この三連休は、骨董市に出かけたり、家の書類を片付けたり、お泊まり客がおられたりしていました。

理恵の事故以来、できるだけ子どもたち中心に過ごすようにしていたのですが、久々にそうはならない週末となりました。

子どもたちは、私と触れる時間が減って、ときおり文句を言っておりました。

私も一緒に遊びたいのはやまやまなのですが、べったり一緒という訳にもいかず、自分が思う動きをさせてもらいました。

すると、子どもは子どもで、遊びを見つけてくれるようになりました。

大きな段ボールで海賊船を作ったり、

20131015遊びを見つける-1

私が落とした樹の枝で隠れ家を作ったり、
20131015遊びを見つける-2

葉っぱで栗きんとんを作ったりして、めいめいに遊んでくれています。

20131015遊びを見つける-3

そしてU太は、ついに「男の子がいつかは通る道」を歩み始めました。
それは、「分解遊び」です。

今年の誕生日に新しい自転車を買ってもらったので、それまでに乗っていた古い自転車を解体し始めました。

道具箱を広げ、自転車に向かう姿は、バイクや車をいじる「少年の心を持ったおやじたち」の姿とかぶります。

20131015遊びを見つける-4

時折、「固いところがあるから、お父さん、手伝って!」と頼まれて、手を出しているうちに、私もついのめり込んでしまいました。

結局、「うんしょ。うんしょ!」と、解体に夢中になっている私たちでありました。
U太は、お父さんが帰ってきて、念願の自転車解体もできて、嬉しそう。
夕方は何かと家のことを手伝ってくれました。

そして、お次はきっと時計でしょうね。
Facebookで「分解してもいい時計があったら、ください!」とお願いしたら、早速送ってくださる方が現れました。
ありがとうございます。

分解し、観察することで、きっと子どもたちの感性は今以上に膨らむことでしょう。

☆☆☆
ところで、今週末には子どもたちみんなでお母さんを見舞う予定ですが、その日程に合わせて、19日(土)の日中は、岐阜市科学館で遊ぶ予定です。

14:30には、マンガ・ワンピースの登場人物が現れるプラネタリウム・プログラムもあるそうです。
きっと人気が高いだろうけれど、狙ってみることにします。

この三連休はさほど向き合えなかったけれど、今週末は一緒に遊ぼうね!