「その瞬間」は突然、さらりとやってきました。

実はまだブログでは詳しく書けていないのですが、
【もりのいえ】の、というよりも【私】の心境は、
ここ最近、どんどん変化しています。

面白いもので、心境が変われば環境(状況)も変わります。
「私にとっての大きな転機」=「もりのいえの第二ステージ」
の準備が進みつつあります。

簡単に書くと、
【もりのいえ】で私が表現できることと、
【もりのいえ】の範疇には収まらない私独自の世界が、
同時並行で動き始めています。

大げさに見えるかもしれないけれど、
五十歳を前にして、
「本当に私がしたいこと」
「私だからできること」って何?
それを利害抜きで考えるようになりました。

だって、頭と身体が思う様に動く年月って、
実はそうは長くはないからね。

環境の変化がまさに起ころうとしている前夜みたいな今ですが、
そんなタイミングで「その瞬間」はやってきました。

「全てを受け入れよう。」

たったそれだけです。

これから先、具体的に様々な現象が起こるであろう。
それがどんな状態や状況であっても、受け入れよう。
そんな心境になりました。

何故、今そのような心境になったのか?

想像するに、今までにそれなりにいろいろ解放してきたことがあるのかなと。
自分自身の感情や、こだわり、過去の出来事(トラウマ)など。
正直言って、完全には抜け切れていないと理解しているけれど、
それでも自分自身の中にかなり「空き」ができた気がします。

これって、例えるとパソコンのハードディスクのデフラグで
空き容量ができたかのようです。
そのお陰で、受け入れられる容量ができたのかも。

繰り返しますが、完全に「空き」が出来たかというと、まだ完全ではありません。
でも、受け入れることで、
残りが掃き出されるのではないかと期待しているところもあります。

ま、とにかく、目の前の様々な現象について、
それを眺める視点が変わりました。
そしてきっとこれから先、私(私たち)の境遇は激変します。

「全てを受け入れる。」

そんな心構えが整いました。