2011.07.03 田植え終了!
今年も無事田植えが終了しました~!
以下、流れを追って解説しますね。

【もりのいえ】の稲作は、不耕起有機栽培です。
2005年以来、田んぼを耕していないので、不耕起は今年で7年目となります。
自然農スタイルを基本にして、
「こんなものかな?」と探りながらやってきた自分スタイルです。

まず、昨年秋に刈り取りをした後、しばらくの間は草が生えるのに任せ、
冬が来る前に一度草刈りをしました。
刈った草は田んぼ一面に広げてマルチにし、そのまま冬を越しました。

春になり、昨年敷いた草マルチの間を縫って、草達がどんどん生えてきました。
希望としては、田植えを始める二週間ほど前に一度、刃で草刈りをして、
田植え直前にもう一度、今度はひも式で草刈りをするのがベストです。

なぜ、田植えの二週間前が良いかと言うと、
刈った草がそれなりに茶色になるのに、それくらいの時間がかかるのです。
刈った草が青いままで田植えすると、
それらが発熱して苗に影響を与えるのではないかという判断です。

でも毎年そうはいかないのが【もりのいえ】です。
この時期は何かとイベントをしていますからね。
そちらの準備や開催をしているうちに、あっと言う間に時は流れます。
今年も同じパターンで、刃で草を刈ったのは田植え開始日の5日前でした。

そして田植えの前日に本格的な作業が始まります。
ひも式で地面すれすれに草を刈ります。
これは、草達が成長するのを少しの間だけ抑えて、
稲の苗が育つのを優先させていただくための方法です。

草を刈る時、いつも
「ご免ね。これからやってくる稲達を迎え入れてあげてね。」
とお願いしながら刈ります。

この時、5日前に刈った草を少しどかせながら刈ります。
これはひも式で刈った後です。
1草を刈る2011田植え

今回、田植え以外にもう一つの作業を平行して進めました。
それは、「溝切り」です。

私たちの田んぼは、普段は水に浸かりません。
周りに切った溝にのみ水を張り、
それが浸透した田に、稲が根を張るのを期待します。

最初に田んぼを作った時は、もちろん溝を切る作業から始めました。
それでも2年程経つと、周りの田や畦から土が落ちてきて、溝に溜まります。
そうなると水量を十分に確保できないので、溝を掘り直す必要があります。

この作業は田植えの時期よりももっと早く始めても良いのですが、
例によって他のことをしているうちに時期を逃し、
結局田植えの直前にすることになったのでした。
いかにも私たちらしいです。
これが溝を切った後の田んぼです。
2溝を切る2011田植え

つまり、今回の田植え準備手順はこうなりました。

①春に伸びた草を、田植え5日前に刃で刈る
②刈った草を、田植えの前日にどかせる
③ひもで地面すれすれに草を刈る
④溝を切る
⑤切った時に出た土をならす
⑥②でどかせた草を戻す
⑦上に敷く草が足りない時には、他から持ってきて敷く
 (5cmくらいの厚さまで敷く)

この一連の作業をするのに、私の指示ミスもあって、
②から④の作業が逆転して、二度手間になったりもしましたが、
スタッフさん達が文句も言わずにやってくれたおかげで、
無事準備作業が終了しました。
これは作業⑤の土ならしをしている、なっちゃん。
3土をならすなっちゃん2011田植え

そして準備が完了した田んぼから田植えを始めた、くりちゃんとゆうこちゃん。
4田植え始めるくりちゃん&ゆうこちゃん

こうしてようやく田植え作業の開始です。
実際のところ、ここまでできておれば、
「植える」だけの作業は大した労力ではありません。
ここまでが大変なんだよね。みんな、ありがとう!

だから私にとって、これら一連の作業が「田植え」です。
そしていよいよ最後の「植える」作業です。
これは文字通り、苗を植えるのです。

十分に敷いた草をかきわけ、直径10cmほどの空きスペースを作り、
スコップで真っ直ぐに数カ所掘って、元いた草達の根を切り、
苗の根を入れ、土でしっかりと押さえます。
この手間は、畑で苗を植えるのと同じです。
5本当に植える2011田植え

この作業をここ数日の間、
スタッフさん達が入れ替わりしてずっと続けてくれました。
そして昨日ようやく終わりの時が近づき、
私たち家族も出て来て「田植え納め」の作業(儀式)です。
6田植え納め2011田植え

いよいよ最後の田んぼも終わりに近づいてきました。
これらの作業を、以前は私一人でほとんどやっていたんだよなぁ。
それはそれで意義のある時を過ごしたものでした。
今ではほとんどの作業をスタッフさん達がしてくれます。
7田植え終了2011田植え

そして昼時、ようやく全ての田植えを終了し、
「田の神様」にお祈りします。
塩と、今年育てている「加子母百年米」をお供えします。
8神様に祈るお供え2011田植え

うちの田んぼには、何故か「田神さま」が二体おられます。
これは向かって右側の神様。
9右の田の神様2011田植え

こちらは左の神様。
10左の田の神様2011田植え

なぜ二体なのか?
わざわざ彫ってあるものね。意味があるのかも。

ま、どうでもいいじゃん。
こんな小さな田んぼに、
神様が二体もいらっしゃるなんて、ありがたいことです。

「今年も無事に稲が育ちますように。」
真剣に祈ります。
11田の神様に祈る2011田植え

祈りって大切だね。
こういう時だけでなく、普段から祈りをして過ごしたいものです。
自分の「内なる神」にね。

今回、最後までやりとげてくれた、なっちゃんとこんたくさん。
二人は本当によくやってくれています。
ありがとう!
12なっちゃん&こんたく2011田植え

そして田に水を入れます。
最初は全ての面にまで水を入れ、水に弱い草達に少し成長を抑えてもらいます。
その間に稲達に伸びてもらいたいという願いです。
13水を張る2011田植え

稲を植えたところだけ草がどかされ、まるでワッフルのような形状の田んぼ。
愛おしいです。
14ワッフル田んほ#12441;2011田植え

今年もしっかり根付いておくれ、加子母百年米。
15うまく育てよ2011田植え

2008年、離れ家の「木製もみすり機」の隙間から出て来た、401粒の籾。
2009年、そのうち、たった一粒だけが芽を出した、「加子母百年米」。
     その子が1600粒ほどの実をつけました。
2010年、二世が10kgほど収穫され、
2011年の今年、三世が育ちます。

「加子母百年米物語」が今年も始まりました。




おかげさまで大好評!
「サンクス・サマーセット」の受け付けは、
近日中に締め切らせていただきます!


お申し込みはこちらへ!
詳しいご説明はこちらへ!
夏のシトラスセット全体



【7月】
7月9・10日:長野県にて「ママサブサミット」に参加!
【もりのいえ】は9日にランチ出店します。

7月16~18日:視力回復合宿7月コースは定員一杯となりました。
次回は9月です。既に数名の方が検討中!

7月23・24日:「Noと言わない親子合宿」は、満席となりました!
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございます。

7月29~31日:地球暦コアスタッフの合宿
*地球暦を推進するスタッフ達の合宿です。
*参加希望者は、こちらのサイトから「チーム地球暦」に参画してください。
 その上で、合宿参加の意志を杉山開知さんにお伝えください。

【8月】
8月6・7日:ウィリアムのマジック合宿
これは相当面白いよ!ためになるよ!
単独の「ウィリアムのマジックショー」も検討してもらいます。

8月8日から二週間の予定で、「宇宙サミット」開催!
【もりのいえ】が是非紹介したい!という方々に
日替わりで(あるいはコラボで)来ていただき、セッションしていただきます。
これからどんどん企画を組んで発表していきますね。

8月27・28日:夏の最後の思い出企画
馬瀬の「日本一、音の大きい花火大会」をかぶりつきで見学し、
バーベキューに川遊び、スイカ割りなど、夏の思い出を沢山つくろう!

【9月】
9月3・4日:薬草の会(仮称)
講師:高橋ちずさん

【10月】
中旬頃に開催予定の「東京ベジフェスタ」に出店検討中!

セシリアの企画第二弾も10月下旬に開催調整中!

【11月】
11月12(土)・13(日)第二回“持続可能な”ワークショップ

☆☆☆
ワタシが輝けば、周りが輝きます!そして社会が輝きます。
【もりのいえ】の光の輪に、あなたも入りませんか?


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

最近になって、お金に対する捉え方と接し方が変わりました。

昨年春に、島本了愛さんによる、
お金に関しての講習会を受けた時には、
頭では分かったつもりでいたけれど、
まだ腹(心)に落とし込んでいませんでした。

それが最近になってようやく腑に落ちてきたというのかな、
「なぁんだ。そういうことだったのか!」という感覚です。

その話を進める前に、少し過去にさかのぼります。

☆☆☆
私は大阪で、商売人の子供として生まれました。
このフレーズだけで、
いかにも「儲けてなんぼ」の世界に育った感がありますね。

しかも学校を出て上京して、経営コンサルティング会社に就職しました。
そこで真っ先に教え込まれたのが、「マーケティング」です。

当時、マーケティングと言えば、その後に必ずついてくる言葉が「戦略」でした。
マーケティング=企業戦略だったのです。
続く言葉として、「競争戦略」「差別化戦略」「販売戦略」「製品戦略」「情報戦略」・・・
なんでもかんでも「戦略」です。

これらをとっても簡単にまとめると、
「何よりも自分(自社)が他人(他社)より抜きん出て、戦いに勝ち、
利益を上げ続けることが、成功である。」という理屈です。
私はその世界にどっぷり浸かっていました。
そしてそれを指導する立場にいました。

そんな私が、その後の紆余曲折を経て、かみさんと出逢い、
山里で【もりのいえ】を始めました。

【もりのいえ】として初めてお店を開いた当初、こんなエピソードがありました。

私が帰宅すると、かみさんが嬉しそうに報告してくれました。
かみさん「今日は沢山のお客さんが来てくれてね、1万円も売上げがあったよ!」
私「それは良かったね~。それでどれだけの儲けが出たの?」
かみさん「・・・どういうこと?」

私「だから1万円の売上げのうち、儲けはなんぼだったの?」
かみさん「言ってる意味が分かんないよ。
 1万円が手に入ったから1万円の儲けじゃないの?」
私「そうじゃないよ。1万円分の商品を仕入れるのにお金がかかっただろ?
 仕入れ値が例えば7,000円だったら、10,000円-7,000円=3,000円が利益で、
 それが儲けでしょ?

かみさん「よく分かんないよ。仕入れる時にはお金が出ていって悲しいけれど、
お金が入ると儲かって嬉しいよ。」
私「・・・だからね!利益が出ないと、うちはやっていけないんだよ!」
・・・

その当時、私は自分が絶対に正しいと信じ、
「どうしてこんな簡単な理屈が分からないのだろう?」
と不思議に感じていました。

そしてこんな会話をしていた当時は、
私たちは本当にカツカツの暮らしをしていました。
それを私は、「うちは利益体質になっていないからであって、
それを変えなきゃダメだ!」と心していました。
でも事態はなかなか好転しませんでした。

☆☆☆
それが、上に挙げた「お金の講習会」を受けたり、
様々な素敵な人々との出会いや、
素晴らしい出来事や書籍との巡り合わせなどを通して、
少しずつ実践と学びを重ねていき、
最近になってようやく腑に落ちてきたのです。

つまりは、
お金は愛や感謝を伝える触媒(メッセンジャー)のようなものなのだと。
そして、私たちがお金を扱う時、
それによってお金が「幸せの軌道」に乗るかどうかで、
幸せの度合い、つまり愛や感謝の広がり方が異なってくるのです。

だから、お金を汚らわしいものだと捉えていると、お金は寄り添ってこないし、
お金を自分だけでがめて(留めて)いると、
お金は「幸せの軌道」から外れてしまいます。

一方、お金のやりとりを「愛や感謝の行為」だと捉えると、
お金は「幸せの軌道」に乗り、
お金も幸せも、私を介して巡るのです。

これについて、事例を挙げて解説します。

私たちがお付き合いしている問屋さんには、
「一度の取引を、5万円以上」とされているところがあります。
だから油一本買いたくても、5万円分以上の発注をせねばならないのです。

この5万円の支払いをする時に、ずっと私は胃の痛い思いをしてきました。
まるで5万円の損をしたかのようにね。

そして、「早くこれを完売して、7万円の現金にしよう。
そうすれば、7万円―5万円=2万円の儲けが出る。」と考えていました。
これは冒頭に挙げた会話と同じ発想ですね。

それが今では次のように変わりました。
「私たちが気に入っているこの商品を、
定価ではなく卸値で5万円分も買わせていただけるなんて、
何とありがたいことか!
しかもその5万円でこの問屋さんが潤い、
ひいては社員さんの給料の一部となり、そのご家族の暮らしが豊かになるのだ。
5万円を支払わせてくれてありがとう!」

また、こう続きます。
「これらの商品を完売できて、7万円の売り上げが立った!
おかげさまで7万円の現金が手元にできたよ!ありがとう!
しかもこの商品を手にしたお客さんは、とてもよろこんでくれているよ。
こんなにありがたいことはないね!」

そして、こういう計算になります。
支払えた5万円分のありがとう+手にした7万円分のありがとう
=合計12万円分のありがとうを手にすることができたよ!

もう少し突っ込んで計算すると、
「支払う時に、私もニコニコ、業者さんもニコニコで、5×2=10万円分の幸せ。
売り上げた時、私もお客さんもニコニコで、7×2=14万円分の幸せ。
つまり、私たちが5万円を手放したことで、
合計24万円分の幸せの行き来があったよ!」

☆☆☆
ここで改めて整理します。
①昔の私は、「7-5=2」の計算をしていて、
 その2で生活をやりくりしようとして四苦八苦していた。

②かみさんは、5は別(過去)の出来事としてあっちにやり、
 7で生活しようとしていた。

③そして今、私は、「(5+7)×2=24」の幸せのやりとりをして、
 実際に幸せに過ごしている。

この違いって大きいと思いませんか?
冒頭のエピソードでも、
実は当時はかみさんの方が私より心豊かなのでありました。
そしてかみさんは、今の私の心境をきっと理解してくれているでしょう。

こういう視点でお金を捉え始めると、実に明快、愉快になります。
そして面白いことに、この方がお金が巡るのですよ。
そう。お金は「貯める(留める)」ものではなく、「巡る」ものなのです。

ここで敢えて断っておきますが、
私たちが今や大金持ちになったという意味ではありません。
お金の捉え方を変えたことで、
暮らしがとても心豊かなものになれるだけのお金が
実際に巡るようになったという意味です。

☆☆☆
そして、私の身の周りの物事が、よりスムーズに流れ始めます。
例えば最近の話題ではこんな出来事がありました。

今月末の親子合宿を告知したばかりの頃、
ぽつぽつとお申し込みが届く状況をみて、
かみさんがひと言つぶやきました。
「もしこのまま増えてくると寝る場所が無くなってくるから、
テントを揃えるといいかもね。」

それを聞いて私は即答しました。
「それはいい考えだ!ならば申し込みを待たずに、まずテントを買おう!
そうすると、そのテントを利用したい人がこの先もますます増えるよ。」

私たちの暮らしで、テントがないと生きていけない訳ではありません。
テントよりも他にお金を使いたい、あるいは使うべきものがあるかもしれません。
でも、ここでテントを買う事で、沢山の人々がニコニコする姿が、
とても具体的にイメージできたのです。

それは、テントを手にして喜ぶ私たち、
テントを販売できて嬉しい業者さん、
そして、テントに泊まってとっても楽しんでいるお客さんたちです。

私たちの手元に留っているお金を手放すことで「幸せの軌道」に乗り、
その金額の何倍もの幸せが巡るのです。
これは何よりも「買うしかない!」

ということで、あと数日のうちに【もりのいえ】にテントがやってきます。
そしてその前に、親子合宿は、あっと言う間に定員となりました。

☆☆☆
こんな心境になったある日、数日前のことです。
皆で温泉に行きました。
その温泉では、コインロッカーに100円を入れますが、
それは後で返ってくる仕組みです。

その日、私が選んだコインロッカーには、
100円玉が取り出し口に残っていました。
きっと私の前の方が取り忘れたのでしょう。

その100円に私が気づいた時、傍には家族以外に誰もいませんでした。
どうしようかと思案しないうちに、子ども達が風呂場に行こうとしたので、
ともかくその100円をそのまま使わせていただき、風呂に入りました。

そして風呂場から出て来たら、
今度は私の隣のコインロッカー内に、
別の100円玉が置かれていることに気づきました。
つまり、私は一度に200円を見つけたという訳です。

さて、この出来事をどう捉えるか?
以前の私だったら、「ラッキー!今日はいい日だ!」と小喜びし、
「これは過去に私が何か良いことをしたからに違いない。」などと、
自分に都合の良い解釈をして、財布に入れたことでしょう。

今回、私はその200円を受付に持って行きました。
そして受付嬢と相談し、次のようにしました。
「今日、しばらく待って、このお金を取りに来る人がいたら、お返ししてください。
そして誰も取りに来なかったら、
カウンターにある震災義援金のボトルに入れてください。」

これで200円は「幸せの軌道」に乗りました。
どちらに転んでも、誰かがニコニコするのです。
そして私自身も、受付嬢もニコニコしていました。
200円がもし私の財布に入っていたら、幸せの流れが留るところでした。

☆☆☆
お金は、愛や感謝を伝える触媒(メッセンジャー)のようなもの

私たちがお金を使う時、「幸せの軌道」に乗せられるかどうかで、
その後の展開、つまり幸せ度が大きく異なる。

これは本当です。



おかげさまで大好評!
「サンクス・サマーセット」の受け付けは、
近日中に締め切らせていただきます!


お申し込みはこちらへ!
詳しいご説明はこちらへ!
夏のシトラスセット全体



【7月】
7月9・10日:長野県にて「ママサブサミット」に参加!
【もりのいえ】は9日にランチ出店します。

7月16~18日:視力回復合宿7月コースは定員一杯となりました。
次回は9月です。既に数名の方が検討中!

7月23・24日:「Noと言わない親子合宿」は、満席となりました!
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございます。

7月29~31日:地球暦コアスタッフの合宿
*地球暦を推進するスタッフ達の合宿です。
*参加希望者は、こちらのサイトから「チーム地球暦」に参画してください。
 その上で、合宿参加の意志を杉山開知さんにお伝えください。

【8月】
8月6・7日:ウィリアムのマジック合宿
これは相当面白いよ!ためになるよ!
単独の「ウィリアムのマジックショー」も検討してもらいます。

8月8日から二週間の予定で、「宇宙サミット」開催!
【もりのいえ】が是非紹介したい!という方々に
日替わりで(あるいはコラボで)来ていただき、セッションしていただきます。
これからどんどん企画を組んで発表していきますね。

8月27・28日:夏の最後の思い出企画
馬瀬の「日本一、音の大きい花火大会」をかぶりつきで見学し、
バーベキューに川遊び、スイカ割りなど、夏の思い出を沢山つくろう!

【9月】
9月3・4日:薬草の会(仮称)
講師:高橋ちずさん

【10月】
中旬頃に開催予定の「東京ベジフェスタ」に出店検討中!

セシリアの企画第二弾も10月下旬に開催調整中!

【11月】
11月12(土)・13(日)第二回“持続可能な”ワークショップ

☆☆☆
ワタシが輝けば、周りが輝きます!そして社会が輝きます。
【もりのいえ】の光の輪に、あなたも入りませんか?


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。