FC2ブログ
心の旅からひとまず戻ってきました。
この旅は、実際に旅に出ることも含めて、
私自身の内なる旅の総称でもあります。

この一年間は実に劇的でありました。
島本夫妻を始め、多くの方々が「もりのいえ」にご登場いただき、
多くの刺激を受けるうちに、大きな学びを得させていただきました。
そして今、私がしていることは、自分との会話であり、
具体的には「心の刺(とげ)抜き」です。

これは私一人のことではなく、
きっと誰もが経験のあることではないかと想像しますが、
幼い頃の経験(トラウマ)や、その際の感情を押し込め、
覆いかぶせることを重ねることで、
それなりに生きてきていることってありませんか?

それらは一見、普段暮らしていく上では関係のない事柄のように見えます。
でも実はそれらに蓋をすることで、
現在や将来の暮らしに大きな影響を及ぼすことがあるのかもしれない。
そして、それらを改めて表に出すことで、
ようやくスッキリすることってあるのかも。

それは例えて言うならば、
かつて身体に刺さった刺(とげ)を抜くような作業に似ていると思うのです。
刺が手の平に刺さったとします。
刺さった時にすぐに抜けばいいのですが、面倒で置いておくと、
やがて皮膚は刺を飲み込んでしまいます。

それでも私たちの日常の暮らしを送るのに、
さほど大きな影響は無いかもしれません。
でも、実はそのことが原因で、「何となく手の動きがぎこちない。」とか、
「どうも身体の具合が変だ。」といった状態が続いているかもしれない。
そんな時は、原因となる刺を抜くに限ります。

ところがその刺は既に身体の中に埋め込まれているので、
それを取り出すとなると、改めて皮膚を切って、
とげ抜きで抜き取る作業をせねばならない。
勇気が必要な作業です。

そんな「心の刺」を見つけては、一つ一つ抜く作業をしてきました。
一見、面倒な作業です。
別にそれをしなくても私は生きていけそうな気がするから。
でも、「今、このタイミングですべきだ!」という直感だけを頼りに、
地味な作業をしてきました。

具体的には、「私が自己顕示欲を示そうとするようになったきっかけとは?」
「何故、私は語りたがる(伝えたがる)のか」といった
「こだわり(自らつけた制限)」について、その源を探っていく旅でありました。

その旅の途中に気がついたことは、その場で改定してきました。
まず、このブログのカウンターを削除しました。
「今日は何人の人が読んでくれたのかな?」という気持ちが、
「数をもってブログを評価する自分」に気づいたからです。

また、髪の毛を伸ばす決断をしました。
私は、耳に髪の毛が当たるのが嫌で、またフケが多く、
散髪代を節約する意味もあって坊主頭にしていたのですが、
同時に、「他人とは違うことをして差別化しようとしている自分」にも気づきました。

それに気づいた以上、その気持ちを置いておくことはできません。
そこで、最近のトレードマークでもあった髪型を変えることにしたのです。

他にもいろいろと判断したことがあります。
・私自身の呼び名を「maasan(まあさん)」に統一しました。
・ブログを毎日つけるのを止めました。
・「母屋にする!」と言っていた「知足ハウス」を、
 ゲストハウスとすることに変更しました。
・盆踊りお囃子の連で、歌い手から笛奏者に移行させていただきました。
・環境ISO講師を辞退しました。
・その場その場で出自(出典)を明らかにして会話するようにしました。
・その時の心情を、良いも悪いも含めて、
 正確に表現するように努めるようにしました。

これらの地味な「心の刺抜き」をしてきた結果、どういう変化が起きたのか?
私は次第に心から軽やかになってきました。
本当にね、心が軽くなってきたのです。
そして良い巡り合わせが続くようになりました。

やがて、私は実際に旅に出ることにしました。
その旅では実に素晴らしい体験と気づきを得ることができました。
次回から記していくことにします。




*わらべ村イベントの準備スタッフ募集中!
詳しくはこちらへ!


☆松本英揮発さんのスライドショー(5月18日)は、実はすごいぞ!こちらへ!

○吉本有里さんライブ(6月13日)の日程を押さえておいてね!詳細はこちらへ!



実店舗、イベント出店、宿泊、飲食、ワークショップ
のお問い合わせは以下にお願いします。
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

スポンサーサイト