この春から入園するについて、今日は入園説明会がありました。

保育園に到着するやいなや、親から離れてKAN太のクラスに入って行ったFUKU。春から年長になるKAN太の同級生もFUKUのことをよく知っていて、すぐに構ってくれていました。何と恵まれた子であろうか!気後れしない性格もあり、私は全く心配していません。

写真は、早速に帽子とカバンを身につけ、すっかり園児気分のFUKUと、面倒見の良いKAN太。FUKUは相変わらずTシャツ一枚で、周りの驚きを誘っておりました。

IMG_1695.jpg


笑ったのが、お医者さんによる診察の時です。周りで泣く子が多かった中、最初FUKUは堂々とした態度で先生から褒められておりました。ところが、「じゃぁ、背中を見せてくれるかな?」と促された瞬間に怒り出しました。「なんであんたに背中を見せなきゃなんないの!」と言わんばかりの怒り様です。

結局、お父さんが抱っこして、その隙に診てもらいましたが、感情を表に出したのはこの時だけ。あとはただ黙って診察も測定も受けておりました。
その姿を見て、私は心の中でひと言、「この子はゴルゴ13だったのか!」
昨日のアップにつきまして、大勢の方からあたたかいメッセージをいただきました。ありがとうございます。

「ご免なさい」という代物なのに、沢山のエールをいただき、ただただ感謝です。ただ、これは美談でもなく、今は「ようやくスタートラインに立ちました」という心境です。

それにしても、あの文章をまとめるというワークは、結構ヘビーなものでした。

まず、5/24を開催するのかどうか? するならばどういう姿勢で? そして、どこまで書く? どのような表現で?・・・何度も二人で話し合い、修正しました。その過程で、「やっぱりまだ本音で話せていないね」と感じる場面もあり、険悪な雰囲気になる時もあり、ようやく辿り着いたというのが、まさに本音です。

5/24イベントを告知済みで、既に参加表明されている方々がおられたので、「このことを知っている方々への説明責任がある」という思いがなければ、ここまではしなかったと思います。

それにしても、ここまで辿り着けたのは、私にとり、理恵さん(これからはそう呼びます)という存在がいたおかげであり、また昨年の事故がきっかけになったとも言えます。その意味で、出会う人、身の周りの出来事全てに感謝です。

そして、三週間前くらいから、「これからは自由に生きる!」と宣言してきた内容に、これでつながりました。「ともかく今月中にひと区切りつけて良かったなぁ」というのが、今の正直な心境です。

★★★
さて、今日で今月も終わって、明日からは3月です。3月という数字をみるだけで、何かが動き出す気配を感じます。私も動いていきます。家の大断捨離、リフォーム、ホームページの充実、そして“旅の人生”に向けての準備です。

昨日、理恵さんと旅の話題になりました。「私も旅に出たいなぁ」と理恵さん。そして、「交代して、一人旅をしようか?」との提案がありました。それも3週間ずつですと!これは面白い!早速、「今年中にそれぞれの旅を実現しよう!」という目標を立てました。もちろん、夫婦だけの旅、家族旅も歓迎です。私は、今度はKAN太との二人旅もいいなと考えています。

私一人旅だったら、【整魂(せいこん)】ツアーや【本音で語ろう会】をしながら巡るのがいいな。あるいはそれぞれの地で求められることをする「よろず相談屋さん」も楽しいです。理恵さんならば、料理教室ツアーなんてできるかもね。これはご本人の意思に任せましょう。

ともあれ、これからは、思いを生き様で示していきます。改めまして、どうぞよろしくお願いします。
こんにちは。【もりのいえ】の森本正則(まぁさん)と理恵です。この5月24日に予定していた企画 「披露縁会」につきまして、二人でいろいろ話し合ってきた結果、中止することにしましたので、ご連絡させていただきます。

その最大の理由は、正則の思い違いです。正則は、「理恵はきっと結婚式をしたがっているに違いない」と思い込んでいたのですが、理恵はそのようには希望してはいなかったことがはっきりしました。そこで、5/24という日程も含めて、今回の企画については、全て一旦白紙にさせていただくことにしました。これまでに何度も皆様を振り回してしまったことにつきまして、本当に申し訳なく感じています。ご免なさい。既に参加表明して下さった方には、個別にご連絡とお詫びのメッセージを送らせていただきます。

ところで、今回このような結末になったのは、この半年間で何かと話し合うことが増えたことの結果だととらえています。つまり結婚10年を経て、ようやく本音で語り合う関係が始まったとも言えます。そして正直なところ、この半年でここまで変化するとは、私たち自身が驚いているような状態です。こんな私たちですが、懲りずに暖かく見守ってくだされば幸いです。ありがとうございます。
日時 2014年3月9日(日)10:30-15:30
岐阜市金公園 文化センター前広場
【もりのいえ】出店内容:
★プチ整魂(せいこん)
★物販(カボチャのマフィン、ファイヤー!、黒にんにくペースト他)
★飲食(雑穀クリーム丼、ベジスープ)

理恵は行きませんが、久しぶりにマフィンを焼きます。また【もりのいえ】名物・雑穀クリーム丼が登場!あったかいご飯で召し上がれ!

そして、当日の現地集合解散していただけるスタッフさんを2名ほど募集します!雑穀クリーム丼とマフィン付き!

お問い合わせ、お申し出は、直メッセージください。お待ちしています!
ここ最近、いろんなタイプの情報や状況と触れてきて、感じていたことがありました。

これまでもぼんやりと感じていましたが、特に年が明けてから、何とも言えないムズムズする感覚が高まってきていました。社会現象や世の中の様々な出来事を通して、人びとの意識状態について、ある傾向を感じるようになったのです。

それは、「疑い→暴き→不信感を募らせる」というスパイラルが、世の中でより多く、濃くなってきているように感じたことでした。その事例は山ほどありますが、ここでは取り上げません。私自身がそのスパイラルの中に入るつもりがありませんから。

★★★
また、自然現象や、私自身がとてもリアルな夢を見たり、他にも良く似た情報と出会う中で、上に書いた傾向と合わせてぼんやりと感じ始めたのは、「何だかやってくるかもね」というものでした。例えて書くと、海岸に立っていたとして、遠くの海に浮かぶ黒雲を見つけて、「嵐がくるかもね」というような感覚です。

ただ、そんなあやふやな感覚で周りを不安にさせるつもりもないし、ましてや風評を広げるつもりもないので、黙っていました。そして、「さて、では私は何をしようか?」と思案を続けていました。

★★★
そこで最初は「サバイバル系の企画をします」と書いたのですが、どうもしっくりきません。サバイバルって「生き残る」ってことでしょ?どんな変化が起きても、なんとしても生き残りさえすればいいのか?というと、今考えていることとちょっとニュアンスが違うのです。

「それでは何をしたらいいんだろう?」「私は何をしたいのだろう?」と思案を重ねるうちに、次の答えに辿り着きました。

「私は、私とつながりを持つことで、その人が自分の力で元気になり、よりイキイキと生きていく道を拓くきっかけをつかんでもらえれば、そんな様子を見て嬉しくなる」

そう。「人の為に」だとか、「世の中を救う」などと肩に力を入れるのではなく、私は自分ができることで嬉しくなれればいいな。そしてここ最近書いているように、自由な旅人気分で、日々気楽に過ごせられたら満足だし、幸せです。

そんな私が今できることが、【整魂(せいこん)】と、【目のリフレッシュ合宿】なのです。そして【光珠(こうじゅ)】(整魂の遠隔版のようなもの)と、これからやろうとしている【本音のシェアリング会】も入るかな。だからこの先はこれらにより意識を向けて生きることにします。

★★★
ちなみに、【目のリフレッシュ合宿】は3月までのモニター開催を経て、4月から正式版でスタートします。これまでのモニター開催を経て、それこそ“みえてきた”ことがあります。それは、“みえる“とは“感じる”ことだということです。

モノが見えるだけでなく、自分のカラダとココロの状態がみえる、自分の身に起きることの成り行きがみえる、これからすべき事柄がみえる、周りの人々のこともみえる、世の中の事象がみえる・・・さまざまな“みえるレベル”があり、それは“感じる力”を養うことで取り戻し、伸ばしていけるということです。

そして、「自分自身によって“感じる力”を伸ばすことで、生きる力(活力)を得て、イキイキとした人生を拓くことができる」と確信するに至りました。その確信は、上に挙げた「私がしたいこと」と重なります。

その思いを映して、4月以降は、「あなたの“みえる力”を取り戻し、伸ばすプログラム 【みえるみえる合宿】」に名称変更する予定です。略称「みえみえ合宿」です。面白いでしょ?

★★★
つまるところ、冒頭に書いたように、いろいろ感じることはあるのですが、私はお一人ずつの人生や世の中の行く末について、なるがままに委ねます。その中で、私は私ができること、やって嬉しいことを、粛々と続けていきます。それが私のやりたかったことであり、満足や幸せへの道だから。

関心を持って下さった方は、私のホームページを覗いてみてください。

https://sites.google.com/site/maasansaito/
本日、明日のイベントに向けて、理恵を岐阜に送り届ける役だったのですが、「まぁさんが岐阜に来るなら【整魂(せいこん)】してほしい!」との嬉しい申し出があり、結局お二人に【整魂】スタンダードコース(45分)をさせていただきました。

いやぁ〜、良かった〜!やっぱりスタンダードコースだとじっくり向き合えていいですね。お二人とも、途中で良い寝息をたてられていました。そして終わった後のご様子を見ても、やらせていただいて良かったなぁと嬉しくなります。

こうして少しずつ、旅が増えていっているのが嬉しいです。ご縁の広がりに感謝!
【整魂(せいこん)】については、こちらをご覧ください!

https://sites.google.com/site/maasansaito/gallery
先日、「私は自由に生きる! 旅をする!」と宣言した際に、「スナフキンやユパがイメージ」と書きました。

その後、その宣言にまつわる話を周りにポソポソとしたところ、皆さん、一様にされる反応がありました。

誰しも、可愛い声で「ユパさま〜!」と叫ぶのです。

そしてそのうちの誰かが続けて、「まぁさま〜!」などと叫ばれるのを聞きながら、「なんだか違うなぁ」と一人思案しておりました。

私は旅人のイメージでユパと言ったのだけれど、聞く人はまるで聖人や偉大な人かのように連想されるようです。

私は聖人を目指していないし、そのようにみられるとせま苦しいです。
そこで、私のイメージにより近い存在はないかと探すうちに、見つけました〜!

「もののけ姫」に登場する、ジゴ坊です。調べてみると、かなり裏の人みたいだけれど、私はこの人の身軽ななりに共感できます。

289c1bccjikobou.jpg

そういえば、彼が大きなお椀一つで旅する姿を見て、「これ、いいな」と、うちでは大きなお椀で汁をいただいていたのでした。

そんな訳で、今のところ、ジゴ坊が一番近いキャラ!
昨日、関市のあゆちん宅に呼ばれて、【整魂(せいこん)】一日ツアーをさせていただきました。
外イベントでの【プチ整魂】(約15分)から始まったこのスタイルですが、やはりスタンダード(標準)の45分スタイルでやると、じっくりと向き合えてとても良いです。

プチとの違いは、床に寝そべっていただき、じっくりと向き合える時間を作れることです。
何をするかはその時によって異なるのですが、昨日、特に良い感じだったのは、ある方のお腹に手を当てて、しばらく佇んでいた時でした。

結構長い間、じっとしていたと思います。私の手の平がどんどん暖かくなっていって、まるで火を灯しているかのようでした。きっと受けている方は、湯たんぽをあてているかのような感覚だったのじゃないかな。

そしてそのワークを終えて、「ご気分はいかがですか?」と声を掛けた時はハッとされて、「私、何をしていたのかしら。寝ていたという感覚でもなかったのだけれど・・・」とのこと。「どこかに行っていたようでしたね?」と訊ねると、「はい、確かに」とのご返事でした。いいですねぇ。これこそ、私がイメージしている状態です。

そしてそのような状態の時に、その方の生(き)の存在に触れられるような感じがします。昨日もその時に感じたこと(あるシーン)をお伝えしたら、「まさか、そこを突いてくるとは!」と驚かれ、ご自身を再発見されたご様子でした。

そうなれば、ご自身が意識するしないに関わらず、そして私があれこれせずとも、何かのスイッチが入ったと思います。だからこれから先、きっとその方がよりイキイキと生かされる事柄が寄ってくるんじゃないかな。そんな風に感じました。

★★★
時々、「何故、そんなことが分かるのですか?」と訊ねられます。
正直なところ、「分かって」はいません。ただそのように感じるだけです。そして感じるままに手を動かし、お伝えしています。
それがたまたま、その方にとって思い当たることと合うことが多いらしく、「何故それが分かるの?」という驚きになるようです。

私はかつてそのような感覚や力を持っていると、うぬぼれていました。
でも、これは誰しもが持っているものなのだと気づかされました。
例えば、泣く子を母が抱けばすぐに泣き止むとか、手当てで痛みがひくとか、祈りが通じるとかね。

そして、この感覚や力は、例えば縄文時代の人びとは誰しも普通に使っていたと想像します。
今だって、動物や植物たちはそのように過ごしているのでしょう。
だから人間だって、強弱や頻度の差はあるでしょうが、誰しも「感じる」力を持っているはず。

★★★
実は、【目のリフレッシュ合宿】って、そういう力を取り戻し、伸ばしていくプログラムなのです。
「見える」というのは、感じる力を取り戻し、養うことだと思いますので。

そして感じる力を取り戻すことが、視力の回復のみならず、自分の体や心の状態を知り、物事を見通す力の回復につながり、ひいては活力を引き延ばし、新たな人生を拓いていくことになります。

だから、【整魂】をしている時も、「この人、【目のリフレッシュ合宿】を受ければいいのになぁ」と感じることが多いです。よろしかったら、わたしのホームページをご覧下さい。3月は、2/28-3/1と、3/10-12の二回あります。→ https://sites.google.com/site/maasansaito/

★★★
ところで、昨日の日帰り【整魂】ツアーを終えて帰宅しての感想ですが、「やっぱりお泊まりがいいなぁ!」
例えば旅先で【整魂】や「本音のお話会」なんてやらせていただいて、夕食前にお風呂に入り(温泉だったらサイコー!)、その土地の肴で一杯飲んで、会話が盛り上がり、そのまま爆睡・・・というのが、今一番願う幸せです。

夢はきっと叶うぞ〜!



2/13の朝マルシェでの出店で、イベントでの【整魂(せいこん)】出店は三度目となりました。

当初、主宰者のちさちゃんから「やってくれる?」とお話があった際、「限られたスペースと時間と、そして手頃なお値段でどこまでやれるか?」と思案しましたが、「ともかくやってみましょう」と始めたスタイルが、ようやく一つの形になってきたように思います。

そこで、外イベントでの【整魂(せいこん)】、最近は【プチ整魂】と呼んでいますが、そのスタイルと実例を可能な範囲でご紹介します。

https://sites.google.com/site/maasansaito/gallery/-puchi-zheng-hun

なお、事例の中で、「これは私のことだ。 載せないでほしい」という方がおられましたら、ご連絡ください。即、削除します。
昨日は岐阜に外泊しました。
朝から加子母に向かうほどに深まる雪の中、慎重に帰宅し、帰宅後はひたすら雪かき、雪かき!

今日はかいた雪を全て一山に集めました。
高さは2.2〜2.3mくらいかな。
私が一人で人力で作った雪山としては、過去最高です。

P2140003.jpg
本日、瑞穂の朝マルシェに出店しました。
私はもっぱら、【整魂(せいこん)】に集中させていただき、お手伝いいただいたお二人に販売をお任せしました。ありがとうございました!

【整魂(せいこん)】については、以前よりもより自然体でさせていただけたかなと感じています。
感じたことをお伝えするのに、お伝えした後の影響をますます考えなくなりました。これも私自身が自由になった結果でしょうか?

そして、一通り終えた後、お手伝いいただいた方々やお客さんとの会話で気づいた事がありました。彼女たちから次のように質問されたのです。
「まぁさん、あれほど周りで賑やかにしていて、よく集中できますね」
そのように言われ、「へぇ〜、そんなに賑やかだったの?」というのが、私の感想です。

【整魂】する人が目の前に現れた瞬間から、周りの音は聞こえません。だから気になりません。そのようにお答えしたら、皆さんが驚かれていました。ふーん、そうなんだ。

だから集中していたのかというと、実はよく分かっていません。ただ、自分の世界にどっぷり浸かっていたのかもしれません。

★★★
それともう一つの気づきがありました。
今回お手伝いいただいたSさんは、前回始まる前にプチ【整魂】をさせていただきました。

今朝、彼女を目の前にして、先月彼女に何を言ったのか、まるで覚えていないことに気づきました。

そう。私はまるで覚えていないのです。そもそも覚えようとしていません。ですから、他の方についても同じだと思うので、一度受けた方は面食らうかもしれませんが、どうがご理解ください。

私はあなたと向き合う“今“を感じて、お伝えします。

そんな発見ができた一日でした。
今回ご縁がありました皆様、ありがとうございました!
ここ最近、朝から晩まで家族と向き合う暮らしをしていて、ブログやFacebookで書く事をしていませんでした。
今日は久しぶりですね。

昨年のクリスマスにKAN太にプレゼントしたものに、海賊船の工作キットがあります。
対象年齢が小学生低学年以上となっていますが、まぁ何とかなるだろうと思って、買い与えました。

それが結構難問でして、これを小学生低学年が親の手を借りずに作るのは大変でしょうという代物でした。
材を切ったり削ったり接着したり紐で縛ったりと、そこそこの技が求められます。

私も半端な姿勢では取り組めないと感じ、結果的に後回しにしてきました。
でも、もうそろそろやった方がいいねという気がしてきて、ここ数日、KAN太と共に取り組んでいます。

できるだけKAN太がする作業を作って、一緒に作り込んでいきます。
(この写真はU太撮影)
P2120010.jpg

ようやくここまでできました〜!
これから細かい細工をして、色を塗って、完成です。
KAN太、嬉しそう。 お父さんもやれやれです。

P2120014.jpg
2014.02.09  自由に!
数日前から心境が大きく変化していて、すがすがしい時を過ごしています。
この先、我が人生を振り返った時に、「あの頃がターニングポイントだった」と言えるような状態ではないかな。

最大のヤマは2/3でした。それまでも理恵との話し合いを続けてきましたが、「いいかげん、本当に本音で語ろうか」という流れになったのです。

その結果、見えてきたのは「私の本質」、というか、「地」です。それは、こういうものでした。

“私はわがままで、いい加減で、何事も「どうでもいい」と捉えている人間だ”

これらの事柄については、それぞれお話がついてきますが、簡単に書くと、「我が、まま」であること、「ほどよい加減」であること、「どういう結果になっても良し」という姿勢が、私のあるがままの姿であるということです。

特に「どうでもいい」というのは、「自分がどのように評価されても構わない」という姿勢にもつながります。これまで、「力があると評されている人から認められる存在でいたい」という思いがありました。今は、そういうことはどうでもいいです。同時に、私も周りを評しません。

★★★
そんな私が目指す生き方をひと言で示すと、“自由”

最近、子ども達とはまっているキャプテンハーロックのセリフに、「俺の旗の下(もと)で、俺は自由に生きる」というものがありますが、これこそ私の目指す生き方と見つけました。

その生き方を理恵は受けとめ、受け入れてくれました。
ここまで話し込める関係を築けてきたことに感謝です。

★★★
では、この先、私はどう生きるのか?
【もりのいえ】を出ていくのか? 
家族をかえりみないのか?
そういうことではありません。

ただ、日々を過ごす中で、「何でもする。どこへでも行く」という心境になれている今が、とても心地良いのです。

今の心境を例えるならば、「近所に24時間のコンビニができた」という感覚に近いかも。
いつも通う訳ではないけれど、「買いたい時にはいつも開いている」という安心感と、「やろうと思えばいつでも行動を起こせる」という、今の開放感や自由さは似ているように感じます。

同時に理恵との接し方も変わってきました。随分と大らかになったというか、要はいいかげんになってきました。これまでは随分と「彼女ができていない部分」に目を向けていたなぁと感じます。

そして、ぼちぼちと行動を起こしていきます。
私個人のホームページを作ったのは、その一歩です。
ホームページは、こちらをご覧ください。

https://sites.google.com/site/maasansaito/

そして、【整魂(せいこん)】や【光珠】などをベースに、外に出て行くことにします。
出張については、このページをご覧下さい。

https://sites.google.com/site/maasansaito/chu-zhangshimasu

★★★
理恵との会話の中で、「まぁさんはどんな風に過ごせたらいいと考えているの?」と訊ねられた時に、パッと浮かんだのが次のシーンです。

“私は全国・世界をあちらこちら訪れ、その地で人びとと出会い、美味しい肴で酒を飲み、そしてまた旅立つ”

そういえば、スナフキンやユパのような生き方にずっと憧れていたし、そのように言われたことも何度かありました。最近になって、そういう生き方が私の性に合っているように再確認しました。

ということで、このすがすがしい気分を保ちつつ、これからは旅する人をしていこうかとイメージしています。そして【もりのいえ】や妻は、母港のようなものかな。新たな関係の始まりです。

こんな私と会いたいとか、話をしたい、あるいは【整魂(せいこん)】などを受けてみたいという方は、ご連絡くださいな。
残された人生での新しい旅路がどのようなものになるのか、とても楽しみです。
今朝はマイナス8℃です。昨朝はマイナス10℃でした。
以前ならば震え上がったものですが、慣れのせいか、普段通りに過ごせています。

この冬、やせ我慢で始めた裸足は、今でも続いています。
これまでに何度かかかとが割れ、血を流したこともありました。
そんな時は保湿クリームなどを塗ったりもしましたが、ふさがってからは何もせずに過ごしています。

今は体の内からクリームが出ているような感覚があって、「本来、生き物って、そうなんだよなぁ」と感じています。

★★★
昨年、インド・ラダックに旅した際には、沢山の素晴らしい出来事と出会いましたが、今も印象強く残っているのは、実は名所旧跡や風景ではなく、滞在した宿泊所での瞑想タイムでした。

そこには仏間があって、自由に出入りできました。
目覚めた時、食事の前後など、気の向いた時にその部屋に入って、ストレッチと【トーラス体操】、瞑想にふけったものでした。

思い返すと、その時が一番の至福の時でした。
窓から見える植物たちとの一体感を感じたのも、そういう時でした。

ならば自宅でもできるだろうと、特に理恵が事故に遭ってからは、朝に祈りの時間を設けるようになりました。
大体5時半頃から30分程度ですが、今でもほぼ毎朝続けられています。

★★★
ただ、今一つリズムをつかめていない感があって、どうしてだろうと思案するうちに、気づきました。
大抵、4時から4時半頃に目覚めるのですが、目覚めてすぐにパソコンの電源を入れるのです。
そしてメールやFacebookのメッセージを確認するところから一日が始まります。
どうもその流れが合わないらしい。

そもそもどうしてこういうリズムになったかというと、子ども三人がいる家で、自分だけの時間を作ろうとすると、早朝しかなかったからです。
ですから、夜は子ども達と一緒に床に入り、寝かしつけて一緒に眠った後、早朝一人で目覚めて、子ども達を起こす6時半までが「私だけの時間」だったのです。

その貴重なマイタイムを使うのに、パソコンに向かうことを最優先していたことが、違和感の始まりだったようです。
つまりパソコンに向かいつつ、5時半になって、「そろそろ祈りを始めよう」というのが、どうもしっくりきていなかったみたい。

★★★
そこで、朝のリズムを作り直すことにしました。
4時起床、薪ストーブに火を入れ、洗濯物を取り込み、ストレッチをして、5時から祈りの時間にします。
そして祈りを終えてからパソコンの電源を入れることにします。

そうすることで結果的にパソコンに向かう時間は減るかもしれません。
メールやブログ、Facebookへの書き込みが十分にできなくなるかもしれません。
でも、それが一体どれほどの悪影響となるのであろうか?

周りとのつながりが減るのが不安?
いや、それよりも、日々の自分のカラダとココロの有り様により意識を向けよう。
その方が私にとってより自然体であると感じているうちは、この新しいリズムを続けてみることにします。
イベントへの出店で、手伝って下さる方を募集します。

organic朝マルシェ
日時:2014.2.13(木)10:00-14:00
会場:瑞穂市馬場小城2-53-1 idea瑞穂事務所内
駐車場:瑞穂市生津運動場グランド側駐車場

私は前回同様、一人で出店して、私なりの整体スタイルである【整魂(せいこん)】のショートバージョン(最近は【プチ整魂】と呼んでいます)を行います。(15分1,000円)

また今回も大辛ソース「ファイヤー!」(1,000円)を販売します。残り少ないので、イベントでの販売は今回が最終になるかしれません。

加えて、さらに辛い「ファイヤー! ヘブン」(1,500円)を持参します。辛さが半端ないです。ファイヤー!の倍くらいだと認識してください。こちらはもともと作っている数が少ないので、売り切れご免です。

そして、まだ決めきれていないですが、理恵が何かを作るつもりでいます。これらの販売のお手伝いと、【プチ整魂】の受付をして下さる方を1-2名募集します。

直接メッセージをいただくか、個メールでお願いします。
【整魂】については、こちらのページを参考にしてください。

https://sites.google.com/site/maasansaito/gallery

ご連絡をお待ちしています。
日曜からしばらくの間、子ども達と向き合えない用事があることから、今は可能な限り同じ時を過ごしています。

昨夜は寝室にこういうものを作りました。
アウトドア用のテーブルを二つ合わせ、足を長くして、四方の壁に毛布を掛けたのです。

IMG_1638.jpg

毛布のズレ防止に上に置いたのが、ちゃぶ台ですので、大きさが分かりますね。

IMG_1639.jpg

中は「コタツ式シアター」でした〜!
湯たんぽを三つ入れると、室内はポカポカ!
昨夜はプーさんのDVDを一緒に観て、その後は速攻、眠りました。

IMG_1642.jpg

★★★
今朝はゆっくりと目覚めました。
そしてゆったりとブランチを楽しみました。
私がシェフとなり、パンケーキの朝ご飯!
P2010061.jpg

バナナたっぷりの生地でまず1枚焼いて、2枚目からはベーキングパウダーを加えてふんわりと。
3枚目にはレーズンを加え、4枚目にはさらにココナッツパウダーを加えて、どんどんレベルアップ!

どれを食べる時も、お母さんの手づくりリンゴジャムやチョコレートクリームをのせ、メープルシロップをたっぷりと加えて頂きました。
甘くて美味しい〜!子ども達も大満足!

お母さんのコールスローが過去サイコーに美味しく、大ウケ。U太は「僕の誕生日の時もこれをお願い!」とリクエストしていました。

今日はこの後、お母さんが温泉の福祉風呂に入るのに一緒に向かい、またDVDを観る約束をしています。
そして今夜はおでん!
子ども達が大好きな時のオンパレードです。

日常のこういった幸せに浸れることが、何よりもありがたいです。