今日、理恵を見舞った際、年末の予定を組みました。

【12月】
28日(土)日中 まこものしめ縄づくりワークショップ
      夜  大忘年会(仮装の人には特典有り!)
29日(日)朝から 玄米餅つき会
30日(月)朝から 門松づくりワークショップ

詳細はこれから詰めますが、興味ある方は、予定を入れておいてね!

これは昨年の様子です。

2012年末-1

2012年末-2

2012年末-3

2012年末-4

2012年末-5
朝のお祈りは、ありがたいことに、ほぼ毎日続けられています。
最近は4時頃に目を覚まし、だいたい5時半から30分間。
神棚にご挨拶してから、トーラス体操と、瞑想をするというパターンができてきました。

最初のうちは、これまでに理恵や私たちのことを支援してくださっている方々のことを祈っておりました。

次第に祈る対象が広がるようになり、やがてそういう区分けは関係なく、その時々に浮かぶ方々のことを祈るようになりました。

そして最近は、自分のことに意識が向いていることが多いです。

気がつけば、いろいろと「やること」が増えていました。

理恵の見舞い
子どもたちとのコミュニケーション(暮らし、遊び、行事)
私と家族みんなの健康管理
日々の家の維持(片付け、掃除、・・・)
暮らしのあれこれ(ファイヤー!、黒にんにく、ネットショップ、リフォーム、イベント、農、ご縁台帳、・・・)
日々の出来事や思いを伝えること(ブログ、Facebook)
新たにやりたいあれこれの思案と準備・・・

やることが増えていくのは、私の性分なのか、引き寄せているのか。
我が半生を振り返ってみても、常に何かをしてきて、いつも時間管理に身を費やしているところがあります。

そんな中、特に祈りの最中に、「もっと自然体になれるよね」という思いが深まるようになりました。

あれこれこなしたい
認めてもらいたい
見栄や体裁、自己顕示などは、まだまだ私の中に住んでおります。

それもこれも、良しも悪しきもなく、ただそのまま見つめ、受けとめていきたいものです。

自分を大きく見せることも、大きくなろうとすることもない。
ただ、今の私は、今の私のまま、今を生きておればよし。

同じような思いを、これまでも何度も持ちながらも、気がつけば置き去りにすることを繰り返してきました。

また繰り返すかもしれないけれど、それもまた私。
光を放とうともせず、ただ光のままであればよし。

理恵は少しずつ、確実に、回復の道を歩んでいます。
(昨日は右足のギブスも外したとか)

子どもたちは心優しく、気持ちを表に出してくれます。
(特にKAN太がよく喋るようになったと、保育園の先生が驚いています)

食事はもとより、日々の家事を、スタッフのまちこちゃんがしてくれていることで、家が保たれています。

今でも顔を合わせる人びとが、私たちのことを気遣ってくださいます。

ありがたい。本当にありがたいです。

そんな中、私はもっと自然体で、自分に素直に生きていこうと、静かに心を定めています。