FC2ブログ
気がつけば今月も半分となりました。
本当に時が流れるのは早いものです。
そして、目の前にはブログネタが満載!
そこで一気に書いていきます。

・・・・・・・・・・
まず、明日の醤油搾りワークショップですが、予定通り行ないます。
天気予報では午後から雪ですが、土間と軒先でやります。
雪道での運転が心配な方は、中津川駅からバスで来られることをお勧めします。

今回参加できない方で、「醤油欲しい!」と言う方は、
1本1500円でお譲りしますので、申し出てください。
ただし、簡易栓ですので、送ることはできません。
何かのタイミングで受け取りに来てください。
本物のお醤油。是非お試しあれ!

・・・・・・・・・・
さて話はさかのぼり、1月10日の夜です。
「【もりのいえ】のピザを食べたことがない!」という千ちゃんのために、
久しぶりにピザパーティーをしました。

ピザパーティーには大勢のゲストを呼ばないことにしています。
1枚をカットできる数が限られているからね。
今回お招きしたのは、トマト&シイタケ農家のみやもとさん一家。
普段何かとお世話になっているお礼も兼ねてのことです。

とっても楽しく、そして美味しかったパーティー!
今回の私の作のヒットは、みやもとさんのシイタケを使ったピザと、
1しいたけピザ

ふっくらと生地を焼いて具をくるんだ「ピザサンド」。
どちらも好評でした。
2ピザサンド


・・・・・・・・・・
11日には、森林文化アカデミーのナバ先生と生徒さんたちがやってきました。
一緒に餅つきをしながら(全員経験者!)、
【もりのいえ】のライフスタイルについて語りました。
3再び餅つき

特にウケたのが、このストーブ。
今までは「ロケットストーブ式キッチン」と呼んでいましたが、
これからは「一斗缶(いっとかん)ストーブ」と呼ぶことにします。
4一斗缶ストーブ

「これ、すげー!」
「俺、帰ったらすぐに作る!」
大絶賛でありました。

その姿を見て、私も一考。
「何ならこのストーブづくりのワークショップをしようか?」
それと「自ビールづくりの実演会」も兼ねて行なおう。
そして参加者がそれぞれ自作した一斗缶ストーブで、
ビールの肴を一品作ってもらおう。そして自ビールで乾杯!
勝手に、「6月11・12日開催」と仮決定しております。

何事にも興味を持ち、熱心に質問してきた若者達。
実に爽やかなグループでありました。
彼らの姿が消えるまで一緒に手を振っていた千ちゃんが、
「ほんっとうに爽やかだったね!」と喜んでいました。
お陰でその夜は寝るまでみんなニコニコ。

その後、ナバさんからメールが届きました。
勝手ながら、一部を紹介します。

「帰りの車中、学生たちと本日のふりかえりをしました。
本日のもりのいえでのワンシーンの中から、それぞれに感じ、
学ぶものがあったようです。
地域で暮らす、ということについて学びにいったハズですが、
皆の口から出てくるのは、
これからの自分たちの生き方についてのコメントが多かったのが印象的でした。
心の深いところに何かしっかりと響いていたようです。
本当に、本当にありがとう。
今日のあの時間が彼らの将来、きっと大切なスパイスとなることと思います。」

嬉しいですね。
何よりの置き土産です。
みんなまた逢おうね。それぞれでも遊びにおいで!
5森林文化アカデミー


・・・・・・・・・・
12日は久しぶりにISOの仕事。
岐阜県の環境マネジメントシステムの外部監査であります。
昨年夏に講習をさせていただいた内容がうまく伝わっているのか?
それを見させていただく機会でもありました。
結果は?・・・微妙。

・・・・・・・・・・
13日、約一ヶ月半過ごしてくれた千ちゃんが去っていきました。
本当に何かと助けになりました。
彼女がいてくれたお陰で、私は他のことにエネルギーを注ぐことができました。
ありがとうね。加子母保育園の前で。
6ありがとう千ちゃん

彼女が来て間もなく、三重の旅で衝撃的な出来事があり、
その頃から私は彼女のことを親しみを込めて
「千」と呼び捨てにするようになりました。
私が人を呼び捨てにすることは滅多にありません。

一方、千ちゃんは微妙な心境だったそうです。
『千と千尋の神隠し』に自分をダブらせていたそうな。
「名前を奪われた私・・・」という心境か?
つまり、【もりのいえ】は「湯屋」であり、私は「湯婆婆」という訳です。

そんな千も、【もりのいえ】を去る時がきました。
ということは、元の名前を得て人間の世界に戻っていくのです。
車で送っていく際、加子母から出る時のトンネルの手前で私は忠告しました。
「決して後ろを振り返るんじゃないよ!」

・・・・・・・・・・
その日は吉村医院に診察に行くことになっていまして、
実は千ちゃんもそこまで同行しました。
実際の吉村医院を見学して、絶句していた千ちゃん。
何か感じるものがあった様子でした。

千ちゃんと分かれ、診察を終えて出会ったのは、別の「千ちゃん」でした。
その名は「千鶴子」さん。

飛騨市にお住まいの方で、かつて高山で吉村先生の講演会があった際、
先生が飛騨に前泊されたのですが、私たち家族も同泊させていただきました。
そのアレンジをしてくださったのが、ちづこさんでした。

野草について滅法詳しいちづこさん。
私たちはまだお会いして数少ないのですが、
今回、「是非【もりのいえ】に行きたい。」と熱いアプローチを受け、
吉村医院で再会して、そのままうちに来ていただきました。

夕食後、ちづこさんからビワ温灸をしてもらうかみさん。
私もちょこっとしていただきましたが、実にすっきりほっくりしました。
7ちづさんのビワ温灸

この温灸の他、ヨモギエキスやコンニャク手当など、
得意技を沢山お持ちのちづこさんをお招きして、
何かしようということになりました。
一応、仮日程は6月25・26日です。
詳細はこれから詰めていきますね。

・・・・・・・・・・
ここ数日で劇的な進化を見せるKAN太!
まず、沢山の言葉を発するようになりました。
家族が喋る言葉をそのまま繰り返します。

そして驚きが、ダンス!
誰も教えていないのに、自分で振りとメロディーをつけ、踊りまくります。
カメラがおいついていませんが、雰囲気は伝わるでしょ?
クールなU太と対照的。
8踊るKAN太

そして驚きの積み木!
これは薪材なのですが、何と巧妙に組み上げることか!
U太とは違ったタイプの天才であります。
もう親バカ全開であります。
9積み木のKAN太


・・・・・・・・・・
そして本日14日ですが、
お泊まりいただいたちづこさんを送迎し、
やおら明日の醤油搾りワークショップの準備開始です。
天候は気になるところでありますが、
ともかく、ときさんと再会できるのが嬉しい。
15日の夜はじっくり話し込めるかな?

・・・・・・・・・・
そして夕方には鹿肉の仕込みの続きを行ないました。
先日血抜き作業をした結果がこれ。
結構良い感じで血が抜けています。
11血抜き完了

一方、薫製用に「ソミュール液」と呼ばれるものを仕込みました。
セロリと、いろんなスパイスを加えて煮込み、出汁を取ります。
なかなか良いお味です。
これを冷まして、明日、肉を漬け込みます。
10ソミュール液

肉は幾つかのパターンに分けて調理することにしました。
これは骨付き肉です。
骨を割って煮込み、その後は薪ストーブ・ロビタに移しています。
明日の夕食はシチューにしましょう。
12シチュー用鹿肉

残りの大量の肉塊は、「風乾(ふうかん)」という工程に移します。
一つずつ吊り下げるのが良いのでしょうが、時間とスペースがないので、
バーベキューセットの網の上で乾かすことにしました。
塩を洗い流した後、キッチンペーパーとタオルで表面の水分を取り、網に並べます。
これらは風乾後、先に作ったソミュール液に漬けます。
13風乾1

一部は薪ストーブの上で乾かすことにしました。
これらは明日、時間を見て薫製をしてみることにします。
14風乾2

薫製をどうやってするか?
これはココペリさんが来られてから最終判断しますが、
私は愛農かまどでやろうかと考えています。
さて、どんな仕上がりになるかな?

・・・・・・・・・・
夜、ウーファー・のじゃが帰ってきました。
今回は二泊のみ。
そして彼が去るとしばらくは「ノー・ウーファー期間」に入ります。
イベントも焼き菓子セットも、家族のみで乗り切るつもり。
それもまた良い経験です。
何よりも、「福」がやってくるのに合わせて、
家族が向き合って過ごす良い機会でしょう。

・・・・・・・・・・
ということで、相変わらず日々変化のある暮らしをさせていただいています。
生かされていることに心から感謝であります。




1月15(土):「しぼり師・とき」による醤油絞りワークショップ 詳細はこちらへ!

1月16(日):加子母二渡区の寒念仏
      (大きな数珠で各家を回り、念仏を唱える風習。参加可)

1月19(水)20(木):今野華都子先生と行く伊勢神宮参拝 詳しくはこちら

1月23(日):加子母保育園の左義長

1月下旬:バレンタイン時期に向けての焼き菓子セットの発表予定

2月5(土):杉山開知氏による地球暦レクチャー
2月6(日):杉山開知氏による地球暦スクーリング
      (自分の惑星配列を読み取ろう!)詳しくはこちらへ!
こちらもどうぞ!

2月11日(金・祝)~13日(日):視力回復合宿 詳しくはこちらへ!

2月18(金):木村仁枝さんによる語り&満月瞑想会

2月27(日):下呂の子育て応援イベント「森の宝島」に出店予定

3月・4月は、出産時期のため、外向けの活動は行いません。

GW以降もワクワクの企画満載!お楽しみに!



春以降の長期スタッフ募集中!詳しくはこちらへ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト