「うちの実家(古民家)に住んでもらえる人を捜してもらえませんか?」
というご相談を受けました。

この手の話を伺うと、いつも不思議な感覚にとらわれます。
というのも、私の周りには「古民家で田舎暮らしをしたい!」
と願う人は大勢いらっしゃいます。

一方、「誰も住まなくなった田舎の古民家に、誰かに住んでもらいたい!」
という要望も実は多いのです。

つまり、需要も供給もあるのに、
双方がタイミング良く出会える機会がとても少ないという、
摩訶不思議な市場が存在します。

何を隠そう、私自身がそういう出会いを求めて苦労した人間です。
今の家に出会うまで、丸二年かけて各地を探し回りました。
世の中には空いている家は山ほどあるのに、
何故か出会うチャンスが少ないという体験を重ねてきました。

ある場所では、契約直前になって、
「実は妻が他人に貸すのを嫌がりまして・・・」
という理由で断られたりもしました。契約の前日にですよ!
もしそこで成約できていたら、
その地が【もりのいえ】になっていたことでしょう。

また、「丹波地方(兵庫と京都の北部)で家を探す!」と心に決めていた時期、
「実は播磨地方(兵庫の南西部)にとても良い物件があるのだけれど・・・」
という情報を知人からいただきました。

ところがその当時は丹波地方しか頭になかったので、
播磨に目を向けることさえしなかったのです。
その時にこだわりを持たずにその物件を見に行っていたら、
ひょっとして播磨地方で【もりのいえ】が始まっていたかもしれません。

そんなことを繰り返すうちに加子母の今の家に出会い、
最後にご縁をいただいた訳です。
加子母なんて丹波から遠く離れた土地です。不思議なものです。

また、この「最後」というのも妙なもので、
私たちが「ここにする!」と決めたから最後な訳で、
もし決めていなかったら、
「最後の地」は別の場所になっていた可能性もあります。

つまり、【もりのいえ】はやはり加子母とは異なる地で始まったかもしれず、
もしかして未だに場所が定まっていなかったかもしれないのです。

そして、奇跡的な出会いの重なりの中で今の地に辿り着いた私たちですが、
いざ決まってから、
意外なことに他の様々な物件の情報が耳に入ってくるようになりました。

「もっと早くにその話を聞いておれば、
もしかしたらそちらに心動いたかもしれない。」
というような耳寄りなお話も中にはあります。

つくづく「ご縁」というのは不思議なものだと思います。
こうしてみると、相性の合う物件との出会いは、
「恋」に似ているかもしれません。
今回ご紹介する物件も、そんな魅力あるお話です。

では、今回の物件をご案内しましょう。
場所は岐阜県高山市久々野(くぐの)というところです。
JR高山戦の久々野駅から歩いて数分の場所です。
駅とは言っても電車の本数は少ないので、街全体は静かです。

ほぼ南北に走る閑静な通りに面した物件は、向かって左側の建物です。
1久々野の町並み

築60年ほどという母屋は、人が住まなくなって9年経つそうですが、
地主さんが年に何度もやってきては掃除や空気の入れ替えをされているので、
今からでもすぐに暮らしを始めることができる状態です。
2母屋斜めから

正面から見てみましょう。
でしゃばらず、落ち着いた佇まいです。
3母屋正面から

中に入ると、2畳ほどのスペースの玄関です。
4玄関入って

脇の階段が素敵ですね。
かつて毎日磨いておられたとかで、とても色つやが綺麗です。
5玄関の階段

玄関のすぐ奥が7.5畳ほどの居間です。
その左側が6畳ほどの台所と洗面所・風呂場。
右側に、道路に面した6畳部屋と、8畳の仏壇のある部屋があります。
6仏壇の部屋

二階は6畳間の二部屋です。
陽がよく入って明るいです。
古民家にありがちな、かび臭さがありません。
7二階和室

母屋のすぐ奥左手にトイレがあり、今は汲取り式です。
母屋の裏には物置として増築した4畳半ほどの部屋があります。

そして、母屋の奥には別の建物があり、一階はガレージ、二階が居室ですが、
二階部分は地主さんがこの先も物置として使われます。
8ガレージ表から

ガレージは車2台が余裕で入るスペースです。
その脇には2畳ほどの物置スペースが二部屋あり、
そこは使ってもよいそうです。
9ガレージ内部

ガレージの脇には小さな畑スペースがあり、自由に使えます。
また、物件から少しだけ離れたところにも畑があり、
そこも使って良いそうです。

そこで、この物件の条件です。
1. まず、賃貸物件です。家賃は月3万円。保証金は10万円です。
水道光熱費は住む方に支払っていただきます。

2. 最低3年は継続して居住していただきたいとのことです。
つまり地域の住民として周辺の方々とお付き合いしていただきたいとの希望です。

3. 仏壇は移動されます。
その他、地主さんが使われるモノはガレージ二階に移します。
借り主が母屋の不要な家具などを移しても良いそうです。
お貸しした後は地主さんが母屋などに無断で入ることはありませんが、
ガレージ二階には出入りされます。

4. 下水道工事は母屋の前までは済んでいます。
これには結構費用がかかったそうですが、その分の請求はしません。
ただし、そこから家の中まで引き込もうとするのならば、
つまり水洗トイレにしようとするのならば、
その費用は住人が負担してください。

5. 改修は自由にしても良いそうですが、改装費はもちろん住人負担です。

6. 高山市では空き家の斡旋をしており、条件次第では助成もあります。
例えば月額家賃の3分の1以内の額で、最大15,000円が三年間助成されたり、
改修にかかる費用の2分の1以内の額で、100万円を上限に助成されるなど。
ただし、助成を受けるための要件が細かくあるので、
詳しくは高山市地域政策課(0577-35-3524)で確認する方が良いでしょう。

7. 土地建物に抵当権はついていません。

そして、この物件に関心を持たれた場合の、その後の流れをご説明します。

まず、私は不動産の仲介業者ではありません。
ですから、今回のお話をこのブログでご紹介はしますが、
その後の交渉は全て直接、当事者同士でしてください。
より詳しい情報を得たい場合も、私を介さずに直接地主さんにお訊ねください。

関心を持たれた方は、最初だけ私にご連絡ください。
私はそういう方がおられるということを地主さんに伝えます。
そして、双方で連絡を取り合って話を進めてください。
私はその後はタッチしませんし、責任は負いませんのでご理解ください。
紹介料や仲介料もいただきません。

「物件を直接見たい。」という場合も、直接地主さんにその旨を伝えてください。
地主さんは同じ県内でお住まいですが、少し離れているので、
お互いの都合を合わせて待ち合わせてください。

今回のご紹介内容が実際と異なるということがもしあった場合は、
現地の状態と、地主さんのお話を優先します。

私が何故、こういう話をご紹介するかって?
それは、「家を生かしていただきたい」と願うからに他なりません。
そして、何事も流れを大切にしていますので、
今回いただいたお話もそのように受けとめているだけです。

ここで敢えて私の意見を述べさせていただきます。
それは、「その土地や家に暮らす」というのと同じくらいに、
いやそれ以上に、
「その土地の人々と暮らす」という姿勢で臨む方が、
お互いにとって快適な暮らしができるということです。
これは今も私たちが肝に銘じていることです。

ということで、関心を持たれた方は、
このブログの管理人(私)あてにコメントをいただくか、
あるいは、以下の【もりのいえ】の連絡先にお問い合わせください。
良いご縁がつながりますことを祈っています。



「もりのいえ」は、
宿屋を前面に出すことにしました!
宿泊の予約を承っています!
どうぞヨロシク!


愛農かまどワークショップ・完成コース(7月10・11日)のご案内はこちらへ!



「皐月(さつき)セット」好評発売中!
3,300円です!
夏を前に、爽やかな風味を召し上がれ!
お申し込みはこちらへ!
(皐月セットはクール便にてお届けします。代金にはクール代が含まれています。)
8皐月セット

「皐月セット」の内容です。

・よもぎボール (たっぷりの手摘みのよもぎにデーツのみの甘さ。お気に入りです。)
・お豆のクッキー(やわらかく煮た豆がたっぷりの豆がぎゅっと詰まったカリッとしたクッキーです。)
・青のりゴマクラッカー (青のりとゴマが香ばしい塩味のクラッカー)
・キャロブココナッツ (キャロブとココナッツの甘さが美味しい)
・ビスケット (オートミール入りの香ばしい風味が美味しいビスケット)
・大地のスコーン2個入り (酵母で膨らましたドライフルーツとナッツがたっぷりのスコーンです。)
・おからグリーンティケーキ (しっとり、お茶の香りが美味しいマフィンです。)
・リンゴのさわやかケーキ (リンゴがたっぷり、リンゴとレーズンの甘さのみのレモンの爽やかさが美味しいケーキ)
・玄米ワッフル2枚入り (玄米入りのワッフル。トースターであたためるとサクッとします。メープルシュガーを振って焼いています。)



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便

お待たせしました!
4月に前半を終えて大好評でした、『愛農かまどワークショップ』。
前回はここまでできました!
23五段目できた!

いよいよ後半の完成に向けてのご案内です!
少ない薪でとても効果的な火(熱)を起こす『愛農かまど』づくりを
一緒にしましょう!

『愛農かまどワークショップ・完成コース』
日にち; 2010年7月10(土)~11(日)
場所;もりのいえ

監修者;愛農かまど普及者であり、オリジナル木型の保有者でもある、
     野呂由彦さん
参加費;一日参加1,500円、二日参加2,500円(お茶菓子付き)

*参加費の一部は、監修者をお迎えする費用とさせていただきます。
*テキストをご希望の方は、別途1,000円をお願いします。
 テキスト代は、作成者の広島・オーガニック生活学校に全額支払います。
宿泊する方は、大人一泊二食6,000円。
昼食は別途1,000円をお願いします。

スケジュール;
【10日】
(昼食を希望される方は、前もってご連絡ください。)
13:30 ワークショップ開催!
   ・参加者自己紹介
   ・監修者(野呂さん)による技術指導
14:30 作業開始
   ・できるところまで一気に進める!
(途中、おやつタイム)
   ・マイレンガにサインを残そう!
17:00 初日作業終了→温泉へ(お一人400円)
19:00 夕食会(酒代はカンパ制)

【11日】
08:00 朝食
09:30 作業開始
   ・ついに完成か?
(途中、おやつタイム)
   ・マイレンガにサインを残そう!
12:30 作業終了?
    昼食→流れ解散
午後  もしかしてまだ続く・・・?

という具合です。
もちろん、この二日間で完成させるつもりで進めます。
さぁ、感動の『愛農かまど完成!の場面』に、あなたも立ち会おう!
25牢獄集合写真




「もりのいえ」は、
宿屋を前面に出すことにしました!
宿泊の予約を承っています!
どうぞヨロシク!




「皐月(さつき)セット」好評発売中!
3,300円です!
夏を前に、爽やかな風味を召し上がれ!
お申し込みはこちらへ!
(皐月セットはクール便にてお届けします。代金にはクール代が含まれています。)
8皐月セット

「皐月セット」の内容です。

・よもぎボール (たっぷりの手摘みのよもぎにデーツのみの甘さ。お気に入りです。)
・お豆のクッキー(やわらかく煮た豆がたっぷりの豆がぎゅっと詰まったカリッとしたクッキーです。)
・青のりゴマクラッカー (青のりとゴマが香ばしい塩味のクラッカー)
・キャロブココナッツ (キャロブとココナッツの甘さが美味しい)
・ビスケット (オートミール入りの香ばしい風味が美味しいビスケット)
・大地のスコーン2個入り (酵母で膨らましたドライフルーツとナッツがたっぷりのスコーンです。)
・おからグリーンティケーキ (しっとり、お茶の香りが美味しいマフィンです。)
・リンゴのさわやかケーキ (リンゴがたっぷり、リンゴとレーズンの甘さのみのレモンの爽やかさが美味しいケーキ)
・玄米ワッフル2枚入り (玄米入りのワッフル。トースターであたためるとサクッとします。メープルシュガーを振って焼いています。)



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
地図はこちらをご覧下さい。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便