イベントを整理しました。

11月6(土)7(日):セシリアのパーマカルチャー講座。詳しくはこちらへ。
11月8日の週のいずれか:昔の農機具で脱穀&もみすり。内容はこちらへ。
11月13(土)14(日):SVOワーク&交流会。詳しくはこちらへ。
11月21(日)~23(火・祝):視力回復合宿11月コース。
11月27(土):名古屋大学から学生さんが20名近く、加子母体験。


2005年に加子母に移住してから、人生で初めて篠笛に出会いました。
地域の秋祭りや、獅子舞で吹かせていただくようになり、
今年の正月明けには伊勢神宮の能舞台で吹かせていただくという、
素晴らしい体験を得ています。

三年前からは地元の盆踊りの連で唱いをしていましたが、
今年からはこちらも笛担当に変更させていただくことになりました。
こちらの方は、笛を新調したものの、まだ練習を開始できていない有様です。
それでも、私の人生の中で、笛が一つのスタイルを占めるようになってきました。

そんな流れの中、ついに尺八と出会うことになりました。
きっかけは足元にありました。

毎月、うちの地区で開かれる、念仏講でのことです。
長老のいちえさんが、かつて尺八の準師範だったという話題になりました。
いちえさんは、篠笛も獅子舞も、何でもこなすエンタティナーです。
なのに全く自慢するところのない、笑いじわたっぷりの、素敵な方です。

うちのすぐご近所の方が尺八の準師範だったなんて!
「一度、見せてくれませんか?」とお願いしていたら、
先日お宅に呼ばれて、貸していただけることになりました。
吹いて見せてくれた、いちえさん。
尺八吹く市衛さん

いちえさん曰く、これは練習用のやつで、
本ちゃんのものはどこかにしまってあるとかで、
何処にあるのかが分からないそうです。
「こいつでまともに吹けるようになったら、他の尺八は楽だぞ!」
と笑って渡してくれました。

練習用でも何でも、尺八というものを手にできるようになれたことが嬉しいです。
笛を吹くなら、きっと一度は尺八を!と望むのではないでしょうか?

もっとも、尺八を吹けるようになるには、それなりの年月がかかりそうです。
吹く前からそんなことを言っているから、本当に年月がかかるのかもしれませんが、
それでもいいです。

篠笛を手にして、一つの音が出るまで二ヶ月かかりました。
その間は、ずっと悶々としていました。
でも今では、それなりに音は出る様になりました。
私独自の「音色」を出すにはまだまだだと自覚していますが、
最初のことを思えば、よくぞここまできたものだ。

ですから尺八との付き合いも、慌てずに構えていきます。
まだ49歳です。
尺八を一人前に吹けるようになるまで、十分に時間はあります。

私が尺八を吹きたいなぁと願うようになったのは、他にも理由があります。
愛読書のマンガ『SEED』の主人公・森野が尺八を吹くのです。
SEED第一巻

かつては建設会社に所属し、世界中を開発することで幸せにできると信じていたが、
実はそれがかえってその地域の人々のためになっていなかったことに愕然とし、
会社を辞め、放浪の旅の末に、自然の大いなる営みと仕組みに魅了され、
帰国後に小さな農業開発援助会社に勤めて、
その地域に本当に根ざす暮らしを提案するようになった男・森野。

世界中で起こる矛盾を解決し、
地域での循環型社会形成に活躍していく森野の生き様をつづったマンガが『SEED』ですが、
もちろんこれはフィクションです。
その考え方の基本は、『わら一本の革命』の福岡正信さんだそうです。

私はこのマンガが大好きで、その内容もさることながら、
主人公の名前が名前だけに、全く他人とは思えないのですよ。
うちは【もりのいえ】ですからね。

その森野が無心になって吹くのが尺八です。
その場面になる度に、「いいなぁ。尺八を吹けて。ま、私は篠笛を吹くからいいけど。」
と心密かに羨ましがっていたのです。

すると、目の前に尺八がやってきた!
これは手を出すしかないでしょ!
ということで、ますます森野になりきっている私です。

ちなみに、現在のところはどれくらい吹けるかというと、
指を全くあてないで、一音は出ました。
一つ穴をふさいで出すこともできました。
でもそれ以上ふさぐと、音は出ません。

このレベルがこの先どうなっていきますやら。
どうぞお楽しみに!



『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

参加のご連絡をお待ちしています。一緒にドラマを創りましょう!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

11月21日~23日の視力回復合宿に向けて、準備中です。
ついては、託児と調理補助をしてくれる人を急遽、募集します!

今までの経験で、合宿が始まる前からこちらの暮らしに慣れていただく必要があるので、
せめて15日くらいから滞在してもらえるとありがたいです。
15日以前からでもいいですよ。

金銭的には特にお支払いできるものはないのですが、
合宿中はスタッフをしながら、素晴らしい恩恵を受けることがきっとできるでしょう。
そして、「この次は私も参加したい!」と思うようになることでしょう。

それが証拠に、
5月の合宿中にスタッフをしていた、ゆうきちゃんが、9月コースに参加しました。
そして、9月コースでスタッフをしていた、さなえちゃんが、今回参加します。
今回は私もフル参加します。
そういう事情もあり、余裕あるスタッフ構成にしようということになった次第です。

この期間にスタッフ参加することで、
得難い経験を得るであろうことは間違いないです。
このチャンスを是非掴んでください!
皆さんのところでは台風はいかがでしたか?
ここ加子母では、あっけないほどの風雨でした。
いよいよ脱穀をするのに、はざかけしている分が倒れてはいけないと、
前日に小屋などの下に移したのに、まるで拍子抜けです。
でもおかげで余計な心配をしなくて済んだのだから、良しとしましょう。

午前中に雨が上がったので、「では何か外作業をしよう!」と、
サツマイモ掘りをしました。
前日にやってきた新ウーファー・ドイツ人のキラと、
三日間休みをとって旅に出ていた、のじゃが作業してくれました。
1さつまいも掘り

U太とKAN太もお手伝い。
KAN太はそこに要るだけで、「場を和ませる」という仕事をしてくれています。
2U太もさつまいも

面白いサツマイモをのじゃが見つけました。
陶器の開いた穴を芋が貫通しています。
それでもお前は芋を太らせようとしたのか!
3貫通したさつまいも

二人は他にも屋根裏の断熱作業をしてくれました。
午後は一緒に自ビールの一次仕込みをして、
その後は障子の張り替え作業です。
始めての作業に興味津々で楽しみながらやってくれる二人。
二人とも何を頼んでも前向きにしてくれるのがありがたいです。
4障子はがし

古い障子紙を剥がした後、桟を拭いていたら、
キラにブッダが近寄ってきました。良い顔をしています。
5障子の桟を拭く

ドギマギしながら新しい障子紙を貼る二人。
のじゃは近い将来、自分のゲストハウスを作るつもりでいるので、
どんな作業もためになっている様子。
6新しい障子

キラは春に日本に来て一年間の日本滞在予定です。
うちが六件目のウーフホストだとかで、
私たちよりもウーフホストについては詳しいかもね。

彼女が始めてやってきた時に、
「加子母は94%が森林で、住民は3,300人でね、・・・」と、
いつもウーファーに話すように説明し始めたら、とても驚いていました。
「来たその時に、土地の説明をしてくれたのは初めて!」だったそうです。

また、一緒におやつを食べたり、食後もだべっていたりすると、
それだけで感激しておりました。
キラ「ウーファーとホストを区別しないの?」
私 「だって家族でしょ?」
ただそれだけのことです。

ちょっと話がずれますが、これからウーフをしようとする方もおられるでしょうから、
「初めてウーフホストにメッセージを送る時のコツ」をお伝えしますね。

・まずは自分の名前を名乗りましょう。
 プロフィール・ページを開けば、氏名を知ることはできるのですが、
 初めてコンタクトをとる人に挨拶するのですから、まずは自ら名を名乗りましょう。

・次に、そこにウーフしたい理由だとか、意思を文章で伝えましょう。
 そこで何をしたいのか? 何ができるのか?
 実際には行ってみないとイメージできにくいかもしれませんが、思いは伝えられるはず。
 ただ「○○日から二週間ほど、空いていますか?」というだけのメッセージでは、
 ホスト側も判断しづらいと思います。
 ウーフホストは旅館ではありませんからね。

・上の二つは、どのホストにコンタクトする時にも有効かと思いますが、
 【もりのいえ】でウーフしたい! と考える人へのコメントです。
 よく、「そちらで生活体験したいです。」という希望を述べられますが、
 私たちは、ウーファーさんたちに「体験」を期待していません。

 私たちが期待するのは、「暮らしそのものを一緒にしていただくこと」です。
 その結果、ご本人にとって貴重な体験になるかもしれませんが、
 最初から「いろいろ体験したい!」という華やいだ旅気分で来られると、
 外れるかもです。

 普段の生活は地味ですし、
 一つの作業や汚れ作業を延々としていただくこともあります。
 特に私たちが期待するのは、KAN太のおむつの洗濯から始まり、
 トイレ掃除はもちろんのこと、家の内外の片付けや掃除などの家事全般と、
 子ども達の相手です。
 その上で、その時にやってもらいたい作業をしていただきます。

 このような一見地味な作業でも、前向きに楽しんでやっていただけると、
 今回のキラのように、毎日刺激的な暮らしをすることができると思います。
 (何が刺激的なのかも、本人の意識次第なのですが。)

 そのような姿勢は文面にも表れますし、そういう真摯なメッセージに触れると、
 「少々きつくても受け入れようかな?」という気分にもなります。
 今は、マレーシア青年からとても丁寧な礼儀正しいメッセージが届いたので、
 さてどうしようかと思案している最中です。

さて、夕刻には居間の断熱作業をして、
夕食はピザパーティをやりました。
U太がいきなり素敵なピザを焼いたものだから、
7U太のピザ

他の二人にも火が点きました。
のじゃは北海道ピザ!
8のじゃの北海道ピザ

キラはブッダ・ピザでした。
5キラのブッダピザ

他にも楽しいピザが続き、楽しい食卓となりました。
そして食後は上映会です。
かみさんが、マイケルの『This is It』を観たい!と突然言い出したので、
そういう思いつきを止める理由は無く、夜更けまで楽しみました。

こうして長い一日が過ぎ、振り返れば「遊びながらいろんなことをやったなぁ!」
毎日こんなノリで過ごせたらいいね。
きっと今日も楽しい一日になることでしょう。
「日々是好日」であります。



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
このセットは本日で受付終了します。
他の焼き菓子もしばらくの間、お休みします!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!



『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

参加のご連絡をお待ちしています。一緒にドラマを創りましょう!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

台風が週末にやってくることになりましたので、
先日お知らせした「昔の農具による脱穀&もみすり」は延期し、
11月2(火)・3(水・祝日)に行うことにしました。

2日は脱穀のみ行い、3日に脱穀の残りと、手動もみすりに挑戦します。
ご都合の合う方は是非!
内容は前回の告知と変わらないので、こちらをご覧下さい。
では!

↑と、ご案内していましたが、
こちらの都合により、
再び延期することにしました!

たぶん、11月8日の週の平日になると思います。
何度も変更してすいません!
旅から戻りました。
今回の旅の特徴は、KAN太との二人旅だったことです。
これまでに、母が私たちを置いて一人で旅立ったことはありましたが、
今回は母とU太(と福)が留守番をして、私とKAN太が出掛けるという、初のパターンです。
しかも二泊!
KAN太、二才にして初の挑戦でありました。

まずは初日。
前回も書きましたが、私は中津川市主催の会合に出席したのですが、
何と!その場にKAN太も連れて行ったのです。

事前に事務局の了承は得ていましたが、
会議直前に、KAN太を背負って会議室に入場した際、
他の出席者の方はかなり驚かれた様子でした。

そりゃそうだよね。
「地域の市民活動団体のコミュニティをいかに図るか?」という、真面目な会議に、
2才の参加者であります。
これって、中津川市政にとっても初の出来事ではないだろうか?

2時間半の間、前半は私の背中でじっとしていましたが、
次第にもぞもぞしだしたので降ろして、私の膝の上で会合に臨んだKAN太。
むずかるのではなく、上機嫌で鼻歌を歌い出したので、ちょっとヒヤヒヤしましたが、
無事会合を乗り切りました。

会議終了後、他の出席者の方が口々に驚かれました。
「この子はすごいね! 何と大人しい子だろうか!」
いやいや。皆さん暖かく受けとめてくださり、ありがとうございました。
(会議中の写真があったら愉快だったでしょうが、私が撮れなかったのが残念!)

夕刻、向かったのは恵那じいちゃん&ばあちゃんの家です。
そちらで楽しい夕食をいただき、KAN太も私もすっかりリラックスしました。
普段は22時頃にならないと眠らないKAN太は、20時にはおねむモード。
そこで私も一緒に眠ることにしました。

私は途中、夜中に起き出してブログなんぞ書いておりましたが、
KAN太はずっと寝入っていました。
結局、KAN太が目覚めたのは朝の8時前頃。12時間近くも寝ておりました。

朝食後、いよいよ本当の旅の出発です。
じいちゃん&ばあちゃんに見送られて向かったのは、静岡です。
「地球暦」の作者である、杉山開知くんに会いに行くためでした。

この夏発見した、「257号ひた走りで浜松までルート」で浜松市内に入り、
そのまま海岸に出ます。
今でこそ山里で暮らす私ですが、もともと「海派」だったので、
時折、海がとても恋しくなります。
だからこんな機会を利用して、海岸沿いを走ることにしたのです。

途中、KAN太はずっと寝ていました。3時間も!
寝る子は育つと言いますが、本当によく寝る子です。
そして目覚めると、何だか不思議なものが立っているぞ!
1あれは何?

「あっ!」「あっ!」としきりに指差すKAN太。
初めて見る巨大な風車に興味津々。そりゃそうだよね。
おかげで後ろに海があるのに気づきません。ずっと風車を指差しています。
2気になってしかたない

随分経って、「おしっこしたい」と知らせてくれて、
「そこでしなさい。」と促し、用を足して、ようやく我に返り、
3おしっこした

「おお、あれは何だ?」と指さしたもの。
そう、これが海だよ。
この夏、金沢文庫で海岸に連れていったので、今回が二度目ですが、
人気のない、波がザザーと寄せるこんな海岸こそ、私が見せたかった海です。
4おお海だ!

最初はKAN太を抱きながら波打ち際まで歩き、
白波が何度も足元に寄せる様子をしばし一緒に眺めていました。
じっと見つめるKAN太。

しばらくしてKAN太を降ろし、並んで歩いて、一緒に綺麗な石を探しました。
私は海や川に行くと、箸置きになるような石をよく探します。
今回もよい形のものが見つかりました。
5箸置き石

するとKAN太が、「僕も並べる!」と言わんばかりに、
自分が拾った石をその横に置き始めました。
その仕草が何ともかわいい。
6僕も並べる

ちょっと自慢気な様子。
7どう?

今日の出来事、お前にはどのように映っているのかな?
どんな思い出になっていくのだろうか?
お父さんはずっと忘れないよ。
8広い砂浜で

海岸でのランチ&散歩の後、一般道をひた走り、
静岡市の開知くん宅に到着しました。
今回の目的は、「開知くんのプロデュース話」です。

「私の天職はプロデューサー」と気づいて以来、
数名の方と同時並行で打ち合わせを進めています。
その一人が開知くんなのです。
彼は既に他のそういう人材とコトを進めているのかと思ったら、
意外にも彼の方も私のことをそういう存在と見込んでくれていることが分かりました。

「ならば、電話やメールではなく、実際に会って、じっくりと話し合おう!」
今の私は「これ!」と決めると、そのことに向かってすぐ動くことができます。
「今、やりたいことをやる!」
ただそれだけです。そこに迷いはありません。

私たちを暖かく迎えてくれた、開知くん一家。
そして開知くんと、基本的な姿勢や、これからの企画方針を確認し、
実に内容の濃い話ができました。
その発表をいずれお楽しみに!

一つ驚いたことがあります。
今のスタイルの地球暦が誕生するまでに、開知くんは実に様々な試行錯誤を重ねていました。
そのプロセスで作られた「暦」を見せてもらったのですが、
その複雑さと奥深さに脱帽しました。
「本当にこれを全てあなた一人で作ったの?」と驚くブツです。
はっきり言って、アートでした。

同じものを複数印刷したそうなので、お願いして一冊いただきました。
その画像はここでは載せませんが、
【もりのいえ】に来ていただいた方にちらっと見せるくらいなら大丈夫かな?

もう一つ、面白いお話が一つ。
以前「シンデレラガール」として紹介した、えみこちゃん。
彼女の彼氏の職が、ちょっと珍しいお仕事なのですが、
その彼の仕事と、開知くんの仕事が、ある点で結びついていることが分かったのです。

開知くんのワークショップに参加して、その時から人生が大きく変わった、えみこちゃん。
その後出会った彼氏が、開知くんとずっと深く濃いところで接点がありました。
これにはビックリ!
すかさず電話で連絡を取り、彼氏と開知くんの電話対談が実現しました。

その内容は、傍で聞いている私にはチンプンカンプンでした。
星の世界の専門用語のラリーです。
きっと、彼氏の脇にいたであろう、えみこちゃんも同じ心境だったのでは?

彼氏も、開知くんも、「こんな話題で共感できる人がいたなんて!」と
盛り上がっておりました。
縁とは本当に不思議なり。そして必然なり。

その夜もKAN太は静かに寝てくれました。
きっと大丈夫と踏んではいましたが、この子は本当に穏やかで楽な子です。
開知くん一家の皆さんも、「本当に大人しい子だね!」と驚いていました。
ずっと面倒をみてくれた、長男のこよみくん、ありがとうね。
9開知くんたちと

昨夜は、私が司会の会合が地域であったので、
午後からは高速道を使ってひた走り、夕刻に加子母に戻りました。
ずっと快適、ずっと穏やかな旅でありました。
二才の我が子とこんな旅ができるなんてね。お父さんは感無量であります。

家ではU太とお母さんがにこにこして迎えてくれました。
こちらはこちらで、母子水入らずで過ごした様子。
夕食のおかずを自分の包丁で切ったというU太は自慢気です。
私はお前たち二人とも、自慢だよ。
こんな素晴らしい家族に囲まれて、私は本当に幸せ者です。

こうして、いつも素晴らしい「今」を過ごさせていただいています。
そして、素晴らしい「次」につながる素敵なお話も、次々に届いています。
ありがとうございます。



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
このセットは今月で受付終了します。
他の焼き菓子もしばらくの間、お休みします!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!



【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!
*台風が近づいてきているので、予定通り開催するかどうかは前日に決定します。



『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

参加のご連絡をお待ちしています。一緒にドラマを創りましょう!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

気がつくと10月ももう終わり。今年の5/6が過ぎました!
そして10月なのに、雪が降るかというほどの寒気!

10月は、もともとはさほど予定が入っていなかったのですが、
振り返れば実にいろいろありました。そして現在も進行形です。
そこで、これまでにブログで書き切れなかったことをネタに、つらつらと書いていきます。

・・・・・
先日、久しぶりに「西方(にしがた)いも委員会」に出席してきました。
加子母特産の里芋「西方いも」を広めようという会でありまして、
かつて私もお話させていただいたのですが、
その後はなかなかタイミングが合わないでおりました。

西方いもの生産量はもともと少なく、
今も少しずつ増えているという状態だそうですが、
市場での価格はかなり高く、普通の里芋の4・5倍ほどで取引されているそうです。
市場でそこまで評価されているとは驚きました。

地元では、これまでに和食と中華の試食会が開かれましたが、
次回はイタリアンが舞台になるかも。
これは面白そうです。

【もりのいえ】でも西方いもを使ったタルトを昨年焼き、大好評でしたが、
今年もそういう品を作っていければいいですね。
何と言っても、「食べ方」の間口を広げていくことが良策だと考えます。

・・・・・
23日の下呂での大イベントに向けて、
当初は私がスタッフ参加するだけのつもりだったのが、
間際で、【もりのいえ】が出店することになりました。

「下呂を盛り上げるために!」という背景だと聞いていたので、
その意思を受けて参画していたのですが、
このイベントの少し前、下呂で活躍しているさやかちゃんの結婚披露パーティーで、
依頼されて【もりのいえ】のお菓子を提供したところ、
イベントの主宰者さんが、「これ、いいですね。是非出店を!」と言ってくださり、
下呂のお店ではないけれど、急遽、出店参加も加わったという次第。

それはそれでとてもありがたいお話であり、嬉しい流れなのですが、
【もりのいえ】は秋の焼き菓子セットのタイミング!
ですから23日に向けての準備の間、
かみさんは本当に頑張ってくれました。ありがとうね。

その努力が実ってか、当日の反響はすごいものでした。
もともと参加者800名に対して、飲食の出店が少なかったこともあり、
お昼休みの開始早々、続々とお客さんがやってこられました。
その様子はまるで、「入れ食い」状態!
わずか40分ほどで完売となりました!

そのほとんどが、【もりのいえ】のことを初めて知られた方の様子だったので、
これを機会にこのブログを訪れてくれる人が増えたら嬉しいですね。
これからもよろしくお願いします。

ところで、このイベントは「一切の利益を出さない!」という趣旨で開かれました。
経費を抜いて出た利益は、全て寄付するそうです。
寄付をする先は、これからメンバーがプレゼンし合って決めるとか。
素晴らしい姿勢ですね。

その姿勢に賛同して、私たちも売上げの約半分を寄付させていただくことにしました。
「頑張れば沢山寄付できる!」
その思いで頑張ったかみさんの努力が実ったね。
私たちの寄付先は、私たちでこれから決めていきます。

さて、イベントでは、ビデオカメラ担当は二人の予定でしたが、
お一人が急遽お休みとなったので、私一人でカメラを二台回しました。
会場内で何度か歩き回り、離れたカメラを操作していたのは私です。

この日、私はスーツで参加しました。
すると、私に気づかない人が結構おられました。普段着は作務衣だからね。
それまでにスタッフの打ち合わせで知り合った人も、「見間違えた!」
会場で出会った加子母の人たちも驚いておられました。

その時の格好は写していませんが、(自分がカメラマンだったので)
その後、一日頑張ってくれた、のじゃと一緒に銭湯に行った際、
着替え中をパチリと撮ってくれました。
これはカメラ目線ではなく、「ん?何してんの?」という顔です。
写しているのじゃも写っているね。
銭湯でスーツ

のじゃは現在たった一人のウーファーですが、よく頑張ってくれています。
当初、一ヶ月の滞在希望でしたが、私たちから延長をお願いし、
11月の視力回復合宿中もスタッフとして動いてくれることになりました。
ちなみに、ウーファーはこの先、ドイツ人女性と台湾人男性がやってくる予定です。

ともあれ、無事下呂のイベントは大盛況・大成功に終わり、良かった良かった!
私も参画できて良かったです。
そして私にとって一番の収穫は、
下呂で頑張っている人たちとのつながりができたことです。
ですから、私にとっての始まりの始まりでもありました。

イベントの中身については、肖像権や著作権の問題もあるので書かないでおきます。
敢えて書かせていただくと、今野さんとの出会いが私にとって大きな刺激でした。

まず、懇親会でカメラマンを勝手にしていたのですが、
今野さんだけ、ピントが合わないのです。
まるでね、身体と周りの風景が混じっているかのような写り方です。

そのことをご本人に伝えたら、
「私、そういうことはよくあるの。写らないこともありますよ。」とのこと。
そういう人がいらっしゃるというのは聞いていましたが、
本当にいるのだなぁと実感しました。

その今野さんのお話で一番響いたのが、次の言葉です。
「相手が綺麗に見えるところまで、自分を高めなさい。」

いやぁ、これには参りました!
例えば、目の前で愚痴を言う人がいたり、
自分にとって嬉しくないことをしている人を見かけた時、
その人のことを「どうしてそんなくだらないことを言っているのだろう。」とか、
「どうしてこんなこともできないのだろう?」と感じてしまいがちですが、
「そういう時、あなたはどのレベルにいますか?」と指摘されているのです。

恥ずかしながら、そういう時の私は決して上のレベルにはいませんね。
相手をけなしている時、自分は相手の上ではなく、下にいるのです。
だから、「相手が綺麗だと思えるまで、自分のレベルを高めましょう。」
という意味だと捉えました。
とても深い言葉をいただきました。ありがとうございます。

・・・・・
24日の小牧での講演会は、小雨の中、家族で伺いました。
私にとって意外だったのは、プロフィールで知る限り、熱血漢というイメージだったのですが、
いざお話を聴くと、静かな方でありました。
こういうタイプの人が、様々な難関に対して根気よく解決していったのか!
そういう意味でとても刺激を受けました。
良い機会をいただきました。
主催された「ここプロジェクト」の皆さん、ありがとう。そしてお疲れさま!

・・・・・
昨日、中津川市主催のある会合に呼ばれました。
市内で活動する市民団体のコミュニティをいかに進めていくか?
というようなテーマでした。
その「コアメンバー会議」なるものの一人として参加したのですが、
その中で見えてきたのは、「コミュニティって、行政の柱の一つだね」という視点です。

ある方が、「市民が参加する団体には、順番に回ってくる、いわゆる『あて職』と、
好きで参加する『同好会』があり、性格が違うものだ。」とおっしゃいました。

例えば私は今年、地域の班長であり、区の庶務であり、地区の氏子総代で会計です。
保護者会の地区役員でもあります。これらは全て「あて職」です。
一方、獅子舞で笛を吹く「若連」や、念仏講、盆踊りの連、
そして地域の循環型社会形成を目指す「いかそまい会」などは、同好会の部類に入ります。
確かにそれらの質は異なります。

でも、加子母だと大抵の人はどちらにも所属しています。
つまり、「あて食」と「同好会」は、縦糸と横糸のような関係で、
性格は違うけれど、その糸が重なるところに自分が存在する訳です。

その重なる「点」がつながって、「織物」という面になり、広がっていけばいいね。
その広がりに行政が関与することで、人々の暮らしが豊かになればいいね。
そう考えれば、「コミュニティ」こそが、行政の魅力ある柱だよね。
というのが、今回見えてきた道筋でした。

この視点は面白いですね。
行政が行なうのは、教育・福祉・基盤整備だけじゃない。
市民が行なっている活動をつなげていくことが行政の仕事だと捉えて、
サポートしてくれると、面白い街になりそうだ。
この会合の今後が楽しみです。

・・・・・
先日、「福」の診察のため、吉村医院に行きました。
最近、吉村先生は滅多に診察には出て来られません。
代わりに、田中先生とおっしゃる、
美形で着物がとてもお似合いの先生が診察してくれます。

この田中先生が、私たちを診察する度に質問をしてこられます。
この質問が唐突で、その突然の質問にどう答えるかというのが、
楽しみになってきています。

例えば前回では、
「あなたにとって、家族とは何ですか?」と訊ねられました。
それに対しての私の返答は、
「愛の最小単位です。」

「私たちが愛を出し合い、認め合い、受けとめ合う、一番小さな集まりだと思うのです。
その愛を、私たち家族の中だけでやり取りするのではなく、
周りに対しても同じ姿勢でふるまっていきたい。そう考えています。」と応えました。

今回は、「日の出について、どのように考えますか」という質問でした。

私の返答は次のようなものでした。
「日の出の瞬間は確かに厳かで、空気も気分もキリッとします。
ただ、太陽にとれば、日の出という特別な瞬間がある訳ではなく、
いつも地球のどこかで日の出を見せながら、ぐるっと地球を回っています。
つまり、それを『日の出』だと捉えているのは、私の主観です。」

その後、言葉にはしませんでしたが、私はこのように考えています。
「だから、ある現象を『日の出』だと捉えるかどうか?
それは私たち一人一人に委ねられているのです。
例えば、今目の前にいるKAN太は、
その存在そのものが、私にとって常に『日の出』です。」

その意味を察してか、田中先生はおっしゃいました。
「吉村先生も同じ様なことをおっしゃいました。
『子供の誕生は日の出のようなものだけれど、特別な時ではないのだ』と。」
そういうことですね。

次回はどんな質問が突然やってくるのか。楽しみです。

・・・・・
そんな吉村医院訪問の最中に、私の携帯が鳴りました。
電話してくださったのは、何と!『百姓屋敷わら』の船越さん!奥様の方です。
「今、中津川にいるのだけれど、【もりのいえ】に行けるかしら?」という電話でした。

あいにくと私たちは外出中でしたので、加子母に来ていただくことはできませんでしたが、
折り合いをつけて、中津川インターの傍で待ち合わせて再会しました。
スタッフと一緒に講演ツアー中だとかで、記念撮影。
わらの皆さんと

いやぁ、嬉しいですね。
船越さんとは二日連続でお会いしただけなのに、
私たちのことを覚えてくれていました。
そして、「近くに来たから。」と逢おうとしてくれた。
その気持ちが嬉しいです。

たまたま【もりのいえ】の焼き菓子を持っていたので、その一部を差し上げたところ、
とても喜んでくれました。
『わら』さんは、以前、お客さんを紹介もしてくれました。
岡山の『わら』に泊まったお客さんが、「この先、信州方面に向かう。」と言うので、
「ならば、【もりのいえ】に行きなさい。」と勧めてくれたとか。
嬉しいですね。ありがたいです。

私たちは『わら』さんに何にもご恩返しをしていません。
いつか必ず、家族で伺いますね!

・・・・・
かくして、最近は連日いろんな集まりに参加したり、呼ばれたり、
出会ったりしています。
そして帰宅すると、家事や育児が待っています。
もちろん、もともと自分がやろうとしている事柄も山ほどあります。

時には疲れたりもしますし、
子供の添い寝中に寝てしまってブログを書けなかったりしますが、
気分はいつも壮快で穏やかです。

その理由は明快です。
「自分がやりたいことだけをしているから。」

今、「押し付けられている感」や、「板挟みになっている感」は、まるでありません。
だから、忙しいけれどストレスが無い。

「好きなことだけをして、食っていけてるの?」という質問には、
「不思議と食っていけています。」という状態です。
言い換えると、「好きなことだけをしているから、食っていけている」のかな?
ありがたい人生です。





『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
このセットは今月で受付終了します。
他の焼き菓子もしばらくの間、お休みします!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!



【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!



『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

参加のご連絡をお待ちしています。一緒にドラマを創りましょう!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

ブログ2000話達成記念キャンペーンにお申し込み、ありがとうございます!
今日は第二週にお申し込みいただいた方の抽選発表であります。
例によって、抽選者は、KAN太氏でありました。
いつもながら迷うことなく、公明正大に「すっ」とくじを引いていただき、
ありがとうございました。
では、発表します!

【もりのいえのオススメ商品・福袋】
千葉県浦安市にお住まいの、菅○麻○さん

【もりのいえの宿泊ご招待券】(大人お一人一泊二食分)
神奈川県相模原市にお住まいの、井○敦○さん

おめでとうございま~す!
今回はお二方ともリピーターさんでいらっしゃいました。
深くお礼申し上げます。

さて、中身を公表すると「福袋」にならないのではないかという指摘もありますが、
この機会に「こんな商品も売っていますよ。」ということも紹介したいので、
今回も福袋の中身をお見せします。
キャンペーン第二週福袋

「アルチェネロ 全粒粉 デュラムセモリナ・スパゲッティ 500g」
 全粒粉スパゲッティって食べたことあります?
 蕎麦みたいで結構いけますよ。
 食べると健康になったような気がします。

・フェアトレードチョコ「ピープルツリー・オーガニックビター」
 チョコレートの季節になりました!昨年も大好評だったチョコが今年も入荷しました。
 このチョコがどれだけ美味いかは、市販のものと食べ比べるとよ~く分かります。
 私は某LOOKチョコレートと比較してみましたが、まるで別物でした。
 「普段私たちはこれをチョコと呼んでいるのか!」と愕然とします。
 今回のプレゼントはオーガニックビターですが、他にも入荷しています。
 是非、本物の味をお試しください。是非こちらをご覧下さい。

・大辛ソース「ファイヤー!」
 言わずと知れた、【もりのいえ】の手づくり加工食品シリーズの一つです。
 これを小さじ一杯かけるだけで、どんな料理も大辛料理に変身!
 辛いだけじゃないよ。ニンニクたっぷりで身体を芯から刺激します。
 最近の私のはやりは、みそ汁に少し入れること。
 一口含むだけで、胃が大いに刺激され、食が進みます!

「生おろしわさび」
 市販のチューブわさびって、ほとんど本物を使っていないって知っていました?
 あれはからし大根系の食材を大量に使っているのです。
 こちらは本物です。しかも国産本わさびのみ使用。
 色は市販品よりも悪いですが、こちらが自然の色です。
 そして、本当に辛い!これがわさびの本来の辛さです。
 是非お試しいただきたいですね。
 刺身にはもちろん、私がオススメしているのが、
 焼き肉の時にわさび醤油でいただく食べ方です。
 騙されたと思って試してごらん? すんごく美味しいし、食が進みます。
 アボガドをスライスしたり、ディップ状にして、このわさび醤油でいただくのも良いですね。
 ともかく、値段は張っても比べ物にならないほど美味いです。超オススメ!

・中島デコさんのマクロビオティック『ライステラスカフェ』
 とってもお洒落な本です。
 かつてと比べてマクロビは随分とお洒落に美味しくなったものですが、
 その流れに大きく貢献したのが、中島デコさんだと思います。
 そんな彼女のとっても素敵なレシピ本です。
 これ一冊で1,700円!

という福袋をお届けしま~す! 菅○さん、待っててね!

さて、これでキャンペーンはあと一週のみとなりました。
残り一週間、どうぞご注文いただき、ご参加ください。
次回の福袋には、何と! あの「地球暦」を加えさせていただくことが決定しています。
今年版ですが、来春までしっかりと使えますよ。
これだけで3,600円相当です。もちろん他にも素敵な商品がつきます。
ヘリオコンパス

そして重要発表です!
10月末を持ちまして「2010秋のお菓子セット」の注文を締め切らせていただき、
他の焼き菓子も全て一旦休ませていただきます。
次回の発表&再開は11月下旬を予定しています。

これは、焼くことについてのメリハリをつけようということと、
冬のセットに向けて万端の準備をしようという意気込みからの判断です。

ですから、11月に入ってからしばらくの間は、セット以外の焼き菓子もお届けできませんので、
どうかご了承ください。
ちなみに、11月6日のセシリア講座の際には、少しだけ販売するかもしれません。

また、今週ご注文いただける方へのお願いです。
お届けは11月第二週になるかもしれませんことを、予めご了解ください。
よろしくお願いします。

ということで、【もりのいえ】の焼き菓子をご検討のあなた、
今週中によろしくお願いします。
ちなみに、先日の土曜日のイベントでは、40分でソールドアウトとなりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
(もう、すごい混雑ぶりだったんだから!)

ではでは!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
このセットは今月で受付終了します。
他の焼き菓子もしばらくの間、お休みします!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!



【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!



『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

参加のご連絡をお待ちしています。一緒にドラマを創りましょう!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


「SVO:天ぷら油でディーゼル車を走らせる。しかも廃油でOK!」
たったこれだけの言葉で、人をワクワクさせられるって愉快ですね。

そんな世界に私が仲間入りしたのが、2年前の7月でした。
あれからおかげさまでノートラブルで快適に走っています。

その後、ここ加子母でSVO勉強会&メーリングリスト「wvo」のオフ会が開かれたり、
メンバーの方々が何度も【もりのいえ】を訪れてくれるようになったりと、
私にとって願ったり叶ったりという人生が拓けています。

また、最近は近辺でもSVO車が増えてきました。嬉しいことです。
そしてこの度、新たに3名の方が同時に、それぞれ自車をSVO化するにあたり、
ここ加子母の地を選んでくださることになりました。

SVO化するのは、長野や愛知県知多半島の方々3名です。
これまでにSVO化する際は、自宅かその近くで行なうのが常でした。
ところがそのパターンだと、車のオーナーはSVO化の作業をしながら、
見学に来られる方々への対応や、食事や宿泊の段取りも同時にせねばなりません。

私の時もそうでしたが、「作業とサービス」の両立って、結構大変なのですよ。
私はサービスにウェイトをかけましたが、
最近のSVO界の主流は、「自分の車は自分で構いなさい。」というものです。
ですからオーナーは作業に集中する必要があります。

となると、サービスの方がおろそかになってきます。
「ならば役割を分けましょう。」というのが今回の趣旨です。
そして、「サービスの役を【もりのいえ】に。」との提案をしてくださったのが、
今回の作業の監修者である、長野のこいでさんです。
ありがとうございます!

SVO化の作業をするのは、11月13(土)・14(日)の二日間です。
今回、この作業のことを、ワークショップではなく、「ワーク」と呼びます。
というのも、作業をされる3名様が、「作業に集中したい。」とおっしゃるのです。
ですから、二日間とも朝から夕方まで、黙々とワークをしていただくことになります。
ワーク会場は【もりのいえ】の近くの工場です。

ですから、日中に【もりのいえ】に来られても、
SVO化の作業を見られる訳ではありませんし、
ワーク会場に辿り着いても、丁寧に説明してくれる訳ではありません。

あくまでも「ワーク」ですので、見学に訪れた人は、
そっと周りから覗き込む程度にしておきましょう。
それでもきっと、監修者の皆さんは優しく対応してくれるでしょうが・・・
(和歌山のいわもとさんも監修に来てくださるとのこと。再会が楽しみです。)

でも、ただワークだけでは面白くないよね?
せっかく、「3台同時にSVO化!」という、前代未聞の試みが行なわれる訳ですし、
その監修に、SVO化の濃い先人達が集まってきます。
ですから、「日中は無理でも、夜は大いに交流しましょう!」
という企画を立てさせていただきました。

ということで、企画内容の発表です!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『天ぷら油交流会』のお知らせ
あなたも天ぷら油の世界に触れてみよう!
日時:2010年11月13日(土)20:00~
会場:【もりのいえ】

参加費:夕食代として1,800円

*宿泊される方は、一泊二食6,000円の中に含まれています。
*昼食を希望される方は前もってお知らせ下さい。お一人1,000円です。
*酒代はカンパ制とさせていただきます。

参加してほしい人:
・まだSVO化していないが、いつかやりたいと考えている人
・天ぷら油で車を走らせることについて、まだ何も知らないけれど、関心がある人
・天ぷら油車だけでなく、何だか面白そうな人と交流したい人

私がその夜にイメージしているのは、
「全く知らない人の、『天ぷら油で車を走らせるって、どういうこと?』
『一体どうするの?』という素朴な疑問に、
優しい先輩たちが、酔った勢いで懇切丁寧に熱く解説してくれる。」という場です。

ですから、現在、全く何も知らなくても、こちらに知り合いがいなくても、
心配することはありません。むしろこの機会に友を増やしましょう!
濃い人たちがとっても優しく迎え入れてくれますよ。

ぜひぜひ、この機会をお見逃しなく!


【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


連日、イベント参加が続いています。
今日はこのイベントに家族で参加してきます。
都合のつく人は是非一緒に聴きに行こう!
10月15日のブログ内容からそのまま抜粋します。

「ごはんがこどもたちを変えた!」
イベント紹介サイトはこちらです。
ちらしをクリックしてね。
ちらし大塚表完成修正済みJPG

ちらし大塚裏完成修正済みJPG

この人については、てんつくマンの日記を読むのが一番でしょう。
以下、転載させていただきます。
当日、私たち一家もお話を聴きにいきま~す!

「今日のメルマガは絶対に読んでな~
そして、教育関係、政治家関係、栄養士、お母さんにとにかく転送してあげて。
昨日は日本の教育会の希望の星、大塚貢さんに会ってん。
この人がめちゃくちゃ凄いことをしてはってん。
大塚さんは70代のおじいちゃん。
きっちりサムライやった。
私欲を捨てて子ども達の為、日本の為に全精力を捧げている人。
大塚さんは現実の厳しさを徹底的に足を運んで自分の目で見て心で感じ、
そして希望の未来を描き、どんな反対勢力がやってきてもどんなに否定されても前に進み、
奇跡を起こし続けている。
日本の宝物やから、ほんまに子どものことを考えている人は
絶対にサムライ大塚さんに会うべきやと思う。
この大塚さんがやったことを日本中の学校でやったならば、日本は救える。

大塚さんは平成4年、校長先生として長野県の真田町の中学校に就任する。
大塚さんがビックリしたのは、廊下を中学生がバイクで乗り回している。
不登校も60人ぐらい近くいたんやって。
ちなみに学校の生徒は1200人ぐらい。
先生は疲れはてていて不登校の先生も何人かいた。
そして、先生の口癖は
「最近の子ども達は・・・」
「あの親は・・・」

大塚さんがまずやったことは、この問題の根本を知ること。
1、すべての先生の授業を見て、授業が面白いかどうかを確認。
2、問題を起こす生徒の食べ物に注目し、
 二週間、子ども達がなにを食べるかを徹底的にチェック。
3、学校で事件があればその学校に出向き、事件が起こる共通点を見つけたり、
 原因が分かるまで刑事のように近所さんや関係者に聞き回る。

根本の原因が見つかれば、問題解決に向けて希望溢れる未来を描き、実行する。
1で分かった事は授業が面白くない先生がいたので、先生達で授業をチェックしあい、
 先生の授業を面白くした。

2で分かったことは、荒れる子ども達で多いのは、朝ご飯抜き、
 昼ご飯はコンビニやパンや麺類、夜はカレーか焼き肉。
 カルシウム、マグネシウムなどビタミン、ミネラルがとれていない。
そこで給食からパンや麺類をなくし、完全米飯にして肉中心から、魚中心に変える。
魚は出来るだけ頭から食べれるもの。
学校の給食を調べたら、
何ヶ月たっても腐らないパンやシュークリームが出てることに気付き愕然として、
米や野菜などを出来るだけ無農薬のものにするために、農家さんに会いにいき交渉していく。

3で分かったことは、事件が起こる学校には花や遊具がなくて殺風景。
心が穏やかになるものがほとんどない。
草しか生えてない、プランターや植木鉢がほったらかしになっていることが多かった。
そこで、学校に花壇をいっぱいつくるようになった。
事件を起こす子どものほとんどが優等生で、家がほとんど裕福。
好きなものを好きなだけ食べてる。つまりお菓子(砂糖、添加物)や肉類が多い。
やはり学校の給食を絶対変えなければいけないと確信。
このままではこの国はとんでもない国になってしまう。

先生改革をしたら
「これ以上、努力しなさいというのですかと先生や先生の奥さんから怒られる」
給食改革をしたら
「パン業界、麺業界、パン好き、麺類好きの先生、生徒から批判と反対と誹謗中傷」
花壇をつくったら
「子どもの服が汚れる、土方をさせに学校にいかせているのではないと子ども達の親から、
先生からは仕事が増えると大反対」
しかし、手をかえ品かえをして改革を実行させた。

結果は二年でハッキリと出た。
二年後にはいじめなどがほとんどなくなり、不登校の子ども達がゼロになった。
重度のアトピーの子がゼロになった。
学力がどんどん上がっていった。
食育フォーラムをやって、こどもたちに給食のメニューを考えてもらったら
一位が魚の甘露にやってんんて。

こういうところで本当の食育を学んだ子ども達が親になった時、
子どもや旦那さん、逆に奥さんは救われるよな~
今ね、日本はほんまに国が沈みかけてるんやわ。
その大きな原因が病気。
今、中学生の44パーセントが生活習慣病の予備軍でいつ病気になってもおかしくないんやって。
年金をもらう人が増えるだけでも日本は大変なことになると言われているけど、
もっと大きな問題は若い人が病気になって、
老人を支えないといけない人が働けなくなってしまい、
若くして国の補助に頼らないと行けない人が増えすぎて国が破綻寸前。
だから、消費税をどれだけあげても、根本の病気を減らさない限り、この国は破綻する。
このまま行くと、きっちりそうなってしまう。
だからこそ、日本を救う為、病気を減らすためには絶対に学校給食を変えないとダメなんだ!
大塚さんはパンやコンビニ弁当を食べてもいいから、
その分、めざしを丸ごと食べたり、ほうれん草を食べたりしてほしいと言うてはった。

大塚さんの努力は今や企業や市に広がっている。
福井の小浜市などは大塚イズムを街に取り入れて食育が広まってる。
新潟のコロナという会社は食堂はほとんど無農薬のもので、今は畑、たんぼを会社でやって、
そのとれた野菜などを社員の家族にも食べてもらえるようにってやって、
会社には副社長が旗を振って、花いっぱい運動をやったら、売り上げがあがっているんやって。

書きたいことがいっぱいあるけど、とにかく大塚さんの方法を学校中がやったら、
生活習慣病の子どもが44%てなことはなくなると思うし、
不登校で悩む親も子どもも学校も減るし、先生も生徒もいきいきするようになる。
まさに、日本の宝物である子ども達が圧倒的に成長してゆく。
食は体だけじゃなく、脳にも心にも影響を与える。

申し訳ないが、今、栄養学を学んでいる人の指導によって出た給食によって、
病気の子どもや集中出来ない子ども、イライラする子どもがいっぱい増えている。
昨日、話を聞いていて、栄養学を教えているところの改革が絶対に必要やと思った。
また、栄養学を先生達が学んで先生達が本当に子どもや自分の体を守るために給食改善を訴えてほしい。

しかし、魂がしびれたな~。
大塚先生の18年の足跡や今、思ってることを4時間かけて喋ってくれはったんやけど、
こんな人になならあかんな~ってつくづく思ったわ。
いやぁ父ちゃんは気合いれてがんばるで~。
みんなで楽しみながらがんばろうで~。」
明日、下呂で大きなイベントがあります。

いのちの授業
201010下呂イベントちらし表

私はスタッフとして参加しているのですが、
今夜、懇親会というか、前夜祭が行なわれました。
一旦集合写真をアップしたのですが、
肖像権について確認をとっていなかったことに気づいたので、外しました。
あしからず、ご了解ください。

こういう大きなうねりに参画できているのが、ただ嬉しいです。


【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


物語の始まりは、2003年の秋頃にさかのぼります。
その4年前に初めて出逢い、2003年の春に細~い赤い糸でつながった私たち。
再会して一ヶ月後に婚約し、2004年の元旦に入籍しましたので、
わずか半年間の婚約時代のお話です。

その当時、かみさんはフェルトに凝っていました。
私の住む八ヶ岳南麓にある、羊毛関係では超有名な「アナンダ」さんに通い、
「いつかは糸からつむいで、いろいろ自分で創りたいの・・・」と夢見ておりました。

世帯を持った男衆ならば理解してもらえると思いますが、
婚約時代のフィアンセの夢って、叶えてあげたいと考えますよね。
それが本当に将来役に立つかどうかは抜きにして。
その姿勢を結婚後も自然に持ち続けたいものです。

さて、私は「糸車と織り機が欲しいの~・・・」とのたまうフィアンセのために、
財布を緩めて両方買ってプレゼントしたのでありました。

それらがその後どうなったのか?

両方とも、これまでに一度も使われずに放置されておったのです!

一度もですよ!

「これ、どうすんの?」と、少々からかって訊ねる私に、
最初のうちは「いつか使います。」と応えていたかみさんですが、
次第に、「あぁ、あれね・・・」と意識が遠くに向かうようになりました。

その会話をする度に、「サァー」と涼しい風が通るかのようです。
まるで「かあさん。僕のあの麦わら帽子はいったいどこに行ったのでしょうか?」
という世界です。

そんないわくつきの糸車と織り機ですが、実はこいつら、良いモノなんですよ。
例えば糸車は、アシュフォード社の「トラディシュナル」と呼ばれる、定番人気商品です。
調べていただければ分かりますが、それなりのお値段です。
1アシュフォード・トラディシュナル

さて、時は流れて2010年の秋です。
一本の電話がかかり、私が受けました。

「あの、そちらで宿泊させていただきたいのですけれど。」
「はい、いいですよ。いつがご希望ですか?」
「10月の16日なんです。空いていますか?」
「ええ、空いていますよ。」

ここまでは普通の宿泊予約会話です。

「実は私、Troyさんの奥さんの紹介でそちらを知りまして、
今回も彼女と一緒に泊まりたいのです。」
「なぁんだ、さっちゃんの紹介ですか!どうぞ、どうぞ!」

Troyさんはこのブログに何度かコメントを書いてくれていますが、
この先一緒に何かをやりたいねと話し合っているナイスガイです。
実は彼には今年の加子母百年米の苗を一部渡しています。
奥さんのさっちゃんも知った仲です。

電話をいただいた女性からのお話は続いています。
「私、その日に付知の『レディース・クラフトフェア』に出店しているんです。
それで、その日の宿としてそちらに泊まれないかなと考えたのです。」

道の駅である「花街道・付知」には大きな広場があり、よくイベントをしています。
『レディース・クラフトフェア』もその一つで、毎回大勢の人手で賑わいます。
「そうですか!それでどんな店を出すのですか?」
「羊毛を編んだ作品を出す店です。」

その言葉を聞いた途端、私の脳裏にうちの糸車の映像が浮かびました。
「ふ~ん。・・・実はね。うちに一つ糸車があってね。」
「は、はい。」
「買ったものの、使っていないのですよ。
だからどなたかそれを活かしてもらえるのならば、
差し上げるのもいいかな?なんて、今、思いついたんだけれどね。」

「えっ!糸車ですか? 
そ、それはもし本当にいただけるのならばとても嬉しいですけれど。」
「ただ、それは私のかみさんのモノだから、本人に確認してからね。」
「はい。」

ということで、電話を切り、かみさんにいきさつを伝えました。
かみさんはビックリ!
だって、いくら友人の知り合いだからと言って、初めて電話してきた人に、
婚約時代のプレゼントをあげるなんて勝手に決められたらビックリするよね。

「ただであげるの?」
「それはお前が決めればいいよ。」
「少し考えさせてください。」

という会話を経て、くだんの宿泊客・ゆりかさんとさっちゃんを迎える日となりました。

ところで、『レディース・クラフトフェア』は土日の二日間開かれています。
私は初日にちょっと行ってみて、ゆりかさんのお店を覗きました。
その時はたまたまさっちゃんしかおらず、ゆりかさんには会えなかったけれど、
店構えを見て私はとても気に入りました。

帰宅してその様子をかみさんに伝え、それからゆりかさんたちをお迎えしました。
ゆりかさんは、とても自然体の人でした。
できることも、できないことも、そのまま表現している人というイメージです。
そして彼女ができることに私はとても好感を持ちました。

まずは初日にお店を覗いて分かった、色彩感覚です。
これは文句無しに心地よいセンスです。

そして、声の質、話し振りや態度、そして飾らない言葉などに好感を持ちました。
夕食時から楽しい時を過ごし、しばらくした後、
書斎にいた私に、かみさんがそっと近づいてきました。
「あの糸車、やっぱり差し上げようか?」

私は以前のかみさんの態度からして、きっと決心がつかないだろうと踏んでいたので、
いざ、ゆりかさんが訪問しても、その話題は無かったこととして過ごしていたのですが、
かみさんからそのように言い出してくれて、とても嬉しく感じました。
「お前にも分かるか?この人の魅力が?」という感覚です。

そこで、おもむろに屋根裏から糸車を降ろしてきて、最後の別れを告げ、
ゆりかさん達の前に持っていきました。
かみさん「これを活かしてくれるのであれば、差し上げますけれど・・・」

「本当に良いのですか?」
「ええ。」
「実は、このトラディショナルが欲しかったのですが、
他のタイプを購入して今まで使っていたのです。
それをこうしていただけるなんて!」と感激のゆりかさん。

私はその光景を微笑ましく眺めていました。
そう、全ては天下の回りもの。
それを活かせる人の元で要ることが、糸車にとっても幸せなのです。
それを手放せるかみさんにとっても、きっと良いことがあります。

こうして、ゆりかさん達との交流の夜は更け、
翌朝に再びイベントに向かわれました。
その日、加子母は村全体で運動会をしておりました。
その合間を縫って、今度は家族みんなでゆりかさんの店を訪ねました。
2一番の店構え

早速、店内に置かれた糸車。
ゆりかさんの手により、滑らかに動いております。
彼(彼女?)にとって、初めて仕事をした瞬間であります。
3生き始めた糸車

改めて、ゆりかさんの店先を見てみましょう。
どうです?色合いが素敵でしょ?
4店構え1

5店構え2

6店構え3

7店構え4

最後の画像、何だと思います?
これは、「マフネスト」と呼ぶ、ゆりかさんオリジナルの商品なのです。
羊毛によるネックウォーマーのようなものですね。
それなりの申請もしてあるそうです。
8マフネスト

私はこれを見て、とっても気に入りました。
その様子を見ていたのでしょうね、
ゆりかさんから一つ私たちにくださることになりました。
ありがとう!ゆりかさん。
9ゆりかさん

今まで彼女が使っていた糸車。
これはこれで風情がありますね。
何よりもコンパクトなのがいい。
その後ろに鎮座する糸車。お前も可愛がってもらえよ。
そして一杯の愛を紡ぐんだよ。
10今まで使っていた糸車

この日、他のお店も全て眺めましたが、
はっきり言って、ゆりかさんの店が一番輝いていました。
お客さんも常に誰かが訪問していました。
ゆりかさん、きっと貴女はこれから拓けるよ!
さっちゃんも素敵な人とご縁をつないでくれてありがとう!
11店先で

さてそこで、いただいた「マフネスト」を披露しましょう。
渋めの作務衣に似合うと思いませんか?
12私たちへのプレゼント

そして、ここからがまた面白い展開です。
この「マフネスト」。【もりのいえ】で販売させていただくことになりました!
まずは試験的に三点だけ販売します。
それぞれ、一点ものなので、売り切れご免です。
一つ目。「ピンク」です。ご注文はこちらへ。
13マフネスト・ピンク

二つ目。「パープル」です。ご注文はこちらへ。
14マフネスト・パープル

最後の三つ目。「レインボー」と呼ぶことにしましょう。ご注文はこちらへ。
15マフネスト・レインボー

それぞれ、3,500円で販売します。
繰り返しますが、それぞれ一品ずつの現品限りです。
早い話、早いもの勝ちです。

評判が良ければ、これからも引き続き販売していきます。
この冬、ぬくぬくとお洒落に首元を飾りませんか?
そして私たちと共につるみましょう!
この機会に是非お求めあれ!

素晴らしいご縁をいただいた、ゆりかさんとさっちゃん。
これからもよろしくね!
16ありがとう!ゆりか&さっちゃん

追記
ゆりかさんから、使用上の注意点をいただいていますので転載します。
~マフネストについて~
*素材はウールなので使っていくと、だんだんと糸が伸びてきますので、
伸びた際には送って頂ければ一度は撚り直すことができます。
その際は、糸の形状はネジネジですが首へのフィット感は少しゆるくなります。

*保管:重みで伸びやすくなるので、ぶら下げず平置きで保管してください。

*洗濯:40度位のお湯にしばらく漬け置きし、軽く脱水後、平置きで干してください。
(洗剤などは使わなくてもきれいになりますが、
気になる方は最後に少量の柔軟剤をいれて軽くすすいでください。
押したりもんだりしないでください。フェルト化するなど手触りが悪くなります。)

mamaHandspun:粟野ゆりか


【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。
詳しくは、この日のブログをご覧下さい!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。



ここ最近、毎日アップできなくなっています。
「他にやることが沢山あるから。」というのは確かにその通りですが、
その現象は今に限ったことではありません。

では、何故書けないのか?

大きな理由があるのです。

それは、「寝かしつけ」。

最近、私が子ども達を寝かしつける場面が増えました。
特にKAN太に対して。

寝かしつける時、当然ながら一緒に横になります。
子供が寝ついてから私が起き出して、改めてパソコンに向かい合えばよいのですが、
それが結構きつい。
私も寝てしまうのです。

特に夕食に酒がよく入った日にはてきめんですね。
KAN太よりも私の方が先に寝てしまいます。

ということで、時々ブログが飛ぶ時は、
「あぁ、今夜は寝かしつけしながら、幸せそうに寝入っているな。」と、
どうか微笑んでおいてください。

今夜は寝入らずに戻ってきました。
そして、今から素敵な物語を再現します。
お楽しみに!
先日、猿かと思ったら猪に半分食い散らかされた、加子母百年米の田んぼ。
その残りは手の平で収穫したのですが、残り半分の田んぼはさほど食われずに済みました。
一見スカスカですが、実は株間をかなり開けているのです。
40cm×40cmなんて、普通はやらないでしょうね。
1加子母百年米三世

そのおかげで、一つの株がドーンと開いています。
まるで太陽の恵みを身体一杯で受けとめているよう!
2一粒がこんなに広がる

加子母百年米は粒が大きいのが特徴です。
どんな味だろうなぁ。とっても楽しみです。
3大きな粒

最初は「手の平収穫」をするつもりでしたが、
新ウーファー「のじゃ」が、「稲刈りしましょうよ!」と言うので、やることにしました。
たった一粒が、これだけ株を太くするのですよ。
感動ものです。
4一粒が大きな株に

KAN太もお手伝い。
彼は最近、風邪気味なので、冷えが残る朝は温かい格好をさせました。
まるで田んぼに降り立った宇宙飛行士みたい。
5宇宙服KAN太

かわいいのでアップで。
6宇宙服KAN太アップ1

とってもかわいいので、もう一枚。
7宇宙服KAN太アップ2

あんまりかわいいので、満面の笑顔シーンも。
8宇宙服で笑うKAN太

もともと広くはない田んぼなので、あっと言う間に稲刈りは完了!
軒下の物干竿に干しました。物干竿半分で済むような分量ですが、
これがあの一粒から増えたのだと思うと、沢山の分量に見えてくるから面白いです。
9加子母百年米三世収穫

三世たち、ようこそ【もりのいえ】へ!
お前達が来年、大きく広がって黄金色の田んぼを見せてくれるのだね。
10加子母百年米たくさんの籾

作業をしてくれた、のじゃとKAN太。ご苦労さん。
お母さん手づくりのポップコーンで一休み。
「今まで食った中で最高のポップコーンですよ!」とむさぼり食っていた、のじゃ。
面白いネームですが、本名がのざきなのです。
一ヶ月滞在予定の、のじゃ。結構面白いキャラですので、後日特集を組みますね。
11ポップコーンおやつをなじゃと

さて、これにて今年のうちの田んぼは全て稲刈りが完了しました!
今年も例年並みにほとんど手をかけなかったのですが、昨年よりも多く育ってくれました。
ありがたや。ありがたや。

そして次は脱穀です。
ほたるの田んぼの方は、もう脱穀しても良いのですが、
ここは加子母百年米に合わせて行なうことにしました。

そしてそして・・・
10月30・31日に、脱穀式を行なうことにしました~!
ホタルの田んぼで育ったコシヒカリは、
足踏み脱穀機と唐蓑で脱穀します。
12足踏み脱穀機

13唐箕

一方、加子母百年米は、千歯こぎで脱穀することにしました!
14千歯こぎ

この作業は30日に行います。

そしてそしてそして・・・
翌31日には、ついにあの「手動もみすり機」を使ってみることにします!
15手動もみすり機稼働か?

あの感動の発見から丸二年。
あの感動の発芽から一年半。
やろうやろうと思いながらも、なかなかやるタイミングに出会えませんでした。
でも今年はのじゃもいるので、一丁やってみるか!
これで本当にきちんともみすりができたらいいなぁ。

ということで、いきなりイベント企画発表です。

【昔の農機具で脱穀&もみすりをしよう!】
日時:2010年10月30日(土)10:00~夕方
          31日(日)10:00~15:00頃
場所:【もりのいえ】の玄関先

参加費:無料
お泊まりの方は、大人一泊二食6,000円です。
昼食はお一人1,000円です。(夕食のみの方は、1,800円。)
おやつや肴の持ち込み大歓迎です。
来られる方は汚れても良い格好で!長袖シャツが良いです。

昔の農機具で脱穀をするのは、農家体験でもよく見かけますが、
手動もみすり機を使う機会は、そうはないと思います。
多分、日本全体、いや世界中を探しても、滅多にない機会かも?
私も初めての体験です。
この機会をお見逃しなく!



セシリアによるパーマカルチャー講座のちらしができました!
是非この機会に大勢の方に参加していただきたいです!
(画面をクリックしてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
今週はチャンスですよ!

キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

ものごとが動いております。
ひとつひとつのネタについて、じっくり書きたいところだけれど、
まずはツイッター風に残しておきます。

・加子母百年米、順調に大きく育っています。いよいよ刈り取りです。

・その加子母百年米と、先日刈ったコシヒカリを、30日に脱穀しようかなと。
 足踏み脱穀機と唐蓑を使って。そしてついに手動もみすり機が稼働か?

・先週末、素敵な出会いがありました!
 素晴らしい作品とも出会い、近々販売開始します!

・セミプロウーファー「のじゃ」登場!これからいろいろやろうね!

・セシリアの講座ちらしが完成しました!多くの人に来てもらいたいな!

・鶏たちとブッダの引っ越し決定!まずは鶏小屋の柵を解体しました。

・焼き菓子はフル稼働中!ご注文いただいた方々、もう少し待っててね!

・23日のイベントでスタッフとして参加しますが、出店もすることに!

・11月13~14、加子母で3台のSVO化ワークが開かれます。夜の懇親会にみんな集まろう!

・四半世紀付き合った、あのベストを紛失!これは何を意味するのか?

ああ、どのネタも私の頭の中ではシナリオができているのです!
どれから書き出そうかな?
お待たせしました~!
ブログ2000話を記念してのキャンペーンにお申し込みをいただいた皆様、
ありがとうございました~!

リピーターの方、この機会に初めてご注文いただいたあなた!
ありがとうございます!
心より感謝いたします。

で、お約束通り、まずは昨日に第一週分を締め切らせていただき、
さきほど、公明正大に厳粛(?)な抽選をいたしました~!

どれくらい公明正大かをお伝えします。
まず、ご注文いただいた方々にコード番号をふらせていただきました。
そして、今回のくじはこれです。
木製の洗濯バサミに番号を書いて、よーくかき混ぜます。
1くじ

それをこの籠に入れて、再びよくかき混ぜます。
2くじ入れ

くじの抽選者は、KAN太く~ん!
迷わず一本選んでくれました~!
3抽選者・KAN太

ね?公明正大でしょ?
厳かかどうかは何ともいえませんが。
そして、このようにして選ばれた!あなたを発表します!

【もりのいえのオススメ商品・福袋】
広島市佐伯区にお住まいの、○川○穂さん

【もりのいえの宿泊ご招待券】(大人お一人一泊二食分)
神戸市須磨区にお住まいの、○上○美さん

おめでとうございま~す!
ご注文の品をお届けする際に、同封させていただきますね。
しばしお待ちくださ~い!

ところで、「福袋って何が入っているの?」
と興味津々の方がおられるかもしれません。
その中身は、毎度、私たちの気分で決めさせていただきます。
今回は、こういうセットとなりました。
4第一弾プレゼント

・雑誌『つぶつぶ』保存版 6号
・「紫いものスコーンパン」 2個
・豆料理キット「プルーン入り 地中海風パスタソース」 1キット
・「とれるNo.1」30ml  1本
・「もりのいえ特製・トマトチャツネソース」一瓶
・「もりのいえ特製・大辛ソース『ファイヤー!』」 一瓶

しめて3,550円相当の品となりました。
キャンペーン告知では「2,000円相当」と書いておりましたが、
これがまた【もりのいえ】の良いところ(?)

ということで、第二週キャンペーンが始まっております。
はっきり言って、今週は当たる確率が高いと思います。
そして、またまた豪華な福袋となることでしょう。

あなたからのご注文&お申し込みをお待ちしています!
ご注文はこちらへ!



セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円以上の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

以前、「要らなくなった毛布をください!」とお願いしましたが、
今日までにこれだけをいただくことができました。

毛布 25枚
掛け布団 6枚
敷き布団 6枚
その他、タオルケット・シーツ類など、多数

これで冬に大勢の方が来られても十分に対応できます。
沢山のご支援、ありがとうございました!
心から感謝します。
そして、「布団ください!」もこれにて終了いたします。
重ねて、ありがとうございました!
新しいちらしができました~!
画像をクリックしてみてね!


もりのいえ新ちらし

どうぞ自由にこれを印刷してください。
そして、ぜひ【もりのいえ】をお友達に紹介してください!
よろしくお願いします!


セシリア顔小出し

①【講演会】
『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)
*詳しくはこちらをご覧下さい!



②【講習会&ワークショップ】
『セシリアのライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ』

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。
*詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!



ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)
*くわしくはこちらをご覧ください!


*毛布が17枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


今日は、他の方々が主催されているイベントを幾つかご紹介します。

1.「いのち紡ぐわたしたち」
【もりのいえ】の素敵なお客さん・mwgmamaさんが教えてくれました。
ベジフェス京都での紹介、ありがとう!)
日本のお産を良くしようという想いのお母さん達が集まって作りあげる、
手作りのイベントだそうです。

「産む力」と「生まれる力」によって成し遂げられる「お産」。
「産まされる」のではなく自ら「産む」ということを考えて欲しい。
「産む」ためには、食べ物やからだ、こころ、自らを見つめることが大切。
「産む」ことにより「いのちの大切さ」を感じ、
自分達だけでなく他者の「いのち」も大切に想って欲しい。

また、なかなか世間では存在が認識されていない助産師さんについても、
もっともっと知って欲しい。
助産師さん自身にもお産の現場で活躍する非常に重要な存在であることを再認識して頂きたい。

そんな想いを込めて開催されるようです。
詳しくは是非こちらをご覧下さい。
来年は【もりのいえ】を呼んでくれるかな?
かみさんのブログでも紹介しています。


2. 「ごはんがこどもたちを変えた!」

イベント紹介サイトはこちらです。
ちらしをクリックしてね。
ちらし大塚表完成修正済みJPG

ちらし大塚裏完成修正済みJPG

この人については、てんつくマンの日記を読むのが一番でしょう。
以下、転載させていただきます。
当日、私たち一家もお話を聴きにいきま~す!

「今日のメルマガは絶対に読んでな~
そして、教育関係、政治家関係、栄養士、お母さんにとにかく転送してあげて。
昨日は日本の教育会の希望の星、大塚貢さんに会ってん。
この人がめちゃくちゃ凄いことをしてはってん。
大塚さんは70代のおじいちゃん。
きっちりサムライやった。
私欲を捨てて子ども達の為、日本の為に全精力を捧げている人。
大塚さんは現実の厳しさを徹底的に足を運んで自分の目で見て心で感じ、
そして希望の未来を描き、どんな反対勢力がやってきてもどんなに否定されても前に進み、
奇跡を起こし続けている。
日本の宝物やから、ほんまに子どものことを考えている人は
絶対にサムライ大塚さんに会うべきやと思う。
この大塚さんがやったことを日本中の学校でやったならば、日本は救える。

大塚さんは平成4年、校長先生として長野県の真田町の中学校に就任する。
大塚さんがビックリしたのは、廊下を中学生がバイクで乗り回している。
不登校も60人ぐらい近くいたんやって。
ちなみに学校の生徒は1200人ぐらい。
先生は疲れはてていて不登校の先生も何人かいた。
そして、先生の口癖は
「最近の子ども達は・・・」
「あの親は・・・」

大塚さんがまずやったことは、この問題の根本を知ること。
1、すべての先生の授業を見て、授業が面白いかどうかを確認。
2、問題を起こす生徒の食べ物に注目し、
 二週間、子ども達がなにを食べるかを徹底的にチェック。
3、学校で事件があればその学校に出向き、事件が起こる共通点を見つけたり、
 原因が分かるまで刑事のように近所さんや関係者に聞き回る。

根本の原因が見つかれば、問題解決に向けて希望溢れる未来を描き、実行する。
1で分かった事は授業が面白くない先生がいたので、先生達で授業をチェックしあい、
 先生の授業を面白くした。

2で分かったことは、荒れる子ども達で多いのは、朝ご飯抜き、
 昼ご飯はコンビニやパンや麺類、夜はカレーか焼き肉。
 カルシウム、マグネシウムなどビタミン、ミネラルがとれていない。
そこで給食からパンや麺類をなくし、完全米飯にして肉中心から、魚中心に変える。
魚は出来るだけ頭から食べれるもの。
学校の給食を調べたら、
何ヶ月たっても腐らないパンやシュークリームが出てることに気付き愕然として、
米や野菜などを出来るだけ無農薬のものにするために、農家さんに会いにいき交渉していく。

3で分かったことは、事件が起こる学校には花や遊具がなくて殺風景。
心が穏やかになるものがほとんどない。
草しか生えてない、プランターや植木鉢がほったらかしになっていることが多かった。
そこで、学校に花壇をいっぱいつくるようになった。
事件を起こす子どものほとんどが優等生で、家がほとんど裕福。
好きなものを好きなだけ食べてる。つまりお菓子(砂糖、添加物)や肉類が多い。
やはり学校の給食を絶対変えなければいけないと確信。
このままではこの国はとんでもない国になってしまう。

先生改革をしたら
「これ以上、努力しなさいというのですかと先生や先生の奥さんから怒られる」
給食改革をしたら
「パン業界、麺業界、パン好き、麺類好きの先生、生徒から批判と反対と誹謗中傷」
花壇をつくったら
「子どもの服が汚れる、土方をさせに学校にいかせているのではないと子ども達の親から、
先生からは仕事が増えると大反対」
しかし、手をかえ品かえをして改革を実行させた。

結果は二年でハッキリと出た。
二年後にはいじめなどがほとんどなくなり、不登校の子ども達がゼロになった。
重度のアトピーの子がゼロになった。
学力がどんどん上がっていった。
食育フォーラムをやって、こどもたちに給食のメニューを考えてもらったら
一位が魚の甘露にやってんんて。

こういうところで本当の食育を学んだ子ども達が親になった時、
子どもや旦那さん、逆に奥さんは救われるよな~
今ね、日本はほんまに国が沈みかけてるんやわ。
その大きな原因が病気。
今、中学生の44パーセントが生活習慣病の予備軍でいつ病気になってもおかしくないんやって。
年金をもらう人が増えるだけでも日本は大変なことになると言われているけど、
もっと大きな問題は若い人が病気になって、
老人を支えないといけない人が働けなくなってしまい、
若くして国の補助に頼らないと行けない人が増えすぎて国が破綻寸前。
だから、消費税をどれだけあげても、根本の病気を減らさない限り、この国は破綻する。
このまま行くと、きっちりそうなってしまう。
だからこそ、日本を救う為、病気を減らすためには絶対に学校給食を変えないとダメなんだ!
大塚さんはパンやコンビニ弁当を食べてもいいから、
その分、めざしを丸ごと食べたり、ほうれん草を食べたりしてほしいと言うてはった。

大塚さんの努力は今や企業や市に広がっている。
福井の小浜市などは大塚イズムを街に取り入れて食育が広まってる。
新潟のコロナという会社は食堂はほとんど無農薬のもので、今は畑、たんぼを会社でやって、
そのとれた野菜などを社員の家族にも食べてもらえるようにってやって、
会社には副社長が旗を振って、花いっぱい運動をやったら、売り上げがあがっているんやって。

書きたいことがいっぱいあるけど、とにかく大塚さんの方法を学校中がやったら、
生活習慣病の子どもが44%てなことはなくなると思うし、
不登校で悩む親も子どもも学校も減るし、先生も生徒もいきいきするようになる。
まさに、日本の宝物である子ども達が圧倒的に成長してゆく。
食は体だけじゃなく、脳にも心にも影響を与える。

申し訳ないが、今、栄養学を学んでいる人の指導によって出た給食によって、
病気の子どもや集中出来ない子ども、イライラする子どもがいっぱい増えている。
昨日、話を聞いていて、栄養学を教えているところの改革が絶対に必要やと思った。
また、栄養学を先生達が学んで先生達が本当に子どもや自分の体を守るために給食改善を訴えてほしい。

しかし、魂がしびれたな~。
大塚先生の18年の足跡や今、思ってることを4時間かけて喋ってくれはったんやけど、
こんな人になならあかんな~ってつくづく思ったわ。
いやぁ父ちゃんは気合いれてがんばるで~。
みんなで楽しみながらがんばろうで~。」


3. いのちの授業
201010下呂イベントちらし表

こちらは以前、私のブログでも紹介しているので、ごらんください。

このイベント、800席がとっくに完売!
ですから、今から行こうとしても間に合わないのですが、
こういうことをやっていますというのをご紹介したくて載せます。
そして、実は私、このイベントのスタッフになりました。
当日はカメラマン役の予定。
誰かさんと会えるかな?

ということで、【もりのいえ】主催ではないけれど、
いろいろ楽しいイベントご紹介タイムでした。
それぞれお近くの方は行ってみてね!
そしてもし私たちを見かけたら、声を掛けてください!


とっても素敵なセシリアのパーマカルチャー講座!
11月6・7日の開催です!
詳しくはこちらをご覧下さい!



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!


ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)


*毛布が17枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

今年6月に「やります!」と宣言して以来、紆余曲折を経ていましたが、
ようやくコトが前に進み出しました!
セシリア・マッコーリーさんをお呼びして、パーマカルチャーの講座を開催します!
セシリア4

(チラシをクリックしてみてね!)
修正版セシリア講座ちらしデザインJPG

まずは日程のご案内から。①と②はそれぞれ独立した企画です。
①【講演会】
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階(岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ  協力:もりのいえ
参加費:1,000円

②【講習会&ワークショップ】
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ
参加費:3,000円

そこで、「パーマカルチャーって何?」とおっしゃる方に向けて、
他の方々の説明資料をもとに、できるだけ分かり易く編集してみました。

パーマカルチャーは、「パーマネント・アグリカルチャー(永続的農業)」と、
「パーマネントカルチャー(永続的文化)」からできた造語で、
1970年代にオーストラリアで生まれました。

パーマカルチャーは、次の三つの考え方が基本です。
・その土地や環境の自然の仕組みを、よ~く観察すること
・その地域の伝統的な暮らしや農業の智恵を学ぶこと
・現代の技術を取り入れ、より快適に暮らせるようにデザインすること

とっても簡単に書くと、
「その土地の特徴を活かして、
豊かな農的な暮らしをしていく仕組みを作っていきましょう。」
という考え方やノウハウの集まりです。
私は、パーマカルチャーをひと言で説明する時は、
「循環型の農的暮らしのデザイン」と呼んでいます。

でもそのように聞くと、ひょっとして
「(有機)農業」や「自給自足」といったイメージが先行するかもしれません。
それだとほとんどの人にとって、
「私には関係ないわ。だって畑や庭がないもの。」となってしまいます。
そもそも、田畑どころか、土地や家を持たない人も多いですからね。
そうなると、パーマカルチャーはとても敷居の高いものになってしまいます。
作業中2

でも、本来パーマカルチャーは、どんな場所でもできるものなのです。
田畑や庭がなくても、小さなベランダや出窓、キッチン一部屋から始めることができます。
そんな視点で、都会(アーバン)で暮らしながらもパーマカルチャーを楽しもうというのが、
「アーバン・パーマカルチャー」です。
バルコニー

セシリアはこのアーバン・パーマカルチャーのスペシャリストなのです!
加えて、私がセシリアに対して感心したのが、
パーマカルチャーを普段の暮らしそのものに活用する発想です。
窓際

「パーマカルチャーを利用した問題解決」や、
「コミュニケーションをパーマカルチャーで良くする」という方法を、
実際に試して成果を上げています。

例えばセシリア自身の経験談としてこんな方法が紹介されています。

日本語を勉強し始めた頃、彼女はなかなかやる気になれませんでした。
そこで、「日々の暮らしによく使うものは、一番身近に置く」
というパーマカルチャーの発想を利用し、
一番よく使う台所に日本語の教科書を置きました。
そうすることで、自然に教科書に手が出るようになったそうです。

また、冬には誰しもすぐにヒーターをつけたがるものですが、
彼女はヒーターのスイッチの傍に、セーターとひざ掛けを置きました。
そうすることで、スイッチを入れるタイミングを先延ばしにすることができ、
電気代を節約し、環境に配慮することもできます。

そして、あらゆる「問題」も、彼女にとればポジティブに解決していく「きっかけ」です。
セシリアは言います。
「○○ができない!」とよく人は言うけれど、それはあなたが悪いじゃないの。
ただ、自分で家の中に『わな』をしかけちゃっているだけなの。
パーマカルチャーはそんなあなたを助けてくれるわ!」

このように、実に前向きに、簡単で長続きする仕組みを独自に見つけて
普段の暮らしを楽しく実践しているのが、セシリアなのです。
そしてこれがアーバン・パーマカルチャーの面白いところでもあります。
もちろん、セシリアは庭や畑のデザインにも長けています。

そんな彼女が、今回、パーマカルチャーのことを知らない人に対しても、
優しく、分かりやすく話してくれます。

・自分の庭や家をもっと素敵にデザインしてみたい。
・持続可能な循環型の生活を取り入れたい。
・豊かな時間と、やわらかい心で暮らしたい。
こんな人には、きっとセシリアの言葉が響くことでしょう。

<<セシリア・マッコーリーのプロフィール>>
セシリア3

オーストラリア・メルボルン在住のパーマカルチャー講師・デザイナー・イラストレーター。
専門学校で室内装飾を学んだ後、世界各地のエコ・ビレッジを訪問して歩いたそうな。
英語教師として日本に6年間滞在した経験を活かし、
オーストラリアと日本でパーマカルチャー講座を数多く開催しています。
彼女は、その明るい性格でさまざまな人やアイディアをつなげ、
パーマカルチャーというデザインを通して
さまざまな問題をクリエイティブに解決しています。
次のようなイラストも彼女の手によります。
イラスト1


そこで、今回のイベントについて、もう少し詳しく説明します。

①【講演会】
タイトル:『セシリアのクリエイティブ・ライフセミナー』

パーマカルチャーで、暮らしをもっとクリエイティブに、もっと楽しくしてみましょう!
日時:2010年11月6日(土)13:30~16:00
会場:東海神栄電子工業(株)研修センター4階

   (岐阜県恵那市大井町630-1)
主催:21世紀クラブ 共催:もりのいえ
参加費:1,000円(中学生以上)

6日のイベントは、恵那・中津川を中心に積極的な活動をされている、
「21世紀クラブ」から経費のご援助をいただきました。また、会場もご提供いただきました。
そのお陰で、参加費をかなり安く設定することができました。ありがとうございます。
主催は21世紀クラブで、その会員である私たちが担当者という位置づけです。

この日は講習会です。
セシリアの体験談を取り入れ、
アーバン・パーマカルチャーのノウハウの数々を紹介していただきます。
あなたの普段の暮らしに活かせるヒントがきっと見つかるはずです。
セシリアは日本語が堪能なので、通訳無しで普通に聞くことができるのが嬉しいです。
関東では数千円で参加する講習会に、たった1,000円で参加できるのは絶好のチャンスですよ!

会場には駐車スペースが十分にありますが、
会場周辺の道がやや狭く、入り組んでいるので、お早めにお越し下さい。
東海神栄電子工業(株)さんの門を過ぎ、ぐるっと右側を回って、
裏にある建物が研修センターです。こちらも参考にしてください。

電車や徒歩で来られる方は、JR中央線・恵那駅で下車してください。
駅を背にして左に進み、橋を渡ってしばらく進み、路面が派手な色合いの交差点を左折、
明智鉄道と中央線の線路をくぐって、すぐに左折すると、
正面に東海神栄工業(株)さんの門が見えてきます。
駅から徒歩10分くらいの距離です。
エディブルガーデン

②【講習会&ワークショップ】
タイトル:ライフデザイン・ワークショプ inもりのいえ

【もりのいえ】を、パーマカルチャーでクリエイティブにデザインしよう!
日時:2010年11月7日(日)10:00~16:00
会場・主催:もりのいえ

参加費:3,000円
ランチ:【もりのいえ】でご用意できます。別途お一人1,000円です。

7日は、【もりのいえ】を舞台にして、パーマカルチャーの具体的なノウハウを学びます。
今回は初回ということもあり、まずはじっくりと観察することから始めます。
そして、セシリアと一緒にグランド・デザインを考えましょう!

ランチをはさんで、講座と現地の観察を繰り返します。
その場でできるワークがあったらするかもしれませんので、
汚れてもよい格好をしてお越しください。
知識だけではない、具体的なノウハウを実地で学びましょう!
作業中1

今、「断捨離」がブームになっていますが、
モノを手放してシンプルになったら、
次は暮らしをクリエイトして、あなたらしく素敵に暮らしてみませんか?

どちらもお申し込みは、【もりのいえ】までお願いします。
①と②は別の企画なので、それぞれ分けてお申し込みください。
東海地方初のお目見え!
セシリア・マッコーリーのパーマカルチャー講座をお見逃しなく!

なお、セシリアの日本語サイトはこちら。
英語版サイトでは私たちも載っています。
セシリアの活動を紹介しているサイトはこちらです。
ここでも紹介されていますね。
はっきり言って、ブレイク寸前ですよ!
じっくり会えるのは、今のうち!

鏡に映して


お申し込み先:【もりのいえ】
メールアドレス:mori@mori-no-ie.com
電話&FAX:0573-79-3268
Ma-san携帯:090-6203-9043
住所:岐阜県中津川市加子母2220番地
ブログ:もりのいえ 山暮らし日記(http://maasan.blog19.fc2.com/)



『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!


ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)


*毛布が17枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


いつもながら、【もりのいえ】の周りは時間がどんどん過ぎております。

ここ数日の日中は、薪づくりにいそしんでいました。
明日からは草刈り三昧です。
それが済んだら、いよいよ加子母百年米の稲刈りと、ほたるの田んぼの稲の脱穀です。
その後は、ブッダの新居づくり、枯葉集めと土づくり、離れ家のゲストハウス化、
知足るハウスの整備、障子張り替え、などなど、やること満載!

夜は夜で、ネットショップのレベルアップ、
プロデューサー・Ma-sanのサイトづくりなど、いろいろ出て来ました。
そして、ついに始まっております!
私がプロデューサーを天職と定めてから、様々な企画案が同時平行で進行中です!

まず、これから是非ご紹介したい「ヒト」について。
現在、7~8名の方とコンタクト中です。
今日は、アフリカンドラム&ダンスのたけちゃんと会い、
これから彼をプロデュースしていくことで合意しました。
たけちゃんと

いやぁ、これは楽しいです!
私もノリノリであります。
これからどうやって展開していこうかね!
たけちゃん、一緒に考えてどんどんやっていこう!

そして、日程的には一番早いプロデュースとなるのが、
11月6・7日の、セシリア・マッコーリーによるイベントです。
アーバンパーマカルチャリストとして売り出し中のセシリア。
彼女を岐阜にお呼びすることが決定しました!
(今のうちに、このサイトをご覧になっておいてください!)
セシリア1

詳しくは多分明日に発表しますが、
こうやってコトがどんどん進んでいくのが、もう楽しい!
昼間はガンガン身体を動かして、夜は打ち合わせと企画三昧であります。
ネットショップも次々にご注文いただき、ありがとうございます!
大勢の皆さんに支えられて、本当に嬉しい限りです。

11月の【もりのいえ】イベント企画のご案内、乞うご期待!


『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!


ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)


*毛布が17枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


「2010秋のお菓子セット」の発表後、お申し込みが届いています。
ありがとうございます!

一つ書き忘れたことがあります。
今回のキャンペーンでの「福袋」ですが、
これは来春誕生予定の「福」にかけております。

「至福の大辛ソース」「福袋」・・・
「福」が今から沢山の福を呼んでくれています。
そしてまた一つ「福」がやってきました。
それは栗です。

今年、栗の成りがとても良いようです。
私たちが借りている土地に立つ栗も、沢山の大きな実をつけました。
保育園の行き帰り、落ちた栗を一緒に拾って通うのが日課になっていました。

特に先週の嵐の翌朝はすごかったです。
様子を見に行ったU太が、大興奮して帰ってきました。
「おとうさん!栗がすごく沢山落ちているよ!」

U太のあんなに興奮した嬉しそうな声は初めてではないか?
というくらいのはしゃぎようでした。
そして行ってみると、確かにすごい!
丁度お泊まりだったKさんご一家と一緒に沢山集めました。
1沢山の栗収穫

U太のすごいところは、これだけに飽き足らないことです。
彼は自分で栗きんとんを作り始めました。
茹でた栗を半分に切ってもらい、一つ一つスプーンですくって中身を取り出し、
フードプロセッサーでくずして、ふきんで丸めていきます。
2自分で栗きんとんを作る

ほとんど全て一人で調理して、ご満悦のU太。
この光景がここ数日続いています。
3少し自慢気

ここまで栗を満喫できるといいね。
私もお裾分けをいただきました。ありがとう。

もともと愛に溢れている私たちの暮らしですが、
「福」が来てからというもの、ますます家族の絆が強まり、
穏やかにラブラブに過ごせています。
こういう時こそが人生で最高なのでしょうね。


『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット
詳しくはこの日のブログをご覧下さい!


ブログ2,000話達成記念キャンペーン実施中!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)


*毛布が14枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


お待たせしました!
【もりのいえ】の新しい焼き菓子セットの発表です!
名づけて、『2010秋のお菓子セット』
年代が入るだけで、何だか格好いいネーミングですね。
2010秋のお菓子セット

では個別にご紹介しましょう。
まずは『りんごのパイ』です。
りんごのパイ

これは毎回大好評でして、
「りんごたっぷりの、このどっしり感がたまらない!」
「ノンシュガーなのに甘くて酸味があって、一つだけで大満足!」
と多くのコメントをいただいています。
今年はパイの中身(フィリング)に工夫を凝らして、より美味しくなりました!
りんごのパイカット

二つ目は、新作『りんごのスコーン』です!
普通、スコーンというと、丸っぽいのをイメージされるかと思いますが、
今回は敢えて三角おにぎり風にしました。
りんごのスコーン2

一見して無骨な外見ですが、ざっくりしたこのスコーンをほおばると、
ほろりと砕け、口の中でとろけます。
リンゴがたっぷり入った『りんごのスコーン』。
こちらもノンシュガーで、二個入りです。
りんごのスコーンカット

三つ目は、『りんごのケーキ』です!
「ええ、リンゴばっかり?」
そうなのです。今回のセットは、リンゴが主役です。
このケーキの特徴は、見てお分かりのように、
リンゴがたっぷりトッピングされたデザインです。
今は旬の紅玉を使って、酸味を生かした味に仕上げています。
りんごのケーキ

紅玉が無くなったらリンゴを干した物を使います。
りんごのさわやかケーキとは別の品ですが、味は同じく保証済み!
りんごのケーキ上から


四つ目は、昨年も大好評だった『かぼちゃのケーキ』です!
この色合い見て下さいよ!いかにも「かぼちゃ」!
そして口に含んだ時のしっとり感がたまりません。
隠し味のココナッツとのマッチングもピッタリ!
私は今回のセットでは、二番目に好きです。
かぼちゃのケーキ

五つ目は、定番中の定番、『もりのいえクッキー』です。
この子をうちの看板商品にして良かった。
飽きのこない、そして噛む程に癖になる味は、
【もりのいえ】のお菓子を初めて食べていただく方に最適です。
もりのいえクッキー

六つ目です!
『かぼちゃスティック』が一層美味しくなって登場しました!
試作品を食した誰もから、
「すんごく美味しい!」と太鼓判をいただいています。
これははっきり言って、一袋では足りませんね。
そんな時は追加でご注文ください。えへへ。
かぼちゃスティック

七つ目、『おからチャイクッキー』です。
この子は一見地味なのですが、口に含んだ時の存在感は一番です。
少し固めをカリッとかじると、お茶の風味が立ち上がり、鼻を抜けていきます。
実はかなりのお茶が入っているのです。
形状をどうするかで何度も試作し、このベーシックな形におさまりました。
おからチャイクッキー

いよいよ最後です!
今回のセットで私が一番気に入ったのが、
新作『オレンジココミールクッキー』です!
オレンジがたっぷり入って、ザクザク感が食をそそります。
実際、私は手が止まらない!
オレンジココミールクッキー

市販のお菓子で、こういう形状のものを見ることがありますが、
もう比較にならない美味しさですよ!
オートミールがたっぷり入って、
一つ一つがしっかりと存在感をアピールしています。
おやつとしてはもちろん、私には洋酒のつまみに最高!
私はこういうのを買わなくても試食できるので、本当に幸せ者です。

ということで、今回も大のオススメ!
『2010秋のお菓子セット』
2,900円と、お求めやすい価格で登場です!
ご注文はこちらへ!
2010秋のお菓子セット

なお、『2010秋のお菓子セット』は、通常便でお届けしますが、
お好みでクール便をお選びください。(別途210円がかかります。)
また、発送から到着まで二日かかる、「青森以北、鹿児島以南」へのお届けは、
クール便を利用されることをおすすめします。
(クール便を希望される方は、備考欄にその旨書き添えてください。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして、ついに始まります!
――ブログ2,000話達成記念キャンペーン!――
今日のブログで1971話となる、このブログです。
これまで多くの方々に読んでいただきました。
深く深く感謝いたします。

そして間もなく2,000話となることを記念して、
『2010秋のお菓子セット』とのタイアップキャンペーンを始めます!

その内容は、以下の通りです。
キャンペーンタイトル:ブログ2,000話達成記念キャンペーン!
キャンペーン期間:2010年10月11日~31日(三週間)
キャンペーン内容:
期間中に『2010秋のお菓子セット』をご注文いただいた方から、
毎週一人ずつを選んで、以下のプレゼントをします!
①【もりのいえのオススメ商品・福袋】(総額2,000円相当の品)
②【もりのいえの宿泊ご招待券】(お一人一泊二食6,000円分)

すごいでしょ?
キャンペーン期間は三週間なので、募集は三回に分かれます。
例えば一回目は、10月11日から17日までにご注文いただいた方から、
18日に抽選して、上の①②それぞれの方を選び、お届けします。
プレゼント商品は、ご注文いただいた品に加えて一緒にお送りします。
(プレゼント商品のみをお届けすることはありません。)

抽選結果は、毎週月曜日アップのブログ(10月18日、25日、11月1日)と、
【もりのいえのお届け便】HP上で発表します!

ちなみに、『2010秋のお菓子セット』を複数セットご注文いただいた場合、
その複数口だけ応募したとみなして抽選させていただきます。

①の福袋ですが、焼き菓子・食品・雑貨類から、
私たちのお勧め品を組み合わせてお届けします。
何が届くかはお楽しみに!
(果たして2,000円相当くらいでおさまるかどうかが不安・・・)

*キャンペーンの都合上、
『2010秋のお菓子セット』を含むご注文をいただいた場合、
お届けが翌週以降となりますこと、どうかご了解ください。

ということで、【もりのいえ】初の試み、キャンペーンの開始です
『2010秋のお菓子セット』のご注文はこちらへ!
大勢の皆さんのご注文をお待ちしています!
2010秋のお菓子セット


*毛布が14枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


私は今、すこぶる眠たいです。
明日の朝も早いし、お客さんも来るので本当は早く寝る方が良いのだけれど、
どうしてもこのネタを今、残しておきたいので、記します。

今年、降って湧いたようにお借りすることになった、「ほたるの田んぼ」。
こちらでの稲刈りが完了しました!
ここ数日、見事な秋晴れだったので、一気にコトを進めました。
ではそのドキュメントをひとしきり・・・

これまで大勢のスタッフ達のおかげで、田植えから草刈りを経て、
ようやく稲がここまで育ちました。
コシヒカリは倒れやすいと聞いていますが、ほとんど倒れていません。
途中、他のことにかまえて、ほとんど手をつけられなかった割には、
良い感じで育っています。
1実ったほたる田

1本植えが半分、残りは2本から3本植えですが、
そういうことに関係なく、株は分かれています。
2実ったほたる田アップ

足元にはいろんな草たち。
当初、想像したよりは、さほど稲の邪魔にはならなかった様子。
3ほたる田足元

最後に一部残したスペース。
ここはU太と田植えをしようと残していたのですが、
そのタイミングを逸して、結局残った苗をかなり遅い時期に植えました。
やっぱり遅く植えると成長が遅いことがよく分かります。
ここはこのまま残して、来年の肥やしにしよう。
4隅の方

見事な秋晴れの元、稲刈りの開始です。
U太は保育園に行っているので、KAN太をお供に。
彼は稲刈り中、本当に和やかに過ごしてくれました。
ありがとうね。
5刈り始める

稲刈りに先立ち、母屋の方の田んぼの脇で、はざ木を組んでおりました。
例年は太い木を通すのですが、あまりに太いと滑るのです。
そこで今年ははざ木を横にも通しました。
これが大正解!これからはこれでいこう。
6ほだ木

一昨日にはざ木を組み、
昨日から稲刈りを進めて、今日夕方に終了!
手伝ってくれた、かずくんと、新ウーファーのようこちゃん。ありがとう!
あなたたちがこの時期に登場してくれたおかげで、
こんなに短期間で完了しました。
私一人だったら、一体何日かかったやら。
7刈り取ったかずくんとようこちゃん

お隣の牛飼い・なっちゃんもご一緒に。
彼女のお腹の赤ちゃんは、うちの福と同期です。
ますますこれからもよろしくね!

今回、刈り取った稲は【もりのいえ】に移動してはざかけしました。
その方が目の前で管理しやすいからね。
予想以上に沢山収穫できましたが、
まるで計ったかのようにはざ木のスペースがきっちりと埋まりました。
今年は他の家のようにビニールをかけてみました。
8はざかけ完了

通りかかった近所ののりこ姐さんが、
「おお、見事に育ったね!稲はほったらかしがいいんだよ。
今年ははざ木もしっかり埋まったし、これで大百姓だね!」
と言ってくれました。

大百姓なんてお恥ずかしいですが、
米づくり4年目にして、初めて大きな収穫を得ました。
これを食べられる時がもうすぐやってくるのだね。
とても楽しみです。

ここまで一気に稲刈りしてくれた、かずくんと、ようこちゃん。
ありがとう!
とっても素敵な思い出になったね。
9かずくんとようこちゃん

思えば、これまで実に多くの仲間達が関わってくれました。
みほちゃん、カール、えみこちゃん、ロバート、ひろこちゃん、
カメイ、みどりちゃん、マリアン、ジェームス、まりちゃん、
れいこちゃん、エイドリアン、アレフ、いっちー、ジセ、・・・
みんなみんな、本当にありがとう!
おかげでここまできたよ!

今回、初めての水田でした。
そして有機でした。
足がすくわれる泥田でした。
草がものすごい勢いで広がりました。
刈っても刈っても増え続けました。
途中から諦めました。
ほったらかすようになりました。

それでもしっかりと稲は育ってくれました。
ありがたいです。

来年はこの田んぼを自然農スタイルでやろうと考えています。
つまりは母屋の田んぼで4年間してきたスタイルです。
そして母屋とこの田んぼとも、「加子母百年米」を育てます。
いよいよ本格的な稲作の開始です。

それには、「ほたるの田んぼ」用に、沢山の刈り草や落ち葉が必要です。
かなりの分量が必要なのですが、まだ目処はたっていません。
かみさんは「本当に大丈夫?」と心配顔ですが、
私は何とか実現したい!

そして、来年の秋には、加子母百年米が黄金色にパアーッと広がるのです。
その姿をしっかりとイメージして、これからコトを進めます。
いずれにせよ、素晴らしい体験をさせていただきました。
田んぼを貸して下さった、なかよし家族のみなさん、ありがとうございました!


*毛布が14枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


大辛ソース「ファイアー!」を作って悦に入っている私。
日夜、「おおから~!」と叫びなら食しておりますが、
そうこうするうちに、先日のベジフェス京都で幾つか売れたこともあり、
在庫が少なくなってきました。

そこで次なる辛ソースを求めて、新たな旅に出ました。
付き合ってくれたのは、現在滞在中のかずくん。
彼は元々宿泊客としてやってきたのですが、
私がスカウトして、そのままスタッフとして滞在してもらっています。
0スカウトスタッフ・かずくん

ウーフ暦10カ所という、かずくん。
かつては、中島デコさんの「ブラウンズフィールド」や、
パーマカルチャー界では超有名な、「ウレシパモシリ」、
そして、「なかや」さんでもスタッフをしていたという猛者です。
うちのたいていの作業は経験済みだし、新しいことにも前向きです。

さて、今回、白州のわたなべさんから素敵な品が届いていました。
「とうがらしキット」です!
先日の「ファイアー!」ネタを読んで、
「これも試してみて!」と送ってくださいました。
ありがとうございます!
それらと、中津川産のとうがらしが相見えます。
1とうがらし選手権開催

それでは、生で試食してみましょう!
さぁ、「とうがらし選手権」の開催です!

まずは、わたなべさんが、「結構辛い」と評した、甘トウガラシ。
先っぽを切って食ってみますが、
「・・・まるで辛くないね。」と意見が一致。
いきなり第5位が確定です。
2甘とうがらし

お次は、同じくわたなべさんからの「タカノツメ系」。
大体想像はできますが、それでも口に含んでみると、
「あんまり辛くないねぇ。」との評価。
これが第4位です。
3タカノツメ

さぁ、ここからが難しい。
最高の辛いのを先に口にしてしまうと、
その後のものの評価があやふやになります。
「辛くなさそうなのはどれ?」
思案した挙げ句、
わたなべさんご推薦の「日光トウガラシベースの自家採種もの」に挑戦。
4日光とうがらし

これが結構辛かった!
二人とも「きく~!」
思わず水を飲みますが、かえって口の中が辛くなりました。

では、中津川勢、どうする?
そこで、前回の「ファイアー!」で一番多く使った、
「辛ごしょう」を試してみることにしました。
5辛ごしょう

すると、確かに辛いが、「日光トウガラシ系」の方が辛いことが判明!
おお、日光トウガラシ、今のところ暫定一位であります。

そしてトリをつとめますのが、
加子母と同じ中津川市でも、二つ離れた福岡町と呼ぶ地域でブランド化されている、
「あじめこしょう」であります。
6あじめごしょう

私は既に味を知っているのですが、ここはかずくんと一緒に挑戦します。
すると、
「悶絶!!!」
いやぁ、こいつは相当辛いです。

今までも辛いと認識していましたが、
こうして比較すると、本当に辛いことが分かりました。
「あじめこしょう!お前はすごいぞ!」

ということで、今回の大辛ランキングであります。
★第一位 あじめこしょう
 第二位 日光トウガラシ系
 第三位 辛ごしょう
 第四位 タカノツメ系
 第五位 甘トウガラシ

こうして順位を競ったとうがらし達ですが、
ソースでは仲良く一緒になってもらうことになりました。
大量の加子母産ニンニクとともに、作業開始です。
7ソースの準備

前回のソースは全て私が材料を切り刻みました。
この作業、嫌いではありませんが、時間が相当かかります。
この先、商品化を進めるのならば、もう少し効率よく作業したいところ。

うちにはフードプロセッサーとミキサーがあるのですが、
それを使うのはかみさんから拒否されてしまいました。
「焼き菓子づくりに大きな影響が出るから。」というのが理由です。

とうがらしを大量に使った調理具は、その後しっかりと洗っても、
ずっと辛みがついてまわるのです。
うちの焼き菓子や料理が全てそうなったら、結構きついよね。
納得。

ということで、リサイクルショップに向かいました。
そこで、「ジューサー&ミキサー」を、2,000円でゲット!
これでようやく調理環境が整いました。

さぁ、ウィーンという音と共に最初は調子が良いミキサーですが、
そのままぶっこむのは良くなかったみたい。
その後は、ある程度小さく切ってから入れることにしました。
8ミキサーでやってみる

ジューサーも使ってみました。
本来、ジュースが貯まるところに、血のように貯まり始めたソース。
少し舐めると、激辛!
9ジューサーでソース

本来、こういうソースを作ると良いのかもしれませんが、
大量のカスがでるので、私のポリシーには合いません。
材料全部使わないとね!

ということで、無事材料を刻んで、新たにできたソースたちです。
10中辛ソース

ところがこのソース。
味見してみると、前回の「ファイアー!」とは随分風情が違います。
まず見た目が違う。
左が前回の「ファイアー!」です。
今回のもの(右側)は少しペースト状になっていますね。
これは狙い通りです。
11大辛ソースと比較

そして肝心のお味の方ですが、
口に含んだ瞬間はそれほど辛くないです。
甘トウガラシも加えたからかな?
でも、次第に舌に刺激が伝わってきます。
「一見、中辛だけれど、実は大辛」という

もう一つ、前回と異なるのは、ニンニクです。
前回はニンニクを焼いた味と、醤油味が結構立っていました。
今回はニンニクが生っぽいというか、おろしニンニクみたい。

つまるところ、私の評価はこうです。
「前回のは『激辛大好き用のトッピング系だが、
今回のは『中辛用の調理素材系』」。
だから食卓よりも台所で使う方がより良いかも。

さて、このソースをいくらで販売するか?
前回は原材料に糸目をつけず、その分価格が高くなってしまいましたが、
今回はむしろ違う発想でいこう。

「よし、販売ではなく、頒布だ! そして一瓶600円!」
かみさん始め、周りは「そんなに安く設定してもいいの?」という顔つきですが、
正直言ってまだ味が確立されていないからね。
試行錯誤の経過品ということで、原価度外視で販売させていただきます。
数が少ないので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。
(まだ、ネットショップでは販売しません。)

とまぁ、懲りずに「辛さを求める旅」が続いております。


*毛布が14枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


ベジフェス京都での成功の後、かみさんの実家で一泊して、
意気揚々と帰宅した私たちですが、
私たちの不在中に田んぼの一部では異変が起きていました。

これはうちの母屋から見た、加子母百年米の田んぼです。
一般的な田んぼに比べて、スカスカ感があるかと思いますが、
これはわざと株間をあけたからで(40cm間隔)、しかも一本植えですので、
それにしては順調に育っています。
1加子母百年米2010収穫直前

うんうん、良い感じです。これらが全て「加子母百年米」です。
2良い感じ

ところが母屋の反対側では、半分以上がなぎ倒されていました。
3半分荒らされた!

この足跡は誰だ?
4これは猿?

そして、穂の根元だけに米を残してしごいていったのは誰だ?
5しごいた後

断定できませんが、これはきっと猿の仕業でしょうね。
今年は周辺でよく出ていましたから。

加子母百年米物語については、こちらをご覧下さい。
私としてはかなりの思い入れを込めて育てているお米です。
「奇跡のりんご」じゃないけれど、私は「奇跡の米」だと位置づけています。
(毎度、さかのぼって読むのは大義でしょうから、
一度本当に一つの物語として編集するのが良いかもね。)

401粒のうちの一粒が芽を出し、1600粒強の子を残しました。
その1600粒を今年発芽させ、全てではありませんが、
それなりに育ててきました。
その加子母百年米の田んぼの半分ほどの面積に猿が入ったのです。

ところが、不思議と怒りは湧いてきませんでした。
「あぁ、猿が来たんだな。」というくらいの感覚です。

「ここは私が使っている田んぼだ! そしてこだわっている米だ!」
と言ったって、この時代にたまたま私が預からせていただいている田んぼで、
そしてたまたま私が見つけて育てるという役目をいただいて、
その結果、稲が自然に育っているだけのことです。

そこに、これまた自然の一部である猿がやってきて、
それを食料にすることに、何の異議があろうか?

最近、野生動物がよく里に降りて来て、農作物を食べる現象について、
一般には「山に作物が育っていないからだ。」と言われます。
「でも、それは違う!山に作物が無いからではなく、里に食べ物があるからだ!」
と、地元の方がおっしゃっていました。
それは一理あります。里にある食べ物に手を出す方が楽だもんね。

ただ、再び猿がここにやってきて、
残りの田んぼに入ってこられるとなると流石にやっかいなので、
今回、穂に残された米を手でしごいて収穫することにしました。
そうすることで、「米がついていない稲」の田んぼが広がり、
猿たちが次の収穫を諦めないかな?という期待です。

人差し指を曲げ、そこに穂をはさんで、親指をヘラのようにしてしごきます。
その作業を一人黙々とするうちに、こんな言葉が浮かびました。

「お~い、この米を食った猿たちよ~。美味かったかぁ?
農薬も肥料もやらず、
それぞれ一粒の米が一生懸命根と葉を伸ばして身につけた米だぞ。
きっと美味かろう。そんな米を食えて良かったなぁ!」

米づくりで生計を立てている方からすると、何と暢気な発想かもしれません。
確かに私たちは農業ではなく、農的暮らしをしているので、
今、この米が全て自分たちのものにならないと、
明日食っていけないというほどではありません。

でも、それにしても今年は田畑作業に時間を割くことが出来なかったので、
今回の出来事は「そういうことに意識を向けなさいよ。」
というような意味ある出来事なのでしょう。
その点、今回は田畑に目を向ける良い機会となりました。

さて、再び黙々と作業をするうちに、
それでも十分な米が収穫されることに気づきました。
食べてしまうとあっと言う間の分量ですが、
これを全て来年育てる用として考えると、それなりのものです。
僅かに残された「おこぼれの米」を集めてもこれだけの量ですので、
荒らされていない田んぼの分も合わせると、この数倍になりそう。
6私がしごいて収穫

では、この「加子母百年米・二世」をどう扱うか?
自然と次のようなアイデアが浮かびました。
「これを求める人々に配ろう。」

この「奇跡の米」を、皆で一緒に育てようではないか。
いや、育ってもらおうではないか。
せっかくここまで無農薬で育ててきたので、
この先も意思を引き継いで下さる方ならば、どなたにでもお配りしよう。

教育用に使っていただいてもよいし、
例えばバケツに土と水を張り、数粒を育てるだけでもよいです。
たった一粒から広がった「奇跡の米」を、求める人すべてに配ろう。
そして、一緒に「加子母百年米物語」を創っていこうではないか。

ということで、「加子母百年米」を育ててみたいという方は、
どうぞ名乗り上げてください。
お一人分は僅かな量となるかもしれませんが、差し上げます。
同じ意思を持つ方、物語を紡いでいきましょう!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


ようやく旅から戻りました。
大きな満足感と喜びと、心地よい疲れに包まれながら、
ここ数日間を振り返っていきます。

先週の前半から、かみさんは次第に出店用焼き菓子モードに入っていきました。
こういう時期、かみさんはこの作業にフォーカスしますので、
周りの人間が焼き以外の作業や、家事・育児のフォローをする必要があります。

今回その役を担ってくれたのは、
9月に一度ウーフをしてくれた、みのりちゃん。

みのりちゃんは配慮がきく人で、
あれこれ言わなくても気がついて作業してくれるし、
どの作業も前向きに楽しんでしてくれるし、
しかも保育園で働いていたので子供の相手も上手で手先が器用だしと、
満点のスタッフさんです。
今回も本当に助かりました!ありがとうね!

今回のベジフェス京都は、準備段階で幾つかの課題が見えていました。
まず、かみさんが妊婦なので、さほど無理がききません。
その割には結構無理していましたが、
やはり焼く分量は他のイベントよりは少なかったです。

次に、前日が保育園の運動会だったことです。
直前に十分な準備ができないのは正直言って痛いです。

最後に、天気予報では「曇ときどき雨」だったことです。
イベント直前まで予報の変化を眺めていましたが、あまり動きがありません。
午前中はやや上向きになりそうでしたが、
午後には雨が降るであろうことが想像できました。

これらの課題と状況を踏まえた私の読みは次の通りでした。
・午前中の人出が多く、午後は一人の滞在時間が短くなるので人手は減るだろう。
・うちは品数が少ないこともあり、できるならば午前中に目処をつけたい。
・そして、雨対策としてテントから軒を出して、
 天候に関係なくお客さんとコミュニケーションを取れるようにすることが肝要。

この手の屋外イベントで、雨の場合を何度か経験していますが、
ある法則に気づいていました。

テントって、雨どいがないでしょ?
だからテントに降った雨水は、端からどんどん落ちるのです。
それはまるで「雨のカーテン」のよう。

そのカーテンをはさんで、雨の降る中、傘をさして立つお客さんと、
テントの中で雨に濡れずに引き込んでいる店員。
こんな状況(距離感)ではコミュニケーションがなかなか進みません。

そこで考えたのが、「雨のカーテンの内側にお客さんに来てもらうこと。」
つまり、軒を出して、雨のカーテンを外に移すのです。
そうすることで、お客さんが傘をたたんで店内に入ることができ、
店員との距離感が縮まり、
コミュニケーションがスムーズになるだろうという読みです。

ということで、取った対策がこれ。
一見、見た目は分かりにくいかもしれませんが、
他のテントに比べて、うちは80cmほど軒を出しているのです。
組み立てテントの足を持ち込み、ブルーシートを掛けました。
1軒を出す

今回のイベントは、テント持ち込み禁止で、
主催者さんがあらかじめ設営されたテントで出店したのですが、
軒を出すことは事前に主催者さんの許可を取っておきました。

当日の朝、思いのほか晴れ間が出たこともあり、
周りのお店からは、
「予報が外れて晴れて良かったね~!」何て声が聞こえてきました。

でも、私とかみさんは空を見上げ、風を感じて、
「遠からず降るね。」と語り合っていました。
こういう感覚は普段の暮らしから分かるものです。
そして、いそいそと軒づくりに精を出しておりました。

話が前後しますが、前日の保育園運動会が終了したのが14時。
帰宅して風呂を沸かし、夕食を立ち食いしながら準備を進め、
あらかたの荷物を車に積み込んで、子どもたちを寝かしつけて、
自分も寝たのが22時頃。

その夜はKAN太が何度も泣きました。
添い寝をして、浅い眠りのまま目を覚ましたのが02時過ぎ。
かみさんは1時間少ししか寝ていないようでした。

車に残りの荷物を載せ、寝ている子どもたちをそのまま車に移し、
加子母を出たのが03:33。
中央道中津川IC~小牧ジャンクション~京都東ICまで高速をひた走ります。
途中、2回の短いトイレ休憩を挟んで、京都・岡崎公園に到着したのが、
何と!06:40でありました。
こんなに早くに到着できるんだね。

睡眠不足と長距離運転で、身体は疲れているはずなんだけれど、
こういう時は感じません。
粛々と荷物を下ろし、準備を始めるうちに、スタッフが集まってきました。

準備段階から手伝ってくれたみのりちゃん。
貴女の作った新パネルは、とっても出来がいいです。
全てビニールカバーもかけられて、雨対策もバッチリ!
2みのりちゃんによる新パネル

今回の店構えです。
本棚やチェストを使って、立体的に展示しました。
3店正面

左下と中央は焼き菓子系です。
ダンボールのキャッチコピーを書くのは、かみさんの仕事。
同じものを作っておければ良いのだけれど、
素材が変わったり、思いも違うようで、
手間はかかりますが、毎回新作します。
4クッキーコーナー

右が物販コーナー。
今回、雑穀系が意外に出ました。
次回はよーく覚えておこう。
5物販コーナー

左上は加工品の瓶ものコーナー。
大辛ソース「ファイアー!」、食べるラー油、トマトリンゴチャツネソース、
そしてりんごジャムが並びました。
これらは瓶詰めするまでで当日を迎えてしまったので、
ラベルなど見せ方をもっと工夫する必要があるようです。
新たな課題です。
6瓶ものコーナー

裏では私とかみさんが交代でベジピタサンドを作っておりました。
お豆と雑穀を混ぜた「コフタ」を揚げて、サラダと一緒に挟むのですが、
この揚げ工程があると、私は途端に忙しくなります。
KAN太はずっとおとなしく過ごしてくれました。
7ピタサンドコーナー

こうして始まった【もりのいえ】店舗ですが、
イベント開始直前にあるハプニングが起きました。

今回、高山から私たちの友人・アイリーちゃんが出店していたのですが、
彼女のスタッフ二人のうち一人が、
病気のために来られなくなったことを知りました。

「子供を抱かえて、アイリーちゃん、大変ね。」
「そうだな。・・・よし!」
やおらアイリーちゃんの店に向かい、
うちのスタッフを1名回すことを提案しました。

もちろん、アイリーちゃんは大喜び。
まず、みのりちゃんを送り込み、
途中からOBウーファー・さなえちゃんに交代してもらいました。
さなえちゃんは、そちらの店の方が長かったかも?
ありがとうね。

スタッフが実質一名減ったことで、【もりのいえ】は結構大変なことになりましたが、
事前の申し出以外の方も来てくれたので、何とか回り始めました。
一人は店の前でチラシを配りつつ接客、
一人は正面で接客、
一人は交代で休憩、
私とかみさんは交代でピタサンドを作りながら、全体を見回していました。
8狭い間口

そして、誰かがU太とKAN太の相手をしてくれました。
昨年も来てくれたかずみちゃん。
ずっとKAN太を見守ってくれてありがとうね!

今年二回目の出店の私たち。
昨年は全く名前が知られていない中、何とか奮闘したという感じでしたが、
今年は朝から出足好調です。
イベント開始から、お客さんが途切れることはありませんでした。
9途切れぬお客さん

これは【もりのいえ】がすごいのではなく、
全体的に人手が多かったこともあると思います。
10すごい人出

ちょっと可哀想だったのがU太。
はっきり言って、子供向けのものは少なかったからね。
つまんないよね。

そこで途中抜け出して、U太と一緒にお散歩します。
肩車をしてイベント会場を練り歩き、
あるお店で「冷凍いちご」を見つけて、大喜びのU太。
これで少しは気分が晴れたようです。
11U太には冷凍イチゴ

そうこうするうちに、昼間前から雨がポツリポツリと降り出しました。
読み通りです。
でもうちは軒を出しているので安泰でした。

お客さんはずっと途切れることなく、
13時頃には焼き菓子はほぼ完売となりました。
この時点で私は、「よし!店を閉めるぞ~!」宣言。

雨脚が少しずつ強くなる中、粛々と店仕舞いを始めた【もりのいえ】。
西の方も来てくれて一緒に片付けを手伝ってくれました。
ありがとうございます。

準備期間から大活躍してくれたみのりちゃんの旦那が登場!
こんなにできるパートナーがいて幸せ者だね。
今度一緒にお越し下さい。
12みのりちゃん夫婦

13残りのスタッフ

上の画像の左から、
視力回復合宿他、いろんなイベントに参加してくれて、
すっかり【もりのいえ一座】入りしている、えりちゃん。ありがとう!

今回初登場のさとみちゃん、ありがとうね。
愛農かまどワークショップ火入れ式の時に来てくれた、やっさんの彼女でもあります。
「いつも写真写りが悪い!」とぼやいていましたが、どうですか?
貴女の笑顔はとても爽やかですよ!

大阪は堺のウーファー・さなえちゃん。
ウーフ初日でダウンした時はどうなることかと思いましたが、
その後はすっかりと馴染んでくれました。
今回も何かとありがとうね。本当に助かりました。

かみさんを挟んで、二度目の参加のちずちゃん。
私の高校生時代から知っている方なので、かれこれ30年来のお付き合いか?
いつもいつもありがとうございます!

そして西の方。
テストを早々に切り上げてのご参加、ありがとうございます!
無事、湯たんぽを引き渡せて良かったです。

残りの焼き菓子はスタッフにプレゼントするつもりでしたが、
でも結局あんまり渡せなかったね。
みんな、ご免!
そしてありがとう!

今回も、いろんな出会いがありました。
過去のイベントで出会った人たち。
ネットショップのお客さん。
そして、会いに来てくれたのに、私たちがあまりに忙しそうにしていたので、
声を掛けずに去っていかれた方々。
(私たちが忙しくしていない時はないので、どうぞ声を掛けてくださいね!)

琵琶湖博物館の方、何かお話があったかのようですが、
どうぞ、下のアドレスまでご連絡ください。
お待ちしています。

みんな、みんな。ありがとう!

そして、何と言っても、かみさん。ありがとう。
お腹の福を抱かえながら、よくぞ頑張ったね。
昨夜帰宅して、即、寝入ってしまったけれど、ようやく眠れるようになったね。

イベントに出店する度に、ご縁が広がり、強まっていくことを実感します。
そして私たちも少しずつだけれど、こなれてきたかな?

今年は今のところイベント出店の予定はないけれど、
何か面白そうなイベントがあったら、是非教えてください!
趣旨に賛同できれば、割とどこへでも行きます。

そしてこれからは秋冬作業が本格的に始まります。
稲刈り、薪づくり。そして焼き菓子の新セット発表が間近です。
【もりのいえ】新ステージに向けての準備も着々と進んでいます。

そうそう。このブログも今回で1,968話です。
2,000話までもう少し!
そこで、2,000話達成を記念して、何かプレゼント企画を検討中です!
お楽しみに。

それから、日本経済新聞・土曜日夕刊で、
加子母を紹介するシリーズ
が今月から始まりました。
これから毎週土曜日、三ヶ月に渡って紹介されるそうです。
そのうちの一回は【もりのいえ】を取り上げてくれるそうでして、楽しみです。

マスコミ紹介と言えば、以前取材を受けた『ドゥーパ!』10月号(No.078)で、
我がSVO車・よきかな号と、
メーリングリストwvoのメンバーが紹介されています。

この号、9月上旬には発売されていたようですが、
取材を受けた私たちは「送りますね~!」と言われていたので買わないでいたら、
なかなか送られてこず、先週メールを送ったら、慌てて送ってきました。
信濃の方、ブレンディさん、届きました?

とまぁ、この秋冬も盛りだくさんであります。
そんな【もりのいえ】になれたのも、支えて下さっている皆さんのおかげです。
本当に、本当にありがとうございます!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


昨年の運動会は雨で翌日に順延したため、
今回と同じ「ベジタリアンフェスティバル京都」の日程とダブってしまいました。
その結果、親の都合でイベント出店を優先して、
運動会には参加できなかったU太。ごめんね。

その後、保育園での一年を振り返るアルバムを見た時に、
運動会の写真がたくさんあるのに、
U太が写っていないことを不憫に感じたものでした。

今年も土曜日が運動会、日曜がイベントというスケジュール。
「今年こそは参加させてあげたいね。」という親の願いが通じ、
無事晴れてくれました。

ということで、年中ながら初参加の運動会。
U太はいつもながら静かに大いに張り切っておりました。
「ひょうたんとり」種目で、いもむしの真似をして先頭を黙々と進むU太。
両こぶしを握りしめる姿から真剣味が伝わります。
1ひょうたんとり

一方、終始ご機嫌で静かなKAN太。
足元の砂で一人遊びをしてくれるのでとても楽です。
3砂で遊ぶKAN太

一方、「ジンギスカン」を踊る役員。
この役は親を順繰りに回ってくるようですが、近々私もそういう役になるのか?
他人事とは思えない光景です。
2踊る役員

あなたは運動会が楽しみな人でしたか?
私は正直言って嫌でした。
理由は明白。体育系ではないから。

下手っぴという訳ではないけれど、
どれも一番にはなれなかった。
素直にその場を楽しめなかった。
だから「運動会なんて雨で中止になればいいのに。」
と心密かに願う子でありました。

ちなみに、これは私が幼稚園児の時の運動会。
やっぱり一番じゃない。そして喘いでおります。
それにしても、走るのに何故三角帽を被せるのか?
19私の幼稚園運動会

さてU太と言えば、親の血を引いたのか、
さほど楽しみにはしていない様子でした。
聞くところによると、「リレーで抜かれるのが嫌!」だそうです。
やはり私の子です。

それでも我が子が参加する姿を見るのは親として嬉しいもので、
U太の参加する時だけ、身を乗り出してカメラを構えております。
ところで、次の連写を見て、何か気づきませんか?
4リレー1
5リレー2
6リレー3
7リレー4
8リレー5
9リレー6
10リレー7
11リレー8
12リレー9
13リレー10
14リレー11


これはビデオで観ると一目瞭然なのですが、
U太の走り方って、ちょっと違うのです。
腕を上げずに走るのです。
まるで、ひげ親父が走るみたいに。
そのくせ「タタタタタッ」と走るので、見ていて結構面白い。

こんな姿を見かけた時は、
「おいU太、走る時は腕を振るものだぞ!」と指導するものなのだろうか?

私はこれまで、ろくに指導なりしつけをしてきませんでした。
例えば言葉もほとんど教えていません。
それでも周りから教えられてきて、少しずつ読めるようになっています。

「子は育てるものではなく、育つもの」と感じているので、
あまり口を出さないでいるのですが、
その結果、例えば今回のような走り方が身についているとも言えます。
ま、いっか。

あれこれと思案するうちに、
お母さんとU太が一緒に参加する「たつまき」という種目が始まりました。
お腹に福を抱きながら、U太を背負って走るかみさん。ごくろうさん。
15たつまき

さてお昼になりました。
お母さんの美味しい手づくり弁当!
お前達は幸せだよ。もちろん私も。
16お昼

午後の最初は、役員と職員の種目です。
こういう姿を見て、再び「明日は我が身か?」と感じ入る私。
17役員小さなかぶ

U太が3年で卒業した後、KAN太が入園し、
KAN太が年長の年に福が入園します。
つまり、8年間保育園にお世話になる勘定でして、
その間、まるで関係無しとはならないでしょうね。

最後は、U太が一番嫌だと言っていた「たまいれ」。
何故嫌かというと、「なかなか入らないから。」
納得。お前は達成感を求めているのだね。
そういえば私も入れられた試しがありません。
一体、誰が入れるんじゃ?
18玉入れ

とまぁ、あっと言う間に運動会が終了しました。
やっぱりこういう節目のイベントっていいね。
私は当事者だった幼い頃は嫌だったけれど、
子を持つ立場として参加すると、とても良い思い出づくりとなりました。

昼休みや終わった後、U太と手をつないでいると、スキップしていました。
何と言っても、親子が共に過ごすことって最高ですね。
爽やかな気分のまま、いざ京都へ!
行ってきます!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


まずはU太の保育園運動会だ!
そして間髪入れずにベジフェス京都に行くぞ!
既にお気づきの方もおられるかもしれませんが、
ネットショップ「もりのいえのお届け便」のデザインを変えました。
よろしければこちらをクリックして、ちらっと覗いてみてください。
あるいは、右のプロフィール欄からも行けます。

昨年春にオープンした「もりのいえのお届け便」ですが、
マイナーチェンジはあったものの、
季節毎の焼き菓子セットを発表したりするのが中心で、
さほど動かしておりませんでした。

自分がお客の立場だったら、
動かないサイトをわざわざ覗くことはしないものですが、
運営する側に立つと、ブログ以外のサイトにも意識を向けるのは結構大義でした。

ところが改めて自分たちのサイトを見てみると、「こりゃ変わり映えがしないなぁ。」
そう感じたからには、今、手を加えずしていつやるか!

例えば個々の商品説明はそつなく真面目に書いているものの、
あまりノリはよろしくありませんでした。
そこで奮起一発!
これからはネットショップもブログ調でいくぞ!
私のキャラをどんどん出していこうかと思っております。

そこで皆さんにお願いがあります。
「一緒に、ネットショップを育てていただけないでしょうか?」
要は、「ここをこうすれば?」「こういうのも加えたら?」などと、
ちゃちゃを入れていただきたいのです。

ちなみに私はこれから個々の商品についてのお客さんの感想文(コメント)を
アップしていこうと考えています。
他にも「こんなことをしたらいいよ。」
というアドバイスをいただければ嬉しいです。

例えば、クレジットカード決済方法がある方がいいですか?
例えば、送料が安くなると、買い易くなりますか?

そうして揉まれていくうちに、きっとこのサイトが育っていくと思います。
こうして書く以上、私もショップサイトをこれからはかまっていきます。
今まで少々眠っていたサイトを起こすのです。

そして少しずつ品揃えを見直します。
「私たちが熱く語れるもの」に絞っていきます。
そうすることで、【もりのいえ】らしい品揃えになるはず。

「こんな商品を扱ってよ!」でもいいですよ。
それをどうするかは私たちが判断しますが、
まずは情報をいただきたいです。

ということで、「ネットショップを起こそう!」アクションが始まりました!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。