FC2ブログ
最近重宝しているサイトです。
どうも大新聞のサイトは当たり障りがない記事が多いように感じていて、
こういう時は地方紙の方がリアリティのある声が届きます。

47NEWS

お勧めです。
スポンサーサイト



2011.03.18 大きく変わる
最初に、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、
被災された方々を心からお見舞い申し上げます。

多くの方々から、私たちに対してもご心配お気遣いと、
「福」誕生へのお祝いのメッセージをいただいています。ありがとうございます。
お一人お一人にご返信したいのですが、今はまだその時間的余裕がありません。
この場を借りてお礼申し上げます。

At first, we pray people’s soul attacked by the huge earthquake and tunami may rest in peace.
We got many messages from foreign countries. Thank you for your care and congratulations for our new child “Fuku”. We all are fine and live peaceful.

☆☆☆
ここ連日の動向と自分自身の意識から感ずることを書いていきます。

今、起きている事に対して、人々が尽力しています。

被災され、懸命に生きようとする人々、
被災された方々を救援する人々、それを支援する人々
未曾有の大事故に対処する人々、混乱を治めようとする人々
これらの活動を見守り、祈る人々・・・

今を生きる、全ての人々の気持ちと行動に共感し、感謝します。

これらの動きから強く感じるのは、「今」です。
「今、何が起きているのか?」
「今、どうすべきか?」
これは目の前の現実を思うと当然のことです。

「今、寒さで震えている人々、
食べる者が無くて困っている人々を救わなくて、どうするんだ!」
全くその通りです。

私自身も自宅で家族を見守りながら、
義援金や救援への応援、情報発信を通して、
「今、私ができること」を真剣に意識し、行動してきました。

その一方で日に日に深まってきた思いがあります。
「これは大きく世の中が変わるぞ。」ということです。
そのキーワードは、「長い」「歴史」です。

当初ばくぜんと浮かんでいたこのイメージがはっきりしたのは、
あるニュース記事を読んだ時でした。
それには、阪神淡路大震災で被災し、
救援支援を受ける側の代表者だった方の意見が載っていました。

「今この時の支援はもちろんありがたいだろうが、経験的に言うと、
その先もずっと、小さくても構わないから支援し続けることがとても大切」
あの大震災から16年が経っていますが、
今でも支援を必要とする人々がいらっしゃる事も知りました。

「小さくとも長く支援を」
大切なメッセージをいただきました。

そして今、私たちが目の当たりにしている事態は、阪神以上の状況です。
復興にかなりの長い時がかかるでしょうし、
そもそも「復興」という言葉が不釣り合いかもしれません。

ここで、例えば数年後の「社会」の教科書をイメージしてみましょう。
「2011年3月10日、・・・」という文言がきっと載っていることでしょう。
そしてきっと、
「この大災害を契機にして、・・・」と、
大きな社会的変化があったことも記されているでしょう。

私たちは今まさに歴史的大転換点に立っているのです。
それは、「この街が復興するのに何年かかる」といった、
災害に対する従来ありがちだった表現とは異なる次元です。

☆☆☆
今回、これまでに【もりのいえ】で滞在した外国人ウーファーや、
外国人の知人から「大丈夫かい?」というメールを沢山いただきました。

今、海外で彼らがどういった情報を得ているのかは不明ですが、
彼らの文面から想像するに、ひょっとすると被災地の映像を見て、
日本全体がこのようになっているかのように想像しているかもしれません。
特に大国で暮らす人からすると日本なんて小さな国ですからね。

そこで視点を少し変えて、海外からこちら側を見てみます。
すると、「今や日本国全体が被災地であり、国民全てが被災者であるかのように、
捉えられているかも」というイメージが湧きました。

そんな折、このような記事(3月17日産経ニュース、山田吉彦氏)を見つけました。
リンク先を読んでいただいても構わないのですが、要点のみ転載しますと、
中国の企業家たちは、今回の出来事を次のように捉えているとか。

「日本の経済は短期的には苦境に立つが、
地震がデフレ脱却の引き金となる可能性がある」
「日本政府は、渋っていた公共投資を
地震の復興策として行わなければならなくなった。
新たな経済循環が起こり、ビジネスチャンスが生まれる。
日本への復興支援は、中国経済のためにもなる」

そしてこの記事を書いた大学教授は次のように締めくくっています。

「震災を契機とした中国経済の大流入は不可避と考える。
中国をはじめとした外資が日本経済の奥深くに浸透することは脅威だ。
経済主権の維持も含め、総合的な危機管理が民主党政権にできるだろうか。
月刊誌「正論」の今月の特集ではないが、
いままさに「救国の内閣」が必要とされている。」

ここでは中国を取り上げていますが、国には関係ないでしょう。
今、日本で起きている大惨事に心を痛め、支援すると同時に、
早速この先を読み、「被災地・日本の復興」を
「ビジネスチャンス」だと捉える国際社会があります。

とてもうがった書き方をしますと、
「今、どう対処するか?」と躍起になっている現場(日本)を尻目に、
「他人のピンチは自分のチャンス」と捉えている人々もいるという訳です。
これが今の世の「現実」です。

でも私はこの現代社会の思想や仕組みが、
今回の出来事を通して変わるのではないかとイメージしています。
いや、「変わるのではないか」ではなく、変わるのです。
「ビジネスチャンス」ではなく、社会そのものが変わるのです。

でもどうやって?
従来の社会とは異なるアプローチによってです。

それを推進する力と道はあります。
その力とは、「愛」であり、
道は、「徳」「礼」「仁」「信」「智」など、日本人が培ってきた意識です。

「あらゆる災いは、それを乗り越えられる人にかかってくる」
と聞いたことがあります。
本当にそうならば、今目の前で起きている未曾有の事態も、
私たちだから乗り越えられるから起きてきたとも言えます。

そして私たちの意識の持ちようと、行動が、
これからの日本だけでなく、世界を導くことになります。

私たちがこれから意識していくべきこと。
それは、「今すべきこと」と、
「これからもずっと続けるべきこと」
そして、「今までの物差しでははかれない事態に際して、
新しい社会を築くこと」のようです。

この歴史的大転換点を、長い目で見て、
じっくりと確実に方向づけていきたいものです。
私たちにはそれができます。

☆☆☆
最後に、私たちの知人であり、敬愛する、島本了愛さんから、
メッセージが届きました。
ここに転載します。

☆☆☆
「ま~さんこんばんは!愛です。
もりのいえはお元気ですね?
今こそみんなで力を合わせて愛を開きましょう!」

「りえちゃん
出産おめでとう!
女の子、福ちゃん、よかったね!

もうお家にいるのかな?
地震もあるだろうけど心配なく、穏やかに過ごしているよう祈ります。

わたしは12日からとあるところでご神事をしていました。
連日のご神事明けて
詩ができました。

是非ツイッタ―でブログであらゆる手段で
以下の詩を原文のままお知らせください。

お友達にも教えてあげてください。

今こそ世界に発信してください。
お願いします。

みんなの思いが希望という太陽に向かって
愛の花が開きますように。

愛が世界をつなぎます。
お願いします。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『LOVE YES PEACE』

わたしたちの「思い」は
何もなかったところに形を創るエネルギーです。
あなたの「思い」が現実を創ります

だから

不安より安心してください。
疑うより信じてください。
責めるより許してください。
殺すより活かしてください。
奪うより与えてください。
絶望より希望を感じてください。

あなたの「思い」という創造エネルギーを
希望に向けてください。

『LOVE YES PEACE』

ココロを開くアイコトバです。
あなたのココロが開いたらそこに「愛」があります。
愛は「思い」のすべてです。

あなたの愛が創造のエネルギーです。

みんなの「思い」が希望という太陽に向かって
愛の花が開きますように。

愛  日本より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“LOVE YES PEACE”

Ours FEELING is the energy of creation that makes reality.
Your FEELING makes reality now.

So

Please fell peace rather than worry.
Please trust rather than doubt.
Please forgive rather than blame.
Please live rather than kill.
Please give rather than rob.
Please feel hope rather than disappoint.

Please turn your FEELING as the energy of creation to hope.

“LOVE YES PEACE”

This is a password to open your heart.
When your heart open
You find your LOVE there.
All of your FEELING is LOVE.

Your LOVE is the energy to make reality now.

I wish your flower of LOVE will bloom faceing the sun of hope.

Ai  from JAPAN




4月下旬からのスタッフ募集中!



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。