今日は子どもを三人とも連れて病院に見舞いました。

この時期、うちの三人を大人一人で相手しながら過ごすことの大変さは、経験した人であればお分かりかと思います。

場が険悪になることはないのですが、三人同時に全く異なる話題で話しかけてくるので、その時は「十一面観音か聖徳太子になりたい!」と願います。

今日も大騒ぎしながら病院入りしました。
そして今度は母に向かって三人同時にアプローチします。
思わず両手を挙げて降参ポーズの理恵。
「これが日常なんだよ」と、ひと息つく私。

今日は「屋上に行こう!」ということになりました。

すると、KAN太が「僕が車椅子を押す〜!」と名乗りを上げました。
最近のKAN太は、スーパーでもカートを押してくれます。
嬉しそうな母。

20131006車椅子押すKAN太

エレベーターでは、U太が「開」を押して、車椅子が完全に出入りするまで足元を確認しています。
そして丁寧に動かすKAN太。
はしゃぐFUKU。
それぞれが仕事をしています。

20131006エレベーターに乗る

何にも言わなくてもこういうことをしてくれます。
こんなにも心優しい子どもたちに囲まれて、私たちは幸せだね、理恵。

20131006病院の屋上へ

帰路も大騒ぎで、お父さんヘロヘロですが、この幸せをじっくりと味わっております。