大晦日ですねぇ。
例年でしたら「この一年、こんな出来事がありました~!」と整理するところですが、
今年はそういう作業をする時間を取れないくらいのペースです。

というのは、忙しさに追われているのではなく、
その時々を丁寧に楽しんで過ごしているので、
結果的にブログを書く時間が減ってきているというのが実態です。

ところで、特にここ数日の出来事は、
「まさに【もりのいえ】!」というような状態ですので、
その報告をすることで今年を締めたいと思います。

「来春からの長期スタッフ募集!」と書いたところ、
「今、長期滞在できませんか?」とアプローチしてきた、ちょろ。

「ともかく一週間ほど滞在してみないかい?」と誘い、早速来てもらいました。
時はクリスマス前。
オリエンテーションをする時間などなく、
いきなり「焼き菓子フルモード」の世界に飛び込んだ、ちょろ。
戸惑いは多かったかと想像します。それでもうまくこなしてくれました。

子ども達もすぐに慣れて、仲良くなりました。
26日には積もった雪で一緒にかまくら作りに精を出しました。

1かまくら作り

そして四日目、さやかちゃんにリーディングしてもらったそうで、
その際、いたく感じるところがあったそうです。
その夜、思い詰めた顔つきで私のところにやってきました。

「申し訳ありませんが、明日帰らせてください。」
「ここでの暮らしで嫌なことがあったのかい?」
「とんでもないです!
むしろ、ここでの暮らしで、これから私がすべきことが見つかったのです。」
目を真っ赤にはらして語る姿に誤摩化しは見られませんでした。

【もりのいえ】で過ごした人たちは、お客さんであれ、スタッフであれ、
その人ならではのタイミングで、「何か」を掴んで帰られる方が多いようです。

ちょろの場合、その時が四日目にしてやってきたということなのでしょう。
当初、長期滞在を希望してきた彼女でしたが、
そんなことは問題ではなく、私たちは喜んで彼女を送り出しました。

彼女が残してくれたメッセージに、このような一文がありました。
「今、あたしは、この家での暮らしを、名古屋っていう、
ちょっとした都会で挑戦してみたいです。」

これから貴女がどんな人生を歩むのか、私たちは楽しみにしているよ。
縁をつないでくれて、ありがとう、ちょろ。(後列真ん中です。)

2ちょろバイバイ

怒濤のクリスマスシーズンが過ぎ、
26日には、今野華都子先生による、洗顔教室が下呂で開かれました。
かみさんと、スタッフ・千ちゃんが参加し、ピカピカになって帰ってきました。

この洗顔教室のすごいところは、洗顔方法だけでなく、
お話が素晴らしいことだそうです。
一日お話を聴いた千ちゃんは、「あまりに多くの言葉が響き過ぎて、消化不良だ!」
と喜びの声を上げていました。

27日は、吉村医院にて助産婦外来を受けました。
気がつけばかみさんは8ヶ月を過ぎておりました。極めて順調だそうです。
もう間もなく三人目がやってくるなんて、嘘みたい!

28日、さやかちゃんのリーディングが始まりました。
朝9時から一時間毎に一人ずつ、計9名の方が入れ替わりやって来られました。
皆さん、大感激した様子で、涙ぐむ人続出!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ここでご案内です!
大人気の「さやかちゃん個人リーディング」。
年明けも行なうことになりました。
時期は、1月3日から7日までの間で、
一日最大5名までとさせていただきます。
お値段は、30分で5,000円ですが、大抵時間は越えます。
ご希望の方は、直接さやかちゃんにメールしてください。
メールアドレス:sakuracard2@mail.goo.ne.jp
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

話は戻って、さやかちゃんリーディング中、
他のメンツは忘年会の準備にいそしんでおりました。
30名以上が参加する予定でしたので、それなりの段取りが必要だったのです。

今までの宴会パターンでは、一旦席につくと、そこにどっしりと座り込み、
お隣同士で話し込むことが多かったのですが、
今回は「交流」をテーマにしたかったので、
一考を凝らしました。

まず、テーブルをどかしました。
そして、会場を拡張して一角のテーブルに食べ物を並べ、
ビュッフェスタイルにしました。
会場では要所要所にお盆を床置きし、グラスなどを置けるようにしました。

一連の準備が整った頃から、続々とお客さんが到着されます。
その度に歓声やハグや、ご紹介が始まります。
おかずも続々と登場!
今回、「参加費一人1500円もしくは一品」としたので、
ほとんどの方が一品持ち寄ってくれました。

18年末持ち込み料理1

19年末持ち込み料理2

20年末持ち込み料理3

21年末持ち込み料理4

中には10品作ってくれた、みつこさんや、
飲みかけも含めて6本の焼酎を持ち込んでくれた、ふるかわさんなど、
もう大宴会モードです。

さぁ、忘年会が始まりました。
全員で【もりのいえ】での食事の言葉を唱えます。
「自然の恵みと、作ってくれた人に感謝して、よーく噛んで、いただきまーす!」
こうして和やかに宴の開始です。

22会話1

いったい何人の方がやって来られたのだろう?
私が認識している方で、合計37名だったはずですが、
会場を眺めるに、もっといたようにも感じました。

そして一体何品揃ったのだろう?
ものすごい数のお皿が並びました。
そしてどれも美味しい!
皆さん、ありがとうございます!
大感激であります。

さて、少し腹ごなしができたところで、自己紹介タイムをとりました。
木の低いお立ち台を置いて、それに立って自己紹介と来年の抱負を語っていただきます。
この「低いお立ち台」というのがミソでして、
たった10数センチの高さなのに、妙に高いところに来たような気がして、
少々緊張感が起きます。
この感覚、今回体験した人は分かるよね?

第一番は、加子母に移住して、とってもアクティブに活動しているくみちゃん。
かみさんとも仲良しです。

23お立ち台

その後、次々に自己紹介していただき、
それから場を一旦シャッフルして、交流を深めていただきました。
今回、加子母内外から様々な方が来られたので、
そういう方々の新たな出会いの場になってもらいたいと願ってのことです。
その思いが通じてか、あちらこちらで新しい会話の輪が広がりました。
その様子を眺め、感無量の私です。

24会話は続く2

宴は続き、最後に私が片付けをして床についたのは、三時半でした。

さて、翌朝、29日。新年の準備会です。
ほどよい人数の方が集まり、まずは餅つきの準備です。
今年完成した、愛農かまどで、餅米を蒸します。

3餅米を蒸す

うちの餅の特徴は、「玄米餅」です。
通常、玄米を蒸して餅をつこうとすると、
蒸すのに時間がかかるわ、つくのに苦労するわ、結局ボソボソになるわで、大変です。

そこで、数年前に私たちが発見した画期的方法!
まず、玄米を精米して、分づき米と米ぬかに分けます。
そして、分づき米を最初に蒸して、頃合いをみて米ぬかを戻すのです。
つまり、「玄米」→「分づき米+米ぬか」→「再び玄米に合体」という流れです。

これでやると、米はスムーズに蒸され、玄米と同じ成分で食せるという訳です。
我ながらナイスアイデア!
今年もこれでやりました。
蒸された米と、米ぬかをこねて混ぜます。

4突く前に混ぜる

そしてついていきます。
最初はぎこちなかった皆さんですが、途中からは動きもスムーズです。
つき手二人でも間合いピッタリ???

5二人が突く

お子さんも上手につけました~!

6子どもも突く

最後に真打ち・かみさん登場!
自慢のへっぴり腰とフェイントで笑いを誘います。

7へっぴり腰のかみさん

こうしてつき上がった特製玄米餅。
期待以上の出来です。

7餅を丸める

手の空いている人たちが次々にまとめていきました。
大家族の年末風景っぽいですね。
皆さん、お味はどうでしたか?
【もりのいえ】では、ガンガンに食べています。

8みんなで丸める

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
そして再びご案内。
このままでは餅があっと言う間に無くなりそうなので、
元旦に再び餅つきをすることになりました~!
参加したい人、早めにご連絡下さい!
(*やっぱり、あまりに急なので、10日頃にすることにします。)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

11時頃、近所の長老、いちえさんが来てくださいました。
昨年もやって好評だった、注連縄づくりの講習です。
今年、【もりのいえ】で育てた稲の藁を使って作ります。

9いちえさん登場

最初に「こうして藁をしごくんだよ。」とプロの腕前披露。

皆も真似ますが、これが結構難しい。
でもこの作業が大切なんですよね。

10藁をしごく

次に、藁を叩いて柔らかくします。
この作業が結構重労働です。

12藁を叩く

そしてようやく縄ないです。
最初は「ええ~! 一体どうなってんの?」という皆さんでしたが、
次第にコツを掴んできました。
大量の焼酎と、大量のおでんを持ち込んでくれたふるかわさん。
相撲&柔道家ということでさすが注連縄もダイナミックです。

14ふるかわの関

こうして、みんな、マイ注連縄ができました~!
(クリックすると大きくなります。)

15注連縄できた~!

さて続いて、門松づくりです。
裏山の孟宗竹を切って、枝を落とし、家の前まで運びます。
それを適当な長さで切っていきますが、
マシンを使うのが初めての方が多く、その作業そのものが新鮮だった様子。

16竹を切る

これが来年の【もりのいえ】の門松です。
今回は小さくまとめました。

17今回の門松

昨日、30日は、朝から神社の清掃です。
氏子総代二年目の今年は、段取りも読めているので楽です。
スタッフ達にも手伝ってもらいました。

その間、千ちゃんだけは、
ひとえさんのオーラソーマ・コンサルテーションを受けにいきました。
今年、うちの女性スタッフの多くがこのコンサルテーションを受け、
大きな刺激と学びを得て旅立ちました。
千もかなり深く入った様子。

そして午後からは皆で下呂温泉に行き、
そのまま加子母のカラオケボックスへ!
ノリノリで今年最後の歌い納めをしました。
特にかみさんが全開! スタッフたちの驚きを呼んでおりました。

私といえば、実は数日前から腰痛が始まっていまして、
なにかにつけ、自重気味に動いております。
でも周りの皆が何でもやってくれるし、私はニコニコして眺めているだけで幸せです。

「日めくりを作ろうか。」とのブログで、その一つにこのように書きました。

「目の前で起きていることは、私の生き写し。」


これは、善きも悪しきも、目の前で起きていることは、
過去に私がしたことの返しであったり、
あるいは今の私自身の状態そのものであるという意味でもあります。

その視点で捉えるならば、今、目の前で起きている数々の出来事は、
まさに私自身の状態であるのか?
何と幸せなことであろうか!
ただただ、感謝です。

今年一年、実に様々な出来事がありました。
嬉しい楽しいことばかりではありませんでしたが、
ほとんどが善きことばかりでありました。
そして年の終わりにこんなにも素晴らしい時を過ごすことができ、
本当に感謝であります。

お一人お一人のお名前を出すことはしませんが、
この一年出逢えた全ての人々に感謝です。
ご縁に感謝です。
出来事に感謝です。

本当に、本当に、ありがとうございました。



1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月3~7日:さやかちゃん個人リーディング
     お申し込みはこちらへ:sakuracard2@mail.goo.ne.jp

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

2010年10月23日・下呂、今や伝説となったイベント『いのちの授業』にて、
参加された大勢の人々全てを感動に導いて下さった今野華都子先生が、
「一緒に伊勢神宮を参拝しませんか?」とお誘い下さいました。

今野先生は、宮城の酪農家の一主婦でしたが、
45歳の時に独学でエステの技術を身につけ、
仙台に六畳一間の古いマンション一室を借りて開業されました。

その後、素人の新人を一人前のエステシャンに育て上げるなど、
持てる限りの愛情をスタッフとお客様に注ぎ、共に幸せを共有してこられました。

世界110ヶ国が参加し、本場フランスで行なわれた
「第一回LPGインターナショナルコンテスト」で、
最優秀グランプリを受賞された、フェイシャルの第一人者です。

全国のエステサロンの経営者を対象に、
技術も経営も「全ては人づくりから」との理念を伝え続けています。

『人を信じ、人を愛し、人を育てることは、私の使命です。』
をモットーに、人としての美しさと優しさの創造に邁進されています。

また、ライフワークとして全国で洗顔教室を開催されており、
10年間で5万人に洗顔の大切さを伝え、
その洗顔法はエステシャンの間でバイブルとなっています。

その洗顔教室が、今日、下呂市で開かれ、
うちのかみさんと、スタッフの千が参加してきました。
他にも加子母から知った方々が数名参加されていました。

私は今日は子ども達の相手で、もう一人のスタッフ・きょろと一緒に、
かまくら作りにいそしんでおりましたが、
その間、かみさんたちは、洗顔の心得を学び、深く感動して帰ったようです。

その今野先生からのお誘いに乗らない手はありません。
そこで、以下の通り、告知いたします。
今回の企画は、下呂のえとうさんと私で組みましたが、
やって来られる方は全国からいらっしゃるようです。

つきましては、このブログを読んで「参加しよう!」という気になられた方は、
まずは私にご連絡ください。
お待ちしています。
では、ご案内します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今野華都子先生と共に新春の伊勢神宮を参拝しましょう!
 この度、今野華都子先生が、
「一緒に伊勢神宮を参拝しませんか?」とお誘い下さいました。
宿泊先は、今野先生が経営者として立て直された、
あの「タラサ志摩ホテル&リゾート」です。
 つきましては以下のような企画を組みましたので、
ご都合の合う方の参加を募集いたします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★日程:2011年1月19(水)~20(木
★主な旅程:タラサ志摩ホテル&リゾートにて、今野先生のお話会
      同ホテルにて夕食  その後、懇親会
      翌日、早朝から伊勢神宮参拝
      タラサ志摩ホテル&リゾートに戻り、朝食
★参加費: 宿泊料(一泊二食)大人一人:24,000円 
      *19日と20日の昼食は、各自でお済ませください。

★スケジュール(案):
 【1月19日(水)】
 15:00 タラサ志摩ホテル&リゾートのロビーに集合
    三重県鳥羽市浦村町白浜1826-1(最寄り駅:鳥羽駅) 
    TEL:0599-32-1111(代表)
 16:00~17:00今野先生のお話会(テーマ:神話について)
 18:00 夕食会
 19:30 会場をラウンジに移して懇親会
 21:00 解散、就寝

 【1月20日(木)】 
 *伊勢神宮へは以下の予定よりも早めに移動することが望まれます。
 06:00 タラサ志摩ホテル&リゾートを出発(各自の車に分乗)
 06:40 伊勢神宮・内宮到着、参拝(*駐車場が離れている可能性があります。)
 08:00 伊勢神宮出発
 08:40 タラサ志摩ホテル&リゾートに戻り、朝食(朝食タイムギリギリとなります)
 12:00までにチェックアウト

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
「自分を丁寧に扱うことが、相手を大切にしていきます。」
「自分を認めることが、相手を認めることにつながります。」
と常々語られる今野先生。そんな素敵な今野先生と共に過ごし、
伊勢神宮にご一緒することは、心身共に清め、2011年のみならず、
新しい時代の門出を祝うことになることでしょう。
この機会に是非ご参加されることをお勧めします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

皆さんはどのようなクリスマスを過ごされましたか?
我が家では例年になく長く濃いクリスマスを楽しみました。

我が家にツリーがやってきたのは12月7日。
かなり本格的なツリーがやってきて、子ども達は大喜び!
U太もKAN太も、お客さんが来られる度に、
「ツリーを観て~!」と誘います。その姿がかわいい。

ツリーの飾り物はあまり買わないでおりました。
LEDの電飾は取り付けたけれど、
それ以外の飾り物はできるだけ自作してもらいたかったからです。
それは「U太ならできる!」と読んでのことです。

その期待に見事に答えてくれたU太。
ツリーがやってきた日から、続々と自作し始めました。
まずは折り紙で作ったサンタクロース。
1U太のサンタ

そして、過去にいろんな人からもらった品をつないで、
トナカイに引かれるサンタクロースも自作。
2.いろいろつなげてサンタにするjpg

これは綿で作ったKAN太だそうです。
何とも表情があります。
3綿で作ったKAN太

これは確かフクロウだったかな?
いいねぇ。
4綿で作ったフクロウ

私が一番感心したのがこれ。
いろいろ書き込んだ絵を切り抜いて、裏紙に貼ってつなぎます。
5自作飾り物1

これも同じく、いろんなパーツをくっつけた飾り物。秀作です。
6自作飾り物2

私はU太の独創力が大好きです。
まず彼は観察力が素晴らしい!
そしてそれをモチーフにして、彼独自の世界観で表現する力が素晴らしい!
そんな彼のセンスがどんどん活かされていくように見守り、支えることが、
私の親としての役目であるように感じます。



さて、うちの畑では意外にも葉ものがうまく育っています。
最初に種を蒔いて、時々周りの草を抜くくらいで、あとはほったらかし。
収穫時期も過ぎているのにそのままにしておいて、
必要な時だけ採っていただきます。

大根もほれ、この通り。立派に太くて長いのが育ってくれました。
もちろん美味しい!
こういうスタイルで自給率が高まっていくといいなぁ。
来年はもう少し田畑にエネルギーを注ぎます。
7何にもしなかった大根

クリスマスに向けて、連日焼き菓子づくりと発送作業を続けていました。
これが毎日の景色です。
8焼き菓子発送真っ盛り

今回のセットは、これまで以上に一つ一つに手間がかかったため、
かみさんの努力は大変なものでした。
しかも身重でしょ?
よくぞ頑張り通してくれました。 ありがとうね。

これは、ある方から2セット注文いただいた時に梱包したものです。
二つずつ並ぶとまるで贈答品だね。
妙に感心していたら、「既に立派な贈答品ですけど。」と、
ウーフの千(せん)から突っ込まれました。
9贈答セット?

千が来てから、大きなイベントは数多くはありませんでした。
それでも、実はこの時期は【もりのいえ】にとって
一年で一番忙しい時期でもありました。
やることは、焼き菓子を焼いてお届けし続けること。

そんな時期に滞在してくれた千。
家事、子どもの相手、発送と、どれも地味な作業ですが、
様々な場面でサポートしてくれました。

この時期は私もかみさんも焼きと発送に集中します。
昨年なんて目が血走っておりましたが、今年は千がいてくれたおかげで、
とても心穏やかにコトを進めることができました。
千、ありがとうね。心から感謝します。



さて、24日の夜を迎えました。
この時期、特にご指名で到着の希望が多いため、
私たちはまるでサンタクロースになったような気分で作業を進めます。

そんな姿を間近で見ていた千が、ある時にポロッといいました。
「U太君のお父さんとお母さんはサンタクロースだからね。
世界中の人たちにプレゼントを送り届けているんですよ。」

千とすれば、私たちの姿を感じるままに語ってくれたのでしょうが、
U太は異なる反応を示しました。
「そんなことを千は言うな!」

子どもはファンタジーの世界で生きていますので、
その場面で現実っぽい話題が入ってくるのが嫌だったのでしょうか。
私はそんな二人の会話を聞いて、二人ともますます好きになりました。

その後、寝る前にU太が私にささやきます。
「あのね、この家に子どもがいるということをサンタクロースが分かるように、
家の前に何か看板でも立てておいたらいいんじゃないかな?」
う~ん。ますます愛おしいです。

そんなU太を寝かしつけ、続いてKAN太が眠くなるまでしばし待ち、
頃をみて寝室に抱いて寝かせた時のことです。
部屋の様子がいつもと違うことに気づきました。

「何だろう?妙に部屋が明るいんだけれど・・・」
やがてとの違いに気づきました。
部屋の外が明るいのです。
でも何故?

寝室の外は、厨房の外にあたり、今は愛農かまどが設置されたスペースです。
そこには蛍光灯が一つぶら下がっていますが、いつもは消えたままです。
でも何故かその時は、その蛍光灯の灯りが点いていたのです。

「それにしても変だな。U太を寝かしつけた時は点いていなかったのに。」
きっとかみさんが何かを取りに厨房から出て行って、
灯りを消し忘れたのだろうと考えました。

そして寝室から出て厨房に戻ると、
かみさんが少々怯えた様子で立っていました。
その時は既に外の灯りは消えていました。

かみさん「厨房の外の灯りが急に点いたの。でも、今さっき消えたの・・・」
私「えっ? じゃあ、お前は厨房から一歩も出ていないってこと?」
かみさん「そう。」
私「なのに外の灯りが点いて、また消えた・・・」

思わず顔を見合わせた私たち。
その時、再び外の灯りが点きました。
「誰かいるのか?」
物音はしません。

しばらく待ちましたが、今度は消える様子もないので、
私が外に出て、蛍光灯の紐を引っ張って消しました。

厨房に戻って再び会話します。
「もしかして、本当にサンタクロース?」
かみさんは返事をしませんでしたが、何とも不思議な時が流れました。



その夜、私は一人厨房で黙々と包丁を研いでいました。
最近、包丁研ぎにはまっている私です。
手持ちの刃物たちがボロボロになっていたのを、
「これは何とかしなければ!」と、一発奮起して、
改めて刃の面を揃え始めようとしているのです。

その夜は10本の刃物を順番に研いでいました。
パンをこねる時もそうですが、こういう作業をしている時は、
まるで瞑想をしているような感覚になり、
気分が研ぎすまされていくようで心地よいです。

この時もそんな研ぎすまされた気分で黙々と続けていたのですが、
ある瞬間、気づきました。

「誰かが見ている・・・」

かみさんを始め、スタッフ達はとっくに寝入っています。
子ども達も熟睡中。
でも、気配を感じる・・・

怖い感覚はありませんでした。
でも確かに「誰かいる!そして私を観ている!」
という確信めいたものがありました。

でも、どうせ探しても見つけられないでしょうから、
特によそ見はせず、黙々と作業を進めました。

一通り研ぎ終えて、片付けながら、その時を思い起こします。
「本当にサンタクロースだったのかもね。」
彼は家の人々が寝入った隙に入ってきて、プレゼントを置くのでしょうが、
うちは全員が寝ている時間帯が限られているので、
「おいおい、まだ誰か起きているのかい。」と戸惑っていたのかもしれません。

「それでは眠るとするか。」と3時頃に布団に入り、
最近のパターンで、二人の子ども達に挟まれて寝入りました。
その時既に、U太の枕元にはプレゼントが届いていました。

25日の朝です。
雪が積もっていました。
10初の積雪2010冬

外ではU太の歓声が聞こえます。
普段は家の中にいがちなU太ですが、雪の時は別です。
子どもは本当に雪が好きですね。

私がのろのろと起き出すと、U太が戻ってきました。
「お父さん!雪が積もっているよ!ソリ遊びをしよう!雪だるまを作ろう!」
「はいはい。今日は発送の最後の日だから、ずっとは遊べないけれど、
そんな時間を作ろうね。」
(後でしっかりと、そういう時間を作りましたよ!)

家の中に戻ったU太は、
サンタクロースからのプレゼントを嬉しそうに見せてくれました。
シャボン玉セットと、小さな「織り機」でした。
織り機はきっとU太にはまるでしょうね。
彼は手先がとても器用だし、集中力があるから。

ツリーの飾り付けも随分と揃いました。
お手製の飾り物を付けたツリーを前に、自慢気なU太。
12U太が創り上げたツリー



ところで、私もこの時期にプレゼントをいただいていました。
かみさんからではありません。
くださったのはご近所の、いちえさん。
それは、これです。
13ちくわじゃないよ

ちくわじゃないよ。
上から見ましょうか。
14尺八がプレゼント

そう、本物の尺八です! 買えば高いよ!
以前、練習用のものを貸していただきましたが、
その時に「本物がどこかにしまってあるので、探しておくわ。」とのことでした。
それが見つかったらしく、教えてくださったのです。
そしていとも簡単に、「やるわ。」

「エッ?」
本当にいいの?
夢にまで見た尺八!それが見事に手に入りました。
不思議な気分です。
これも「ホ・オポノポノ」効果か?



朝食の際、前夜の不思議な体験を二人のスタッフに話しました。
それを聞いた千。
「そういえば、昨日の夕方にお風呂に入っていた時、
何だか人影が見えたような気がしていました。
でもゴンは全く吠えなかったんですよ。」

私「それは人間とは違う存在だからかな?」
千「そうかもしれませんね。」
私「サンタクロースかどうかは分からんが、ここには天使はいるからね。」
千「いる、いる!絶対いる!」
そんな会話をしてほくそえむ私たち。

24日からやってきた新スタッフ・「ちょろ」は不思議そうな顔をしていました。
そのうち貴女も分かるよ。
間違いなく、【もりのいえ】には天使がいます。



さて、この日は日中に雪がますます積もるかもしれないということで、
朝から買い出しに行くことにしました。
その前にちょろと一緒に雪かきです。
「人生初の雪かき」を体験したちょろ、どうだった?
まだ楽勝だよね。

そして買い出しにはKAN太も一緒に行くことになりました。
かみさんが昨年バザーで買った、サンタクロース服を着せます。
無茶苦茶かわいい!
名づけて「カンタクロース」です。
15カンタクロースかわいい

当然ながら、スーパーでも人気の的でした。
ところで、レジで清算すると2500円でした。
「3000円でくじを一回引けます。」とのこと。
しかも、くじはこの日までとのこと。

「ならばあと500円の買い物をするか。」と、
調理のつぶしがきくタマネギとジャガイモを買い、
抽選スペースに向かいます。

そこでもKAN太は「かわいい~!」と人気。
そこでKAN太を抱き上げ、くじを一枚引いてもらいました。
すると、
何と!豚肉が当たりました~!
16くじで豚肉ゲット!

たった一回きりで引き当てたKAN太。
しかも多い! でかしたぞ、KAN太!
「お子さんはよく引き当てるんですよ~!」とのこと。
これで4回分のおかずができるね。

こうして意気揚々と引き上げた私たち。
その後は今年最後の発送業務に専念して、夕方に終了!
いやぁ、長丁場をよく頑張ったね!
かみさんはもちろんのこと、サポートしてくれた千、
そして最終場面で合流した、ちょろ。
皆のチームワークでコトを成しました!

そして一息入れる間もなく、クリスマスディナーの準備です。
・鶏肉のソテー、きのことリンゴのソース和え
・フライドポテト
・新鮮サラダに、特製ニンジンソース
・パスタサラダ
・かぼちゃスープ
・黒米ご飯

そして、ワインに、キャンドルに、クリスマスソングBGM
急ごしらえですが、何とか体裁が整いました。
デザートには、大きなイチゴを添えたババロア・豆腐クリーム添えで、
みんな大満足の大満腹!
17クリスマスディナー2010

そして、パソコンを覗くと、
お届け品が着いた方々から続々とメッセージが届いています。
その一つをこの場でご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・

「先日、楽しみにしていた
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」を受け取りました。
箱を開けた時、緩衝材として「かんなくず」が入っているのを見て、
思わず顔を埋めて木の香りをずーっと嗅いでいました。
とても懐かしい、子供の頃を思い出す香りです。
これが緩衝材となっているのは初めてで、大切にお菓子が詰められていて
ますますお菓子をいただくのが楽しみになりました。

そして、いただいてみると
それぞれの素材の味がしっかりとわかるお菓子ですね。
少しずつ、何度かに分けていただこうと思っていたのに
一気に食べてしまいました。
そして、いつもなら「こんなに食べてしまった」と少し後悔をしてまうのに
そんな感情は全く湧いてこなかったのです。
ただ,美味しかったです。ありがとうございます。
私は幸せです。
そんな感情だけでした。

『もりのいえ』さんをご縁があって知ることが出来て
そして、お菓子を注文することが出来て
美味しく、幸せをいただけて
2010年の良い年の瀬をすごせました。
また来年2011年も『もりのいえ』さんと
良いご縁が続きますように・・・

クリスマス寒波で寒さがとっても厳しいですが
お身体を大切になさってください。
(湯たんぽ、大活躍です。)
皆様が素敵な2011年を迎えられますように」

・・・・・・・・・・


嬉しいですねぇ。
本当に心温まるクリスマスプレゼントが届きました。
ありがとうございます。

こうして、お届けの終了とともに、
【もりのいえ】の今年のクリスマスが終了しました。

今年はまだ一週間ほどあって、最後に忘年会と関連イベントがあるけれど、
気分的にはこれで「オフ」になりました。
いやぁ、最後の最後まで本当に頑張ったなぁ。
そして嬉しいのひと言です。

ありがとうございます。




12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
最初にアフリカンダンスに関心を持ったのはかみさんでした。
今年の春、「私、行くから!」と、
車で50分かけてダンスをしに出掛けたのでした。




私のアフリカンドラム「ジャンベ」との出会いは、八ヶ岳時代にさかのぼります。
八ヶ岳に移住してきた「ヤッピー」なる人物との出会いが最初で、
彼が友人と共に我が家にジャンベを持ち込んできたのです。
たぶん、1998年くらいのことだったと思います。

その時には、
「こんな民族楽器にはまる人たちもいるんだな。」くらいの認識でした。
確かにジャンベを叩くと楽しいし、体中の血液が沸き立つ気がします。
でも何だろう?
その当時は「だからどうしたの?私のライフスタイルとは違う。」
と決めつけていました。

だから今回かみさんが「アフリカンダンスに行く!」と言った時も、
「ああ、あれね。どうぞ行ってらっしゃい。」
くらいの気持ちで送り出したのでした。

それが、ここ【もりのいえ】で視力回復合宿をした最終日に、
たまたまアフリカンダンスをする人たちが訪れてきて、
けんちゃんたちと一緒に異様に盛り上がったことで、
私の心に火がつきました。

そして、試しに参加したアフリカンダンス教室「ママサブ」で、
たけちゃんとご対面!
この人を一目見た時に、「あ、この人だ!」と心に決めました。
たけちゃんモノクロ

視力回復合宿のけんちゃんといい、
地球暦の杉山開知くんといい、
そして今回のジャンベ&アフリカンダンスのたけちゃんといい、
私はよくよく「ヒトで物事を判断する」ところがあるようです。
その「目」に狂いは無いと信じていますが・・・

やがて、かみさんに代わり、私がママサブによく参加するようになり、
「プロデューサー・Ma-san」としての使命に気づいたあたりから、
「そうだ!たけちゃんをプロデュースしたい!」と考えるようになり、
10月に彼にその意思を伝えて、二つ返事でOKをいただきました。

そして先月(11月)の時です。
その日も楽しくはじけた後、突然、閃きました。
そしてその場でたけちゃんに伝えました。
「あのね、私もジャンベが欲しいんだけど!初心者用に一つ選んでくれない?」

たけちゃん、一瞬戸惑った顔をしました。
やがて口を開くに、
「ジャンベは一つ買うと一生モノになるから、
最初からそれなりのものを手に入れる方がいいよ。」

私「よし分かった!ならば、たけちゃんに任せる!
私に合う一生モノを選んでくれない?」
そのひと言で、たけちゃんの顔が晴れました。

実はたけちゃん、自分でジャンベを作るのです。
ベースとなる筒などの材料はアフリカから送られてきますが、
叩くところの皮や、その他の材料を使って組み上げるのは、
たけちゃんの仕事です。これを「チューニング」と呼ぶらしい。

やがてチューニングが終わり、
たけちゃんが家族と共に届けてきてくれました。
それが12月17日のことでした。

ところで、今回の商談を済ませて帰宅して、
早速かみさんに伝えた時のことです。
私「あのさ、ジャンベを買うことにしたから。」
かみさん「・・・あ、そう・・・」

ちょっと戸惑ったような、でも割とあっさりとした返事が返ってきました。
私はさぞかし、
「この家計が火の車の時に、よくもまぁそんな道楽にお金を使えるわね!」
とまでは言いませんが、
そんな風な印象を持たれるのではないかと想像していたのですが、
かみさんの心中は違ったらしい。

「ふーん。Ma-sanはこんなことにパッとお金を使えるようになったのね。」
と、私の成長を喜んでいたらしい。

私は以前は直感で物事を判断したり、衝動買いすることが多かったのですが、
結婚して子どもが生まれて、【もりのいえ】で食っていくと決心して以来、
正直言って遊び金は無くなったので、
「道楽」に金を使うことを封印してきたところがあります。

でも最近は、「道楽だろうが何だろうが、今ワクワクすることに命をかける!」
くらいの心境でいますので、
「ジャンベを買って家計が厳しい? きっと何とかなるわい!」
と割り切っているところがあります。

だから、結局のところ、
我が家にジャンベがやってくることにかみさんの異存は全くなく、
むしろこれがご縁でたけちゃん一家とよい深い縁になれることを
素直に喜んでいました。

そしてやってきました!我が家のジャンベ!
おお!バッグ入りだ!
1ジャンベバッグ

ジャーン!これがマイジャンベ!
凛々しいではないか!
2うちのジャンベ

裏を見ると、一本の木をくりぬいているのが分かります。
3ジャンベの裏

そして底にはタイヤ!
いいですねぇ。生活感が溢れています。
4ジャンベの足元はタイヤ

早速たけちゃんが模範演技をしてくれました。
ものすごく響く音です。
低音は腹にきて、高音は空高く伸び上がります。
5叩くたけちゃん

いやぁ、嬉しいなぁ。
我が家に一生モノのジャンベが来たよ!。
【もりのいえ】の新しい顔だよ!
これをきっかけに、
きっと【もりのいえ】で新しいステージが生まれることでしょう。
ありがとう、たけちゃん、さやかちゃん、そしてたいようくん!
これから楽しいことを沢山企画しようね!
6たけちゃんありがとう

ところが、その後私たちは「サンタクロース」になったので、
まるで太鼓に触れることができていません。
クリスマスが過ぎると、時間を作って叩くぞと!
もう、ワクワクが一杯です!



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


ここ数日、焼き菓子作りに精を出す【もりのいえ】であります。
夜中まで仕込みをして、早朝から焼き始め、夕方までかかって焼き揃え、
心を込めて包装&梱包し、宅配業者さんに嫌がれるまで待たせてギリギリに発送し、
時折間に合わなくて配送センターまで持ち込み、
夕食後にまた翌日の仕込みをするという日々です。

思うに、この時期が【もりのいえ】で一番忙しい期間かもしれない。
一時のイベントではなく、ずっと高原状態が続くからね。
それも結構集中力が必要で、気が緩むと味が変わるし、
油断するとお届けする内容をミスしたりします。
そんなこんなでご迷惑をおかけしたお客さん、ご免なさい。

ただ、どんな時でも忘れていないことがあります。
それは、「常に愛を込めて作業すること」です。
焼き菓子を焼く時はもちろんのこと、お一人ずつにメッセージを書く時、
焼き菓子一つ一つを包装する時、梱包する時、
ずっと、あらん限りの愛を注いで作業しています。

その気持ちが伝われば好し。
伝わらなくても、きっと届いているから。
そう自己満足して作業しています。

この時期の気分。
それは、「サンタクロースってこういう気分なんじゃないかな?」という気分。
これもまた自己満足ですが、
私たちは商売をしているつもりはなく、
ただ、愛と感謝の気持ちをお届けしているだけなのです。
(実際に、売上げの割に利益が少ないしね・・・)

そして、大切にしているのが、家族との触れ合いです。
子ども達はずっと傍にいるけれど、作業中は構えません。
それを知ってか、うちの子ども達、作業中はあまり親に甘えません。
自分たちで遊びを見つけて過ごしてくれています。

それでも時折「もっと構って!」モードに入る時があり、
それが高じると、かみさんの集中力が削がれてしまいます。
集中力が途切れると、愛が映りません。
そこで、そういう時はお父さんの出番です。

特に、作業が一段落した夕食前後はできるだけ相手をします。
この時間帯、お母さんにはできるだけ休んでもらって、
(それでも頑張って絵本を読み聞かせとかしているけれど)
私が子ども達の相手をするようにしています。

寝かしつけも私がしています。
かみさんは別室の図書室で一人寝てもらい、焼きに合わせて過ごしてもらっています。
一方、私が子ども達と川の字で寝ています。

U太は一旦寝つくと朝まで起きませんが、
KAN太は夜中に何度か布団からはみだし、壁に頭をぶつけて泣き出すので、
その度に引っ張って戻して、抱き寄せて寝つかせます。
当然、こちらの睡眠は浅くなりますが、それももう少しのことでしょう。

最近は寝る前にかみさんへのマッサージもするようになりました。
「楽健法」と呼ぶ、相手の足の付け根を、私の足で踏む方法です。
U太が生まれる前は毎日のようにしたものですが、
最近はご無沙汰していました。
お互いの体が癒されるだけでなく、心が緩むのが嬉しいです。

こうして、焼き菓子をお届けし、家族と過ごすことに焦点を当てた日々が続いています。
さすがに一日経つと結構グッタリなんだけれど、
それが「あること」をすれば疲れが取れるのです。

それは、「パンこね」です。
「紫芋のスコーンパン」をこねるのは私の仕事です。
陶芸の菊練りの要領でこねて回すのですが、
これをしている間、私はかなり集中しています。
傍で見ているかみさん曰く、「その世界に入っている」のだとか。

私はただ、手の感触を常に確かめつつ、生地が変わっていく様子を眺めながら、
この生地がうまく発酵してくれることを望み、
翌朝かみさんがこいつをうまく焼いてくれて、
それをほおばるお客さんの笑顔を想像しているだけなのですが、
こういう時って、他のことを考えていないのでいいのでしょうね。

言わば、練っている時って、瞑想状態に入っているのかもしれない。
そして練り終えた直後は肩で息をするほどの重労働なのですが、
その後は一日の疲れも取れて、清々しい気分になるのです。
ですから今日もブログを書くことができています。

つくづく思います。
大きなことを成す訳でなく、大きな悟りを得る訳でもなく、
ただこうして愛する家族と過ごし、愛をお届けすることに精を出す・・・
幸せだなぁって。

ご注文いただき、まだ届いていない方々へ。
25日まで、私たちでできる精一杯の心を込めて、これからお届けします。
もうしばらくお待ち下さい。
そしてお楽しみに。
2月5(土) 杉山開知さんの地球暦レクチャー
2月6(日) 杉山開知さんの地球暦スクーリング


日程のみ発表しただけで、内容を告知していないことに、最近気づきました。
どうもすいません。

杉山開知さんと初めて出逢ったのは、昨年の秋のことでした。
その時に、「彼はいける!」と勝手に感じて、再び来ていただき、
地球暦ワークショップを開いたのは、今年3月のことでした。

何が「いける!」と感じたのか?
彼が考え出した「地球暦」の斬新さだけでなく、
杉山開知という人物そのものに、「時代をリードできる人」である
という存在を感じたのです。
これは理屈ではなく、直感でしかありません。

でも、その感覚をどうやって紹介していったら良いのか?
正直言って、発信方法について結構苦労しました。
「感覚」を的確に表現する「言葉」を選ぶには、私の理解がまだ不足していたのです。

ワークショップを告知した後は、
「この思いをキャッチしてくれる人が来てくれれば、それで良い。」
と腹をくくって時を待ったところ、それなりの人数が集まってくれました。

さて、ワークショップ当日、実は私はずっとその場にいることはできませんでした。
これはホストの性(さが)というか、業(ごう)というか、
どうしても自分たちは客人にはなり切れないところがあります。

だから、ワークショップが終了した後、参加した皆さんがどう感じたのか?
興味津々でありました。
結果は、私の期待を越える満足度の高い反応でした。

「良かった~!」「感動しました~!」はよくある反応ですが、
「今度はいつやるんですか?」「次回は友達を連れて来たい!」
というような反応が出てくると、本物だなと思います。

その点、このワークショップは、「次」への期待がとても多かったのです。
実はその後も個メールを幾つもいただいており、
「あの地球暦ワークショップは、またやらないのですか?
やる時は参加しますので連絡ください!」といった、
時期も内容も発表していないのに、予約してくるといった人もいらっしゃるのです。

それほど期待がかかった、地球暦ワークショップ。
地球暦の何が魅力なのかというと、これは私の勝手な思い込みですが、
まず、自宅にいながらにして「宇宙」を感じることだと思います。

今年、小惑星「イトカワ」に着陸して、
その後無事に地球にカプセルを戻した探索機「はやぶさ」の話題は
皆さんもご存知ですよね?
その奇跡の物語が映像化され、各地で放映されています。
私も先日、プラネタリウムで観て、感動しました。

私がその感動をより身近に感じることができたのは、
普段から地球暦を眺めているからではないかと思います。
惑星の動きが、全く自然なこととして受けとめることができるのです。
ですから、「はやぶさ」の動きに、
自分の気持ちを乗せて映像を観ることができました。

私たちは、「宇宙」で暮らす以上、紛れもなく「宇宙人」です。
例えば私は、日本国岐阜県中津川市加子母の住民である以前に、
大宇宙・天の川銀河・太陽系・地球の住民なのです。
そのように意識して生きていると、
日常のささいな出来事に心が揺れ動くことが少なくなります。

日常の暮らしの中で、雨や風の変化で季節を感じるのと同じ様に、
夜空を見上げて、満月に見惚れるのと同じ様に、
惑星の動きや配置に、「大宇宙の中で生かされている私」を実感する。
そんな気持ちにさせてくれるのが、地球暦です。

地球暦については、他にも様々な魅力を感じる方がいらっしゃるでしょう。
この点については、既にお持ちの方からの声を是非聞かせていただきたいです。

さて、では何故「地球暦ワークショップ」がそれほど人気なのか?
それは、「暦以上の何かを感じるから」ではないかと、私は考えます。

「地球暦は買った。惑星ピンも刺した。で?それからどうしたらいいの?」
と感じる方が結構いらっしゃるように感じます。

地球暦は暦ですから、「その時」を知るだけで十分機能を果たしているのですが、
「きっとその先がある」と感じさせるものがあるから、
そのような期待がかかるのだと思います。
そして実際に「その先」があるのです。

地球暦を購入された方は、大抵「ヘリオステラ」
というサイトを覗いたことがあると思います。
また、「daykeeper(デイキーパー)」と呼ぶ
メルマガを登録している人も多いんじゃないかな?
それらを読んでいる方は、「その先」の存在についてご存知かと思います。

例えば、12月8日にはこんな素敵なお話が届きました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

惑星通信
12月08日 (水) 霜月三夜

地球 75°46 水星 16°08 金星 99°47
火星 279°43 木星 5°28 土星 190°00
天王星359°25 海王星327°57 冥王星275°04

配信設定 http://www.heliocompass.com/

木土天、水星加わる、ヨコ軸に、
タテに貫く、金火冥、
火花散るような、グランドクロス

おはようございます。
この度、地球は75°、太陽黄経255°を運行中です。
───────────────────────────────────
今日は金星と火星の開きの日です。Oppositon of Venus & Mars
───────────────────────────────────
この度は、金星99°、火星279°の方向で太陽を挟んで、タテの方向で開きと
なりました。愛の喜びに輝く女性性の象徴“金星”と、勇敢に進む男性性の象徴
“火星”の開きの日。誰の中にもある女性性と男性性が出会い、開花し新しいも
のを生み出すきっかけの時です。
愛とそれを実践し守り育む存在が、地球の内と外の軌道で互いを確かめ合って
いるようです。
金星と火星は、地球に対しての内側と外側の軌道ということで対称性を持って
います。内側の金星は感覚や感情を表し、外側の火星は行動や実行の象徴です
から、今は感じているもの(金星)を行動に移して(火星)みるときと言える
でしょう。また、行動したこと(火星)によって新たな感覚(金星)が生まれ
てくる時とも言えます。
金星と火星は家族、夫婦、恋人など、身近なところにつながりを見つけること
ができます。
開きは、アウトプットの時です。ここで記憶を刻み込むことで、結びに向かって
時間をより意識的に感じることができるようになります。
金星と火星の織りなす惑星調波に合わせて、どんな時間のウェーブができてい
くのか楽しみですね。

2010年01月21日 金星と火星の開き
2010年06月24日 金星と火星の結び
2010年12月08日 金星と火星の開き
2011年06月09日 金星と火星の結び
2011年11月21日 金星と火星の開き

平均334日(約11ヵ月)ごと訪れるこの会合は火星の楕円軌道によって周期の
揺らぎはありますが、結びも開きも、ほぼ翌年は一ヵ月前倒しになってやって
きます。

───────────────────────────────────
地球暦用語 「割り」~割といいですね~
───────────────────────────────────
地球の軌道は、円(マル)の周(マワリ)ですが、その間(マ)を分割(ワル)
することによって、時間を切(キ)ることができます。〆切(キ)ることによ
って予定を立て(タテ)、切って立てるを起(オ)こすといいます。
地球暦は観察することで、間(マ)を見ることができますので、現実的に、“間
に合っている”、“間に合わない”という感覚がはっきりしてきます。
その間合いの形は、扇の三角形で、円が分割された、“割(ワリ)”と言えます。
それは太陽エネルギー量であり、地球の運動量ですので、エネルギーや意識と
捉えることを、割り当て(ワリアテ)や割り振り(ワリフリ)といいます。
地球暦は時間と空間(トキトコロ)の移り変わり(カワリ)を、円盤=鏡に映
して見ている暦なので、気(キ)になる期間が、決(キ)まったら、その割合
(ワリアイ)に応じて、ま~いいかと、間を定め、割(ワリ)といいですね~
という感じで、肯定的に時空間にエネルギーを割り振っていきましょう。
時に、割に合わないな、と感じるときは、全体意識すると良いでしょう。
全ての因果関係はどこかでプラスマイナス0になっています。

───────────────────────────────────
次のご案内は、5日後です。
12月13日 (月) 霜月八夜 「上弦と木星」
───────────────────────────────────
仲冬の月がすこしずつ深まっていきます。冬至に向かってチューニングを合わ
せる上弦の月。今回は木星(わいわいもくもく)が重なって、どんな月(日常)
になるでしょうか。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

すごいでしょ?
こんな濃いお話が、数日毎にあなたの元に届きます。

それでも、「まだよく分からない!」というあなた。
「もっと詳しく話を聞きたい!」というあなた。
そんなあなたは、杉山開知さんの生のお話を聞きに行きましょう!
ということで、改めて今回の企画のご案内です。

★2月5(土) 13:00~16:00
 杉山開知さんの地球暦レクチャー

 会場:もりのいえ
 定員:30名
 参加費:4,000円
 ・地球暦の読み方を中心にお話をしていただきます。

★2月6(日) 13:00~16:00
 杉山開知さんの地球暦スクーリング

 会場:もりのいえ
 定員:30名
 参加費:5,000円
 ・ご自身の惑星配列を知り、地球暦を使ってできることを実際に試していただきます。
 ・例えば、こんなことが自分でできることを目指します。

*参加費は二日間通して参加されると、8,000円となります。
*昼食(別途1,000円)を希望される方は、事前にご予約ください。

今回の特典は、何と!
参加者全員に「地球暦2011」を差し上げます!

これはすごいよ!プレゼントだよ!
だから参加費の値段設定も納得でしょ?

ですから、参加希望の方は1月25日までにお申し込みください。
事前にお申し込みをいただけないと、地球暦をお渡しできない可能性があります。
(二日間通しの方でも、お一人一つの贈呈ですので、あしからず。)

これは「地球暦を多くの人々に知ってもらいたい!」
という杉山開知さんの思いに賛同して、
【もりのいえ】が協賛したからできることです。
ですから、言い換えると、【もりのいえ】からのプレゼントでもあります。

加えて書かせていただきますと、
今回のワークショップ参加費は全て杉山開知さんにお渡しします。
つまり、【もりのいえ】の売上げはゼロです。

決してそのことをもったいぶって言うつもりはありませんが、
私は純粋に「地球暦」と「杉山開知」を広く紹介したいのです。
ただそれだけの思いで、参加を募ります。

新しい年の始まりの時、
新しい羅針盤「地球暦」で、あなたの人生の航海を始めましょう!

地球暦2011の始まりは、
新暦では2011年2月4日(立春)です。
つまり、新年の門出を、【もりのいえ】で、
地球暦を学びながら過ごすことになります。

これはすごいことですよ!

こんな素晴らしい日程を押さえさせてくれた開知さんにお礼を伝えたところ、
「岐阜は日本の中心だから、ここから始まるのが良いのです。」との返答でした。
へぇ、岐阜ってそんな認識をしてもらえているんだね。

ということで、この絶好の機会を逃す手はないですよ!
お早めのお申し込みをお勧めします。
特にお泊まりを超お勧めします。
開知さんとゆっくりお話できますよ!




12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

12月15日、私は愛車「よきかな号」を車検に出しに行きました。
天ぷら油で走られるようにSVO化して二回目の車検です。

2年前の車検の際は、「果たして本当に車検に通るのか?」と、
車検工場を選ぶまでにドギマギしたものですが、
二回目となると落ち着いたものです。

前回と同じ工場に予約を入れ、車を持ち込み、
検査の間におもむろに本を取り出しました。

「ホ・オポノポノ」

ご存知の方は結構いらっしゃるかもしれませんね。
私も以前から名前を聞いてはいました。
と言うよりも、かみさんが一冊本を持っていたのですが、
私は手に取って読もうともしませんでした。

そんな私が「ホ・オポノポノ」に一歩近づいたのは、
さやかちゃんのリーディングのお陰です。
そう、この28日に【もりのいえ】で個人リーディング中をしてくれる、さやかちゃん。
彼女のリーディングを受けた内容はこちらに載せていますが、
その最後に、こんな言葉を受けました。

「『ホ・オポノポノ』がMa-sanに合っています。」

それを聞いた時、とっても素直に受けとめられたのです。
その話をかみさんにしたら、「我が意を得たり!」とばかりに、
「だったら、あそこの本を最初に読んだらいいよ!」と教えてくれました。
その「あそこの本」というのが、この本です。

ホ・オポノポノ書籍表紙

「ホ・オポノポノ」に関する本は世の中に沢山出ています。
その入門編として、かみさんが勧めてくれたのが、上の本でした。

この本を発行しているのは、トータルヘルスデザインという会社で、
その事業の一つに「バンクシア・ブックス」と呼ぶシリーズがあります。
最近ここが出した「アセンション・プリーズ!」という本が結構面白かったので、
かみさんが勧めてくれた上の本も即購入しました。

ところが、いつものことながら、買ってはみたものの、読む時間が無い!
そうこうするうちに時が流れていたのですが、
今回、「車検を待つ間」という時間ができたので、読み始めた次第です。

さて、読み始めてしばらくするうちに、私は気づきました。
「これこそ私が求めていたものだ!」

この気持ちを表現するのに、自分の言葉で書いても良いのですが、
この本の後半部分で、「私のホ・オポノポノ体験」を書いている、
佐藤真奈美さんという方の文章から一部を抜粋させていただきます。
というのも、まさにこの方の書かれている通りの感動を受けたからです。

・・・・・・・・・・
【私のホ・オポノポノ体験】佐藤真奈美さん(薬剤師)
 私は自分も含め、身内に重い病の者が多く、職業が薬剤師だということもあり、
「真の健康、真のしあわせ、真の美とは?」
「本物とは?」と探し求めてきました。
健康になるために、精神(心)がとても大切なことがわかり、
心理学をはじめとして、様々な分野で学びました。
そして、私たちは、自分の中の何か過去の経験に反応して、
感情(たとえば、怒りや悲しみなど)が生まれること、
「引き寄せの法則」で、すべては自分で引き寄せているというところまで、辿り着きました、
 しかし、それをわかっても尚、日々の生活の渦に巻き込まれると、
それを変える、つまり塗り替えることができず、
もどかしさを感じていました。
 そんな私でしたから、「ホ・オポノポノ」とであった時は、
本当に、やっと求めていたことに辿り着いたんだ、と感激に全身が震えました。
『ゼロ(無)』
それは、今まで理想としながら、近づけないことだったので、
こんなに簡単なクリーニングという方法があることに感動したのです。(以下、省略)
・・・・・・・・・・

私は本当に驚きました。
ホ・オポノポノそのものについても感動したけれど、
全く同じ立ち位置で感動していた方がいらっしゃることにも感動しました。

ここで、「ホ・オポノポノ」って何だ?と、
いぶかしがる方はいらっしゃるでしょうね。
だって私は今のところ、中身を説明していないからね。
その話題は、これから書いていくことにします。

ともかく、理屈は飛ばして、次の言葉を何度も唱えることだと、
今のうちは理解しましょう。

「ごめんなさい。」
「許してください。」
「愛しています。」
「ありがとう。」

上の四つの言葉のうち、二つ目以外はよく使う言葉でした。
でも「許してください。」だけは、ほとんど使ったことがありません。
そのことに違和感を感じているうちに、車検の検査が終わった様子で、
実車の立ち入り説明の時間となりました。

「ホ・オポノポノ」の本を一旦カバンにしまい込み、
高く持ち上げられた「よきかな号」の元に歩みます。
担当者が丁寧に挨拶し、説明を始めてくれました。

2年前にも感じたことですが、ここの工場はとっても丁寧に、
そして分かり易く説明してくれます。
今回も同じように説明をしてくれました。
ただ一つ、前回と異なったのは、
「修理すべき点が数多く見つかった」ことでありました。

「フロント・ドライブシャフト・ブーツの取り替えが必要です。」
「マフラーの取り替えが必要です。」
・・・

実際にその部分を観ながら説明を受けていますので、騙しではありません。
確かに「これはまずいな。」と私も納得します。
そして、一通りの「必要な」修理や交換を合算して見積もっていただくと、
驚きの値段が出て来ました。

193,000円!

これは車検に関わる全ての費用も含めてのことです。
私は当初、「10万円くらいかな。」と見込んでいたので、
ざっと倍ほどかかることになったのです。

一瞬、頭がクラクラしました。
だって、そんなお金、家に帰っても持っていないのだもの。

でも、ここで頭を切り替えました。
まずは現状を受けとめ、「車の修理代と、家族の命と、どちらが重いか?」と自問し、
「分かりました。よろしくお願いします。」と依頼しました。

ともかく部品を取り寄せて、数日間車を預ける必要が出てきたため、
その日は何もせずに帰宅することになりました。

そして、帰りの車中、
「では、あと10万円をどうやって調達する?」と画策する前に、
私は、読みかけたばかりの「ホ・オポノポノ」を試してみることにしたのです。

まずは以下のように思案しました。

「今、思いもかけない出費がかかるようになったのは、
実は私自身の問題ではないのか?」

「そして、その問題は、私自身の<記憶>として存在していることを
見せてくれているのではないのか?」

「その<記憶>が何であるのかは、今は分からない。原因も分からない。
でも、その実態の見えない<記憶>に対して、語りかけよう。」

そうして私は運転しながら、
ただひたすらに次の言葉を唱えました。

「ごめんなさい。」
「許してください。」
「愛しています。」
「ありがとう。」

ただそれだけです。
上の四つの言葉を何度も唱え続けました。

しばらくして、今度はとても具体的なイメージが浮かびました。
「今、販売している焼き菓子セットが、あと20件追加注文が入ればいいのになぁ。」

通常、焼き菓子セットを発表すると、
「待ってました!」という方々が真っ先に注文してくださいます。
ありがとうございます。
しかし、その後は日を経るにつれて次第に注文数が減っていくのが、
よくあるパターンです。

ですから、今更「あと20件」と言っても、
そんな注文がいきなり入ってくるような見込みはまるでありませんでした。
ただ、「そうなればいいなぁ。」と素直に願っただけです。

でも、「いかん、いかん。そんな欲望を出すのではなく、
今はただ四つの言葉を唱え続けよう。」と我にかえり、
再び唱えながら帰宅したのでありました。

さて、帰宅してパソコンを覗いて驚きました。
私が車検に出掛けて戻ってくるまでの数時間の間に、
お菓子セットの注文が数件来ていたのです。

「へぇ、もしかしてこれって・・・」と驚く私の目の前で、
次々と注文が入ってきました。
結局、その日一日で入った注文は、8件でした。

私「これはすごいね! 一体どうしたことだ?」
かみさん「本当だね! でもここで欲を出したら駄目なんだよね。」

そう、その通り。
ただその後も、ひたすらに唱え続け、私は床につきました。
布団の中に入り、四つの言葉を心の中で唱えます。
すると、最初は違和感があった「許してください。」が、
ようやくひっかかりなく言えるようになってきました。

「考えてみたら、私は謝ることはあっても、
許しを請うようなことはしてこなかったなぁ。」

でも一体誰に許しを請うのか?
神様か? 何だか違うなぁ。
具体的なイメージを掴めない<記憶>が、許しを請う相手?

実際のところ、まだよく分からないことだらけです。
でも、深く考えずに唱えながら、私は寝入りました。

そして目覚めた朝、パソコンを覗いて、本当に驚きました。
追加で、プラス7件分の注文が届いていたのです。
翌日も注文が続き、何と!三日間で20件分の注文が届きました!

いやぁ、ビックリしました。

その後も、私はことあるごとに四つの言葉を心の中で唱えています。
そうするうちに、ようやく一つの事柄が見えてきました。

「私が変われば、相手が変わる。」
「相手が変われば、周りが変わる。」
「周りが変われば、社会が変わる。」

私は最近ずっとこのことを確信していましたが、
実は「では、どうやったら私は変わるのか?」という道を明確に掴んでいませんでした。
それが、ホ・オポノポノでは、とってもシンプルに示しているのです。
「これかぁ!」という感覚です。

ホ・オポノポノの実践者から見ると、
今の私なんて、ほんの入り口に立っただけかもしれない。
でも今の私にはベストのタイミングで、すっと腹に収まりました。
そして十分「目からウロコ」の学びを得ました。
また、これからどんな深い学びが得られるのか、楽しみでなりません。

「ホ・オポノポノ」
素晴らしい出会いに感謝です。
ここまで導いてくれた大勢の方々に感謝です。

ところで、今回私が読んだ本ですが、
是非【もりのいえ】で販売したいと勝手に考えています。
これから発行元に相談しますが、
この喜びを是非大勢の人々にお伝えしたいものです。




焼き菓子セット「2010年ありがとうセット」受け付けと、
それを含めた全ての焼き菓子の今年の販売受け付けは、終了しました。
多くの方に支えられてここまでやってこられました。
本当にありがとうございました!



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

本当に書きたいことだらけですが、
今は焼き菓子の発送と、子どもの相手をメインに据えていますので、
ブログ更新がままならないこと、どうかご理解ください。

取り急ぎ、報告させていただきます。

★28日「さやかちゃん個人リーディング」は、全枠が埋まりました。
(実は枠を越えてしまったので、他の日に割り振り始めています。)
大勢の方に関心を持っていただき、ありがとうございます!

★同じく28日の忘年会は、30名を越えるご参加の見込みです。
ピアニスト、歌舞伎役者、陶芸家、料理人、木工作家、
剣道家、ピラミッドパワーの方の奥さん・・・
加子母の強者たちが揃います。
オーラソーマのひとえさんも都合がつけば来られるかも。

そして、加子母外からは、ブログ読者のご一家、
常連のゴロちゃん、ゆきちゃん、ココペリさんなどなど。
下呂の仕掛人・コウイチロウ君、彼の小豆島(てんつく)時代の友人で、
あの「非電化工房」のお弟子さんもやって来るとか。

一方、【もりのいえ】スタッフも揃います。
個人リーディングをしてくれる、別名「おじさまキラー」のさやかちゃんと、
今年後半活躍してくれた、のじゃや、今も頑張ってくれている千ちゃん、
そして新人も登場!
そしてそして、あのシンデレラガール・えみこちゃんが彼氏と共にやってきます!

はっきり言って、相当濃いです。
一体これだけの人数が収まるのか?
もうどうでもいいや。盛り上がりましょう!
来られる方は、「マイ箸&皿&カップ」の持参をお願いします。

★翌29日の新年飾りづくりには、地元のおじい達が指導に来てくれそうです。
注連縄、門松を一緒に作りましょう!
今でも参加受付中です!

★1月15日の醤油絞りワークショップは、着々と参加申し込みが届いています。
1月3日には、中津川・恵那全域で新聞に折り込みされる、
「恵峰ホームニュース」にて告知されます。
新たな出会いがあるかも?

★ご案内が遅れていますが、
1月19・20日に、あの今野華都子先生と共に伊勢神宮参拝する企画があります。
追ってご案内します。

★視力回復合宿2月コースはまだ空きがあります。
絶好のチャンスですよ!
詳しくはこちらへ!

では!



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(締め切りました)
       &【もりのいえ】忘年会(飛び入りOK!)

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!


「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。
間もなく締め切ります!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。



おかげ様で、「2010年ありがとうセット」に多数のご注文をいただきました。
ここに深くお礼申し上げます。

さて、今年は12月25日発送を持ちまして、焼き菓子の製造販売を終了させていただきます。
つきましては、セットのご注文受け付けを、
「スタンダード」「キッシュ入り」合わせて、
残り、大体10セットで締め切らせていただきますので、どうかご了解ください。

ちなみに、「シュトーレン」は現在まででご注文いただいた方々をもちまして、
終了とさせていただきます。
ありがとうございました!

そしてその後の大雑把な予定をお伝えします。
クリスマス後から1月末頃までは、全ての焼き菓子の製造販売を休ませていただきます。

そして、2月初旬から2週間程度は、バレンタインに合わせたセットを販売します。

その後は再び「お休み期間」に入らせていただきます。
2月後半から4月一杯は、「福」の出産モードに入ります。

GWからは様々なイベントを企画しています。
毎週末、何か開いているような状態です。
ですので、「焼き菓子販売の復帰」は、
5月末の「わらべ村アースマーケット出店」となる見込みです。

それでもネットショップでの販売再開時期はまだ後になります。
多分、6月後半、あるいは7月になってからセット発表となるのではないかと想像します。

ということで、つまり、ここ半年間の間で、
【もりのいえ】の焼き菓子をネットショップで買えるのは、
あと数日間と、来年2月上旬の二週間のみとなります。

上の事情をどうかご理解いただき、ご注文をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268 begin_of_the_skype_highlighting 0573-79-3268 end_of_the_skype_highlighting begin_of_the_skype_highlighting 0573-79-3268 end_of_the_skype_highlighting begin_of_the_skype_highlighting 0573-79-3268 end_of_the_skype_highlighting
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

『ホ・オポノポノ』に出会い、その魔法の効果に驚き!
沖縄からゲストハウスのオーナーが突然訪れてくれて、
来春、中津川に越して来る若者と「土で作る家」で盛り上がり、
タケちゃんが自らチューニングしてくれたジャンベを届けてくれて!
今日は久々に二桁の発送を済ませて、
夜は「念仏忘年会」で盛り上がり、
一杯ブログを書きたいのに、
帰宅してから、取り寄せたDVD『天使にラブソングを・・・』で一人盛り上がって、
今から続けて『天使にラブソングを2』を観ようとしていて、
明日は早朝から班長会の旅行で金沢に日帰りでカニを食ってきます!
いろいろ感動のお話を書きたいのはやまやまなれど、
ともかくこれだけは取り急ぎご連絡します。

大好評の「シュトーレン」ですが、材料の関係で、
残りあと「3~4個」!
しか作れないことが分かりました。

ということで、ご希望の方はお早めにどうぞ!

お申し込みはこちらへ!
シュトーレン



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

右目:0.03 左目:0.05 両目:0.07
これが、昨年12月25日の私の視力でした。

この日にけんちゃんが我が家にやって来て、
視力回復プログラムの内容を伝授してくれました。
それから毎夜プログラム実施にいそしんだ私。

そして、思い切って度の弱いメガネに変えました。
「ジョンレノン」タイプだとか、「ガンジー眼鏡」だとか言われますが、
私は、武者小路実篤のつもりでありました。

このメガネ、かけても両目で0.4~0.5ほどしか見えないものでした。
「手元で資料を見る時に使うだけだから。」とメガネ屋さんに伝えて、
わざわざ度を弱くしてもらいました。

手渡された際、「このメガネで日常生活はしないで下さいよ!
間違っても車の運転なんてしないで下さいよ!」と注意されました。

「はいはい」と答えたものの、
内心、「今にみておりなさい。
きっと視力が上がって、これで日常生活をするのだから。」
と誓っておりました。

やがて3月から【もりのいえ】にて視力回復合宿が始まり、
その頃に眼科医に行って測っていただいた時の視力が次の通りです。
<遠く>
右目:0.08 左目:0.15
<近く>
右目:0.25 左目:0.25

この時まで、遠くと近くで視力が異なることを知りませんでした。
それでも、それなりに視力が上がったことを喜んでいました。

やがて【もりのいえ】にて定期的に開かれるように開かれるようになった合宿。
私は一度もフル参加したことはありませんが、
時折、飛び入り参加しては、一緒に視力を測ったりしていました。

最近の視力としては、家の玄関で自分で測っていただけでしたのでいい加減ですが、
大体次のような値が実感視力でした。
<遠く>
右目:0.2~0.3 左目:0.3
<同じく遠くで、反対の目を閉じて測った時>
右目:0.6 左目:0.7

結構見えてきたよね!
しかし、一つ不満なことがありました。
それは、「C」の字はわりとはっきり見えてきたのに、
「C」が一杯重なって、結局どこが開いているのか判断できない。

それは乱視のせいだと信じていました。
つまり、乱視さえ良くなれば、あとは一気に見えるはずだと想像したのです。

そこで、一昨日、急に思いつきました。
「近視を全く矯正せずに、乱視のみを矯正したメガネを作ればいいのではないか?」
これはとても素晴らしい思いつきのように感じました。
そこで、昨日、恵那でオープンしたばかりの綺麗なメガネ屋さんを訪問しました。
以下、そのレポートです。

・・・・・・・・・・

店内に入り、普通はまずお気に入りのフレームを探すところですが、
私は店員に声をかけました。
「近視を全く矯正せずに、乱視のみを矯正したメガネって、作ってもらえますか?」

それを聞いた店員さん、一瞬間をおいて答えました。
「それで視力が上がれば、ですけれどね。」

私「上がるとか上がらないとかではなく、
私の希望するように作ってもらえるかどうかなのですが・・・」
店員「では、まずは視力を測ってみましょう。」

ということで、お互いに少々ぎこちない間合いで、奥の検査スペースに向かいました。
まずは今のメガネをかけたままで視力を測ります。
右目:0.6~0.7 左目:0.7から0.8
というところでした。

次にメガネを外して、いろんな装置でいろいろ調べていただきます。
近頃の装置って本当にいろいろあるんだなと驚くばかりです。
同時に今のメガネそのもののデータも調べてくれました。

一連の検査を終えた時、店員さんが戸惑っているのが感じられました。
おもむろに口を開けて言うには、
「お客さんはいつもこのメガネをかけて生活しているのですか?」

私「はい。それがどうしましたか?」
店員「お客さんの目の状態と、このメガネを比べた時、
このメガネでは手元の書類は読めても、遠くは見えづらいはずなんです。」
私「はい。最初は手元用に作ってもらいましたから。」
店員「でも、お客さんはこのメガネで遠くもそれなりに見えているのです。それが不思議だ。」

私は内心ほくそえみました。でも黙っていました。
店員「ちょっと瞳孔を調べさせてください。・・・ああ、やっぱり。」
私「どうしたのですか?」
店員「お客さんは瞳孔が小さいのです。普通、緊張したりストレスが溜まると瞳孔が開きます。
でもお客さんの瞳孔が小さいということは、目がリラックスしているとも言えます。
しかもその状態で、遠くも近くもカバーできるように目が動いているということです。

私は詳しい理屈は分かりませんが、何となく「ヤッター!」という気分になりました。
そこでおもむろに話し始めました。
私「実は、視力回復プログラムというものを一年前から始めたのです。」

店員さんの目がキラリと光りました。
「それは何か薬を使うのですか?」
私「いいえ。」
店員「あるいは機械を使うのですか?」
私「いいえ。体操やマッサージをしたりします。」
店員「ほぉ! それで視力が上がったと?」
私「ということですかね?」

しばしの沈黙が流れました。
店員「で?お客さんは何故メガネを新調しようとしているのですか?」
私「後は乱視さえ矯正されれば、スッキリ見えると思ったものですから。」

再び沈黙。
店員「では、お客さんが求めるメガネがどんなものか、試してもらいましょう。」
これこそ私が今回体験したかったことでした!
1時間ほどかかって、ようやくこの段階まできました。

レンズを差し替えできる矯正用メガネをかけ、乱視のみを矯正していただきます。
店員「では、これで視力表を見てください。」

私はワクワクして視力表の前まで進みました。
そしてビックリ!
思わぬことが起きていました。

まるで見えないのです。
正確には、メガネを外して裸眼で見る時と、ほとんど変わらないのです!
これには驚きました。

今度はこちらが沈黙します。
私「つまりは、乱視が問題ではないと?」
店員「近視の度合いから比べて、乱視の度合いは大したことではないということです。
そして近視を矯正することで、同時に乱視も矯正されていくものなのです。

実際にはもう少し詳しい説明を受けましたが、私の理解はそんなものでした。
それよりも、「乱視さえ矯正すれば、後はバラ色」とほくそえんでいた思いが砕かれ、
拍子が抜けていたのでした。

私「つまり、こんなメガネを作っても意味がないということ?」
店員「その通りです!」
今度は店員が元気になってきました。
店員「まぁ、もう一度席に戻りましょう。」

促されて席に戻り、気を取り直して話し合います。
私「ということは、近視を全く矯正せずではなく、今よりも少し落とせばいいのかな?」
店員「そう考えがちですが、それほど単純なことではありません。
少しとはどれほどを指すのかが難しいのです。
それにお客さんの場合は、視力回復中ということですので、
仮に今新調しても、また作り直す時期が来るであろうということです。」

私「・・・ということは、しばらくの間は今のメガネのままでいる方が得策だと?」
店員「まぁ、そういうことになりますね。」
私「では、半年後に改めてここで調べてもらってもいいですか?」
店員「もちろん結構ですよ。その時に、もっと良くなっているのか。
あるいは元に戻っているのか。私も今日は面白い症例を見せていただきました。
半年後を楽しみにしています。」

この言葉を聞いて、俄然やる気が出てきました。
実を言うと、最近は視力回復プログラムをする時間が短くなったり、
しない日も増えてきていたのです。
その最たる理由は、子どもを寝かしつける場面が増え、そのまま寝入ってしまうからです。
あるいは、あまりにデスクワークが増えたために、さすがに即寝てしまうことが増えました。
ですから、結果的に視力回復ペースが落ちたというか、少し戻ったような感覚がありました。

でも、店員さんの最後の言葉に動機付けられました。
「ようし!半年後に、裸眼で過ごせるようになってやろう!」
よくよく考えると、今回のメガネを新調しようという発想は、
中途半端な視点でもありました。
むしろ「これからは裸眼で過ごす!」とした方が良いではないか!

・・・・・・・・・・

とまぁ、最後は思わぬ展開で、結局メガネは買わずに帰宅したのですが、
そうは言うものの、パソコン仕事や車の運転では今のメガネを使うことになるでしょう。
むしろその場面以外でどれだけ努力できるか?なのでしょうね。

でも、「半年後に!」という明確な課題を設定できたことで、
一旦マンネリ化しかけた気持ちに火が点きました。
よーし、やるぞと!

そして、結局商売にはならず、それでも嫌な顔ひとつせずに応対してくれた店員さん、
ありがとう!あなたのお陰で腹が据わりました。


さて、そこで「視力回復合宿・2月コース」の再度ご案内です。
実はまだ空きがあります。
皆さん、「加子母は寒いから辛そう・・・」なんて考えているのかな?

確かに早朝は冷えますが、そんな時刻に外に出ることはありません。
晴れて風が無ければ、驚くほどの暖かさです。
ま、天候は読めませんが。

ともかく、けんちゃん曰く、「この時期、一番視力が上がり易い!」とのこと。
そして少人数でみっちりと濃いプログラムを経験できます。
また今回、けんちゃんは合宿中も【もりのいえ】で滞在してもらうつもりですので、
けんちゃんと過ごす時間が増えることもチャンスです。

ということで、再度ご案内します。

【日程】 2011年2月11日(金・祝)~13日(日)2泊3日
    ※個人整体施術は、前日の10日(木)の午前・午後と、  
     最終日13日(日)の午後を予定しています。

【会場】 「もりのいえ」 
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
Tel & Fax. 0573-79-3268 
    携帯:090-6203-9043(森本正則(Ma-san))
メール:mori@mori-no-ie.com
*この時期は路面が凍結あるいは積雪している可能性があります。
 雪道での運転に自信のない方は、電車&バスで来られることをお勧めします。
*特に遠方の方には、前泊をお勧めします。
 (合宿期間外の宿泊料金:一泊二食6,000円)

【お申込方法】
下記の【お申し込み記入事項】にご記入の上、
「もりのいえ」までお申し込みください。
(記入欄以外は削除していただいて結構です。)
お申し込み後、詳しい参加案内を送付します。

【スケジュール】
一日目 2月11日(金)
09:30までに【もりのいえ】にて受付終了
09:50   メイン会場に集合
10:00  プログラム開始
13:00  【もりのいえ】にて昼食
14:30  午後のプログラム実施 
17:00  温泉に出発 
18:30  【もりのいえ】に帰宅 夕食   
20:00~21:00  講義(質問タイム中心)
22:00  就寝

二日目 2月12日(土) 
起床は各自自由に、朝食は汁物のみ
09:00  プログラム実施  ←乙女渓谷に裸眼ハイキング予定
13:00  【もりのいえ】にて昼食
14:30  午後のプログラム実施
17:00  温泉に出発
18:30  【もりのいえ】に帰宅 夕食
20:00~21:00  講義(質問タイム中心)
22:00  就寝

三日目 2月13日(日) 
起床は各自自由に、朝食は汁物のみ
09:00  プログラム実施     
12:30  【もりのいえ】にて昼食 
昼食後、各自解散 希望者は個人整体施術

【参加費】
《受講費》 ☆一般(初参加) :31,000円 (視力回復キット付)
      ☆ラガンズメンバー(再受講者) :25,000円 
      
《個人整体施術費》  1枠50分  7,000円  
予定日:前日10日(木)の午前・午後、  最終日13日(日)の午後

《宿泊費 2泊3日5食おやつ付き》
 大人(中学生以上) 14,000円
 小学生 8,000円(合宿参加者のみ)
 *今回は子連れ不可とさせていただきますので、あらかじめご了解ください。

【定員】15名  
定員に達し次第、申し込みを締め切ります。
お申し込みはお早めにどうぞ。

【参加条件】
1.年齢10歳以上で、視力回復したいというハッキリと明確な意志のある方
2.合宿期間中、裸眼で生活する意志のある方
3.過去に、視力が両目とも1.0以上あった方
  (生まれつきの近視・弱視・遠視の方はお断りすることがあります。)     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お申し込み記入事項】
・氏名(ふりがな)
・メールアドレス
・電話番号
・携帯電話番号
・住所 〒
・性別
・生年月日(年齢)
・現在の視力 両目:   右目:   左目:
・過去に両目ともに、1.0以上だったことがありますか?  ○をしてください 
   ある(  )    ない( )
・視力低下の経緯
・ラガンズメンバーの方は、参加した合宿を記入してください。

・個人整体施術を希望の方は、次の時間帯から第1希望・第2希望を記入してください。
 10日(木)
午前10時~【  】、午前11時~【  】、午後1時~【  】、午後2時~【  】、
午後3時~【  】、午後4時~【  】、午後5時~【  】
 
 13日(日)
午後2時~【  】、午後3時~【  】、午後4時~【  】、午後5時~【  】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問い合わせ・連絡先 】
合宿の受付、進行について

「もりのいえ」 
〒508-0421 岐阜県中津川市加子母2220番地
Tel & Fax. 0573-79-3268 携帯:090-6203-9043(森本正則(Ma-san))
メール:mori@mori-no-ie.com
ブログ:もりのいえ 山暮らし日記

合宿の内容について

「ささき整体院 ポノポノ」 院長 佐々木謙一
〒395-0011 長野県飯田市大門町31
Tel. 0265-49-3260
Fax. 0265-49-3272
メール: pono778@gmail.com



12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!

12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(詳しくはこちらへ)
       &【もりのいえ】忘年会

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!


「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日一日で実に様々な出来事が起きました。

視力回復の驚きの成果!
ここ最近で、いや半生で、大きく腑に落ちた本との出会い!
そして早速の驚きの効果!

あぁ、何から書こうか?
今年のもりのいえは、例年になく冬支度が順調です。
田畑の整備は終わったし、
窓にプチプチを貼って、断熱効果がすごく上がったし、
店のドアにも三重のカーテンをつけて、ますます断熱効果が上がったし、
薪も順調に揃ってきたし、
家回りもすっきりして、いつ大雪が来ても、雪かき体勢万全です!

でも何よりも万全なのが、布団の中!
そうです!
あの優れもの湯たんぽ「fashy」が使い放題なのですよ!
fashy赤

というのも、視力回復合宿用に大量に仕入れて、宿用におろしたため、
うちは「湯たんぽ長者」状態なのであります。
つまり、fashyをいくらでも使えるのです!

これは極楽ですよ!
私のお気に入りは、前もって足元に一つおいて足先をぬくぬくにしておいて、
もう一つは、眠る前に持ち込み、仰向けに寝てお腹の上に置くパターンです。
腹がじわ~と温まって、もう極楽!

そして足先もほんわか温かくて、本当に極楽~!
この幸せを知らない人は、冬の楽しみを知らない人ですよ!マジで!
ということは、人生のかなりの部分を楽しめていないということですぞ!
マジで!

考えてもみてください。
睡眠時間は人それぞれとして、ま、一日6~8時間としましょう。
つまり、一日の1/4~1/3ですね。

一方、冬は一年の1/4です。
ということは、一年のうち、1/16~1/12の時間が、「冬の睡眠時間」です。
つまり、これは一生の1/16~1/12の時間とも言えます。

このかなりの割合の時間を、「寒い寒い!」と縮こまりながら眠るのか?
「はぁ~!極楽~!」と感じながら過ごすのか?
この違いが人生にどんなに大きな影響を及ぼすのか?
考えたことがありますか?

かく言う私も、この湯たんぽに出会うまでは、
こんなに幸せな人生が待っているなんて、知りませんでした。
湯たんぽと言えば、「熱い」「固い」「邪魔」というイメージでしたからね。

ところが、このドイツ製湯たんぽ「fashy」は柔らかい!
肌触りがとても気持ちいい~!
もう、本当に幸せなのであります。

この喜び、是非大勢の方に知ってもらいたいですね。
実は【もりのいえのお届け便】ではひっきりなしに注文が来るので、
今回、三回目の仕入れをしました。
色は、上の赤と、青と、
fashy青

黄緑と、ピンクです。
一つ3,780円を高いと思う人は、人生の1/16~1/12で幸せを掴むチャンスを逸していますよ。
まぁ、騙されたと思ってご注文ください。
決して期待を裏切りません。ご注文はこちらへ!

そして、世の中には国産の安い湯たんぽも売っています。
私も試しに購入してみました。
すると、まずお湯を入れた時に異臭がします。
これだけでノーサンキュウ。

そして、安物は何と!お湯が漏れるのです!
熱湯が出てくると火傷するし、冷めると風邪をひきます。
こんな粗悪品は、幾ら安くても買うだけ無駄です。

その点、このfashyは素晴らしい出来です。
匂いがしないし、強度もバッチリ!
こいつ達がいてくれるおかげで、私たちは冬に宿泊客を受けることができます。

そんな素敵な湯たんぽ「fashy」、是非あなたもおためしあれ!
まぁ、一つでも買ってみてください。
3,780円の投資が無駄でなかったことを実感することでしょう。
既にこれを買われた皆さん~!
是非ご感想を聞かせてください!

【もりのいえ】では、ネットショップでも、店頭でも販売しています。
最終発送が近づいてきた、
「2010年ありがとうセット」と合わせてご注文いただいても結構です。
ご連絡をお待ちしています!



12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!

12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(詳しくはこちらへ)
       &【もりのいえ】忘年会

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン

お客様の声は、こちらをご覧下さい!




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268 begin_of_the_skype_highlighting              0573-79-3268      end_of_the_skype_highlighting begin_of_the_skype_highlighting              0573-79-3268      end_of_the_skype_highlighting
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


加子母に移り住んで、イラストレーター・きよちゃんと結婚して、
先月お父さんになった、haruさん。
彼の素敵なライブが加子母で開かれます。

12月22日(水)
ディナー(ビュッフェ形式)18:00~
ライブ19:30~
お一人さま¥3,000(ドリンク別)
会場:イル フィオーレ 

私たちは残念ながら行けないのだけれど、
都合のつく方は是非どうぞ!
さぁて、いよいよクリスマスが近づいてきましたね。
今回の焼き菓子セット、おかげさまで大好評をいただいております。
そこで、これまでにいただいたメッセージの一部をご紹介します。

一つ一つの、こんなにも温かいメッセージに、
いつも私たちは励まされています。
ありがとうございます!
(前半は今回のセットについてのご感想、
後半はそれ以前にいただいたものです。)




「感動しました!
いつもながら、丁寧に作られ、包まれ、箱に詰められたお菓子を開いたときの
あのキラキラとした暖かい気持ちは言葉にはうまく表しきれません。
早速、りんごとさつまいものタルトをゆっくり眺めてからいただきました。
さつまいもの濃厚な甘味、りんごのさっぱりとした舌触り、
サクサクとした素朴なタルト生地、とっても美味しかったです。
最近ずっと仕事でストレスを感じていたのが、スーッと癒された瞬間でした。」

4りんごとさつまいものタルトのカット


「昨日、無事?に届きました。
と~ってもおいしかったです。
今年お世話になった友達にも届けたら、
みんなが『めちゃくちゃ、おいし~い、ほっこりするおいしさ、、、』
と喜んでくれました。
温かさが伝わってくるお菓子ですね。
食べて幸せな気持ちになれました。素敵なお菓子をありがとうございました。」


「心のこもったお菓子は、箱を持っただけでもわかるほど
あたたかさがじんわりにじみでてきていました。
さっそく、西方いものキッシュをいただきました。
すごいおいしい!
見た目もすごく美しく、
ナッツ類の食感とスパイシーな味がなんとも言えませんでした。
里芋をこんなふうに変身させれるなんて、
りえさんてすごい、天性のセンスだと思いました。
わたしは、りえさんのお菓子が食べれて、すごく幸せです。
ありがとうございます。
「お菓子便り」に書いてあった、
「私は今、このお菓子を通して みなさんに喜びをお届けしたいです」
という言葉が胸に響きました。
この文章に触れて、わたしも自分の喜びを何かの形を通して表したい
と思っていることに気がつきました。
お菓子やお手紙に押してあるハンコかわいいですね!
ハンコすきで、じーっと眺めてたのしませてもらっています。」

10西方いものキッシュ



「今年のシュトーレンはどこのを買おうかと思っていたところ
秋のお菓子セットに予告の文書が書いてあるのを見て
もりのいえに決定!!という感じでした(^-^)
届いた時にはどっっしり、期待通りの重み!(^^)!
そのままかぶりつきそうになりましたが、
じっくり毎日少しずつ味わっています!!
さつまいものタルトもスコーンパンは止まらず、
一気にいただいてしまいました!!
ほんとにいつも美味しいお菓子をどうもありがとうございますm(__)m
時々の注文しかしておりませんが、疲れた時、嫌なことがあったとき、
また頑張った自分へのご褒美スイーツとして、
今年ももりのいえのお菓子に癒されました!
また次のお菓子も楽しみにしています!
来年も宜しくお願い致します!!」

シュトーレン



「もりのいえのお菓子、どれも大好きなのですが
中でも、スコーンが大好きなんです!!
初めてスコーンというものを食べたのが、
もりのいえさんのものだったのですが
美味しくて美味しくて☆
その後、色々なお店でスコーンを買ってみるものの・・・
あのどっしり感とたっぷりのドライフルーツの美味しさ、
どこにもないんです!!
レシピ教えてほしいくらいです!!
・・・って秘密ですよね!!
教えていただけるレシピのお菓子があって、
お菓子教室とか開いていただけたら
いつか泊まりでもりのいえに遊びに行きたいなぁ~!!
なんて、私の勝手な思いです(笑)
去年、食べ損ねてしまったアップルパイも美味しかった~!!
あんなにたくさんの種類のお菓子作るの、
しかも注文している方も多数いらっしゃって、本当に大変だと思います。
お忙しい中、そして赤ちゃん抱えている体で作っていただき
ありがとうございます。
ごちそうさまでした!!」



「りえさんのクッキーはほんとうにおいしいです。
食べると、『生きててよかった』と思えます。」



「今日、クッキーが届きました!
午前中、掃除をしていたら、ピンポーンと音がして
クロネコヤマトの配達のお兄さんがクッキーを持ってきてくれました。
なにかな?と思って見たら、もりのいえからで、
すごくうれしくてうれしくて、くるくる回りたいような気持ちでした。
しばらく大切においてから、
きれいなお皿にクッキーを入れて家族でいただきました。
もりのいえクッキーをひとくち食べたときに体の中がぶるぶると震えて、
涙がじわーとでました
(これにはわたしもびっくり。
これほどまでにもりのいえのクッキーを求めていたとは☆)。
もちろん、すごーくおいしくて、身も心も満たされ、元気になりました。
もりのいえのクッキーを食べることができて、
ほんとうにしあわせです(ハート)。」



「どちらも自然な甘さでとてもおいしいです。
授乳中のため、なるべく体にやさしいものをと思っています。
今後も利用させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。」



「今日送っていただいた商品が到着いたしました。
いつも美味しいお菓子ありがとうございます。
もりのいえさんのお菓子はあったかくってハートがこもってますね。
最近感じたことです。
6歳の息子と授乳中の自分の為に家でお菓子を作りますが
(マクロビやベジタリアン仕様です)
ケーキ屋さんにならぶ華やかなお菓子には負けるなあ・・・と思っていました。
6歳もなれば世間一般にスーパーで売られているお菓子も興味があり
祖父母や保育所でも当然のようにそのようなお菓子を与えています。
私はそれはそれでよしとしているのですが、
なんだか息子がそっちになびいてお家のおやつを
美味しくないと感じないだろうかと思っていました。
でもそれは違いますね!
見た目やおもちゃのおまけも子供は好きかも知れませんが
心込めて作ったものはきっとそれ以上のものがあるはず!
だから自分の作る素朴なものでも、
きれいにデコレーションできないものでも^^;
愛が入っていれば大丈夫!なにも引け目を感じることはないんだ!
・・・そう思ってます^^。
もりのいえさんのお菓子もまさに愛を感じます^^
ご馳走様でした!」



「はじめまして。本日、お菓子の方が無事に届きました。
ブログの方を拝見させていただいていますが、
そこに載っていたお菓子の写真がとても美味しそうで、
いつか必ず食べてみたい!と思っておりましたので、
今回バイト代が貯まりようやく注文することができ、
いまか、いまかと首を長くして待っておりました。
配達員の方から荷物を受け取り、わくわくドキドキしながら箱を開けました。
丁寧にクッションが敷かれたものも取ると、
美味しそうなお菓子たちがぎっしり詰まっていて、
思わず「わぁー!」と叫んでしまいました。
さっそくいただこうと思い、どれにしようか散々迷った後、
りんごのスコーンをいただきました。
お菓子便りに書いてあった通り、トースターであたためてからいただきました。
料理評論家でもない私がこんなことを言わせていただくのは
大変おこがましいことなのですが、味の感想を述べさせていただきます。
スコーンの生地は表面がサックリしていて、噛めば噛むほどに生地の味が濃くなり、
まるで生地の本来の味に一歩また一歩と近づいていくようでした。
そして、その素朴な生地だからこそ、
その中のりんごやレーズン達の酸味や甘みがところどころに際立っていて、
とても美味しかったです。
素材そのものの味を一つ一つ大事にいかされたお菓子はとても優しくて、
食べている間は体が穏やかに安心しきっているのがわかりました。
作ってくださった方の素材やお菓子、いただく私達、
一つ一つに対しての愛情がこのお菓子から感じられるようでした。
そんな幸せなひとときを感じながら、
ゆっくり、ゆっくり噛みしめながらいただきました。ごちそうさまでした。
添えられていたコメント、とてもうれしかったです。
今回多くの方が注文されたことと思いますが、
ご多忙の中、まさか見ず知らずの他人にこのように親しみをこめて一言くださるとは
思ってもみなかったので、その心配りに大変感心いたします。
ブログでの森本さん一家の自然体でいきいきとした様子を見ていますと、
心が温かくなり、こんな家族を築いていきたいなぁと憧れます。
これからの更新も楽しみにしております。
いろいろと書いているうちにとても長くなってしまい申し訳ありません。
ご多忙の中、ここまで読んでいただきありがとうございました。
本日は心のこもった美味しいお菓子をどうもありがとうございました。
これからのおやつタイムが楽しみでなりません。
最後に、森本さん一家の健やかなるこれからの暮らしと、
「もりのいえ」さんのますますの良き出会いを祈りつつ
言葉を終えさせていただきます。」



「無事にお菓子が届いたようです!
ありがとうございます。
妹には、『とても素敵なご夫婦が丹誠込めて作っているお菓子だから、
きっと縁起のいいお菓子だよ。夫婦円満になるに違いないよ。』
と伝えておきました。
とても喜んでました^^笑」



「前回冬のセットを購入させていただき
その美味しさが忘れられず
毎日がんばっている自分にたまにはご褒美ねと
注文させていただきました。(もちろん家族にもお裾分けしますけれど・・)
玄米ワッフル、早速温めて戴きました。
噛みしめる楽しみが味わえる固さと
程よい甘さ(何もかけない方が好みです)
期待通りの美味しさでした。
よもぎボールもよもぎの香りが華やかで
美味しかったです!
一つ一つ心を込めて作られている想いが伝わってくるような
味、残りも楽しみにいただきたいと思います。」



「お菓子セットが到着しました!
安全なスイーツは珍しいので、大切に味わいたいです。」



「おはようございます!
昨日は商品お届けいただきありがとうございます!
もっと先になると思っていたのに、こんなに早く作っていただき
本当にありがとうございます!
商品発送のメールを見た時点で疲れが癒されました(^-^)
まずはおからグリーンティーケーキとスコーンをいただきました☆
おいしかった~!!
もう疲れがふっ飛びました!!
今日も、もりのいえさんのおやつが待っているかと思うと、
仕事頑張れそうです!!
他のも早く食べたい(>_<)一気に食べないように気をつけなくちゃ(^^ゞ
週末もゆっくり楽しみます(^-^)
ごちそうさまでした!!」



「先日はお菓子セットを送っていただいてありがとうございました。
とっても喜んでもらえたみたいでうれしかったです。
塩キャラメルが大ヒットだったそうです♪」



「急な注文に対応していただいて、ありがとうございました。
昨日、友人たちと美味しくいただきました。
お互いの長女たちが8月に誕生日を迎えるのと、
二人とも下の子が生まれて半年ほどで
授乳中なのもあって、皆で一緒に美味しく食べられるものをと思っていました。
いろんな話をたくさんして、たくさん遊んで、たくさん食べて、
楽しい時間を過ごしました。
どうもありがとうございました。」



「今日、送ってくださったお菓子が届きました!
ありがとうございます。
早速、リンゴパイをひとついただきました。
生地がすごくさくさくしていて、たまらないおいしさでした。
こんなおいしいお菓子は地球上、
どこをさがしても他にないんじゃないかと思うほどでした。
たくさん注文したのにこんなに早く送ってくださって、ありがとうございます。
理恵さん、まあさんに感謝しながら、大切にいただきます。」



「こんにちは。楽しみにしていたお菓子たちが届きました。
早速スコーンパンを頂いたのですが美味しくって、
とっておきの自分へのごほうびになりました。
理恵さんのパワーがたくさん詰まっていて、
本当に幸せな気持ちになります☆ありがとうございます。」

1紫芋のスコーンパン



「子供達が寝静まったあと、ママ達の二次会の席で
もりのいえのお菓子を披露!
どれもこれも大好評で紹介した私も鼻が高い!
豆腐とブルーベリーのタルトは「おいしい!」
の声が次々とあがっていました。
塩キャラメルくるみも、やっぱり大好評。
その日は助産師さんは不在だったのですが、お土産
がわりに2個冷蔵庫に忍ばせて帰りました(笑)」

6塩キャラメル胡桃



「写真で拝見していた以上の美味しそうな感じ・・・
さっそく、かぼちゃのケーキをいただきました!
(一人でまず、試食・・・(^▽^;)・・・美味しかったです!!
自然な甘さともちもち食感が、クセになりますね。
夜には、りんごケーキをいただきますm(_ _)m
明日はアップルパイをいただきます~(笑)
夜に、夫や親にも食べていただきますね!
ありがとうございます。
(あ、一度に食べてしまうのはもったいなかったので、
一切れずつ、冷凍しました。)」



「卵・乳製品なしのスイーツだとどうしてもぱさぱさしたり、
味気なかったりするのですが、
もりのいえのお菓子はどうしてこんなにおいしいのでしょう?
秋のセットも出るということだったのでまた誰かのお祝にかこつけて(?)
注文しようかと企んでいます(*^_^*)」



「りえさんのお菓子、本当においしい。
ひとくち目ごとに感動しっぱなしでした。
みんなで取り合いで、もう、半分なくなってしまいました!
子供たちに一番人気だったのが、かぼちゃスティックです。
「かたーい」と言いながらも、ニコニコバリボリ食べていました。」



いやぁ、本当に嬉しい!
ありがとう!みなさん!
他にも沢山のメッセージをいただいていますが、
もうこれで十分伝わるかと思います。

して、今年最後の焼き菓子セット!
このセットの発送は12月25日が最終です。
そして1月一杯は焼き菓子の販売を休ませていただきます。

来年はバレンタインに向けて少々販売しますが、
その後は出産モードに入るため、
焼き菓子の製造販売はGW明けまでお休みとなるでしょう。
実際のところは、子どもが生まれてからでないと分からないからね。

ともかく、あなたのご注文を受けてじっくりと製造出来る時期は限られていますので、
是非この機会に【もりのいえ】の焼き菓子をお楽しみいただきたいです。
ではでは、乳製品や卵を一切使わず、植物性の素材のみを活かして、
【もりのいえ】が心を込めて焼き、お届けする焼き菓子セット。
改めてのご案内です!



紫芋のスコーンパン 2個入り (単品の場合は500円)
1紫芋のスコーンパン

言わずと知れた、【もりのいえ】オリジナルにして、大ヒット商品です。
「これを食べたくって!」と、イベント会場に通って下さる方もいらっしゃいます。
また、ネットで大量にご注文してくださる熱烈リピーターさんもいらっしゃいます。
鮮やかな紫色に、うっすらと焼き色がかかり、手に持つと小さいながらもどっしり感!
口に含んだ時、もっちり感と共に、優しい甘さが広がります。
そして、鼻に立ち上がる紫芋の香りが絶妙です。

最近のパンって、特にコンビニやスーパーで売っているパンって、
妙に軽くてふかふかでしょ?
そしてパンに味がない。
それらとは一線を画したのが、このスコーンパンです。

そもそも、何故「スコーンパン」なのか?
これは、スコーンを焼こうとしたら、
失敗してパンになってしまったというのが始まりなのです。

かみさん「スコーンを焼こうとしたら、こんなのができちゃったんだけど、
売っても大丈夫かな?」
私「どれどれ、確かにスコーンではないが、美味いじゃないか!売ろう!」
かみさん「でもパンとはちょっと違うし、『スコーンパン』なんてどう?」
私「OK!」
といういきさつから生まれた品なのです。
つまり、商品名からして【もりのいえ】オリジナルです。

何事も素敵な物語がついてくるものは存在感がありますね。
そんな素敵な「紫芋のスコーンパン」が今回のセットに入りました!


りんごのさわやかケーキ (単品500円)
2りんごのさわやかケーキ

りんごがたっぷり入ったレモンの風味がさわやかケーキです。
りんごとレーズンの甘さのみで作っています。
つまり、何とノンシュガーでこの味!我ながら見事です。
見た目が地味なのですが、過去にセットで登場した際には、
「りんごのさわやかケーキが美味しかったです!」
というメッセージを沢山いただきました。
甘くって、酸っぱくて、リンゴの風味たっぷりのケーキ。
スライスして少しずついただくも好し、
贅沢に一気にほおばるも好し。
食べたことがない人には是非お試しいただきたい隠れた逸品です。
(同じ生地のマフィンもあります。)


りんごとさつまいものタルト (単品650円)
3りんごとさつまいものタルト

以前、セットに入れた時、大人気だったタルトが今年も登場です。
そしてこちらもノンシュガー!
りんごとさつまいものこのボリュームを見てくださいよ!すごいでしょ?
4りんごとさつまいものタルトのカット


素材の美味しさをぎゅっと味わえるこのタルトを
まるごと一つ食べ切った時の幸せ感といったら!
もう、たまりませんよ!


さつまいものカラメルナッツケーキ (単品600円)
5さつまいものカラメルナッツケーキ

さぁ、新作です!
さつまいもをふんだんに使ったしっとりケーキの上に、
玄米米飴のカラメルを絡めた胡桃と、
さっくりクランブルをたっぷり乗せて焼きました。
さつまいもとカラメルとくるみのほろ苦さがピッタリ!
気分は「でっかい塩キャラメル胡桃を口一杯にほおばる」イメージです。
このボリュームはすごいよ!
そして美味い!


塩キャラメルくるみ(単品250円)
6塩キャラメル胡桃

【もりのいえ】の最大ヒットクッキーが再び入場です。
カリッ、サクッの食感と、
溶け出したキャラメル部分とナッツのハーモニーが最高です!
前回のセットでこれを入れなかったら、
大勢の方がセットとは別に注文してくださいました。
イベントで出店する際も、
主宰者さんから「塩キャラメル胡桃は必ず入れてくださいね。」
と念を押されています。
何といっても美味しくて、食べ出したら止まらない!
おやつにも、お酒の肴にもぴったりです。
この「塩キャラメル胡桃」と、「紫芋のスコーンパン」は、
本当に【もりのいえ】の看板商品に育ってくれました。
「紫芋のスコーンパン」は季節商品なのですが、
「塩キャラメル胡桃」は年中通して提供できるのが強みです。
初めて【もりのいえ】とお付き合いいただく方には、
まずはこの商品からご縁をいただきたいという逸品です。


もりのいえクッキー(単品250円)
7もりのいえクッキー

「塩キャラメル胡桃」や「紫芋のスコーンパン」のような派手さはありませんが、
いつまでも飽きのこない、いかにも【もりのいえ】らしいクッキーです。
このクッキーを一口ほおばって、しばらく噛み続けてください。
砂糖を使わない、レーズンのみの甘さと、
オートミールのざっくりした食感が合わさり、贅沢な気分になります。
私の場合、巷のクッキー類を食べた後は、
「不足感」を感じて次の手が出るのですが、
「もりのいえクッキー」では、一枚で満足して、
その喜びをまた得たくてやっぱり手が出るという違いがあります。
この商品を「もりのいえクッキー」と名づけたのは大正解でした。


おさつスティック(単品250円)
8おさつスティック

さつまいもがぎっしり詰まったクッキーです。
サクッとした後に、口の中にさつまいもの香りがふわ~っと広がります。
はっきり言って、この「おさつスティック」を焼くかみさんの腕が、
今年の秋頃からぐんと上がりました。
それが証拠に、イベントで出品のご指名を受けることが増えてきました。
特に女性とお子さんには大人気です。


ゆずサブレ(単品250円)
9ゆずサブレ

新作です。
ゆずの風味が爽やかな、さっくりした上品なクッキーです。
噛むほどに「キュッ」とした感覚があるのが実に面白い!
きっとはまる人が現れると想像します。


以上、8種類の焼き菓子をセットにしました。
今回は定番系が多く、どれも自信作です。
まさに「今年一年、ありがとうございました~!」という、
私たちの気分を乗せたセットです。

これが「2010年ありがとうセット(スタンダード)」です。
3,100円となります。
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

今回は上のセットに、
「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わったセットも組みました。
こちらは、「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」、3,800円となります。
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)


銀手亡と西方いものキッシュ (単品800円)
加子母の伝統野菜「西方いも(里芋の一種)」と、
幻の美味しい豆「銀手亡(ぎんてぼう)」で作りました。

西方いもは、ねばりがとても強く、
加子母では「いももち(芋餅)」の材料として親しまれています。
そのねばりを活かして焼き菓子を作りました。
通常の里芋と比べて、市場では5倍ほどの価格で取引されているとかで、
加子母の新たなブランド品として注目されています。
加子母には「西方いも委員会」なるものがあり、私もそのメンバーです。
現在、西方いもを使った商品が次々と開発されており、
ブレイク寸前の作物です。

一方、「銀手亡」は、北海道で明治時代から栽培されてきた白いんげん豆ですが、
今では幻の豆になっています。
大福豆よりずっと小振りで、大豆をやや細長くした大きさです。
秋場和弥さん(北海道・北見)が無農薬無肥料栽培で作っている銀手亡は、
“白い貴婦人”を思わせる気品のあるこまやかな味わいです。

そんな贅沢な素材を使った「銀手亡と西方芋のキッシュ」。
昨年のイベントでデビューした際は、あっと言う間に売り切れました。
その後、小ぶりなサイズのホールを作るようになり、
今のような形に収まってきました。
この商品は期間限定なので、販売中は是非お見逃しなく!
10西方いものキッシュ


ということで、今年最後の【もりのいえ】焼き菓子セット!
ご注文は以下までお願いします。
「2010年ありがとうセット(スタンダード)」3,100円はこちらへ!
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」3,800円はこちらへ!
是非あなたに私たち【もりのいえ】の気持ちをお届けしたいです。
ご注文をお待ちしています。




12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!

12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(詳しくはこちらへ)
       &【もりのいえ】忘年会

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

2010.12.12 三重の旅
きっかけは偶然というか、軽いノリというか、
いや直感というものだったのでしょうね。
ただ、当初はさほど大層な旅になるとは想像していませんでした。
それがこんなに大きな意味を持つ旅になるとは!

そもそものいきさつを、かいつまんで整理します。
・10月23日、下呂にて、「生命からのメッセージ」という一大イベントがありました。
・私はこのイベントのことをかみさんから聞かされた当初、
 講師の三名とも知らなかったこともあり、さほど興味を示しませんでした。
・その後、「定員800名が、あっと言う間に埋まった!」との話を聞き、
 「それほど人を惹き付ける講師なのか?」と、興味が湧きました。
・でも、既に定員は一杯だというので聴講を諦めていたら、
 かみさんが、「スタッフとして参加したら?」と提案してくれました。
・「でも今更スタッフなんて可能かしらね?」と感じながらも手を挙げたら、
 何と!ギリギリのタイミングで受け入れてくれました。
・その時点でも、私はまだ講師のことはよく知りませんでした。
 むしろ、「この機会に、下呂で頑張っている人々とご縁ができたらいいな。」
 くらいの認識でした。
・さて、講演会の前夜、スタッフだけが集い、講師の方々との交流会が開かれました。
・その場で、私は一人の講師・今野華都子さんに大いに惹かれました。
 というのも、私は勝手にカメラマンをしていたのですが、
 今野先生だけ、ピントが合わないのです。顔がぼけてしまいます。
・そのことをご本人に伝えたところ、
 「はい、私は写真に写らないことが多いのです。」とのこと。
・それだけでなく、確かにこの人は存在感が他の人とは異なりました。
 例えて言うならば、「周りの風景と波動が一致しているような存在」です。
・多くのスタッフが、今野先生にハグしてもらっただけで泣いていました。
・さて、講演会当日は、大成功のうちに終了しました。
・その後、講演会の言い出しっぺである、エトウさんから連絡がありました。
 「伊勢神宮や他の神社に参拝するのですが、一緒に行きませんか?」
・どこに行って、どんなことをするのか、いろいろ説明してくれるのですが、
 その時は正直言って良く分かりませんでした。
・ただ、私は「このエトウさんはただものではない。」と感じていました。
 今野先生の10名程の弟子のお一人ということも影響していたと思います。
 「この人について行ったら、面白いかも。」という、軽いノリでした。

こうして、私たち家族と、スタッフ2名もご一緒させていただき、
下呂の皆さんと一緒に三重への旅に出たのでありました。
11月29日(月)、朝5時半集合でありました。

バスには下呂のイベントの時の主要スタッフたちと、
素敵なゲストも乗っておられました。
「うさとの服」の、さとううさぶろうさんでした。

と言っても、失礼ながら私はこの人を知りませんでした。
でも、前夜に初めて出会って、「この人もただ者ではない!」と感じました。
「君はまぁさん? 私はうーさんです!」と話しかけてくれた、うさぶろうさん。
その後、お言葉に甘えて、「うーさん」と呼ばせていただきました。

このうーさん。車中で祝詞を歌ってくれました。
うーさんにとっても初めての行為らしく、とても貴重な場に遭遇しました。
やはりこの人はただ者ではない!
1祝詞を歌ううーさん

まず向かったのは、「能褒野(のぼの)神社(三重県亀山市)」でした。
そこは日本武尊(ヤマトタケルノミコト)のお墓がある神社でした。
想像していたよりも広い敷地でした。
2のぼの神社に到着

3のぼの神社解説

「何故、ここに来るようなことになったのか?」
4のぼの神社外観

拝殿の中に入って、エトウさん始め、みなさんの説明を聞いて、
ようやくいきさつを理解することができました。
5のぼの神社内

10月23日のイベントに向けて、エトウさんたちは前もってこの神社を訪れ、
イベント成功を祈願したのでありました。
その後、一気に参加の申し込みが殺到し、イベントは大盛況に終わったとか。

そのお礼参りというのが、今回の趣旨なのでありました。
私はその場での説明で、ようやく事情を理解しました。
そんな事前理解で、よくもまぁ家族総出で参加したものです。
事情を知らなかったから、スタッフ達も誘うことになり、
それが結果的に良かったのですが・・・

拝殿では、とても素敵な、感動的な出来事があったのですが、
ここでは割愛します。

その後、「日本武尊のお墓」に、皆でお参りしました。
その際、ある言葉を皆で唱えました。
それは、ある方が「日本武尊のおもい」というものを受け止め、
文章にしたものでした。
以下、許可を取って掲載します。

【日本武尊のおもい】
「誇れるやまとの国を憂い 甦りたり
父君 景行天皇の御意を賜り
能褒野に死すとも 志 変わることなく
建国の夢 今も尚 熱く熱く 我が胸をうつ

建国の夢 天(あめ)なる道をもって果たさん」

この言葉は、拝殿の中でも皆で復唱したものと同じでしたが、
ここで突然、私の身に「ある事件」が起きました。

上の言葉のうち、「建国の夢」と唱えた瞬間、
私の頭のてっぺんに痛みが走ったのです!

「コツーンッ!」

はっきりと聞こえた響く音と、頭に残った痛み!
最初は何が起きたのか分かりませんでした。

実際のところ、何が頭に落ちたのかは分かりません。
でも「きっと、ドングリであろう。」と想像しました。

一通り、言葉を唱え終わった後、ちょうど傍にいたエトウさんに伝えました。
「エトウさん、私は今、人生で初めての体験をしましたよ。」

一体何が起きたのかと期待満々のエトウさん始め、周りの方に伝えたところ、
皆さん大笑いした後、妙に神妙になられました。
「それはきっと意味があるのですよ。」「何かのメッセージかもね。」とのこと。

私もね、普通に山に入った時にこんな出来事が起きたら、
きっと何にも気にしないでしょうよ。

でもよりによって、「日本武尊のお墓」の前で、
「建国の夢!」と唱えている瞬間でしょ?
それにこんなに見事にドングリが頭上に落ちて来たのは初めての体験です。
しかも、頭頂よりわずかに右寄りでした。
「もっと右脳を使え!」ということか?

「それはきっと喝を入れられたんだよ。」と、ある方がおっしゃいました。
そうかもしれない。。
別の表現をするならば、「いいかげんに目覚めよ!」というところか?

いずれにせよ、その後の私は神妙な心持ちでその後の旅を続けることとなりました。

やがて伊勢に到着し、昼食です。
「昼食は宮内庁御用達のお店で食べますよ~。」と、
エトウさんから聞かされていました。
店前で、エトウさん、うーさんと一緒にパチリ。
6昼食はこちらで

ここで出たランチに驚きました。
これで1000円ですって!
いやぁ、参りました。宮内庁御用達ですよ。それで1000円!
7驚きの1000円ランチ!

しかもこんな部屋でですよ。これで一人1000円!
8皇室御用達ランチ

しかも、伊勢神宮で垣内参拝するということで、子ども達を着替えさせたのですが、
その部屋も別室でご用意いただきました。
いやぁ、参りました。宮内庁御用達!

さて、「垣内参拝するには正装で」というのが、よく言われることですが、
私はスーツでかまわないので問題ありません。
問題は妊婦のかみさんと、子ども達でした。

まず、かみさんのお腹に合う正装がありませんでした。
でも、「ま、ジャケットさえ着ておれば、きっと何とかなるでしょう。」
との周りのお言葉に甘えて、かみさんは何とかクリアしました。

次は子ども達です。
本当にきちんとした格好でないと、中に入れないらしい。
さぁ困りました。
そこで、数日前から方々に声を掛け、何とか衣類を借りる段取りができたのでした。

さて、U太は格好よく決まりました。
12凛々しいU太

ところが、KAN太用にお借りした服は、ちょっと様子が違うぞ!
これは女の子のブラウスとスカートではないか!
「どうしよう!」とかみさん。
「ここはKAN太に女の子になってもらおう。」と私。

ということで、KAN太ならぬ「KAN子」の誕生でありました!
でも、これがまた可愛いんだ!
11KAN太ならぬKAN子

周りで観た方は、間違いなく女の子だと勘違いしたでしょうね。
もしかして、これが彼の将来を予言しているのかもしれない。
KAN子、それもまた人生だ。
お前は好きに生きたらいいよ。

なんてことを夫婦で語り合っているうちに、OBウーファーの、ノジャ登場!
彼はこの時は伊勢のホストさんでお世話になっていたので、
休憩時間に顔を出してくれたのでした。
嬉しいね。気持ちが嬉しいです。
年末の忘年会にも来てくれるそうです。
10のじゃ登場

さぁて、いよいよ垣内参拝です。
この階段を登って、鳥居を越えると垣があり、一般にはその外で参拝しますが、
今回私たちはその内側で参拝します。
13これから垣内参拝

もっとも、私はこの1月に獅子舞奉納をした際にも垣内参拝しているので、
さほど緊張感はありませんでした。

ただ驚いたのは、それまでは風が吹いていなかったのが、
私たちが参拝した瞬間だけ、
大きな風が、とってもおおらかな涼やかな風が一陣通り抜けました。
この風はその場にいた皆が感じ、垣から出た後に各々興奮気味に振り返っていました。

やがて、次の用事がある、うーさんとお別れ。
私はうーさんの存在にとても刺激を受けました。

多くを語らずとも、ただその場にいるだけで「伝わる」存在。
その上で、「語る言葉が人々に沁みわたる」存在。
そんな存在を、うーさんに見ました。
私の目標とする存在が、ここにもおられました。

そして、ひょっとすると、遠からず【もりのいえ】で、
うさとの服の展示会をすることになるかも?

これはまだ具体的な話となっている訳ではありませんが、
そんな予感を感じさせる、とっても素敵なご縁でした。
うーさん、ありがとうございます。
これを機に、どうぞよろしくお願いします。
14うーさんと

この時点で、旅はかなり押しておりました。
たぶん、1時間半くらい遅れていたんじゃないかな?
あと一つ、「戦時中、パラオで亡くなった霊を弔うお堂」があるという、
水屋神社(松阪市)に行くことになっていましたが、到着した時は既に日没!

私は正直言って、
「ここはさらっと付き合おう。もう十分に旅を満喫した。」という認識でおりました。
ところが、この最後の神社で、この日最大のドラマがあったのです。
15水屋神社


まず、境内に入り、ご案内されるままに林の中を皆で進みます。
周りは真っ暗!
そんな中、私を含めた数名が、携帯の灯りを点しながら皆さんを誘導しました。

「人々の進むべき道の足元を照らす。」
そういえば、さやかちゃんは私のリーディングで私の人生をこのように言っていたよね。
これを書きながら、今更ながら思い出しました。

それはさておき、例のお堂に入った時のことです。
内径3mほどの六角形のお堂に、20名近くがギューギュー詰めで入りました。
まるで満員のエレベーター状態。
そして、お堂の真ん中の絨毯に順番に座り、祈りました。

私は比較的前の方の順番で、形式的に祈りました。
まだ出来たばかりのお堂で、
「果たして本当にここで霊が弔われているのであろうか?」と、
半信半疑の状態で祈っていたのでした。

やがて順々に他の人が祈っていき、
うちのウーファー・千(せん)ちゃんの番になりました。
千ちゃんは、真ん中の絨毯の脇に最初から座っていました。
ところが千ちゃんは席を移ろうとしません。
「ちょっと動けないんで・・・」と言うので、他の人が続けて祈りました。
最初は「足がつったのかな?」と私は感じていました。
それにしては様子が固い・・・

やがて千ちゃん以外の方全員が祈った後、
「どうも千ちゃんの様子がおかしいぞ?」と皆が気づき始めました。
私は千ちゃんから離れた場所に立っていたので、
近づくことができませんでしたが、
遠目に見て、「ひょっとして、霊が憑いたか?」と感じました。

ただ、お堂の中は満員のエレベーター状態でしたので、どうすることもできず、
やがて人々がお堂から出ていかれて、
ようやく千ちゃんの傍に近づくことができました。

彼女は正座したまま、下を向いてじっとしていました。
「どうした?」
「体が動かないんです。」
「話すことはできるようだね?呼吸は苦しいかい?」
「楽ではないですが、何とか話せます。でも体が動かない。
どうしたらいいんでしょう?」

確かに霊が憑いたようでした。
後から千ちゃんが語ったところによると、
たくさんの手が両腕に取り付いて、下に引っ張ろうとしていたとか。
ちなみに、彼女はもともとそういうタイプの人ではなく、
人生初の体験だったそうです。

こういう時はどうしたら良いのか?

私は技術的なことは何一つ知りません。
本来は、素人が手を出すような事態ではないのかもしれません。
その後、周りの方々は「除霊」という言葉を使っていましたが、
私はその時はそういう感覚はありませんでした。
ただ、この時、私は本能的に次のような行為をしていました。

私ははじめのうちは千ちゃんの背中に回り、後ろから両肩に手を当てました。
やがて、体を寄せ、頭を垂れて、心の中で語りかけました。

「千に憑いた者達よ、どうせ憑くならば、私に憑いておくれ。」

最初のうちは、何の反応もありませんでした。
それでも私はただ千ちゃんのことを気遣い、同じ言葉を繰り返していました。

千ちゃんの前では、
エトウさん達が様々な香りのボトルを取り出しては匂いをかがせていました。
何かの気つけなのでしょうか。

一方、私はただ同じ言葉を発していただけでしたが、
やがてある言葉が聞こえてきたような気がしました。
「お前はどうなってもいいのか?」

即座に私は応えました。
「かまわない。たとえこの場で(私の人生が)終わってもかまわない。」

それは本心でした。
「私はどうなってもかまわない。千をこの状態から出してあげたい。」
ただそれだけを願っていました。

次第に、私は少し不思議な感覚を持ち始めていました。
まず、私はそれまでは「千ちゃん」と呼んでいたのに、
この場では、心の中で「千(せん)」と呼び捨てにしていました。
そう呼ぶ方が、違和感が無かったのです。

次に、千が他人ではないような気がしてきました。
異性を感じたという意味ではありません。
例えて言うならば、「妹」のような身内の存在を感じたのです。

そして、その次に浮かんだ気づきというか、心境が鮮烈でした。
「私は今、妻や子ども達ではない人のために、命をかけている。」
という心境です。

それには気負いはありませんでした。
全く自然な状態の中で、至極当然のように、
千を愛し、千を助けようとしていました。

私は妻や子ども達をこよいなく愛しています。
それと同じだけの思いを、周りの全ての人々にも向けること。
その心境を今、この場で試されていたのでした。

「目の前の人を家族同様に愛せるか?
その人に憑いた霊を除くために、自身の命を差し出せるか?」
という問いかけとも言えます。

考えてみれば、今、千ちゃんに対して持った感情は、
私の人生でも初めての心境でした。
「これくらい命を張って、全ての人を愛してみよ!」と、
誰かに言われているようでした。

私が上に挙げた不思議な心境に気づいているうちに、
千ちゃんの指が動きだしました。

その時、再び何か叫び声がしたような気がしました。

「我らはここにおるぞ!」

「分かった。よーく分かった。先ほどは疑って申し訳なかった。」
私は心から詫びました。

やがて千ちゃんは少しずつ身体全体が動き始め、
私が体を支えて何とか立ち上がれるようになりました。
そしてお堂を出て、やっとのことで境内から出ることができました。

千ちゃんは、青白い顔をしていましたが、次第に元通りになってきました。
その姿を見てほっとしましたが、
では、霊たちは私には憑いたのか?

そんな気はしませんでした。
そして、「悪い霊ではなかったな。」と、何となく感じました。
ただ、「存在感を示したい!」との気配を強く感じました。

こうして三カ所目の参拝を終え、私たちは再びバスに乗り込み、
深夜、下呂方面に向かったのでありました。

帰りのバスの中、私はぼんやりと考え事をしていました。
「今日の出来事はどういう意味だったのだろうか?」

・能褒野(のぼの)神社・日本武尊のお墓の前での、「どんぐり直撃事件」。
・目指す生き方、「うーさんの存在」との出会い。
・霊との出会いをきっかけとした、心境の変化。

その時にはあれこれ考えが浮かんでは消え、結局、次のように心に決めました。
それは「これからは背筋を伸ばして生きよう!」ということです。
背筋とは、実際に体の背筋でもあり、心の背筋でもあります。

そして、「凛として生きよう。」とも心しました。

今回の旅の間、「日本を建て直す」というような会話が何度となく聞こえました。
私はこのことに関しては、あまりピンときませんでしたが、
まずは自分自身を立て直すことにしました。

そして、「人としての生き方を、身をもって示そう。」と誓いました。

早いもので、この旅から既に10日が過ぎました。
日常の【もりのいえ】の暮らしに戻っていますが、
私の中で変わったなと自覚することがあります。

それは、「私自身や【もりのいえ】の為ではなく、人の為に生きる」
という意識です。

今までは、「自分のやりたい生き方を実践し、
それに共感する人々が集い、お金を支払ってくれることで、
結果的に暮らしが成り立てば良い。」という発想が、
頭の隅に常にありました。

でもその思いが吹っ切れました。
「仮に経済的に行き詰まって、生きていけなくなっても構わない。
私は目の前の人の為に、目一杯の愛を持って、命をかけて生きる。」
という意識です。
こういう意識を持てるようになれたことに感謝です。

ということは、水屋神社で出会った霊たちは、
私にとれば、幸せのきっかけを運ぶ天使だったのか?
そう捉えると、今となっては感謝の気持ちが湧いてきます。

ともあれ、不思議なご縁で、そして大きな流れに導かれて、
素晴らしい旅に連れて行っていただきました。
その後もとてもありがたい人生を歩ませていただいています。
ただただ、感謝です。




12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!

12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング(詳しくはこちらへ)
       &【もりのいえ】忘年会

12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき 
       →忘年会と合わせて、詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

年末28日の忘年会は、さまざまな地域から、
様々なジャンルの方々が集う場になりつつあります。
一方、その日中に行なわれる、OBウーファー・さやかちゃんによるリーディングについては、
「興味はあるけれど、一体何をするの?」という反応が多いようです。

そもそも「リーディング」という言葉がよく分からないという人は多いかもしれませんね。
かくいう私も、本当に分かっているかというと、はなはだ疑問です。
ちなみに、さやかちゃんのmixi「ひだまりのねこ」での自己紹介文から、
プロフィールの一部を抜粋して転載します。(転載許可を取っています。)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

みんなで幸せに生きていけたら最高!!

いろんな方のお話を聴くのが大好きです。
そこで出逢う、人を感じるのも大好き
講演会や、演奏会によく出かけます。

いろんな人たちと関わって、
自然にいいトコい~っぱい見つけて、

のび~☆って羽伸ばすみたいに、
大きく深呼吸するみたいに、

両手いっぱい広げて、
みんなのいいトコいっぱい感じて、受けとめて、

一緒にしあわせに笑えるような人になりたい☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リラクゼーションルーム「ひだまりのねこ」で、活動しています。

日本ヒプノマネジメント協会
公認ヒプノナビゲーターです。

メニュー

◆足ツボマッサージ 
◆アロマオイルトリートメント 
  
◆ボディケア 
◆タイ古式マッサージ

◆ヒプノトラベル
◆ボイスヒーリング

◆カードリーディング(カードを媒介とした透視リーディング)
◆遠隔ヒーリング

◆アロマ・クリスタルヒーリング

すべて宇宙エネルギーで、空間とオーラ・チャクラを整えながらの施術です♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★美容室・カフェ等で出張イベント開催させていただいています

ex.カードリーディング
  オラクルカードセミナー 

★各ご家庭へ伺っての、出張ヒーリングも承ります(女性限定)♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ということです。
では、「具体的に何をするの?」という声にお応えして、
私が実際に受けたリーディングの一部をご紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(【もりのいえ】の中、設えたスペースでさやかちゃんが待機している。
そこに向かうと、まず、何本かのボトルの中から、好きな香りのものを選ぶ。
私は2本選んだ。
続いて、ピンポン玉ほどの大きさの、様々な色合いやデザインの玉石から、
同じく気に入ったものを選ぶ。
しばしの時を経て、「何でも訊ねてみてください。」と誘われる。

私「私の使命は何でしょう?」

「Ma-sanが普段から言っている通り、プロデュースです。
縁を広げる仕事です。輪がどんどん広がっていくイメージがあります。
縁(円)が大きくなって、いずれ、ばぁ~っと広がる時がきます。」

私「それが、私が過去に複数の人々から言われている、
『50代半ばに起きる、人生最大の転機』」のことですか?」

「そうです。その際のポイント(課題)は、「エゴ」「判断」です。
かつて営業時代に持っていた癖が残っています。
Ma-sanは多くの人にすっと入れるところがありますが、時折うまくいかない人がいます。
そんな人に対しても同じ姿勢で迎えられるかが課題です。
要は、「皆、平等である」ということです。」

「『情』を持つことは大切ですが、情が過ぎると悪になります。
何事も過ぎてはいけません。」

私「もう少し具体的に話してもらえませんか?」

「例えば、吉村先生に対して、自我としての情よりも、
武士道としての情や凛とした情を追うべきです。
吉村先生とは過去に何度も師弟関係になっています。
親子であった時もあり、孤児だった時に育ててくれた時もあります。
常にあなたを導いてくれた存在です。
しかし、素敵な人は他にも大勢います。あくまでも自分であるということです。
情が過ぎるとぶれる可能性があります。」

「Ma-sanの元に集まる人は、もともと自分を持っている人が多いですが、
自分でより立てるようになりたくて集ってきます。
そんな人々に、まるで暗闇の中で灯りを照らすような存在がMa-sanです。
一つではなく、何カ所も照らしてあげることです。」

私「話題を変えて、時々感じる、私の尾てい骨から背中に存在するものは何ですか?」

「それは『指導神』、『柱』です。
とても厳しい存在です。Ma-sanが大きくぶれた時は、厳しく喝を入れます。」

私「それは私自身ですか?」

「そうです。
その存在はいつも朝3時から4時頃に伝えてきているので、Ma-sanとはつながっています。」

(周りの人との関係について)
「Ma-sanは時折、凛としないものを出す時があります。
それは誰しもがそうであり、自然の姿なのですが、その時に周りに大きな影響を及ぼします。」

私「『ぶれる』『凛としていない』という言葉の意味をもう少し説明してください。」

「人に対しての感情です。外に対する感情がぶれる時があります。
それは、過去の出来事などに向き合わないままのジャッジメント(判断)や、
見方の癖、抑制などです。
例えば、ある人や出来事を見た時に、一方的に決めつけてしまうといったことです。」

『ホ・オポノポノ』がMa-sanに合っています。
『愛しています』、『ごめんなさい』、『許してください』、『ありがとう』です。

私「過去に何人もの人々から予言されている、
『50代半ばに起きる、人生最大の転機』とはどんなものですか?
そして『その時』に向けて、今、できることは何かありますか?」

「当初は大きいことでしたが、これまでに多くのことを解決(乗り越え?)してきたので、
今ではそれほど大きなことが突然に起きる訳ではないようです。
その人の生き方で、ペースが早まることはあります。
あまりに気にすることはないです。素敵な出来事であるように感じます。」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ということでした。
なお、あまりにプライベートな内容は削除しています。
これで少しはイメージが膨らみましたか?

ただ、これは明記しておきますが、
一人一人のリーディング内容は異なりますので、
私のものを読んで、それと同じリアクションがあるかどうかは分かりません。
そして、きっともっと具体的な目の前の出来事について訊ねるのもいいのでしょうね。

ということで、さやかちゃんのリーディングに関心を持たれた方は、
是非、【もりのいえ】までお申し込みください。

なお、さやかちゃんは、その人に合った、
天然石ブレスレットもその場でつくろってくれるそうです。
もちろん別売ですし、石によって価格は異なりますので、
ご希望の方はその場で相談してみてください。

では、関心を持ったあなたからのご連絡をお待ちしています。
そしてその夜は忘年会で解放しましょう!



12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!
12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日は朝から小雪が舞いました。
加子母では「山に三回雪が降ると、里に降る」という言い伝えがあるらしく、
結構誰でも知っている様子。

ところが、「では、今年は何回山に降ったのか?」と尋ねると、
「もう三回来た!」とおっしゃる方がおれば、
「いや、まだ二回だろ?」という返答もあり、その辺りがのどかなところです。

でも、今日、里で降ったということは、
先週のうちに「もう三回来た!」という方が正解だったことになります。
こんな逆算でいいのかな?

ともかく、雪が降るだけならまだしも、積もるとなるといきなり外の作業が止まります。
ですから「わーい、雪だ~!」と喜ぶU太と一緒に喜ぶウーファー・千ちゃんに、
「畑仕事のケリをつけるぞ!」とハッパをかけます。

そのケリとは、大根や葉ものに不織布をかけたり、
落ち葉を入れたり、通路にゴザを敷いたりといった作業です。
雪が止んで晴れ間が見えると、「ああ、晴れちゃった!」などとガッカリする千ちゃんと共に、
昼前にあらかたの作業を終えました。
スパイラルガーデンもモンブランみたいでお洒落でしょ?
1すっきりした畑

ブッダは本当は鶏小屋に入れたいのですが、
新鶏小屋ができていないので、引っ越しはままならず。
そこで、せめてゴザで囲ったり、中に枯れ葉を入れてあげました。
結構気に入った様子。
2ブッダも冬支度

さぁて、これでともかくも畑の冬支度はできたかな?
来年はもっと良い土を作れるように勉強しようっと。
3これで冬を迎える

午後は屋内作業です。
私の自作、『大辛ソース・ファイヤー!』は、過去二回製作しましたが、
おかげさまで無事完売いたしました。
これはプロデューサー・Ma-sanの、「モノ」プロデュース第一弾ですが、
着々とファンが増えているのを実感しています。

何よりも【もりのいえ】での消費が多いです。
スタッフやお客さんがガンガン食べてくれたおかげで、
我が家の取り置き分も無くなりました。

そこで、今度は販売用ではなく、自家消費用として第三弾を作りました。
例によって選び抜いた素材を丁寧にガンガン入れ、
4ファイヤー・ネオ製造中

ついに完成!
大瓶で二本半できました~!
5ファイヤー・ネオ完成

ところで、今回はニンニクとゴマ油をたっぷり入れて作りました。
だから旨味というか、臭味が結構強いです。
これを食べた後に、電車やバスに乗るのはやめておく方が良いかも。
もちろん、辛さは表彰ものです。

今回のファイヤーですが、
ウーファー・千ちゃん曰く、「前回とちょっと違う。」ということで、
『ファイヤー!ネオ』と呼ぶことにします。
これからお泊まりで来られる方は、是非お楽しみ下さい。

こうして、静かに楽しみながらも、少しずつ冬支度が整ってきました。
そしていよいよ本格的な雪がやってくるのかな?
何よりもU太がとっても楽しみにしております。




12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!
12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
お待たせしました!
自然に囲まれた山里【もりのいえ】での視力回復合宿。
次回コースのご案内です!

けんちゃん曰く、冬は、視力がより回復しやすい時期だそうです。
真冬だからこそ得られる成果を、あなたも体験しませんか?

【日程】 2011年2月11日(金・祝)~13日(日)2泊3日
    ※個人整体施術は、前日の10日(木)の午前・午後と、  
     最終日13日(日)の午後を予定しています。

【会場】 「もりのいえ」 
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
Tel & Fax. 0573-79-3268 
    携帯:090-6203-9043(森本正則(Ma-san))
メール:mori@mori-no-ie.com
*この時期は路面が凍結あるいは積雪している可能性があります。
 雪道での運転に自信のない方は、電車&バスで来られることをお勧めします。
*特に遠方の方には、前泊をお勧めします。
 (合宿期間外の宿泊料金:一泊二食6,000円)

【お申込方法】
下記の【お申し込み記入事項】にご記入の上、
「もりのいえ」までお申し込みください。
(記入欄以外は削除していただいて結構です。)
お申し込み後、詳しい参加案内を送付します。

【スケジュール】
一日目 2月11日(金)
09:30までに【もりのいえ】にて受付終了
09:50   メイン会場に集合
10:00  プログラム開始
13:00  【もりのいえ】にて昼食
14:30  午後のプログラム実施 
17:00  温泉に出発 
18:30  【もりのいえ】に帰宅 夕食   
20:00~21:00  講義(質問タイム中心)
22:00  就寝

二日目 2月12日(土) 
起床は各自自由に、朝食は汁物のみ
09:00  プログラム実施  ←乙女渓谷に裸眼ハイキング予定
13:00  【もりのいえ】にて昼食
14:30  午後のプログラム実施
17:00  温泉に出発
18:30  【もりのいえ】に帰宅 夕食
20:00~21:00  講義(質問タイム中心)
22:00  就寝

三日目 2月13日(日) 
起床は各自自由に、朝食は汁物のみ
09:00  プログラム実施     
12:30  【もりのいえ】にて昼食 
昼食後、各自解散 希望者は個人整体施術

【参加費】
《受講費》 ☆一般(初参加) :31,000円 (視力回復キット付)
      ☆ラガンズメンバー(再受講者) :25,000円 
      
《個人整体施術費》  1枠50分  7,000円  
予定日:前日10日(木)の午前・午後、  最終日13日(日)の午後

《宿泊費 2泊3日5食おやつ付き》
 大人(中学生以上) 14,000円
 小学生 8,000円(合宿参加者のみ)
 *今回は子連れ不可とさせていただきますので、あらかじめご了解ください。

【定員】15名  
定員に達し次第、申し込みを締め切ります。
お申し込みはお早めにどうぞ。

【参加条件】
1.年齢10歳以上で、視力回復したいというハッキリと明確な意志のある方
2.合宿期間中、裸眼で生活する意志のある方
3.過去に、視力が両目とも1.0以上あった方
  (生まれつきの近視・弱視・遠視の方はお断りすることがあります。)     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お申し込み記入事項】
・氏名(ふりがな)
・メールアドレス
・電話番号
・携帯電話番号
・住所 〒
・性別
・生年月日(年齢)
・現在の視力 両目:   右目:   左目:
・過去に両目ともに、1.0以上だったことがありますか?  ○をしてください 
   ある(  )    ない( )
・視力低下の経緯
・ラガンズメンバーの方は、参加した合宿を記入してください。

・個人整体施術を希望の方は、次の時間帯から第1希望・第2希望を記入してください。
 10日(木)
午前10時~【  】、午前11時~【  】、午後1時~【  】、午後2時~【  】、
午後3時~【  】、午後4時~【  】、午後5時~【  】
 
 13日(日)
午後2時~【  】、午後3時~【  】、午後4時~【  】、午後5時~【  】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問い合わせ・連絡先 】
合宿の受付、進行について

「もりのいえ」 
〒508-0421 岐阜県中津川市加子母2220番地
Tel & Fax. 0573-79-3268 携帯:090-6203-9043(森本正則(Ma-san))
メール:mori@mori-no-ie.com
ブログ:もりのいえ 山暮らし日記

合宿の内容について

「ささき整体院 ポノポノ」 院長 佐々木謙一
〒395-0011 長野県飯田市大門町31
Tel. 0265-49-3260
Fax. 0265-49-3272
メール: pono778@gmail.com



12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!
12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
巷では既にクリスマスの飾り付けがあちらこちらで見られるようになりました。
綺麗にデコレーションされたツリーを見つける度に近づき、
はしゃいでいるU太。

その姿を見て、「これは何とかしてやりたいなぁ。」と願う親でありました。
私たちは季節の移ろいを感じながらの暮らしをしているつもりですが、
実は、鯉のぼりは無いし、もちろん兜も無いし、
クリスマスツリーも、高さ30cmにも満たない小さいものだけでした。

これは正直言って、それほどの金銭的余裕が無かったからなのですが、
それにしても最近のU太の姿をみるにつけ、不憫でなりません。
でも、どうせ買うならば、それなりのものを家に置きたいものだ。

そこで登場!
恵那じいちゃん&ばあちゃん!
ここはお二人にお願いして、子ども達へプレゼントしてもらうことにしました。

前もって私たちが目をつけて注文していたツリーを、そちらに送り届け、
一昨日、子ども達への贈呈式が行われました。

ツリーを一目見たU太。
表情は意外に静かですが、私たちには分かっています。
内心、大喜びなのです。

そしてそれを持ち帰り、昨日は灯りを一緒に買いに行きました。
最近出回るようになった、LED灯です。

早速それらを装着します。
ゴールド&ホワイトの灯りが織りなす様々なパターンに、
時代の流れを感じます。

ところで、今回購入したツリーですが、
そのリアルさが大人気だそうでして、どこも売り切れでした。
そこでかみさんがネットで必死に探して、
ある店で「最後の一つ」というのをゲットしました。
本当にリアルです。
1精巧なツリー

そして灯りを消して点灯。
U太も誇らし気。
2点灯1

飾り付けは、これからU太と一緒に作っていきます。
U太の独創力がどのように発揮されるのか、楽しみ~!
まずは、色紙の裏に描いたものを紹介しましょう。
4もおぐりすます

どうです?素敵でしょ?
「もりのいえは、もお、ぐりすます」
U太の思いがぎっしりと詰まっています。

そして、折り紙で作ったサンタクロース!
私はU太のこんなオリジナリティが大好きです。
U太のサンタ

ツリーが我が家に届いてからというもの、
U太は本当に上機嫌で、飾りづくりに専念しています。
おかげで「保育園に行きたくない!」と言うのが難儀ですが。

好きなものの傍で、好きなことをして時を過ごす。
素晴らしいですね。
私もかくありたいです。
(もう既にしていますか?)

これからしばらくの間は、我が家を訪れる方は、
U太の「クリスマス自慢話」に突きあわされることでしょう。
それもまたお楽しみ下さい。

3点灯2




12月17(金):たけちゃん一家がやって来る!ついにマイジャンベ登場!
12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
12月4日、日本経済新聞全国版夕刊で紹介されました。

掲載されることは知らせていただいていましたが、
残念ながらこの辺りで日経を手に入れることができないものですから、
記者さんから送っていただき、それが本日到着しました。

「元気な山村 岐阜・加子母に住んでみる」という特集の第10回目での登場です。
画像をクリックしてみてください。

日経20101204

私一人で枠を使っていただき、恐縮です。
それにしても、この画像を使うとは意外でした。
私の顔も変ですが、小さいから関係ないでしょう。

正直言って、細かい表現で「ちょっと違うのだけれど・・・」
というところは数カ所あるのですが、ま、よしとしましょう。
基本的に連絡先は載せないことになっているそうですが、
ブログタイトルを記載してくださいました。
お心遣いに感謝です。

掲載後、かつて勤めていた会社でご一緒した方から、
25年振りにお電話をいただきました。
「ひょっとして?」と感じて、サイトを探して連絡してくださいました。
嬉しいですね。
合わせて焼き菓子もご注文いただきました。
ありがたいですね。

これまでに何回マスコミで紹介いただいただろう?
年明けにはローカル新聞で、
中津川と恵那のほぼ全戸の新聞に折り込みされる、
「恵峰ホームニュース」でも紹介していただけるとか。

紹介されることで、どんなメリットがあるか?
「伝わる機会が増えればいい」と考えます。

何が伝わればいいのか?
それは私たちの思いであり、愛です。

そして、そこからご縁が始まり、
結果的にその方が元気に、幸せになってもらえたら・・・
ただただ、そのことを願っています。

日経新聞の足立さん。
何度も足を運んでくださり、ありがとうございました。
今度はゆっくりと【もりのいえ】でご滞在ください。
お待ちしています。



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


現在私は8名程の方のプロデュースについて、
それぞれの方のペースに合わせて打ち合わせ中ですが、
そのお一人、「ときさん」との企画第一弾の詳細が決まりましたのでお知らせします。
名づけて、「搾り師(しぼりし)・とき」、加子母デビュー!であります。

作業中のときさん

「ときさん」とは、信州・豊丘町にて「なかや」を展開されているときさんであります。
そのワイルドな暮らし振りは、私たちなんて遠く及ばないほど立派なものです。
例えばこの日のブログを読んでいただけると、そのワイルドさが伝わるでしょう。

さて、その「なかや」さん、現在は農業と食品加工に力を入れています。
特に味噌と醤油には定評があります。
そのうち醤油に関しては、ご主人のときさんが「搾り師」としての道を歩み始めました。

「搾り師」って聞いたことあります?
私はときさんから教えてもらうまで、知りませんでした。
醤油を搾るのに、そんなに大層な技術が必要だと思わなかったものですから。

でも、ときさん曰く、搾り師の腕と助言次第で醤油の出来が違うとか。
そのときさんも師匠の元で学び、師匠に同行して搾りの旅に何度も出ています。
そうなのです。搾り師は全国の醤油を搾る旅に出るのです。
何だか格好いいね。

そんな絞り師・ときさんが、最近は一人で絞りの旅に出ることも増えたとか。
つまり独り立ちですね。ますますカッコイイ!
そして【もりのいえ】にこんな素敵な提案をしてくれました。

「もともと『なかや』用に仕込んであった樽があるんだけれど、
一樽分、【もりのいえ】で買わないかい? 一樽で一升瓶30本強採れるよ。
よければ樽と道具一式を【もりのいえ】に持ち込んで、そちらで搾ろうか?」
ときさん

何という素晴らしい提案!
即、乗りました。
ということで、私たちは事前の仕込みもせずに、
マイ醤油を手に入れることができることとなりました。

「ならば、その喜びを皆で分かち合おうではないか!」
ということで、ワークショップ形式で「醤油搾りの会」を開くことにします。
ではご案内です。

マイ醤油を持とう!
日時:2011年1月15日(土)11:00~16:00
会場:もりのいえ

参加費:2,000円(土産用の醤油代を含みます。)
昼食:希望される方は、別途1,000円お願いします。(予約制)
服装:汚れてもよい格好。
持ち物:空の一升瓶(搾った醤油を入れて、持ち帰っていただきます。)

当日どんな作業をするのかは、実は私もよく分かっていないのですが、
例えば一緒に火を起こして管理し、湯を沸かしてもろみを溶き、
木の船に袋詰めして圧をかけ(この作業はときさんに任せます)、
自分の瓶に醤油を詰めていただくことになるのでしょう。

ときさんの醤油はね、はっきり言って美味しいよ。
でも、保存料とか添加物が入っていないから、
搾った後の醤油の管理は自分でしてくださいね。
それは「生きているものを管理する」ということなんだから。
それが本当の醤油なんだから。

自家製醤油をいただくことはよくあると思います。
でも、自家製醤油を一緒に造る機会はそうあるものではありません。
日本の誇る発酵文化に直に触れるチャンスです!
この機会に是非お試しあれ!

もちろん、前泊・後泊もできます。
15日の夜は、ときさんの師匠を紹介したDVD鑑賞会も予定しています。
また、16日(日)は、「寒念仏」と呼ぶ、珍しい風習があります。
直径2mほどの数珠を地元の子ども達とお年寄りが持ち、
地区の各家を、玄関先で家の人と一緒に念仏を唱えて回ります。
同行して見学することもできますよ。

*この時期、道路が凍結している可能性があります。
雪道の運転に慣れていない方は、JR中津川駅からバスに乗って来られることをお勧めします。
行き:09:25中津川駅発「加子母総合事務所行き」 →10:26終点・加子母総合事務所着
帰り:16:45加子母総合事務所発 →17:45中津川駅着



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
この春、アフリカンダンスで大いに燃えた私たち。
元はと言えばかみさんが「やりたい!」と言って通い出した企画ですが、
今では私の方が盛り上がっております。

毎月一度開かれる練習会には、都合がつけば参加するようになってきました。
私たちが行かなくても、ウーファー達だけが参加した時もありました。
私たちが参加するのは、「ママサブ」と呼ばれるスタイルです。
これは幼い子を持つ母子や、妊娠中のお母さんを対象としたものです。
ですから、私たちはいつも「飛び入り参加」なのですが、
気持ち良く受け入れてくれています。

毎回、ジャンベのバックつきの楽しい絵本読み聞かせから始まり、
簡単な準備運動をしているうちに、いきなりハードな動きが入ってきます。
そして毎回違った動きのダンスを、パートに分けて学ぶうちに、
最後には取りあえずは通してできるようになるというのが、スタイルです。

このアフリカンダンスの何が楽しいかって、
とにかく解放できることです。
体を大きく動かして、笑顔満開で過ごすひと時!

「私は体を動かすのが苦手で・・・」という人も、
リーダーのたけちゃんの人柄とトークと太鼓のリズムで、ついその気になってしまいます。
「えっ? 私ってそういう性格だったの?」という感じ。
まさに私がそれを実感しています。
こんなに体を動かして大声で歌うような性格だったなんて!

そして終わった後は気分爽快!
たけちゃん一家は毎回お弁当を持ってきて、会場で昼食を食べるので、
最近は私たちもそのようにして一緒に過ごします。
そんなコミュニケーションを取るうちに、仲間意識がますます高まってきます。
練習会がある時期に滞在したスタッフ達は、一様に「楽しかった~!」と本当に満足そう。

そんなママサブが、次回は12月8日に開かれます。
会場は、中津川市坂本コミュニティセンターです。
(中津川市千旦林1197-10、電話:0573-68-2001)
たけちゃん一家

毎回10:30-12:00で、参加費は一人1200円。
たった1時間半だけれど、ものすごく中身が濃いです。
そして最後は(というか途中から)息も絶え絶え!なくらいの運動量!
冬でも汗びっしょり!

次回ももちろん私たちは参加します。
時間の都合がつく方、一緒に燃えませんか?



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
加子母の誇るイラストレーター・きよちゃんこと、
本間希代子さんによる来年のカレンダーが刷り上がりました~!

「あの加子母マップのイラストレーター」と言えばお分かりでしょうか?
【もりのいえのお届け便】にご注文いただいている方には、
毎度同封させていただいている、あの加子母マップです。
あのとっても素敵なイラストを一人で描いたのが、きよちゃんです。

最近のきよちゃんの活躍はすごいものですよ。
加子母にとどまらず、いろんなところで彼女の作品を見かけます。
最近は雑誌でも特集されていました。
飛躍する、きよちゃん!

そのきよちゃん、今年はますます勢いに乗っています。
まず結婚した!
そして、11月に子どもが生まれました~!
おめでとう!

とまぁ、目出たい続きのきよちゃんが、
出産間際まで病院で描いた絵も今回のカレンダーに入っています。
そのタッチ、今までとちょっと変わってきました。
表紙を見ただけで分かるよね。

きよちゃんカレンダー2011

ね、この幸せ一杯の構図!
中の絵ももちろん素敵ですよ。
来年はきよちゃんの幸にあやかりましょう!
もちろん、【もりのいえ】で販売していますよ。1,200円です。

そしてきよちゃん、旦那のharuさんと一緒にアトリエを立ち上げました。
名づけて「アトリエ玉手箱」
haruさんは、知る人ぞ知る、チェンバロ奏者なのです。
そんなプロが加子母に移住してきました。

アトリエ玉手箱

haruさん、私より一歳年上かな?とっても人柄が柔らかい素敵な人です。
そして、うちの「福」と同級生になる予定です。
嬉しいですね。保育園で同世代の父親がいて。
そのharuさんが、12月22日にクリスマスディナー&ライブをします。
詳しくはこちらへ!

こうして、加子母はますますhappyな場になってきています。



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
加子母は10の区に分かれます。
そして私たちの区は5つの班に分かれ、私は今年の班長です。
我が班は14軒からなります。

うちの班では毎月1,000円を積み立てし、春になると一緒に旅行に行きます。
私がこれまでに参加した旅では、富山・氷見、善光寺、
名古屋港のイタリア村、愛知のどこかで潮干狩り、など。

この旅行が班長としての最後の仕事であり、労いの場でもあります。
そして「何処に行くのか?」というところに班長の人柄が出てきます。

私が班長になる前、我が家では「私の代では、伊賀あたりはどうかな?」
なんて言っていました。
「もくもくファーム」でバイキングを食べたかっただけですけれど。
ところが、いざ班長になると、事情がいろいろ変わってきました。

まず、前年の班長が忙し過ぎて、今年の春に旅行を組めませんでした。
つまり、前年度の積立金がそのまま残っています。
そこで春に皆さんに問いかけました。
「今年も積み立てをして、2倍の資金で豪勢に旅行をしますか?
それとも今年の積み立ては止めて、昨年度の資金で旅をしますか?」

皆さんの回答は後の案でした。
つまり、旅の資金は既に集まったことになります。
これで、いつ旅行に行っても良いことになりました。

次に、かみさんの妊娠が分かりました。来春出産です。
となると、出産直後の春に旅に出るのは厳しいです。

「ならば、今年のうちに行ってしまおうか?」という流れになりました。
その案は受け入れられ、「行き先の案を出せ。」ということになりました。
その時に出された意見は、「旨い魚を食べたい。」ということだけ。

そこで私がバス会社と話し合って出て来たのが、
金沢、知多半島、福井の3案でした。
私個人としては金沢が大好きなのと、
21世紀美術館にまだ行ったことがなかったので、
それとなく金沢案を前に出しながら皆さんに提案したのですが、
今イチ反応がよろしくない。

というのも、これまでに皆さんは散々日帰り旅行をしてきたので、
何処も行ったことがある所ばかりなのです。
これはこの地域に特に言えることなのかどうか分かりませんが、
本当に皆さん旅行好きですからね。

そして、お年寄りが増えてきたことで、
遠出を嫌うような声が多く聞こえてきました。
「朝早うに起きて、長くバスに乗って、夜遅くに戻るのは億劫だ。」と言う訳です。

そこで出てきた案は、「近場で美味しいお昼をいただいて帰る」というお手軽コースです。
そして急浮上したのが、下呂温泉!
本当に近場です。だって車で20分ですからね。

また、長老から教えてもらった「寿司六」という店で、
リッチに会席をいただくことになりました。

今日、留守番をウーファーの千ちゃんに任せ、
家から家族全員で歩いて出掛けました。
予約したバスに集う皆さん。結構早めからお集りです。
お年寄りが多いのでドタキャンを心配しましたが、
無事全員が揃い、これでもう私はひと安心。

やがて店に到着し、楽しい宴が始まりました。
食べたことのない料理ばかりに戸惑いながらも嬉しそうなU太。
1魚料理に嬉しそうなU太

私は子どもの相手をしつつ、一人一人に酌をして回ります。
正直言って料理をじっくり楽しむ余裕はなかったけれど、
かなり良いコースでした。寿司屋なのに飛騨牛も出たしね。
皆さんも満足気です。

そしてお酒の進むこと!
「お年寄りが多い割りには、結構飲まれますね!」
と女将さんが驚いていました。

酒が進むと話も進みます。
あちらこちらでワイワイガヤガヤ。
うちの子ども達も可愛がっていただき、とっても和やかな時が流れました。

私にも皆さんが沢山労ってくださいました。
「よう、加子母の、うちの班に来てくれたなぁ。」
加子母と一口に言っても、数十の班がある訳ですから、
今の班に居るというのは本当にご縁の賜物です。

私「皆さんが温かく迎えて下さるのが本当に嬉しいのです。」
「それはお前だからだぞ。」「そうだ、そうだ。」
本当にありがたいです。思わず目頭が熱くなります。

宴はますますたけなわになり、
「おい、班長!もっと飲め!」コールが起こりました。
「班長なんてな、飲むのが仕事だ!」
「班長なんて、まだ半人前だぞ。『半長』だからな。」

お酒を勧められては、「よし、これで一長だ。」
次々に勧められては、「これで二長だな。」
なんていううちに、「五長」と呼ばれるくらいまで飲みました。
20101204班旅行集合写真

そうこうするうちに、あっと言う間に時が流れました。
相当良い気分になった私は、何とかお勘定を済ませ、
帰りのバスに乗り込みます。

快晴のもと、とても和やかな場で昼間から飲んで、
実に楽しい時を過ごしました。
これで班長としての最後の仕事も早々に終えることができたことになり、
それもまたひと安心。

バスを降りて、帰り道以降のことはあんまり覚えていませんでした。
かみさんから「少し寝たら?」とお許しが出たので、
心置きなく休ませていただきました。
いやぁ、極楽、極楽!

加子母(かしも)

特別に名所旧跡があるわけでなく、特別に風光明媚な訳でもないけれど、
普通に山が綺麗で、水と空気と作物が美味しくて、
日本の伝統的ムラ社会がかろうじて残っていて、
人々がとっても温かくて、みんな笑い皺がすごく沢山あって、
そんな人々に見守られ、支えられながら、
私たちはここで好きなことをして、愛に溢れて暮らしています。
本当にありがたいことです。



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
あぁ、ついにこのネタを書ける時がやってきました。
先日、あの吉村医院の吉村先生が【もりのいえ】に来てくださいました。

2005年9月 U太誕生
2008年9月 KAN太誕生
そして来春の「福」誕生と、
我が家では「吉村チルドレン」が続々と誕生しています。

その最初の出会いから5年。
お目にかかる度に刺激を受け、共感し、共鳴してきた吉村先生。

「早く私を加子母(かしも)に呼んでくださいよ。」
会う度に何度も声かけしてくれました。
その声に背中を押されて、今春に加子母明治座を予約し、
先生の講演会を開こうとしたのですが、
初春に先生が倒れられ、安静のために中止となったのでした。

「ごめんなさい。先生に無理をさせられないの。」
先生の講演会をマネージする、しまぶくろさんが
申し訳なさそうにおっしゃってくれましたが、
先生の健康を気遣うのは私たちも同じです。
決して恨むことなく、中止を決定させていただきました。

「むしろ、先生自身の心と身体を癒していただくために、
いつか【もりのいえ】にお越し下さい。」と申し上げたところ、
「それは先生も喜ばれます!そちらにはいつも行きたいとおっしゃっていますから。」
とのことでした。

そして月日は流れ、ついに吉村先生が【もりのいえ】を訪問してくださったのです。
その日は別件で用事を済まされ、私が途中までお出迎えして、
先生の乗る車を先導してお連れしました。
道中の月が見事だったこと!

我が家に辿り着き、車から降り立った先生に近づいたところ、様子が変です。
「もしや、体調を崩されたか?」
そうではありませんでした。

先生は泣いておられたのです。

私が手を取り、体を支えたところ、
絞り出すような声で、さめざめと泣きながら先生はおっしゃいました。
「こんな、こんな遠いところから、いつも通って来てくれていたなんて・・・」

私は感動しました。

距離で言ったら、私たちよりももっと遠い所から通った方も多いでしょうが、
先生はその距離感を実際に感じておっしゃったのでしょう。
その姿勢に心を打たれました。

春以降、体調が戻ったとはいえ、以前とは異なる先生のご様子。
時間をかけて我が家の居間に入っていただき、早速夕食が始まりました。
席についた人々は、ただ先生と同席しているだけで感激の様子でした。
例えばイエスと同席した人々って、こんな気持ちだったのかな。

先生は講演の際は何かが乗り移ったかのようにエネルギーに溢れますが、
普段は物静かな方です。
その日もエネルギーを使い果たしたかのようなご様子だったので、
私が願ったことはただ一つでした。

それは、「ここでお休みいただくこと。」

ですから、先生がやって来られることは、
ごく一部の人にしか伝えていませんでした。
そしてスタッフには、
「ただ先生がくつろげるように配慮すること。」と伝えました。

「お休みいただく」とは言ったものの、やはりこちらは興奮していますので、
つい色々と話題を出してしまいます。
私は、この春に先生をお呼びして講演会を開こうとしていた、
加子母明治座の話題を出しました。

先生はかなり関心を持たれた様子でした。
「そこは是非見てみたいですな。」
「はい、明日の朝、ご案内します。そこは500名程が入れるのですが、
そこを満席になるくらいにして、先生の講演会を開きたいのです。」
ということで、翌朝に明治座をご案内することとなりました。

その日、吉村先生に同行されたのは、マネージャーのしまぶくろさんと、
婦長のおきのさんです。
KAN太を導いてくれたおきのさん。
その見事な手さばきを私たちは「ゴッドハンド」と呼び、
控えめながらもとても配慮のきくお人柄が大好きです。

願ってもない方々にお越しいただき、私たちはとても幸せな宴を過ごしました。
本音ではもっとお話したかったけれど、
何よりも先生に一休みしていただくことが一番の願いでしたので、
早めに宴を切り上げ、先生をお部屋にご案内しました。

「明日は【もりのいえ】の周辺と、明治座をご案内して、・・・」
などと段取りを考えていたところ、
「Ma-san、ちょっと来てもらえますか?」とおきのさんたち。

何だろうかと怪訝に感じてお部屋に向かったところ、少し場の雰囲気が妙です。
敷き布団を重ねてベッド風にしたものに腰をおろした先生。
その両脇に立つ、しまぶくろさんとおきのさん。
その様子は、まるで神に仕える女官のようでありました。

先生がおっしゃいました。
「いや実はね。うちで出産を控えている人がいてね。
これまで結構長引いていたんだが、それがもうすぐだと言うんだ。
そうなると戻らない訳にはいかない。」

その言葉を聞いて、私は頭をガーンと打たれたような気がしました。
ハードなお仕事を終えられ、その身で【もりのいえ】まで来て下さった先生。
その先生が、「出産を待つ母がいるから、今から帰る。」とおっしゃる。
それを止める理由は私にはありません。
それは良いのですが、先生は本当に大丈夫なのだろうか?

「いのちのためにいのちをかけよ。」

最近の先生の口癖です。
まさにその姿を目の当たりにしたようでした。

私はひざまずき、先生の手を取りました。
「先生。先生がそのようにおっしゃるのでしたら、私は一向に構いません。
むしろそのような状態で、そしてそのお身体で、よくぞお越しいただきました。
ありがとうございます。」

先生「いやね。私はずっと前からここに来たかったのですよ。
だから今回来られて本当に嬉しかったのだけれど、
誠に申し訳ないが、待っている人がいる限り帰らなにゃならないのです。」

「もちろん。もちろんですとも。」
私はこみ上げる感情を迎えつつ、先生の手を両手で包みました。
そして、抱きついて感謝を述べました。

「先生、一つだけお願いをきいてください。」
「なんですか?」
「今日、先生とお目にかかれることを心待ちにしていた人々がいます。
一枚だけで結構ですから、写真を撮らせていただけませんか?」
「もちろん!」

ということで、スタッフに声を掛け、急遽場を設営して撮影したのが、
この写真です。
一生の思い出の写真となりました。
吉村先生来訪

そして、先生ご一行が去っていかれました。
私は皆に何にも言いませんでしたが、夜中、全員が外に出て、
先生の車の灯りが見えなくなるまで、頭を下げてお見送りしました。

その後、しばしふぬけのような気分になりながらも、
私はこの夜のことを思い返していました。

先生は、私に対して深い愛情を示して下さった。
でもその愛情は実は私にだけではなく、
全ての人々にも等しく注がれていたのでした。
講演会でも、全員と握手をし、一人一人に語りかけるとか。
私は身の周りの人々全てに対して、等しく愛することができているだろうか?

先生は、いのちのためにいのちをかける姿を身を以て示してくれました。
私は日々、いのちをかけて生きているだろうか?

先生は多くを語らなかった。
それでも人々は多くを感じた。
伝えなくとも伝わる姿を見せてくださった。

先生が去る時、私は心から感謝し、心から先生の体調を心配し、
これから出産を迎えるお母さんの身を心から案じた。
私はその気持ちを、先生以外の人々にも向けてきただろうか?

「まるでできていないな。」

それが率直なところでした。
そう、私はできてやいやしない。
でも先生は身を以て示してくださった。
それが嬉しかった。

その後、ある意味で緊張感から解放された人々は、リラックスして晩酌を楽しんでいました。
私は早めに失礼して床につき、朝を迎えました。
見事な朝の光を浴び、「せめてこの朝を先生に味わっていただきたかったな。」
などと未練がましいことを考えていたら、電話が鳴りました。
しまぶくろさんからでした。

「今朝生まれましたよ。そしてようやく先生は先ほど床につかれました。」
とのご報告と、昨夜のことを詫びられた後、おっしゃいました。
「先生は帰りの車の中で泣いておられましたよ。
『あいつらは一生懸命生きておるなぁ・・』って。」

私は目頭が熱くなりました。
吉村先生が見てくれていらっしゃる。
それだけで、ここまでやってきた甲斐がありました。
そして、この先もやっていく勇気をいただきました。

先生。ありがとうございます。
あの夜の出来事は、私にとって宝物です。
そして、いみじくもその際に撮った写真の上に書かれた文字。

『日々是好日』

そう。あの時はもちろん特別な時でありましたが、
実はいつもその瞬間が特別な時であり、「好い日」なのです。
これからもそう信じて生きていきます。

あの夜、ちゃっかりと先生の承諾を得たことがあります。
それは、「これから私が先生をプロデュースしていく」ということです。

「プロデューサー・Ma-san」として、着々と準備を重ねている私です。
既に複数の方と具体的な企画を検討中ですが、
こと吉村先生に関しては、「勝手連」でやらせていただきます。

つまり、「Ma-sanが勝手に吉村先生をプロデュースする」と言う訳です。
その許可をいただきました。
やったね!

ただ、私が先生をご紹介する際、これまでとは異なるスタンスで臨むつもりです。
私は先生を産科医として紹介するのではなく、
「現代の日本人が、人間が生きていく上での精神的なよりどころ」
としてご紹介していくつもりです。
それがどんな展開になるのかは、乞うご期待!

また、改めて吉村先生の講演会を企画させていただく了解を得ました。
これから日程を詰めますが、多分来秋あたりになるんじゃないかな?
会場は勿論! 加子母明治座です!

そしてもう一つ、面白いお話があります。
最近まで【もりのいえ】に滞在していたウーファー・さやかちゃん。
彼女がリーディングできるというので、見てもらいました。

「リーディングとは何か?」となると説明が長くなりそうですが、
要は目の前の人にとっての鏡となり、自分を写し出してくれる人と私は解釈しています。
その際に、石や香りの力を借りたり、降りて来る言葉を語ったりと、
表現方法はまちまちだと思いますが、結構これが当たっていたりするものなのです。

さやかちゃんのリーディングはとても受けとめやすいものでした。
高飛車に指示することもなく、柔らかい言葉で伝えてくれます。
そのさやかちゃんが、訊いてもいないのに教えてくれました。

「吉村先生とMa-sanは、過去に何度も師弟関係にありました。
そして先生はMa-sanを常に導いてくれる存在でした。
ある時は親子であったり、孤児のMa-sanを親代わりに引きとってくれたりもしました。」

それを聞いた時、何故だかとても腑に落ちました。
「だからこんな感情を持つのだ!」という感覚です。
嬉しいですね。そんな師と再び今生で出会えて。

そしておまけの言葉。
「Ma-sanは既に何度も宗教的な修行をしてきているので、
もうその必要はないようですよ。」

なるほど!
すると、目の前で起きている事柄について、
あんまり深読みすることもないのだな!

という勝手な解釈をその後するようになり、
ますます図に乗って、感性に従って行動し始めている私です。
これもまた、吉村先生のつけてくれた道を歩んでいる?

ちなみに、吉村医院のHPで、
「吉村医院・お産の家のポリシー」をクリックしていただくと、
U太の出産シーンが登場します。
今は懐かしい、私の坊主頭!
「何で父親が裸なんだ?」と何度も突っ込まれた画像であります。



12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。



ここにきて、この先の企画がどんどん進んでいます。
そこで、自分の頭を整理する上でも、
現在のところ見えている予定を一気に載せておきます。

現在からクリスマスシーズン終了時頃までは、焼き菓子に焦点を当てます。
詳しくはこちらへ!

12月28(火):さやかちゃんによる個人リーディング & 【もりのいえ】忘年会
12月29(水):新年のマイ飾り物を作る & 餅つき →詳しくはこちらへ!

1月2(日):加子母二渡区の獅子参り(地区の各家で獅子が舞います。参加可)

1月8(土):加子母二渡区の左義長(参加可)

1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降について、とっても素敵なイベントが幾つも計画中です!
もうワクワク!
でもその内容はもう少し熟してから発表しますね。
すっごくお楽しみに!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

今週の土曜日、日本経済新聞の夕刊で紹介されるそうです。
どんな風に書いてくれるかな?
楽しみです。
ようやく詳細発表の時がきました。
今年の【もりのいえ】忘年会と、関連イベント!
すんごく楽しいよ!

日程: 2010年12月28日(火)・29日(水)
スケジュール:
【28日】個人リーディング&忘年会!
日中:ウーファーOB・さやかちゃんによる個人リーディング
・昨日までウーフしてくれた、さやかちゃん。
 実はとても素直にリーディングしてくれる人だったのです。
 私もかみさんも見てもらいました。すごく良かったよ!
 ここ最近の大きな学びは、彼女が水先案内人をしてくれたお陰とも言えます。
 言わば、私たちの人生の羅針盤のような働きをしてくれる人。
 そんな素敵なさやかちゃんが、予約制で個人リーディングしてくれます。
 恋の悩み、人生について、・・・
 あなたの今一番知りたいことを、いろいろ尋ねてみましょう。
 彼女に降りてくる言葉が、あなた自身にとってきっと心に響くことでしょう。
 お一人30分5,000円が基本ですが、その時のノリで時間延長もありかも。
 朝9:00から18:00まで、1時間毎に予約を受け付けます。(昼食休憩有り)
 ご予約は【もりのいえ】まで!

19:00~:忘年会!
参加費:お一人一品持ち寄り制。もしくは参加費1,500円。
    飲み代:カンパ制
    宿泊される方で一品を持参して下さる方は、
    宿泊代金から1,500円を差し引きます。

参加者:どなたでもOK!
    スタッフOB、イベントや既宿泊者、加子母在住の方々はもちろんのこと、
    今回初めて参加される方も大歓迎します。
    共に今年を多いに振り返り、笑い飛ばして過ごしましょう!
    *一芸を期待しております!
持参品:マイコップ、マイ皿、マイ箸のご協力をお願いします。

【29日】新年の準備を、自分でしよう!
参加費:大人3,000円 小学生以下1,000円 3才以下無料
    (材料代、指導代、昼食代含む)
・【もりのいえ】の裏山から孟宗竹を切り出し、マイ角松を作ります。
 また、【もりのいえ】で育てた稲の藁で、マイ注連縄を作ります。
 そして、【もりのいえ】特製の玄米餅を一緒につきましょう!
 もちろん、昼食は玄米餅!持ち帰り分もつこうね。
 これで新年の準備はバッチリ! しかも楽しい!

大勢のご参加を楽しみにしています!



「2010年ありがとうセット(スタンダード)」 3,100円。好評発売中!
2010年ありがとうセット(スタンダード)

★紫芋のスコーンパン 2個入り
★りんごのさわやかケーキ
★りんごとさつまいものタルト
★さつまいものカラメルナッツケーキ
★塩キャラメル胡桃
★もりのいえクッキー
★おさつスティック
★ゆずサブレ

詳しくはこちらへ。
お申し込みはこちらへ。

上記のセットに、「銀手亡と西方芋のキッシュ」が加わった
「2010年ありがとうセット(キッシュ入り)」 3,800円も発売中!
2010年ありがとうセット(西方いもキッシュ入り)

お申し込みはこちらへ。

もりのいえ特製の「シュトーレン」も登場!
お申し込みはこちらへ!
シュトーレン




来春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。