FC2ブログ
2011.03.04 自分を慈しむ
この冬の間、というか、振り返れば、KAN太が生まれた頃からずっと、
走り続けてきたような気がします。

ある時は暮らしに追われ、
ある時は自分がやりたいと願った、沢山のことに追われ、
またある時は、外からの依頼でどんどん増えていった仕事に追われ・・・

最近は上のような「追われる心境」となるケースはほとんどなくなりました。
ありがたいことです。

一方、私たちを見守り、訪ねてくださる方が増えてきてくれたおかげで、
それに応えようとすることで、これまたずっと走ってきました。
これもまたありがたいことです。

このように、同じ「走る」と言っても心の持ちようが変わってきたのは、
とても嬉しいことです。
それはそれで、とてもありがたいことなのですが、
走り続けてきたことには変わりがありません。

それが、そろそろ「福」がやってくるということで走るのを止めるようになり、
久しぶりに立ち止まって自分自身を振り返ることができるようになりました。

走り続けていた間、大した病気にもならずに過ごすことができました。
我ながらよくぞもったものだと思いますが、その「思い方」について、
自分自身ともう少し向き合ってみることにしたのです。

これは、最近触れた「ホ・オポノポノ」から学んだ影響もあります。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「愛しています」

この四つの言葉を、自分自身に向けて声かけてみたのです。
すると、とても新鮮な気持ちになりました。

そういえば、自分自身を「労う(ねぎらう)」気持ちを持つことはあっても、
感謝したり、愛するなんて言葉をかけることはなかったなぁ。

ましてや、「詫びる(わびる)」「許しを請う」なんて、
想像したこともなかった。

改めて上の四つの言葉を、自分自身にかけてみます。

より気持ちが軽くなりました。

また改めて声かけてみます。

そうするうちに、あることに気づきました。

私は最近、次のような話をよくします。

「私が変われば、相手が変わる」
「相手が変われば、周りが変わる」
「周りが変われば、世の中が変わる」

でも、「私が変わる」ってどうすればいいのだろうか?
正直言って、私自身がうまく説明できないでいたのですが、
その答えの一つが、上の四つの言葉をひっくるめて、
「自分を慈しむ」ということではないのか?
そのように捉えると、腑に落ちました。

そう言えば、今野華都子先生は「洗顔洗心塾」について、
「顔を洗うことは心を洗うこと」とおっしゃっていたなぁ。
私はこの塾をまだ受けたことがないのだけれど、
これって、「自分の顔も洗わないで、どうやって心を磨くの?」
という問いかけとも受けとめています。

それと同じ発想で書くならば、
「自分自身を慈しまないで、どうやって相手や周りを慈しむの?」
ということになります。

地球暦の時でも書きましたが、
自分自身を客観的に見る目を持つことは大切だと思います。

その「客観的な私」が「私自身」に対して、慈しむ心を持つこと。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「愛しています」

そこから、「私が変わる」一歩が始まる。
そして「その次」がきっと始まる・・・

あなたも試してみませんか?




農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

この冬、我が家で大流行だったもの。
それは「焼きみかん」です。

私は岐阜に来るまで知らなかったのですが、
みかんって焼くと美味しいものです。

この辺りでは、左義長の時にみかんを焼いて食べます。
そして我が家では、薪ストーブのオーブンでみかんを焼いて食べるのが、
この冬、大流行しました。

焼きみかんを食べる時間帯は決まっていて、朝食前です。
私の最近の朝の習慣に合わせているのです。

その「最近の朝の習慣」とは、次のようなものです。

1. 朝、目覚めたら、スプーンで下の汚れを掃除する。
2. 口をゆすいでから、塩を少し溶かした常温の水を飲む。
3. 果物を食べる。
4. その後、朝食を食べるが、みそ汁だけにしてご飯は食べない。

これまでにいろいろ仕入れた知識と、己のカラダに訊ねてみて、
このパターンが心地良いことを知ったので、そのようにしています。

ところで、上記の2を終えた時、
大抵タイミング良く、U太が起きてきます。

そして私がおもむろに声を掛けます。
「U太、みかんを焼こうと思うけれど、一緒に食べるかい?」
このセリフを断る子供なんていませんよね。
U太は喜んで応え、いそいそと服を着替えます。

そして、薪ストーブのオーブンにみかんを入れ、
ほどなくして取り出して一緒に食べるというのが、
我が家の冬の定番スタイルになっていました。

ところが、当然のことですが、万物は使えばいつかは無くなります。
沢山あったみかんはいつの日にか姿を消しました。
しばしの間、焼きみかんの無い日が続きました。

その状況が変わったのが、2月の視力回復合宿でした。
合宿中は具の無い味噌汁と、果物を朝食として提供します。
その一つとして、かみさんがネーブルを箱で購入したのでした。

やがて合宿は終了し、ネーブルが少し残りました。
で、私とU太が何をしでかしたかと言うと、
「焼きネーブル」を試したのでした。

まず、ネーブルをオーブンに入れます。
するとほどなくして、外皮が焦げてきます。
1ストーブでネーブルを焼く

この焼き加減が難しいのですが、今回は少し焼き過ぎましたかね。
2焼かれたネーブル

焼き過ぎると、皮を剥くのが少々やっかいです。
「あちっ!アチッ!」と大騒ぎしながら、皮を剥きます。
U太は私のそういう姿を見るのも楽しみにしている様子。
ニコニコして眺めています。
3皮を剥くのが一苦労

ようやく皮が剥けました。
これを仲良く二つに分け、二人でいそいそと食べ始めます。
4剥かれた焼きネーブル

味の方はどうかって?
まるで温かいネーブルを食べるような気分です。
「そのまんまやないか!」と突っ込まれそうですが、
本当にそんな気分なのです。

別の表現をすると、「食べるレモネード」気分かな?
あんまり変わらないか。

焼かずに食べる時と比べると、やや甘みが増すように思います。
もちろん美味しいんだよ。
本当だよ。

かみさんは「あまり焼き過ぎると酵素が死ぬ。」と言います。
確かにそうかもしれないけれど、生きているかもしれません。
だから、そのことはあんまり気にせずに、
美味しいと思うものはそのまま素直に感謝していただくことにしています。

何よりも、朝一番に子供とニコニコしながらほおばる時が楽しいのです。
是非お試しあれ!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

お醤油の「もろみ仕込み作業」をしていた28日
同時並行で【もりのいえ】の味噌づくりをしていました。

これは結構「すごいこと」でありました。

まず、17kgという大量の大豆を仕込みました。
10kgと7kgに分けて、麹の量を変えて仕込むのだとか。

それがどれくらいの大量さなのか、
どれくらいの作業量となるのかを、私が把握していませんでした。

もちろん家事もあるし、子供の相手もある。
しかも、お醤油の仕込みも同時にしています。
そして一旦お産が始まると、それを最優先すべきという状況です。

それでも「お産前に是非済ませておきたい!」という、
かみさんの願いを叶えるため、仕込みに踏み切りました。


まずは前日の朝から大豆を水に浸します。
つまり、27日の下呂のイベント出店に向けて、てんやわんやの最中に、
厨房に大きな樽が二つ、「でん!」と設置されました。
1大豆を水に浸ける

一晩浸けたあとの大豆たち。
あの小さな豆がこれだけ膨らむというのは、いつ眺めても不思議です。
茹でるともう少し大きくなります。
2一晩浸けた大豆

この「茹で作業」に手間取りました。
かみさんは「愛農かまどでどんどん茹でる」イメージがあったようですが、
愛農かまどの火加減を私がまだマスターするところまでになっていません。

ずっとかまどの前に座っておればできますが、
上記の他の作業をしながらですから、
私は「愛農かまど」「お醤油仕込みの樽」「こどもたち」「他の家事仕事」
の間を行ったりきたり。

そんなことをしている間に、
愛農かまどの火が強過ぎて何度も釜がふいたり、
あるいは火が消えていたりして、再度点け直したり。

一方、お醤油仕込みの方は、水を計って運び、樽に入れていくのですが、
「あれ?今、何杯目だったっけ?」と、勘定しなおしたり。
(大丈夫。間違っていませんよ!)

しかも大豆がなかなか煮えません。
その状況を見て、
「こりゃ駄目だ!このままでは終わらない!」と判断したかみさん。
厨房にカセットコンロを二台置いて、
厨房のガスコンロ二口と合わせて4口で、
圧力鍋も総動員して、残りの大豆を煮始めました。

一方、注文していて、
「28日午前中着指定」をしていた麹がなかなか到着しない!
運送業者に問い合わせると、
「ドライバーが時間指定を見落としていました!」とのこと。
麹が到着したのは午後4時でありました。

その麹と、お醤油づくり用にグループで仕入れた塩の残りを合わせます。
3麹と天日干し塩と合わせる

一方、ようやく煮上がった大豆をつぶし、
麹たちと合わせて、味噌玉を作りました。
4味噌玉を作る

これを樽に入れていきます。
この時に、樽に叩き付けるのが「作法」です。
5味噌玉を投げ入れる

「空気を抜くため」と聞いていますが、本当でしょうか?
それよりも少しずつ詰めて空気を抜く方が確実な感じがしますが・・・
でも、この作業が一番面白いのは確かです。
KAN太も拳を振り上げるポーズ。
6KAN太も拳を振り上げる

こうして無事、味噌の仕込みが終わったのは、
翌日の2時近くになっておりました。
計っていないけれど、ざっと60kg程度の味噌ができることになるのかな。
この作業は、ワークショップ形式でワイワイやったら楽しいでしょうね。

かみさんにはすぐに寝てもらい、
大量の作業道具を掃除し、片付けが完了したのは、朝の4時でした。
これでようやく「お産前にしておきたい作業」の大きなものを終えました。

ともかく仕込みを終えた安堵感で眠りにつき、目を覚ましたのは7時。
そのまま吉村医院への診察に向けて、家族で向かったのでありました。
まぁ本当にカラダがよくもっております。

ところで「福」の様子ですが、
確かに下がってはきているようです。
母子ともに順調です。

「いつかな?」とか、「そろそろおいで!」という期待や催促はせず、
ただ「その時」を待つことにします。
あくまでも「福」のペースでね、いらっしゃい!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


【もりのいえ】のお産前・外向けイベントは終了し、
「あとは福がやってくるのを待つだけ。」と書きましたが、
実は「その前にやっておきたいこと」という作業が幾つかあります。

その一つがお醤油の仕込み作業でした。
詳しくは【もりのいえ】に来ていただいた方に直接お伝えしますが、
おおまかな流れとしては、次のようになります。

1. 麹屋さんに麹を受け取りに行く。
2. 麹に塩を混ぜる。(塩切り)
3. 麹に水を合わせる。(もろみの仕込み)
4. 管理し、都度、切り返す。
5. 冬に搾る。

このうち、1と2の作業は、27日に、
【もりのいえ・お醤油倶楽部】の他のメンバーが、
長野のときさんのところでしてきてくれました。

そして、塩を混ぜた麹を、メンバーのこいたさんが、
28日、【もりのいえ】に持って来てくれました。
今回、こいたさんには何かとお世話になりました。
ありがとうございます。
この時の作業は、こいたさんのブログで紹介されています。
1こいたさんが持って来てくれた

これが「麹と塩が合わさったもの」です。
ぷーんと香りが漂います。
2麹と塩

今回使用した塩は、メキシコ産の天日干し塩です。
3メキシコの天日塩

ときさんが教えてくれたのですが、
日本で出回っている「自然塩」のほとんどが、
このメキシコ産か、オーストラリア産のものを使っているらしいです。

いわゆる「○○の塩」と名乗っている「国産の塩」は、
これらを一旦溶かして地元の海水と混ぜ、
再度、結晶化させることで、できているとか。
勉強になります。

さて、では早速、上記3の仕込み作業を始めましょう!
今回、【もりのいえ・お醤油倶楽部】としては、
4樽分のお醤油づくりを始めました。

そのうちの1樽分は、こいたさんがご自分で管理することになり、
残り3樽分を、まずは【もりのいえ】で管理します。
80リットルの樽を三つ準備しました。
4樽を用意する

3の作業は、麹に水を加えるだけなのですが、
いわゆる「仕込み」という作業の仕上げでもあります。
一気に混ぜるのではなく、少しずつ水と合わせていきます。

最初の一樽分を一緒にした、なっちゃん。
「大体でいいよ。」と伝えたのですが、
「何か緊張する!」と言いながら、g単位で計って分けていました。
5麹を計るなっちゃん

分かる分かる。その気持ち。
「この作業の善し悪しで、後が決まる!」なんて考えてしまいそうだよね。
でも楽しい作業でもありました。
やがて一樽めの仕込みが完了!
きちんと管理できれば、これ一樽で一升瓶33本程度のお醤油ができます。
6仕込み完了

水に浸かった麹たち。うまく熟成しておくれ。
これから先は、彼らのことを「もろみ」と呼びます。
「もろみ」って、「諸味」と書くそうです。意味深いです。
7水に浸かった麹たち

実はこの日は、かみさんと二人で味噌作りもしていました。
毎年かみさんが一人で仕込んでいたのですが、
今年はかみさんが身重なのと、仕込む分量が多いので、私も参加。

でも、この味噌づくりの方が時間がかかり、
お醤油づくりと平行しながらやっていたので、
もう、てんやわんや!

しかもそんな時に来客があったりして、大わらわでありました。
そのあおりを受け、お醤油の仕込みを終了したのは、
夕食後でありました。

ようやく3樽分の仕込みを終え、シーツをかけられたもろみたち。
これで一升瓶にして約100本分なのですから、壮観です。
8シーツでカバーする

今回までの作業は、ブログでは事前告知せず、
【もりのいえ・お醤油倶楽部】のメンバー間でのやりとりで進めてきました。
何をするにしても初めてだったからね。
メンバーのコミュニケーションを深める意味もありました。

その結果、たとえ私がいなくても、
「その時に動ける人が動き、作業を進める」という流れができました。
短期間でここまでこられたことに感謝するやら、驚くやら。

そして、この先の管理作業については、
メンバー以外の方も自由に参加できるようにしたいです。
ですからできるだけ事前に告知するようにしますね。

ただし、ここ二ヶ月の間は、お産を控えていますので、
あまり人の出入りを多くしたくないです。
ですから、結果的にしばらくの間はブログで事後報告となるかもしれませんが、
あしからず、どうかご了解ください。



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。