2014.01.31
新年(旧暦の)あけましておめでとうございます

P1050004 - バージョン 2

いよいよ午年が本格的に始まった感があります。
このタイミングに、私個人のホームページを開設しました。
是非、覗いてみてください!

https://sites.google.com/site/maasansaito/

日々の暮らしや思いについては、これまで同様、このブログやFacebookで記していきますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!
理恵が交通事故に遭ってから、今日で半年が経ちました。これまで、本当に大勢の方々に支えていただき、ありがとうございます。理恵からもご挨拶をさせていただきます。

http://www.youtube.com/watch?v=UIxmBkNIZeI&feature=youtu.be

そして、この機会に、以下の企画についてご案内させてください。最後にグループを紹介していますので、大勢の方々に仲間になっていただき、一緒に考えていけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

★★★
「まぁさん&りえちゃん結婚10周年記念 披露縁会」にむけて

今年の元旦に、私たちは結婚10周年を迎えることができました。この事柄について、私たちの仲間がお祝いをしようと企画してくれています。ありがとうございます。

そしてここに至るまでに、実に沢山の出来事がありました。つきましては、これまでの経緯と私の思いを整理して、ご報告させていただきます。本当は詳細をお伝えしたいのですが、そしてその方がよりリアルに伝わるかと思うのですが、あまりに長文になってしまいますので、簡潔にまとめさせていただきました。(それでも長文ですが・・・)行間を読み取っていただければ幸いです。

★★★
昨年(2013年)7月29日、理恵が交通事故に遭い、奇跡的に助かりましたが大怪我をしました。事故2日後あたりだったかと思います。「この先の暮らしについて、やきもきして過ごすのではなく、もっと前向きに生きていけないものか?」と思案するうちに、結婚10周年記念日に、理恵にはサプライズでお祝いをすることを思いつきました。そして、その思いを周りの人々に伝えて話し合ってきました。

この会では、当初は2014年の元旦にサプライズで結婚式と披露宴をしようと話し合っていましたが、紆余曲折があり、指輪とペンダントを12/22にサプライズでプレゼントし、それまで秘密にしてきた内容を理恵に伝えました。その後は理恵も一緒に考え準備することにしました。

その後、元旦はなにもせずに4/12に開催予定としておりましたが、会場の都合が悪くなったり、私たちも理恵の退院後の新たな暮らしに追われて、この企画についてじっくり話し合う機会を持たぬまま、時が過ぎていきました。そこで、気持ちを新たにして、この企画を前にすすめることにした次第です。

★★★
今は次のように考えています。

企画タイトル:
「まぁさん&りえちゃん結婚10周年記念 披露縁会」
日程:2014年5月24日(土)お昼時(*当初の日程から変わりました!)
企画内容:結婚式、披露宴
主催:披露縁会実行委員会(要は仲間です)
会場:ふれあいのやかた かしも
参加費:未定
当日の服装:自由な服装でお越し下さい。せっかくの機会ですので、ご自身の気分を盛り上げるような格好をしていただけると嬉しいです。特にドレスコード(テーマ)は設けませんが、「この格好をいつかはしてみたかった〜!」というような衣装や仮装で来ていただけると、とても嬉しいです。
演出:どんどん芸を披露してください!そして出店も可です。カフェ、お菓子、ピザ、麺類、・・・何でもご自由にどうぞ!(詳細はご相談くださいね)

*会場にて、前泊と当日泊が可能です。(別料金がかかりますが、それほど高くはないです)前もってご連絡ください。

★★★
この企画を進めるにあたって、友人のあゆちんがFacebookに専用のグループを立ち上げてくれました。ありがとう!→https://www.facebook.com/groups/598612900233542/

以前、理恵に知られまいと秘密のグループを立ち上げた際は、参加の有無を架空の人物・伊集院隼人氏と私から確認させていただいた後にメンバーになっていただきました。(その節は混乱も招くことになりましたことをお詫びします)

今回は、その時のメンバー控えを元に、私の方でメンバー登録させていただきます。もしご意思と合わない場合はご自由に退会なさってください。そして、私の方で十分に把握できていないケースもありますので、「会に入りたい!」という方はもちろんご参加ください。

また、「前回は断わったけれど、今回は入りたい」という方、あるいは、「初めて知った。是非入りたい!」という方も大歓迎です。当日参加できなくても結構です。仲間になって一緒に考えてくれませんか?

★★★
ということで、ここに至るまでにも数々のドラマがありましたが、いよいよ本番に向けて本格的に準備を始めます。そして当日はワイワイ騒ぎましょう!5月は加子母が新緑に包まれ、素晴らしい気候が続く時期です。この機会にご縁ある方々とのつながりがますます深くなることを願って、そして新たなご縁が生まれることを祈っています。どうぞよろしくお願いします!
先ほど、ようやく寒中見舞いを書き終えました〜
寒中見舞いの礼儀としては立春(2/4)までだそうですが、旧暦の新年(1/31)までには出そうと心しておりましたので、ギリギリセーフ?
いずれにせよ、これからお届けする皆さん、大変遅くなり、申し訳ありませんでした!

中には恩師や同窓生、送ったのに返ってきた人もおられ、冷や汗ものです。
そして中には、これまで面識がなかったにも関わらず、理恵の事故のことを知って祈って下さっていた方もおられ、ただただ感謝です。

今回は全て手書きで宛名を書き、コメントも添えました。そうするとやはり思いがこもります。仮にたった数分間であっても、その人のことだけを思う時間があるというのは大切ですね。

そして長いご縁の方の便りを読むと、「あの時にあの判断をしていなかったら・・・」などと、つい連想してしまいます。そう考えると、今こうしてこの境遇で過ごしていることなんて、まるで奇跡のようです。今、生かされていることに、ただただ感謝です。

さて、これで年末年始のひとしきりの事柄を済ませた(?)として、いよいよ明日からは新生活に向けての行動開始です。実は私個人のホームページを作成中でして、旧暦元旦にお知らせできるように準備中です。

そうそう、【目のリフレッシュ合宿】について先行してご連絡です。3月コースは2/28-3/2に開きますが、それに加えて、3/10-12も開くことになりました。こちらの方がご都合がつく方は是非どうぞ!

そしていよいよ「大断捨離」を始めます。年始に「引っ越すつもりで片付ける」と書いたら、「引っ越すのですか?」と訊ねられました。そうではなく、「引っ越すくらいの気持ちで片付ける」という意味です。目標、春までに全てのものを半分以下に減らします!中には掘り出し物もあると思いますので、気軽に貰いにきてくださいね。

理恵は、今では松葉杖一つでゆっくりと移動できるようになりました。「春には松葉杖無しで移動できるようになる!」などと宣言しておりますが、くれぐれも無理せぬようにね。そして新しい生き方に向けて、連日連夜、仲間と打ち合わせをしながら準備を始めています。

ともかく今夜はまずはひと息。そして明日からまたぼちぼち歩んでいきます。
どうぞよろしくお願いします。
FUKU 2011年3月10日生まれ
三歳に満たない女の子が、【もりのいえ】で様々な旋風を巻き起こしています。
今日はそのエピソードの一部をご紹介します。

<エピソード-1>
FUKUが一歳半の頃でした。
彼女はキュウリが好きです。トマトはもっと好きです。

ある昼食時、彼女はキュウリをポリポリとかじっていました。
やがて食卓にトマトが遅れてやってきました。
その時のFUKUの反応が見事でした。

彼女は手に持っていたキュウリを机の上に置きました。
ここまでは想定内。

その直後、彼女は口に残っていたキュウリを「ペッ!」と吐き出し、即座にトマトに手を伸ばして、ほお張り始めたのでした。

今を生きるFUKUの真骨頂です。


<エピソード-2>
2歳になる前の頃です。
とにかく食に対する思いがまっしぐらのFUKU
ある日、ご飯を4杯食べて、5杯目をおかわりしてきたので、「もうやめようよ」と声かけしたところ、地団駄踏んで激怒しておりました。

この姿は当時何度も見せてくれました。
もう本当に絵に描いたように、全身に力を込めて床をどんどん踏み叩く姿に見惚れたものです。


<エピソード-3>
昨年のことです。
うちに遊びに来ていた、FUKUと同世代の男の子が、FUKUをゲンコツでどつきました。

しばし固まっていたFUKU、やおら「なにすんじゃわれ〜!」という風なセリフを叫びながら、その子に突進していったのでした。
その姿に双方の親が唖然・・・


<エピソード-4>
ある日、FUKUが家の中を走り回っているうちに、足が引っかかってドッテーンと大の字になって顔から落ちました。
しばし固まって、やがて起き上がったFUKUはひと言、「FUKUちゃん、つおい?」

その後、「ドクタースランプ」の映像を子ども達に見せたところ、U太とKAN太はアラレちゃんをみて「FUKUちゃんがいる〜!」と叫びました。

「【もりのいえ】のポニョ」とも呼ばれるFUKUに新たな呼び名が加わりました。


<エピソード-5>
昨年末、理恵を見舞いに、FUKUと病院に行った時のことです。
エレベーターに乗ったら、すぐ後に別の母子が乗り込んできました。子どもはFUKUより少し大きめの女の子。

その母子の後に、数名の大人が続けて乗り込んできたので、最初に入った私たちは奥へと移動しました。
女の子がお母さんに「狭いよ〜」と、か細い声で訴えました。

まさにその直後、間髪入れずに、FUKUがその子をキッとにらみつけ、「せまくない!」と一喝したのです。

そのタイミングと気迫に、エレベーターの中は一瞬、凍りつきました。
私はただ苦笑い。


<エピソード-6>
昨年末から続いている、FUKUのマイブームは、「孫悟空」です。

「ドラゴンボール」テレビシリーズのさわりの部分を子ども達に見せたところ、結構はまりました。

昨年末の忘年パーティーで、U太とKAN太に「どんな仮装をしたい?」と訊ねたところ、即座に「悟空の格好がいい!」とのこと。

ネットで安いのを見つけたので、二人に購入しました。
二人とも大喜び。

ところがその姿を見て、「FUKUちゃんも欲しい!」と言い出したのです。
その日は、自分だけ悟空の服がないFUKUが大泣きし続けました。

そこで翌日、私と理恵はFUKUを連れて「サンタの倉庫」に向かいました。
それらしい服はないものかと探したところ、オレンジ色のつなぎを発見!
FUKUも一目見て「ごくう〜!」と叫んだので、その服は悟空であるということにして購入しました。

その日以来、FUKUはいつも悟空の服を着ています。

IMG_1520.jpg

年末に保育園の先生達が見舞いに来て下さった時も、子ども達はお揃いの格好でお出迎え。

PC210004.jpg

帯は私の作務衣のものです。最後にこれを締めないと駄目だそうです。
ちなみにこの映像は、興奮のピークを越えてからのものです。
普段はこの倍ほどの大声と勢いで走り回っています。

http://www.youtube.com/watch?v=q2yZTx9DYc8&feature=youtu.be

この文章を書いている今も、「ごくう〜!」と叫びながら家の中を走り回っております。
朝から本当に元気です。


<エピソード-7>
最後に最近の様子です。
FUKUは大抵、Tシャツ一枚で過ごしています。
親がそうさせているのではなく、自分から着ないのです。
上着を着せても、すぐに脱いでしまうので、本人が言い出すまではほっとくことにしました。

先日も、理恵を中津川市民病院に送った際、外でもTシャツ姿でした。
ダウンを着込んで震えながら病院入りする人びとが、FUKUをみてのけぞるシーンが続きました。

IMG_1604.jpg

「きつい子だねぇ・・」
地元の言葉で、「強い、元気」という意味なのでしょう。
何人もの人からこの言葉をかけられていました。

FUKUの名の通り、まるで七福神のようなお顔。
この人は本当にエネルギーに溢れています。
このような人が私たちのもとに来てくれ、ありがたいことです。

IMG_1591.jpg

19年前の今日(1/17)、阪神淡路大震災が起きました。
あの時から私の人生は大きく舵を切りました。
それまで東京をベースに “戦うビジネスマン” をしていた私が、田舎暮らしに切り替えるきっかけとなりました。
そして今の暮らしがあります。それを思うと感慨無量です。

★★★
さて昨日、瑞穂市で開かれた朝市に出店してきました。

「organic朝マルシェ」
会場:岐阜県瑞穂市馬場小城2-53-1 idea瑞穂事務所内
駐車場:瑞穂市生津運動場グランド側駐車場

昨秋に同じ場所でもう少し大きなイベントがあり、その経験をもとに今回は【整魂(せいこん)】とファイヤー!&黒にんにくペーストの販売をさせていただきました。

前回は久しぶりの再開ということもあり、「お一人10分間で500円」という設定で始めたのですが、実際にやってみると、お一人最低15分以上、時には20分以上もかかる時があったので、今回は最初から「15分間1,000円」とさせていただきました。

ありがたいことに、今回も最初から最後まで休みなく、ずっと整魂させていただくことになりました。最後はお断りした方もいらっしゃいました。申し訳ありません。

今回特にありがたかったのは、前回受けた人がご友人を連れて紹介してくださったことです。それもお二組!
「友達が前回受けて、良かったというので」とのことですが、嬉しいですねぇ。

昨日は他にも嬉しいことがいろいろありました。
以前、カフェ・オハナでお話会をさせていただいた時に参加された方が、その後、自らお菓子を焼くようになり、今回出店されていたり、懐かしい顔に出会ったり、新しいご縁があったり、そしてフェアトレードのお店では一目見て気に入ったお札入れを何と1,000円で手に入れたり・・・

番外編としては、合間をみて、アニメ「我が青春のアルカディア」のDVDを、車内でじっくりと観ることができました。
この映画は名作です!愛と友情と男気に溢れています。
テーマでもある「俺は俺の旗の元で自由に生きる」という言葉にはしびれました。

ともあれ、盛りだくさんの一日でありました。
そして同時に、今後に向けて手応えを感じることもできました。

★★★
理恵が事故に遭って以来、これまでにやってきたスタイルを一旦キャンセルし、新たな道を探り始めました。
その中でこれまでに見えてきたことがあります。

・大辛ソース「ファイヤー!」の本格製造・販売
・「目のリフレッシュ合宿」の実施

それに加えて、昨日の経験を経て、整魂(せいこん)を【もりのいえ】で実施する手応えを得ました。
今のところ、1時間コースと2時間コースを考えています。

ただ、これをするには、家の中が静かに維持されていることが肝心です。
FUKUが今春から保育園に通い始めますので、そのタイミングが開始時期かな。

それまでは、昨日の朝市に引き続き出店して、より精度を高めていくことにします。
次回の「organic朝マルシェ」は、2.13(木)10:00-13:00です。
当日朝から予約を受け付けますので、どうぞお越し下さい。

他にも素敵なイベントがありましたら、気軽にお声かけください。
可能な限り行かせていただきます。 ご縁を求めて・・・

★★★
昨年末、理恵と会話する中で、「これからはその時々を丁寧に生きよう」と誓いました。

その後、私なりにそのように過ごしてきたつもりです。
今、主にしていることと言えば、家族や目の前にいらっしゃる方々と向き合うことです。
それだけであっと言う間に一日が過ぎていきます。

そして、今している事以外については、まるで手がつかない状態になりました。
気がつくと、あれができていない、これも書いていないということだらけ!

どれだけできていないかというと、実はまだ年賀状を読んでいません。
送ってくださった皆さん、すいません!これから目を通します!

その他にも、
・昨年の七五三の写真をまだ選んでいない!
・年末年始のいろんな出来事を記していない!
・寝室のリフォームが止まったまま!
・私たちの結婚10周年記念から始まった、「春の大縁会」の企画を、あゆちんが進めてくれているのに、私が書き込めていない!
・みっきーが助産院を開業したのを知らなかった!
・二階がモノだらけ!
・・・

いやぁ、我ながら呆れるばかりですが、こんな私です。すいません。
ブログネタは山ほどあるのですがね。
パソコンに向かう場面が随分と減りました。

例えばこの画像は、U太の三学期始業式前夜の写真です。
冬休みの宿題をほとんどしていなかったU太。
始業式前日に40ページほどの宿題を一気に仕上げ、最後に寝る前にようやく書き初めをしました〜という図です。
この日は一日、U太の傍で宿題を見守っておりました。

P1070012.jpg

これもまた人生。
今はただ今を生きております。

でも、忘年パーティーや「目のリフレッシュ合宿」とかは記しておきたいなぁ。
うまくタイミングが合えば、さかのぼって書くこととします。
3日から、「目のリフレッシュ合宿(目フレ合宿)」を【もりのいえ】にて開催しています。
これは、私がお一人ずつに整体をさせていただいた後、蒸しタオルでお休み中の参加者さんたちです。皆さん、トロトロ状態です。

IMG_1545.jpg

「見えることは感じること」この感覚を是非体験していただきたいです。
本日のシェアリングでは、「自分の立ち位置が見えるようになりました。この合宿に参加して良かった」とのお言葉をいただきました。とてもとても嬉しいです。回を重ねるごとに、自分スタイルができつつあります。

ところで、次回の目フレ合宿の日程が変わりました。
2月コースは、1/31-2/2、3月コースは、2/28-3/2 です。
ご参加をお待ちしています。

<追記>
すいません!
2月コースは再び変更となり、2/7-9となりました。
何度も変更となり、お詫びします!
2014.01.01  ご挨拶
明けましておめでとうございます

昨年は本当に大勢の方々から支えていただきました。
心より感謝いたします。

さて、2014年元旦を迎えました。
今日は特別な日です。

まず、新月であること。
地球暦の解説にもありましたが、新月は、太陽と地球の間に月が入りますので、太陽を拝む際には、月を同時に拝むことになります。

「日」と「月」を合わせて「明」
今日はまさに「明けまして」の日でもあります。
心して初日を拝みます。

★★★
そしてこの日は、私たち夫婦にとりまして、結婚10周年の記念日でもあります。

思い起こせば10年前のこの日の朝、兵庫県篠山市役所の守衛室を二人で訪れ、結婚届を提出したのでした。
そこには守衛さんのご夫妻が滞在しておられ、お二人から祝っていただきました。

あれから10年、実に沢山の出来事がありました。
大勢の方々とご縁がつながりました。
今年、これまでで最高の数の年賀状を出させていただきましたが、そのほとんどがこの10年間で知り合えた人びとに向けてのものです。
ここまでつながってこられたことに感謝です。

また、実は年賀状を出し切れなかった方が大勢おられます。
申し訳ないという気持ちと、実際に年賀状を出しているのと同じ気持ちで、この場をかりまして新春のご挨拶とさせていただきます。

★★★
今年の3月には53歳になります。
この年齢は私にとって大きな転機の時と、いつの頃からか意識していました。

随分前に観ていただいた占い師さんから、次のようなことを言われておりました。
「57歳の時に人生最大の転機があり、芸術・学問の道に入るであろう」と。

その後、別の人からは、「確かにその頃が最大の転機でしたが、ご自身と環境の変化で、その時期が早まってきています」と伝えていただきました。

その頃から私は、「それはきっと53歳頃に違いない」と勝手に決めていました。
数えでは今が53歳ですので、既にその時を迎えているともいえますが、ともかく今年は新たな一歩を踏み出すタイミングとなるのであろうなぁと、自分自身のことを眺めています。

もちろん、占い師が私を生きるのではなく、私のことは私自身が選択して人生を築きますので、上に書いたことは一つの見方でしかありませんが、それも前向きにとらえていきます。

その上で今年の抱負ですが、ひと言で書くと、「ただのオヤジでいる」ということです。
うまくできているところも、ぶさいくなところもひっくるめて、等身大で生きていきます。
肩に力を入れず、あるがままを受け入れて生きていきます。

昨年の年明けには想像もしていなかった今の変化と暮らしを思えば、この先のこともどうなるのかは分かりません。
ともかく、等身大の光をおのれに灯し、今を生きます。

今年も、これからもどうぞよろしくお願いします。

森本正則(まぁさん)