FC2ブログ
一昨日から、【目のリフレッシュ合宿】を行なっています。
当初予定されていた参加者さんが、体調不良のため次々とキャンセルされ、結果的にお一人のご参加となりました。

一歳のお子様連れの参加者さんのペースに合わせて、おっぱいをあげたり、寝つかせたりしながら、プログラムを構成していきます。いわばカスタムオーダーメイドです。

2泊3日を通して、ずっとこの母子に意識を向けて過ごしていますので、グループで行なうのとは異なり、個人的な状況・情報にどっぷりと浸かりながら、共に過ごすという感じ。「3日間のカウンセリングコース」とも言えます。

今回はプログラムを進めるうちに、「自分を客観視するワークをしてみましょうか?」という流れになりました。そこで、私スタイルの瞑想スタイルをまずはお伝えし、その後に「意識を身体から外して自分を眺めるワーク」をしてみました。これが結構良かったみたいです。

瞑想と聞くと、したことが無い人は、「難しそう」と思われるかもしれません。「無の境地にならねばならないのか」とか、「寝てしまいそう」とかね。

私は、かつてはいろんなタイプの瞑想を試してみました。中にはマントラやスートラの文言を懸命に覚えながらするタイプもあって、「これは私には合わない!」と離れたものもありました。また、きまった姿勢を取り続けるのが苦痛だったりと、いろいろ体験してきました。それらを経て、今は自分なりの自然体瞑想でしています。

基本は正座か結跏趺坐(けっかふざ)ですが、きつければどんな格好でも構いません。椅子に座ってでもいいです。途中で姿勢を変えるのもOK!
そして目を閉じるだけ。それだけです。

気がつけば、大抵の場合は何か考え事をしています。そんな時は、「あぁ、考え事をしていたな」と認めるだけです。
考え事をしていたことをいましめたりしません。それを手放そうともしません。それでも、認めるだけで大抵の場合は勝手に離れていきます。

しばらくすると、また別の考え事をしている自分に気づきます。その時もまた、「あぁ、考え事をしていたな」と認めるだけです。決して自分を責めません。

そうこうするうちに、「あれ!今、一瞬、どこかに行っていたような・・」という気分になります。寝ていたのかもしれないけれど、ちょっと違うような。そんなに長時間でなくとも、一瞬でもそんな瞬間があったら、しめたもの!という感じです。

そんなカンタン瞑想ですが、これが結構良い感じだったので、今後もこのコースに取り入れてみることにします。

そして今回はたまたまだったのですが、マンツーマンコースというのもいいなという気になっています。【もりのいえ】に来ていただくのもいいし、出張もします。4月からは【目のリフレッシュ合宿】あらため、【みえるみえる合宿】となる、このコース。関心がある方はご連絡くださいな。

気軽に、身軽に。やりたいこと、やれることをしていきます。
スポンサーサイト