FC2ブログ
2011.03.04 自分を慈しむ
この冬の間、というか、振り返れば、KAN太が生まれた頃からずっと、
走り続けてきたような気がします。

ある時は暮らしに追われ、
ある時は自分がやりたいと願った、沢山のことに追われ、
またある時は、外からの依頼でどんどん増えていった仕事に追われ・・・

最近は上のような「追われる心境」となるケースはほとんどなくなりました。
ありがたいことです。

一方、私たちを見守り、訪ねてくださる方が増えてきてくれたおかげで、
それに応えようとすることで、これまたずっと走ってきました。
これもまたありがたいことです。

このように、同じ「走る」と言っても心の持ちようが変わってきたのは、
とても嬉しいことです。
それはそれで、とてもありがたいことなのですが、
走り続けてきたことには変わりがありません。

それが、そろそろ「福」がやってくるということで走るのを止めるようになり、
久しぶりに立ち止まって自分自身を振り返ることができるようになりました。

走り続けていた間、大した病気にもならずに過ごすことができました。
我ながらよくぞもったものだと思いますが、その「思い方」について、
自分自身ともう少し向き合ってみることにしたのです。

これは、最近触れた「ホ・オポノポノ」から学んだ影響もあります。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「愛しています」

この四つの言葉を、自分自身に向けて声かけてみたのです。
すると、とても新鮮な気持ちになりました。

そういえば、自分自身を「労う(ねぎらう)」気持ちを持つことはあっても、
感謝したり、愛するなんて言葉をかけることはなかったなぁ。

ましてや、「詫びる(わびる)」「許しを請う」なんて、
想像したこともなかった。

改めて上の四つの言葉を、自分自身にかけてみます。

より気持ちが軽くなりました。

また改めて声かけてみます。

そうするうちに、あることに気づきました。

私は最近、次のような話をよくします。

「私が変われば、相手が変わる」
「相手が変われば、周りが変わる」
「周りが変われば、世の中が変わる」

でも、「私が変わる」ってどうすればいいのだろうか?
正直言って、私自身がうまく説明できないでいたのですが、
その答えの一つが、上の四つの言葉をひっくるめて、
「自分を慈しむ」ということではないのか?
そのように捉えると、腑に落ちました。

そう言えば、今野華都子先生は「洗顔洗心塾」について、
「顔を洗うことは心を洗うこと」とおっしゃっていたなぁ。
私はこの塾をまだ受けたことがないのだけれど、
これって、「自分の顔も洗わないで、どうやって心を磨くの?」
という問いかけとも受けとめています。

それと同じ発想で書くならば、
「自分自身を慈しまないで、どうやって相手や周りを慈しむの?」
ということになります。

地球暦の時でも書きましたが、
自分自身を客観的に見る目を持つことは大切だと思います。

その「客観的な私」が「私自身」に対して、慈しむ心を持つこと。
「ありがとう」
「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「愛しています」

そこから、「私が変わる」一歩が始まる。
そして「その次」がきっと始まる・・・

あなたも試してみませんか?




農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

スポンサーサイト