今週末は幾つかの企画が連続してあって、
私的には結構大きな意味のある二日間でした。

まず29日は事前告知していました、「オレラクダ」への出店でした。
このイベントへの参加は直前に決めたこともあり、
私は割と気楽な姿勢で臨んでいました。

ですので、出店数の割に入場者が少なくても、
「ま、いいじゃないか。」と構えていまして、
「何よりも快晴が気持ちいいね。」とスタッフさんと会話していました。
なんだかのどかな景色でしょ?
1オレラクタ#12441;

そして何だかんだ言って、それなりに商品も販売出来たので上出来です。
スタッフ参加してくださった皆さん、ありがとう!
2オレラクタ#12441;出店スタッフ
(「飛んでみたバージョン」はこちら)
3飛んて#12441;みました。

今回も嬉しい再会が続きました。
いつもイベントの際に買い物に来て下さる方々に加え、
夏の親子合宿に参加してくれた家族、
【もりのいえ お醤油倶楽部】のメンバーなど、
懐かしい顔にも出逢えました。

★★★
今回、意外な展開が一つありました。
虫の知らせがあり、昼間に駐車場に向かったところ、
我が「よきかな号」のバッテリーが上がっていました。

私が車のライトを点けたまま駐車してしまったのです。
そこで、とりあえず周りのスタッフさんや友人に
ブースターケーブルを持っていないか相談しますが、
誰もが「今日に限って持って来ていない!」とのこと。

そこで、近所からスタッフ参加してくれた、けいこさんが、
ダンナを呼んできてくれました。

隣の車との位置関係から、かなり苦労してダンナの車を寄せ、
やっとケーブルが届いて、「これで安心!」と思いきや、
エンジンがかからない!

そのうちにケーブルから煙が出だしたのでチェックしてみると、
ケーブルが老化していました!

そこで、改めて周りに聞いて回って、新品の太いケーブルをお借りしました。
「これでダメだったらかなりやばいね。」と軽口をたたいておりましたら、
本当にかからない!

さすがに「これは素人レベルではないな。」と感じ、
いよいよJAFを呼びました。
すぐに来てくれたJAFさん、決まり文句で「JAFメンバーですか?」

「はい、32年間入っていますよ!」との私の返事に、
「それはそれは!」と喜んでくださいました。

そしてバッテリーを調べながらおっしゃるには、
「普通、バッテリーの寿命は3年なのですが、
これは6年使っていますね。」とのこと。

へぇ~、そうなんですか。
「よくぞ持っていますね。」と褒められて、
何だか嬉しくなりました。

やがてとても太いケーブルをつないで、一発でエンジンがかかりました。
JAFさんがおっしゃるには、市販のケーブルだと細すぎてダメなのだそうです。
勉強になりました。

こうしてイベント終了までに事なきを得たのですが、
(もちろんJAF会員なので無料!)
ここで考えます。

この日にこの場所でバッテリーが上がってくれたから、
JAFがすぐに来てくれたし、
バッテリーの寿命がきていることが分かったし、
冬が来る前にそのことをしることもできました。

そして早めに気づいたことで、スケジュール的にロスはありませんでした。
つまりはラッキーだったという訳です。
ありがたいです。

★★★
もう一つ、面白い展開がありました。

お店に来てくれた、ココペリひろさん&めぐちゃんのカップルですが、
めぐちゃんが声をひそめて私にささやきました。

「まぁさん、ひろさんにいつか整体をしてくれませんか?
腰が辛いようなのです。」

そこで即答。
「何なら今からここでやりましょうか?」
「えっ、いいの?」

ということで、やおらテントの一部にブルーシートと毛布を敷き、
私の整体施術が始まりました。

周りでガンガンに音響が響き、人の気配も多い中でしたが、
ただ私はひろさんのことを思い、施術に専念させていただきました。
すると、彼曰く、「随分と楽になった」とのこと。
嬉しいですね。

こんな展開を経ているうちに、
「【もりのいえ】の出店形態がこれからは変わるかも。」と感じました。

今までのお菓子&自然良品販売、そしてその時々に合わせた軽食販売に、
私の整体コーナーができるかもね。
例えば「お菓子&雑穀丼&整体」ショップなんて、
相当風変わりな店構えになるね。

★★★
イベント終了後、速やかに帰宅しました。
実はこの日は、それからが私の出番タイムだったのです。

この夜、二組の宿泊を受けていました。
それぞれ、これからの人生設計に向けて、私とお話をしたいご様子でした。
そこで、それぞれに日中のイベント会場に来ていただき、
昼間はスタッフとして関わっていただき、
そのまま移動して、【もりのいえ】にて夜に話し込むことになっていました。

この「夜の部のトークセッション」は、
11月12・13日に予定している【まぁさん塾】に向けて、
私にとれば予行演習のような意味付けがありました。
私のどの引き出しを開けて、どのようにコミュニケートするか?
それを計る良い機会だったのです。

遅い夕食の後、自己紹介から始まり、
二次会からいよいよ本番の開始です。

その夜は2:30頃まで話し込みました。
途中からは皆さんからの質問に私が答えるというスタイルになりました。
それぞれの方がどのように受け止められたのか?
男性陣から得たアンケート結果を、許可を取って掲載させていただきます。

【やまちゃん】
今回、もりのいえに寄せていただいて、
まずは、生でまぁさんのお話を聞いたことが何より良かった。
現在に到るまでの経緯や、もりのいえの様子等を詳しく聞かせていただき、
今後、自分が求めていきたい暮らしを作り上げていく上で、
大変参考になりました。
“やりたい”ではなく、“します”ということを心掛けること、
お金に対する捉え方等、印象に残ったお話は数多かったですが、
自分なりに消化して、自分らしい考え方で里山暮らしを実現します。
私の様に、自分の思いや意見をうまく表現できず、
話をうまく切り出せない方もいると思いますので、
【まぁさん塾】ではそういう方もいる様でしたら、うまく導いてあげて下さい。
まぁさんのニコニコ笑顔で。


【M.Sさん】
・ご夫妻の実体験話を伺えたことで、元気、勇気を頂きました。
・これからの生活に対してビジョンを明確にして、即実行します。
 2年計画の大切さ、
 既存の仕事からのスライディング期間を設けておられることは、
 私自身も同じ考えでしたので安心しました。
・お金に対する価値観の変化は、自身の考え方の巾を広げることになりました。
・今の生活に執着されないことについて、
 次のステップを歩まれているように感じました。
色々と書きましたが、私達のこれからの人生において、
今回のご縁がターニングポイントになりました。
自然体でありのまま受け入れて下さる、森本ファミリーの皆様に、
心からありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願い致します。

やまちゃん、M.Sさん、ありがとうございます。
そしてそれぞれのパートナーさんもありがとうございました!
この機会をいただけたことは、私自身にとっても大きな学びとなりました。

★★★
今回のトークセッションのような内容も含めて、
【まぁさん塾】では、参加される方々一人一人の将来ビジョンを、
実際にその場で作り上げていただくつもりでいます。

とても貴重な、そして意義のある場になることは間違いありませんので、
ご参加をお勧めします。共に人生を拓きましょう!
人数が多くないようならば、参加者に整体もしようかな。

■■■【まぁさん塾】■■■
日時:11月12(土)11:00~13(日)14:00  
会場:もりのいえ
テーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食付)


★★★
朝がきました!
日曜日は、今度はかみさんが主役のイベントです。

「お料理教室」とは呼ばず、何故「ワークショップ」としたのか?
それは、私達は料理を単独のものとは捉えず、
私達の暮らしについての考え方や、
実際にしている暮らしぶりに基づいて行なっているものと
位置づけているからです。

だから、単にレシピを紹介して、
レシピ通りに調理して見せるという場ではありません。
かみさんが日々の暮らしについて何をどう考えているのか、
その姿勢が料理にどうつながっているのか?
それらを伝えるために、お話をする時間をしっかりと取りました。
4お料理ワークショッフ#12442;お話

その上で、実際にお料理実習に入ります。
初めてのことなので、時間配分には苦労した様子ですが、
落ち着いてうまくやりこなしているように私には見えました。
5お料理ワークショッフ#12442;実習

これが今回の料理です。
6お料理ワークショッフ#12442;1
7お料理ワークショッフ#12442;2
8お料理ワークショッフ#12442;3
9お料理ワークショッフ#12442;4
10お料理ワークショッフ#12442;5

こちらもアンケート結果の一部を掲載します。

【T.Iさん】
理恵さんがお塩をふる手の動きが美しいと思いました。
今まで何度かお料理教室に参加しましたが、今回が一番リラックスしながら、
参加者の皆さんとお話できて、色々と情報を得ることが出来て良かったです。
いただいたお料理もみな美味しく、トマトソースが特に美味しかったです。
少しずつ我が家も菜食へとシフトチェンジできたらと思います。

【M.Wさん】
最近、放射能のことで魚介類もあまり食べる気がせず、
もとから私が料理する時はお肉を使わないのもあり、
色々と放射能の心配の上に、料理もワンパターンになったりで、
なんとなく何を料理して食べたいのかもやもやしていたのが、
今回参加して、もっと自分の感覚でそれを信じて料理をすればいいんだなぁ、
料理はやっぱり楽しいなぁと、なんかすっきりした気がします。
あと、母になって以来、“自分の為にどこかに行く”ということがほとんどなく、
“子どものため、家族のため”ということばかりだったので、
久しぶりに自分の為に出かけて楽しめて、なんかとっても嬉しかったです!

【サミーさん】
みんなで一緒に料理をすることで、
料理のエッセンス、ちょっとした気づきがたくさんあり、学びになりました。
形式にはまらず、「こういうやり方もあるし、あーいうやり方もあるけれど、
でも私はこうやる。」という、
りえさんの生き方そのものがすごく出ていた料理教室でした。
料理をすることはもともと大好きだけど、
もっともっと楽しくなりそうです。

★★★
ありがとうございます。
この企画、これからも続くといいね。

今回のお料理ワークショップで、当初の想定を越えたのが、子どもの数でした。
うちの子どもたちも含めて、確か17名いたと思います。

それだけの子どもが同じ家の中にいながら、
しかも主に託児をしたのは数名の大人の男どもだけで、
よくぞワークショップを無事終えられたものだと思いますが、
その最大の理由は、子どもたちがすぐに仲良くなったことです。

何よりも感心したのは、リーダーがいたことです。
年長の子どもが全体を仕切り、見事に統制が取られていました。
ほとんどが初対面なのにね。

そのおかげで、ワークショップ中に
「おかあさ~ん!」と近寄る子どもはほとんどおらず、
食事の際も子どもたちだけで一つのテーブルを占め、
それでいても何トラブルも起きなかったという、
託児よりも素晴らしい世界ができていました。
11子と#12441;もたちた#12441;けて#12441;1テーフ#12441;ル

かつて、一つの集落で暮らす子どもたちって、
こういう世界観を持っていたのだろうなと、
私は目を細めて眺めていました。

この光景に遭遇できたことが、実は大きな収穫でした。
来年以降の親子合宿に活かせそうです。

★★★
この日、私にとってもう一つの大きな出来事がありました。

お料理ワークショップに参加された方のお一人に、
整体施術の練習をする機会をいただいたのです。
(これからは「整体施術練習」と呼ぶことにします。)

その練習相手の方との時間を経て、
私は幾つかの「ある手応え」を掴みました。

その「ある手応え」を公表するのは時期尚早だと思います。
もう少し練習相手を見つけて経験を積んで、
「ある手応え」が、「ある確信」に変わった時に書きます。

ただ一つ言えることは、練習相手の方が泣く程に感動してくれたことです。
大きかった身体のずれも、かなり整っていました。
そして私は、私の整体師スタイルをイメージできるようになってきました。
わずか二ヶ月でそんなイメージができるとは想像していなかったので、
とても嬉しいです。

でも、何度も繰り返しますが、私の今のレベルなんて、
本当にヒヨッコですので、それは重々自覚しています。
この先、私の練習相手になって下さる方も、その点はどうかご理解ください。

★★★
先日、東京ベジフードフェスタに出店した時、
数名の方から「また東京に来てください!」と声を掛けていただきました。
その際、私は【もりのいえツアー】ができたらいいなと直感したものですが、
ここにきて、一気にその可能性が出てきました。

というのも、これまでの【もりのいえ】の、外での活動は、
「イベント出店」に限られてきました。
これだと、商品の仕込みや賞味期限の関係で、1~2日しか動きができません。
でも、ここ最近の展開から、次のような可能性も見えてきました。

・かみさんのお料理ワークショップ
・私の整体施術
・【まぁさん塾】

これだと、イベント出店に加えて、より長くその地に滞在することができます。
もちろん、東京に限らず、どこでも出張ることができます。

このように、【もりのいえ】にとって新たな展開の糸口が見えてきた、
ありがたい週末でした。
出逢えた全ての方々に感謝します。

★★★

最終告知です!
★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月9(金)~10(土)(日程は決定!) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんによるコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
先日の東京ベジフードフェスタの後、
とても温かいメールをいただきました。
一部をご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・
もりのいえ一同さま
おはようございます。
東京ベジフェアではお世話になりました。

10時スタートと同時に伺った(笑)者です。
昨年からこのイベントには参加していますがとっても楽しく
今年も楽しみにしていました。

その中でも事前チェックの中で一番期待していたのが
「もりのいえ」さんでした!!
パンフレットに丸をつけ、間違わないようリストに名前も書いていきました。

スコーンパンも、クッキーも、マフィンも、ザ☆スコーンも、
本当に本当に期待以上のものでした!!
優しい甘みと本当に滋味深い味でまた食べたくなるのです。

(中略)

岐阜の地。。東京では通販だけ。
また東京へきていただけませんか?
もしくはガイアさんなどに卸していただくことはできないものでしょうか?
もうとりこになってしまい、早く食べたいのです。
どうぞよろしくご検討下さい!!

ではどうぞみなさまいつも笑顔でいらしてくださいね!!
早くおあいできますように・・・・。
・・・・・・・・・・

嬉しいですね。励みになります。
本当にありがとうございます。

そして、今度の土曜日が近づいてきました!

■10月29(土)10:00~16:00 
岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に、
【もりのいえ】が出店します!

84034c96-s.jpg

62dcf9dc-s.jpg

そんなに沢山作っていないから、お早めにお越し下さいね。
売り切れ次第、閉めさせていただきますので、どうかご理解ください。

そして、「スタッフ募集中!」
現地集合&解散できる方、是非名乗り挙げてください!
あと、1~2名、ご連絡をお待ちしています。
一緒に楽しみましょう!

他のお店の情報などは、こちらをご覧ください。



★★★
★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
おかげさまで定員となりました。ありがとうございます。

最終告知です!
★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月9(金)~10(土)(日程は決定!) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんによるコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
昨日は美乃坂本でのアフリカンダンス「ママサブ」の日でした。
幼い子を持つお母さんや、妊婦の方々に、
思いっきり身体を動かしてもらおう!という、
たけちゃんの思いが、今やあちらこちらに広がっています。

うちのかみさんは、「今一番楽しいことは、アフリカンダンス!」
と言い切っていて、かなり入れ込んでいます。

今週土曜日のイベント「オレラクダ」への出店があるので、
それに向けてのお菓子作りに精を出しながら、
そして日曜日の自分が主催の「お料理ワークショップ」への準備もしながら、
「アフリカンダンス行くぞ~!」と、もりのいえ一座で行ってきました。

今回は今まで以上に母子が揃い、
子どもだけで15人くらいいたんじゃないかな。
やはり人数がいると、アフリカンダンスは盛り上がります。

まずは、いつもの絵本の読み聞かせから。
『アフリカの音』という、素敵な絵本です。
今回はうちのかみさんが読みました。
本を持っているのは、「つながる命 福島」でサポートしてくれた、みどりちゃん。
いつも笑顔がとっても素敵な方です。
1絵本の読み聞かせする理恵

そしてこの絵本の読み聞かせが何と言っても素敵なのは、
バックでたけちゃんたちがアフリカンドラムを叩いてくれることです。
そのことで、実際に自分がアフリカの地に立っているかのような気分になります。

絵本の後、いつもの通りに、集まったみんなで「ぎゅーっ」とハグし合い、
いつもの通りにストレッチに入ったのですが、
その後はいつもと少し異なりました。

たけちゃんが、アフリカの部族の勇ましい踊りをいきなり始めたのです。
そしてそれに「みんな、ついてきなさい!」という仕草。
わずかな指導だけで、いきなり歩き出した部族たち。
みんな微妙に動きがずれているけれど、楽しそうな雰囲気が伝わるでしょ?
2勇ましい踊り

この後は、いつもの通りに「今日のダンス」の指導が始まりました。
子どもと一緒に、あるいは子どもを背負って、交代で太鼓も叩きます。
始終和やかな空気が流れます。
3ト#12441;ラムを叩く母子

私がたけちゃんのアフリカンダンスが好きなのは、
太鼓とダンスの相乗効果で、みんなの心が開くからです。
今日も最後はみんなニコニコで踊り終えました。

そうなれるのは、何と言っても、たけちゃんの魅力によります。
今回お連れした三人のスタッフさん達も、すっかり彼の魅力にはまりました。
こういうのって、ホント凄いなぁと感心します。
4踊りの先頭を行くたけちゃん


「つながる命 福島」の時も、
前半にたけちゃんたちの時間を組んだのが大正解でした。
身も心も開いた、福島からの母子と私たちは、
その後とっても気軽に話し合える仲になりました。
感極まって泣き出す人もいました。

世の中の人たちは、もっとたけちゃんのアフリカンダンスをすればいいのに。
そしたら世の中はきっとずっと素晴らしくなる!
そう確信した一日でした。

たけちゃん、これからもよろしくね。
そして、来年からは是非加子母で定期的にやろう!


★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
*おかげさまで定員となりました。ありがとうございました!

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
先日、整体師養成コースで初めて希望の光を見ました。

その翌日、かみさんが「首が痛い」と言うので、
これまでに学んだことを一通りやれたら良かったのですが、
FUKUがいるので、まとまった時間は取れないとのこと。

そこで、先日学んだばかりの「活元操法」のみをやってみました。
その結果、かみさんは「上半身が軽くなった。」と喜んでくれましたが、
私としては十分にやり切れた気がしていなかったので、
これはまだ「施術した」といううちには入りません。

★★★
ところで、昨日に一人、のりちゃんと呼ぶスタッフさんがやって来られ、
今日はけんたろう君(呼び名は「パパラ」)と、
まゆちゃんと呼ぶスタッフさんも到着しました。

その三人にオリエンテーションをしていた時に、
私が整体師養成コースを受けている話題になり、
「もし希望するならば、夕食後にやってみようか?」という展開になりました。

ただ私たちには三人の子どもがいるので、
なかなか予定通りに物事は進みません。
だから「もし、うまく時間が取れたらね。」という程度にしておいて、
あまりガッツリとは約束しないでおきました。

ところが昨夜は思いの他、うまく子どもたちが母と一緒に先に寝てくれ、
その場にいたパパラとまゆちゃんに、
検査と施術のフルコースをすることになりました。

この二人は、てんつくマンの企画を何回も主催するなど、
とてもアクティブな、そしてとても礼儀正しい若者です。
今回も北海道からフェリーで舞鶴に着き、
【もりのいえ】までひた走ってきてくれました。
こういう素敵な人たちと出逢える時、
【もりのいえ】を運営していて本当に良かったと感じます。

★★★
さて、最初にそれぞれの体の様子を検査しました。
パパラはかなり体がずれていました。
まゆちゃんは個々の数値上はさほどずれていませんでしたが、
全体を眺めた時に、体が波のようにたわんでいるのが見て取れます。

一連の検査の後、私が進めたのは、
「指ゆらし運動」と「活元操法」です。

前者の「指ゆらし運動」は、私のイメージでは、
まるで楽器のチューニングのようなものです。
だからこのチューニングがうまくできれば、
それだけで体は整うことになります。

実際に「指ゆらし運動」をしただけで、
自分の、そしてお互いの体の様子が変わったことに気づいた二人は、
驚いた様子でした。

★★★
さて、うまくチューニングできたところで、
いよいよ「活元操法」を始めさせていただくことになりました。
これは言わば「チューニングされた楽器を奏でる」といったイメージです。

ここでお断りしておきますが、
私が受けている整体師養成コースは全11ヶ月あり、
今はまだ2ヶ月しか経っていません。

ですから私の今のレベル、特に知識と経験はとても少なく、
本当にまだまだヒヨッコです。

よく美容師修行中の人が、友人や通りすがりの人に頼んで、
カットの練習をしたりするじゃないですか。
今の私はそんな段階です。

そんな私の施術訓練を受けてくれたお二人、ありがとう!
心を込めてさせていただきました。


★★★
まず、パパラにうつぶせに寝てもらい、その脇で始めます。
詳しい方法をここで伝える訳にはいきませんが、
私がしていたのは、「治そう」とするのではなく、
ただ、パパラを愛おしみ、慈しみ、
手が向かうに任せて体を動かしていただけです。

やがて施術が終わりました。パパラはふわ~としています。
そこで彼には「しばらく楽な姿勢でじっとしていていいからね。」と伝え、
そのまま続けてまゆちゃんへの施術を開始しました。

やがて、まゆちゃんへの施術を始めてすぐに、
パパラのイビキが聞こえてきました。
何はともあれ、気分が良さそうなのが伝わってきて、嬉しいことです。

さて、まゆちゃんへの施術は、
パパラへのものとはかなり異なるスタイルとなりました。

最初は彼女の腰骨のゆがんだ回転を
戻そうとするような手の動きだったのですが、
次第に両手が彼女の手から離れ、
身体の上空30cmほどを撫でるような動きに変わりました。

この時に、とても具体的なビジョンが浮かびました。
それは「繭(まゆ)」だったのです!

まるでまゆちゃんが大きなカプセルに入っているかのような図で、
その繭のカプセルは白く、とてもふわふわしていて、
触れるととても気持ちが良いです。

私はひとしきり、彼女を包む大きなカプセルを愛おしみながら撫でていました。
そして私自身の状態が元に戻ろうとした時にようやく口が開き、
まゆちゃんに小さな声で語りかけていました。

「まゆちゃん、聞こえるかい?
まゆちゃんは、『繭(まゆ)』だったんだね?

まゆちゃんは眠っているのか、返事をしませんでした。

★★★
やがて施術が終わりました。
パパラもまゆちゃんも寝たままの姿勢からピクリともしません。
「二人とも寝入ったか? ならばしばし待つか。」

やがて、まずはパパラが目を覚まし、身体を起こしました。
とてもスッキリした様子です。
意識がはっきり戻るまで待って、改めて身体の検査をしました。
いわゆる「ビフォー」と「アフター」を比較するためです。

すると、驚くなかれ!全てのデータが改善されていました。
パパラはデータを見るまでもなく、大きく変わった自分を自覚していました。
ビフォーでは首が左に動かなかったのが、易々と動くようになったので、
とても喜んでくれました。

続いて、まゆちゃんが目を覚ましました。
同じく、しばし時間をおいて、検査をしました。
すると、若干ずれがあった数値は全て改善され、
左右上下のバランスが全て整っていました。
この二人の変化には私も驚きました。

★★★
そして、まゆちゃんに「繭」の話をしました。
「まゆちゃんは、大きな白いふわふわした繭に包まれていたよ。」

すると、まゆちゃんはとても嬉しそうな顔をして、こう答えました。
「実は、以前ある『見える人』からも同じお話をいただいたのです。
『貴女の名前の漢字は、実は繭ではないのか?』って。
その人も、私が繭に包まれているっておっしゃっていました!」

同じように見えた(感じた)人が他にいたんだと、
素直に嬉しくなりました。

そしてその時、同時に浮かんだ感覚を、まゆちゃんに伝えました。
「まゆちゃん、貴女はこれから好転反応が出るよ。」

するとまゆちゃんもすかさず、「ハイ!出ると思います!
というか、もう出始めました。」と、答えてくれました。
ご自身の様子をよく分かっている人です。

「実は私、かつてレイキをしていたことがあるんです。
その当時はよく身体に電気が走るのを感じたものなのですが、
最近はそういう感覚が無くなっていたんです。
でも、まぁさんからしてもらっている間、その感覚が甦ってきました!」

嬉しいです。
二人の輝きが増してきたのを目の当たりにできたことと、
その場に居合わせていただけたことが、本当に嬉しいです。

「俺たちのジャパンツアー」と名うって、全国の旅を続ける二人。
そんな二人が今、このタイミングで【もりのいえ】にやってきてくれたことは、
大きな意味があるのでしょう。

ともあれ、実質的に私の施術訓練第一号となられた、パパラとまゆちゃん。
よくぞこの素晴らしいご縁をつないでくれました。
ありがとう!
ハ#12442;ハ#12442;ラとまゆちゃん

***お願い***
この先、私の施術訓練のお相手を希望される方は、
どうか前もってご連絡をいただきますようお願いします。
私は普段から何かといろいろやっていますので、
急なお申し出は、なかなか受けとめづらい時があります。
お互いの都合がつくタイミングで、気持ちよく、
そして楽しく施術訓練を受けていただきたいです。
(今の私のレベルだと、お一人、小1時間ほどかかります。)
どうかその点をご理解いただきますよう、お願いします。



★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
*おかげさまで定員となりました。ありがとうございました!

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
私が自ビールを初めて作ったのが2004年夏ですので、
早いもので7年経ったわけです。
8年目に突入か。よく続いているなぁ。

自ビールの良いところは、「安い」「安全」そして「旨い!」ところにあります。
しかも「発酵文化に触れる」という意義もあります。
今では【もりのいえ】の自ビールを楽しみにして来てくれる人も増え、
嬉しい限りです。
1自ヒ#12441;ール黒


今日は、私の自ビールづくりの歴史上、初の試みをしました。
これまではキャンピング用のタンクを使うなど、
身の回りの道具を使っていたのですが、
今回は業者が扱う「ビールづくりキット」で作ることにしたのです。

というのも、いよいよ【もりのいえ】で、
「ビールの素」とこのキットを販売することにしたからです。
販売するからには、自分で使ってみなきゃ説明できんよね?
2今回の新キット

で、このキット、何やら訳の分からんものがいろいろ付いています。
3よく分からん部品たち

ともかく、今回作るビールはこれ!
ほぼ黒ビールと言って良いでしょうね。
左にいるのは、酵母ちゃん、まだ袋に入ってお眠り中です。
4今回の仕込みヒ#12441;ール缶

缶を開けると、蜜? いえ、こいつが「ビールの素」の正体です。
舐めると最初は甘いが、次第に苦くなるという、不思議な味わいです。
5缶を開けると

まずは「予備発酵」から開始!
一旦沸かしたお湯を40℃まで冷まして、砂糖を小スプーン一杯溶かします。
この砂糖が、酵母ちゃんの朝ご飯です。
そして酵母ちゃんを入れて、「朝だよ~!」
6予備発酵開始

数分も経つと、酵母ちゃんが元気に目覚めました。
「酵母ちゃん、おはよう!」
7数分て#12441;お目覚め

一方、大きめの鍋で数リットルのお湯を沸かし、
砂糖を加え、缶の中身を出します。
ドロドロしていて、これからの季節は出すのに時間がかかります。
8缶から移す

それをしばし溶き、ほぼ沸騰するまでにして、
先に15リットルほどの水を入れておいた発酵容器に移します。
これで、酵母ちゃんたちが大成長する適温になります。
9容器に移す

ここに先ほどの「目覚めた酵母ちゃん」を入れます。
さぁ、大海で大きく育て!
10予備発酵分を加える

今回のキットで、いまだによく分からないのがこれです。
「オリよけチップ」と、とっても簡単な説明書に書いてありますが、
何の目的のものなのかが書かれていないのが、とても不思議です。
11オリよけチッフ#12442;?

本当にこういう設置で良いのか?
ともかくも20リットル分の仕込みができました。
500ml瓶で約40本できる勘定です。
12これて#12441;よいのか?

加子母の朝晩は結構冷えるので、
ペット用のカーペットの上に発酵容器を置き、
毛布の服もかけてあげて保温します。
ベストは28℃らしいですが、そのあたりはテキトーです。
13マットと毛布て#12441;くるむ

この状態で1週間置きます。
そしてこれらをボトリングして、2週間置くと、
自ビールの完成!と言う訳です。

このキットで無事満足できるビールができる目処がついたら、
いよいよ「ビールの素」と「手づくりキット」の販売開始です。
そして、また自ビールづくりワークショップをやろうかな。
いろいろ、あれこれ、企画が進行中です。

*自ビールは自分で楽しむものです。
 完成したビールは販売用ではありませんので、
 その点は誤解のないように!


★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
*おかげさまで定員となりました。ありがとうございました!

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日は丸一日、整体師養成コースに参加しました。
今年9月から来年7月までの長丁場で、
整体師・けんちゃんの弟子となるべく修養をするこのコース。
とても中身が深く、毎回多くの気づきがあります。
1整体師養成コース風景

★★★
ところで、私は前回のコースの日から不調になっていました。
最初は喉が痛くなり、その後は鼻水と痰が止まりません。
この傾向は「つながる命 福島」の間中も、
そして東京ベジフードフェスタや
ディズニーランドに行っている間も変わりませんでした。

通常ならば、「体調を崩した!」と顔をしかめるところですが、
今回の私は落ち着いて過ごせました。

それは、けんちゃんが事前に、
「この時期にデトックスが起こるのは正常です。
むしろこの時期に出ておかないと、冬を迎えた時にきついですよ。」
と聞かされていたことがあります。
前もってこうして聞かされていると、おたおたしないものです。

★★★
それともう一つ、事前に大きな学びがありました。
それは、8月に「神の島」久高島に行った時のことです。

その地で私は幾つかの貴重な体験をしたのですが、
その一つに、ある人物に出会えたことがあります。
その方をNさんとお呼びします。

Nさんは神と会話できる人でした。
久高島では珍しいことではないそうです。
そのNさんと数日過ごせたことが、私の人生の大きな転機となりました。

ある日、Nさんはこうおっしゃっいました。
「私は最近、神の声をあまり聞かなくなりました。」
私「エッ?聞こえなくなったのですか?」
「いいえ。以前は、神は私にいろいろ話してくれたものですが、
最近は私に質問をしてくることが増えたのです。」

私「神からの質問ですか???」
「そうなのです。その質問に対して、
私が頭で考えて、もっともらしい答えをすると、
そういう時は大抵、神はこう返答します。『それで良い。』と。」
私「はい・・・」

Nさん「そういった返事をされた時、
私は『これはどうも違うぞ。』と感じる訳です。
そこでもう一度自分の魂に自問して、
感じたまま出たものを自分の言語に置き換えて、改めて神に答えます。
すると神は何と返事すると思いますか?」
私「???」

Nさん「神はこう答えるのです。『それはとても良い!』と。」

このお話を伺った時、
私は雷に打たれたかのようなインパクトを受けました。

そうだったのか!
世の中は、「良い/悪い」ではなく、
「良い」と「とても良い」でできているのか!

この学びは、今や私の生きる姿勢の、大きな柱の一つになっています。

★★★
上の二つのおかげで、私はこの二週間、確かに不調でしたが、
気持ちはしっかりと維持できていました。

また、不調な状況を受け入れるように努めました。
つまり、「不調と友達になる」のです。

これもまた、Nさんからの学びでした。
ある種、整体師のようなこともされているNさんから、
次のようなアドバイスを得ていたからです。

「目の前の人の、具合が悪いと見えるようなものと、
その人の体の周りに醸し出すものも含めて、友達になるのです。
そうすると、やがてそれらはその人から離れていきます。」

ただし、これは頭では理解できても、
「ではどうしたらいいの?」とフリーズした私でしたが。

★★★
今日のコースに戻ります。
実はけんちゃんの10人の弟子全員が、前回から調子を崩していました。
熱を出して寝込んでいた人、体が猛烈に痛くなった人、症状はまちまちです。
これはけんちゃん曰く、「とても良い傾向」だとのこと。

そして今日も一日、素晴らしい講習でありました。
具体的には書けませんが、本当に毎回素晴らしい!

それでも実は私は、ある「ひっかかり」を感じ始めていました。
具体的な検査や施術の話になった時に、
なかなかついていけない私がいるのです。

何といっても専門用語をなかなか覚えることができません。
「腸骨稜」「P.S.I.S」「仙腸関節」・・・
ちょっと頭がクラクラしてきます。
2骨格君

何とか落ちこぼれないようにと願っていますが、
それには検査と施術の経験を沢山しないとね。
その点、お恥ずかしい限りの私です。
でも、どんな言い訳もできません。

そんな私でしたが、今日の最後の「活元操法」の実習の際に、
ようやくあるきっかけを得ました。

この時、私は私より年配の女性とペアを組んで、
その操法(施術)を初めてしたのですが、
その時に余計なことは何も考えずにすることができました。

その女性は私以上に体調を崩されていました。
「本当は今日は休もうと考えていたのだけれど・・・」という状態で、
やっとの思いで来られたその方と接した時、
私はただただ「愛おしい」と感じました。

そして教えられた施術をする前に、
自然と自分のスタンス(姿勢)が決まりました。

「この方の悪い部分を取り除いて、良くなってもらいたい。」
とは考えませんでした。
ただただ、私は「この方を取り巻く全ての状態が愛おしい。」
と感じ、その姿勢のまま施術に入りました。

施術終了後、あちらこちらのペアで歓声が上がっていました。
どのペアからも、格段の効果が見えたことに驚きの声が上がっていました。

私たちのペアは動きがありませんでした。
私のパートナーさんは、ただじっと寝そべっていました。
眠っているのかいないのか。瞑想状態にあるようにも見えました。

やがて彼女が体を起こした時、明らかに目の輝きが変わっていました。
「良かった。」心からそう安堵しました。
愛しい人を思い、「悪いものを除こう」とか、
「良くなってもらいたい」とも考えずに、
ただ一心に愛おしみ続けたことの結果を目の当たりにしました。

この時、私は今回のコースに参加して初めて、
「この先の私の姿」が見えました。

私はまだまだ未熟です。
自分の力を引き出せていないし、分かっていないし、
コントロールできていないことは自覚しています。
でも、初めて、私の前に「道」が見えたのです。

★★★
やがて今日の講習が終わり、けんちゃんや仲間達と分かれて、
帰路につきました。

車中、今日の出来事を振り返っているうちに、
またしてもNさんの会話がよみがえってきました。

「まぁさん。神との会話は実は簡単なのですよ。」
Nさんはそう言いながら、一本の樹に近づきました。

「例えばこの樹の、この葉っぱをご覧なさい。
この葉と同じになれたら、その瞬間に神の声が聞こえてくるのです。」

続けてこうもおっしゃいました。
「一度そうしてつながれるとね、
至福が湧き水のようにこんこんと湧いてきます。
それには終わりがありません。
いつまでも、いつまでも湧いてくるものなのです。」

このお話を聞いた時は、私はただただ羨ましく感じただけでした。
でも今日、この話を思い出した時、
急にある感情が腹の底からわき上がってきました。

私は車中で、大声で叫びました。何度も。
すると涙がこんこんと湧いてきました。
夜の道をひた走りながら、私は泣いていました。

ああ、何と素晴らしいことだろう!
何とシンプルなことなんだろう!

目の前の人を、ものを、出来事を、ただ愛おしむ。
それで良かったんだ。

そして私は、ただその場に在るのみ。

「こうしよう」とか「ああならないように」だとか考える必要は無い。
「私が良くする」とか「治す」などと考えることもない。
もちろん、「早く」と急くこともなく、焦ることもない。
自分が他人よりも先んじてとか、「上に」などと目指すこともない。
もしこのように感じたとしても、それを否定したり排除することもない。

ただ在って、愛おしむ

それでいいんだ。

そう気づいた時、無性に家族と逢いたくなりました。
電話すると、「U太がお待ちかねよ!」とかみさんの声。

果たして帰宅すると、玄関でU太とKAN太が飛び込んできました。
大きく手を広げて!
ひしと抱きとめ、一度引き離すと、「もう一回!」とせがみます。

ありがとう。ありがとう。
私は本当に幸せ者です。

同時に、Nさんだけでなく、
多くの示唆を与え、導いてくださった方々の幾つもの顔が浮かびました。
本当に、本当に、ありがとうございます。

そして、これから【もりのいえ】を訪問される方へ。
私の施術の相手をしてもらう場面が増えると思いますので、
どうかご覚悟くださいね!


★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
*おかげさまで定員となりました。ありがとうございました!

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!


★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
2011.10.22 大掃除の日
「今日は子どもたちのおもちゃを片付けるぞ!」
私のひと言で一日が始まりました。

私は基本的には片付け好きで、
マンガ『ぼのぼの』の「しまっちゃうおじさん」にとても共感するタイプです。

ビジネスマンだった頃は、仕事中は資料をおっぴろげるけれど、
帰る時には机の上には電話しかないというスタイルでした。

でも、結婚して子どもが生まれてからは、
日々の「ものの広がり」には目をつぶることが増えました。
敢えて書くと、「見て見ぬ振り」をしている私です。

たとえ目の前に、
おもちゃや家の雑貨や衣類がドヒャーと広げられていても、
随分と心を平静に保てるようになりました。
子どもが増える度に鍛えられています。

そんな私ですが、たまには一発奮起して、
「よーし、片付けようか!」モードが入る時があります。
今日はそんな日でした。

☆★☆
私が子どもたちと片付けをする時には、
ある暗黙のパターンがあります。

まず、私が声を掛けます。
「U太、自分のおもちゃを片付けようか?」
それですぐに片付けてくれる時もあり、それならそれでよし。

でも彼が動き出さない時には、続けてこのように言います。
「だったらお父さんが片付けてもいいかな?」

この声を聞くと、U太はやおら片付けモードに入ります。
それは何故か?

お父さんの「片付ける」とは、
ほぼ「捨てる」に近いことを知っているからです。
だから慌てて自分の宝物をキープし始めるという訳です。

私も鬼ではありませんので、U太の様子を眺めつつ、
一緒に作業をします。
今日もそんなパターンで始まりました。

ただし今日がいつもと違ったのは、
U太がかなり自発的モードになっていたことです。

朝から自分の雑巾を自作したというのもあるのでしょうね。
(自分で針と糸を使って縫ったのですよ!)

頼みもしないのに、バケツに水を入れてきて、
やおらいろいろ拭き始めました。
その姿を見て、「KAN太もやる~!」と言い出した弟。
下半身丸出しで、ほほえましい姿です。
1大掃除する二人1

かくして、父子三人で、えっさほっさと大掃除が始まりました。
2大掃除する二人2

☆★☆
子どもとの片付けパターンについては上に書いた通りですが、
そもそも私が片付け&掃除をする時のパターンがあります。
それは次の通りです。

①まず、掃除をしようとする場所にあるものを全てどかせて掃除する。
②すっからかんに空いたスペースをしばし眺める。
③どかせたものたちをしばし眺める。
④どかせたものたちのうち、「本当にその場所に必要なもの」と、
 「捨てても良いもの」を選ぶ。
*この時に、「捨てても良いもの」をどれくらい選べるかがポイント。
⑤「本当にその場所に必要なもの」を戻しつつ、新たな収納方法を考える。
⑥残ったものは、他の場所に移すか、
 仕方なしに元の場所に「とりあえず置く」。←これがのちのち溜まる。

今回もこのパターンで臨みました。
U太は私の勝手を知っているので、対応も慣れたものです。
鼻歌を歌いながら、どんどん片付けていきます。

これは上の③の段階の図です。
「いったいどれだけのものがあったのやら!」という図ですが、
「日々是好日」でもあるのです。
3これた#12441;けのものを片付ける

そしてついに片付きました~!
毎度ながら、ビフォーの写真を撮っておくと面白かったかも。
4ついに片付いた!

本当によく頑張ったU太には、
大好きで欲しかったディズニーDVD『カーズ』をプレゼント!

最初からそういったご褒美を示してはおらず、
ただ自らのやる気で掃除をしたU太でしたが、
このプレゼントは相当はまった様子でした。
午後にはご機嫌で見入っておりました。

☆★☆
ところで、私は本当はこの午後の時間に、
今度は自分の部屋の片付けをするつもりだったのですが、
なんとなく『カーズ』を覗いたら結構面白くって、
結局子どもたちと並んで最後まで観てしまいました。

そんなこともあって、今は夜の10時を回っておるのですが、
私の部屋は上の③の段階で止まっております。
どうしよう・・・


★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
*あと2~3名で締め切ります!お申し込みはお早めに!

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日、久しぶりに、お醤油の天地返しをしました。

今年の2月から【もりのいえ お醤油倶楽部】を結成し、
諸味(もろみ)樽を仕込んできました。
【もりのいえ】で管理してきたのは2樽です。
これで一升瓶60本強のお醤油が取れるはず。

諸味を仕込み始めた頃は、
しょっちゅう樽を覗いてはワクワクしたものですが、
春を過ぎてからは【もりのいえ】のイベントが目白押しになったり、
農作業も増えてきたりして、マメに覗くことをしませんでした。

そして梅雨時のある日、片方の樽を見てビックリ!
上面にカビがびっしり広がっていました。
師匠の「搾り師」ときさんに相談して、
まずはカビの部分を取り除きました。

しばらくの間は、その取り除いた諸味を別鍋で管理。
そして残った諸味を観察し、再びカビが現れたら、
その部分を底に沈める作業を続けました。

次第にカビは収まり、夏の間はさほど増えずに熟成が進みました。
そして今日、久々の天地返しの日を迎えたという訳です。

この春に自作した簡易ビニールハウスに収まる、お醤油樽。
嵐の日も屋外で管理されてきました。
1簡易温室て#12441;熟す諸味

一つ目の樽のシーツを取ります。
うん、うまく熟成している。
上部はまるで味噌のようです。
2上部はまるて#12441;味噌

もう一つの、以前カビが大発生した方を見ると、
ほんのわずかですがカビが出ています。
でもこんな状態なんて、梅雨時に比べたら大したことはありません。
それなりに経験して、それなりに度胸が据わってきました。
3もう一つの樽には少しカヒ#12441;

実は、一度取り除いた「カビたっぷりの諸味」を、
夏頃に元の樽に戻していました。
それでもこの程度の発生だから、良しとしましょう。

今回の天地返しをしてくれたのは、
加子母に暮らす【もりのいえ お醤油倶楽部】のメンバー二人です。
いつもこの作業をワクワクしながら、おしゃべりしながらしてくれます。
4天地返す美女たち

この姿を見て、私は、
「樽に入ったブドウを踏んでワインづくりをする女性たち」
の光景がダブりました。
本来、ものづくりって、こんなに穏やかな、
そして豊かな心に満ちた空気でやるものですよね。

「天地返し」と呼ぶ作業は、樽の諸味を空の樽に移し替えす作業のことです。
最初は固かった諸味ですが、下部はしゃぶしゃぶでした。
もう既に「醤油の素」ができている感じ。
5下部は水っほ#12442;い

順々に樽に移して、天地返しは完了!
6無事天地返し完了!

綺麗な面です。
周りには香ばしい香りが漂い、ああ!旨そう!!
7既に旨そう!

樽の内側に残った「諸味のカス」を丁寧にすくいました。
これは作業をしてくれたお二人へのご褒美です。
8へつった諸味

これがまた美味いんだ!
ちょっとすくって舐めるだけで、誰もが顔をにんまりとさせます。
少しご飯に混ぜて小さなおにぎりを作ったら、美味い!

そこで私は思いつきました。
今、うちの畑で一番元気があって美味しいのが、ネギです。
これらのほとんどは、スーパーで買ったネギの、
根っこの側5cmほどを土に植えておいただけで、
毎年育ってくれているネギです。
9今はネキ#12441;か#12441;元気

そのネギの外側の葉だけを少しずつ取っていただくわけですが、
この方法で株を残していると、毎年育ってくれるのです。
うちの畑には、5年以上の古株もいます。
そのネギが、今の時期、美味いんですよ!

そいつをいただいてきて、刻んで、ごま油と諸味で合わせます。
10諸味とネキ#12441;とこ#12441;ま油

ネギ飯!
うんまい!
目の前の畑のネギと、諸味と、美味しいごま油
(このごま油は【もりのいえのお届け便】で販売中!→こちらへどうぞ)。
それだけで最高の昼飯でありました。
11諸味ネキ#12441;飯


★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
昨日、「片付けと掃除をする!」宣言をした私ですが、
まずは山のように届いていたメールを整理し始めました。
今日はこれに丸一日かけました。

そんな中、年末の空いていた週末スケジュールが、
ようやく決まってきたのでご案内します。

■10月29(土)10:00~16:00 
岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に、
【もりのいえ】出店決定!

行く人は参加無料だよ!
84034c96-s.jpg

62dcf9dc-s.jpg

当初、一泊二日で計画していたかみさんの料理教室が一日になったので、
「29日に何かないかな?」と探していたら、ありました!
とってもワクワクなイベント発見!
主催者さんのご案内はこちらを!
ちらしを見たい方は、こちらの方が見やすいかも。

この日が雨の場合は順延となっていますが、
もしそうなったら【もりのいえ】は日曜は出店しませんので、あしからず。
ともかく自分たちが楽しみに行くつもりでいます。

でもって、いつもながら「スタッフ募集!」
現地集合&解散できる方、是非名乗り挙げてください!
一緒に楽しみましょう!

■11月12(土)11:00~13(日)14:00  
【もりのいえ・まぁさん塾】

今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

「あーなりたい」
「こーしたい」
「今のままでは嫌!」
「でも不安・・・」
「パートナーの理解が・・・」

そんなあなた。あなた本来の姿と向き合い、
あなたが本当にしたかった夢を表に引っぱり出してみませんか?
夢はアルバムにしまい込むような代物ではありません。
まずは自分を見つめ、夢を掘り起こす作業から始めましょう。
その作業を始めた瞬間から、夢は叶い始めています。

この二日間で私ができることは、あなたの傍にいることです。
「たったそれだけ?」
そう。たったそれだけです。
あなたの傍にいて時を過ごし、会話し、一緒に作業します。

具体的に何をするのかはお楽しみ。
事前にいろいろアイテムを揃えておきますが、
実際には参加者が揃ったところで決めていきます。

もしご希望ならば、「秘密の滝壷」に行ってもいいよ。
そして滝に打たれるのも一つですね。
ですから、一応「水着もしくは褌持参」としておきましょう。
6つられて入った滝壺

そして温泉の後、夜は目一杯語り合いましょう。
もちろんアルコールOK!
今回、子連れはご遠慮願いますね。

私にとっても初の試みとなる、【まぁさん塾】。
ともかくも始めることにしました。

この第一回の時を共に過ごしてくれるのは誰かな?
参加者が一人でも実施します。
みっちりとお付き合いしましょう!

目指すのはたった一つ!
「まっすぐ夢へ!」
お申し込みは【もりのいえ】へ!
まっすく#12441;夢へ陶板


★★★
さぁ、そこで出そろったイベントを改めて並べてみましょう!

★10月29(土)10:00~16:00 岐阜・笠松みなと公園
新感覚フリーマーケット「オレラクダ」に出店!

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)

★11月3(木)~5(土) 【もりのいえ】
「老眼かすみ目改善合宿」改め「目の若返り合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

★11月6(日)10:00~15:00頃 可児市・橋本葬祭可児駅前ホール
チャリティ ヨガイベントに出店!

★11月12(土)11:00~13(日)14:00解散
【もりのいえ・まぁさん塾】
今回のテーマ:「夢を見えるようにする!」
参加費:15,000円(1泊4食)

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)10:30-15:30 岐阜市金公園
「tsunagari フェスティバル」に出店! 
詳しくはこちらをご覧下さい!

★11月下旬頃に新焼き菓子セットの発表予定!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
小嶋さちほさんとコンサート&瞑想会&ほか企画中!

★12月29(木)~30(金) 
【まぁさん塾】第2回(予定)
予定テーマ:「人生ビジョンを自作する」

★1月3(火)~5(木) 【もりのいえ】
視力回復「眼(がん)かけ合宿」!
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

お待ちしています!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

先日の東京ベジフードフェスタ出店のことを、
こんなにも素敵にご紹介してくださったブログと出逢いました。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

こうして初対面の方ともご縁がつながるのが、イベントの醍醐味です。
是非またお越し下さい。
そしていつか加子母にもお越しくださいね。



農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日は保育園の親子遠足の日でした。
この行事に合わせて、私たちは東京から帰宅したのでありました。

「パンづくり」「山の幸バイキング」「カレーバイキング」
この言葉に惹かれ、私もかみさんも同行を狙っていましたが、
ここはU太のご指名で私がチャンスをゲット!
結構ワクワクで臨みました。

向かった先は、隣村・東白川村の、「こもれびの里」です。
我が家から車で約20分の丘陵地に在ります。

集合した親子たち。
父親は私と、別にお一人のみです。
加子母では保育園も小学校も中学校も一つなので、加子母で暮らす以上、
子どもたちはもちろんのこと、親達もずっと一緒に成長します。
皆さん、どうぞよろしくお願いします。
1親子て#12441;ハ#12442;ン教室

さて、パンづくりが始まりました。
粉からこねていきます。
2粉からこねる

パンづくりは「紫芋のスコーンパン」で慣れているけれど、
さすがに商品づくりは子どもとはしていないので、
今回が初めての共同作業です。
父の膝に乗ってパンをコネコネするU太。
3父の膝の上て#12441;こねる

U太とよく一緒にピザを作っているので、
形を作るのは楽しい作業です。

でも今回はU太が最初は「恐竜を作る!」と言い、
途中から「やっぱり猫バスにする!」と修正し、
最後に「やっぱり新幹線がいい!」とか言い出したので、
一旦作業の手を止めて、
「お前が本当に作りたいものは何だ?」と会話しているうちに時が流れ、
結局、「恐竜風の猫バス」になりました。

周りの親子からは「あ!猫バスだ!」と言ってもらえたので、
まずはひと安心。
さてこれがどんな風に焼き上がりますか?
4猫ハ#12441;スハ#12442;ン?


★★★
そしてお楽しみのランチです。
私は結構これに期待していました。
最近の私は何故か「唐揚げ食べたいモード」に入っております。

加子母では「鈴鈴(りんりん)」と呼ぶ中華料理店があり、
ここの唐揚げが大きくて好きなので、
よく「鈴鈴の唐揚げを食べたい!」と駄々をこねては、
U太も一緒に真似をするものだから、
かみさんを困らせています。

さて、ここ東白川村は、美味しい鶏肉と豚肉を提供している土地なので、
「きっと唐揚げが出るに違いない!」と踏んでいた私。
そしてテーブルを覗くと、あった~!唐揚げ!
コロッケも、ハンバーグも、スパゲティもある!
思いっきり「子どもウケ」メニューであります。
5山の幸ハ#12441;イキンク#12441;

そしてカレーが三種!
ハヤシもあるでよ。(これが分かる人は同世代以上です。)
6カレーハ#12441;イキンク#12441;

ついに始まったランチタイム!
やおら私がカバンから取り出したのは、大辛ソース「ファイヤー!」!!!
この味を知っている何人かの友人母たちに瓶を回したところ、大受け!
(今日のイベントの後に、【もりのいえ】まで買いに来た母もいました。)
7ファイヤー持参

おかげでとても美味しく「ファイヤー!バイキング」を楽しみました。
デザートも三種出て、東白川村さん、頑張ってくれました。
ありがとうございます。

ランチの後は、私はのんびり子どもたちを眺めるつもりでいたのですが、
加子母保育園はそういうことはさせてくれないようです。
近くの丘陵地に移動して、軽トラから出てきたのは、
段ボールを連ねて作った滑り台!
8段ホ#12441;ール滑り台

よく滑るように、そして破れないように、
ガムテープを30個も使ったそうです。そこまでやるか?
でもそのおかげで、次々と子どもたちやお母さん達が滑っても、
最後まで壊れませんでした。
9滑り続ける親子

途中からはバラの段ボールや持ち込みソリで坂を下り始めた母子。
中には勢い余って下の柵に激突するような子どもたちもいましたが、
笑って過ごしているのが加子母保育園と母たちであります。

私はさすがにまだ足をかばって、
勢い余った母子たちを下で止める役に回っておりました。
時々、本当にヤバいシーンもあったけれど、
誰もそれで止めようとしない姿に感心しました。
(ホント、やばかったんだよ!)

この遊びを福島の母子と一緒にやりたかったな~。
今度やって来られたら、是非連れてこよう。
しっかりクッションを持参してね。
皆の弾ける笑顔が目に浮かびます。

こうして期待以上に楽しく過ごしたのはいいけれど、
沢山食べて、沢山遊んだU太は、
帰る頃に「お腹が痛い!」と言い出しました。

「ならば帰って寝よう!」と、そのまま帰宅し、眠らせました。
私も添い寝しながら、つい夕方まで寝入る始末。
東京で遊んで、加子母に戻っても遊んで、夕方まで寝て、
平日からよいご身分です。

夕食はU太の作ったパンをいただきました。
「恐竜風猫バス」がどうなったかというと、
何となくそういう雰囲気を残したものに仕上がりました。
10焼けたハ#12442;ン!

この手のパンがこれほど膨らむとは知らなかったのですが、
次回作る時は、これを想定して作ってみよう。
中までしっかり焼けていて、結構いけました。

夕食後もU太は私にベタベタ。
自分で、こんなセリフを言っています。
「今日のU太は、お父さんにアマアマだねぇ。
お父さん、大人気だねぇ。」

これは、子どもたちがこういうモードの時に、
お母さんがよく言うセリフです。

KAN太も喜んで私にベタベタ。
風呂上がりに服を着せる時のやりとりが、
我ながら面白かったので、残しておきます。

パジャマのズボンをはく時に、わざとフラフラして倒れようとするKAN太を、
私が「おっとっと」と支えるのが気に言ったらしく、
何度もフラフラしてはしゃぐKAN太。

そこで、私。真剣に語りかけました。
「おい、子どもたち!
お前たちはいつまでもお父さんを頼るんじゃないよ。
遠からずお父さんの方が先に死ぬんだからね。
お前は今から自分の足で立つんだ!
だから立つんだって!
いいか?自分で立つと書いて、『自立』と言うんだよ。」

この間中、ケタケタと笑うKAN太と、傍のU太でありました。

こうして幸せな一日が過ぎました。
ありがたいことです。

★★★
さて、明日からまた【もりのいえ】の暮らしが始まります。
私が「する!」と決めているのは、「片付け」と「掃除」です。

福島の母子を迎える少し前からこれまでの間、
支援物資をお預かりしていることもあり、
【もりのいえ】はある種、物置状態になっています。
そして、その後も東京への準備に邁進し、そのまま旅立ちとなりました。

この間、それなりにその都度片付けと掃除はしてきましたが、
(これはもうスタッフさんのおかげです。ありがとう!)
ここは一発奮起して徹底的に見直します。

片付けと掃除のテーマは、「手放すこと」です。

そして、手放した後は、新たな暮らしの展開に舵を切ります。

・友人知人顧客リストの作成(すごい数になっているはず!)
・ネットショップのデザイン見直し
・【もりのいえ】ホームページの新規作成
・【もりのいえ コミュニティ ステーション】建設計画の開始

これらの作業を進めることで、
次世代【もりのいえ】の姿が見えてきます。
それが、これからの時代のともしびとなるコミュニティの姿です。
私が沖縄で受胎した「天の光の子」です。

まずはここまで生きてこられたことに感謝し、
次の一歩を歩み始めます。
これからもどうかよろしくお願いします。


★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」開催決定!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
【もりのいえ】で理恵が普段
朝から始めるので、遠方の方は前泊してね!
その方がゆっくりお話できるよ!

★11月3(木)~5(土) 
「老眼かすみ目改善合宿」
改め「目の若返り合宿」
【もりのいえ】
数々の「奇跡」を生んでいる、けんちゃんの視力回復合宿!
今回は「老眼」に焦点を当てて初の試みをします。
そして今回は、ジミーさんのサントゥール演奏会つきです!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

視力回復合宿201109コース


★11月6(日)10:00~15:00頃 チャリティ ヨガイベントに出店 可児市
会場:橋本葬祭可児駅前ホール

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)「tsunagari フェスティバル」に出店 岐阜市金公園
詳しくはこちらをご覧下さい!
だるま森さんも登場!

★1月3(火)~5(木) 視力回復合宿 【もりのいえ】
名づけて、「眼(がん)かけ合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
昨日は丸一日ディズニーランドで過ごしました。

「【もりのいえ】の家族がディズニーランドに行くのですか?」
と聞き直す人がいましたが、行きますよ!
もっとも、子どもたちにとっては初のディズニーであります。

これまでにディズニー系のDVDをそれとなく揃えておいて、
さりげなく子どもたちに事前学習してもらおうと画策していましたが、
U太は「もののけ姫がいい!」とか言うので、
全部は観ないうちにやってきましたディズニーランド。
この時期はハロウィンシーズンであります。
1ハロウィンなテ#12441;ィス#12441;ニー

直前に家で観た『ピノキオ』は印象深かったらしく、
ゲートで早速見つけては撮影します。
2ヒ#12442;ノキオと

まずは気楽なところから入りましょうと、
「ウエスタンリバー鉄道」に乗り込みます。
次第にテンションが上がってきたU太。
そして今回同行してくれた、元スタッフのみっきーです。
3乗って来たU太

みっきーは知り合ってからの期間は短いのだけれど、
私たちにとって、とても近い存在です。
先日の「つながる命 福島」でも大活躍してくれました。
私は密かに、「次世代【もりのいえ】にスカウトできないか?」
と狙っています。
(ミッキーと混同するので、「みっきー」とひらがな表記します。)

さてこの日は子どもたちの無礼講の日でもあります。
日中は結構暑くなってきたこともあり、早速アイスでご満悦。
4アイス無礼講

U太はずっとみっきーにくっついておりました。
どこに行くにもみっきーの手を引っ張ります。
子どもたちにとって、みっきーは既に乳母のような存在です。
5す#12441;っとミッキー

FUKUはと言えば、ずっとかみさんの傍にいました。
6FUKUはす#12441;っとりえ

パレードは、やはりハロウィン系です。
7おは#12441;けなハ#12442;レート#12441;

ミッキーにもミニーにも逢えて良かったね。
11やっは#12442;り何か変
9ミニーアッフ#12442;

FUKUをみっきーに預けて、スプラッシュマウンテンに!
KAN太、三歳にして父に抱かれて急流を下る。
スフ#12442;ラッシュマウンテン


十以上のアトラクションを楽しんだ中で、
子どもたちに一番人気だったのは、回転木馬でした。
そこでこれだけは二度楽しみました。
13木馬を気に入ったU太
14KAN太木馬か#12441;好き

そして最後は定番の夜のパレード!
15定番ハ#12442;レート#12441;

最後の最後に、U太の希望に応えて、再びアイスを食べました~!
これまた無礼講であります。
16最後にアイス

こうして、私50歳にして、我が子と初のディズニーランドでありました。
私の人生にこのような時がやってくるというのも感慨無量です。
巡り合わせに感謝です。

★★★
そして今日、帰宅の車中から、
過去に13年間過ごした東京と、
その後7年間過ごした八ヶ岳を眺めつつ、
過去の出来事に思いを馳せます。

「あの時、あの人に会っていなかったら・・・」
「あの時、あの人と別れていなかったら・・・」
「あの時、あの会社に勤めていなかったら・・・」
「あの時、あの会社を辞めていなかったら・・・」
「あの時、あの出来事が起きていなかったら・・・」
「あの時、もしこんな出来事が起きていたら・・・」
・・・

何か一つのタイミングがずれていたら、
今の私はいなかったのかもしれません。

今、こうしてこの家族と共に暮らし、
旅をすることもなかったかもしれません。

それを思うと、過去のどの出来事もつながっていて、意味がありました。
ありがたいことです。
全ての出来事に感謝です。

明日から再び【もりのいえ】の暮らしが始まります。
これからもどうかよろしくお願いします。


★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」開催決定!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
【もりのいえ】で理恵が普段
朝から始めるので、遠方の方は前泊してね!
その方がゆっくりお話できるよ!

★11月3(木)~5(土) 
「老眼かすみ目改善合宿」
【もりのいえ】
数々の「奇跡」を生んでいる、けんちゃんの視力回復合宿!
今回は「老眼」に焦点を当てて初の試みをします。
そして今回は、ジミーさんのサントゥール演奏会つきです!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

視力回復合宿201109コース


★11月6(日)10:00~15:00頃 チャリティ ヨガイベントに出店 可児市
会場:橋本葬祭可児駅前ホール

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)「tsunagari フェスティバル」に出店 岐阜市金公園
詳しくはこちらをご覧下さい!
だるま森さんも登場!

★1月3(火)~5(木) 視力回復合宿 【もりのいえ】
名づけて、「眼(がん)かけ合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

全くもって、素晴らしい一日でありました!

7人のスタッフさんが集ってくれ、
オープン当初からお客さんが切れることなく続き、
懐かしい顔も続々登場!
そして15時には完売して閉店。
素晴らしい出逢いと感謝の連続でありました!
以下、アルバム風にご報告します。


★★★
今回、看板を新調しました。
「何を売っているのかが分かりにくい。」との指摘を受け、
あれこれ書かずに、「これ、売ってます!」看板を作りました。
カーディーラーの看板がイメージです。
脇には実際の商品の写真を貼ってあります。
方針を私が伝えて、後はスタッフのなっちゃんとのりちゃんが作ってくれました。
1看板新作すた#12441;れ式

【もりのいえ】看板も新調!
これは麹箱なのです。
墨で書いて、靴用の防水スプレーをかけました。
スタッフさんは、ひだりからみきちゃんと、なこちゃん。
なこちゃんは八ヶ岳次代からの友人で、いまや陶芸家です。
2新作看板もりのいえ

クッキー&ファイヤーブースに立つのは、なっちゃんとゆきちゃん。
いまや二人とも【もりのいえ】の看板娘です。
3なっちゃんとゆきちゃん

埼玉から来てくれたのは、「ベーグルのりょうこ」さん。
特にちらし配りに活躍してくれました~!
4ヘ#12441;ーク#12441;ルのりょうこ

ちらし配りって、とっても重要な役目です。
通りすがりの方で、【もりのいえ】ブースに入るや否や、
すかさず手を差し出し、ちらしを受け取ってもらうことで、
その後のお客さんの歩む方向が変わるのです。

今日は大量のちらしを用意したこともあり、
どんどん【もりのいえ】に人の流れができました。
(最後はちらしが無くなってしまった!もっと用意しても良かったね。)

つい数日前までスタッフをしてくれた、ゆうくん。ありがとう。
U太のお気に入りです。
5ゆうくんか#12441;来てくれた!

二年前の正月時期に滞在してくれた、うちだ夫妻も登場!
お子さんが生まれてファミリーになったね!
6うちた#12441;ファミリーも来た!

ありがたいことに、【もりのいえ】の前は常に人だかり!
どんどん商品が売れていきます。
7続々と来客

会場の撮影をしていた、主催者側のカメラマンの人が訊ねてきました。
「どうしてこんなに人気があるのですか?」

どうしてって言っても簡単には説明しづらいのですが、
とりあえず、「暮らしに根付いたお菓子を作っているからですかね。」
と答えておきました。

店の販売の方は、7名も集ってくれたスタッフさんにお任せし、
私は次々と来客する友人知人たちとハグしたり、談笑したり、
写真を撮ったり、子どもたちと散歩して遊んでおりました。
こんなことができるのは、何と言ってもスタッフさんのおかげです。
ありがとうございます。

やがて14時頃にはお菓子類の底が見えてきました。
そこで、「そろそろ閉店準備に入るよ~!」とスタッフさんたちに呼びかけます。
そして15時には完売!スタッフさんたちの間で歓声が上がります。

訪ねてくれた、主催者の長田さん。
前日は胃の痛い思いをされたのでしょうね。
でもおかげで何事もなく無事にイベントは終了しました。
あなたたちの判断は正しかった!
8長田さん、ありか#12441;とう!

今日訪ねてくれた友人が言いました。
「もし、昨日開催していたら、【もりのいえ】のお菓子は、
今日は無かったのかもしれないね。」

本当です。冗談ではありませんでした。
二日分と想定して持ってきたお菓子が、一日でほぼ売れたのですからね。
良い経験をしました。

そして、前日は中止となったことで、新しいご縁もできました。
本当に素晴らしい展開です。

途中でなこちゃんは帰ったけれど、
手伝ってくれたスタッフさん、ありがとう!
あなたたちのイキイキとした波動が、【もりのいえ】を作ってくれました。
本当に皆さんのおかげです。心から感謝です。
9スタッフさん、ありか#12441;とう!

他にも、私は大勢の新旧の出逢いに感謝連続の時でありました。
二年前の【もりのいえ】で大人気だった、じゅんこちゃん。
パートナーと一緒に来てくれました。
ありがとう! そして大人っぽくなったね。
11し#12441;ゅんこちゃん、ありか#12441;とう!

後で数えると、ざっと30名近い友人知人が訪問してくれた勘定になります。
本当にありがたいです。

最後に来てくれたのが、前日にお世話になった、
「GAYA(我や)」代々木上原店長・きむらさん。
ナイスガイです。
あなたが受け入れしてくれたおかげで、素晴らしい流れができました。
12GAYAきむらさん、ありか#12441;とう!

少し気になったのは、「東京ベジフードフェス」にほぼ隣接する売店で、
空き缶などを捨てるゴミ箱がこんな状態だったことです。
残念に感じるとともに、
「まだまだできることは目の前に沢山あるなぁ。」と実感。
10こ#12441;み、すこ#12441;いね。
やがてイベントは終了!
一旦ホテルに戻った私たちが向かったのは、
迷いなく「GAYA(我や)」代々木上原店でありました。

マクロビ料理の美味しいおかずを出して下さるこの店と出逢えたのが、
今回の私の大きな収穫です。
とっても美味しくて雰囲気が良くて!
これからは東京に来る度にここだね!
きむら店長には、【もりのいえ】との提携を提案させていただきました。

ということで、本当に素晴らしい、ありがたい二日間でありました!
この二日間、大勢の方に支えていただきました。
この場を借りて、心からお礼申し上げます。

そして明日は、何と!家族で東京ディズニーランドです!
U太が指折り数えて楽しみにしていたイベントです。
これからは子どもたちの方を目一杯向いて、共に過ごします。
これもまた至福の時です。
ありがたいことです。


★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」開催決定!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
【もりのいえ】で理恵が普段
朝から始めるので、遠方の方は前泊してね!
その方がゆっくりお話できるよ!

★11月3(木)~5(土) 
「老眼かすみ目改善合宿」
【もりのいえ】
数々の「奇跡」を生んでいる、けんちゃんの視力回復合宿!
今回は「老眼」に焦点を当てて初の試みをします。
そして今回は、ジミーさんのサントゥール演奏会つきです!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

視力回復合宿201109コース


★11月6(日)10:00~15:00頃 チャリティ ヨガイベントに出店 可児市
会場:橋本葬祭可児駅前ホール

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)「tsunagari フェスティバル」に出店 岐阜市金公園
詳しくはこちらをご覧下さい!
だるま森さんも登場!

★1月3(火)~5(木) 視力回復合宿 【もりのいえ】
名づけて、「眼(がん)かけ合宿」!
合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

昨夜から西新宿の中央公園脇のホテルに家族で泊まっています。
このホテル、子ども料金を請求せず、
家族5人で一泊8,000円強というお値段に惹かれて予約したのですが、
意外にもと言っては失礼ですが、部屋は20㎡で十分な広さだし、
ホテルスタッフの応対がとてもフレンドリーで、ありがたいです。

ベッドにはかみさんとFUKUが寝ていて、
私とU太とKAN太は、床に持ち込み毛布を敷いて、寝袋を掛けていますが、
これもまたキャンプ風で楽しいものです。

夜中にふと目が覚めて、つらつらと浮かんだことがあるので、
今から書き留めておきます。
私にとって、目が覚めていても寝ていても、01:00から03:00頃というのは、
自分が一番素直になれるというか、天と一番近い時間帯であるように感じます。

まず、昨日一日の出来事を振り返ります。

前夜、つまり14日の夜、夕食後に一旦床につき、22:30に目を覚ましました。
ここ連日、ずっとお菓子を焼き続けていたかみさんは、ようやくその手を止め、
今度は出掛ける準備をしていました。ありがとう!

私はこれらの荷物を積み込む作業を始めました。
二日分の沢山の販売用お菓子と、ファイヤーやその他の物品たち。
そして乗り込むのは、私たち5名の家族と、
スタッフのれいこちゃん&なっちゃん。
テーブルも5台載せますし、7名分の荷物もあります。

それらを目一杯詰め込んで、毛布と寝袋も載せて、15日00:20に加子母を出発!
後は私が眠くなりさえしなければ、余裕で東京に到着するはず!
荷物を積み込む

沢山の荷物を後方に積み、雨の中を「よきかな号」がひた走ります。
重心が後ろにかかっていて、ハンドルが軽く、少々不安定でした。
その緊張感のおかげか、今回はまるで眠くならずに前に進む事ができ、
最初の休憩が02:30で、諏訪湖サービスエリアにて。
2回目が04:30に談合坂サービスエリアと、順調なテンポでした。

ずっと雨の中を走りつつ、私は2年前の夏に出店した、
「そらまつり大阪」のことを思い出していました。
あの時も雨の中をひた走っていました。

天気予報では日中も雨でした。
それが会場に着いた時にはあがり、みるみるうちに晴れ間が出て、
何と!二重の輪の虹まで現われるという天気に恵まれました。

その後も、「私たちが出店すると晴れる」という出来事が何度かあったので、
今回も「きっと大丈夫!」と私は予感していました。

06:20、会場の代々木公園に一番乗りで到着!
予定以上のハイペースでした。
そして雨は上がりつつありました。
「よし、いけるぞ!」

ところが様子が変です。
前日に準備していたであろうテントたちの一部が倒れています。
強風て#12441;倒れるテント

「まるでゴーストタウンだね。」とスタッフたちと話しながら歩みを進めると、
倒れてはいませんでしたが、
【もりのいえ】用のテントはやや傾いだ状態でずれておりました。

傍にいたスタッフさんに声を掛けたところ、
早朝に強風が吹き始め、次々にテントが倒れ始めたのだそうです。

通常、野外の飲食系のイベントを実施する際は、
接客面以外の面は全て壁を作る事が基本的に定められています。
それでも他の地域のイベントでは、そこまで強要する事はなかったのですが、
東京都の保健所は相当厳しいらしく、厳密に指導をされていました。

ところが、三面に壁シートを張ると、当然ながら風をはらみます。
その結果、
突風でテントが次々と倒されるという事態になったのでありました。
主催者の方々の心中、いかばかりであったか。

その主催者さんたちが数名集って話し合っていました。
その一人が私たちに気づいて、近づいてきました。
「【もりのいえ】さんですね?遠くからありがとうございます。
でも、強風で見ての通りですので、開催すべきかどうか、
検討しているのです。」

「ふーん、そうなんだ。」
確かにまだ風は強いです。
でも私は空をながめ、「この風はまもなく止む。」と予感していました。

このイベントの常連で、主催者さんたちと知り合いだったら、
きっと私は「大丈夫!やろうよ!」と言ったでしょうね。
でも今回が初参加で初対面ということもあり、私はただ黙っておりました。

時刻は7時を回り、搬入の車が続々と到着し始めました。
そんな中、「今日は中止。明日開催するかどうかは13時までに決定する」
旨の連絡がありました。
了解です。

では、私たちはどうするか?
雨の中、緊張気味で運転してきたこともあり、
少々もうろうとする頭で、次の動きを模索します。

かみさんは「路上で販売できないのかしら。」と言いますが、
それはどうだろう?
やったことが無いので判断がつきません。
それに車に目一杯荷物を積んであるので、
どこかで一旦下ろしてから広げるだけのスペースが必要です。

「ならば、近くでそういう場所を探すか?」

まずは、当日スタッフを申し出てくれた人々に連絡しつつ、
他の会場を訊ねていきます。

「自分が管理している六本木のギャラリーを貸そうか?」
「向ヶ丘遊園ですけれど、自宅なら。」
「自由が丘の古民家カフェに問い合わせてみましょうか?」
いろいろ案を出してくださった方々、ありがとうございます。

「ともかく、中止になったことを早く告知しよう!」
渋谷駅前のネットカフェを見つけ、U太とKAN太はスタッフに任せて、
私とかみさん&FUKUが入ります。
FUKU、生後7ヶ月にしてネットカフェに入るとは、
この先を暗示しているのか?

時折大声を上げるFUKUを微笑ましくながめつつ、そしてヒヤヒヤしつつ、
2ブースを借りて手分けして作業しました。
私はブログとFacebookで中止の告知を。
そしてかみさんはいろいろ情報収集しました。

そこで出た、最初の方針。
「ダメもとで、幾つかのお店に相談する!」
そこで最初に目指したのが、かの有名な「ルヴァン」でした。

渋谷区富ヶ谷に店を構える「ルヴァン」は、
多くのファンを持ち、その影響でパン屋を始めた方も多いと聞きます。
私もかつて東京で暮らした時期には、何度か通いました。
でも、ここ15年ほど行っていません。

「果たしてルヴァンは受け入れてくれるのか?」
心をさらにして臨みました。
でも「日持ちがするクッキーならば置けますが・・・」
マフィンやスコーンパンなどの賞味期限の短いものは厳しいとのことでした。
ごもっともです。

お忙しい中、お店の方々は嫌な顔一つせず、応対してくださいました。
ありがとうございます。
私たちの商品を少しお渡しし、次の候補に向かいました。

次は「ガイア代々木上原店」です。
このお店からではありませんが、ガイアからは私たちは商品を仕入れています。
そのご縁を頼っての、無理なお願いに行きます。

初対面の店長さんは、「委託販売ならば。」と受け入れてくれました。
そしてレジの脇に置いてくださいました。ありがとうございます。
(半日で13個売れました!買って下さった方々、ありがとうございます!)

次は、「リマ新宿店」です。
こちらからも私たちは商品を仕入れています。
でも、この時点で私たちは販売をお願いする気が失せていました。

「もう販売はいいね。
むしろ、こうしてお店を実際に訪問できたご縁と割り切ろう。」
そして、幾つかのお菓子を提供してきました。

「よし、今日はこれで終わり!スタッフのみんなもありがとう!
あとはフリータイムで過ごしてね!」と、二人とバイバイし、
「では、ホテルのチェックイン時刻までどうやって過ごそうか?」
と思案していたら、wvo仲間のやまのさんから一報が入りました。

「居酒屋なので日中はお休みなんだけれど、
一軒、話に乗ってくれそうなところが見つかったよ。
店長とは懇意だから、この機会に紹介もしたいな。」

ありがとうございます。
ならば、その店長さんとお知り合いになるというつもりで伺おう。
そうして到着したのが、「GAYA(我や)」さんでした。
代々木上原駅北口を出た正面の、
ファミリーマート右隣、地下一階のお店です。

このお店に向かうことに決めてから、私の携帯が鳴り始めました。
「今日は中止と知りましたが、今日しか行けないんです!
どこかで【もりのいえ】のお菓子を買えないのですか?」

ありがたいですねぇ。
そこで、「しばしの間は、GAYAさんのところにいると思います。」
と応えたところ、数名の方々が本当に訪ねて来て下さいました。

地球暦ワークショップに参加してくれた方。
一度、ネットで購入してくださった方。
二十数年振りに再会した、東京時代の会社の同僚たち。
ありがたいですねぇ。
こうした時を過ごせることが、本当にありがたいです。

GAYAの店長さんも本当に素敵な方でした。
お店も本格マクロビメニューで、お洒落で素敵です。
突然の申し出なのに快く迎え入れてくださり、ありがとうございます!
今回は子連れで、少々疲れていたので遠慮しましたが、
次回は是非、お客で寄らせていただきます!

★★★
こうして波瀾万丈の一日が過ぎ、ホテルに入り、部屋で夕食をとり、
寝入った訳ですが、目覚めて改めて考えます。

「私は、欲(我)にかられていなかったか?」

かみさんが、乳飲み子を抱かえつつ黙々と焼いていたお菓子達。
それを何とか大勢の人々に味わってもらいたい。
そして、同時に私たちの生計も潤したい。
せめて、東京の往復代と宿泊代のもとは取りたい。
たい。たい。たい。

「お店をする以上、そんなことは当然でしょ?」
そういう声はあるでしょう。

でもここで自分を正面から見つめ直すに、
私はこういった「我」「欲」を、良からぬものとみなしていました。
だから、自分からこれらを排除しようとし続けていました。
そもそも、それが違うのではないか?

★★★
話が少し離れますが、
8月に沖縄・久高島を訪れた際、出逢った方から、あるお話を伺いました。
その方は、具合の悪い人の状態を良くする術として、
「その人の状態と友達になるのです。」とおっしゃったのです。

「具合の悪い状態や、その元になるものを取り除こうとするのではなく、
友達になることで、結果的にそれらはその人から去っていくのです。」

このお話は私の目を開かせてくれました。
整神師を目指す私の、柱となりました。
帰宅直後に足の怪我をした時も、
この姿勢のおかげで随分と助けられました。

「排除するのではなく、友達になる。」

たとえば悪い状態と思えるものも、
あるいは「悪いもの」と自分が決めつけているものも、
まずは全て受け入れること。
そもそも、「良い/悪い」という判断そのものが必要無いのですから。

★★★
そういう視点で改めて今回の私の「我」を見つめた時、
私は「我」を悪いものだと決めつけていました。
自分から除こうとしていました。

自分の「かがみ」から「が」を除いた時、
「かみ」が現れると信じていました。

でも、実は「我」を受け入れる、
つまり友達になることの方が自然なのではないか?

★★★
そして、とっても大切なキーワードが用意されていました。

今回、大変お世話になった、「GAYA」さんは、
日本語では「我や」さんと書くのでありました。
これって偶然?
いや、必然でありましょう。

私は「我や」さんが大好きになりました。
そして、その出逢いは同時に、
自分の「我」と友達になるように導いてくれていると思えてなりません。

そう、私は「せっかくかみさんが一所懸命作ってくれたのだから」
という思いの裏に潜む、私の「我」を打ち消そうとしていました。
これが今回の気づきです。

★★★
さて、今日の天気はいかがでありましょうか。
私は「【もりのいえ】のことを大勢の人々に知っていただきたい!」
「ご縁を広げ、つなぎたい!」という「我」を素直に愛し、
今日という日を迎えます。

皆様との出逢いを願って、
よろしくお願いします!


10月16日 東京ベジフードフェスタ出店!
詳しくはこちらへ!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
今日は思わぬ中止となりました。
その後、天候は良くなり、「我や」に来てくれたお客さんは、
「やれたのにねぇ。」と慰めてくれました。
ありがとうございます。
こうしてわざわざ足を運んで下さるのが何より嬉しいです。

そして、こうして「我や」の方々とも知り合いになれました。
つないでくれたやまのさん、ありがとうございます。

後で思いついたのは、
「【もりのいえ】のテントに、
ちらしを置いておくなりしておけば良かったなぁ。」ということ。
ならば、中止を知らずに訪れてくれた人が連絡をくれたかもしれないのにね。
こういうのはその時には思いつかないものです。

さて、明日の天気は「雨のち晴れ」という予報です。
【もりのいえ】としては目一杯やらせていただきます。
今日の分も含めて、是非大勢の方にお越しいただきたいです。
よろしくお願いします!


10月16日 東京ベジフードフェスタ出店!
詳しくはこちらへ!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
お待たせしました!居酒屋「GAYA」(我や)代々木上原本店に、
しばらく滞在させていただいています。
http://www.gaya.co.jp/
代々木上原駅北口出てすぐ、ファイミリーマート右のビルの地下一階です。
よろしかったらお越し下さい。
16時までここにいます。
今朝、6時過ぎに代々木公園に到着したら、
雨は上がったけれど、強風でテントが次々と倒されていました。
そして主催者さんたちが真剣に協議中。

で、結局、今日は中止となりました。
明日の開催については、今日の午後に決定するとか。

それはそれで事実を受けとめます。
でも私たちは沢山のお菓子を焼いて持ってきました。

これらをどこかで今日、販売できるところはないですか?
できれば渋谷・新宿周辺で場所を提供してくれるところがあれば嬉しいです。

ご連絡は、私の携帯までお願いします。

090-6203-9043

よろしくお願いします。

岐阜・加子母・もりのいえ
森本正則(まぁさん)
★10月23(日)14:30~ ふれあいのやかた かしも
加子母在住のハルさんが自作した「加子母チェンバロ」の
お披露目コンサートが開かれます!
チェンバロを自作なんて、すごいねぇ。
私は他の用事で行けないけれど、お勧めです!
(画像をクリックしてね!)
はるさん、加子母チェンハ#12441;ロお披露目コンサート

★10月30(日)09:30~14:00ごろ 【もりのいえ】
森本理恵の料理ワークショップ+「お茶べり会」開催決定!
参加費:お一人3,500円 付き添いのお子さんは800円(おやつ込み)
【もりのいえ】で理恵が普段
朝から始めるので、遠方の方は前泊してね!
その方がゆっくりお話できるよ!

★11月3(木)~5(土) 
「老眼かすみ目改善合宿」
【もりのいえ】
数々の「奇跡」を生んでいる、けんちゃんの視力回復合宿!
今回は「老眼」に焦点を当てて初の試みをします。

「エッ?老眼? 私は関係ない!」と感じているあなた。
実は地図を見る時にメガネを外していませんか?
老眼は年齢ではありませんよ。状態です。

そして、「老眼は治らないもの」と諦めていませんか?
人の力はそんなやわではありません。

今回、できれば私も参加したいと考えています。
共に学び、共感しませんか?

実は今回、素敵なイベントを同時に行なうことになりました。
それは、ジミーさんのサントゥール演奏会です。
これは、ジミーさんがこの合宿に参加されることになったことで
実現したのです。

老眼が改善されて、素敵な演奏に身を委ねる。
素晴らしい3日間になりそうです。
是非ご参加ください。

日時:11月3(木)09:30までに集合、10:00開始
   ~5(土)14:00解散
会場:【もりのいえ】
合宿参加費:31,000円
宿泊費:14,000円(前泊・後泊は一泊2食6,000円)

合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらへ!

視力回復合宿201109コース


★11月6(日)10:00~15:00頃 チャリティ ヨガイベントに出店 可児市
空歩21などでヨガ教室を開催している遠山さんとご縁がつながり、
ヨガイベントに出店させていただくことになりました。
私は参加できませんが、かみさんと子どもたちは行きます。
気軽に立ち寄ってくださいね!
会場:橋本葬祭可児駅前ホール

★11月11~13日
この週末に何をするかを調整中です。
できれば馬場利子さん(プラムフィールド)をお招きして、
内部被爆などについてのお話会を開催したいと考えています。

あるいは、以前から企画している【まぁさん塾】を実施するかも。
近日、告知します。

★11月16(水)~18(金)チーム地球暦合宿 【もりのいえ】

★11月19(土)冨田貴史さん講演会&ワークショップ 【もりのいえ】
詳細は近々発表!

★11月26(土)「tsunagari フェスティバル」に出店 岐阜市金公園
これは相当盛り上がるよ!
詳しくはこちらをご覧下さい!
だるま森さんも登場します!

★12月8(木)~10(土)(予定) 【もりのいえ】
昨日、小嶋さちほさんとつながりました。
この時期にコンサート&瞑想会&ほか、いろいろやりましょう!
ということになりました。
数霊の深田さんにも声をかけるとか。
うーん、ワクワク!

★12月29日ごろ 
ひょっとして、この時期に【まぁさん塾】をするかもしれません。
一年を振り返りつつ、半生を振り返り、
新しい年を迎えるにあたり、この先の人生ビジョンを立てる・・・
はまっていると思いませんか?

★1月3(火)~5(木) 視力回復合宿 【もりのいえ】
名づけて、「眼(がん)かけ合宿」!
もちろん、「願掛け」にかけています。
これは視力アップ間違いなし!

日時:1月3(火)09:30までに集合、10:00開始
   ~5(木)14:00解散
会場:【もりのいえ】
合宿参加費:31,000円
宿泊費:14,000円(前泊・後泊は一泊2食6,000円)

合宿の内容はこちらをご覧ください。
お申し込みはこちらのフォームで、「1月コース希望」と書いてください。

実は既に続々とお申し込みをいただいているので、
検討中の方はお早めにお申し込み下さい!

この先も続々と企画が組まれていて、
実は来年秋まで予定が入り始めています。
でもまだ告知しないでおきますね。

ジミーさんと神人(かみひと)さんのライブ日程を詰めたいし、
かみさんは田中優さんの講演会と、
「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会&鎌仲監督トークを
やりたいと言っています。
そして、今何よりもてんつくマンと逢いたいのだそうな。

いろいろ、あれこれ、ワクワクであります。


10月15-16日 東京ベジフードフェスタ出店!
詳しくはこちらへ!


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
間際のご案内ですが、この度、【もりのいえ】が
東京でのイベントに出店することになりましたのでお知らせします。

出店するのは、10月15(土)16(日)、
「東京ベジフードフェスタ2011」です。


開催場所は、代々木公園のケヤキ並木で、
【もりのいえ】は、原宿側から3件目です。

いつもの【もりのいえ】ならではの商品を販売します。

大人気の「紫いものスコーンパン」も出るよ!
紫いものスコーンハ#12442;ンも出るよ!

続々焼いているよ!
続々焼ける、紫いものスコーンハ#12442;ン


もちろん、「塩キャラメル胡桃」も出るよ!
塩キャラメル胡桃は勿論出るよ!

そして新定番!「ザ☆スコーン」も登場します!
サ#12441;☆スコーンも出るよ!

そして何と言っても私のウリは、これ!
今年の大辛ソース「ファイヤー!」は絶品です!
ファイヤー!2011

すんごく辛くて、旨い!
ちなみにこれがメイキングシーンですが、
空気が辛くなるので、なっちゃんはマスクをしているのです。
なっちゃんは結局リタイアしました。
makinngファイヤー!2011

この「ファイヤー!2011」、何とハバネロ入りなのです!
半端じゃなく辛くて、すんごく旨いよ!

今回は100本作りましたが、
既に【もりのいえ】に来られている方が購入されているので、
売り切れご免!でよろしくお願いします。
ネットショップでは、東京から帰ってからアップします。

お近くの方はこの機会に是非お越しください。

「東京ベジフードフェスタ2011」のサイトの
このページでも紹介されています。


そして、当日のスタッフ急募です!
現地集合&解散でボランティアスタッフをして下さる方、
どちらか一日でもいいので、名乗り出てください。
共に楽しい時を過ごしましょう!


10月15-16日 東京ベジフードフェスタ出店

11月3-5日 視力回復合宿老眼コース
11月12-13日 まぁさん塾を予定していましたが、年末になるかも・・・
11月16-18日 チーム地球暦勉強会
11月19日 冨田貴史くんワークショップ
11月26日 つながりフェスティバル出店
その後は、冬のお菓子づくりに向かう予定です。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。
大変お待たせしました!
「その後、どうだったの?」と期待された方が多かったかと思いますが、
実際にあれこれすることが多かったのと、
私自身がデトックスの時期に入ったので、
しばしパソコンから離れておりました。

昨日、福島・茨城からのお母さんと子どもたちが、
無事帰宅されました。

まずはここまでこられたことに、
そして多くの参画してくださった方々に、心から感謝します。
本当に、本当に、ありがとうございました~!

では、後半部分からのレポートです。

★★★
実は私は、10月8・9日は、もともと別件の用事がありました。
それは、この秋から始まっている、整体師養成コースです。

約1年間を通して、
整体師けんちゃんのノウハウを伝授していただくこのコース。
想像以上に中身が濃くて、予想通りに楽しくて、
本当に学びになっています。

当然ながら毎回レベルが上がっていき、
その蓄積が大きな学びになっていきます。
だからこのコースを休む訳にはいきません。

この日程は「つながる命 福島」よりも先に決まっていたので、
変えることはできませんでした。
それを周りの方々にも承知していただき、
「つながる命 福島」の日程を組んだのですが、
その際に、けんちゃんが粋な計らいをしてくれました。

「ならば、二日間のうちの一日(9日)を、加子母でやりましょうか?
そして、養成コースの一環として、
お母さんたちに施術をするというのはどうでしょう?」

つまり、けんちゃんと弟子10名が、「つながる命 福島」にやってきて、
それまでに学んでいることを
実際に福島のお母さんにしてみようという試みなのです。

弟子達にとれば、学んでいることを試す絶好の機会です。
そして、お母さん達の健康状態が良くなれば、一石二鳥です。

また、お母さん達には、ただやっていただくのではなく、
帰宅してからも自分でできるように、やり方をお伝えすることにもなりました。
これで一石三鳥。

加えて、スタッフや一般の方にもその場を開放することにしました。
こちらは参加費500円ですが、それでもまたとない機会です。
これで一石四鳥。

そして何よりも、私が丸二日間抜けることなく、
「つながる命 福島」の様子も見守りつつ、参加できることとなりました。
これでしめて一石五鳥!

素晴らしい機会を提供してくれた、けんちゃん。ありがとう!
共に行動をしてくれている同士たちよ、ありがとう!

というわけで、まず8日については、私が日中は不在でしたので、
後でその結果を周りから聞いたということになります。

■10月8日17:30
私が「ふれあいのやかた 加子母」に到着した時は、
既に夕食が終盤を迎えていました。

この日のメインプログラムである、
「ハナゲぶー☆ラッパ人形」づくりワークショップを終えられた
だるま森さんが和んでいました。
だるま森さん、えりこさん、ありがとう!
1た#12441;るま森さん再登場

お二人に出会えたことで、こうしてこの場でまたつながりが深まりました。
このお二人、11月26日の「tunagariフェスティバル」にも登場します。
こうしてご縁をつなぐことができ、私たちもとても嬉しいです。

自作の「ハナゲぶー☆ラッパ人形」を吹くU太。
ワークショップには20~30人集まったそうですので、
その場はさぞかし相当楽しい雰囲気だったでしょうね。
2ハナケ#12441;ふ#12441;ー☆ラッハ#12442;人形

この日の午前には、みんなで乙女渓谷にハイキングしたり、
加子母大杉を見にいったりしました。
見事な快晴だったから、きっと満喫したことでしょう。

■10月8日21:00
こうして楽しい時が過ぎていましたが、
その裏で、スタッフさんたちは結構苦労しているところもあるようでした。
そこで、その夜のミーティングに、
代表のひとえさんと私も参加することにしました。

そもそも今回の母子滞在中は、
それほど綿密なミーティングの場を設けていませんでした。
夜に時間があれば、宿泊スタッフで状況を確認し、
朝食後に母子の健康状態や
その日の予定を確認する程度しか設定していませんでした。

これには理由があって、今回のコアスタッフのほとんどが赤ん坊持ちなのです。
我が家でも、FUKUをかみさんが見ていますので、
U太とKAN太の相手をして、寝かしつけるのは私の役目です。
ですから、夜や朝に家を出ることは、コアスタッフの誰もが困難だったのです。

そんなこともあって、細かいミーティングはしないまま、
やり過ごしていたのですが、
一部のスタッフから要望が出て来たこともあり、
9日の夜のミーティングに急遽私も参加することになった次第です。

すると、いろいろ出てきました!
・スケジュール上の段取りについて
・スタッフ体制について
・特に託児について

話をじっと聞いているうちに、見えてきたことが幾つかあります。
まずは、やってきたお母さんたちの意識の変化です。
後半に入って、次第に明らかになったのは、
「もうあと数日で帰らなきゃならない!」という不安です。

これは本人になったつもりで考えると当然のことで、
「残りの時間を有効に使いたい!」という希望が出て来るのも当然です。
でも、その要望に全て応えられるだけの体制ができているかとなると、
読みが甘かったところがあります。

もう一つは、「サポーターの方々は、
サポートをしに来てくれているのだけれど、
実は本人がサポートされることも求めている。」ということです。

サポーターと書きましたが、スタッフ全員が実は同じです。
つまり、この機会を通して、
一人一人が自分と向き合っているということです。
例えば私もその一人です。

これも考えてみれば当然でして、
完璧な人が手を差し伸べるなんてことは実際に在る訳がなく、
そもそもそんな形を私たちは求めていません。
お客さんを迎えるのではなく、仲間と過ごそうというのですから。

だから、お互いに、それぞれに、いろいろある訳です。
そんな仲間が縁あって集って、サポートしたり、されたりという姿こそが、
実は当たり前なのでした。

でも、サポーターさん達に対して、
そういう配慮が欠けていたことは事実です。
だから役割を伝えて、あとはお任せする場面が多かった。
こういうことは、いざやってみて見えてくるものです。

■10月9日07:30
これまでは宿泊スタッフさんにお願いしていた「朝の会」を、
私が司会させていただきました。
残り僅かな日程の中で、こちらの予定を伝えるとともに、
お一人ずつ異なる要望を聞き、
できるだけそれらを実現できるように調整しました。

私がやっていたことと言えば、こういった調整ごとでして、
だから物事がうまく進んでいる時は私の出番はなく、
ただその辺りをフラフラしておるのでありました。

■10月9日09:30
整体師のけんちゃんと、弟子10名が揃いました。
私も弟子の一人なのですが、この日は会場全体を眺める役に徹します。
さあ、お待ちかねの健康教室の開始です。
3健康教室

「自分自身の不調箇所に気づき、
自分で整えることができるノウハウを学べる」
この機会に、どのスタッフも参加を望んでいました。

でも、この会は「子ども不可」でしたので、
どうしても託児を頼む人が大勢必要です。
実際に15名の託児をすることになったので、
その役を受け持った方々のご苦労は大変だったかと想像します。

この会に参加したかったけれど託児に回って下さったサポーターの皆さん、
ありがとうございました。
この時間帯で紙芝居をしてくれる人が現れたのには助かりました。
4紙芝居て#12441;一息


この場では、まず福島・茨城からやって来られたお母さん達の状態を、
けんちゃんが診察しました。
すると、やはり放射能の影響を受けている状態が読み取れたそうです。

ただ一人、けんちゃんが首をひねった人がいたそうです。
この人からは、放射能に犯されている様子が診て取れなかったそうな。

そして「何かしていらっしゃいますか?」と訊ねたところ、
実はその人は、地震や原発事故の後、
知り合いの助産院で教えられた骨盤体操をずっと続けていたそうな。
また、普段からマスクを付けていたり、いろいろ気を使っていたそうです。

つまり、しっかりと予防している人は、
放射能の影響を受けにくいということが、
図らずも実証されたということです。

その後、一般の方も含めて参加し、
予防や排毒も含めた様々な方法を教えてもらえたようでした。
皆さん良かったね。

そしてもちろん、福島のお母さん達もいろいろ出すことができたそうです。
このプログラムに参加する前と後の写真を見せてもらいましたが、
その変化には驚くばかりでした。
皆さん、良かったね。

でも、少し複雑な心境にもなります。
今回やって来られた方々だけでなく、
実はその他大勢の福島に暮らす人々が
同じ様に影響を受けている可能性がある訳でしょ?
その人たちは、ずっと影響を受けっぱなしなのです。
・・・

■10月10日10:30
参加された母子が全員、【もりのいえ】を訪問されました。
このプログラムは始めから予定していたことではなく、
お母さんたちからの要望を受けてのことです。

【もりのいえ】の内外をご案内し、質問に答えつつ、
私たちの暮らしについてお話ししました。
皆さん、どのように感じられたでしょうか?

■10月10日14:00
翌日に帰って行かれるというタイミングで、交流会を開きました。
参加できるだけのスタッフも交えて、思うところを語りました。
5交流会





その涙の意味はそれぞれ異なるでしょう。
私も泣きました。
目頭が熱くなって目の端に水がたまることはあったけれど、
二筋の涙がつーっと流れるのは実に久しぶりでした。

私はただ、感謝の涙でした。
ひとえさん、声を上げてくれてありがとう。
その声に集ってくれたコアスタッフの仲間たち、ありがとう。
支援金で、物資で、体でサポートしてくれた皆さん、ありがとう!
応募してくれたお母さんたち、ありがとう。
みんな、みんな、ありがとう!

先日も書きましたが、今回、沢山のハチドリさんが集いました。
そしてつながりました。
この日の朝、午後の回には出られないコアスタッフさんと会話しました。

「もし、もしこの一週間が無かったら、
そしていつも通りの暮らしだったとしたら、
こんなにも私たちはつながっていなかったね!」

そう、つながったのは福島の母子と私たちだけではありませんでした。
近所で暮らす私たち自身が今まで以上に強くつながれた。
そして、周辺の、遠くからの大勢のサポーターさん達ともつながれた。
それが嬉しくて、私は泣きました。

■10月10日18:30
夕方、行ける人々みんなで温泉に行きました。
私たちがいつも行く、「おんぽいの湯」です。
ここでも支配人が全員、無料にしてくれました。
ありがとうございます!みんな大喜びでした。

そしてお待ちかねの最後の夕食!
手の込んだまき寿司や、
6ハ#12441;ーヘ#12441;キュー寿司

いただきものの極旨ソーセージや、新鮮ホタテ!
7ハ#12441;ーヘ#12441;キューソーセーシ#12441;

そして、加子母肉牛組合からは飛騨牛!
これらを炭火でいただきました!
8ハ#12441;ーヘ#12441;キュー飛騨牛

他にも沢山のご馳走が並びました。
それぞれのテーブルで歓声が上がります。
準備と調理をしてくださった地元の皆さん、ありがとうございます!
9調理をありか#12441;とう!

自然と笑顔がこぼれるね!
10笑顔をありか#12441;とう!

今回、大活躍のサポーター、ぴーちゃんとミッキー!
この二人のお陰で本当に助かりました。
それはその場にいた誰もが認めることでしょう。
ありがとう!
11ヒ#12442;ーちゃんとミッキー

ひとしきり夕食を楽しんだ後、何とこの時期に花火が始まりました。
子どもたちは大喜び!
12秋に花火?

こうして素晴らしい一週間が過ぎていきました。

■10月11日09:00
あっという間に時は流れ、皆さんが帰宅する時がやってきました。
集合写真に収まったのはこれだけの人ですが、
実際にはこの数倍の人が関わっています。
(全員の顔出し許可を取っていません。ご都合が悪い方は申し出てください。)
「つなか#12441;る命 福島」20111011集合写真

サポーター申込書に書いてくれた人で120名を越えていました。
実際には200名近くになっていたと思います。
この場にいなかった方も、みんな、みんな、ありがとう!

この後は当然のように、みな、涙、涙であります。
いつまで経ってもみな、ハグして涙して離れません。

こういう時こそ私のお役目ですね。
「はい!出逢いがあれば、別れもあるよ!
いつかはバスも出発するよ~!」と呼びかけます。

それでも何度もハグし続けるみなさん。
素敵な時だね。

■10月11日09:30
ようやく全員バスに乗り込み、本当にお別れの時です。
加子母の名物「ピンクバス」が映えます。
バイバーイ!
13お別れの時

静かにバスが去っていく中、私がぽつりとつぶやきました。
「おい、誰も走らないのか?」

すると、「おお、そうであった!」と、
意を汲んでくれた数名がやおら走り出しました。
そうそう、そうこなくっちゃ。
これでこそ絵になります。
14走ってハ#12441;スを追う1


■10月11日13:30
朝のバスに一組だけは乗り込まず、別行動を取られました。
ぴーちゃんの車に乗り、いよいよ本当に最後のお別れです。

その時も、「誰か走らないのかねぇ。」と私がつぶやくと、
ちゃんと応えてくれるスタッフさんたちよ。ありがとう。
これでこそチームワークです。
15走って車を追う


■10月11日14:00
朝のお別れの後、みなで手分けして片付けと掃除をしました。
そして反省会です。
サポーターさんたちは優しい人たちばかりで、
良かったとのお言葉ばかりをいただきました。

サポーターさんたちからのコメントをいただいた後、
今度はコアスタッフが中心になって、本音トークで振り返ります。

とっても素晴らしい時だったことは間違いありません。
その上で、反省すべき点はどんどん出してシェアしたい。
それでこそ、次に生かされます。

「サポーターさんたちへの配慮が足りなかったね。」
「特に後半に短期で来られた方へは、十分に説明しないままだった。」
「託児については、読みが甘かったよなぁ。」
「そもそも託児の仕組みが無かったよ。」
「よくぞ無事故で済んだことだ。」
「メーリングリストがあまり機能していなかったね。」
「福島方面との直接のパイプがないのが、これからの課題だ。」

様々な意見が飛び交いました。
それもまた良しです。遠慮無しにもの言える雰囲気があります。
何にしても、みんな、みんな、良い経験をしました。
もちろん私もね。

総じて言えることは、「やっぱりやって良かった!」ということ。
やったから分かったことが沢山ありました。

そして「楽しかった~!」と振り返られること。
悲壮感がなかった。誰もが、目が輝いていました。

素晴らしい人々に恵まれました!
素晴らしい会場に恵まれました!
素晴らしい天気に恵まれました!
全てにありがとう!です。

また、一歩を踏み出したことで、
次の一歩を踏み出す勇気が生まれました。
そして今度は一人じゃない。仲間が大勢いることが分かっている。
だから自信を持って周りに言えます。

「まずは『やる!』と心に決めよう!
そうすれば、きっと道は開ける!」

これまでに関わって下さった全ての皆様へ。
そして見守って下さった全ての皆様へ。
本当に、本当に、ありがとうございました!

そして私たちはこれからもこの活動を続けます。
形はどうなるかは分かりませんが、この意志を持ち続けます。
そして行動します。

これからもどうか私たちを見守ってください。
そしてつながっていきましょう。つながりを広げていきましょう。
よろしくお願いします!


「つながる命 福島」事務局を預からせていただきました。
ありがとうございました。
森本正則(まぁさん)
■10月7日10:00
今日は朝からU太の通う加子母保育園にみんなで行きました。
全ての園児がホールに集い、まずは歌を披露してくれました。

『みんなのちから』

ひとりのちからじゃ ちっぽけかもしれないけど 
みんなとちからを あわせれば元気になるさ
くよくよするなよ  あきらめるなよ 
ここらがぼくらの ふんばりどこさ 「どっこいしょ」

がんばれ がんばれ   みんなのちから
がんばれ がんばれ   みんなのちから



大声を張り上げて歌う姿って、本当にエネルギーがあります。
その場に居合わせるだけで、目頭が熱くなる私でした。

つづいて園長先生のご挨拶です。
「みんなは当たり前のように外で遊んでおるけれど、
福島の子どもたちはこういうことができんのよ~。」

その意味がどれだけ伝わったであろうか。
大の大人でも、実際に現地で暮らさないと実感が伴わないでしょうが、
きっと思いは伝わったことでしょう。
何よりも今回、加子母の子どもたちに
そんな事実をお話できる機会ができただけで、意味があります。

1園長先生のこ#12441;挨拶


その後、皆で園庭に出ました。
年長さんたちがキッズソーランを披露してくれました。
それはそれで微笑ましいのですが、
私たちに大受けだったのが、年長の踊りを真似して踊る、
小さい子達の姿でした。
本当にかわいく、本当にエネルギー溢れる姿でした。

2キッス#12441;ソーラン披露

その後、「じゃぁ、みんなで遊ぼうか!」という先生の掛け声をきっかけに、
子どもたちが「ワーッ!」と、福島の母子に駆け寄りました。

3わーと集まる

その後は一緒に鉄棒で遊んだり、

4鉄棒て#12441;遊ふ#12441;

砂場で遊んだり、

5砂場て#12441;遊ふ#12441;

仲良くなったおねえちゃんと写真を撮ったりして、
すぐに打ち解けていました。
本当に、こういう普通の遊びをしたかったんだよね~。

6お姉さんと記念撮影

昼食はホールで一緒に。
美味しく、楽しく過ごしました。
U太もとても嬉しそう。

7昼食も一緒

福島の子どもたちも大騒ぎして走り回っていました。
そして午後に「ふれあいのやかた 加子母」に戻りました。

■10月7日14:00
みなさんがしばし休息している間、コアスタッフミーティングを開きました。
前半が終了した時点で、状況の確認です。
特にシェアしておくべき内容を次々と挙げていって、
その場で解決できることはどんどん決めていきました。

例えば、食事の際の促しについて。
「さぁ、ご飯ですよ~!」と声を掛けてから、
全員が揃って席について、「いただきます。」を言うまでの、
時間が長いこと!

これについては、「配膳するスタッフ以外は、さっさと席に着こう!」
と決めました。

他にもいろいろ出て来たけれど、
概ね共通しているのは、コミュニケーションの問題です。
細かい状況は刻一刻と変化しているので、
やもすれば行き違いになることがあります。

そこで、「どんな変化も、まずは受付(事務局)に伝え、
受付係が情報を一元管理して、
後は代表と相談しながら方針を決めることにする。」

「特に食材の提供については、受付を通した後は厨房で管理し、
食材担当が毎食後に目視で在庫状況を確認する。」
と決まりました。

他にも、生活面、イベントの段取り、人の手配についてなど、
基本的な方策が次々と決まりました。

こういう判断を短期間で決定できるほどになったことに、
今日参加したコアスタッフは気づいているだろうか。
これって凄いことなんだよ。

この短期間で、一人一人のスキルが相当上がっています。
私も同じく、鍛えられています。
これもまた、今回の一歩を踏み出した成果とも言えます。

■10月7日16:00
九十九堂さんとおっしゃる方が、
豆本づくりのワークショップを開いてくれました。
敢えて強制はせず、希望者のみへの公開でしたが、
結構集まりましたね。

9豆本作り始まる

もともと印刷されたものをこうしてチョキチョキ切って、

10こうやって切っていって

つないでいくだけで本ができます。
これがまたかわいいんだ!

11こんなのか#12441;て#12441;きる

それでいて、中身は本格的!
内容も面白くて、是非皆さんに手にとって欲しいですね。

12ふむふむなるほと#12441;

こんな素敵な、小さなイベントがちりばめられているのも、
今回の特徴です。

■10月7日18:00
今回の私たちの活動を見守って下さる方のお一人に、
「うさとの服」の、さとううさぶろうさんがいらっしゃいました。
そうです。うーさんです。

うーさんと数日前に電話で話した時に、
彼の方から、「うさとの服を福島の母子にプレゼントするから、
サイズを聞いておいてね。」と申し出がありました。

あの「うさとの服」をプレゼントしてくれる!?
何という素晴らしい申し出でしょうか。

この行為は、私たちの活動の前身である、清見でも同じ様にされたとか。
それにしても数があるものですが、コストもかかっています。
そんなことをおくびにも出さずに「提供するから」と言ってくれる、うーさん。
本当にありがとうございます。

その「うさとの服」が、届きました。
早速、福島の母子にプレゼントします。
「こんなに素敵なものをいただいていいのでしょうか?」
と、戸惑いながらも素直に嬉しそうな皆さん。

早速袖を通して下さったお二人にモデルになっていただきました。
自然な笑顔(?)がよろしいですね~。

13うさとの服


■10月7日19:00
今日の夕食は、うちのかみさんが担当でした。
そして夕食時、福島の母子がかみさんを囲んで食事を取りました。
【もりのいえ】の食事のレシピについてのお話会を兼ねて、
かみさんが皆の質問に答えるという形式でしたが、
様々な話題になって楽しい会だったようです。

まだ詳細が決まっていないので告知できていませんが、
今月末にかみさんの料理教室を開く予定です。
かみさんも自身の発信活動をするようになってきました。
頼もしい限りです。

☆★☆
こうして今日も素敵な一日が過ぎました。
上に挙げた他にも、次々と素晴らしい申し出が続いています。

2回折込広告を出させていただいた新聞販売店さんは、
「折込広告料は要りません。そして期間中、新聞を配らせていただきます。」
と申し出てくれました。

そのことに感謝した際、店主はこのように答えました。
「私は私にできることをしているだけです。」

この申し出を受けた時、
私は『ハチドリのひとしずく』という寓話を思い出し、
またしても目頭が熱くなりました。

『ハチドリのひとしずく』
森が燃えていました
森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
くちばしで水のしずくを
一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして
いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

☆★☆
今回、他にも沢山の「ハチドリさん」が来てくれています。

加子母名物、雑誌ブルータスで「日本一」の称号を得た、
「わらびもちの山本」さんからは、
沢山のわらび餅が届きました。

その時にも、「私らにできることは、これくらいやけどな。」
というお言葉をいただきました。
ありがとうございます。

恵那の有名ハム工房「ゴーバル」さんからも、今朝お電話をいただきました。
「今日、ラジオでこの活動について知りました。
是非、ソーセージを贈らせてください。
私たちにできることはこれくらいですが・・・」

ゴーバルのソーセージ!
この話をスタッフにした時には歓声が上がりました。
本当に本当にありがとうございます!

加子母肉牛組合からは飛騨牛の申し出が届きました。

伊豆の友、神宮さんからも野菜とみかんが届きました。
今日もまた発送してくださったとのこと。

「納豆係」を申し出てくれたおくむらさんは、
特大の納豆を大量に注文して持ってきてくれました。
これがまた美味かった!

おかげさまで、物資も食材も、既にほぼ十分なくらいいただきました。
ありがとうございます。
後は敢えて書かせていただくならば、
青物野菜がもう少しあれば嬉しいなという程度です。

そして今日は、清見での言い出しっぺで中心的に活動されていた、
やすだ親子が激励に来て下さいました。
このお二人を始め、清見の方々には本当にお世話になりました。
心から感謝します。

こうして、全くもって素晴らしいご縁がつながり、
至福の時が加子母を包んでいます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

そして、明日から後半に入ります。
これまた素晴らしい展開になりそうです。

まずは、だるま森さんの登場です!
詳しくはこちらを見てね!
今からでもきっと参加可能ですよ。
ご連絡をお待ちしています!


10月4-11日 福島の母子を迎える
うち10月8日 だるま森さんの面白楽器づくりワークショップ(一般参加可)
  10月9日 けんちゃんの健康教室&マッサージ(一般参加可)
10月15-16日 東京ベジフェスタ出店
10月29-30日 かみさんの料理教室(予定)
11月3-5日 視力回復合宿老眼コース
11月12-13日 まぁさん塾(予定)
11月16-18日 チーム地球暦勉強会
11月19日 冨田貴史くんワークショップ
11月26日 つながりフェスティバル出店
その後は、冬のお菓子づくりに向かう予定です。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。


■10月5日09:30
福島から母子を迎え、一夜が明けました。
初日の夜は長旅で何かとお疲れでしょうから、早めに寝ていただき、
二日目の朝もゆったりと過ごしていただくことにしました。

そして、コアスタッフとサポーターさん達を交えて、
自己紹介タイムを設けました。
まずはお互いを知ることからですよね。
1自己紹介タイム

その後はめいめい好きに過ごすことにしました。
散歩に行く人もおれば、滞在施設でゆったりと過ごす人もおり、
上々の滑り出しです。

■10月5日12:00
今回の食事は、加子母の普通の料理を提供することにしました。
その中に数回、【もりのいえ】の食事が入りました。
この日のランチは、【もりのいえ】名物の「雑穀丼」です。
あちらこちらから、「美味しい~!」の声が聞こえてきます。
食事後、早速に「レシピを教えてください!」コールが起こっておりました。
2大人気!雑穀丼

食後は、地元のピアニスト・ゆうみさんと、
同じく地元のチェンバロ奏者でオカリナ吹きのはるさんによる、
ミニコンサートが開かれました。
大げさではなく、短い時間だけれど、心のこもった歓迎会です。
3歓迎ミニコンサート

■10月5日15:00
下呂市萩原から、こだわりの団子移動販売車が駆けつけてくれました!
4みた#12441;らした#12441;んこ#12441;か#12441;来た!

お米づくりから自分でやって、超こだわりの美味しい団子屋さん。
その名も「まごころ」さんです。
5みた#12441;らした#12441;んこ#12441;看板

文(ぶん)ちゃん、ありがとう!
みんなとっても喜んでいました。
6文ちゃんありか#12441;とう!

その団子を手に、集ったのが、読み聞かせの会場です。
「とまとぱん」と呼ぶグループの方々が、
紙芝居風に楽しいお話を聞かせてくれました。
7とまとは#12442;んさんの読み聞かせ

今回参加を申し出てくれたサポーターさん達の中には、
それぞれ一芸というか、特技を持っている人が多いです。
その一人、みどりちゃんからは、順番にエステを受けることができました。
私もちょっとしていただきました。
少しはお肌が輝いてきたかしら。
8エステ中

他にもアロマとか、いろいろやってくれる方々が続々と登場し、
この場に居合わせた人々は幸せですね。

■10月5日18:00
昼に続いて【もりのいえ】の食事です。
かみさんは当初、私をバックアップする役でしたが、
結局調理面で全面に出てくることになりました。
これは新たな【もりのいえ】名物、「手づくりがんも」です。
9手つ#12441;くりか#12441;んも

私が思うに、やっぱりかみさんは料理で映える人ですね。
食事の後は、やはり「レシピを教えて!」コールが起きていました。
今月末か来月に料理教室をするかもしれないので、お楽しみに!

夕食後は、なかよし家族のやすこさんがやってきて、
翌朝用のピザ生地づくりをしてくれました。
福島のお母さんたちも加わって、良い雰囲気です。

■10月6日07:30
そしてこれがその朝食!
朝からこんなにピザを食べられるなんて幸せですね。
しかも、なかよし家族さんの有機小麦の、曳きたての粉ですよ!
11ヒ#12442;サ#12441;朝食

この日は快晴!
午前中はフリータイムにして、おのおの好きに過ごしていただきました。
早速散歩に繰り出した母子たち。
これをしたかったのだからね。
12晴れてお散歩

ランチは大勢のサポーターさんが調理に来てくれました。
この時は「コーラス夢」の皆さんです。
夕食の時には別のグループが調理に来てくださりました。
そんな方々まで含めると、かなりの数のサポートを得ていることになります。
ありがたい限りです。
13調理ヘルフ#12442;隊

■10月6日13:30
さて、お待ちかねのアフリカンダンスの時間がやってきました!
長野から、富山から、岐阜から、たけちゃんを中心とした仲間が、
何と十数名も来てくれました~!
服装も凝りに凝って、力が入っています。
14たけちゃんか#12441;来た!

一通り演奏と踊りを見せてくれた後、
いつもの通り絵本を読み聞かせてくれました。
私はこの時の流れが大好きです。
15ます#12441;は絵本から

その後は、「まずは太鼓に触ってみよう!」ということで、
沢山の持ち込んでくれた太鼓にみんな群がります。
16太鼓を叩いてみよう!

たけちゃんの指導に合わせて、太鼓を叩く人々。
自然と笑顔がこぼれます。
17楽しいね!1

子どもたちも一心に太鼓を叩きます。楽しいね!
18楽しいね!2

そして、しばし遊びと準備運動をした後、いよいよ踊りタイムです。
私は当初、足の怪我をかばって、撮影係に専念することにしていました。
でも、太鼓のリズムを聴くうちに、
「こりゃ、踊れるかも???」という気分になってきました。
19踊る!

そこで、「足が痛くなったら止めればいいや」気分になり、
カメラを置いて踊りの輪に入ることにしました。
温かく迎え入れてくれたみんな、ありがとう!

かくして私も踊り出したことで、その結果画像は無いのですが、
とにかく楽しかった!
やっぱりアフリカンダンスは観るよりも踊りだね。
身も心もスッコーンと開かれます。

踊り終えた時、明らかに誰もの心が開いたのを感じました。
感極まって抱き合う私たち。
素晴らしいね。こういう時を共有できるのが最高です。

そして、何よりもこういう場を導くたけちゃんは大したものです。
ありがとう!たけちゃんと仲間たち!
ありがとう!一緒に踊ってくれた仲間たち!
みんな、みんな最高です!

その後の皆の顔つきは明らかに変わりました。
心と心がつながりました。
本当に素晴らしい時です。

☆★☆
今回、私たちが、何よりも私が特に意識しているのは、
福島の母子をお客さんとしてではなく、仲間として迎える姿勢です。

福島の母子を「助ける」ために、「手を差し伸べる」のではない。
今回、皆さんとつながるご縁をいただけたことに感謝して、
共に笑い、共に泣き、共に感じ合いながら、
輝ける時を共に過ごすことです。

まず、共に過ごすこと。それも悲壮感無しに楽しくね。
もっと突っ込んで書くと、まずは自分が楽しむこと!
そこから次の一歩が生まれます。
今回のアフリカンダンスで、その姿勢が見事に形となって現れた気がします。

この先の展開がますます楽しみです。
ありがとうございます。


10月4-11日 福島の母子を迎える
うち10月8日 だるま森さんの面白楽器づくりワークショップ(一般参加可)
  10月9日 けんちゃんの健康教室&マッサージ(一般参加可)
10月15-16日 東京ベジフェスタ出店
10月29-30日 かみさんの料理教室(予定)
11月3-5日 視力回復合宿老眼コース
11月12-13日 まぁさん塾(予定)
11月16-18日 チーム地球暦勉強会
11月19日 冨田貴史くんワークショップ
11月26日 つながりフェスティバル出店
その後は、冬のお菓子づくりに向かう予定です。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。

私が「天命」と受けとめて、事務局を引き受けることになった、
「つながる命 福島」。
これまでに粛々と準備を重ねてきましたが、
ようやく福島の母子をお迎えする時がやってきました。
以下、ドキュメント風にお伝えします。

■10月3日14:00
コアスタッフ・ミーティングの最終回を開きました。
始めた頃は4~5名の集まりだったのが、
この頃になると、サポーターさん達も加わるようになり、
活気が出てきました。

この回の前回では、お迎えする間のシミュレーションを、
かなり念入りに行ないました。

そしてこの回では、翌日からのお迎えに向けて、
細かい作業を話し合いました。

大きく生活班、調理班、イベント班、受付班に分かれて、
「こんな票を作ったらどうかしら?」
「あれが足りない!」「こんな食材が欲しいなぁ・・・」
「この支援物資をどう管理する?」
などと、ワイワイガヤガヤしながら話を進めます。

よくぞこの段階まできたものです。
もうこれだけ準備ができておれば、成功間違いなし!

0最終ミーティンク#12441;

ところで、今回、「つながる命 福島」は20名の母子を募集しました。
募集をかけた直後には続々と応募が集まり、
あっと言う間に8家族19名となりました。

「もうこのくらいで止めておこうか?」という声もありましたが、
募集そのものは止めずに様子を見ていました。
すると、応募はそのまま止まりました。

「ではこの19名の方々で始めましょう。」と、
準備を進めてきたのですが、
いざ当日が近づくと、思わぬ展開となりました。

「私(母)の仕事が決まりまして・・・」
「先日の台風で実家が床上浸水になってしまって・・・」
「子どもがRSウィルスにかかってしまって・・・」

次々とキャンセルの連絡が入り、あっという間に11名にまで減りました。
何とか増えないものかといろいろ手を尽くしましたが、
あまりに直前のキャンセルだったため、応募はありませんでした。

「もうこのまま行きましょう!」
ということで、結局5家族11名をお迎えすることで、
今回の「つながる命 福島」が始まりました。

そして私は一人、特別任務を受けていたのでありました。
それは、「福島までのチャーターバスに乗り込み、現地で皆さんを迎えて、
加子母にお連れする。」という任務でありました。

これまでに何度か電話やメールでやりとりさせてもらってきましたが、
ようやくこれでお目にかかって、直にお話できるようになります。
それなりに緊張しているであろう母子達に、いかにリラックスしていただき、
これから先の旅をお互いにとって有意義なものにできるか?
その大切な一歩の場を作る役目を仰せつかったのでありました。

■10月3日23:00
福島行きのバスに乗り込み、加子母を離れました。
運転手2名と、私一人の迎えの旅です。

最初はおとなしく椅子に座って眠ろうとした私でしたが、
次第にそれは難しいことに気づきました。

というのも、街灯や道端のサインが眩しくて、
なかなか寝つけないのです。

そこで、前もって想定していた体勢に持ち込みました。
バスの中はがらんどうです。
だから、私がどこでどうやって眠ろうとも、問題ない訳であります。

私がとった体勢とは?
それは、座席に挟まれた通路に寝袋を敷いて、縦になって眠ることでした。
加えてサングラスをかけて横たわりました。
これが快適!
あっと言う間に眠りつき、気がついた時は夜が白み始めていました。

■10月4日06:00
そして到着したのが、安達太良(あだたら)サービスエリアでした。
運転手さん達と共に朝食を取り、
時間調整のために、しばし休息することになりました。

その時に私がした行為は、放射線量の測定でした。

今回の旅に向けて、「つながる命 福島」としてではなく、
【もりのいえ】としてガイガーカウンターを入手していました。
ガイガーカウンターって、ピンキリなんですってね。
特に数万円クラスの品には劣悪品もあるそうです。

私も相当調べましたが、悪い評価の無かったもののうち、
α線も測定できるというので購入したのが、
「モニター4」と呼ばれるものでした。

でもこの「モニター4」、買ったものの、加子母では役に立ちませんでした。
というのも、線量を測定しないからです。

では、福島ではどうなのか?
これを実際にこの目で測定するのが、私個人の目的でもありました。

そしていよいよ安達太良SAで測定開始!
どれにしようかな?と辺りを見渡すと、ありました!
大きな枝振りのケヤキの樹が立っていました。
足元には「福島県の木」と書いてあります。
1福島県の木はケヤキ

それに「モニター4」を近づけると、
これまた大きく針が触れたではありませんか!
ざっと、0.4マイクロシーベルトくらいです。
2安達太良SAは0.4

いやぁ、こんな触れは加子母では全くありませんでしたからね。
やはりと言うか、その場に自分がいることに不思議な感覚がしました。

でもね、周りを見ても、そんな「違和感」はまるでないのです。
私が測定しているすぐ傍のベンチでは、初老の夫婦がお弁当を食べておられました。
そしてその周りを歩く人々は、誰一人マスクをしていませんでした。
全く「何事もない」風景でありました。
ガイガーカンターが音を立てて、大きく針を振っている他は。

そのギャップに少々クラクラしつつ、私たちは安達太良SAを離れました。

■10月4日08:30
福島駅に到着。
駅前ロータリーの植樹にガイガーカウンターを向けてみました。
すると、ざっと0.2マイクロシーベルトでありました。
3福島駅は0

これを高いとするのか?低いと理解するのか?
何とも言えません。
ただ、針は触れておりました。

その後、郡山駅では測る時間が無くて断念。
鏡石PAでは0.1。
ずっと離れて、昼食をとった波志江PAでは0.05でした。

福島駅でも郡山駅でも、
そこが被災地であるというようなサインは全く見つかりませんでした。
全く何事もない、普通の街の風景でした。

「これじゃぁ、『この街は安心安全だ!』と言われ続けたら、
そんな気分になるよな。」
そんなことを感じつつ、「では加子母は安心安全なのだろうか?」
という気持ちも湧きました。

福島市民が『我が街は安心』と思う気持ちと、
加子母村民が『我が村は安心』と思う気持ちって、
実は海外から見たら、五十歩百歩なんじゃないのかな?
そんなことを考えながら、私は福島の母子を迎えておりました。

■10月4日10:00
予定通り、5組の母子がバスに乗り込み、
バスは一路、加子母へ向かったのでありました。

私はバスガイドよろしくご挨拶から始まり、
今回の活動のことや、加子母の案内、
そして実際に皆さんが過ごす暮らしぶりについての説明をしていました。

そして何よりも大切なのは、皆さんにリラックスしていただくことです。
話を詰め込み過ぎないように、そして温和に伝えるように努め、
子どもたち様にDVDを観せつつ、柔らかい場となるようにしました。

始めは緊張気味だった母子は次第にリラックスし始めました。
何よりも3~4歳の女の子三人はすぐに打ち解け、
加子母に到着する頃には、バスの中は大騒ぎでありました。

■10月4日18:00
予定よりも40分早くバスが加子母に到着しました。
助かった~!これで早めに夕食をとってもらえることができます。

何と言っても長旅でしたからね。
本人が自覚している以上に疲れていることでしょう。
ですから長話は控えて、食後に風呂に入っていただき、
その日は早めに休んでいただくことにしました。

こうして、福島からの母子が、ついに加子母に到着しました。
(つづく)
2011.10.03 いざ福島へ!
明日からいよいよ「つながる命 福島」がスタートします!

私は今夜、23時に加子母を出て、

チャーターしたバスに乗って福島に向かいます。

そして翌朝、福島のお母さんやお子さん達をお迎えし、

そのまま夕刻に加子母に戻ってきます。

これもまた貴重な体験です。

ありがとうございます。

行ってきます。
イヘ#12441;ント豆本&た#12441;るま森JPEG800

10/7(金)16:00-17:00頃、「ふれあいのやかた 加子母」にて、
つくも堂まめ本舗の豆本教室をやります。
これはとっても気軽に、小さな本を自分で作ろうという企画です。
参加費は無料!きっとゆるゆるでやっていると思うので、
お気楽に構えてぶらっと訪ねてみてください。
スティックのりとハサミを持って来てね!

☆★☆
もう一つは、この夏、【もりのいえ】にて大評判だった、
だるま森さんが再び登場!
今度は「面白楽器づくりワークショップ」です。

日時は、10/8(土)13:30-15:30
会場は、「ふれあいのやかた 加子母」です。
参加費はどんと下げていただき、1,000円(一個あたり)です。
そして作るのは、「ハナゲぶー☆ラッパ人形」!!!

タイトルだけで面白そうだね!
これは見逃せません。

どちらの企画も一般参加可ですが、
だるま森さんの方は定員20名となっていますので、
お申し込みはお早めに。
はさみとホッチキスと、クレヨンを持って来てね。

お申し込み先は、「つながる命 福島」イベント担当のほんまさんまで。
「きよちゃん」と書く方が分かりがいいよね。
そう、あの「加子母マップ」を描いたイラストレーターです。
今回の「つながる命 福島」でもデザインで大活躍です。
ほんまさん:090-9124-4168

どちらも超お勧めです!
10月6日、加子母にたけちゃんが再び来てくれます。
そして、この時期に加子母を訪れている、
福島からのお母さんとお子さんとともに、楽しい時を過ごします。

この企画は参加無料です。
「参加費をもらっても、全額、支援金として渡すだけのことだから。」
たけちゃんはこともなくそんなセリフを言う人です。

その厚意に甘えて、参加費は無料とさせていただきます。
カンパボックスは置いておくので、よろしかったらお願いします。

すんごく楽しいアフリカンダンス!
そして、たけちゃんに逢うだけでも意味があるよ。
その意味は、逢ったことがある人だけに分かる魅力だけれどね。

ともかくいらっしゃい!

日時:10/6(木)13:30-15:30
会場:ふれあいのやかた 加子母
(道の駅加子母から見て、川をはさんだ反対側)

イヘ#12441;ントアフリカンタ#12441;ンスJPEG680

「つながる命 福島」ブログはこちらをご覧下さい。
今日は保育園の運動会でした。
年長のU太にとって最後の保育園運動会です。

二週間程前までのU太は、
「運動会嫌だ!保育園に行きたくない!」と連呼していました。

私もそういうタイプだったので、
「よ~く分かるぞ。嫌ならば行かなくてもいいぞ。」
と話しかけておったのですが、
何がきっかけになったのか、ある時からU太は俄然、
運動会の練習に精を出すようになりました。

毎日、先生と交換する連絡帳でも、
「練習にとても頑張っています!」
とのコメントをいただくようになりました。

ここ数日は、今まで嫌いだった味噌汁を、
「元気がでる味噌汁だ!」と言って飲み干すし、
ご飯も「元気パワーだ!」と言って一気に食べるし、
一体何があったの?

昨日の夜は、「鉄棒の逆上がりが自分でできるようになりたいから、
早く保育園に行って練習する!」と言い出す始末。
運動会の当日に朝早く行って練習するなんて、
お父さんの辞書にはない出来事です。

ともあれ、運動会を楽しみにしているU太に誘われて、
家族全員と、スタッフさんのなっちゃん、
そして最近来てくれた、ぴーちゃんと共に応援に行きました。

すると面白いことを発見。
U太が常に笑顔満面でその場を楽しんでいるのです。

例えば第一種目の綱引きシーンです。
どのこも綱を持つことに意識が向いているのに、
ただ一人、U太だけがこちらを向いて手を振っています。
1綱引きて#12441;一人手を振る

アップしてみましょう。
見て下さいよ。この自然な笑顔。
こんな場で彼のこんな姿を見るなんて、初めてじゃないかな。
2綱引きて#12441;カメラ目線

この後もU太はいつもニコニコしていました。
そして、小さい子達の面倒も見ていました。
リレーでも早く走っていました。
3走るU太

お父さんは後ろの方でその姿を見て、
一人、目頭を熱くしておりました。
「あのU太がねぇ。」

どちらかと言うと、一人でこつこつと絵を描いたり、
何かに集中するのが好きで、
集団行動を好まないタイプに見えていましたが、
思いのほか、集団の中で楽しんでおりました。

これには先生たちの努力もあるのでしょうね。
彼が好んでできるように持っていってくれたのでしょうか。
どちらにせよ、ありがたいことです。

お昼はお母さんのお弁当。
いつもながら美味しいです。
これもまた、ありがたい。
「あぁ、ビール飲んで、ハンモックで眠りたい!」という気分です。
4運動会お弁当

午後の目玉は「キッズソーラン」でありました。
これは年長組が毎年するものらしく、
「年長になったらキッズソーランができる!」というのが、
子どもたちの夢らしい。

私は本音を言うと、「なんで加子母でソーランなの?」と感じているのですが、
何はともあれ、我が子が参加するものはともかく目を向けます。

するとまたまた面白い出来事に遭遇。
他の子は前を向いて、
ずっと奥の方で見本を見せている先生を見つめて踊っているのに、
U太だけがこちらを向いています。
5キッス#12441;ソーランて#12441;一人こちらを見る

アップしてみましょう。
最初の綱引きシーンと言い、
まるでビデオカメラのCMのようなカメラ目線!
しぐさもかわいいでしょ?
6キッス#12441;ソーランて#12441;カメラ目線

その後もずっと彼は、こちらを見つめておりました。
かわいいね。
7キッス#12441;ソーランて#12441;カメラ目線2

8キッス#12441;ソーランて#12441;カメラ目線3

他の家族はというと、KAN太は「歩いてリンゴをもらいに行く種目」で、
もらったリンゴを私たちの方にまで見せに来てくれました。
さすがKAN太です。マイペースです。
9リンコ#12441;をもらって報告するKAN太

お母さんは大活躍でした。
私が走られないので、お父さん達が走る種目にも出てくれました。
私は当初出るつもりでしたが、実際に全力で走る他の人たちの姿を見ると、
やっぱり出なくて正解と納得した次第。

そんな私は家族席の後ろでおとなしくディレクターチェアに座り、
一人笑ったり、泣いたりしておりました。
そしてお母さんが種目に出ている時は、愛しいFUKUを抱いておりました。
10運動会て#12441;FUKUとお父さん

FUKUはここ一ヶ月程、お母さん以外には誰にもなつかず、
かつて「私が抱けば泣き止む」ほどだったのに、
この時期は私でもダメでした。

それが数日前からモードが変わったのか、
再び私になつくようになりました。
やっぱりその方が嬉しいものです。

こうして我が子の成長を喜ぶ今が、本当に幸せです。
みんな、ありがとうね。


10月4-11日 福島の母子を迎える
うち10月6日 たけちゃんのアフリカンダンス(一般参加可)
  10月8日 だるま森さんの面白楽器づくりワークショップ(一般参加可)
  10月9日 けんちゃんの健康教室&マッサージ(一般参加可)
10月15-16日 東京ベジフェスタ出店
10月29-30日 かみさんの料理教室(予定)
11月3-5日 視力回復合宿老眼コース
11月12-13日 まぁさん塾(予定)
11月16-18日 チーム地球暦勉強会
11月19日 冨田貴史くんワークショップ
11月26日 つながりフェスティバル出店
その後は、冬のお菓子づくりに向かう予定です。


農的暮らし、宿屋(一泊二食6,000円)、
焼き菓子販売、自然良品店、通販、イベント開催&出店
もりのいえ
メールアドレス: masa★mori-no-ie.com 
(★を@に換えて入力してください。)
岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421
電話&FAX: 0573-79-3268
代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)
【もりのいえ】の紹介は、こちらをご覧ください。
ネットショップはこちらからどうぞ↓
もりのいえのお届け便
【もりのいえ】への行き方はこちらをご覧下さい。