを持たれた様子でした。

特に、この家の元地主の姪っ子さんだったOさんは、
「私のご先祖様がこの米を育てていたかと思うと・・・」
と、目頭を熱くされていました。

して、数えられた米粒。
合計、1634粒でありました!
皆さん、ご協力ありがとうございました!
10新籾1634粒

手動もみすり機の隙間から拾われた401粒のうち、
たった一粒が芽を出し、
その一粒が1634粒の次の世代を生んだのです!
そうやって眺めると、何とも愛おしくなります。

「大きな粒だねぇ。」
「これなら、きっと今年も芽を出すよ。」
皆さん、口々に語ってくれました。
嬉しいですね。

さて、この「加子母百年米1634粒」。
もちろん今年の田んぼは、彼らが主役です。
今度は一粒ずつ小さなポットに入れて発芽させようか。
そして、やがて彼らが我が田んぼを黄金色に輝かせるのです。
感慨無量です。
11アップ1634

こうして、
「加子母百年米物語」第二章がいよいよ始まりました!
どんなストーリーになるのか、ワクワクどきどきです。
あなたも一緒にシェアしてください。
今年の「もりのいえ」の田んぼ、お楽しみに!



もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
スポンサーサイト



2010.01.18 新年会!
大村和生さんのライブの後片付けを済ませて、
私たちは大急ぎで買い物をして帰宅しました。
夕刻から始まる「もりのいえ」のイベント、新年会の準備のためです。

当初、「一人一品、もしくは参加費1000円」としておりましたが、
途中からはなしくずしです。ひと家族一品でOK!
それでも皆さん、気合いの入った一品以上を持ち寄ってくれました。
それらは写真に収まることなく、あっと言う間に皆さんのお腹に収まりました。

もりのいえの今回のウリは何と言っても「みんなの手づくりピザ」でした。
この作業をしてくれたのが、10名ほど集まった子供達です。
こういう宴では、普通は子供達は途中から飽きてしまうのですが、
今回は子供達が順番待ちでピザ生地を伸ばしてトッピングをして、
薪ストーブのオーブンに入れて、焼き上がったら出して、
という作業を全てしてくれたので、私たちは大助かり!
ピザづくり

結局、子供も含めて30名の宴となり、
人が入り乱れ、酒も入り乱れ、とても楽しい宴となりました。
30人

途中、はるさんによる胡弓の演奏などもあり、
ずっとワイワイがやがやの大宴会となりました。
胡弓

突然のスペシャルゲストが、この人。
左合勉さんです。
左合勉さん

失礼ながら私は存じ上げなかったのですが、
縄文文化に関して造詣深い方だそうです。
左合さんは午後の大村さんライブに来られていて、
大村さんからも紹介されていました。

「ま、縁が合ったら会話することもあるでしょう。」と眺めていたら、
ライブの後にいきなり縁がありました。
かみさんとしばし会話していたらしい左合さん。
その後、私も加わり、「もりのいえで縄文文化についてお話してもいいですよ。」
という流れになりました。

でも初めて会ったばかりで、まだ人となりもよく分からないので、
「今夜、うちで新年会を開くので、いらっしゃいませんか?」
とお誘いしたところ、快く了解してくれました。

こうしてやって来られた左合さん。
同席する人たちと次々に話し込まれていました。
実は知る人ぞ知る存在だったらしく、
「前からお会いしたかったんだ~!」とか、
「今日、左合さんと会話できて良かった~!」という声が続出。

私も僅かな時間でしたが会話をして、お人柄は分かりました。
そして、物事を見る視点も近いことが分かりました。
そこで、遠からず、左合さんを改めて「もりのいえ」にお呼びして、
お話会をしていただくことにしました。

日程や内容はこれからですが、
「現代の人々にとって大切なものを、実は縄文人は持っていた。」
というような内容でお話いただければと考えています。

他にもできたてほやほやのカップルが二組いたりして、
とても華やかな、和やかな場がつくられていました。
そしてみんなニコニコ。
まるでこれからの「もりのいえ」を占うような場でした。

嬉しいですねぇ。
「もりのいえ」は本当に素晴らしい場に育ってきています。
最近よく言うことですが、
もりのいえは、様々な思いを持つ人々が集い、通り過ぎて行く
「駅」のような存在になってきています。
そしてその駅では、集う人々による様々なドラマが生まれてきています。

そんな駅の管理人として、これからも場を見守っていけたらと願っています。
皆さん、改めまして今年もよろしくお願いします!

もりのいえは、おまつりさわぎ!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
♢「新春セット」のご注文はこちらへどうぞ!
◎伊勢神宮・獅子舞奉納の旅(1月22日-23日)への誘いは、こちらへ。
♦視力回復合宿(3月20-22日)については、こちらをご覧ください。
♧吉村正さん講演会(4月4日)はこれから企画します。
♥島本了愛さん・しまちゃんイベント(4月17日あたりの一週間)もこれから企画します。
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
■あの伝説の「珍神事」をご覧なりたい方は、こちらへ。
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡