三日前、電話が鳴りました。
「こんにちは!エコロジストの松本と言います。」
「はぁ?」
自分の記憶を辿りますが、
「エコロジスト」という肩書きの人で思い出せませんでした。

聞けば、大阪は通天閣の「のこされ島」のガンジーから紹介されたとのこと。
「通天閣ののこされ島のガンジー」と聞いてもよく分からない人は、
こちらをご覧下さい。

なるほど。してご用件は?
「もりのいえでスライドショーをさせてください。」ということでした。
で、いつ?
「5月の18日です。」
って、すぐじゃないか!しかも平日!

展開自体は面白そうですが、さすがに集客の目処はありません。
ただ、この人との出会いは楽しそうなので、
「集客云々よりも、友を迎えるという感覚でいいですか?」と訊ねると、
「それでいいです。」とのこと。
ということで、もうすぐですが、イベントが決定いたしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本英揮さんのスライドショー

日時:2010年5月18日(火)19:00~
場所:もりのいえ

参加費:1,000円(高校生以下は無料)
飲食:希望者には何か丼もの(雑穀丼が有力)を提供します。1000円予定。
   販売用焼き菓子も少し用意します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

で、時間がないので、彼が送ってきたデータをそのまま転載します。
これで彼のことを知って、関心がある方は是非お越し下さい。

これは過去のイベントのポスターですね。
過去のポスター

そして、これが彼のスケジュールだそうです。

松本英揮 全国ツアー 地球のスライドショー
【5月】
08(土)15:30 UNESCO杉並               東京
12(水)12:50 大阪経済大ゼミ             大阪
     夜   大阪府立大
13(木)12:50 大阪経済大 理学入門 300名
14(金)午後  小矢部大谷中              富山
     夜   小矢部
15(土)17:00 長岡市中央図書館             新潟
16(日)13:30 三条東公民館
17(月)夜   飛騨高山                岐阜
18(火)夜   もりのいえ
19(水)夜   鳥取環境大
22(土)~23(日) 夢塾 教育サミット 川崎     神奈川

【6月】
12(土)夜   養心の会 銀座             東京
19(土)    明治大学OB会 下関          山口
24(木)14:00 ひまわり荘 日本福祉施設士会 九州大会 宮崎
26土      猪苗代湖 サイクリング&エコ料理&スライドショー 福島

【7月】
01(木)    函館 商工会議所青年部         北海道


あと、こんなのも送られてきました。

Hideki Matsumoto ProfileSeminarManual
ecocap@miyazaki-catv.ne.jp
Profile エコロジスト 松本英揮
1960年9月24日宮崎市生まれ。   T/F 0985.20.6860
環境NPO H-imagineひまじん代表  鹿児島大・長崎大・福岡教育大・大阪工大・大阪経済大 非常勤講師

12歳の頃からひとり旅を始め、20歳の頃からズタ袋担いで世界100カ国を旅してきました。
今はスライド映写機を担ぎ自転車にのって世界中で‘地球のスライドショー’を開き、故郷に住み‘宮崎を地球の環境首都に!’と活動しています。玄米菜食・日本茶・裸足・ペーパレスの楽しい生活。自分で庭に井戸を掘り、風力発電でエネルギー自給の生活をしながら=地球の現実をスライドとトークで世界中に伝えています=
欧州環境先進国の美しいまでのエネルギー・ゴミ政策・街づくり
中国から入る地球の亀裂・沈み始めた南太平洋の国ツバル・・・
武器を捨てた平和国家コスタリカ・食糧危機を救ったキューバのオルガノポニコ
殺人率世界一、サンパウロファベーラでの講演・環境理想都市クリチバ
米ぬか酵素風呂アフリカエイズプロジェクト
素敵なエコタウン・長男唯人とチャリで走る美・日本・・・

タイトル:‘地球のスライドショー’スライド150枚・90分+Q&A15分

今までこういうところでやってこられたようです。

行政関係:札幌市環境局(北海道)熊野市環境課(三重)小野市環境課・豊岡市環境課(兵庫)宮崎県環境政策課・宮崎市都市計画課・日向市生環課・川南町生環課(宮崎)など多数

企業関係開催:大松土建 ナショナル自転車(大阪)JFE環境 日本設計 五洋建設 宝樹 小平商工会 クリーンエネルギーフォーラム・日本生協連合会本部・勝部欣一氏(東京)コープ石垣 愛知不動産(豊田)宮崎ガス ミツトヨ 沖電気宮崎 らいふのパン(宮崎)グリーンコープ出水(鹿児島)北上・水沢倫理法人会(岩手)名古屋・豊前・宮崎J.C 鷺城ライオンズクラブ(姫路)宮崎実業クラブ 宮崎工業倶楽部 中小企業同友会宮崎南 ソロプチミスト宮崎フェニックス 西山煤電有限公司(太原・中国 アジア最大級の石炭会社)ほか多数 

学校関係開催:トモエ幼稚園(札幌)逆瀬川保育園(天草)チャイルドハウスうねめ(福島)和光保育園(豊前・福岡)妻が丘幼稚園 のぞみ保育園 新富・ソレイユ保育園 佐土原・梅野保育園 宮崎大附属幼稚園・小(宮崎)石狩緑苑台小・生振小・石狩若葉小(北海道)子吉小(秋田)柳沢小(岩手)広瀬小・三春小・滝根小(福島)玉野中(山形)小平二小(東京)東安居小・坂井中(福井)狭山西小・堀川小・新東三国小・桃陽小・田辺小・千里丘中(大阪)河津小(松江)総領小(広島)淺川中(福岡)潮見小・西池小・あおき小・江平小・住吉南小・木花小・鏡水小・学園木花台小・古城小・南郷小・三股西小・梅北小(宮崎)城南小(首里)石垣小 小浜小中 大原小 古見小 上原小(西表)石狩・樽川中(北海道)三春中(福島)坂井中(福井)ラミ中(神戸)真和中(熊本)緑ヶ丘中・荻町(大分)宮崎中・宮崎東中・住吉中・生目南中・生目台中・生目中・本郷中・日向中・加納中・西階中(宮崎)神森中 石垣ニ中 船浦中・西表(沖縄)花巻東高(岩手)都立小笠原高(父島)甲山高(西宮)愛知淑徳高 徳島城北高 徳島北高 鳴門高 大村高(長崎)中津商(大分)宮崎商業高 宮崎西高(母校)日向学院高 北海道工業大 岩手大 東京大 東京学芸大 お茶ノ水女子大 慶応大 筑波大 千葉大 明治学院大 大阪大 大阪工大 広島大 西南学院大 鹿児島大[非常勤]宮崎大 宮崎公立大 南九州大 (教育委員会)黒石(青森)南部川(和歌山)延岡市・日南市・田野町 他多数

 California Institute of Integral(総合学科大学院) ニューメキシコ大建築学科 ジョージワシントン大 マイアミ日本人学校(アメリカ) 七洞小・段村東安社小・段村鎮台二中(世界一の大気汚染・山西省・中華人民共和国)チューリヒ大学東洋学科(スイス)International Peoples College(デンマーク)マンチェスター日本人学校(英国)ハバナ工科大 サンタクララ中央大(キューバ) ラウトカ・サンガム高校ほか4高校(フィージー) マリ大学(西アフリカ)ほか多数

こちらが彼のサイトですね。覗いてみましょう。

ということで、もう間近ですが、お待ちしています!
ガンジーありがとう!



○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

最近のウーファーや滞在者達は実に気持ちが良いです。
何に対しても積極的だし、雰囲気が良いです。
その筆頭が、れいこちゃんでした。
全国のいろんな地を回りながら、多くを学んできた、れいこちゃん。
「もりのいえ」にも是非!という意気込みでやってきてくれました。

彼女をひと言で表すと、「ふわっとしている人」です。
決して「地に足がついていない」という意味ではなく、
彼女がそこにいるだけで、周りの雰囲気が和むのです。
そして、コトが前向きに進み始めます。

彼女が自覚しているかどうかは分からないけれど、
れいこちゃんは局面をポジティブにする力があると思います。
「求めよ、さらば与えられん」を地で行っている感じです。

その最たる出来事が、島本さんたちとの出会いでした。
こちらに来てから島本さんたちのことを詳しく知り、
コンサルテーションを受け、自分自身と向き合うようになった、れいこちゃん。

ほどなくして、私たちにある希望を述べました。
「どこか近くに籠って、じっくりと過ごしたいのですけれど・・・。」
もちろん私たちは了解しました。
そして最近オープンしたばかりの、貸しログハウスを紹介しました。

そちらで三泊過ごしたれいこちゃん、
実にすっきりとした顔つきで帰ってきました。
彼女にとり、「もりのいえ」や加子母で過ごしたことが、
自分自身を見つめ直す格好のきっかけになったようです。
嬉しいですね。

そんな彼女が本領を発揮したのが、「消しゴムはんこ」です。
この技はかみさんも持っていますが、かみさんが絵柄を得意とするのに対して、
れいこちゃんはロゴ、つまり字体を得意とするのです。

そんなれいこちゃんに、ウーフの仕事として一つお願いしました。
それは、「もりのいえ」の名刺用のはんこを作ってもらうことでした。
実はまだ、「もりのいえ」の名刺って無かったのですよ。

もちろん了解してくれた、れいこちゃん。
あっと言う間に彫ってくれました。
すごいね。
1はんこ作った

彫った面をアップしてみましょう。
これをわずか数時間で彫ったのですよ。
すごいね。
2すごいはんこ

裏面にはこんな文字も。
毎回使う度に、「ありがとう」という気分にさせてくれます。
3はんこの裏

そしてできた名刺です。
いいでしょう?
4はんこ名刺

かくして、「もりのいえ」の歴史に新たなページを作ってくれた、れいこちゃん。
ブッダも思わず寝そべっております。
5ブッダも寝そべる

次のホストに向けて去っていきましたが、
私たちはこれを「れいこちゃんの家出」と呼んでおります。
またいつでも帰っておいで。
待っているよ。ありがとう、れいこちゃん。
6ありがとうれいこちゃん




○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

時の経つのは本当に早いもので、
もう間もなく今年も1/3が過ぎようとしています。
そして気がつくと、たくさんの「ありがとう」を書きそびれておりました。
そこで少しさかのぼって、「ありがとうシリーズ」であります。

4月17日の島本了愛さん講演会は、50名近くの参加をいただき、
大好評のうちに終わりました。
来てくれた皆さん、そして島本夫妻、ありがとうございました!
1寺子屋風

この花は、「もりのいえ」の周りの樹や花たちです。
当日の朝、宿泊者のえりちゃんと私とで集めました。
それを活けたのは、山口県から来てくれた、ゆきこさんです。
「やったことがない!」と言いながらも、どうしてどうして!
見事な活けっぷりであります。ありがとうございました!
2見事な花たち

講演会場は二階、そして一階の食堂が託児所となりました。
「託児所」他の書を書いてくれた、ウーファーのさきちゃん、ありがとう!
前もってお願いしていた友人スタッフと、
地元のシルバー人材センターからの派遣4名の方々が活躍してくれました。
本当に助かりました。そして無事に事故無く終了しました。
ありがとうございました!
3託児所

ランチを作ってくれたのは、
「チームもりのいえ」のいちごさんと、お嬢さんのくらげさんです。
初めての厨房で慣れない中、見事なランチを作ってくれました。
もちろんどれも美味しかった!ありがとう!
4いちごさんランチ

5いちごさんちらし寿司

この昼食タイムとその後の懇親会の雰囲気は、実に平和的でした。
みなさん初対面の方が多いだろうに、別に私たちが仲介しなくとも、
自然に会話が進み、和やかな場が作られていました。
「こんな場ができたらいいな。」と願っていた通りでした。
ありがとうございました!

そんな雰囲気の中、参加者のあやめさんが素敵な品を届けてくれました。
ご主人のメルチさんに、
私の一番お気に入りの作務衣のリフォームを頼んでいたのですが、
それが完成したので持参してくれたのです。
あちらこちらが切れまくっていたのに、
それはそれは見事な出来映えでリフォームされておりました。
ありがとう!とっても嬉しいです。

午後の講演会が始まる際、
以前紹介した「スナメリバッチ」の話を少しさせていただきました。
その話を聞いて、大勢の方が購入してくれました。
ありがとー!

一泊の「家出」の際、別荘を貸して下さった方。
ありがとうございます!
おかげさまでじっくりと自分を振り返ることができました。
また何かの時によろしくお願いします。

一週間後の「愛農かまどワークショップ」、
実に楽しく過ごしながら、見事に立ち上がってきました。
皆さんのニコニコ顔が最高のお土産です。
そして、指導をして下さっている、野呂さん。
自分たちのデータを提供してくださった、広島「オーガニック生活学校」さん。
本当にありがとうございました!

昨日、加子母で暮らすひとえさんから、
オーラソーマ・コンサルテーションを受けました。
4年前に受けて以来のことです。
しかも今回は夫婦で一緒に受けるというコースです。
これが実に良かった~!
自分自身と、お互いのパートナーを見つめる、とっても良い時でした。
ひとえさん、ありがとう。
そしてかみさんもありがとう!

昨夜、一人の宿泊客が来られました。
福井の「萌叡塾(ほうえいじゅく)」のご紹介とのこと。
萌叡塾は私たちが「もりのいえ」をイメージする時に、
とても参考にさせていただいた、素敵なコミュニティです。
そちらから紹介いただけるなんて、嬉しいですね。
ありがとうございます。

やって来られたYさん、明るい男性でした。
「なかや」にも二回泊まったことがあるとかで、
まさに「心の駅」をどんどん訪れて旅する人ですね。
また、こちらにもお越しください。
ありがとうございます。

雑誌『BIO CITY』が5月末発売予定の号で、
「もりのいえ」を取り上げていただくことになりました。
さきほど、掲載内容の初校が届きました。
これから一部修正させていただきますが、
8ぺーじも紹介してくださるようで、ありがたいです。

私は今年、うちの班の班長です。
そしてうちの地区の庶務でもあります。
昨年から三年間、地元の神社の氏子総代であり、その会計もしています。
地域の役をいろいろと仰せつかるようになりました。
そして、周りの皆さんがとても気遣ってくださるのを感じます。
その暖かいまなざしが嬉しいです。
ありがとうございます。

数々のイベントや出来事が続く中、
入れ替わりやってくるウーファーたちは、実によくやってくれています。
そして嬉しいのは、みんな仲良しなことです。
君たちがまさに今の「もりのいえ」の雰囲気を作ってくれています。
ありがとう。

そして何よりもかみさんと子供たちよ。
何も言うことはありません。
私の傍にいてくれて、本当にありがとう。

こうして、たくさんの「ありがとう」に包まれて、今、私は暮らしています。
本当にありがたいことです。




♤GW特別企画!
視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
お一人キャンセルが出ました。
もう「子連れコース」は開かないかもだそうです!
気になっているあなた。
今すぐお申し込みを!


○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

この週末は、アースディを始め、全国で様々なイベントが行われたようですね。
そんな時期に快晴が続くのはありがたいことです。
「もりのいえ」でも、24・25日と、愛農かまどワークショップが開かれました。
かなり画像が多いけれど、一気に紹介してしまいます。
では、はじまりはじまり~!
(メイキング画像の公開については、監修者の野呂さんから許可を得ています。)

先日も書きましたが、愛農かまどの設置場所は、
厨房裏のスペースに変更となりました。
ワークショップの数日前から片付けをして、掃除をします。
壁の古い波板を外すと、明るい日差しが入ってくるようになりました。
1ここに築く

床が結構傾斜や段があったので、レンガを積む前に水平なベースを作ります。
到着したばかりのゆうきちゃんと、ロバートに手伝ってもらいます。
セメントワークが初めての二人、ドギマギしながらも楽しそう。
2ベースをつくる

こうしてベースができたところで、後は参加者の到着を待ちます。
24日の朝、うちのしいたけがどっさりと採れました。
肉厚のソテーが美味かった!
3しいたけ収穫

この日の午後からワークショップ開始です。
天気は少々風があるものの、快晴です。嬉しいね。
集まったのはとてもユニークな方々です。まずは自己紹介から。

・U太が生まれる前からのブログ読者で、
 ネットショップのヘビーユーザーでもある、ますもとさん。東京からです。
・山梨は白州の「こふく亭」のシェフだった、マクロビパパさん。
・下呂市馬瀬の「野原のミュージアム」主宰者・トトコさん。
・トトコさんに同乗してきた、てつさん。
 ニューヨークで30年以上、国連関係の仕事をしていたそうな。
・伊豆の国からじんぐうさん。いつも野菜をありがとうございます!
・我らが「チームもりのいえ」のココペリ・ひろさん。何でもできる人です。
・宮城から来てくれました!ブレンディさん。何でも仕切れる人です。
・埼玉から来たウーファーのれいこちゃん。何にでも積極的で気がきく働き者です。
・東京から来たウーファーのゆうきちゃん。健気に働く姿は「新妻風」と人気です。
そしてロバートもヘルプで入ってもらいました。

みなさん、とっても期待マンマンで良い雰囲気です。
今回は、最初に家の中で簡単に勉強会をしました。
・愛農かまどが復刻した経緯
・今回のテキストは、昨年広島でワークショップが開かれた時のものを使うので、
 著作権使用料として、今回の参加費から一人1000円分を広島の仲間に送ること。
 (残りの金額は、次回、監修者をお呼びする際に使わせていただきます。)
・そのテキストと、広島から新たに送っていただいたメイキング画像を見ながら、
 これからやる作業の事前学習。
・木型の公開。どよめきがおきました。

そしていよいよ作業の開始です。
ほとんどの人はセメントワークが初めてです。
詳しいココペリさんの指導を受けながら、おっかなびっくりで始めていきます。
まずはレンガを濡らしてと。
4レンガを濡らす

セメントを練ってと。
6セメントを練る

テキストと画像を見比べながら、
わいのわいのと首を突っ込みながら、作業を進めます。
みんなの積極的なこと!私は傍で眺めるのみです。
5大勢集まった

なんだかんだ言って、あっと言う間に第一段ができました。
結構良いペースです。
7一段目できた

でもこの愛農かまど、上の段に進むほどにテクニックが必要なのです。
早速、「レンガ切り」作業が始まりました。
率先して志願した、トトコさん。すごく楽しそう。
「私、この後、一人で作っちゃおうかな。」
こんな楽しい作業、他の人にやってもらうのはもったいないと言わんばかりです。
8レンガを切る

U太も何かと手伝ってくれました。
こんな年頃からこういう作業に加わろうとする姿勢が立派です。
9U太も塗る

「こうやって水平も見るんだよ。」
10水平をみる

順調に作業は進んでいましたが、
伊豆の国のじんぐうさんが早々に去ることになったので、
一旦作業を止めて、集合写真です。
ワークショップ開始早々にして、この笑顔。みんなのノリ具合が分かるよね。
(クリックすると大きくなります。)
11一旦集合写真

この後、私とココペリさん、ブレンディさんとで
別ワークショップの打ち合わせを始めてしまいました。
その内容は後日ね!

ところがその間に、当の愛農かまど作業がドンドン進んでおり、
二段目のメイキング写真を撮り損ねてしまいました。
で、いきなり三段目の写真です。
12いきなり三段目

上から見るとこんな感じ。
あれ、こっちの方が少し前の状態か。ま、いいや。
13三段目上から

初日はここまでで終了です。
全く順調にここまできました。
皆さんも手応えを感じている様子で、顔色が明るいです。
結構はまってきたね!

みんなで温泉に行き、その後はお楽しみの夕食タイムです。
ココペリさんとマクロビパパさんが凄く美味しいお酒を持ってきてくれたので、
もうすっかり酒盛りの私たち。
結構いい気分になって、倒れ込むように眠りました。

さて翌25日の朝です。
何と、早朝はマイナス2℃でした。
ブッダの水飲み皿の水が凍っていたと、みんな大騒ぎ。

でも天気は前日よりも良かったので、朝食後にはのどかな風景に。
いいですね、ますもとさんたちのこの構図。
一旦は先週の島本さん講演会に申し込まれていたのですが、
こちらのワークショップが発表されるや否や、
講演会をキャンセルしてこちらに申し込みをされたという気合いです。
14翌朝いい写真

二日目の最初のワークは、「マイれんが作り」です。
一人一個ずつ、彫刻刀や釘などを使って、レンガを彫りました。
15マイレンガをつくる

一人一人の個性が光っていますね。
私はとりあえず、「2010.04~」というのを彫りました。
16できたマイレンガ

ウーファーのれいこちゃんの作。
実は彼女は「消しゴムはんこ作り」の名人です。
その話題は後日詳しく書くとして、れんが彫りも流石の腕です。
17さすがれいこちゃん

さて、かまど作りの再開です。
まずは瓦を割って、右側のスペースに敷き詰め、砂で固めます。
「がれき」って「瓦礫」と書くんですね。まさに瓦の礫を使いました。
18瓦礫を入れる

二日目は初日以上に動きが良いです。
一人一人のスキルが上がってきたのと、
持ち場が決まってきたこともあります。
前日に初めて顔を合わせたとは思えない、見事なチームワークです。
19動きが良くなってきた

このあたりからは、結構細かい作業があるのですが、
あっと言う間に四段目が完成しました。
20四段目

この頃から、ココペリさんと私は別のワークに取りかかりました。
それは、「ドラム缶切り」です。
ドラム缶の腹を切り取り、かまどのオーブンの天井に使うのです。
この作業、熱かった!だって火花がこんなに飛ぶんだもの。
一度火花が頭皮に当たった私は、この後は帽子を被りました。
21ドラム缶を切る

見事に一発成功で切り取ったココペリさん。
みんなから写真を撮られまくっていました。
切られたドラム缶は、スモーク缶として使われることに決定!
22切ったココペリさん

そうこうするうちに、無事五段目も完成!見事です。
早速マイれんがが組まれていました。
23五段目できた!

サイドにもずらり。
いいですね。「みんなの愛農かまど」!
24サイド

愛農かまど全体のボリュームから見ると、これで約半分が築かれました。
今回はこれにて終了です。
「まるで牢獄みたいだね!」と、みんなでニコニコ集合写真。
(画像をクリックすると大きくなるよ。)
25牢獄集合写真

今回の作業の進行具合によっては、6月に第二回ワークショップを開く予定でしたが、
そこまでする必要はなさそうです。
少しだけ私の方で作業を進めておき、7月に監修の野呂さんをお迎えして、
最終的な完成までを一気にすることになりました。

東京で自転車の「メッセンジャー」として活躍中のますもとさん。
7月も来てくれるとのことで、嬉しい限りです。
26ますもとさん一家

他の参加者も「是非来たい!」とのこと。
みんな、すっかりはまったね!
マクロビパパさんはとても気さくな人でした。
また逢おうね!
27マクロビパパ

午後しばらくの時まで残っていたメンツで記念撮影。
今回ワークショップには参加せず、調理やバックアップをしてくれたえみこちゃん。
ありがとうね。
あなたのような人がいてくれるから、イベントも全く滞りなく進みました。
そしてかみさんも本当にご苦労さん。ありがとう。
28残ったメンツ

ここずっと、「もりのいえ」の雰囲気はとても良いです。
とっても素敵なイベントが続いていることもありますが、
ウーファー達が仲良しで、とても楽し気に過ごしてくれていることが大きいです。
だから、イベントにやって来られる人々も、
とてもリラックスして過ごせるのだと思います。ありがとうね。

こうして、大成功に終わった、第一回愛農かまどワークショップ。
次回は7月です。日程はこれから野呂さんと調整します。
そしていよいよ愛農かまど最大のノウハウ「例の木型」の登場であります。
今回参加できなかった方も、もちろん参加できますよ。
この機会、逃す手はないですぞ!




♤GW特別企画!
視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
お一人キャンセルが出ました。
もう「子連れコース」は開かないかもだそうです!
気になっているあなた。
今すぐお申し込みを!


○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

さて、いよいよ記する時がきました。
今回の一連のプログラムや会話を通して、
島本了愛さん・和典さんから実に多くのことを学び、指摘されました。
ただその内容をここで記載するのは控えさせていただきます。

一つだけご紹介しますと、
私が「もりのいえ」に執着しているとの指摘を受けました。
そこにはうっすらと自己欺瞞(ぎまん)が見え隠れするとのことでした。
これについては、了愛さんからコメントが届いていますので、
その文章をご紹介します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今回ま~さんにとって見えなくなっていた自己欺瞞とは、
自分を欺くことで、
それをしていると
世界が自分を欺くのです。怖いことです。

自分の正直な思いをごまかすということです。
本当は自分のためにしていることを
人のためと思っている、これも自己欺瞞です。

人の為に、と思っている多くのことは
ほとんどが自分のためであるといってもいいくらいです。
これは自分に正直になるとわかることです。

人の為、と書いて「偽り」とは
言い得て妙です。

でも、かなり多くの人がこの自己欺瞞の世界にはまっています。

自分を正直に認めること、
正直に生きるということは
いざあらためるとなると、
今までに嘘が多いほど厳しい。

しかし、一旦正直になるときめ
心のままに正直に生きてゆけば
(調和するように、思いやりを持って)

いつか、すべてが明瞭にくっきりと明るく
そして「思い通り」になってくれることを体験できます。
その時、
本当に心から、
自分という存在を含めた全てに
感謝することができるでしょう。

ここが本当の感謝です。
これはそんなに簡単に体験できません。
びっくりするくらい深いのですよ。

ここに至るその手前にやるべきことは沢山ありますが
思ったよりも遠くないものですよ。

やるべきことは

1、感情の解放
  (自分のバイブレーションを綺麗にすること、無駄に引き寄せないため)
2、新しい循環を創る(愛を与える、そして返ってくる循環を創ること)
3、思考の解放(固定概念を取り除く)
4、創造 (これから自分が体験する世界の創造、思考の書き換え)
(ここに、肉体の浄化も付け加えると最強)

このステップを行うことで、
古い人生、魂のパターンを解放し、
新しい人生を手に入れることができます。

この世界は、
わたしたちの「思い」をそのまま現実化する世界です。

だからこそ、
「どんな思いで、何をするか?」が大切なのです。

どんな小さなことにも
どんな小さいことでも
一体自分はどんな「思い」でそれをしたのか、
しているのか、ということに意識してください。

そして引力と循環の法則を味方にして
よりより、
より自分らしい、
より自分の求める幸せを
創造してください。

そのための感情解放プログラム、
そのための個人授業、講演会、です。

それがわたしの創造した「エナジーボディワークプログラム」です。

わたしたちは自分の人生しか生きることができません。

結果的に人のためになることはあっても、
究極的にいえば、
人のためにできることなどないのです。

自分の人生、自分の生きている世界を創造するのは
自分しかいない。

「わたし」しかいないのです。

誰も他人の人生を生きることはできない。

わたしたちも、ま~さんの人生の創造をお手伝いするのみです。

世界は、
ま~さんが、そしてすべてのいのちが
生き生きと喜びにあふれることを願い、
いつも助けてくれています。

だからわたしもこの仕事をしています。
「わたしにできること」
それをしているにすぎない。

何かの為にしている意識ではなく、
助けようという意識でもなく、
ただ、できること(それはたいてい求められることだから)
それをしているだけです。

だから、自分が特別だとも、偉いとも思わない。
ビルを創る人とも同じだし、映画を創る人とも同じ、
ただ、できることをしている。

エナジーボディワークのあり方は、宇宙意識そのものなのです。

そして、その意識を思いだすことさえできれば
誰でも、特別であって、特別でない人になれるのです。

そして天命と言えるような
自分にしかできないこと、をやり始めます。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


この他、沢山の言葉をいただきましたが、どれも厳しく、図星でした。
そして愛に溢れていました。
だって、そんなことを話してくれる人は、そうはいないものね。
本当に心から感謝です。

そして大切なのは、「この先どうするか?」です。
「良いお話を聴かせていただきました。」では意味がありません。
で、「ともかく一旦日常から離れて、自分に帰る時を作る!」と宣言し、
ある場所にこもりました。
外は大雨でした。こもるには格好の日和です。

やった作業は、自分自身のプログラムです。

やりたいこと
今の姿
過去の自分
その時に起きてきた感情
それらを出し続けました。

それらを一つ一つ書き出すことはできません。
だって、数十回分くらいのブログネタになりそうなくらいでしたから。
中にはとても公開できるようなものではない内容もあります。

共通して言えるのは、まず「懺悔(ざんげ)」が次々と現れたことです。

私は過去に数多くの過ちを犯してきました。
(例えばこういう時、「犯してきたと感じている自分を解放します!」と
宣言していますが、ブログ上では以降、省略します。読みづらいので。)

人を傷つける
裏切る
切り捨てる
騙す
盗む
押し付ける

そのほとんどは、そうしようとしてやった訳ではありませんが、
結果的にそうなったことは山ほどあります。
でも、中には自覚してやったこともあります。お恥ずかしい限りです。
そんな過去の出来事が山ほどよみがえってきました。
当然ながら、懺悔の気持ちが次々と湧き出てきました。

「私は何をしてきたんだろう?」
「こんなにも迷惑をかけておいて、何が『伝える』だ?」
「善人ぶるのもいい加減にしろ!」

結局のところ、私は自分勝手でわがままで、
欲(権力、地位、名声、カネ、性)を追い、
誤摩化したり、言い訳したり、自分を大きく見せるのが得意なだけで、
自分自身は何もないのではないか?

私は若い頃、「波瀾万丈の人生を歩めますように。」と、うそぶいていました。
そして、実際にいろんな経験を積んできて、
「人の三倍生きている!」なんて自慢してきました。

そんな経験をベースに、人に説教することが多くなり、
それでも中には「あの人はすごい!」などと言ってくれる人がいたものだから、
「私には、生き方を伝える能力がある」だなんて、
いい気になっていたところがあります。

でも、「人の三倍生きている」なんて、
つまりは「一つの人生をしっかりと生きていない」ことの証でもあります。
要は、私はうわっつらを塗り重ねてきただけで、
実のところ、私自身は何もないと言ってもいいのでしょう。

何故、そんな私だったのか?

弱く小さい自分を知っていたのに、知られたくなかった
認めてもらいたかった
寂しかった
愛に飢えていた

つまりは、そういうことなのでしょう。

そんな私が、最近になってしてきたこと。
それは「いい人」になることでした。

穏やかで人柄が良く、優しく親切で、何でも知っていて、
どんな相談にものってくれるような頼りがいのある人。
そんな人を演じてきました。

特に、かみさんと出会ってからは、「良い夫」を目指し、
過去の罪滅ぼしを込めて、かみさんを愛するようになりました。

また、子供が生まれてからは、
今度は「いいお父さん」になることを意識してきました。
「いいお父さん」
やさしくて、力強くて、家族を養える人

そのために「もりのいえ」という舞台を設えました。
そして、「もりのいえ」で食っていける道を探りました。

最初のうちは思いのほか苦労し、貯金残高が48円にもなりましたが、
ありがたいことに収入が次第に入りだしました。
大勢のウーファーから滞在希望が届くようになりました。

やがて、最低の生活レベルを脱却できる目処が見え始めると、
やおら「私たちは成功者だ」と勘違いし、
その生き方を「伝える」ことを始めたのです。
それはイコール「押しつけ」でもありました。

そして、生き方を伝えることで、より収入を得て、
経済的に楽になろうとしていました。
それが今の私です。

ここまで考えが辿り着き、
情けなくなりました。

一人、叫びました。



ここまで来て、果たして私は感情解放できたのか?
了愛さんの言う「古い感情」を見つけて解放できたら、
心がスッキリ軽くなると想像していました。
でも、まだ心は重いです。
正直言って、まだ出し切れた感覚はありませんでした。

ただ、様々な感情が出てくるであろう「出口」が幾つも見つかりました。
「これからしばらくは、
それらの出口から一つずつ感情を引き出す作業をすることになるのだろう。」

「了愛さんが言う『私は○○します!』というような『書き換え』作業は、
もっと感情が出てからすることにしよう。」
そのように自分を慰めました。



その時、ふと目に留まるものがありました。
獅子笛です。
今回、「気分を変えたい時に吹こうか」という軽いノリで持ち込んでいたのでした。

それを手に取り、ちょっと考えました。
普段ならばいつもの獅子舞の曲を吹くところなのですが、
何だかそんな気分ではなかったのです。

その時、頭にある曲が浮かびました。
「よし、吹いてみよう。」
それは、『天空の城 ラピュタ』の『君をのせて』でした。

獅子笛はドレミの音階を普通に吹けるようにはなっていません。
それを吹こうとすると、指先の微妙な動きが要求されます。
例えば一つの穴の塞ぎ方を変えて、三つの音を出す必要があります。
以前、それを試そうとして諦めた経緯がありました。

でも今回はそんな経緯は気にならず、試してみようという気が起きました。
指先で音を探して何度も試行錯誤を繰り返しながら、
下手っぴだけれど、何とか吹くことができました。

「できるじゃないか。次はあのトランペット曲をやってみようか。」
同じく、『天空の城 ラピュタ』の一曲に挑戦してみました。
先ほどと同じ様に、指先で音を探しながらですが、
そちらも何とか一通りの音を見つけることができました。

この間、私はただ笛を吹くことだけに意識が向いていました。
そうこうするうちに、あっと言う間に2時間が経っていました。
そしてひとしきり吹き終えた時、実にすっきりとした気分になっていたのです。

一心不乱に笛に集中したことで、気持ちがとてもクリアになっていました。
まさかこういう展開になるとは想像もしていませんでした。

「笛に助けられた。」
そう思った瞬間、感情が胸に沸き上がり、涙がこぼれました。
今度は喜びの声を上げました。

おかげで気持ち良く床につけた私は、爽やかな朝を迎えることができました。
雨は上がり、鳥のさえずりが聞こえました。



さて、今回浮かんだ感情は出し切れたのか?
壁(エッジ)を超えたのか?
まだ、そのような実感はありません。

でも、「きっと超えられる!」という気が生まれました。
そして、笛がとても身近になりました。
今まで道具でしかなかった笛が、友達のように感じられるようになりました。
これは大きな収穫です。

この先、私がどのような道を歩むのか?
分かりません。
ただ、島本さんたちと出逢ったことで、人生の展開が格段に早くなったこと、
そして今回の「家出」で、手応えを掴んだことは確かです。

島本さんとコトの流れに感謝です。
未来は明るい!
今後をお楽しみに!


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



「もりのいえ」の大ヒット商品、「紫いものスコーンパン」は、
まもなく今シーズンの製造を終了します。

愛農かまどワークショップはいよいよ明日から!こちらをご覧ください!
♤GW特別企画!視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便



2010.04.23 訂正とお詫び
今朝方、「家出」から戻ってきました。
実に意義深い体験でした。
その報告は近々させていただくとして、
数日前のブログにつきまして、訂正とお詫びをさせていただきます。

「最後の一押しコンサルテーション」の文中で、

了愛さん曰く、「あんたはまるでわかってない!」
といわんばかりの~

という表現がありましたが、これは事実とは異なりますので、訂正しました。
上の文章だと、さも了愛さんがそのように表現したかのような誤解を招きますが、
彼女がそのように言ったのではなく、
私がそのように受け取ったということです。

そこで、内容を一部修正させていただきました。
了愛さんには、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。

なお、了愛さんからは次のようなメールをいただきました。

・・・・・・・・・・
いい表現も悪い表現も
「事実」でないなら、両方「嘘」ですね。

自分がそのように受け取ったのだ、
ということが読んでいる人にわかるように書く、
誤解を招かないように書く、
ということが、表現をする上で新しいカルマを生まないコツです。

ですから、「あんたが~」という表現は、
わたしは言っていなくて、ま~さんがそのように受け取ったのだ、
ということが、読者に伝わるように書き直してください。

これは新しいページを割いて、誤解を解いてください。
そのような発言をする人、と思われるのは
事実ではないだけに困ります。

気をつけることは、
自分ではない相手が言ったとか言わない、という部分を
自分がまとめてはいけない、ということです。
(自分なりにまとめる、主観でまとめるからです)
ここが、ま~さんのポイントです。

ま~さんが、これから自分の考えを表してゆく人になるのであれば、
事実を明確に把握し、形にする、といったこうした練習は、
必要なことだと思ってメールしたのですが、
ま~さんが必要と思わなければ、気をつける必要もありません。
(後略)
よろしくお願いします!!

愛を込めて

・・・・・・・・・・

まったくご指摘の通りです。
これは私にとって、大きな課題だなぁと、
身を引き締めております。
これほどもったいぶった事は過去に無かったのではないかと思いますが、
例の島本イベントでの学びをまとめるのに時間がかかっています。

「さぞかし悩んでいるのであろう。」と想像されるかもしれませんが、
現実に頭を整理する時間が無いのです。

今までの私のパターンは、
1. 昼間のちょっとした隙に。ちょこちょこと書き留める
2. 皆が寝静まった後に、一気にまとめて編集してアップする
3. 翌朝、アップ後の内容を再チェックして修正する
というものでした。

ところが、春になると何かとすることが増えるので、
昼間は「あれして、何して、こうして、どうして」と動き回っています。
今は特に何に動き回っているのかというと、
週末の「愛農かまどワークショップ」の準備です。

当初、納屋に愛農かまどを設置するつもりで準備していました。
そのために大掃除をして、準備万端と思いきや、
「もっと母屋に近いところに設置してほしい!」との声が入ったのです。
その声の主は、もちろんかみさんです。

私とかみさんは思考や行動パターンに違いがあります。
私は頭の中である程度イメージしたら、「よし、これでいく!」と決めて、
後は成り行きに任せます。

一方、かみさんは最初に直感が働くのだけれど、その時はあまり意思表示せず、
具体的な状況が目の前に見えてきてから、「やっぱりこっちがいい。」と判断します。

今回はまさにそのパターンでした。
愛農かまどを知った当初は、厨房裏に愛農かまどを設置する話をしていました。
でもその場所は掃除してもすぐにゴミ置き場となってしまいます。

「これではいかん。」と、買ってきた昔のかまどを設置したのですが、
やっぱり使わず、結局ゴミ置き場に。

そうこうするうちに煙突から雨漏りがして、その雨がかまどにしみ込み、
冬の間、水分が凍って、かまどが破裂してしまったのです。
結構愛着を持っていたかまどだったので、ショックで不憫でした。

「このままここに愛農かまどを設置しても、同じ目にあうだけだ。」
と判断した私は、別の場所に第一号を設置することを決心。
そして、普段使いというよりも、イベント用の場所として納屋を選んだのです。
そこで使い勝手を学んでから、知足ハウスに本番を築くつもりでいました。

ところが、いざ納屋が片付いてきて、その場に立ったかみさんが、
おもむろに言い出しました。「やっぱりここだと母屋から遠い・・・」

私は内心、「また始まった。これまで話してきて、既にコトが動いているのに、
何で間際になって躊躇するのか?」と感じました。
でも、かみさんが自分が使うことを前提でものを言っているのなら、
それは悪いことではないです。
私は「納屋に設置する」と決めた時には、普段使いはイメージしていませんでしたから。

過去にも同じようなパターンは多々あったのですが、
今回も話し合いの結果、かみさんの希望通り、厨房の裏に設置することにしました。

こういう過程を経ると、今までならばかみさんはきっとこういう風に感じたことでしょう。
「masanは自分の考えを我慢して、私の意見を受け入れた。」と。
そういう気兼ねが結局、かみさん自身にプレッシャーをかけていたと思います。

私自身は、確かにそういう面もなきにしもあらずなんだけれど、
「それほど大きな違いはないから。」と感じているので、淡々としたものでした。
むしろ、「厨房裏に設置するのならば、今度こそゴミ置き場にはしないぞ!」と、
決意を新たにした程度です。

ところが、実は、上のやりとりこそが私たちの課題だったのです。
時は島本さんたちのイベントの真っ最中。
そう、今回の出来事は、まさに「感情解放」を考える格好の材料となりました。

私は上に挙げた「内心感じた」、
そして「そういう面もなきにしもあらずと思った」感情を、
もっと掘り下げて浮かび上がらせて、吐き出す必要があったのです。

かみさんも同じです。
きっと彼女なりに、今回のことで湧き出た感情を解放する必要を感じていると思います。

つまり、私たちは普段の暮らしの中で葛藤を避け、
大人びた(と思われる)判断をしてきていることが、
積み重なってきていたのです。

そのことに気づき、それぞれ感情を吐き出す作業をしながら、時には議論を交わし、
そして現実に愛農かまどの新たな設置場所づくりや材料の調達などをしていると、
昼間はあっと言う間に時が流れていきます。
もちろん、他にもする作業があるので、結局昼間はパソコンに向かわず仕舞。

では、夜にその時間を作れば良いのですが、これまた思わぬ展開が起こっております。
それはKAN太です。

彼は、生まれた直後から私が抱くと泣き止むという面がありました。
それはとても嬉しいことです。
その傾向が、島本イベント中から尚更顕著になってきました。

最近の私は、家族とは別の部屋で寝ることが多いです。
私が寝る時間帯が家族と違うのと、夜中にKAN太が大泣きすることが多く、
かみさんが私に気兼ねして、「masanは別のところで寝てください。」と言うので、
遠慮なくそうさせてもらっていました。

ところが、KAN太君、家族の寝室は好きではないらしい。
寝る直前までご機嫌でいても、寝室に連れていった途端に泣き出すことが多いです。
最近は一人寝室からハイハイで出て来て、私の書斎にまでやってくるようになりました。

こうなると、ほおっておく訳にはいきません。
KAN太を膝に抱きながらパソコンに向かい、ブログを書こうとするのですが、
あちらこちらに手を出すので、なかなか集中できない。

動きが鈍くなったかと思うと、今度はウトウトとしだします。
そうなると寝かしつけるしかありません。
つまり、私の寝室に連れていって、私が寝かしつけるという展開になってきました。

そして面白いことにすぐに寝つくのは良いのですが、
やはり夜中に何度か目を覚ましてくれます。
その度にこちらも目を覚ましてあやし、再び寝つかせてとやっていると、
とてもブログを書くという気分にならないんです。
当然、睡眠も浅くなります。

「これまでよくぞこの状態で、家事やら焼き菓子焼きをやってくれていたなぁ。」
と、心からかみさんに感謝しております。

そして、何故、KAN太がこの時期に私によりなつくようになったのか?
これはきっと意味のあることなのだと感じています。

まず、彼を膝に抱くと、私はとても心が落ち着きます。
彼が落ち着いているのも感じます。
例えて言うと、まるで私たちは双子であるかのようです。

そして、彼を抱いていると、瞑想状態に入れることにも気づきました。
彼は私の瞑想時間を作ってくれているのです。

つまり、彼はこう言いたいのではないか?
「文章をまとめたり、書く前に、普段の暮らしの中で瞑想状態を作りなさい。」と。

かくして、パソコンに向かう時間が滅法減ってしまった結果、
島本体験をまとめるのが遅れ、
ブログアップもできないでいるというのが実態であります。

「では、いつまで待たせるつもり?」
はい、お答えします。
私は今日一日、家出をします。
そしてこれまでの内容を一気にまとめ、合わせて感情解放も試み、帰ってきます。

そのために、ある場所を丸一日キープしました。
これから24時間、身内とは会わずに、内なる自分との会話をしてきます。
その後のご報告をお楽しみに。



地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



「もりのいえ」の大ヒット商品、「紫いものスコーンパン」は、
まもなく今シーズンの製造を終了します。

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤GW特別企画!視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便


まさにタイトル通り、随分とお待たせしております。
島本さんたちとのやり取りの中で、私が何を示され、感じ、学んだのか?
随分ともったいぶっておりますが、
実際にまとめるのに時間がかかっているのです。

15日の個人コンサルテーション
17日の講演会
18日のアドバンスコース
19日の「最後の一押し」コンサルテーション

これら一つ一つを順に振り返る作業をしながら、
その都度浮かんでくる過去の記憶をたどり、感情を解放し続けています。
正直言いまして、まだ時間がかかりそうです。

ただ、確信して言えることがあります。
今回の体験のおかげで私の人生が大きく変わるであろうということです。

言い換えれば、今回の体験がなければ、
私はこの気づきを得るのに残りの人生全ての時間がかかったかもしれないし、
気づかないままに人生を終えたかもしれない。
それほどの体験でした。

そしてそれをブログに記することに思案しています。
上に挙げた各コースの内容を記することは、
島本さんのノウハウを公開することにもなるので、できません。

それに、私の体験を記することでその内容をイメージすることができる反面、
イメージが固定される可能性もあります。
(ですから、昨年末の「感情解放プログラムを受けたブログ」は、
 島本夫妻と話し合った結果、その内容部分を削除させていただきました。)

ということで、まだ時間がかかりそうですが、
内容がまとまりましたらアップしますので、
もうしばらくお待ちください。

一方、日々の暮らしの中で、既に幾つかの判断をしたものもあります。
・愛農かまど第一号の設置場所を厨房裏に変更しました。
・「知足ハウス」の位置づけについて、改めて考え直すことにしました。
 今年一杯は、それを考える時期になりそうです。
・ISO14001(環境マネジメントシステム)の講習会講師を辞退しました。
・盆踊りのお囃子連「踊飛連」の歌い手から笛に移行するように申し出ました。
 これからしばらくは笛に絞ります。
・以前から心の脇で気にとめていた「ある場所」を訪れる決心をしました。
 近いうちに、その地を訪ねる旅に出ます。

これらの判断をしたことで、私の中のもやもやが随分と晴れてきました。


ところで、24・25日の「愛農かまどワークショップ」は予定通り行います。
初回ということで、勉強と試行錯誤の会となるでしょうが、
参加される皆さんと一緒に考え、築いていければと願っています。
よろしくお願いします。

そしてもう一つ、大事なお知らせがあります。
「もりのいえ」の大ヒット商品、「紫いものスコーンパン」は、
まもなく今シーズンの製造を終了します。
では。



地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤GW特別企画!視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便


今日、島本夫妻がお別れのためにうちに寄ってくれました。
今回の一連のイベント成功を喜んだ後、
了愛さんがおもむろに切り出しました。

「実は今回のイベントを通して、masanについて感じたことがあるのだけれど、
もし、話を聞きたいようだったらお話しますが、どうします?」

そこまで言われて断る筋はないですよね。
「是非お願いします。」と応えました。

かみさんも同席しての、私へのコンサルテーションが突如始まりました。
その内容の奥深かったこと!
私は昨日、「吹っ切れた!」と書きましたが、まだまだでした。

とても厳しく、そしてとても愛に溢れた指摘をいただきました。
もう、おっしゃる通り!
そして、今まさに私の新しい人生への歩みが始まりました。
それはかみさんと共に歩む道筋でもあります。

今日を含めての一連の内容を整理するのに、しばらくはかかるかと思います。
ということで、更新はしばしお待ちを!


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤GW特別企画!視力回復合宿・子連れ専用コースはこちらへ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便


ついに島本夫妻の加子母ツアーが終了しました。
今回、大勢の方々が参加してくれたことに、心から感謝します。
そして私自身がその幾つかに参加したことで、実に大きなものを得ました。

その内容を心待ちにしている人は多いと思いますが、
今回ばかりは事前に島本さんと擦り合わせをしてから
公表することにしていますので、しばしお待ち下さい。
私自身が頭の整理をする時間も欲しいですし。

ただ言えることは、「凄かった!」
昨年末の感情解放プログラムを皮切りに、
今回の個人カウンセリング、お金の講習会、
そして今日のアドバンスコースを経て、
ようやく私は吹っ切れました。そして私は変わります。

正直言って、以前の了愛さんを知っているだけに、
つい友達感覚で接してしまいがちですが、
今回のツアーを通して、尊敬できるようになりました。
彼女の何が凄いかって、ゆるぎないことです。

生きる上で、あなたはゆるぎないですか?
自信を持って「はい!」と言える人は少ないと思います。
今回、私は彼女を見て、それを感じました。
そして私もそうありたいと願いました。

そして、幾つかのある決心をしました。
それはこれまでの私の固定概念を破るものでもありました。
今年の抱負「固定概念を破る」時がやってきたのです。

それは何か?
一体何が起きたのか?
遠からず発表しますので、お楽しみに。
ともかく、今回の企画を組めたこと、スタッフが見事に役割を果たしてくれたこと、
みんなの協力を得られたこと、そして多くの参加をいただき、
みなさんの満足そうな顔と、私自身の大きな転換を見られたことに、
心から感謝します。ありがとうございました!
先日お知らせした、「子連れ視力回復合宿」ですが、
参加ご希望の方からリクエストがあり、少々スケジュールが変わりました。
【5月2~4日コース (以下、Aコース)】と、
【5月3~5日コース (以下、Bコース)】の
二本立てでやることになったのです。

こういうリクエストにすぐ対応してくれる、けんちゃんに敬服です。
以下、変更後のスケジュールをお知らせします。

GW特別企画! 
子連れ視力回復合宿!!(修正版)

5月2日(Aコース初日)
13:00 もりのいえに集合
   (昼食を希望する方は、事前にお申し込みください。)
    オリエンテーションの後、個人施術を実施
    個人施術を受けない人は、基本的な回復方法を伝授後、周りを散策しながら自習
この日はこのまま、「もりのいえ」にてプログラム実施
宿泊は「もりのいえ」


5月3日(Aコース二日目、Bコース初日)
10:00 「ふれあいのやかた かしも」に集合。合同開講。
夕方、「もりのいえ」に移動、食事後は「もりのいえ」にてプログラム実施
宿泊は「もりのいえ」


5月4日(Aコース三日目、Bコース二日目)
9:00~ 「ふれあいのやかた かしも」にてプログラム実施
16:00  Aコース終了、解散。Bコースは「もりのいえ」に移動
宿泊は「もりのいえ」


5月5日(Bコース三日目)
朝から「もりのいえ」にて個人施術を実施
個人施術を受けない人は、周りを散策して自習
14:00 Bコース終了

上のスケジュールを見てお分かりのように、
講習は主に3日・4日に合同で行います。
ですから、「3日・4日のみ参加」ということもできます。
ただし、参加費は変わりませんのでご了解ください。

ということで、変則バージョンとなりましたが、
子連れで参加できるまたとない機会ですので、
是非ご検討ください。
ちなみに、最大定員まであと二人です。


【参加費】合宿参加費:25,000円
     食事付き宿泊費:大人12,000円
  小学生以上7,000円
        3歳から6歳5,000円
             2歳3,000円
             2歳未満無料
     会場使用料:参加者一人あたり1,500円
     合宿中の託児料(保険代込み):4歳以上5,000円、4歳未満8,000円
【定員】参加者8名

*個人セッション希望者は、別途5,000円
 個人セッション受付予定日:5月1日(土)・2日(日)・4日(祝)・5(祝)

【お申込方法】
必要事項をご記入の上、『もりのいえ』まで
メール・電話・FAXでお申し込みください。
お申し込み後、けんちゃんから、詳しい参加案内を送付します。

お申し込み記入事項
・氏名
・メールアドレス
・電話番号
・住所 〒
・性別
・現在の視力
・視力低下の経緯
・個人セッションの希望 (  )  希望の方は( )内に○をしてください。

けんちゃんからのメッセージ
今回の合宿、もちろん男性も参加大歓迎です。
(前回のブログでは、ママさんメインの合宿のように受け取られる表現でしたが、)
実際、現在のところ2名、パパ達の参加が決まっています。

今回は、基本の視力回復プログラムに加えて、次の特別プログラムも用意しています。
・性エネルギーを活性化して、視力を回復する方法
・そのための、意外な生活習慣とは?
・アルコールを使って視力回復する簡単な方法とは?
・夫婦関係や親子関係で視力が変わる!?
・こどもの視力低下の意外な原因とは?

パパもママも、
自然豊かなもりのいえで過ごす3日間は、
参加者の皆さんにとって、
人生を変える一つのきっかけになると思います。
あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

整体師 佐々木謙一




実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

今日、島本了愛さんの個人カウンセリングを受けました。
他の方々がドキドキしながらやって来られるのですが、
私は全体の段取りを組む方に意識が向かっていて、
構えることなく、2分前に会場へ。

して、受けた感想は?

素晴らしかったです!

今まで生きてきた中で、
ずっと最大の課題だったことの答えを知る大きなきっかけを得ました。
たった1時間でここまで導いてくれる了愛さん。
貴女はすごい!

で、何が素晴らしかったのか?何がすごいのか?
今日、私が自宅に戻ってから、
その場にいたスタッフやお客さんには一通りお話ししました。
みんな、どう感じたかな?

その内容は、これからじっくりと文章にしていきます。
それをどれくらいブログでアップするかは、了愛さんと相談した上で考えます。
ただ言えること。
これからの生き方が見えてきました。
了愛さん、ありがとう。


さて、17日の講演会ですが、約50名ほどの集いになりそうです。
重ねてお伝えしますが、どうか早めにお越し下さい。
そして、ランチと託児の予約は本日21時をもって締め切らせていただきました。
沢山のご予約、ありがとうございました。

感動の講演会はもうすぐです!
人生を変えるチャンスです!
お申し込みはまだ間に合いますよ!

島本了愛さんの講演会【第一部】
『二つの法則を使おう!』
<解説>
第一部では島本了愛さんの著書
『ココロを開くアイコトバ LOVEYES PEACE』に基づき、
自分の人生を思うままに、しあわせを現実化していく方法をお話ししていただきます。
了愛さんはこの世界に存在する2つの法則について、
そしてそれらを実際に使うやり方を、
誰にでも出来るように本当にわかりやすく伝えてくれます。
全ての基本となるシンプルで奥の深い、何度聞いても気づきがあるお話です。
<日時>
4月17日(土)10:00~12:00 
<会場>
「ふれあいのやかた かしも」2階和室

昼食会&参加者同士の懇親会
<日時>
4月17日(土)12:00~15:00 
<会場>
「ふれあいのやかた 加子母」食堂
<昼食代>
1,500円(要予約、締め切りました。)
友人の料理研究家・いちごさんによる調理です。
いちごさんはいろんな料理教室の講師をしている方です。
*会場にお弁当を持ち込んでいただいても結構です。
 その際の参加費は特に必要ありません。

講演会第二部
『お金、豊かさの法則』
<解説>
第二部ではお金をテーマに、
永続的な豊かさの中で生きるために何をすればいいか。
お金って何だろう。お金は本当に深いテーマです。
お金と向き合うことで見えてくる自分。驚きと感動のお話です。

<日時>
4月17日(土)15:30~17:30 
<会場>
中津川北商工会加子母支部

<参加費>
第一部と第二部の1日通しのみで7,000円です。
例えば「第二部のみ」といった分割はしません。

*講演会会場への子供の出入りは原則不可とさせていただきます。
 各回とも「ふれあいのやかた かしも」の一階食堂で託児を受け付けます。
 託児代:4歳未満2,000円、4歳以上1,200円
 (託児の予約は締め切りました。)

<参加資格>
第二部に参加できるのは、17日の第一部、
あるいはこれまでに同様の講演会に参加した人です。


重ねてご連絡です。

駐車スペースが無い場合は、隣の福崎公園か、
橋を戻って「中津川北商工会加子母支部」の駐車場、
あるいは道を渡って「道の駅加子母」の第二駐車場をご利用ください。
そして9:55には全員着席していただきますよう、お願いします。

また、17日【第一部】の会場である「ふれあいのやかた かしも」に、
バスで来られる方へご案内します。
8:30中津川駅発の「加子母総合事務所行き」に乗り、
「加子母福崎公園」で下車してください。9:30頃に着くはずです。

バス停を降りると、目の前の建物は午後の【第二部】の会場となる
「中津川北商工会加子母支部」です。
【第一部】の会場は、その建物の左脇の道を進み、橋を渡ってすぐ左手となります。
バス停からは徒歩2分です。
終点の「加子母総合事務所」まで乗らないよう、くれぐれもご注意ください。



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

14日はイベントの無い日でした。
昨年末に8日連続でイベントをこなした島本夫妻が、
その後かなり疲れたということで、
今回は間に休息日を入れたのです。

で、私たちはどうするか?
イベントが無くてもやることは山ほどあります。
メールへの返信や、イベント会場の掃除、田畑の仕事、
愛農かまどワークショップの準備、知足ハウスづくり、・・・

でもその全てを横に置いて、私たちはアフリカンダンスに向かいました。
かみさんが今年から参加している集まりに、
ウーファーともども参加することにしたのです。

朝、朝食時に皆に説明します。
「これは決して強制ではないけれど、今日の予定を発表します。
まず、アフリカンダンスの練習会に参加して、
お昼は『パンブティック・ピエニュ』でパンを買い、
どこか公園を見つけてランチ。
その後、島本了愛さんの個人カウンセリング会場を掃除して、
下呂の温泉に行きます。行きたい人は?」

これで断る人はいないよね。
体調がすぐれないれいこちゃん以外は、全員参加しました。
風邪気味でずっと寝込んでいるナツも、
「どうしても行く!」という顔をしています。

ということで、朝からいそいそと準備をして、会場に向かいました。
着くと、子連れのお母さんたちばかり。
この練習会はそういう会だったのですね。
そこに「もりのいえ一座」がどっとなだれ込んだという風情です。
1アフリカンダンスに集まった

主催者のたけちゃんこと竹内利彦さんは、見るからに人柄の良さそうな人です。
笑顔が自然体でいいですね。
いきなり場が和みます。
2たけちゃん

「風邪をひいているので、私は見ているだけにする。」と言っていたナツは、
結局たけちゃんに引き込まれ、ジャンベをずっと叩いていました。
かなり楽しそう。
3叩くナツ

結局、「もりのいえ一座」がジャンベを叩くことになりました。
ダンスが始まると、交代で抜けて参加です。
4もりのいえドラム隊

最初は絵本の読み聞かせから。
それをジャンベのBGMに合わせてやるのが新鮮でした。

「では、ウォーミングアップをしましょう!」
という声に合わせて、最初はヨガ風の体操から開始です。
それもたけちゃんのジャンベに合わせてですので、陽気です。
最初は簡単だったけれど、途中からかなりハイペースになりました。

そんな中、ロバートが意外な面を発揮し出しました。
最初は「僕は踊りは苦手だから。」なんて言っていたのに、
いざ始まると結構ノリノリです。
この図で、右から二番目がロバート。
ノリ加減が伝わるでしょ?
5踊るロバート後ろ姿

こうなるとシャッターが追いつきません。
彼のノリの良さが、全体の場をとても和ませました。
そして普段はもの静かなロバートの新しい面を発見しました。
実際のところ、この日は夜までハイテンションだったロバート。
良かったね。そんな姿を見られて、私もとても嬉しいです。
6踊るロバート見えない

アフリカンダンス、とっても楽しかったです。
これは結構はまるね。
これからもかみさんと一緒に参加することになるでしょう。

と、とても楽しい時が過ぎ、たけちゃんとも再会を約束して、
みんなウキウキで会場を去りました。
そして予定通り、『パンブティック・ピエニュ』で大量にパンを購入。
ここのパンはどれを買っても安心、美味しいです。
特に外国人には絶賛されますね。

それを持ってどこにいこうか?
『パンブティック・ピエニュ』のオーナーさんに教えられて、
中津川の工業団地にある「中津川公園」でランチを取りました。
開放的な場で、陽がサンサンとさし、美味しいパンをほおばって、
とても幸せなランチです。

U太は公園のスライダーに夢中です。
食後は大人達も混じって遊び、まさにピクニック気分です。
そして全員で「ヤーッ!」
7丘でヤー!

その後は予定通りに掃除を済ませます。
みんなウキウキしているので、とても動きが良いです。
あっという間に掃除を終えて、いざ温泉へ!

下呂温泉で気持ち良く汗を流し、
夕食は『パンブティック・ピエニュ』のパンと、サラダと、チーズと、
自ビールとワインです。
外国人ウーファー達は大喜び!
皆の楽し気な姿を見て、私もとても幸せな気分になりました。

特に大きく変わったのが、かみさんです。
宝石講習会で変化を見せ始めたかみさんでしたが、
今回のアフリカンダンスで何かがふっ切れたかのように、私には映りました。
顔の表情も身体も軽く、全体的に若返ってかわいらしくなりました。
宝石とアフリカンダンスの組み合わせが効いたのかな?
何はともあれ、かみさんが輝く姿を見るのは、私の最高の喜びです。

「毎日こんなことして、こんな気分で過ごせたら、楽しい人生だよなぁ。」
心からそう思います。
でも現実には今日はお金を使うばかりで、収入はありません。
それで暮らしは成り立つのか? 

世間一般の発想では成り立つ訳がありません。
経営コンサルタントをしている私としては、
このパターンを続けるのは自殺行為でしかありません。

でも、「実はこれってあるのかな?」という気分になってきました。
ローンの返済も、年金や健康保険や税金の支払いも気にやまずに、
「家計を気にせずに、今やりたいことをやる」ことで、
実は食っていけるのでは?

今日は島本了愛さんの個人カウンセリングを受けます。
その前日にこんな一日を過ごし、こんな気分になったのも、予兆かな?
実に楽しみなことです。


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

島本ご夫妻・加子母ツアー開催中!
どのコースも時間厳守でお願いします!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

約2週間、「もりのいえ」に滞在してくれた、じゅんくんが去って行きました。
この期間は実に変化に富んだ出来事が続いていたので、
じゅんくん、さぞかし大いに刺激を受けてもらえたものだと思います。
この先、彼が何をどうやって築いていくのか、楽しみです。
ありがとうね、じゅんくん。
1じゅんくん、ありがとう

そして新たにえみちゃんが富山から来てくれました。
昨年の島本さん講習会、そして地球暦ワークショップに参加してくれて、
今回はスタッフとしての参画です。
ヨロシクね。
2新体制

12日はかみさんの誕生日でした。
事前から綿密に(?)計画を練っていたスタッフたち。
心のこもった手づくりのバースデー・ディナーを作ってくれました。
寄せ書きもプレゼントされ、大勢の仲間から祝福されて良かったね。
今、「もりのいえ」は愛に溢れています。
3かみさんバースデーディナー

そして12・13日は、島本了愛さんによる宝石講習会が開かれました。
プログラムの内容から、「10名程度が集まってくれたらいいね。」と話していたら、
私たちを除いて本当に10名ずつが集いました。まさにドンピシャです。
4宝石講習会

その内容を詳しく公開できないのが残念ですが、
ともかく宝石に対する価値観が大きく変わったことは確かです。
了愛さんのブログにあった文章を読んではいたけれど、
実際に話を聴いて、多くの本物に触れることで、感覚的に理解できました。

「宝石は高い」
「高いは贅沢」
「贅沢は自分と釣り合わない」
そう考える人がほとんどでしょうね。
私もそうでした。

「自分が自分に対して思っているイメージや価値が、現実を引き寄せるのよ。
 あなたは1000円アクセサリーの価値のままでいいの?」
「物質的なものを否定してはいけません。」
「石も生きているのです。労ってあげましょう。」
「自分のバイブレーションに合う石と出逢った時、何故それを持たないの?」
「もう今や『癒し』では済まない時代に入ったの。本気で臨まないとね。」
・・・

了愛さんのセリフに心を動かされた人は多かったと思います。
そして、石固有のバイブレーションと、
自分のエネルギーレベルの共振を大切にする了愛さんは、
自分の成長に合わせて石を換えていき、
それまで傍にいた石は、惜しげもなく他人に差し上げるか、
あるいは購入した店に無料で返却するそうです。

その話を聞いて驚きの声を上げた参加者たち。
「何がおかしいの?
 着なくなった服を、次にそれを求める人に差し上げるのと同じでしょ?」
なるほど。その通りだ。まさに「ギブ&ギブン」の発想です。

万物は流転する。宝石といえども、今、私が預かっているだけで、
「所有」なんてものはほんの一瞬のできごとなのだから。
むしろ手放すことで、より大きなものを得られるはずですからね。

いろいろ目を見開かされた講習会でしたが、こんな面白い趣向もありました。
「バイオパルサー」と呼ぶ機械で、
参加者一人一人の振動を測定してもらったのです。
ちなみにこれが12日のかみさんの状態。
色がぼやけて、かなり「振動数が粗い」状態だとのこと。
5理恵20100412最初

それが、片方の手に「パライバトルマリン」を置いたところ、
こんなに鮮やかな色になりました。
6理恵20100412パライバトルマリン

翌日の13日にはより良い状態になりました。
7理恵20100413

私は下半身はとても良い状態らしいですが、
物質的な面にとらわれているそうです。
例えばお金とか、仕事とか。
そうか、随分執着しなくなりましたが、それでもまだまだなんだな。
8masan20100413.jpg


また、参加者が持ち寄った宝石や石を浄化する方法も教えていただきました。
素人目にも変化が分かって面白いものです。

私は知りませんでしたが、
ルース(裸石)をじっくりと見たり触らせてくれる店は少ないんですってね。
その点、「ベルエトワール」さんはじっくりと見させてもらえるそうです。

今回いろいろ見た中で、私は「ロイヤルブルームーンストーン」に惹かれました。
今後、私も自分に合う石に出逢えるかもしれません。
いや出逢えるような気がしています。

さて、そこで仮にそれを手に入れたとして、
私はどうやって身につけましょうかね。
作務衣姿でいきなり指輪やネックレスを私が身に着け出したら、
きっと周りは驚くだろうな。
ま、それはコトの流れに任せましょう。

ということで、とても有意義な講習会が終了しました。
参加者はみんな、満足気です。
「もりのいえ」特製の
ストロベリー・マフィン&ストロベリークッキー付きだったしね。
(写真を撮り損ねた!)
これで500円は超超お買い得だったかと思います。

12・13日は、島本和典さんによる、人気の感情解放プログラムも行われました。
私は参加者の送迎をしているので、
みなさんの「ビフォー・アフター」を見ることができます。
アフターに、本当にみなさんがスッキリと満足気な顔をしているのを見て、
ますますこのプログラムへの信頼感が増しています。
参加できた皆さん、本当に良かったね!

さて、14日本日はプログラムがなく、15日から再開です。
全てのプログラムに共通することですが、時間厳守でお願いします。
特に17日の講習会は大勢の方が来られますので、
お早めにお越しいただき、受け付けを終了されることをお勧めします。
託児をされる方は尚更早めにお越し下さい。

駐車スペースが無い場合は、隣の福崎公園か、
橋を戻って「中津川北商工会加子母支部」の駐車場、
あるいは道を渡って「道の駅加子母」の第二駐車場をご利用ください。
そして9:55には全員着席していただきますよう、お願いします。

また、17日【第一部】の会場である「ふれあいのやかた かしも」に、
バスで来られる方へご案内します。
8:30中津川駅発の「加子母総合事務所行き」に乗り、
「加子母福崎公園」で下車してください。9:30頃に着くはずです。

バス停を降りると、目の前の建物は午後の【第二部】の会場となる
「中津川北商工会加子母支部」です。
【第一部】の会場は、その建物の左脇の道を進み、橋を渡ってすぐ左手となります。
バス停からは徒歩2分です。
終点の「加子母総合事務所」まで乗らないよう、くれぐれもご注意ください。

皆さんのご協力をお願いします。
そして共に楽しみ、学び、感動し、シェアし合いましょう!


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

島本ご夫妻・加子母ツアー開催中!
どのコースも時間厳守でお願いします!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

先日、宿泊してくれた「ちょこーる」のあやめさんが、
ブログで素敵に紹介してくれました。
ありがとう!

他にも大勢の方々からいろいろ紹介やメールをいただいており、
感謝、感謝です。
ナウシカもやっぱりいいね。
思わずDVDを買いました。
これで、ジブリものは6個揃いました。
託児の時に大きな助けになるはず。

昨日、宝石講習会と、感情解放プログラム。
無事に成功のうちにスタートしました。
参加された皆さんがどなたも満足気な顔をしているのを見て、
心から嬉しく思います。

今日も昨日と同じプログラムです。
私が宝石講習会に参加します。
う~ん。楽しみ!
2010.04.12 心を洗う
今、身の回りで起きている素晴らしい出来事を書きたいのはやまやまなれど、
ともかく今はこれを聴いてこころを和ませています。
よろしかったらご一緒にどうぞ。
2010.04.11 春、満喫中!
ここ数日、告知系の話題が続いていました。
その間、「もりのいえ」で何も起こらずに時が過ぎていたはずがありません。
もう、ずっとGW状態です!

その経緯を、少し遡ってごく簡単に残しておきましょう。

【3月31日】
イギリス人ウーファー・ロバートがやってきました。
前日に中部国際空港に降り立ち、その日は名古屋に宿泊。
翌日やってきて、「もりのいえ」にて2ヶ月滞在の希望です。

「うちの後はどこに行くの?」と訪ねると、
「そのままイギリスに帰国します。」とのこと。
ええ~!
すると、19歳のロバートにとり、「もりのいえ」が日本となるのです。

「せっかくだから、他のところも行っていいんだよ。観光したっていいし。」
と促しても、
「いいえ、ここの暮らしがいいから、ここにいさせて下さい。」とのこと。
ならばどうぞ思う存分ここで過ごしていらっしゃい。

性格が良くて温厚で、真面目で働き者のロバート。
子供たちもすっかり馴染んでいます。
ロバートと子供たち


同じ日、じゅんくんがやってきました。
そのいきさつはこちらを読んでいただくとして、とにかく来てくれて助かりました。
働き者だし、段取りがいいし、何に対しても前向きです。
引っ越し屋さんで働いていたそうで、なるほどと納得。
きっと君なりの素晴らしいゲストハウスができるよ。
楽しみにしています。
家の大掃除をしてくれている二人。
大掃除中の二人


【4月4日】
三人目の滞在スタッフ・れいこちゃんが来てくれました。
来る前から熱烈なメッセージを送ってくれていた、れいこちゃん。
朗らかで働き者です。

彼女が一段とポイントを上げたのは、消しゴムはんこづくりが得意なことです。
図柄が得意なかみさんに比べて、彼女はロゴ(字体)が得意です。
で、何と!私たちの名刺を作ってくれることになりました。
素晴らしい!
どうなるか、期待マンマンです。

その日、突然の宿泊客。熊本からOさん一家が来られました。
岡山の「わら」の船越さんからの紹介です。
そのいきさつを、彼らからのお話で再現すると、

船越さん「この後、どこに行くんだい?」
Oさん「長野の『大地』という幼稚園で一ヶ月暮らします。」
「今夜はどうする?」
「長野に向かう途中で、どこか探します。」
「ならば岐阜の『もりのいえ』に泊まりなさい。君たちにとって参考となるはずだ。」

ありがたいですね。船越さんがそんな風に私たちを見てくれているなんて。
そう言えば、安曇野地球宿で会った若者も、
船越さんから「もりのいえ」のことを知らされていました。

こうしてやってきたOさん一家。
とても一泊では語り尽くせない、良い出会いとなりました。
きっとまた逢えるでしょう。
その時はまたじっくりとお話しましょうね。
Oさんたち


【4月5日】
4人目のウーファー・さきちゃんがやってきました。
3月に来る予定でしたが、家庭の事情でキャンセル。
でも諦め切れずに「どうしても『もりのいえ』に行きたいです!」
と熱いメッッセージを送ってきてくれて、晴れて到着となりました。

川口由一さんの赤目塾や、その他も自然農の研修に参加しているので、
基礎知識はあります。その点、話がスムーズに伝わります。
ただ彼女にとって難関が一つ。
この後登場する外国人ウーファーがやってきたことで、
「もりのいえ」の公用語が半分英語になったのです。

「私、英語が苦手で・・・」と戸惑うさきちゃん。
私もできるだけバイリンガルで会話するように努力していますが、
どうしても英語だけで会話がどんどん進んでしまうことがあり、
そういう時は辛い思いをさせています。
頑張れ!さきちゃん。タダで英会話の勉強ができるチャンスだよ。
滞在延長も希望してきているので、どうぞ好きなだけ滞在していらっしゃい!

そしてやってきたフランス人カップル・ニコラスとナタリーです。
愛称はニコ&ナツ。私はこちらで呼んでいます。
ジャーナリストで、何事にも熱心で陽気な働き者の二人。
彼らが加わったことで、滞在者は6名となりました。

これで、実に賑やかな家族になってきました。
そして、みんな仲良しで、とても良い雰囲気です。
こういう場が育ってきたことが嬉しいです。

【4月6日】
二ヶ月程前に起こした事故の結果、
自動車学校で一日の講習を受けることになりました。
この話をじっくり書きたいところだけれど、一つだけエピソードをご紹介。

この講習、午前は講義で、午後は「奉仕活動3時間」となっていました。
街の清掃などをするらしいです。
この時期は丁度「春の交通安全週間」でした。
午前の講義中でも、「午後はシートベルト着用を促す活動をしてもらいます。」
と聞かされていたので、何をするのか、実は期待していました。

「スーパーの駐車場でビラを配ったり、信号待ちの車に着用を促すのかな?」
そんな期待を見事に裏切った、その「活動」とは?

私を含めて十名ほどの参加者は、
マイクロバスに乗せられて、町中の国道沿いで降ろされました。
そこで「交通安全」や「シートベルト着用」ののぼりを渡された私たち。
国道沿いに並んで、ただ立つことを指示されたのです。それも30分だけ。

「たったそれだけ?」
さすがにどの参加者も首をかしげました。
これって奉仕活動なの?
いやもう、笑っちゃいました。
多治見の国道沿いで、こういう集団を見かけたら、そういうことです。
交通安全のぼり


この日、3日の円徳寺イベントを企画した、メルチさん一家が泊まりに来てくれました。
メルチさん一家

そもそも、奥さんのあやめさんが、
行く先々で「もりのいえのりえさんに雰囲気が似ているね。」と言われていたらしく、
そんなご縁で私たちのことを知ってくれていました。

やがてイベントで逢うようになり、先日のイベントにも呼ばれて、
今回のお越しとなりました。

いろいろ書きたいネタはあれど、ともかくご案内したいのが、
あやめさんが仕入れて染めている「がらぼう」のフンドシです。
はっきり言って、今、私は「マイ・ファースト褌はがらぼうで!」とお勧めしています。
すんごくいい!

近々ネットショップでもアップしますので、お楽しみに。
ともかく、褌を抱いてにっこりの、あやめさんです。
褌娘」


【4月7日】
私たちが暮らす「二渡(ふたわたり)区」の評議委員会が開かれました。
私は今年度、二渡区2班の班長です。
そして、二渡区の庶務を仰せつかることになりました。

庶務は何をするのか?
「会議の議事録をつけるだけだから。」と聞かされていたのですが、大違い。

会議の式次第の作成。
そして、この18日に開かれる「総会」の資料を作成することになっておりました。
この総会は、言わば地区の「国会」のようなものです。

この資料、本来は区長が作成するはずなのですが、何と区長が骨折して動けなくなりました。
大切な会議には出てこられますが、会計さんともども、「パソコンが苦手で・・・」

ということで、結局皆さんの視線が私に集まり、
あらゆる資料を私が作成することとなりました。
この日の評議委員会は、国会に向けての議題の確認作業です。

ま、あれこれ書きませんが、一昨日に夜中の3時までかけて資料を一旦作成しました。
これから確認と修正作業、印刷を経て、国会に臨みます。
さてさて、この先一体どうなりますやら。

それと特筆すべきは、この日の夕食でした。
ナツが焼いてくれたタルトがとても美味しく、しかも大量だったのです。
いやはや、このボリュームにはびっくり!
ナツのタルト


【4月8日】
午前中、念願の作業をしました。
納屋の片付けをしたのです。
ここには、「愛農かまど第一号」を設置します。
そうです。ここが24・25日の「愛農かまどワークショップ」の舞台なのです。
納屋の外観ビフォー

でも見ての通り、周りには廃材が積まれていました。
しかも中はものすごい量のものたち!
納屋の中ビフォー

これを片付けていったのです。
最初は誰もが頭クラクラ状態でしたよ。
それでもこれだけ人数が揃っていると、何でもできるんですね。
あっと言う間に中が片付きました。
すると、ポットントイレの貯め槽が登場しました。
これって、「室」として使えるかも。
ポットン貯め

そして、壁を壊します。
壁を崩す

土壁を剥がすと、見事な木の組が出てきました。
これを残すかどうか苦慮しましたが、この壁は外すことにしました。
土壁の中

この土は残しておいて、「知足ハウス」の土壁として再生する予定です。
土壁を残すことに

やがて最後の片付けも終わり、
壁を取り除いた

俺たちはやったぜ!
見事にあっと言う間に納屋が片付きました。
これで愛農かまどワークショップを開く目処がつきました。
俺たちはやったぜ


話は変わって、
フランス人カップルがやってくる前に、ニコからメールを受けていました。
「実は8日がナツの誕生日なんだけれど、何かお祝いを企画してくれませんか?

「ようし、承知した!」
そこで、この日の午後は二人を私が連れ出し、
その間に、他のメンバーでバースデー・パーティーの準備です。

一方、私たちは知人のBDF(バイオディーゼル燃料)工場を見学し、
下呂温泉で疲れを取って、夕方に帰宅。
ナツが家に入った途端に、皆で祝福して、レイを首にかけ、歌を歌いました。
感激な様子のナツ。

そして食事はベジタリアン手巻き寿司でした。
すんごく美味しかった!
誕生日手巻き寿司

さらに! かみさんが二つもケーキを焼いておりました。
このバラの花びらのようなものは何だと思います?
誕生日ケーキ

リンゴなのでした。これがまたすごく美味しかった!
誕生日ケーキカット

皆から寄せ書きが贈られ、
れいこちゃんからは「菜多里」と掘られた消しゴムはんこが贈られ、感激のナツ。
良かったね。そしてありがとう。
貴女がこのタイミングで「もりのいえ」に来てくれたから、
私たちもとてもハッピーな時を過ごせました。
感激のナツ


【4月9日】
れいこちゃんは、友達の結婚式に出席するため、一時出ていきました。
そして残ったメンバーは手分けして様々な仕事をしました。
じゅんくんとさきちゃんは、稲の苗床を自然農スタイルで作ってくれました。
苗床づくり初体験

おっかなびっくりだったけれど、「私たちは作ったぞ!」
苗床できた~!

ロバートは私と一緒に薪材を運んできて、薪切りをしてくれました。
本当に黙々と働く好青年です。
ロバート薪を切る

ナツは疲れが出てきたので、一日休んでもらいました。
「もりのいえ」に来るウーファー達の半数近くは、
やって来てすぐに体調を崩すことが多いです。

花粉症で苦労する人などもいますが、
私が眺めるに、あまりに環境が激変して、また新しい知識が入ってきて、
心と身体がビックリしているようです。
だから、大抵はデトックス(排毒)だと理解して、
ともかくゆったりと休んでもらうことにしています。

本人は「せっかくここにやってきて、役に立てなくてすいません。」と、
申し訳なく感じることもあるでしょうが、私はこう答えます。
「あなたが布団で横になって、穏やかな気持ちで休んでくれたら、
それだけであなたは周りに愛をばらまいているようなものなんだ。
だから、今ここにいてくれるだけで、あなたが存在している意味があるのだよ。」

ニコはナツの分まで働こうと熱心です。
フォトグラファーでもあるニコは、ネットショップ用の商品撮影をしてくれています。
そして風呂焚きにも熱心です。
皆のおかげで風呂の薪(小割)はどんどん貯まってきました。
風呂を沸かすニコ


【4月10日】
数日前では曇の天気予報でしたが、晴れることが分かったので、
急遽みんなを連れて山菜採りに出掛けることにしました。
ニリンソウ
カンゾウ
ノビル
ヨモギ

その他、天ぷら材を幾つかゲットして、昼食や夕食でいただきました。
「こんな食事は日本人でさえ、滅多にお目にかかれないんだよ!」と、
じゅんくんとさきちゃんが外国人ウーファー達に熱弁をふるっていました。
ありがとう。

ものすごく大量に天ぷらを揚げたのに、あっと言う間に無くなってしまいました。
ありがとう。
ところで、山菜採取中に見つけたこのタンポポ。
どなたか名前をご存知ですか?
タンポポの一種?


午後はみんなである建物の大掃除をしました。
11日からやって来る島本さんご夫婦。
彼らが感情解放プログラムなどの会場として使うログハウスを
徹底的に掃除したのです。

かなり丁寧に掃除した後、私が「よし、もう一度床を拭こう!」と言った時、
「何故そこまでするの?」と理解できないといった顔つきの外国人ウーファー達。
その意味の細かいニュアンスまで伝え切れていなかったからね。

「ともかく、最大の愛を込めて掃除を仕上げよう!」と声かけして、
みんなでかなり綺麗に掃除したつもりです。
これで、参加してくれる人たちへの環境は整ったかな?




そして、いよいよ今日、島本さん達がやって来られます。
怒濤の一週間のイベントが始まります。
きっと加子母で最後となるであろう、今回のイベント。
さて、どうなりますか。
実に楽しみです。


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本ご夫妻・加子母ツアー!いよいよ始まります!
どのコースも時間厳守でお願いします!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

先月、山梨は白州のわたなべさん宅を訪問した時のことです。
「masan、スナメリバッチを少し預かってくれませんか?」と依頼されました。
スナメリバッチとは?

スナメリが暮らすような素晴らしい環境を持つ、山口県上関町祝島で、
中国電力が原子力発電所を建てようとしています。
そしてそれに反対する住民や有志の人々が
建設中止を訴える活動をしていることはご存知ですか?
鎌仲監督の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の舞台でもあります。

そんな最中、中国電力が、阻止活動を続ける人々を相手に訴訟を起こしたそうです。
彼らにはそれに対応できるような資金はありません。

そこで、有志の方々が「スナメリバッチ」なるものを作りました。
そして、それを一個500円で販売し、全額を
「虹のカヤック隊」と「祝島島民の会」に寄付することにしました。
そのスナメリバッチがこれです。
(はださん、勝手ながら画像いただきました。)
img_926018_23499448_1.jpg

そのスナメリバッチを広く知ってもらおうと、わたなべさんが取り寄せたのですが、
ちょっとした行き違いで、お願いしたよりも多くのバッチが届いたとのこと。

「その一部をmasanが受け持ってもらえませんか?」という依頼だったのです。
「はい、喜んで!」と30個を預かりました。
でもこれをどうやって広めていくか?

地球宿でのワークショップの帰りに泊めさせていただいた「なかや」で、
ときさんにこの話題を出しました。

すると、ときさん。はっとしたような顔つきになりました。
「実はこのスナメリバッチのことは以前から気になっていて、
僕も参画しようと意識はしていたんだけれど、
なかなかきっかけがつかめなかったんだ。
でもこうやって目の前にスナメリバッチがやってきたということは、
『これに関われ!』ということなんだね。」と、二つ返事で了解してくれました。
そして、私が預かった30個のうち、半分の15個を受け取ってくれました。

その気概が嬉しくて、残り15個を持って別れた私。
次に、視力回復の整体師・けんちゃんと会った時にも、
スナメリバッチの話題を出しました。
「一つ買ってもらえないかな?」

するとけんちゃん。「もっとないの?」
「あるけど?」
「じゃあ、10個買います。」
その場で10個買い取ってくれました。

ということで、私の手元には5個だけが残りました。
もちろん私も自分で付けたので、残り4個です。

さて、このスナメリバッチ。
これから「もりのいえ」は積極的に告知していきますが、
その際に、説明資料的なものがあると、伝言ゲームにならずに済みます。
何かないかと思案していたら、
わたなべさんから幾つかの情報が届きました。

まずはメッセージシートです。その内容を転載します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■七色のカヌーとスナメリ■

瀬戸内海にいま、「原子力発電所」が作られようとしています。

山口県上関町祝島漁協のおばちゃんおじちゃんたちは、なんと28年も前から、
中国電力による漁業補償金の受け取りも拒否して阻止し続けてくれています。
それは、ただ今の自分の生活を守るためではなく
未来の自分たち子孫のために豊かな海を守りたい、
という願いからだといいます。
海はつながっています。そして、空も。そして人もすべての生き物も。
そのつながりを、その願いを、バッジに込めました。
シーカヤックで海に出て、圧倒的な力にくじけそうになったとき
海面に現れたスナメリの姿や美しい海の景色に何度も癒されました。
私たち1人1人の生き方が未来を決めます。
どうか、自分たちの子孫のために豊かな海を守るためにお力をお貸しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

これは販売する際のポップ記事です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

●スナメリくじらのピンバッチ●
ひとつ、500円 ~

非暴力をモットーに上関原発の反対運動を行なっている
「虹のカヤック隊」と「祝島島民の会」に全額寄付させていただきます。
彼ら彼女らは、中国電力から4790万円の損害を栽培所に提訴されていて
その裁判資金などで困っています。

おつりの方はこの箱の中からお願いします!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

そして最後に、スナメリバッチを製作した、秦(はだ)さんのブログです。
こちらを入り口に、様々な情報が手に入ると思います。
よろしければ、こちらもどうぞ。

ということで、「もりのいえ」でも販売していきますが、
(もちろん、マージンなんていただきません。全額寄付します。)
関心を持っていただいた方は、
秦さんの連絡先に直接問い合わせていただいても良いと思います。
ということで、秦さん、よろしくお願いします。

正直言って、反対するだけが手段だとは私は考えていません。
しかし、現実に負の力が前に進もうとする時、
「今、それを止めなければ、将来に大きな負の遺産が残ってしまう!」
という場面はあります。
その「止める力」に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
今も続々とお申し込みをいただいております、島本ご夫妻による加子母ツアー。
その詳細はこちらをご覧ください。

まず、最初にお断りしておくべきことがあります。
これはあくまでも私たちの予感レベルのお話ですが、
島本さんたちが加子母でこのようなプログラムを実施するのは、
今回が最後になるかも。
ですから尚更、今回のうちに大勢の方に参加してもらいたいと願っています。

そして、現在の状況です。
【4/12(月)、13(火)】
島本了愛さんの宝石講習会
→特に定員は設けておりません。どちらの日も同じくらいの参加者人数です。

【4/15(木)、16(金)】
島本了愛さんの個人カウンセリング
→15日は午後が空いています。
→16日は午前から昼にかけてが空いています。
(このコースがまだ空いているのは奇跡的です。)

【4/12(月)、13(火)、15(木)、16(金)】
島本和典さんの感情解放プログラム
→全てお申し込みで埋まりました。

【4/17(土)】
島本了愛さんの講演会
→昨年末以上の人数の方が集ってくれます。
→既にお申し込みされた方でランチを予約したい方は、
 お早めにご連絡ください。

【4/18(日)】
お金のアドバンスコース
→定員となりました。


それでは宝石講習会について、続報です。
まずは宝石講習会の内容を転載しておきますね。

島本了愛さんの宝石講習会
「宝石と友達になろう!~わたしの可能性を開く宝石の見つけ方~」
了愛さんからメッセージが届いています。

「宝石は、見栄や権力・財力の象徴ではありません。
 もともと宝石の持つエネルギーは、
 一人ひとりの個性や可能性をより開くためのお手伝いをするもの、
 また、合わないエネルギーから自分を守るものであります。
 本来の宝石の持つ素晴らしいエネルギーを見て、触れて、感じて、
 宝石をより身近に感じていただけたらと思います。
 バイオパルサーという生体エネルギーを測定する機械や、
 実際に宝石を使った体験、ヒーリングを通して、
 今まで知らなかった宝石の素晴らしさを感じてみてください。
 わたしは宝石が大好きで、そしていつも助けていただいています。
 もし自分に合う宝石などお知りになりたい方は、
 個人セッションでもカウンセリングいたします。
 宝石の世界を体験してみてくださいね。
 ※ 興味のある方には、素敵な本を差し上げます。(後日郵送しますね☆)」

見栄のためではなく、自分の力となってくれる「マイ宝石」が見つかるといいね。
敢えて書き添えますが、売らんがための陳腐なお話ではありません。
了愛さんの宝石に対する熱い想いは、こちらをご覧下さい。

<日時>
4月12日(定員となりました)、13日(火)
両日とも、10:30~12:30
<会場>
ふれあいのやかた かしも」2階和室
<参加費>
500円
(当初、無料としていましたが、参加費をいただくことにしました。お茶菓子が出ます。)
 託児をご用意します。(有料)

さて、この講習会に参加する人に新たな特典です。
今回、島本了愛さんが、石の浄化法をレクチャーしてくれることになりました。
合わせてリーディングしてくれるかも?
そこで、参加者の方にご案内です。以下のものをご持参ください。

・お気に入りの宝石か石
・お茶碗サイズのガラスの透明なボール(模様の入っていないもの)
・古い歯ブラシ
・タオル

なお、当日宝石類を身につけてくる人も、
それらを外して講習を受けてもらうことになるので、
上の一式は持参してください。

なんだかワクワクだね。



ところで何と言っても、17日の講演会に大勢の方に来てもらいたい私たちです。
ホント、冗談ではなくて、人生が変わるからね。
私たちが証拠です。

昨年に講演会を二度開催し、一緒に受講したことで、大いに意識が変わりました。
特に「お金」に対する気持ちの持ち方が変わったことが大きいです。
お金と愛は表裏一体。
お金を使う時に愛を込めているだろうか?
お金を払って、「ありがとう」と言えるような使い方をしているだろうか?

講演会以来、意識が変わり、行動が変わり、人生も変わりました。
そして、お蔭さまで私たちは「もりのいえ」で生きています。
ありがたいことです。

この喜びをより多くの方とシェアしたいのです。
今からでも間に合います。是非講演会にご参加ください。
ご連絡をお待ちしています!

島本了愛さんの講演会【第一部】
『二つの法則を使おう!』
<解説>
第一部では島本了愛さんの著書
『ココロを開くアイコトバ LOVEYES PEACE』に基づき、
自分の人生を思うままに、しあわせを現実化していく方法をお話ししていただきます。
了愛さんはこの世界に存在する2つの法則について、
そしてそれらを実際に使うやり方を、
誰にでも出来るように本当にわかりやすく伝えてくれます。
全ての基本となるシンプルで奥の深い、何度聞いても気づきがあるお話です。
<日時>
4月17日(土)10:00~12:00 
<会場>
「ふれあいのやかた かしも」2階和室

昼食会&参加者同士の懇親会
<日時>
4月17日(土)12:00~15:00 
<会場>
「ふれあいのやかた 加子母」食堂
<昼食代>
1,500円(要予約)
友人の料理研究家・いちごさんによる調理です。
いちごさんはいろんな料理教室の講師をしている方です。
その食事をいただけるだけで幸せ者ですね。
*会場にお弁当を持ち込んでいただいても結構です。
 その際の参加費は特に必要ありません。

講演会第二部
『お金、豊かさの法則』
<解説>
第二部ではお金をテーマに、
永続的な豊かさの中で生きるために何をすればいいか。
お金って何だろう。お金は本当に深いテーマです。
お金と向き合うことで見えてくる自分。驚きと感動のお話です。

このコース、東京では発表して即、申し込みが殺到し、
今やキャンセル待ち状態だとか。
遠方からの参加もOKですよ!お待ちしています。

<日時>
4月17日(土)15:30~17:30 
<会場>
中津川北商工会加子母支部
<参加費>
第一部と第二部の1日通しのみで7,000円です。
例えば「第二部のみ」といった分割はしません。

*講演会会場への子供の出入りは原則不可とさせていただきます。
 各部とも「ふれあいのやかた かしも」の一階食堂で託児を受け付けます。
 各部の託児代:4歳未満2,000円、4歳以上1,200円(要事前予約)
<参加資格>
第二部に参加できるのは、17日の第一部、
あるいはこれまでに同様の講演会に参加した人です。


最後に改めてのご案内です。
実は私が受けることになっていまして、
個人的には一番ワクワクしているコースです。
島本了愛さんの個人カウンセリング


「あらゆる相談に対して、2つの法則を応用していかに問題を解決するか、
 願いを実現するか、そのためにどうしたらよいのかを
 具体的にカウンセリング&アドバイスするセッションです。
 今回は、宝石を持参しますので、宝石によるセッションや、
 また自分を開くために、あなたに合った宝石をアドバイスもできます。
 相性のよい宝石があった場合、プレゼントもあります。
 ご希望の方は予めお申し出ください。(今回当日の販売はできません。)」

<カウンセリング可能な日時>
4月15日(木)
③15:30~16:30 → こちらの枠は埋まりました。
④17:00~18:00

4月16日(金)
①10:30~11:30
②12:00~13:00

<会場>
「ふれあいのやかた かしも」1階和室
<料金>
1時間33,000円
<お申し込み>
事前にお申し込みください。
まずは「もりのいえ」にて日程調整させていただき、
その後、アイコトバHPより、「加子母個人カウンセリング」と書いて
予約していただき、事前に相談内容をお伝え下さい。
*事前に振り込んでいただきます。(キャンセルは無し。)

ということで、開催が近づいてきました!
再会と感動にワクワクの時が近づいてきました。
そう思えることがありがたいです。

地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本ご夫妻・加子母ツアー!間もなく始まります!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便




感動の学びと回復と出会いを生んだ、前回の視力回復合宿。
今度は、子連れの方対象の視力回復合宿が始まります。

そもそも3月の視力回復合宿を発表した際、
最初に反応してくれたのが、子を持つお母さん達でした。
「是非参加したいのだけれど、子連れでも大丈夫かしら?」
そのような問合せを続けて数件いただきました。

早速けんちゃんに問い合わせたところ、
これまでの経験で、プログラム中にお子さんが入ってくると、
子連れでない方は、人によっては集中力が切れる可能性があるとのこと。

では、どうするか?
けんちゃんと相談した結果、
「子連れ専門の合宿を企画して、託児を設けよう。
子供たちのことで、多少集中力が途切れるかもしれないけれど、
互いに許しあえる雰囲気の中で和気あいあいとした合宿にしたいね。」
という話になりました。

もりのいえも、託児をしてイベント主催、しかも合宿というのははじめてですから、
完璧な託児はできないと思いますが、そのあたりも、
参加者の方にはじめから納得ずくで参加してもらえれば、こちらも安心です。

また、子連れならではの視力低下原因や、
子連れならではの視力回復方法もあるのではないか?
そんないきさつから生まれた企画を発表します。



GW特別企画!
子連れ視力回復合宿

【日程】 2010年5月2(日)~4(祝)2泊3日
【会場】「ふれあいのやかた かしも」(日中)
     「もりのいえ」(夕食後~宿泊~朝食)
【参加費】合宿参加費:25,000円
     食事付き宿泊費:大人12,000円

              小学生以上7,000円
             3歳から6歳5,000円
             2歳3,000円
             2歳未満無料
     会場使用料:参加者一人あたり1,500円
     合宿中の託児料(保険代込み):4歳以上5,000円、4歳未満8,000円
【定員】参加者8名

*個人セッション希望者は、別途5,000円
 個人セッション受付予定日:5月1日(土)・2日(日)・4日(祝)・5(祝)

【お申込方法】
必要事項をご記入の上、『もりのいえ』まで
メール・電話・FAXでお申し込みください。
お申し込み後、けんちゃんから、詳しい参加案内を送付します。

お申し込み記入事項
・氏名
・メールアドレス
・電話番号
・住所 〒
・性別
・現在の視力
・視力低下の経緯
・個人セッションの希望 (  )  希望の方は( )内に○をしてください。


【スケジュール】
5月2日(初日)
11:00 「ふれあいのやかた かしも」に集合、合宿開始
17:00 「ふれあいのやかた かしも」の木のお風呂で入浴、もしくは温泉へ
18:30 「もりのいえ」にて夕食、その後、夜の講義

5月3日(二日目)
朝食は具の無い味噌汁のみ
朝食後、「ふれあいのやかた かしも」に移動、プログラム開始
夕方以降の過ごし方は初日と同じ

4日(三日目)
朝からの過ごし方は二日目と同じ
昼食後、解散



ということで、期日が迫っておりますが、
実は定員8名のうち、既に4名からお申し込みをいただいております。
つまり、残り4名枠です。関心を持たれた方はお早めにどうぞ!
そして既にお申し込みされた皆さんも、上記内容をメールにてお送りください。
追ってけんちゃんより資料をお送りします。

ところで、5月4日は夕方から我が地区の神社で春祭りの神楽が行われます。
私が獅子笛を吹きます。
翌日5日の昼頃には同じ神社で春祭りがあり、巫女の舞が披露される予定です。
田舎の自分たちのための小さな祭りですが、とても風情があります。
合わせて連泊されると貴重な体験ができるかも。

以下、けんちゃんからのメッセージです。



こんにちは、目が良くなる整体師の佐々木謙一です。
もりのいえブログで
視力回復合宿に興味をもたれた皆さんの中で、
「参加したいけれど、子供連れ参加は可能ですか?」
というお問合せを多数いただきました。
とてもうれしかったです。

というのは、

実は、
妊娠中・産後・子育て中(産後5年くらい)の時期は、
女性の視力が最も回復しやすい、ゴールデンタイムだからなのです。

なぜ、ママたちの視力は良くなりやすいのかということですが、

僕は、視力回復を得意技とする前は、
女性の生理痛や不妊症を改善するのが得意で、
(なぜか男なのに・・・)
現在も、週1回の整体ママ教室や
妊婦指導や産後の骨盤調整などをやっています。
(男なのになぜだろう・・・笑)

ママたちの体をずっと診てきて、
ママ達の目が良くなりやすいのには、
次のような理由があります。

理由① 妊娠・出産・子育てを通して、体が本能的になっているため。
近視とは、体の人工化のために起きます。
アフリカの野生で暮らすブッシュマンの目がとても良いことからも分かるように、
心と体が本能的になると、視力は良くなるのです。

理由②
骨盤が柔らかく、動きやすい時期なので、整体に持って行きやすいのです。
視力低下の一番の原因が、目の血流不足、
それを引き起こしているのが、骨格のゆがみなんですね。
妊娠・産後・子育て中のママの骨格は、とっても柔らかい。
少しの刺激で、ぐんぐんいい方向へ整っていきます。

理由③ 生殖器(子宮)と目は直結しているため。
出産によって、子宮のゆるみとちぢみの運動は最大になります。
これが、目の焦点を合わせる運動とつながっているんです。
それから出産は、大量の血液を使いますね。
だから、血液をもっと造ろうという働きも高まります。
産後のママ達の血流は、とっても良くなる可能性が大。
近視の原因の、「目の血流不足」だって解決しちゃうんです。

こういう理由で、
ママ達の目は、良くなりやすいのです。

ただし、これは、体のエネルギーが高まっているってことで、
その方向性は、決まってないんですね。
だから、とんでもない方向へエネルギーが向かうと、
自分の体を壊したり、病気を作ったり、
家庭を壊してみたりするエネルギーにもなる。
だから昔の人は、「産後は、本を読むな、針糸は持つな、水仕事はするな」と戒めて、
女性の体を守ったんですよ。

今回の視力回復合宿でやるのは、
いかに、この女性のエネルギーを、
自分を活かす方向へ向けるかということ。
そして、女性エネルギーを活かすことで、
健康と美しさを取り戻し、視力回復を実現するということ。

GW特別企画というのは、
もちろん視力も回復するし、
女性が元気になるためのコツを
伝授する合宿でもあるからなわけです。
そして、女性が元気になると、旦那も子供も元気になります。

それから、
「夫婦間の氣の流れを良くする」ことを
体を変えることで行います。
だから、パパ達にもぜひ参加してほしい。
本当は、この合宿は、夫婦やパートナーで参加してほしい。
そして、子供たちの生きる力を引き出すきっかけになってほしい。
夫婦関係や家族関係が体から変わると、見え方って本当に変わってきます。
これは、生殖器と目が直結しているからです。
性エネルギーが気持よく流れることと、目に力があることは、同じこと。
子育てにキラキラと充実感をもてることと、
きれいに見えることは整体から見たら同じことなんです。

現代社会に暮らす我々が、捻じ曲げてしまっている
聖なる性エネルギーを、
素直に気持ち良く流れるようにしたい
そんなテーマもこの合宿にはあります。
(ってもちろんエッチなことを実際にするわけじゃありませんよ。念のため。)

今回も、合宿期間の前後の期間で
個人セッションも設けます。

楽しく、華やかな2泊3日になりそうで、
今から僕もワクワクしています。

【 合宿で取り扱う予定の内容】
□ なぜ、目が悪くなったのか?
□ 一瞬でハッキリ見えるようになるイメージ深呼吸とは?
□ 半年間で視力5段階回復を実現した「目が良くなる体操」とは?
□ 生理を整えると、視力が回復する!?
□ セックスで、目が良くなる 「メヂカラの法則」とは?
□ 夫婦関係や家族関係が変わると、目が良くなる!?
□ 妊娠・出産・産後を活かしきるための、「整体の秘伝」とは?


【整体師 佐々木謙一 プロフィール】
1979年長野県生まれ。 20歳の時に病気のため寝たきりになる。
友人が見舞いの品に持ってきた整体の本を頼りにしたところ、
病気が治り、日常生活に復帰。
近視・乱視も治り、視力1.5に回復。
この感動を分かち合うため、整体師となる。
2001年から整体師として活動をはじめ、
2008年視力回復を専門とした「ささき整体院ポノポノ」を開院。
目に悩める方たちの指導にあたっている。
現在、長野県・岐阜県・神戸・広島など全国各地で視力回復合宿&セミナーを開催中。

【参考ホームページ&ブログ】
掲載雑誌
わかさ 2010年3月号
http://www.wks.jp/wakasa/wakasa201003.html

はつらつ元気 2009年9月号
http://www.geibunsha.co.jp/mag/genki/p/genki_00000000125.html

視力回復合宿inもりのいえの様子
http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-1693.html

広島セミナーのホームページ
http://www.1dnt.com/shiryokukaihuku/

【お問合せ】  ※お気軽にお問合せください。 回復の可能性などについてのお問合せも歓迎です。
ささき整体院ポノポノ
院長 佐々木謙一
Mail: pono778@gmail.com
Tel:0265-49-3260
fax:0265-49-3272


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本ご夫妻・加子母ツアー!間もなく始まります!
こちらを読んでね!

愛農かまどワークショップ(4月24・25日)はこちらをご覧ください!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)はこちらからどうぞ!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便



この企画を正式発表するのを忘れていました!
既に数名の方からお申し込みをいただいていたので、
もう案内が済んだものだと思い込んでいたのです。いや恐ろしい。

さて、発表前から大きな関心を呼んでおります、「愛農かまど」。
これまでのいきさつと、愛農かまどがどれほど優れものなのかは、
こちらをご覧いただくとして、ワークショップの概要をお知らせします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
第一回愛農かまどワークショップ

愛農かまどづくり3

日程:2010年4月24(土)・25(日)*雨天決行
会場:もりのいえ(詳細は下記ご案内欄をご覧下さい。)
参加費:一日参加1500円、二日参加2000円
宿泊する人は:大人一泊二食6000円(昼食は別途1000円)

スケジュール:
【24日】
(昼食を希望される方は前もってご連絡ください。)
13:30 事前勉強会
   ・プロジェクターで過去の事例のメイキングを紹介
   ・噂の「木型」を公開
   ・「もりのいえ」のお茶菓子が出ます!
14:30 「もりのいえ」敷地内の設置予定現場にて作業開始
   ・全体の段取り検討
   ・愛農かまどの積み上げ開始
   ・マイレンガにサインを残そう!
   ・木型のレプリカ製作の検討
   ・「知足ハウス」視察
17:00 初日作業終了→温泉へ(お一人400円)
18:30 夕食会(酒代はカンパ制)
   ・初日の振り返り&翌日の予定検討
   ・大勉強会「愛農かまどの今後の普及について」
   ・「知足ハウス」の夢を語ろう!

【25日】
08:00 朝食
09:30 作業開始
   ・愛農かまどの積み上げ
   ・木型レプリカの製作開始(?)
11:00 おやつタイム
12:30 昼食
13:30 一旦終了→流れ解散
   ・希望者と共に作業続行
15:00 終了
   ・片付け
   ・今後の予定の確認

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

愛農かまどづくり12

上の予定はあくまでも予定です。
あとはその時の流れに任せます。
同時並行で他のワークショップが始まるもよし。
天気が良ければ乙女渓谷にハイキングするもよし。
出会いとコトの流れに感謝し、愉しみましょう!

ちなみに今回は講師を呼びませんので、自習モードです。
今回の進み具合を見て、第二回をするかどうかを決め、
最終回は7月頃に講師の野呂氏をお呼びして、仕上げます。

愛農かまどづくり17

さぁて、初回で一体どこまで進展するか?
ゆったりとワクワクしてその時を楽しみにしているこの頃です。
皆さんのご参加をお待ちしています!

7下に火を移す


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本了愛さん・しまちゃんイベント、ついに発表!
こちらを読んでね!

♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便



一昨日、岐阜駅周辺で行われた「道三まつり」と、
そのエリア内にある円徳寺でのイベント出店のために、
家族やウーファー達と行ってきました。
今回は初めて「よきかな号」併設のテントセッティングです。
実は新しいテントを注文しておりまして、こういう光景も最後か?
1もりのいえ店舗新バージョン

開店早々から、「もりのいえ」目指して来てくださる方々がおられ、
とても嬉しかったです。
ありがとうございました。
こういう出会いがあるから、イベント出店はやめられません。

円徳寺では、アフリカンドラムの演奏など、いろいろ企画されていました。
2円徳寺アフリカンドラム

会場の外では、やたら大勢な人出です。
道三まつりというのは、神輿が沢山出るまつりとして定着しているようで、
昼前にはその準備で近くの公園は大賑わいでした。
3カミカゼ?

そのほとんどが企業協賛という印象を持ちました。
例えばこれは十六銀行さん。
4十六銀行さん

脇にこんなのがありましたが、何に使うの?
5ちょっと不気味

パレード前は音合わせのための最終チェックがあちらこちらで行われていました。
6ブラスバンド

7旗

ところで、私はかみさんからあることを頼まれていました。
「小さなクラフト展を見ておいてください。」というものです。
将来、『もりのいえ』が出店するに値するかどうかを見極めて欲しいとのことです。

で、覗いてきましたが、ほとんどフリーマーケット風でしたね。
9小さなクラフト展の様子

どうしようかな?
今の心境は微妙です。
10小さなクラフト展ちらし

むしろ「こんな素敵なイベントがあるよ!」と皆さんから教えていただきたいです。
少々離れていても、コンセプトに共感出来れば行きますよ。
どうか情報をよろしくお願いします。
ちなみに、今年の『apバンクフェス』に出店希望です!

さて、今回はお店をさぼって、U太とゆっくり周りを散歩しました。
普段はこういう時間を取れないからね。
11電車で

もっぱら彼は滑り台に夢中。
ま、こんな嬉しそうな顔を見られたからよしとしましょう。
12滑り台に笑顔

イベントに出店していると、子供たちとじっくり過ごす時間がなかなか取れません。
今回はそういう意味で、良い時間をいただきました。
ありがとうございました!



地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本了愛さん・しまちゃんイベント、ついに発表!
こちらを読んでね!

*愛農かまどワークショップ速報です!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便


約4週間過ごして、ドイツ人ウーファーのナタリーが去っていきました。
正直言って、最初はコミュニケショーンを取るのに苦労しました。
あまりマイナスなことを書きたくはないのだけれど、
とにかく声を掛けても返事をしないのには閉口しました。
感謝の言葉もなかなか出てきません。

「朝起きた時、その日初めて会う人には都度『おはようございます。』と言おうね。」
と伝えた際、「そんなことをしたら、とても時間がかかるじゃない?」
と真顔で返された時は、さてどこから話してきかそうかと思案したものです。
そしてどの作業を頼んでも、ご飯の時も、楽しそうに見えないことにも戸惑いました。

付き合うほどに分かってきたのは、
彼女は都会育ちの19歳で、日本は好きだけれどナチュラルライフには関心がなく、
ウーフというよりも、「安くホームステイしたい」という理由でやってきた、
声が小さく自己表現をあまりしない普通の女の子だったわけですが、
うちにウーフに来る他の人達とは意識面でギャップがあったので、
こちらが余計に気を使ったという次第です。

最近、ウーフの申し出が多いです。
特に外国人からのアプローチが多く、とても全てを受け入れできないので、
4人に3人はお断りしているような状況です。
そんな中で、ある意味で選んで来てもらったウーファーと
うまくコミュニケショーンがとれないと、ちょっとため息が出てしまいます。
しかも期間が長いと尚更です。

私は途中からは、次のように割り切って付き合うことにしました。
「彼女はウーファーではなく、交流でホームステイにやってきた子なのだ。」

最初にウーファーがやって来た頃は、そんな感覚で付き合っていました。
それが今ではまさに「働いていただく」ということが前面に出てきているのですが、
今回は初心に還って付き合い出したという訳です。

こうしてある意味で、彼女のことを私の意識から一旦外に出したことで、
彼女の一面が見えてきました。
仕事の合間にしこしこと何をしているのかと思いきや、
U太とKAN太の似顔絵を描いてくれていたのです。
1ナタリーと似顔絵

「なるほど、これが彼女の自己表現なのだな。」
そう捉えると、控えめで心優しく、
その上で自分の考えをしっかりと持っている面が見えてきました。
19歳にしては立派です。

彼女が帰る前の晩、同年齢のイギリス男性ウーファーがやってきたことと、
少しお酒が入ったこともあり、ナタリーは大変多弁でした。
「へぇ~。こんなに喋る子だったんだ。」と驚いたほどです。

そして帰る当日にはお互いにスッキリした笑顔でサヨナラを言いました。
「何かとお世話になり、ありがとうございました。」と言ってくれました。
この先、貴女がどういう人生を歩み、どう意識して生きていくのかは分からないけれど、
「もりのいえ」での滞在が何がしかのプラスに作用してくれたとしたら幸いです。
ナタリー、ありがとうね。そしてこの先の旅を楽しんでいらっしゃい。


さて、代わって二人の男性がやってきました。
上述のイギリス人・ロバートと、じゅんくんです。

ロバートは19歳。イギリス北東部の田園地帯から初めて日本にやってきました。
やってくるまでのやりとりから、几帳面な青年のイメージを持っていましたが、
その通り、真面目でとてもよく働く好青年です。

ロバートは二ヶ月の滞在を希望しています。
どのウーファーにも言っていることですが、長期滞在を希望するウーファーには、
「まずは1~2週間滞在して、その先もやっていけるかをお互いに話し合って決めよう。」
と伝えています。だって会ってみないと分からないからね。

その点、ロバートならば大丈夫だと確信しました。
きっとずっとうまくやっていけそうです。

続いてじゅんくん。
先日の地球宿・ゲストハウスやりたい会の言い出しっぺだった青年です。
今回、私たちの暮らしを是非体験したいということで、
急遽やってくることになりました。

この時期、既に大勢のウーファーが予約してくれています。
ですから正直言って受け入れすべきかどうか考えましたが、
彼の思いを汲んで受け入れることにしました。

結果は大正解。とてもよく気がつくし、爽やかな働き者です。
引っ越し屋さんで働いていたことがあるということで、さすがです。
自分自身がいずれゲストハウスを作ろうとしているので、
何事にも前向きで取り組んでくれる姿がありがたいです。

この二人には早速いろいろやってもらっています。
家事はもちろんのこと、シイタケ収穫や、
2シイタケ収穫

ビールボトリング
3ビールボトリング

そして、紫いものスコーンパンの生地こねなど。
私の指示のもと、戸惑いながらも熱心にしてくれました。
全ての仕上げは私がしましたのでご安心ください。
今日は朝から山菜も採り、いろいろと外作業が増えてきました。
春ですね。
4スコーンパンをこねる

さて、今日は新しいウーファーが一人、明日には三人やってきます。
ウーファー6人体制の始まりです。
賑やかになってきました。
さぁ、どんな暮らしになりますやら。



地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本了愛さん・しまちゃんイベント、ついに発表!
こちらを読んでね!

*愛農かまどワークショップ速報です!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

気がつけば明日、出店であります。
「道三まつり協賛」ということで、
「道三まつり」で何をするのか知りませんでしたが、
たくさんみこしが出るそうです。
ちなみにこれがちらしです。

道三まつりパンフ表

道三まつりパンフ裏

天気も良さそうだし、それなりに人出はありそうですが、
一般の人にとれば「もりのいえ」ってまだ知られていないでしょうから、
果たしてどれほどの反応があるでしょうか?
それはそれで楽しみでもあります。

ともかく私たちは明日、円徳寺で出店しています。
沢山の「紫いものスコーンパン」と「塩キャラメル胡桃」を持って。
加子母の宮本農園の美味しい小粒シイタケも販売します。
ご都合の合う方は是非お越し下さい!
ゆったりとお話しましょう。

まるいち大


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

「もりのいえ」短期スタッフ急募!
詳しくはこちらをご覧ください!

島本了愛さん・しまちゃんイベント、ついに発表!
こちらを読んでね!

*愛農かまどワークショップ速報です!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)もこれから企画します。
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

気がつけばエイプリルフールですよ。
もう一年の4分の1が過ぎたなんて嘘みたい!

さて、先日の旅の終わりを飾る、「なかや」訪問の旅です。
「ゲストハウスやりたい会」を終えて、皆とお別れした後、
私はときさんを乗せ、彼の本拠地「なかや」に向かいました。
この日、私は「なかや」に泊めさせていただくことになっていたのです。

素晴らしいイベントに参加できた余韻を感じつつ、車中も会話が続きます。
あっと言う間に「なかや」に到着。
ここは二度目ですが、やっぱり秘境だわ!

「なかや」に到着すると、いきなり獅子が出迎えてくれました。
丁度この日、「飯田のお練り祭り」というのが開かれていたらしく、
それを観に行った子供たちは大いに刺激を受け、
帰宅するや否や、自分たちの獅子を作って、延々舞っていたのだとか。
1獅子を舞う

部屋には大きな獅子も佇んでいました。
「なかや」の子供たちからは、こういう感受性の大きさをひしひしと感じます。
2獅子を組む

この夜は家族と一緒に食事をして、その後もときさんとずっと話し込んでいました。
気がつけば午前様!
何と!車に乗り込んでから、8時間以上もずっと話し続けておりました。

それでもまだ話足りない私たち。
「気心がしれた相手と語らうのは、こんなにも愉しいものなのだね。」
と、お互いに幸せな時を過ごしました。

翌朝も良い天気です。
早速、「なかや」での新しい発見を写真に収めに回ります。

長男のふたば君は何でも作ってしまう天才です。
今回は獅子笛を幾つも作っていました。
これは一番したの穴あけに失敗したものですが、
他にも沢山試作していました。そしてまだ二音ですが、ちゃんと音が鳴るのです。
3自作横笛

こういう作業を子供たちが思い思いに行い、親が見守るという、
とても素敵な時が「なかや」には流れています。
4なかや家族1

トイレで新しいアナウンスが張られていました。
小便はパイプを通って、そのまま外の畑に浸透しているのだとか。
それで十分肥やしになっているそうです。
トイレアナウンス


また、別棟のゲストハウスでは、コンポストトイレが製作途中でした。
バケツに貯めて、水分は同じく外に出ていく仕組みらしい。
流石、どんどん自作ものが増えています。
私も「知足ハウス」で作るぞと。

白州のわたなべさんからいただいたドラム缶を使って、
とてもユニークな大型蒸し器が完成していました。
このお陰で、大量の味噌や醤油を仕込むことができるようになったとか。
7大型蒸し器

ときさん、今までは「なかや」のだんなでしたが、
最近、醤油の「絞り師」に目覚めてきたのだとか。
全国でも数少ない「絞り師」に弟子入りし、
師匠について全国を回るようになった、ときさん。
そのお陰で、全国の素晴らしい人々とのご縁が生まれたとか。
例えば「ブラウンズフィールド」の中島デコさんともお知り合いになったそうです。

そして、話の流れから、面白い企画が生まれました。
来年、ときさんに「もりのいえ」に来ていただき、
「絞り師の技」を見せてもらうことになったのです。
つまり、「もりのいえ特製醤油」の誕生です。
そして、ひょっとして「絞り師・とき」の自立デビューの時になるかもしれまsん。
早くも来年のイベント企画が始まりました。

そんな会話をするうちに、何と!
「なかや」で所有する「麹箱」をいただけるようになりました。
これ、かみさんが「欲しい~!」と心から望んでいた品だったのです。
まさに「願えば叶う!」
8麹箱

これだけでも十分満喫していたのに、
ひょんなことから「なかや」の水源を見に行こう!
という展開になりました。

この時点で、事情をあまり理解できていなかった私ですが、
家族がウキウキして現地に向かうので、私も仲間入り。
9さぁ行こうか

その行き先は、何と!洞窟でした。
次々と子供たちが中に入っていきます。
10次々と洞窟へ

子供は楽に進んでいきますが、大人は結構大変です。
私はカメラも持っているので、随分遅れて進んでいきます。
11洞窟の中

やがて子供たちの歓声が洞窟に響きました。
一匹のコウモリが寝ていたのです。
「こんなに近くでコウモリを見たのは初めてだ!」
皆が大声を上げますが、コウモリ君、睡眠を邪魔してご免ね。
12コウモリ

約40mを進んだところで、突如水源が現れました!
感激!
13これが水源

見て下さいよ!この見事な水紋!
14綺麗な水面

この水源からパイプを通って、「なかや」の池に流れ来んでいるのです。
15水の取り口

人間の仕事って凄いね。
これだけの作業をしてしまうのだから。
こういうのを見ると、私も何か「コツコツ仕事」をしてみたくなります。

洞窟の中で、はいポーズ!
見て下さいよ。この子供たちの自然な姿。
16洞窟家族写真

前回も感じたことですが、
「なかや」って子供たちの佇む姿が本当に自然です。
東南アジアの山中に行くと、きっとこうなんだろうなというイメージです。

今回も大変美味しい食事を提供してくれた、なつめさん。
ありがとうございました!
貴女の自然体の姿が、本当に心を和ませてくれます。
17なかや家族2


そして、ときさん。ありがとう!
こういう「心友」がいることで、本当に心が豊かになります。
これからもお互いに刺激し合って生きていこうね。
18ときさんと

信州・豊丘・なかや
なかなかな「心の駅」であります。
お勧めです!


地球暦、もりのいえにて販売しています!
ご注文はこちらへ!

ヘリオコンパス



もりのいえは、新しい時代を築いていきます!

*愛農かまどワークショップ速報です!
♤視力回復合宿・子連れ専用コース(5月2-4日)、近々発表します!
○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!
■もりのいえの新プロジェクト「知足ハウス計画」に是非ご参加ください!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便