FC2ブログ
今朝はマイナス8℃です。昨朝はマイナス10℃でした。
以前ならば震え上がったものですが、慣れのせいか、普段通りに過ごせています。

この冬、やせ我慢で始めた裸足は、今でも続いています。
これまでに何度かかかとが割れ、血を流したこともありました。
そんな時は保湿クリームなどを塗ったりもしましたが、ふさがってからは何もせずに過ごしています。

今は体の内からクリームが出ているような感覚があって、「本来、生き物って、そうなんだよなぁ」と感じています。

★★★
昨年、インド・ラダックに旅した際には、沢山の素晴らしい出来事と出会いましたが、今も印象強く残っているのは、実は名所旧跡や風景ではなく、滞在した宿泊所での瞑想タイムでした。

そこには仏間があって、自由に出入りできました。
目覚めた時、食事の前後など、気の向いた時にその部屋に入って、ストレッチと【トーラス体操】、瞑想にふけったものでした。

思い返すと、その時が一番の至福の時でした。
窓から見える植物たちとの一体感を感じたのも、そういう時でした。

ならば自宅でもできるだろうと、特に理恵が事故に遭ってからは、朝に祈りの時間を設けるようになりました。
大体5時半頃から30分程度ですが、今でもほぼ毎朝続けられています。

★★★
ただ、今一つリズムをつかめていない感があって、どうしてだろうと思案するうちに、気づきました。
大抵、4時から4時半頃に目覚めるのですが、目覚めてすぐにパソコンの電源を入れるのです。
そしてメールやFacebookのメッセージを確認するところから一日が始まります。
どうもその流れが合わないらしい。

そもそもどうしてこういうリズムになったかというと、子ども三人がいる家で、自分だけの時間を作ろうとすると、早朝しかなかったからです。
ですから、夜は子ども達と一緒に床に入り、寝かしつけて一緒に眠った後、早朝一人で目覚めて、子ども達を起こす6時半までが「私だけの時間」だったのです。

その貴重なマイタイムを使うのに、パソコンに向かうことを最優先していたことが、違和感の始まりだったようです。
つまりパソコンに向かいつつ、5時半になって、「そろそろ祈りを始めよう」というのが、どうもしっくりきていなかったみたい。

★★★
そこで、朝のリズムを作り直すことにしました。
4時起床、薪ストーブに火を入れ、洗濯物を取り込み、ストレッチをして、5時から祈りの時間にします。
そして祈りを終えてからパソコンの電源を入れることにします。

そうすることで結果的にパソコンに向かう時間は減るかもしれません。
メールやブログ、Facebookへの書き込みが十分にできなくなるかもしれません。
でも、それが一体どれほどの悪影響となるのであろうか?

周りとのつながりが減るのが不安?
いや、それよりも、日々の自分のカラダとココロの有り様により意識を向けよう。
その方が私にとってより自然体であると感じているうちは、この新しいリズムを続けてみることにします。
スポンサーサイト