FC2ブログ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2月18日は、きむらひとえさんによる、満月瞑想会&シェアリング
2月19日は、杉山開知さんによる、地球暦レクチャー
2月20日は、杉山開知さんによる、地球暦スクーリング
(内容はこちらへ!日程が変更されているのでご注意ください!)
この機会を逃す手はないですよ!参加申し込みは【もりのいえ】へ!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

時間の経つのは何と早いことか!
あの感動の日々から、もう4日経ったのか!
感動が薄れないうちに、早くログしておこう。

視力回復合宿・2月コース
別名、「極寒コース」と呼ばれた今回のコース。
何と言ってもウリは、「寒さ」です。

「寒い時期こそ視力が回復する!」とのけんちゃんの声に励まされて、
全国から集った10名の参加者。ありがとう!

実際に「この冬最後の大寒波」がやって来る!
というタイミングで、合宿は始まりました。
前日の夜まで仙台に出張していたというウィリアム、
よくぞ来てくれました!(日本人です。)

さて、初日は【もりのいえ】を会場として始まった今回の合宿。
いつもの私は、「一応参加者として名を連ねながら、
可能な限り参加して、後はバックアップに備える」というスタイルでしたが、
今回は「一貫してバックアップ」に専念しました。

そこには、かみさんが臨月を迎えるというタイミングなのと、
スタッフが「もいちゃん一人」という事実、
そして、GWのコースの時にはかみさんがほとんど動けないであろうから、
今回はそれを念頭に置いて動きを確認しておこうという狙いがありました。

だから今回のコース中身について、私はほとんど知りません。
ただ傍で見ていて感じるのは、
「この1年間で随分と内容が充実したなぁ。」というものです。

通常、それなりに成果の上がるプログラムだったら、
その内容を繰り返すことで十分満足されるであろうに、
けんちゃんは常に挑戦をしているので、
毎回新しいプログラムが入ってきます。

だからその状態が数回続くことで、
一年経つと随分と進化してくるのです。
その変化を目の当たりにできていることだけでも、
私にとって大きな学びです。

ということで、合宿の内容についてあまり語ることはできないのですが、
二日目のあるプログラムだけはご一緒しました。
それは、「乙女渓谷の雪中行軍プログラム」です。

【もりのいえ】での合宿の大きなウリの一つ、乙女渓谷ハイキング。
いつもは裸眼でおっかなびっくりながらも、
豊かな水と緑に感動をしつつ、この時に一気に視力が回復するという、
魅惑の時ですが、今回は何といっても雪の中です。
しかも前日に雪が降ったため、まさに雪中行軍!
1雪の乙女渓谷入り口

でも「極寒コース」というからには、これくらいの景色でないとね!
私は内心、「しめしめ」とほくそえんでおりました。

まずは渓谷の入り口、キャンプ場管理棟の軒下で、
これまでに学んだプログラムの復習です。
2雪の中の体操

何をしているのかは、知っている人のみぞ知る光景。
3雪の中の笑い

そしていよいよ行軍開始です。
雪の中、裸眼でハイキングなんて、
きっと皆、初めてか、随分久しぶりのことではないかな?
足元に気をつけながらも、結構楽し気な皆さん。
一番手前は、笑いヨガ講師として二日目のみ参加してくれた、めぐちゃん。
ありがとうね!
4雪中行軍?

そして、やはり知る人ぞ知るプログラムを、雪の中で行ないます。
違う季節に参加した人は、情景の違いにきっと驚かれるでしょう。
5雪の中のプログラム

雪の中、さすがに無理はできませんので、短いコースで下山し、
無事全員が戻ることができました。
正直言って私も初めての雪中ハイキングでしたが、
何とも厳かな、貴重な体験でした。
けんちゃんのマネージャー・やすえちゃんも、
「今回の乙女渓谷は今までで一番ぐっときた!」と感動しておりました。
6雪の中の橋上

そしてハイライトはこれ。
まず私、念願の顔面から雪に突っ込むということをしてみました。
7前面全身雪型

そしてそれを皮切りに雪合戦が始まり、皆で大騒ぎ!
何とも印象に残る時となりました。

帰宅後は暖かいお昼をいただき、午後からは場所を移動してプログラム開始。
私は自宅でかみさんと食事の準備にいそしんでおりました。

【もりのいえ】での視力回復合宿のウリの一つは、食事です。
今回も季節に合わせて、心を込めて提供させていただきました。
毎食毎に上がる歓声を聞き、その成果に頷く私たちでありました。

この冬に仕込んだ鹿肉ハムも提供しました。
おかげでこちらも大好評。
ハムの端材で作った、「鹿肉味噌」も絶賛の嵐でした。
けんちゃん曰く、「神の業」だとのお褒めをいただきました。
20自家製鹿肉ハム

こうして今回も楽しく、充実して過ごした視力回復合宿。
してその効果の一部を、アンケートでご紹介します。

【あいちゃん】
合宿前視力:両目0.06 → 合宿後:両目0.3
「合宿に参加して、人の顔が分かるようになってきたこと、
裸眼でも景色が楽しめるようになり、
驚きと共に自信につながっています。
ありがとうございます。
見えたぞ!見えたぞ!ヤッター!!!
時計を気にせず、笑ったり、風を感じたり、・・・
リラックスして、心の底から楽しめた3日間でした。
一緒に参加できたメンバーの方々の優しさや温かさに触れることもでき、
期待していた合宿のイメージ以上のことを体感させて頂き、
心から感謝しています。
ここで得たことは、日常生活においても活かせることが一杯あるような気がして、
ワクワクしています。
本当にありがとうございます。」

【あそさん】
合宿前視力:両目0.1 → 合宿後:両目0.7
「とても気持ちよい3日間でした。
視力回復もでき、体の中から元気になり、体の中からリラックスできました。
また、合宿に参加した皆様とも、楽しい時間を過ごせました。
けんちゃん、やすえさん、ありがとうございます。
感謝いたします。」

【なっとさん】
合宿前視力:両目0.04 → 合宿後:両目0.35
「視界がクリアーになっています。
遠くの景色も、始めは色もくすんで輪郭も全く見えてなかった所が、
散歩をしながら行なうワークや体操、マッサージなどで明るく、
少し立体的に見えるようになりました。
目自体もドライアイで常にゴロゴロ、
カパカパしているような感じがあったのですが、
スムーズに動かせるようになり、涙も出やすくなったように思います。
(出し方を教えて頂いた。)
成功することをイメージすることがとても大切で、
それも視力アップすることができたことで更に実感しました。
寝食を共にし、一緒に笑ったりお風呂に入ったり、
合宿って家族になれるんだなぁと思いました。
目だけでなくカラダ、精神的な部分の凝り固まっているところを
ほぐしてもらえたようで嬉しいです。
今後、今回出逢えた仲間と励まし合いながら、
ずっとつながっていられたら嬉しいです。
ありがとうございました。」

【ウィリアム】
合宿前視力:両目0.05 → 合宿後:両目0.5
「最初は全く参加者の顔が見えなかったのですが、
合宿が進んでいくうちに見えるようになってきて感動しました。
また、もりのいえの生活も、とても自然に沿った内容で、
料理もおいしくて、とても楽しかったです。
視力もそうですが、心身が洗われる気がしました。
ありがとうございます。」


嬉しいですね。
読んで下さってお分かりかと思いますが、
回復しているのは「視力」だけではないのです。
カラダ全身、そしてココロです。

一人一人が、輝きを増して去っていかれる姿を目の当たりにして、
毎度ながら「このプログラムをうちでやってもらえるようになって、
本当に良かった。」と心から感謝しています。
けんちゃん、ありがとう!
13集合写真2011極寒コース

そして次回の視力回復合宿のご案内です。
次回は5月1~3日となりました。
これまでにご案内していた日程が変わりましたので、
お間違えのないようにお願いします。

そして、アドバンスコースですが、
時期を延期することになりました。
あしからずご了解ください。

GWコースの受け付けは今から開始しますので、
どうぞお早めにお申し込みください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、今回のコースで特筆すべきことがありました。
それは、マジシャン・ウィリアムの参加です。

彼は普段はサラリーマンなのですが、
実はハリウッドの「マジック・キャッスル」
で初めて体系化されたマジックを学んできた、
正統派マジシャンなのであります。
12ウィリアム

ウィリアムがその能力をいかんなく発揮したのが、二日目の夜でした。
最近の視力回復合宿では、参加者が自己表現することを促しています。
そうすることで本当に視力が上がるのです。

今回も数名の方が発表してくれましたが、
特に時間を割いて発表してくれたのがウィリアムでした。
8ウィリアムマジック1

何と言っても本場の技ですからね。
次々に披露されるマジックに感嘆の拍手が沸き起こります。
9ウィリアムマジック2

そして秀逸なのが、「話術」です。
ウィリアム独特の語り口が、皆の心を開けていきます。
10ウィリアムマジック3

こんなに近くで見られても全く臆することなく、
とても和やかな場を作ってくれたウィリアム、ありがとう!
11ウィリアムマジック4

私はその情景を眺めつつ、ある感動を得ていました。
これまでのマジックを観る時の私には、
「ネタを見つけてやろう」という、「盗む意識」がありました。

でも、ウィリアムのマジックを見ていても、そのように感じないのです。
「そんなことはどうでもいいや。
ともかくこの場がとっても楽しい!」という感想でした。

それは何故か?
その後、彼と会話する中で、答が見えてきました。
彼のマジックは、技を見せているのではなく、
私たちを夢に誘ってくれるというスタイルなのです。

そして会話を続けるうちに、より素敵なことに気づきました。
それは、「マジックとは、自分自身を見つけること」だということです。

私たちは、自分自身の姿を自分で見ることはできません。
そのような状況で想像できるのは、
「自分が見せようとしている姿」と、
「見られている姿」のギャップです。

普段の暮らしの中では、そのギャップを意識することはあまりないのですが、
実はこのギャップって、本人が愕然とするくらいのものでしょうね。
初めて自分の声を聞いた時の驚き以上のものでしょう。
でも、「見られている姿」が実は自分自身であることは事実です。

ウィリアム曰く、マジックこそが、
そのギャップに気づくことができるメソッドなのだそうです。

確かにそうだね。
マジックって、周りから凝視されます。
そんな状況で自己表現するって、実はとっても貴重な体験?

そんな風にマジックを見始めると、
「マジックって、ただの芸じゃないな。」と思えてきます。

そんな印象をウィリアムに伝えたところ、
「我が意を得たり!」と反応してくれた、ウィリアム。
そこで一気に話は盛り上がり、何と!新企画が持ち上がりました!

この夏、ウィリアムによる一泊二日マジック合宿を、
【もりのいえ】で開催します!

いやぁ、すごい展開でしょ?
視力回復合宿から、マジック合宿が生まれました。

そして合宿ですから、ただ「マジックショー」を観るのとは違いますよ。
まず、「技術」を学びます。つまり、ネタです。
これだけでも素人には嬉しい。

でもこの合宿が目指すのはそれだけではありません。
「マインド」を学ぶのです。
ここが凄い!

ウィリアムは言います。
「これは、『自分に還るマジック』です。」

彼が言いたいことが分かる?
アンテナを張っている人には伝わるよね!

そう。彼が目指すのは、
「私は、私であればいい。」
という生き方を見つけることなのです。

私たちはこの合宿でウィリアムから技とマインドを学びます。
でも目指すのは「ウィリアムの真似」ではなく、
「私なりのやり方」です。
それを伝えたいとウィリアムは言います。

私は彼と会話したことで、マジックに対する印象がガラッと変わりました。
ありがとう!ウィリアム!

ということで、やおら立ち上がったワクワクプログラム!
詳細はこれからウィリアムと詰めていきます。
どうぞお楽しみに!

嬉しいね!
楽しいね!
毎日が、一瞬一瞬が、ワクワクであります!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


スポンサーサイト