FC2ブログ
ベジフェス京都での成功の後、かみさんの実家で一泊して、
意気揚々と帰宅した私たちですが、
私たちの不在中に田んぼの一部では異変が起きていました。

これはうちの母屋から見た、加子母百年米の田んぼです。
一般的な田んぼに比べて、スカスカ感があるかと思いますが、
これはわざと株間をあけたからで(40cm間隔)、しかも一本植えですので、
それにしては順調に育っています。
1加子母百年米2010収穫直前

うんうん、良い感じです。これらが全て「加子母百年米」です。
2良い感じ

ところが母屋の反対側では、半分以上がなぎ倒されていました。
3半分荒らされた!

この足跡は誰だ?
4これは猿?

そして、穂の根元だけに米を残してしごいていったのは誰だ?
5しごいた後

断定できませんが、これはきっと猿の仕業でしょうね。
今年は周辺でよく出ていましたから。

加子母百年米物語については、こちらをご覧下さい。
私としてはかなりの思い入れを込めて育てているお米です。
「奇跡のりんご」じゃないけれど、私は「奇跡の米」だと位置づけています。
(毎度、さかのぼって読むのは大義でしょうから、
一度本当に一つの物語として編集するのが良いかもね。)

401粒のうちの一粒が芽を出し、1600粒強の子を残しました。
その1600粒を今年発芽させ、全てではありませんが、
それなりに育ててきました。
その加子母百年米の田んぼの半分ほどの面積に猿が入ったのです。

ところが、不思議と怒りは湧いてきませんでした。
「あぁ、猿が来たんだな。」というくらいの感覚です。

「ここは私が使っている田んぼだ! そしてこだわっている米だ!」
と言ったって、この時代にたまたま私が預からせていただいている田んぼで、
そしてたまたま私が見つけて育てるという役目をいただいて、
その結果、稲が自然に育っているだけのことです。

そこに、これまた自然の一部である猿がやってきて、
それを食料にすることに、何の異議があろうか?

最近、野生動物がよく里に降りて来て、農作物を食べる現象について、
一般には「山に作物が育っていないからだ。」と言われます。
「でも、それは違う!山に作物が無いからではなく、里に食べ物があるからだ!」
と、地元の方がおっしゃっていました。
それは一理あります。里にある食べ物に手を出す方が楽だもんね。

ただ、再び猿がここにやってきて、
残りの田んぼに入ってこられるとなると流石にやっかいなので、
今回、穂に残された米を手でしごいて収穫することにしました。
そうすることで、「米がついていない稲」の田んぼが広がり、
猿たちが次の収穫を諦めないかな?という期待です。

人差し指を曲げ、そこに穂をはさんで、親指をヘラのようにしてしごきます。
その作業を一人黙々とするうちに、こんな言葉が浮かびました。

「お~い、この米を食った猿たちよ~。美味かったかぁ?
農薬も肥料もやらず、
それぞれ一粒の米が一生懸命根と葉を伸ばして身につけた米だぞ。
きっと美味かろう。そんな米を食えて良かったなぁ!」

米づくりで生計を立てている方からすると、何と暢気な発想かもしれません。
確かに私たちは農業ではなく、農的暮らしをしているので、
今、この米が全て自分たちのものにならないと、
明日食っていけないというほどではありません。

でも、それにしても今年は田畑作業に時間を割くことが出来なかったので、
今回の出来事は「そういうことに意識を向けなさいよ。」
というような意味ある出来事なのでしょう。
その点、今回は田畑に目を向ける良い機会となりました。

さて、再び黙々と作業をするうちに、
それでも十分な米が収穫されることに気づきました。
食べてしまうとあっと言う間の分量ですが、
これを全て来年育てる用として考えると、それなりのものです。
僅かに残された「おこぼれの米」を集めてもこれだけの量ですので、
荒らされていない田んぼの分も合わせると、この数倍になりそう。
6私がしごいて収穫

では、この「加子母百年米・二世」をどう扱うか?
自然と次のようなアイデアが浮かびました。
「これを求める人々に配ろう。」

この「奇跡の米」を、皆で一緒に育てようではないか。
いや、育ってもらおうではないか。
せっかくここまで無農薬で育ててきたので、
この先も意思を引き継いで下さる方ならば、どなたにでもお配りしよう。

教育用に使っていただいてもよいし、
例えばバケツに土と水を張り、数粒を育てるだけでもよいです。
たった一粒から広がった「奇跡の米」を、求める人すべてに配ろう。
そして、一緒に「加子母百年米物語」を創っていこうではないか。

ということで、「加子母百年米」を育ててみたいという方は、
どうぞ名乗り上げてください。
お一人分は僅かな量となるかもしれませんが、差し上げます。
同じ意思を持つ方、物語を紡いでいきましょう!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


スポンサーサイト



ようやく旅から戻りました。
大きな満足感と喜びと、心地よい疲れに包まれながら、
ここ数日間を振り返っていきます。

先週の前半から、かみさんは次第に出店用焼き菓子モードに入っていきました。
こういう時期、かみさんはこの作業にフォーカスしますので、
周りの人間が焼き以外の作業や、家事・育児のフォローをする必要があります。

今回その役を担ってくれたのは、
9月に一度ウーフをしてくれた、みのりちゃん。

みのりちゃんは配慮がきく人で、
あれこれ言わなくても気がついて作業してくれるし、
どの作業も前向きに楽しんでしてくれるし、
しかも保育園で働いていたので子供の相手も上手で手先が器用だしと、
満点のスタッフさんです。
今回も本当に助かりました!ありがとうね!

今回のベジフェス京都は、準備段階で幾つかの課題が見えていました。
まず、かみさんが妊婦なので、さほど無理がききません。
その割には結構無理していましたが、
やはり焼く分量は他のイベントよりは少なかったです。

次に、前日が保育園の運動会だったことです。
直前に十分な準備ができないのは正直言って痛いです。

最後に、天気予報では「曇ときどき雨」だったことです。
イベント直前まで予報の変化を眺めていましたが、あまり動きがありません。
午前中はやや上向きになりそうでしたが、
午後には雨が降るであろうことが想像できました。

これらの課題と状況を踏まえた私の読みは次の通りでした。
・午前中の人出が多く、午後は一人の滞在時間が短くなるので人手は減るだろう。
・うちは品数が少ないこともあり、できるならば午前中に目処をつけたい。
・そして、雨対策としてテントから軒を出して、
 天候に関係なくお客さんとコミュニケーションを取れるようにすることが肝要。

この手の屋外イベントで、雨の場合を何度か経験していますが、
ある法則に気づいていました。

テントって、雨どいがないでしょ?
だからテントに降った雨水は、端からどんどん落ちるのです。
それはまるで「雨のカーテン」のよう。

そのカーテンをはさんで、雨の降る中、傘をさして立つお客さんと、
テントの中で雨に濡れずに引き込んでいる店員。
こんな状況(距離感)ではコミュニケーションがなかなか進みません。

そこで考えたのが、「雨のカーテンの内側にお客さんに来てもらうこと。」
つまり、軒を出して、雨のカーテンを外に移すのです。
そうすることで、お客さんが傘をたたんで店内に入ることができ、
店員との距離感が縮まり、
コミュニケーションがスムーズになるだろうという読みです。

ということで、取った対策がこれ。
一見、見た目は分かりにくいかもしれませんが、
他のテントに比べて、うちは80cmほど軒を出しているのです。
組み立てテントの足を持ち込み、ブルーシートを掛けました。
1軒を出す

今回のイベントは、テント持ち込み禁止で、
主催者さんがあらかじめ設営されたテントで出店したのですが、
軒を出すことは事前に主催者さんの許可を取っておきました。

当日の朝、思いのほか晴れ間が出たこともあり、
周りのお店からは、
「予報が外れて晴れて良かったね~!」何て声が聞こえてきました。

でも、私とかみさんは空を見上げ、風を感じて、
「遠からず降るね。」と語り合っていました。
こういう感覚は普段の暮らしから分かるものです。
そして、いそいそと軒づくりに精を出しておりました。

話が前後しますが、前日の保育園運動会が終了したのが14時。
帰宅して風呂を沸かし、夕食を立ち食いしながら準備を進め、
あらかたの荷物を車に積み込んで、子どもたちを寝かしつけて、
自分も寝たのが22時頃。

その夜はKAN太が何度も泣きました。
添い寝をして、浅い眠りのまま目を覚ましたのが02時過ぎ。
かみさんは1時間少ししか寝ていないようでした。

車に残りの荷物を載せ、寝ている子どもたちをそのまま車に移し、
加子母を出たのが03:33。
中央道中津川IC~小牧ジャンクション~京都東ICまで高速をひた走ります。
途中、2回の短いトイレ休憩を挟んで、京都・岡崎公園に到着したのが、
何と!06:40でありました。
こんなに早くに到着できるんだね。

睡眠不足と長距離運転で、身体は疲れているはずなんだけれど、
こういう時は感じません。
粛々と荷物を下ろし、準備を始めるうちに、スタッフが集まってきました。

準備段階から手伝ってくれたみのりちゃん。
貴女の作った新パネルは、とっても出来がいいです。
全てビニールカバーもかけられて、雨対策もバッチリ!
2みのりちゃんによる新パネル

今回の店構えです。
本棚やチェストを使って、立体的に展示しました。
3店正面

左下と中央は焼き菓子系です。
ダンボールのキャッチコピーを書くのは、かみさんの仕事。
同じものを作っておければ良いのだけれど、
素材が変わったり、思いも違うようで、
手間はかかりますが、毎回新作します。
4クッキーコーナー

右が物販コーナー。
今回、雑穀系が意外に出ました。
次回はよーく覚えておこう。
5物販コーナー

左上は加工品の瓶ものコーナー。
大辛ソース「ファイアー!」、食べるラー油、トマトリンゴチャツネソース、
そしてりんごジャムが並びました。
これらは瓶詰めするまでで当日を迎えてしまったので、
ラベルなど見せ方をもっと工夫する必要があるようです。
新たな課題です。
6瓶ものコーナー

裏では私とかみさんが交代でベジピタサンドを作っておりました。
お豆と雑穀を混ぜた「コフタ」を揚げて、サラダと一緒に挟むのですが、
この揚げ工程があると、私は途端に忙しくなります。
KAN太はずっとおとなしく過ごしてくれました。
7ピタサンドコーナー

こうして始まった【もりのいえ】店舗ですが、
イベント開始直前にあるハプニングが起きました。

今回、高山から私たちの友人・アイリーちゃんが出店していたのですが、
彼女のスタッフ二人のうち一人が、
病気のために来られなくなったことを知りました。

「子供を抱かえて、アイリーちゃん、大変ね。」
「そうだな。・・・よし!」
やおらアイリーちゃんの店に向かい、
うちのスタッフを1名回すことを提案しました。

もちろん、アイリーちゃんは大喜び。
まず、みのりちゃんを送り込み、
途中からOBウーファー・さなえちゃんに交代してもらいました。
さなえちゃんは、そちらの店の方が長かったかも?
ありがとうね。

スタッフが実質一名減ったことで、【もりのいえ】は結構大変なことになりましたが、
事前の申し出以外の方も来てくれたので、何とか回り始めました。
一人は店の前でチラシを配りつつ接客、
一人は正面で接客、
一人は交代で休憩、
私とかみさんは交代でピタサンドを作りながら、全体を見回していました。
8狭い間口

そして、誰かがU太とKAN太の相手をしてくれました。
昨年も来てくれたかずみちゃん。
ずっとKAN太を見守ってくれてありがとうね!

今年二回目の出店の私たち。
昨年は全く名前が知られていない中、何とか奮闘したという感じでしたが、
今年は朝から出足好調です。
イベント開始から、お客さんが途切れることはありませんでした。
9途切れぬお客さん

これは【もりのいえ】がすごいのではなく、
全体的に人手が多かったこともあると思います。
10すごい人出

ちょっと可哀想だったのがU太。
はっきり言って、子供向けのものは少なかったからね。
つまんないよね。

そこで途中抜け出して、U太と一緒にお散歩します。
肩車をしてイベント会場を練り歩き、
あるお店で「冷凍いちご」を見つけて、大喜びのU太。
これで少しは気分が晴れたようです。
11U太には冷凍イチゴ

そうこうするうちに、昼間前から雨がポツリポツリと降り出しました。
読み通りです。
でもうちは軒を出しているので安泰でした。

お客さんはずっと途切れることなく、
13時頃には焼き菓子はほぼ完売となりました。
この時点で私は、「よし!店を閉めるぞ~!」宣言。

雨脚が少しずつ強くなる中、粛々と店仕舞いを始めた【もりのいえ】。
西の方も来てくれて一緒に片付けを手伝ってくれました。
ありがとうございます。

準備期間から大活躍してくれたみのりちゃんの旦那が登場!
こんなにできるパートナーがいて幸せ者だね。
今度一緒にお越し下さい。
12みのりちゃん夫婦

13残りのスタッフ

上の画像の左から、
視力回復合宿他、いろんなイベントに参加してくれて、
すっかり【もりのいえ一座】入りしている、えりちゃん。ありがとう!

今回初登場のさとみちゃん、ありがとうね。
愛農かまどワークショップ火入れ式の時に来てくれた、やっさんの彼女でもあります。
「いつも写真写りが悪い!」とぼやいていましたが、どうですか?
貴女の笑顔はとても爽やかですよ!

大阪は堺のウーファー・さなえちゃん。
ウーフ初日でダウンした時はどうなることかと思いましたが、
その後はすっかりと馴染んでくれました。
今回も何かとありがとうね。本当に助かりました。

かみさんを挟んで、二度目の参加のちずちゃん。
私の高校生時代から知っている方なので、かれこれ30年来のお付き合いか?
いつもいつもありがとうございます!

そして西の方。
テストを早々に切り上げてのご参加、ありがとうございます!
無事、湯たんぽを引き渡せて良かったです。

残りの焼き菓子はスタッフにプレゼントするつもりでしたが、
でも結局あんまり渡せなかったね。
みんな、ご免!
そしてありがとう!

今回も、いろんな出会いがありました。
過去のイベントで出会った人たち。
ネットショップのお客さん。
そして、会いに来てくれたのに、私たちがあまりに忙しそうにしていたので、
声を掛けずに去っていかれた方々。
(私たちが忙しくしていない時はないので、どうぞ声を掛けてくださいね!)

琵琶湖博物館の方、何かお話があったかのようですが、
どうぞ、下のアドレスまでご連絡ください。
お待ちしています。

みんな、みんな。ありがとう!

そして、何と言っても、かみさん。ありがとう。
お腹の福を抱かえながら、よくぞ頑張ったね。
昨夜帰宅して、即、寝入ってしまったけれど、ようやく眠れるようになったね。

イベントに出店する度に、ご縁が広がり、強まっていくことを実感します。
そして私たちも少しずつだけれど、こなれてきたかな?

今年は今のところイベント出店の予定はないけれど、
何か面白そうなイベントがあったら、是非教えてください!
趣旨に賛同できれば、割とどこへでも行きます。

そしてこれからは秋冬作業が本格的に始まります。
稲刈り、薪づくり。そして焼き菓子の新セット発表が間近です。
【もりのいえ】新ステージに向けての準備も着々と進んでいます。

そうそう。このブログも今回で1,968話です。
2,000話までもう少し!
そこで、2,000話達成を記念して、何かプレゼント企画を検討中です!
お楽しみに。

それから、日本経済新聞・土曜日夕刊で、
加子母を紹介するシリーズ
が今月から始まりました。
これから毎週土曜日、三ヶ月に渡って紹介されるそうです。
そのうちの一回は【もりのいえ】を取り上げてくれるそうでして、楽しみです。

マスコミ紹介と言えば、以前取材を受けた『ドゥーパ!』10月号(No.078)で、
我がSVO車・よきかな号と、
メーリングリストwvoのメンバーが紹介されています。

この号、9月上旬には発売されていたようですが、
取材を受けた私たちは「送りますね~!」と言われていたので買わないでいたら、
なかなか送られてこず、先週メールを送ったら、慌てて送ってきました。
信濃の方、ブレンディさん、届きました?

とまぁ、この秋冬も盛りだくさんであります。
そんな【もりのいえ】になれたのも、支えて下さっている皆さんのおかげです。
本当に、本当にありがとうございます!


*毛布が11枚まで集まりました!ありがとうございます。
 目標の20枚まであと少し!
 余っているようでしたら、いただけないでしょうか?
 よろしくお願いします!

農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。