2010.08.21 成長痛?
今日は保育園の夏まつりでした。
同時に、宿泊のお客さんもおられました。
ということで、てんやわんやでありました。

この日の天気予報は、「晴れのち雨」。
ここ最近のパターンは、日中晴れて、午後一旦小雨が降り、
その後晴れ間が見えたかと思いきや、夕方から大雨というものです。

そのパターンを読んでいるので、U太は朝から憂鬱でした。
夏まつりのイベントは大きな屋根のかかる会場なので問題無いのですが、
何が彼を憂鬱にさせているかというと、
夏まつりの最後に上がる花火を見られなくなりそうだということです。

「天気予報が外れるといいねぇ。こればかりは仕方ないねぇ。」
と私は無責任な返答を繰り返していましたが、
U太にとれば一大事だった様子。

日中はお客さんと一緒に乙女渓谷に行ったり、
(これがまた涼しくて良かった~!)
その後、温泉に行って、それなりにご機嫌に見えたのですが、
温泉からの帰り道あたりから様子が変になりました。
夏まつりに行く前から、何とも眠そうなのであります。

それでも「お客さんの子ども達とはしゃぎ、山に登り、温泉に浸かり、
昼寝をしていないから、きっと眠いだけだろう。」とたかをくくって、
夏まつりに送り出しました。

するとしばらくしてかみさんから電話。
「U太がぐったりして、何も食べないし、『足が痛い!』と言うし、
熱があるから戻ります。」とのこと。
お客さんとの夕食を済ませて、
「よし、これから保育園の気合い十分イベントを観賞しよう!」
と気構えていたので、何だか拍子が抜けました。

やがて帰宅したU太。38.6℃ありました。
何が原因だろうか?
ひょっとして、先日KAN太がかかったおたふく風邪が、
今度はU太に移った?

まだ何とも言えませんが、2~3週間と言われる潜伏期間を考えると、
タイミングが合います。
ともあれ、自ら寝室に向かったU太を見送り、
結局、私は今年の保育園夏まつりの様子はまるで分からずに終えました。
ま、こんな展開もあるのですね。

それでも「きっとU太は大丈夫。明日になったら元気になっているさ。」
と捉え、他のテーマでブログを書いていたら、
寝室からU太が大泣きする声が聞こえてきました。

一旦、かみさんがU太を連れ出してきたので、その際に訊ねると、
しきりに「膝の裏が痛い!」と泣くという。
そこで調べてみると、「成長痛」という症状があるそうですね。

例えばこんな解説があります。
「成長期にある子供は骨も関節も筋肉も成長の途上にあり、日々身体が変化しています。それは洋服や靴がすぐに小さくなってしまうことを見ても明らかで、お子さんを持つ方なら誰でも実感されていることだと思います。昼間、多いに遊び、走り廻った結果、未完成な身体にはオーバーワークの痛みが訪れます。これが子供特有の成長痛の正体です。」

なるほど、確かに今日のU太はオーバーワークだったかも。
でもそれだけでは納得いかず、更に調べると、こういう解説を見つけました。

「『成長痛』という病名は、小児期の特に夜間に起こる原因不明の下肢の痛みに対して用いられます。かつては、急激な成長に伴う成長線への負荷による痛みとされていた時期もありましたが、正常な成長過程において激しい痛みを伴う成長などは存在しないとされ、現在、この説は否定されています。従って、この『成長痛』という名称は、不適切であるという説もあります。」

「原因については、まだ、はっきりした事はわかりませんが、情緒面で不安定な、又、活動性が非常に高いこの時期において、子どもたちの単なる疲労が、特に神経質な子どもの場合には精神的な面でさらに増幅され、激しい痛みとして表現されると考えられます。」

「成長痛を訴える子どもたちに対するある統計では、母親はわりと神経質な性格で、それに対して父親はのんきであるという傾向が示されています。」

いやぁ、お父さん、のんきですいません。
でもやっぱり私は「きっとU太は大丈夫!このあと大きく成長するから。」
と信じております。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。



8月28日(土)
愛農かまど火入れ式です!
詳しくはこちらへ!



【宿屋もりのいえ】をどうぞご利用ください!
宿泊の予約を承っています!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。