昨夜、常勤スタッフ・まちこちゃんの
バースデーパーティーを開きました。

誕生日は21日でしたが、
その日は【もりのいえ】でイベント中でした。

それはそれで、参加者さん達から
祝ってもらっていましたが、
【もりのいえ】としてもお祝いしましょうと、
日をずらしての開催です。

今回は、私と子どもたちで、
夕食とケーキを作る事になっていました。

午後からいそいそと支度する、
私とU太。

20130927-1.jpg

じゃがいもの芽かきに集中しているU太の脇で、
おどけているKAN太。

20130927-2.jpg

その場を和ませるのがお仕事です。
U太は呆れていますが。

20130927-3.jpg


それでも、ケーキを作る時には
真剣な顔も見せておりました。

20130927-4.jpg


今回のケーキの特徴は、
パンケーキの重ね置きです。

つまり、パンケーキを何枚も作って、
クリームをはさみつつ、
重ねて盛り上げていきました。

生地は私が作り、
豆腐クリームはまちこちゃん、
そしてトッピングは子どもたちです。

20130927-5.jpg

やがて完成!

20130927-6.jpg

この日、まちこちゃんからの夕食リクエストは、
にゅうめんでした。
誕生パーティらしからぬメニューですが、
ご希望とあれば、気合い入れて作ります。

今回は、干し椎茸、昆布のほかに、
鶏肉でも出汁を取りました。

出汁を取った後の鶏肉を
天ぷらに揚げたところ、
厨房で大好評!

みんな集まって、その場で
つまみ食い宴会が始まってしまいました。

20130927-7.jpg

それでもやはりメイン会場に移りましょうと、
目を向けると、綺麗なデコレーション!
クリスマスツリーの電飾を、
キラキラに合わさると、結構いけます。

20130927-8.jpg

さて、夕食の始まりです。
まずは私のにゅうめんから。
今回は少し塩味がききすぎました。

でもみんな、黙々と食べておりました。
子どもたちも、
脇のフルーツポンチに目もくれずに、
ただひたすらお椀に向かっておりました。
ありがとう。

20130927-9.jpg

これがU太の一品。
ピーマンとジャガイモの炒め物です。
メニューを考えるところから、
本当に彼一人で全て作りました。
大したものです。

20130927-10.jpg

食事の後に、ケーキ登場!
改めておめでとう!

20130927-11.jpg

ケーキも結構いけました。
メープルシロップと合うのは、
さすがパンケーキ!

20130927-12.jpg

こうして、三週連続の
バースデーパーティーが終了しました。

いやぁ、怒濤の
【もりのいえ】ゴールデンウィークでした。
これから毎年このような光景が
繰り広げられるのでしょうね。
それはそれは、ありがたいことです。
昨夜、久々に【もりのいえ】にて
上映会を開きました。

『キリクと魔女』

imgres_201309270813215aa.jpeg

いやぁ、素敵な映画でした!
日本とは違う世界観でいて、
共感できる場面たっぷりの名作だと思います。

この映画のDVDは、
今年の子どもたち誕生日に向けて、
理恵が手に入れたいと願っていたものでした。

母と子の強い絆

一人の人間として、
強い意志と好奇心と知恵と勇気と
行動力を持つことの大切さ

人を信じること、
愛することの深さ



様々なことを気づかせてくれます。

これから先、特に母子が訪ねて来られる時は、
上映会をしたいな。

「つながる命 福島」の時に
皆と一緒に観たいな。

いろいろ感じ、
考えが膨らんだ映画でした。
まだの人、お勧めですよ。

よろしかったら、
【もりのいえ】でも観られます。

昨日はいろんなことを、
手分けして作業しました。

まず、天井を抜いた寝室は、
結構本格的にリフォームすることになり、
まずは押し入れを外して、
部屋を広くすることにしました。

強度上、問題のない柱を外し、
「俺たちはやったぜ!」と、
リフォーム(解体?)に自信を深めてきている
男性スタッフたち

20130926 二人は押し入れ外し

まちこちゃんは、
トマトソースを作りながら、
シュークリームづくりにいそしんでいます。
FUKUはインゲンを切っていたそうです。

20130926まちこちゃんはシュークリームづくり

見た目も綺麗で、
美味しいシュークリームが完成!
午後のおやつに皆でいただきました。
あっという間になくなりました。

まちこちゃんのシュークリーム

私は、大辛ソース「ファイヤー!」づくりです。
今回は、これまでのバーベキューでできた、
消し炭を使って、作ってみました。

消し炭だけで「ファイヤー!」ができるなんて、
燃料代も浮いて、何だか得した気分です。

消し炭でファイヤー!

おかげさまで、作れば出ていく状態でしたが、
これでようやく在庫ができました。

黒にんにくの販売準備も始めました。
あれこれ、いろいろ動き出しています。

昨日の朝、
最近特に親しくなった
古民具屋さんに向かいました。
結構大きなお店です。

20130916-個民具屋競り市-1

昨日は業者さんのみによる、
「競り市」の日でした。

一般人は入れませんが、
ご主人に許可をいただき、
見学させていただきました。

集められたものたち。
業者さんも結構集っています。
広い駐車場にも入りきれず、
外に車があふれています。
遠くは九州からも来られる人がいるとか。

20130916-個民具屋競り市-2

さぁ、競りが始まりました。
一つ一つ、あるいは束で台の上に載せ、
声を掛け合って落としていきます。

20130916-個民具屋競り市-3

こうして競りで落とされたものたちが、
綺麗に再生され、
都会の骨董屋さんで売られていくのですね。

さて、これは最近、
私がこの店で手に入れたものです。
箱を何重にも重ねて収めることができる、
まるでロシアの人形みたいです。

重ね箱

今後、外イベントに出店して、
商品を展示する際に
面白そうと思って買いました。

こうやって置いているだけでも
お洒落でしょ?
これ全てで2,000円程度でした。

このような掘り出し物が沢山ある、
加子母の古民具屋さん。
是非、ご利用ください。

そして、昨日見学中に、
主宰者のお一人から、
このようなチラシを受け取りました。

この古民具屋で、一般客向けに、
骨董屋さんがイベントをされるそうです。
「是非、周りに伝えてくれ」とのことでした。

骨董業者による即売会
10月12(土)、13(日)
それぞれ10:00-16:00
会場:古民具 わだ(この古民具屋さんです)

骨董市ちらし

いいですねぇ。
掘り出し物が一杯見つかるかも?
このお話、乗ることにしました。

ということで、10/12-13、
【もりのいえ】にお越しになりませんか?
宿泊業を再開します。

そして一緒に即売会に行きましょう!
10/13は加子母の
村全体の運動会があるので、
出場種目によっては私たちは
どのような動きになるか不明ですが、
ともかく12日は朝から覗きに行ってきます。



今日、去っていった、ウーファーののりちゃん。
何でも笑顔で作業してくれて、本当に助かりました。
またいらっしゃい!

20130925寝室天井抜き-o

そして私たちが何故作業着かというと、
今日は念願の作業をしたのです。

玄関に入って右側の部屋は、
森本家唯一のプライベートスペースである、
寝室です。

元は馬用のスペースだったのでしょうか。
この部屋の天井は低く、
以前、雨漏りがあった後も残り、
ぱっとしない部屋だったのです。

20130925寝室天井抜き-1

ここをいつか何とかしたいと
移ってきて以来、ずっと願っていましたが、
いざ暮らし始めると、
なかなかふんぎりがつかないのでありました。

ところが、今回の理恵の事故の影響で、
【もりのいえ】としてのイベントが激減し、
私たち家族が別の部屋で眠ることが増えたので、
「ならば今のうちにやればいいではないか!」
と思いつきました。

しかも、今ならば男性スタッフが2名いる!
もうこのチャンスを生かすしかない!

ということで、
ハディとこうきくんのお二人に手伝ってもらって、
作業開始!
いでたちも万全です。

20130925寝室天井抜き-2


いざ天井を抜いてみると、
想像していたほど、
ネズミ関係のものはなかったですが、
ほこりがすごい!

こうして、ようやく天井が抜けました〜!
この先は、建築関係の方に相談しつつ、
部屋を作りかえていきます。

20130925寝室天井抜き-3

古民家再生とか、
リフォームなどと言うと大げさですが、
ともかく一歩を踏み出しました。

何にしろ、
まずはやり始めてみるものですね。
週末は【もりのいえ】にて
イベントをしていました。

理恵抜きでこれほどの
イベントをしたのは初めてでしたが、
大勢のスタッフさんと参加者の助けを得て、
やり遂げることができました。

みんな、ありがとう!

P9240003.jpg

そして今日は久しぶりに病院へ!
4日間もあけたのは初めてかも。

理恵は、これまでは病衣でしたが、
自前のシャツで迎えてくれました。

もともとビビットな色が
似合っていた理恵ですので、
こういう服を着ると、
あぁやっぱりと感じます。

IMG_1187.jpg

やはり彩りは大切ですね。
特に病室には必要だと実感します。

これまでの沢山のお花を
入れ替わり届けてくださっており、
それにもただただ感謝です。

そして実は【もりのいえ】でも
せっせとチューリップの球根を植えております。
春には、華やいだ花壇が
訪れる人を出迎えてくれるはず。

そんな光景を頭に描きつつ、
日々過ごしています。
21日から始まっている、
整体師養成コース9月講座。

講座としては今回が最終で、
来月は卒業試験の予定なので、
受講生は真剣そのものです。

朝9時から、夜11時まで、
連日、みっちりと勉強しています。
すごい集中力だね。

講座を支えるスタッフさんは、
常勤スタッフを含めて7名。

とても和気あいあいと
作業してくれています。

子どもたちの遊び相手もしながら、
笑い声がそこかしこで聞こえる
おだやかな光景を眺めるに、
「ああ、普段の【もりのいえ】だなぁ」
と感慨深くなります。

昨日の夕食には、私が天ぷらを揚げました。
30食近くを揚げ続けましたが、
みなさん、満足していただけたでしょうか。

そして今日は朝から
大辛ソース「ファイヤー!」の
仕込みをしています。

というのも、もう在庫が無いのです。
ありがたいことに、
作ってはさばけていく状況でして、
ただただ感謝です。

愛農かまどの釜で、
ぐつぐつと煮込まれる「ファイヤー!」

P9230009.jpg

選び抜かれた食材と、こだわり、
そして愛情をたっぷり注いだ、一品です。
詳しくはこちらをご覧ください。

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2568.html

P8140007.jpg

今は、学生ウーファーの
こうきくんが火の番をしてくれています。
【もりのいえ】の暮らしに興味津々で、
どの作業も楽しんでくれている様子が好ましいです。

P9230012.jpg

母屋の前も、店の前も、
片付けと掃除が終わって、
随分とスッキリしてきました。

ようやくこういった作業にまで
目と手が行き届くようになりました。
ありがたいことです。
2013.09.21  賑わい再び
今日は整体師養成コースが
【もりのいえ】にて開かれました。

前回の講座が終了したのが、
7/29でした。

つまり、理恵が事故に遭った日でした。

あの日、講座が終了して、
まだ数名が残っていた時に、
警察から電話がありました。

「至急、病院に向かってください」
との連絡を受け、
残っていたメンバーに、
「とにかく出かけるので、
あとはよろしく」と言い残して、
出かけたのでありました。

このコースは8月にも予定されていましたが、
私たちのことを気遣って、
8月は延期にしてくれました。

そして9月についても、
どうするか打診がありましたが、
「やらせてください」とお応えし、
【もりのいえ】にて開催することになったのでした。

これまで調理を担当していた理恵の代わりには、
数名のスタッフさんが来て下さり、
私も厨房に入っています。

総勢30名近くが【もりのいえ】に集い、
久々に賑わいが戻ってきました。

☆☆☆
そして今日は、
【もりのいえ】常勤スタッフの
まちこちゃんの誕生日でもありました。

これまでも何かと支えてくれたまちこちゃんですが、
理恵が事故に遭ってからは
尚の事、私たちの暮らしを支えてくれています。

炊事、洗濯、掃除、子どもの相手、・・・
家事と言われるものはほとんど全て、
彼女が支えてくれているおかげで、
私たちは穏やかに過ごすことができています。

まちこちゃん、本当にいつもありがとう。
そして誕生日おめでとう。

【もりのいえ】での誕生パーティは、
来週に行なうことにしましたが、
やはり当日は祝おうと、
コース受講生の方々が声を上げて、
ケーキを持ってきてくれました。

P9210004.jpg

ありがたいね。
KAN太の誕生パーティが終わりました。

今回の趣向は、沢山の風船!
業務用品を扱うお店で、
合計200個の風船を安く仕入れました。

もう子どもたちは大喜び!
家の中が風船だらけです。
会場も風船提灯。

P9200017.jpg

お誕生席では、KAN太は社長さん。
バックのHappyバルーンが映えます。

P9200002.jpg

ディナーは、この地域の名物「けいちゃん」。
野菜たっぷりの【もりのいえ】バージョンです。
鶏も、いつも倍、入っています。

P9200005.jpg

けいちゃんで相当腹が大きくなったみんなですが、
それでもケーキは別腹。
ロウソクの幻想的な灯りに包まれて、
KAN太、おめでとう!!!

P9200009.jpg

お母さんからのメッセージも渡して、
とても和やかなパーティでした。

理恵はこの場にはいませんが、
心は傍にあります。
今日はKAN太の誕生日です。
あの、あのKAN太が、5歳になりました。

もともとの予定日が
U太と同じ9/13だったKAN太。

「同じ日だったらかわいそうね。
一緒に祝われてしまうから」

理恵(お母さん)の思いを受けてなのか、
一週間ずらして生まれてくれました。

そのおかげで、この時期は毎年、
私たちにとって、
ゴールデンウィークになっています。

生まれてくる時、
予定日よりも一週間早く、
理恵が異変を感じたことで、
早々に吉村医院に向かった私たち。

結局、その日から、予定日も過ぎて、
二週間待ちました。

ブログでは、この日から始まったいますが、
結構長丁場ですので、
ご興味がある方はどうぞご覧ください。

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-1155.html#

そして、2008年9月20日、
四つん這いになった母のお腹から、
ずるっと彼は出てきました。

ところで、彼が生まれて来る前に、
近所の産婆さんに診ていただいたところ、
お願いもしていないのに、
「今度は女の子だねぇ」などと、
教えてもらっていました。

私たちは生まれてからの
お楽しみにしていたのですが、
そんなことを言われると、
女の子の名前しか浮かんでおりませんでした。

ですから、いざ生まれて、お腹をみると、
おちんちんがついておるではないか!

さて、どうしよう?

そこで、いたってマイペースを貫いて
生まれてきたので、
貫太と名付けたのでありました。

KAN太笑った4

さて、KAN太、
本当にマイペースの人でありました。

P7300205.jpg

まず、時間の概念がありません。

そして、彼にとって、
「やらねばならないこと」は、
ほとんどありません。

何か予定があっても、お構いなしです。
常に目の前のことに意識が向いているので、
その直前のことは眼中にありません。

ですから、毎朝、相当早い時刻から、
「保育園に行く準備はできたかな〜?」と
何度も声かけされて、
「あっ!そうだった!」と、
おもちゃや絵本を手放す
KAN太の姿が見られます。

当然のように、よくものを忘れます。
やっとのこと、お弁当箱にご飯を入れたのに、
次の瞬間、お弁当箱が消えます。

時にはとても順調に準備ができても、
いざ出発する時に、
「帽子がな〜い・・・」と言い出して、
結局遅れてしまうことは、しょっちゅう。

それでも、KAN太の得なところは、
何と言っても、笑顔が素晴らしいことです。

P8240239.jpg

いつもほんわかして、
笑顔で甘えるような声を出し、
周りを和ませてくれます。

「まったく、KAN太なんだから・・・」
周りの人間が何度もつぶやくセリフです。

名づけて、【もりのいえ】のプーさん。

imgres.jpeg

U太とインド・ラダックに旅した時、
「お父さん、KAN太がいるよ!」
と、U太が叫びました。

まさにKAN太!
この人、お釈迦様なんですけど・・・

IMG_0687 - バージョン 2

また、最近、子ども向けの映像を
チェックしていたら、
KAN太が「僕がいる!」と叫びました。

それは、鉄腕アトム!

imgres_20130920104945b24.jpeg

KAN太、全くいいとこ取りしています。

誰からも愛されるKAN太。
お前は大丈夫です。
このこぼれるような笑顔がある限り、
お父さんはお前のことは心配していません。

P9070001 - バージョン 3

それでも、時々、ストレスをためているね。

例えば、U太の絵が素敵なものだから、
訪れる人がU太のことを
「すごい、すごい!」と言ってくれます。

それを横目に見ている、お前の姿を、
お父さんもお母さんも見つめているよ。

U太は運良く若くして、
センスを表現する道を見つけました。

でもお前は慌てることはないんだよ。
「僕も何か、すごい!と言われるようなことをしたい」
なんて考える必要はないんだよ。

お前は既に、存在そのものが幸せです。
そんなお前が、大好きだよ。
そして、よくぞうちに来てくれたと、
いつも感謝しています。

時間の概念と、
すべきことが無い生き様は、
私にとって、教師でもあります。

KAN太、いつもありがとう。
そして5歳の誕生日、おめでとう。
これからもヨロシクね!

P8190052.jpg
今日は友人のあっちゃんが
見舞いに来てくれました。
黒にんにく試食会を病室で開催!

IMG_1183.jpg

このまま彼女を拉致して【もりのいえ】へ。
今週末、【もりのいえ】にて
整体師養成コースが行なわれるので、
スタッフ参加してくれます。

週末には7名スタッフ体制になり、
賑やかな【もりのいえ】が戻ってきます。

帰り道、いろいろ買い出しをしつつ戻りました。
まずは、明日のKAN太の誕生パーティの準備です。

KAN太の、「風船を沢山膨らましたい!」
という希望を受けて、
普通の風船100個と、
細長い風船100個を買いました。
さて、明日はどうなりますか。

また、「かぼちゃを沢山買ってください」
との理恵の指示を受け、
道の駅で、大人買いしました。
うちの畑でも同じだけ採れているので、
家中かぼちゃだらけです。

P9190001.jpg

これからは、すくなかぼちゃを
買い足していきます。
お買い得情報がありましたら、
教えてくださいな。

昨日、「保温ジャー欲しいです!」
と書いたら、早速、ご連絡がありました。
おかげさまで目処がつきました。
ありがとうございます。

こうして、いろいろ賑わってきました。


あの〜
この場をお借りして、
一つお願いがあります。

もし、ご自宅に、
保温ジャーが余っていたら、
お譲りいただくことはできないでしょうか?

理恵が甘酒を作りたいと言っておるのです。

どんなサイズでも構わないそうなので、
そして、本当にご家庭で
余っている場合で結構ですので、
そういう方がおられましたら、
ご一報いただけましたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

☆☆☆
そして、付け足しのお願いですが、
もしご家庭で、
雌の鶏が余っていたら、
2〜3羽いただけたら嬉しいです。

今いる鶏が一羽でして、
何だかつまらなさそうなのです。

以上、誠に勝手なお願いですが、
そして本当に余っている方で結構ですので、
よろしくお願いします。

連絡先
masa☆mori-no-ie.com
(☆を@に替えてください)

【もりのいえ】で自作した
黒にんにくを使っての
加工試作を始めました。

これまでに頭の中でずっとイメージしていた
レシピを試します。

今いるスタッフさんの、
ハディとのりちゃんも
こういう過程を楽しんでくれています。

そして早々に4点、できました〜!
左から、A,B,C,D のコードネーム。
内容は秘密です。

P9180005.jpg

厨房での前評判では、
Cが一番人気でした。

それでは今から夕食タイムで試食会です。
さて、どうなりますかな?
お楽しみ〜
大辛ソース「ファイヤー!」を大量に作ろうとして、
少し計算違いをして、
多めに発注してしまった、にんにくたち。

P9030009.jpg

地元加子母(かしも)産で無農薬。
一片ずつプリプリしていて美味しいです。

ニンニク500g

当初の目的の「ファイヤー!」
用としてはもちろんのこと、
今は生でも販売しています。
リピートご注文なんかもあったりして、
嬉しい限りです。

(詳しくはこちらをご覧ください)
→ http://maasan.blog19.fc2.com/blog-date-20130903.html

そして、せっかくの機会なので、
彼らを生かす手はないものかと思案して、
作り始めたのが、黒にんにくです。

その仕込みが順調です。

P9180007.jpg

カットすると、
まるでチョコレートのような風合い!
ジューシーで甘酸っぱくて、美味しい!
にんにく臭くない!

P9180002.jpg

彼らは、しばらくはこうしておいて
更なる熟成を待ちます。

P9180001.jpg

でも既に食べて美味しいので、
これからぼちぼち食していきます。

そしてこの黒にんにく。
そのまんま「黒にんにく」として
販売もする予定ですが、
私はもっぱらこれを材料に、
加工していくつもりです。

今日からその試作を始めます。
ワクワクです。

☆☆☆
よく、「失敗は成功のはじまり」
だと言われますが、
それは本当だと思います。

ただ、「失敗」を、
どのように受けとめるかと
いうことだと思います。

まず、それを「失敗」だと
評価するかどうかですね。

失敗って一体、何だろう?
どうなれば成功なのだろう?

例えば、今回のにんにくの場合、
必要以上の注文をして、
予定よりも多く支払いをしました。

それは「失敗」だろうか?

にんにくを含め、
仕入れた材料代の元をとって、
より多くの儲けが出ることが
「成功」だろうか?

そもそも、失敗は悪であって、
成功は正しいことなのだろうか?

いろいろ考えられますね。
私もかつてはいろいろ考えました。

でも最近は、
こうとらえることにしています。

「何のご縁か、
今、上物のにんにくが大量に、
目の前にある。
彼らを生かすことが何より。
そして、生かすことを楽しもう!」

ということで始まった今回の流れです。

目の前の状況を受けとめて、楽しんで、
美味しい黒にんにく加工品ができて、
みんなが美味しい思いをして、
その結果、私たちの収入も増えれば
なおのこと、よし!

今後の展開をお楽しみに!





今日はアフリカンダンス&ドラムの
ママサブの日でした。

いつもの人、初めての人、
講師のたけちゃんにとって懐かしい人、
様々が集い、踊りました。

毎日が特別な時なんだけれど、
今日のママサブはさらに特別な日でした。

それは、理恵が事故に遭って
初めてのママサブだったから。

これまでのママサブは、
理恵が事務局的に動いてきました。
今日はその彼女がいない、
初めての回だったのです。

そして、理恵にビデオレターを伝えようと、
皆が踊る姿や、メッセージを撮りました。

そのことを分かっていたから、
参加者の誰もが、いつもとは異なる、
特別な感情を持って臨んだことと思います。

踊りを始める前、
たけちゃんからの思いを伝えてもらいました。

P9170008.jpg

その後はビデオばかり撮っていたので、
この場でお伝えすることはできません。
(ビデオカメラで撮ったデータを、
アップする方法を、まだ知らないのです)

それでも、
それはそれは素晴らしい場であったことを
お伝えしておきます。

誰かのために踊る
誰かを思って踊る

そのことで、いつもと異なる場が育っていました。
私は何度も感極まってしまいました。

みんな、みんな、ありがとう。
この素晴らしい場を、
これからも共に育んでいこうね。

そして、いつの日か、
理恵が帰って来る時を
楽しみにしましょう。

理恵は、
「これからはドラムで皆を踊らせる」
と宣言しています。

そんな時が来ることを
楽しみにしていきたいです。

さて、次回のママサブは、
10月29日(火)10:00-12:00です。
会場はいつもと同じく、
加子母B&G海洋センターです。

参加費は、一家族1,500円。
初めての人は、お一人500円です。

素晴らしい仲間と、
素晴らしい時を共に過ごせていることに、
ただただ感謝です。


いよいよ明日(9/17)10:00〜12:00、アフリカンダンス&ドラム「ママサブ」開催です!
会場は加子母B&G海洋センターです。

今回は、理恵に向けてのビデオレターも撮影します!初めての人も是非お気軽にご参加ください!初めての人は500円です!

詳しくはこちらをご覧ください!

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2576.html

お待ちしています!

P6050048.jpg
今年、子どもたちと約束していたことがありました。
それは、例年10月に東京・代々木公園で開かれる
「東京ベジフードフェスタ」に出店した後、
鴨川シーワールドに行くということでした。

特にU太はシャチが大好きです。
シャチのショーを観られることを熱望していました。

ところが、理恵が事故に遭ったことで、
今年の東京行きはなくなりました。

では、それでも鴨川に行くか?となると、
子ども三人と共に長旅をする自信がありません。

そこで、子どもたちに相談して、
今年はともかく
近場の水族館に行くことにしました。

そしてそれを、U太とKAN太の
誕生日記念イベントとすることにしました。

その日が今日でした。
前日から理恵の実家に泊まり、
翌朝一番に行くつもりでした。

ところが朝は台風の雨風がすごく、
調べると水族館は12時開館に変わったとか。

それでもいいと、
義妹のめぐちゃん一家も誘って家を出たところ、
みるみる空が明るくなり、
到着した時には青空が!

到着するなり、子どもたちは大興奮!
チケット売り場までダッシュ!
すごいハイテンションでした。

そして館内へ!
すると驚きの光景が!
大水槽にシャチが泳いでいるではないですか!

<Youtube>

実は私、この水族館にシャチがいるというのを
知らなかったのです。
それが目の前を泳いでいる!しかも親子で!

大感激でした。
U太も大喜び!

その後、観たイルカショーも見事な構成!
今まで観た動物ショーの中で一番感心しました。

水中の動きを大スクリーンで見せてくれたり、
つい先ほどのシーンを、
その直後に大スクリーンで再生するなど、
飽きさせない構成です。

子どもたちはただただ凝視!

IMG_1116.jpg

ショーで大興奮した後は、
ふれあいコーナーで、
エイやサメに触れていました。

「エイに触る時は、
『エイッ!』と声を掛けるんだよ」
と教えると、本当にしてくれました。

IMG_1131.jpg

それにしても水族館の大水槽の前って、
幻想的ですよね。
特に緩やかな階段状になっているスペースは
心が休まりました。

IMG_1132.jpg

なんて、のんびりしたのは一瞬の出来事!
途中からKAN太が疲れ出したので、
彼を抱っこしたら、
すかさずFUKUが寄ってきて、
「FUKUも〜!」

ということで、後半は、
右手にKAN太、左手にFUKUを抱いて、
歩き回っておりました。

かくしてお父さん、超ヘロヘロになりましたが、
水族館を出て、台風一過の後の強風に
大喜びの子どもたちをみて、
またしても癒されたのでありました。

IMG_1173.jpg

U太はシャチの人形をゲットして超大喜び!
「僕の友達ができた〜!」と連呼しております。

P9160002.jpg

KAN太も帰宅後には熱も下がり、
うんこも出て、表情が和らいできました。
良かった、良かった。

☆☆☆
ここ最近、気づいたことがあります。

私たちは、週末に子どもたちのために
遊ぶことをしてこなかったなぁ
ということです。

イベント宿屋なるものをしている限り、
週末に子どもたちだけの時間を持つことは
なかなか厳しいです。
特に三連休は、一番の稼ぎ時ですからねぇ。

外出する時は、大抵、
どこかのイベントに出店する時でした。
お菓子を売る合間に、
散歩する程度のことしかできていませんでした。

それが、この夏は、
子どもたちと目一杯、遊んでいます。
もちろん、子どもたちは大喜び。

思わぬ出来事がきっかけで、
大切な時間をいただいています。


昨日、子どもたちと共に、
病院の理恵を見舞った後、
映画「キャプテンハーロック」を
観てきました。

当初、U太、KAN太と共に観る予定でしたが、
KAN太が「お腹が痛い」と言い出したので、
実家で休んでもらい、
急遽、理恵の妹・めぐちゃんの
長男・Ryoseiを誘いました。

映画の善し悪しの評価はともかく、
ハーロックはめちゃかっこ良かったです。

私はコスプレはあまり興味なかったですが、
(昨年末は【もりのいえ】の忘年会で、
 セーラー服でAKBも踊ったけれど、)
このハーロックならば、
マジでコスプレしてみたい!と願いました。

images.jpeg

私がこういう願望を持ったのは、
初めてかも。

でも、私がハーロックのコスプレしたら、
絶対に子どもたちもやりたがるだろうなぁ。
U太も、KAN太も、そしてFUKUも。
すると、4人で揃ってやるか!?



相当な出費をしそうで、
「今、こういうことをしている場合か?」
と自問しつつ、
「やっぱりやりたい!」願望が
ムクムク湧き上がってきた私でした。

映画「キャプテンハーロック」の
HPはこちらです。

http://harlock-movie.com/
昨日は朝から皆で出かけ、まずは中津川駅前へ。
「にぎわいプラザ」と呼ぶ市の施設で、
この夏、小中学校生が作った工作で、
各校から選ばれた作品の
展示会が行われていたのです。

P9150006.jpg

その中に、U太の作品
蒸気機関車もありました。
少し自慢気な様子のU太。

P9150002_2013091608195887f.jpg

早速、他校の生徒の作品を観ていきます。
どれも力作揃い!

確かこれはU太と同じ小学2年生作の恐竜。
P9150007.jpg

ピタゴラスイッチ風。
ハンドルを回すと、
柱が交互に上下して、
ボールが登っていきます。

P9150008.jpg

手前は猪が触れると知らせる装置。
奥は何と!
ロケットストーブ!

P9150004.jpg

ペットボトルで零戦。
形ができています。

P9150012.jpg

中津川市はリニア新幹線の駅ができる関係で、
リニアの工作が多かったです。
特に感心したのがこれです。
磁石を交互に重ねることで、
新幹線が引っ張られるように動くのです。

P9150011.jpg

木工系はホントに子どもが作ったのか?
というほどのレベルでしたが、
木を使った工作で感心したのがこれです。
ナポレオンフィッシュですかね。
様々な樹の皮などを使って、張った作品です。

P9150009.jpg

U太が特に気に入ったのはこれです。
風車で実際に電気を作るそうです。

P9150010.jpg

U太は相当刺激を受けたらしく、
「来年は電気を使った何かを作る!」
と宣言しておりました。

さて、来年の夏が楽しみなことです。
今日はU太の通う加子母小学校の
運動会でした。

加子母は10の地区に分かれていて、
何かと地区毎に集います。

運動会でも、地区毎にテントを張って
家族が見学するのですが、
そのテントを、子どもの保護者が設営します。

今、私の暮らす地区は、3家族です。
ですから今朝は三人の父親が集って、
地区の倉庫からテントを運び出し、
設営しました。

それが来年は、うちの地区の小学生は、
U太一人となります。

ということは・・・・
このブルーテントの設営を、
来年は私一人ですることになるのか!

IMG_1104.jpg

田舎の村の少子化が、
まさに我が身に直面しております。

☆☆☆
さて、気を取り直して
運動会の中身です。

子どもが少ない村ですが、
スクスクと育つ環境が整っているので、
ありがたいですね。

どの種目を見ても、
とても微笑ましかったです。

私がこの運動会で好きなのは、
応援団の応援合戦です。
こちらは、U太が属した赤組の様子です。

<Facebook版>

<Youtube版>

子どもたちが声を張り上げて
応援を繰り広げる姿は、
見ていてウルウルしてきます。

そして目は自然に、自分の子どもに。
いいですねぇ。
全身で声を張り上げています。

P9140023 - バージョン 2

応援合戦では、赤組・白組とも
審査で同点だったらしく、
共に優勝となりました。

種目の方では、赤組が優勝して、
U太は上機嫌。
昨年は種目も応援でも勝てなかったので、
今年は溜飲を下げたことでしょう。

ちょっとポートレート風に一枚。
やっぱり親バカです。

P9140052 - バージョン 2

ところで、これはお昼前に
保護者とともに、
「マイムマイム」を踊っているシーンです。

P9140022.jpg

実は私、これが、大の大の大の
嫌いなのです。

子どもの時から駄目でした。

女の子と手をつなぐのが恥ずかしいと
いうのじゃないのです。

あの世界観が馴染めないといいますか、
メロディといい、
「さぁ、皆さん! 楽しく踊りましょう〜!」
というノリが、どうも合わないのです。
東ティモールのテベや、
アフリカンダンスならいいのにね。

コミュニティを主宰している者が
言うのはおかしいのかもしれませんが、
どうも相性が合わないというか・・・

実はこの辺りに、
私の深層心理があるのかもしれませんが、
今日は掘り下げるのはやめて、
早々に眠ることにします。

明日は明日で、
家族イベント目白押しですので。
ともあれ、無事、運動会が終わり、
良かった良かった。

では、おやすみなさい・・・
8年前の本日、U太が生まれました。
U太、誕生日おめでとう!!!

お前がお母さんのお腹にいる時、
よくしゃっくりをしていたね。

その当時から、
「わりと過敏な子かもしれない」
と、想像したものでした。

2005年9月13日
吉村医院のお産の家で、
お前が出て来てくれました。

これは当日の写真です。
まるで私が産んだみたいでしょ?
そう。まさにそんな気分でした。

1U太アルバム編集20130913

出産の際のブログは、
この時あたりから佳境に入っております。
結構長いですが、ご興味がある方は
どうぞお読みください。

吉村医院のHPで紹介していただいたり、
吉村先生の書籍でも、
写真を掲載していただきましたが、
「何でお父さんが裸なんだ?」と
よく突っ込まれております。

私は、
一生、自分の子を持つ事はないと
諦めていました。

それが幸いにも理恵と出逢い、
子を授かることができました。

それまでも仕事の企画などで
「次世代に向けて」などとよく書いたものですが、
我が子を手にして、本当に心の底から、
「この子の世代のために、
私に何ができるだろうか?」と、
真剣に考えるきっかけをいただきました。

他にも沢山、お前が授けてくれたものはあるけれど、
お前の存在そのものが、
私を成長させてくれています。
ありがとう。

そして、理恵も成長しました。
お前が生まれてすぐの、
お産の家の中での写真です。

2U太アルバム編集20130913

この情景を見て、
「あぁ、一人の母が誕生したなぁ」と
感じたものです。

この写真は、
ある広告代理店の目にとまり、
雑誌に掲載されました。

私の両親も、
孫を抱く事はないと諦めていたようなので、
本当に喜んでいました。

お前はみんなから祝福されて
この世にやってきたのだよ。

☆☆☆
U太は生まれた時から眼光鋭く、
「U太くんに見つめられると、
心の奥まで見られているような気がする」と
よく言われたものです。

3U太アルバム編集20130913

我が子は一番!
我が子は天才!
どんな仕草も愛おしかったです。

4U太アルバム編集20130913

私たちが加子母に移住したのが、
2005年5月ですから、
U太の成長とともに、
【もりのいえ】の成長もあります。

薪ストーブ「ロビタ」も、
共に歩んできたね。

5U太アルバム編集20130913

U太は、生まれた時からお母さん子でした。
よく泣き、お母さんでなければ
泣き止みませんでした。

6U太アルバム編集20130913

U太が幼い頃は、
私が外で働いていたこともあってか、
彼はあまり私にはなつきませんでした。

生まれてからもよくしゃっくりをして、
体重も身長もあまり伸びず、
どちらかというと内向的な様子に、
「果たしてどんな人に育つのだろう?」と
思いにふけったものでした。

7U太アルバム編集20130913

U太が私になつき始めたのは,
2歳半を過ぎたあたりからだったと思います。

乳離れをして、
少しずつ逞しさが出て来たU太。

8U太アルバム編集20130913

畑にもすっぽんぽんで出て来るようになり、
嬉しく感じたものです。

9U太アルバム編集20130913

☆☆☆
やがてKAN太が誕生し、

10U太アルバム編集20130913

FUKUが誕生しました。

11U太アルバム編集20130913

その度にお兄ちゃん度が高まってきたU太。
そして私とのコミュニケーションも
深まってきたように感じています。

2012年1月には、
一緒にタイに行って、
カレン族の村で過ごしたね。

12U太アルバム編集20130913

今年の6月にはインド・ラダックに行きました。
ラクダに乗った時の、
お前の嬉しそうな様子ったら なかった。

13U太アルバム編集20130913

この旅で、お前との距離が本当に近くなったと
感じています。

そしてお前はどんどん成長してきました。
とても自然な笑顔を
見せてくれるようになりました。

14U太アルバム編集20130913

かっこ良くもなってきたね。

15U太アルバム編集20130913

この写真なんて、本当にお兄ちゃんだ。

16U太アルバム編集20130913

最近は家のこともよく手伝ってくれるし、
KAN太やFUKUに
「さぁ、家の中をかたづけるよ〜」なんて
声かえなどもしています。

人ってこうして成長していくんだなぁと、
感慨無量です。

☆☆☆
U太と言えば、絵の才能です。
お前が5歳で、誰にも教わらずに
このような絵を描き出した時には
驚きました。

17U太アルバム編集20130913

理恵は「すごい、すごいと言ってほしくない。
すごいと言われるような絵ばかり
描くようになるから」と言います。

その通りだと思うけれど、
でも本当にすごいからなぁ。
私は今年U太が描いた、
この龍の絵が好きです。

18U太アルバム編集20130913

そういえば、ラダックの占星術師から、
U太は前世に、龍の国にいたと
言われていたね。

鋭い観察力・洞察力と記憶力、
豊かな表現力と創作力、
驚くばかりの集中力、
そして何よりも、
弟と妹思いの優しい心、・・・

そんなお前が、
これからも自在に育んでいけるように、
心から願っています。

U太、よくぞ私たちのところに来てくれました。
ありがとう。
そして、これからもよろしくね。
最近の理恵の様子ですが、
リハビリを黙々と続けています。

リハビリのトレーナーさん曰く、
「これほどのケースは経験がない」
ほどの状態らしいので、
気長にやっていくだけですね。

それでも、大怪我をして、
それが日に日に回復していく間は
生きる力が湧いてくるようでした。

今はそういう段階は過ぎ、
ゆっくりとコトが進んでいるので、
かえって精神的にきつい時もあるようです。

それでも、この機会に何かをということで、
最近はラジオの英語講座で勉強をしています。

肺も胃腸も大丈夫なので、
その点の心配はないのですが、
その分、あれこれしたい!食べたい!
というのは、あるでしょうね。

今日は好きなパン屋さんに立ち寄って
差し入れしました。

そんな理恵が楽しみにしているのが、
何と言っても子どもたちと会うことです。

特にFUKUは成長著しい時期なので、
会う度に発見があるようで、
ニコニコしています。

これは、FUKUが指で自分の唇と
お母さんの唇に交互に触れて、
「チュッ!」と言っている最中のシーンです。

IMG_1091.jpg

私は正直言って、特に最近は
病院に通った日の夜はヘロヘロになるのですが、
母子のこの笑顔に癒されています。
【もりのいえ】の薪ストーブを使い始めると、
ついやりたくなるのが、
ピザパーティです。

今年は例年よりも早く、
朝晩に薪ストーブ「ロビタ」に
火を入れるようになったので、
つい、「ピザを食べたいねぇ」
という流れになりました。

そこで早速実行!
今夜はピザパーティです!

P9110007.jpg

仕込んだ生地を伸ばして、
自在にトッピング!
早速、素敵なピザが出来上がります。

これは、KAN太とFUKUが、
自分で作ったピザ!
結構やるじゃない。

P9110002.jpg

続いて、KAN太と私の合作、
車のピザです。

P9110014.jpg

U太が優雅なピザを作ってくれました。
マジ美味いっす!

P9110003.jpg

最後はお決まりの、デザートピザ。
今回は、バナナ&チョコピザと、
P9110015.jpg

アップル&シナモンピザです。
P9110018.jpg

美味しそうでしょ?
P9110021.jpg

巨大キャンドルも登場して、
これがいかにも【もりのいえ】らしいなぁと、
ようやくマイペースを取り戻した気分です。

P9110010.jpg

つい先日まで暑い夏だったのが、
まるでクリスマスが来たかのような
夜の過ごし方が始まりました。
お待たせしました〜!
いよいよ本日より、
大辛ソース「ファイヤー!」の
発送を始めます!

P8140007.jpg

ちらしもできました〜!
画像をクリックしてみてくださいね!

ちらし文章-JPG

文面にもありますが、
最初は私の道楽で始めたものです。
それが、【もりのいえ】の
看板商品の一つに育ってきました。

それが、理恵が交通事故に遭って、
しばらくの間は厨房に立てないと
いう状況になりました。

そこで、妻や子どもたちと向き合うという
今の暮らしを維持しつつ、
できる生計の道として、
「ファイヤー!」の本格製造&販売が
【もりのいえ】の中でやおら
盛り上がってきたのでした。

特に今年版は、今まで以上に
「旨さ」に工夫をしました。

「辛い!」でも「旨い」ではなく、
「辛くて旨い!」を目指したのです。

P8140002.jpg

ですから、以前ほど、
辛さが突き出るということはありませんが、
コクが深まった分、
食して頂ける層が増えると想像します。

ファイヤー!についての詳しい説明は、
この日のブログをご覧ください。

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2568.html

これからも【もりのいえ】を
どうぞよろしくお願いします!
今朝、古民具屋さんにて
木箱をいただいた際に、
「黒にんにくを作るジャーを置きたい」
とお話した時のことです。

ご主人が、
「黒にんにく?
だったら、昨日、黒にんにくを
沢山作っている人に会ったぞ。」と
教えてくれました。

「これがその黒にんにくだ。
少しもらったんだ。食べてみるか?」

一口食べてビックリ!
これまでに私が食べた中で、
最高の味でした。

これまで食べたものは、
食感がグミみたいで、
しかも妙な臭みが後に残り、
今イチだったのです。

だから私は黒にんにくそのものを
売るつもりはなく、
それをベースに
ソースかパテを作るつもりでした。

ところが今朝食べた黒にんにくは、
それだけでも十分満足できるものでした。

そもそも、
「健康に良い」と「美味しい」は、
「美味しい」が前に出るべきものだと
私は考えます。

つまり、
「美味しくて、しかも健康に良い」
のがベストです。

「身体に良いのは分かるけどねぇ・・・」
というのは、性に合いません。

「美味い!」
私が叫ぶと、ご主人はその人の
住まいの場所を教えてくれました。

そこで早速、先ほど、
その方を訪ねました。

その方は快く迎え入れてくださり、
作業場を見せてくださいました。
見事な黒にんにくが熟成されていました。

IMG_1086.jpg


そして、私たちの作り方についても
アドバイスをしてくれました。

そこで、初対面ですが、
その方に黒にんにくを作っていただこうと
決心しました。

今回仕込んだ、加子母産の無農薬にんにくを、
その方に委ねて、
黒にんにくにしていただくことにしました。

そしてそれをベースに、
オリジナルのソースやパテにしていきます。

これで、今回仕入れた大量のにんにくが、
芽を出す前に使われる目処がつきました。

・ファイヤー!の原料
・販売用の生にんにく
・自家製黒にんにく
・製造委託の黒にんにく

後は、納得されるだけの商品を作り、
伝えていくのみです。

今朝、KAN太を保育園に送った帰りに、
ふと思い立って古民具屋さんに立ち寄ったことで、
新たな道がつながりました。

ありがたいことです。


今日は朝から素敵な時をいただきました。

話を少しさかのぼります。

大辛ソース「ファイヤー!」
大量生産しようと、地元の農家さんに
無農薬ニンニクを大量に注文したのですが、
私が何を計算違いしたのか、
必要以上に到着しました。
(だいたい三倍くらい)

そこで、生ニンニクの販売をしつつ、
黒ニンニクとその加工品を作ることにして、
保温ジャーで作り始めたのですが、
これが思いのほか、臭いが外に漏れます。

そこで、厨房の裏にジャーを移すことにしたのですが、
地面に直置きはできないので、
何か台になるものはないかと、
よく通う、古民具屋さんに立ち寄りました。

古民具屋さんのご主人、
私の顔を見るなり、頭を下げて、
「森本さん、俺はあんたに悪いことをした!」
と謝り始めました。

聞くと、次のようなお話でした。

「森本さんは、以前、古いカメラを
わしの所にただで持ってきてくれたよね。
それが結構いい値で売れたんだ。
俺はそれに感謝して、
あんたが関わっているという、
福島の人を加子母に迎える活動を支援しようとしてな、
支援金を持っていったんだ。
そしたら、会場の人が、
『普通の人よりも大金ですが・・・』と聞くもんで、
『俺は森本さんに世話になったもんで、
そのお礼も兼ねて持って来たんだ。』と伝えたんだよ。
すると、数日前に知ったところでは、
その活動は、森本さんは関係ないそうじゃないか!
俺はあんたにお礼しようと思っとったのに、
関係ないところに金を払ってしもうた!」
とのことでした。

「同じような思いで活動されているグループですから、
それで結構ですよ。
それよりもお気持ちが嬉しいです。
ありがとうございました。」とお応えしましたら、
「いやぁ、それを聞いて、少しは気が晴れた!」

☆☆☆
何はともあれ、
当初の目的の台を探しているうちに、
お気に入りが見つかりました。
それがこれです。

P9090002.jpg

「これをいただけませんか?」
と訊ねると、ご主人、
「あぁ、それか。ただでやる!」

「いや、そういう訳にはいきません。
お支払いしますよ。」

「いや! あんたから金をもらう訳にはいかん!
中のお椀も全部持っていってくれ!
欲しい人にあげるなり、焼くなり、好きにしろ!」
とのことでした。

そこで、ありがたく頂戴してきました。
ありがとうございます。

ということで、
実は中にはまだまだ沢山、
お椀類が入っているのですが、
ご希望の方に差しあげますので、
取りに来てください。

そして、この古民具屋さん、
超お勧めです。

というのも、都会の古民具屋さんが、
買い付けに来るお店なのです。
だから品ぞろいが豊富で、しかも安い!

これまでも、【もりのいえ】に来た人から、
「ここの古民具屋さんツアーを
【もりのいえ】で組んだらいいよ!」
とアドバイスされていたのを思い出しました。

そこで、即実行!
【もりのいえ・古民具ツアー】始めます!
開催時期はいつでも!
【もりのいえ】に滞在して、
古民具屋さんで買い出ししましょう!

これから先、ここのお店の商品を、
【もりのいえ】で勝手に紹介させていただきます。
そしてご興味を持った方は、お越し下さい。

ということで、嬉しいご縁がつながり、
形になりました。

モノも、ココロも、コトも、巡ります。
【もりのいえ】にとって、
9月13日から21日にかけては、
大切な時期です。

13日 U太の誕生日
20日 KAN太の誕生日
21日 スタッフのまちこちゃんの誕生日

【もりのいえ】のゴールデンウィーク
とも言えるこの時期は、
ワクワク&大忙しの日なのです。

特に今年は、子ども達から、
早くにプレゼントを指定されていました。

それは、自転車です。

これまで、子供用の自転車を
買ったことはありませんでした。
いつも誰かしら下さったものですから。

でも今年は「新車が欲しい!」と
ずっと前から頼まれていました。

そこで一族で相談し、(大げさか)
今年は、恵那じいちゃん&恵那ばあちゃんと、
お母さん&お父さんの合同出資によって、
U太とKAN太二人に、
それぞれ自転車を買うことにしました。

そして、そうと決まれば、
誕生日を待たずに買ってしまおうと、
先日、それぞれの自転車を購入したのでした。

今日は、プレゼントを出資してくれた、
恵那じいちゃん&ばあちゃんと
中津川市街でお昼御飯を食べました。

その時に、現物を見せることはできないので、
購入した自転車の傍で澄まし顔の子どもたちの
写真を大きく伸ばして、プレゼントしました。
それがこれです。

P9050002.jpg

おばあちゃんは大喜びで、
「額に入れよう!」と言っていました。
良かったね!

この写真は、理恵の病室にも届けました。
子どもたちの自慢気な顔つきが
なんともいいですね。

そして、いよいよ【もりのいえ】の
ゴールデンウィークが始まります。

何がゴールデンかと言うと、
ケーキを三つも食べられるのです。

例年は理恵が焼いていますが、
今年は誰が誰のケーキを作るのか?
皆であれこれと相談しておる最中です。

さて、どうなりますか?





秋模様になってきたので、
第一次 衣替えと称して、
子ども達の服を全面的にチェック中です。

三人の子ども それぞれについて、
「少し大きいので、置いておくもの」
「今着るもの」
「真冬もの」
「真夏もの」
に分けております。

食べても食べても減らない
スパゲティを前にしている気分です。

P9080002.jpg

夜中、FUKUに顔をしたたか蹴られて、
目が覚めました。

それにしても、この子の寝癖はどうよ!
まるで、お掃除ロボットのように
動き回る子です。

☆☆☆
昨日は、U太とKAN太の二人を連れて、
理恵の見舞いに行きました。

実は、前もって行く事を黙っていたので、
サプライズ見舞いでした。

理恵は大喜び。
こういうのも楽しいですね。

そして帰宅したら、
FUKUが「キャー!」と大声をあげて
玄関で迎えてくれました。

私が両手を広げると、飛び込んできます。
至福の時です。

昨日、面白かったのは、その後です。

私たちの様子を見て、
KAN太も真似て両手を広げて、
「FUKU〜!」と声かけしたのです。

すると、「KANちゃ〜ん!」
と叫んで、彼の胸に飛び込むFUKU。
何とも微笑ましい姿でした。

その後、二人は寄り添って、別の場所へ。

しばらくして、KAN太の声がしました。
「お父さ〜ん! 来て〜!」

何事かと覗くと、布団の上で
二人が抱き合っておりました。

P9070001.jpg

ここ数日で、
特に仲良くなっている二人でしたが、
まぁ何と、素敵な笑顔だこと。

この笑顔を眺めて、
気を取り直して、
再び床に入ることにします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
目のリフレッシュ合宿
【会場】もりのいえ
【日程】 第一週末を基本に、毎月開催予定です。
第1回 2013年11月1(金)夕方〜3(日)
第2回 2013年12月6(金)夕方〜8(日)
【ナビゲーター】まぁさん
【参加費】 第1回、第2回は特別モニター料金です!
大人25,000円、小学生20,000円(プログラム+宿泊代を含みます。)
【定員】8名
託児はありませんが、お子さんの同伴は可能です。
【主な内容】
・裸眼生活
・リフレッシュプログラム(散歩、体操、シェアリングなど)
・身体のコリをほぐすツボの伝授、体操
・目のコリをほぐす運動
・まぁさんによる操法
・分量控えめで、身体(目)と心に優しい食事
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かつて【もりのいえ】で大評判だった、「視力回復合宿」。たった3日間で驚異の回復をされた方が続出しました。その後、講師のけんちゃんは、自分の思いをより追求すべく、「たまびらき合宿」とスタイルを変えて、宮崎で始めることになりました。私もその企画段階から関わってきました。その思いは、こちらのページをご覧ください。
→ http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2539.html#

ところで、「たまびらき合宿」の企画を進めるうちに、もう一つの企画案が生まれてきました。その背景として、「もう少し気楽に、少しでも視力が上がるようなアプローチができないものかな?」という発想がありました。そして「その企画については、まぁさんがやってみたら?」という流れが生まれてきました。

また、この企画は、けんちゃんから私にプログラムを伝授されたものを行なうのではなく、私が独自のプログラムを考えて実施するという点が、これまでと異なるところです。でも、けんちゃんと縁が切れた訳ではなく、監修をしてもらいます。また、私のプログラムといっても、どうしても過去にけんちゃんから学んだものが入ってきます。そのことについては、けんちゃんから了解を得ています。

☆☆☆
それでは、私オリジナルのプログラムとなると、一体どのようなものになるでしょうか?

・私(まぁさん)が、背伸びせず、無理なくできること
・自然に恵まれた、加子母だからできること
・【もりのいえ】という環境だからできること

これらから生まれてくるキーワードは、次のようなものでしょう。
「和み」「ゆったり」「ほんわか」「家族愛」「光」「あたたかさ」「おいしい」「やさしい」「癒し」「リフレッシュ」

ならば、私が行なう合宿は、以下のようなイメージでやろう!という方向性が見えてきました。

【もりのいえ】で心身共にリラックスしましょう!
その滞在中に、視力アップにつながるノウハウをお伝えします。
その結果、少しでも視力が上がれば「ラッキー!」ですね!

という、とっても、ゆるゆるな企画なのです。

☆☆☆
ところで、巷ではもう相当いろいろ視力回復ものが紹介されていますが、それらをざっと眺めるに、「要はゆるめるってことでしょ?」と感じています。ならば、【もりのいえ】でやる合宿は最適!

眼球や顔の動きのかたさはもちろんのこと、身体全体のかたさ、そして、日々の暮らし方のかたさや、生き方(人生)のかたさ、つまり、脳みそのかたさを【もりのいえ】で滞在することで、ゆるめてもらおう! というのが、この合宿の一番の特徴です。

その上で、視力回復に役立つであろう、知識や技術をお伝えします。また、今回の企画をきっかけに、参加者全員に私が操法することにもしました。つまり、「相手の身体に触れない」としてきたスタイルの、解禁です。

このように、新たなスタイルで【もりのいえ】で実施することになった合宿ですが、あえて「視力回復」は名乗らないことにしました。目指すところは、あなたが心身ともにゆるむこと。そうすれば、おのずと結果はついてくると思います。ですから最初から「効果」を謳うことをやめたのです。

そして、この合宿は「継続」を大きなテーマにしています。これまでの経緯を見ていると、合宿を終えた時は、「毎日続けます!」と誓っていても、やはり月日が経つと持続力も薄れていました。何を隠そう、私自身がそうでした。

ですから、これからは【もりのいえ】で毎月開催して、継続をサポートしたいと考えました。そこで、毎月、第一週末に、「目のリフレッシュ合宿」を開催することにしたのです。そうすることで、持続力が薄れてきたなぁと思ったら、また戻ってきてください。そして、仲間と共にリフレッシュして、またやる気をつけて帰りましょう!

☆☆☆
「目のリフレッシュ合宿」のおおまかな流れは、次の通りです。

金曜日の夕方に集合し、夕食をいただくところから開始です。裸眼生活を基本としますが、強制はしません。そして、合宿中に、身体や目のコリをほぐすツボやそのマッサージ方法などをお伝えし、実践します。また、散歩や体操などのリフレッシュの時間を設け、シェアリングを通して、意識を高めていきます。加えて、私による操法も行ないます。

そして、この合宿では、「軽めの食事」を特徴の一つにします。そうすることで、身体の中のクリーニングもしましょう。その分、提供する食事はより一層、心を込めて、【もりのいえ】の料理を提供します。その際、視力アップにつながるような料理を意識していきます。

これらのプログラムを実施してゆったり楽しく過ごしていきます。そして日曜日の昼食をいただいて解散となります。

この合宿の特徴をとっても簡単に書くと、「身体と心の洗濯をして、結果的に少しでも視力が上がればラッキー!」です。

そして、後泊による継続をお勧めします。一日でも、数日間でも構いません。ただし、後泊中は、特別にプログラム時間を設けることはしませんので、「自習スタイル」だとご理解ください。

いかがですか?【もりのいえ】の新企画。私たちにとっても、新たな暮らしの軸を定めていく大きなきっかけでもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
目のリフレッシュ合宿
【会場】もりのいえ
【日程】 第一週末を基本に、毎月開催予定です。
第1回 2013年11月1(金)夕方〜3(日)
第2回 2013年12月6(金)夕方〜8(日)
【ナビゲーター】まぁさん
【参加費】 第1回、第2回は特別モニター料金です!
大人25,000円、小学生20,000円(プログラム+宿泊代を含みます。)
【定員】8名
託児はありませんが、お子さんの同伴は可能です。
【主な内容】
・裸眼生活
・リフレッシュプログラム(散歩、体操、シェアリングなど)
・身体のコリをほぐすツボの伝授、体操
・目のコリをほぐす運動
・まぁさんによる操法
・分量控えめで、身体(目)と心に優しい食事
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


お申し込みは、【もりのいえ】へ! 
以下の内容を、メールにてご連絡ください。お待ちしています。メール:masa☆mori-no-ie.com(☆を@に替えてください)

目のリフレッシュ合宿(略称:目フレ合宿) 第  回( / 〜 / )参加希望
お名前(ふりがな):
生年月日:
*参加者全員のお名前と生年月日をご記入ください。
住所:〒
電話番号:
携帯番号:
交通手段:車、電車+バス