マチイハウスでの「ありがとうの集い」から戻りました。

そもそもは佳音さんから【整魂(せいこん)】のご希望があって、日程調整するうちに、このイベントのことを知りました。
「ならばそちらでさせていただきましょうか?」という流れで、なかてぃにお願いしたところ、快諾をいただき、今回のツアーとなりました。

結果的に素敵な方々と沢山出会えることができ、ご縁が深まり、【整魂】三昧で過ごさせていただけました。
こういう流れ、いいですね。

さて、今日、【整魂】をさせていただいた方の、ビフォー・アフターの画像です。
青がビフォーです。(ご本人の了解を得て掲載しています)
IMG_2608.jpg

IMG_2609.jpg

【整魂】では基本的に施術はしません。
その方の本来のチカラを呼び起こし、自らのチカラでカラダとココロを整えやすくできるように、お導き(ナビゲート)するのみです。

今回もこの方の頸椎のずれを戻そうとはしませんでしたが、結果的にここまで整いました。
これはこの方の持つ潜在力のなせるわざだと思います。
加えて、お伝えしたことを受けとめていただけたら、きっと本来のお姿に戻られることでしょう。

今回、私は【整魂】しっぱなしで、他の方のワークを受けることもありませんでした。
写真もあまり撮らず。
その分、お一人ずつと濃厚な場を共に過ごさせていただけました。
ただただ感謝です。

お声かけくださった佳音さん、受け入れて下さったなかてぃ、そして出会えた素敵な皆さん、ありがとう!
まるで大勢の妹が一気に増えた感じです。
IMG_2612.jpg

IMG_2615.jpg

私自身、いろんな意味で良い区切りとなりました。
もっと、もっと、【整魂】を極めていきます。ワクワクしながらね!

ありがとうございました!
昨日から滋賀県葛川町居町の「マチイハウス」でのイベントに泊まりで来ています。昨日は終日【整魂(せいこん)】のご予約が入り、久しぶりに【整魂】三昧の一日を過ごさせていただきました。

置き販売させていただいたお菓子や黒にんにく、ファイヤー!も好評で、ありがたいことです。黒にんにくは試食してもらうと、その美味しさに皆さん驚かれますね。これからはイベントでもどんどん食べてもらいましょう。

こちらの湯たんぽも並べた瞬間に売れました。嬉しいですね。このデザインは在庫2個です。
フェイクリボン

夜は温泉にビール、美味しい晩ご飯と楽しいお話。そして、たっぷりの時間、一人でぐっすりと眠らせていただきました。このささやかな、そして贅沢な至福の時にも感謝!

さて、今日もマチイハウスにて過ごさせていただきます。新しい出逢い、深まるご縁を楽しみにしています。

ありがとうございます。
大人気の湯たんぽ・fashy(ファシー)、入荷しました!
これまでは袋に入ったまま撮影したものを掲載していたのですが、fashyの素晴らしさが伝わらず、気に入っていませんでした。

そこで今回は袋から出して撮影しました。これで満足!
フリースが5色
フリース レッドフリース オレンジ
フリース イエローフリース クリーム
フリース ブルー

ソフトベロアが4色
ソフトベロア グリーンソフトベロア ブルー
ソフトベロア バイオレットソフトベロア ピンク

そして新デザインが登場!どれも在庫稀少です。
ペルーデザイン
ペルー レッドペルー ブルー

フェイクリボン
フェイクリボン


詳しくはネットショップ「もりのいえのお届け便」をご覧ください。

http://morinoie.shop-pro.jp/
今日はやることが沢山でした。
午前中、スタッフさん達には、サツマイモ掘りをお願いしました。
PA280002.jpg

今年は理恵さんが堆肥作りに精を出したおかげで、作物の成りが良いです。
PA280004.jpg

私は昼にみなでドライブに行くことになったので、お弁当づくりにいそしんでおりました。
これがそのお弁当です。卵5個を使った、気合いの卵焼きをご覧あれ!
PA280009.jpg

★★★
さて、昨夜、地元の常会で、「今、唐塩山の紅葉が見頃だぞ!」と教えていただきました。
唐塩山とは【もりのいえ】の裏山です。

「よし!ならば今、皆で行こう!」

この山は、車で頂上近くまで登られるのです。
そこで、子ども達には小学校と保育園をそれぞれ早退してもらい、車二台でみんなで登りました。

途中の紅葉の見事なこと!
PA280022.jpg

何度もため息が出ますが、停まらずに一気に登りました。
というのも、昼食を頂上近くで食べる予定だったのと、理恵さんが15時までに保育園に行く用事があったためです。

到着すると、結構冷たい風!少々震えながら、まずはお昼をいただきました。
そして昼食後、御嶽山に向かって全員で黙祷し、祈らせていただだきました。
PA280012.jpg

PA280016.jpg

それから記念撮影をさせていただきました。
PA280017.jpg

御嶽山にはもともとある近い感覚を持っていましたが、今はよりそれを強く感じます。

ところでこの場所は、私と理恵さんが初めて加子母を訪れた時に連れて来ていただいた場所です。
私はその後も何度か来ましたが、理恵さんにとり、今日は10年振りとなりました。
どのような思いで過ごしたでしょうね。

ともあれ、素晴らしい紅葉を満喫できました。
加子母にもこのように魅力ある場があるのだなぁと再確認した次第です。
PA280028.jpg

★★★
この日はこの後も大きなイベントがありました。
長期滞在中のウーファーさん、大ちゃんの誕生会です。

そもそも先週24日が彼の誕生日だったのですが、サバイバル キャンプ初日と重なったため、お祝いは今日となりました。
昨日のジミー誕生会と連ちゃんです。

今日の日中は全員で唐塩山まで行っていたため、ほとんどの準備は帰宅後という超タイトスケジュールでしたが、無事スタートできました。
今回はクリスマスばりに電飾も登場!
大ちゃん誕生会-3

料理はジミーが頑張りました。
久しぶりに、いかにもウェスタン風の夕食で、ビールやワインが合います。ありがとうね!
大ちゃん誕生会-5

大ちゃんには特製デコレーション。これは理恵さん作です。
大ちゃん誕生会-6

サラダはアビちゃん作。連夜にありがとう!
ケーキは、まちこちゃんによる、洋梨のつぶプルタルト。
とても美味しかったです。
大ちゃん誕生会-2

私は子ども達とデコレーション。みんなが関わって創った誕生会です。
夕食後はいつものように大キャンドルでお祝いし、色紙をプレゼント。
大ちゃん誕生会-4

そして私からは、作業用のツールバッグをプレゼントしました。
これを腰にぶら下げると、男が上がります。
男・大ちゃん、おめでとう!
大ちゃん誕生会-1

こうして連夜の誕生会が楽しく過ぎていきました。

それにしても今年は誕生会が多いなぁ。
家族だけでなく、タイミングが合うスタッフさんの分もするようになったからね。

ともあれ、こういう時は誰しも優しい気持ちと顔になれるものです。
そういう時を共有できて、ありがたいことです。
みんな、ありがとう!

そして大ちゃん。
当初、春の三ヶ月間だけの希望でしたが、一旦旅立ち、夏に戻ってきてくれました。
そして今年の大忘年会、つまり年末までいてくれることになりました。
ありがとうね!とても心強いです。

これからも楽しみながら、一緒に【もりのいえ】を創り上げていこう!
視力回復合宿、11/1(土)〜3(月祝)に開催します!
現在のところ、1名の参加予定です。みっちりと向き合っていきましょう。
そして今からでもお申し込みを受け付けますよ〜
初日は17時頃集合、最終日は14時頃解散です。
詳しくはこちらをどうぞご覧ください。

https://sites.google.com/site/maasansaito/-munorifuresshu-he-su
道の駅 加子母のケーキセットに、【もりのいえ】のお菓子が使われています。

ミニケーキ3つとドリンクのセットで650円と、とてもお得です。
この画像では、左上の「ゴボウ入りココアマフィン」が【もりのいえ】のものです。(その時々で内容は変わります)
ケーキセット

お近くにお越しの際は是非お試しくださいな。
道の駅 加子母 → http://kashimozanmai.com/
今朝、滞在中のオーストラリア人ウーファー・ジミー(James )とFacebookで友達になりました。
早速、彼のページに行ってみると、何やら並ぶ文字が・・・
“Happy Birthday!"

エッ? 今日はジミーの誕生日なの? 言ってよ!

彼が何も言わないつもりならば、それではこちらもサプライズでお祝いしちゃいましょう!
ということで、日中、ジミーには外仕事をお願いして、内輪で粛々と準備をしていきました。

まず、イスラエル人ウーファーのアビちゃんが、ベジのアップルパイを仕込んでくれました。
私は色紙を買いに走り、皆でコソコソとメッセージを記入!
女性陣は普段の食事とは思えない気合いで調理してくれました。

面白かったのは、FUKUとKAN太です。
朝、私がスタッフさん達に、「ジミーが誕生日らしいよ!」と伝えていたのを横で聞いていたFUKU。

早速、「ジミーがたんじょうびだ〜!」と声を上げ始めたので、「FUKUちゃん、それはひみつにしてくれる?シーだよ、シー!」とお願いしました。

それを横で聞いていたKAN太。「FUKUちゃん、ジミーのことはシーなんだよ!」と大声で話し出したので、「それもシー!」と、こちらはもみ消しに必死です。

そのおかげか、保育園からの帰路、バスから降りてくるなり、二人とも指を真っ直ぐ口にあてて、「今日はシーなんだよね!」
私はこの時点で、モロバレになることを覚悟しました。

そこで、夕食後にサプライズではなく、夕食が始まる時に「おめでとう!」と伝えることにしました。
ジミーも、お客さんモードの夕食を見て、何となく感づいていたはず。
素直に喜んでくれました。
PA270001.jpg

でもそれだけでは済まないのが【もりのいえ】流のお祝いです。
夕食を済ませた後、一旦料理を片付けて再セッティング。
ジミーにはお誕生席に座ってもらって、特大キャンドルと垂れ幕で雰囲気が出てきます。

そしてアビちゃんのお手製ベジアップルパイが登場!
PA270007.jpg

PA270006.jpg

お祝いの歌の後、皆からのメッセージが載った色紙をプレゼント!
まさかの展開に大ビックリのジミー、おめでとう!
PA270013.jpg

心優しく、何でも「はいはい」と受けとめてくれるジミー。
うちでは主に外作業をお願いしていますが、実はWebデザイナーなんです。
慣れない仕事に頑張ってくれて、ありがとう!

彼が去るのは30日です。このタイミングに出会えたご縁に感謝です。そしてこれからもよろしくね!
サバイバル キャンプ、終了しました〜!

達成感とワクワクに加えて課題や本質が見えてきたのと、考えさせられたことが満載の企画でした。
自分の記録用にも書き留めておきます。長文です。

初日の夜、サバイバル キャンプの会場となる裏畑で火を囲みながら、いろいろ話し合いました。

想定したのは、「何がしかの出来事(災害・事故など)が起き、私たちはこの地に残されました。
ここで他の助け(今回は【もりのいえ】からの物資提供)を極力借りず、3日間過ごすためにすべきことは何か?」という状況です。
(実際にサバイバルで過ごすのは、2日目の朝食後から、3日目の朝食後までの丸一日です)

その上で、今回参加された方々の意見を聞きながら、今回はあまり無理をせず、ゆるくいこうと決めました。
それでも、できるだけ工夫をします。

例えば、灯りはかがり火もしくはロウソクで過ごし、厳しかったら懐中電灯で。
火を点けるのは最初は太陽光で、ダメならばライターで。
刃物はノコギリ、ナタ、手刀だけで過ごし、厳しかったら包丁やはさみも使用する、という具合です。

ほぼ酒盛りのノリで、「あれをやろう!これもやってみよう!」と盛り上がり、最後は【もりのいえ】の薪ストーブの周りで雑魚寝をしました。

朝ご飯は【もりのいえ】のまかない風で通常通りいただきました。
その後、最初にしたのは、「必要と思われるものを出してみる」ことです。
PA250004.jpg

以下、その後に付け加えたものも含めて列挙します。
<サバイバルキャンプ・最初に準備したもの>
ブルーシート、三輪車、スコップ大小、バケツ、作業台、キャンプ用テーブル、樽、テント、長持ち、カゴ、パレット、キャンプ用ベンチ椅子
のこぎり、ナタ、ハンマー、ノミ、キリ、手動式穴あけドリル、手刀、紙ヤスリ、ロープ、古瓦、ブロック、火バサミ、うちわ、米ぬか、板、薪材(カンナクズ、古縄、端材)、戸板、雑巾、ロケットストーブ(使わず)、小石、砂、炭
トイレットペーパー、マジック、裏紙、ビニール袋、ロウソク、虫メガネ、行灯、コスロン、じょうろ(消火用)、ゴミ袋、
ヤカン、ダッジオーブン、ダッジオーブン用三脚、鍋、中華鍋(使わず)、レードル、網、アルミホイル、醤油、塩、味噌、豆乳ヨーグルト、日本酒、ビール、食材(米、小麦、野菜、キノコ、熟柿)
布団一式、寝袋、

<後で追加したもの>
鉄板、懐中電灯、包丁、まな板、ライター、肉類、コーヒーセット、マグカップ

★★★
そしていよいよ作業開始です!
まずは竹を伐りに行きました。

大小取り混ぜて11本!
まずは私が伐り方をやってみせて、順番に体験してもらいました。
木を切ることが初めての方が多く、それだけで良い経験になったかと思います。
PA250005.jpg

その竹を使って、いろいろ作っていきます。
まずはティピを組んでトイレを作りました。
あっという間に立ち上がる様子は、いつ見ても感動がありますね。
PA250007.jpg

PA250028.jpg

そして溝のように穴を掘ります。
あまり深く掘ると分解が遅くなるらしいので、浅めに細長く掘り、板を渡します。
使用の度に米ぬかをかけ、溜まってくると板をずらすという方法です。
お尻は、山水で洗う方法と、トイレットペーパーで拭く方法の二通りを用意しました。
PA250030.jpg

★★★
続いて、山水のろ過システムを作りました。

これは一度、プチサバイバルで体験済みなので、その応用でできました。
竹を節を挟んで切り、キリで節に穴を開け、まずは設置します。
PA250010.jpg

PA250008.jpg

準備したフィルター材は、コスロン(ろ過用の紙)、小石、前夜の宴会でできた炭、砂です。
PA250012.jpg

これらを底から順に入れていきます。それぞれのろ過材の間に、コスロンを敷きます。
そしていよいよ山水を入れていただきますが、前回同様、旨い!
このろ過システムは、最後まで活躍してくれました。ありがたや〜!

★★★
次はお昼ご飯づくりです。

まず、火を起こすのに、最初はビニール袋に水を入れ、レンズ効果で着火させようとしましたが、ちょうど雲が薄くかかり、まるでダメ!

続いて、裏紙にマジックで黒く塗り、虫メガネで着火させようとしました。

時々太陽が顔をのぞかせるタイミングもあり、少し焦げて煙が立つところまでいったのですが、まさにそのタイミングにFUKUが「何してるの〜!」と言いながら近づいてきて影をつくったり、「おしっこ〜!」と叫んで中断したりして、虫メガネ法は断念!やむなくライター登場で着火しました。

さて、前回、プチサバイバルをした時は、竹で一つずつ飯ごうしたり、野菜の蒸し器を作って調理しましたが、今回は大ちゃんの提案により、一つにつき3室の飯ごうをしてみました。
PA250015.jpg

お米を炊くのと、野菜を茹でるのとを同時に挑戦!
現地の脇で、さつまいもが育っていたので、子ども達に掘ってもらいました。
PA250018.jpg

それを山水で洗い、アビちゃんに手刀で切り刻んでもらって、それらを詰めて炎にあてます。
プチでは、竹の一つがクルンと回って中のお米が落ちてしまったのですが、今回はだいちゃんがうまく固定してくれました。
PA250020.jpg

PA250024.jpg

ただ、ここで私が2つのミスを犯しました。
まず、野菜を詰めた室に水を入れ忘れたこと。
二つ目は、3つの室にまんべんなく炎を立てるべきでしたが、ばらつきがあったことです。

そのせいで、まず、一つの野菜室が焦げて底が抜けました。
そして、火力が強かったところの一室もやはり底が焦げて水が抜け、ご飯が炊けませんでした。
火加減というのは本当に難しいです。
IMG_2602.jpg

★★★
お昼ご飯づくりに平行して、竹を使った道具作りをしました。

箸、小皿、カップ、しゃもじなどなど。
こちらが準備した手刀4本で手分けして作っていきましたが、この作業、結構手間と時間がかかります。

というのも、例えば今回の夕食は鍋とバーベキューになったのですが、そうなると、一人につき、箸一膳、小皿が二枚、ぐいのみが一つ要る訳です。

参加者が多いほど、その必要数が増える訳でして、今回ののべ参加者(12名)が限界かもと感じました。(画像はありません。すいません)

★★★
山水は飲めるようになったものの、これまでの慣れない作業に、男性陣に疲れが見えてきたので、「ビールでも飲もうか!」と提案。
それで一気に場が和んだのは良いのですが、一気に気がゆるんだ感がありました。
やっぱり昼間の、しかもすきっ腹にビールは効くわ〜!

昼食後、取り組んだのはテント立てです。これが大誤算!
以前、テントを立てた時に嵐に合い、ポールが何本かゆがんだまま解体したのを忘れていたのです。

つまり、テントがうまく立たない!
それを四苦八苦して立て直すのにえらい時間とエネルギーを使いました。
それまでの慣れない作業と、ビールの酔いも手伝って、この時点で皆、グロッキー気味!
PA250027.jpg

PA250031.jpg

★★★
そこで夕刻前に少し休息時間を取りました。

気を取り直して、陽が沈む前にしておくべきことは、夕食の支度です。
この時に痛感したことが幾つかあります。

まず、一旦、陽が沈み始めると、あれよあれよという間に暗くなってしまうこと。
そして、薪の炎だけでは、例えば調理の段取りなど、かなり不便することです。

また、当初は午後にうどん作りをする予定でしたが、時間とエネルギー(人のね)の関係で断念し、夕食は鍋とバーベキューをすることにしました。

加えて、パンを焼くことにはしていたので、その段取りは進めます。
今回のパン作りのレシピです。朝6時頃、次の配分でこねました。

強力粉 700g、塩 小さじ2杯、自家製豆乳ヨーグルト(豆乳と玄米のみで作ったヨーグルトです)大スプーン7杯、水300g

これをボールに入れ、ビニール袋に包んで常温で置いておきました。
夕刻には少しは膨らんだ様子でした。
それをちぎり、伸ばして編むようにして、網で焼きました。
これは結構いけました。
PA250034.jpg

鍋は、【もりのいえ】の冷蔵庫にある野菜を拝借して、ダッジオーブンにいろいろ詰めました。
ところが、これが全くの闇鍋!中身がまるで見えません。
この時点でやむなく懐中電灯が登場しました。
PA250033.jpg

焼き物は、はっきり言ってアウトドア系に変身しました。
焼き肉、ウインナー、そして差し入れのけいちゃんも登場!
この時点で、サバイバルはかなりゆるゆるになっておりました。

バーベキューをしてみて感じたのは、網よりも鉄板の方が、温度管理上、融通がきくということです。

そして、灯りに関して言うと、一旦、懐中電灯を使ってしまうと、もう戻れないということです。
竹にロウソクを立てて、「風流だねぇ」などと言っている間は良いのですが、
PA250040.jpg

いざモノを探し出すと、それではどうも不便なのです。
「私たちは灯り、つまり電気に相当依存しているんだねぇ」と、しみじみと語り合った夜でありました。
PA250036.jpg

★★★
夜、どうやって眠るかですが、私がうっかりしていたことがありました。
それは子供たちのことです。

初日は理恵さんが在宅していたので、私は子供のことは気にせず、マイペースで眠ることができました。
ところが2日目の夕刻から理恵さんは旅立ったのでありました。
つまり私一人!(しかも、まちこちゃんも朝から外出!)

ということは、私が眠る場所に子ども達三人がもれなくついてくるということです。
それでテントで眠るとなると、参加者も含めて超満員!

そこで私は子ども達と一緒に、【もりのいえ】の薪ストーブ周りに雑魚寝することにしました。
子ども達はそれはもう大満足で、速攻眠ってくれました。

男性参加者二名は、予定通りテントで就寝。
とても快適だったそうです。そうでしょう!
そして星空が素晴らしかったとも。そうでしょう!

★★★
面白かったのが、女性参加者の千ちゃん。元ウーファーさんです。

彼女の「星を観ながら寝入りたい!」という夢を叶えるため、ひと思案しました。

最近購入した“長持ち”の中で、寝てもらうことにしたのです。
PA260003.jpg

ほとんど棺桶状態ですが、翌朝の彼女の感想によると、「もう最高!プラネタリウムの中で眠ったみたい!夢が叶った〜!」とのことでした。

この画像は参考までのやらせ画像ですが、実際には蓋を少しずらして被せて寝てもらいました。
PA260001.jpg

私も一度やってみるかな?

夜、灯りがないと真っ暗でどうにもならないことが分かったことと、もう一つの発見がありました。
それは夜露です。

ここ最近、朝になると車にべっとりと露がついているのは知っていましたが、まさか日暮れ頃からこんなにも夜露が出始めるとは知りませんでした。

夕食が終わる頃には、外に出ているもの全てがビッショリ!これには驚き!
暮らしていても分からないことってあるものです。良い発見をしました。

こうして激動の夜は更けていきました。

★★★
さて3日目の朝を迎えました。

私にとり微妙だったのは、理恵さんがいないこともあり、サバイバル キャンプ中であっても、家事が結構あったことです。

子供達を起こし、トイレと着替えを促し、布団を片付け、掃除をし、洗濯をして、それからやおら「お父さん、サバイバルに行ってくるね」と声かけして、裏畑に向かいました。
まるで、「サバイバル キャンプに出勤するみたいだね」と、一人で苦笑。

さて、会場では既に煙が立っておりました。
仲間に加わり、早速朝食の段取りです。
ダッジオーブンに野菜とキノコと味噌を入れ、グツグツ煮えたところで、昨夜のうちに置き火で炊いておいたご飯を入れて、おじやの完成!
PA260005.jpg

これは我ながら結構良い出来でした。ほっとひと息。
PA260007.jpg

PA260008.jpg

朝食後は大ちゃんにリクエストして、コーヒーを淹れてもらいました。
この時点でサバイバル キャンプは終了しているので、マグカップも登場します。
(お湯は山水をろ過して、薪で沸かしたものでしたので、とても美味しかったです)
PA260009.jpg

★★★
コーヒーをすすりながら、丸一日の出来事を振り返ります。
出来たこと、出来なかったこと、学び、沢山ありました。

まずは、やっぱり基本は「火」と「水」と「刃物」だね!ということです。

とにかく、最初は「切る」作業ばっかりです。
そして水と火がなければ、どうしようもない。

それを確保するのに、私たちは普段、あまりにも多くのものに依存し、安易に、当たり前のように身の回りのものを手に入れていることを再発見しました。

他にもあります。
例えば、箸、入れ物がないと、何にもできません。
そして今回は竹を多様しましたが、竹が身近になかったらどうするか?

また、今回は天候に恵まれましたが、もし雨だったら?
それを考えると、私たちはいざという時に一体どれくらいのことができるのだろうという気にさせられます。
同時に、今回の経験を経て、生きる工夫をする動機付けもできました。

★★★
最後に振り返りです。

まずは、今回参加してくださった方のうち、お二人からのアンケートをご紹介します。

「水や火などのインフラがなくなった時、本当に何もできなくなってしまうのが、よく分かりました。便利な社会の中で生きていますが、有事に何もできない存在ではなく、自立して生きれるように、力をつけていきたいと感じました」

「普段できないこと(時間の分からない生活、竹を使った食器・箸・スプーンなど)を体験できました。そのおかげで、いかに物に頼りきって生活をしているか理解できました。物がなくなった時、私たちはうまく生活にとけこめないかもしれません。夜の加子母の夜空は、まるでプラネタリウムを見ているいるような丸いドームをしていて、とても綺麗でした」

ありがとうございます!

★★★
ランチは【もりのいえ】にて、私がカレーを二品作りました。皆さん、もの凄い食欲!

食後に乙女渓谷に向かい、その後に温泉に入って解散しました。
乙女渓谷は紅葉が素敵でした。心が和みました。
IMG_2607.jpg

★★★
私自身の感想としては、最初にも書きましたが、ワクワクしつつも、課題が沢山見えた今回でした。

一つは、子ども達がいると、自分が思うペースで事が進まないということです。

「火は僕たちが起こす〜!」「やらせて〜!」「だっこ〜!」「おしっこ〜!」・・・
子ども達はいろいろ関わってきます。

私一人でする分には、いくら子供がいて時間がずれようとも、いかようにも都合をつけられますが、参加者を迎えての企画となると、例えば昼食ができるのが遅くなると、目に見えて皆さんに疲れが出てきます。この時間配分の大切さを痛感しました。

要は段取りの必要性ですね。
最近の私は、私が今ワクワクすることをするペースになっているのですが、これを企画として進めるには、やはり段取りが必要だと実感しました。

言い換えると、私は今回、自分が子供になって楽しみたかったのですが、実の子達から「おとうさ〜ん!」と寄ってこられて、「子供の自分」と、「実の子供から頼られるお父さん」の二面性のバランスをとることに苦労した、というか、そういう意識が無かったのでありました。

企画の趣旨は自分でも気に入っているし、意義あることだと確信しているので、今回の反省を生かして、是非継続して進めていきたいです。

これから先の企画もお楽しみに!

参加してくださった皆さん、手伝ってくれたスタッフさんたち、ありがとう!
そしてもちろん子ども達も。いつも大好きだよ。
IMG_2603.jpg
いやぁ、楽しい!
まずは理恵さんの美味しい夕食をいただいて、
PA240003.jpg
PA240008.jpg
PA240010.jpg
PA240014.jpg
PA240018.jpg
その後、そそくさと裏の畑へ!
今回の会場となる場所で火を起こし、酒を飲み交わしながら、明日の暮らしを話し合いました。
PA240022.jpg

そして決まったことは、まずは楽しむこと!
そして、出来る限り、工夫して生きること。

具体的には次のようなことをすることにしました。

・朝食は【もりのいえ】のご飯を簡単にいただく。
・朝食後、速やかに活動開始!
・竹でティピを組み、トイレを作る。
・同じく竹で、箸、菜箸、皿、コップ、フライパンなどを作る。
・火は太陽光で起こしてみる。
・竹でお米を炊く。畑にサツマイモが育っているので、いただく。
・【もりのいえ】からは、フライパン一個とダッヂオーブンを提供する。
・竹で雨樋の様なものを作り、山水を土地に引く。
・竹で山水のろ過システムを作る。
・お風呂は【もりのいえ】の薪風呂で。
・できるようならば、うどんを打つ。
・夕食はパンを瓦で焼く。夕食はあるものでバーベキュー?酒は必須。
・テントで眠る。長持ちでも眠ってみる。
・できるだけ懐中電灯は使わず、まずロウソク(行灯)を使う。
・酒はなんでもあり!

こんなことを話し合っているうちに、一升瓶が軽く空いてしまいました〜!
見上げると満点の星!明日は天体望遠鏡も出そう!

今夜は薪ストーブの脇で雑魚寝です。これがまた楽しい!

私としては、楽しみながら刃物を使う、火を扱う、飲み水を得るといったことを体感してもらえればいいです。
サバイバルキャンプ、【もりのいえ】の新しい定番誕生の兆しです。

明日からの参加もOKですよ!参加費はカンパでOK!一緒に楽しもう!
ここ最近、映画『マトリックス』の話題と出会うことが続きました。

実はこのDVD、持っていたのですが、U太が幼い頃にケースからいろいろ出してくれて、中身が無くなっていたのです。

「いつかまた持ちたいなぁ」と漠然と願っていたのですが、数日前に理恵さんを病院に送った後、無目的で車を走らせていたら、BOOK OFF を発見。

何気に入店し、ブラブラ歩いていたら、DVDコーナーに。「どれも高いね」と眺めているうちに、『マトリックス』発見!

手に取ってみると、何と!一つ108円!周りのDVDはどれも500円以上だったのに、何故かこの三部作だけが108円でした。
PA230001.jpg

もう迷わずゲット!三部作 324円でいただきました〜!
あ〜、またワクワクが一つ増えた。
2014.10.23
黒にんにくが良い状態で出来上ってきています!
これまではただそのままで販売していましたが、パッケージに工夫してみました。
ヒノキのかんなくずを細くさき、船に敷いて黒にんにくを置きました。
箱に入れた状態

最後にベールを一枚かけて出来上がり!
私がやることにしてはおしゃれでしょ?
これからはイベントでもこのスタイルで紹介していこうかな。
包装後

ネット上では100gとなっていますが、実際はどれもそれ以上あります。
【もりのいえ】の黒にんにく、美味しくて、とってもお得ですよ!
こちらからご覧くださいな!→ http://morinoie.shop-pro.jp/?pid=64526947

この黒にんにくを使ったペースト「くろべぇ」はこちらです。→http://morinoie.shop-pro.jp/?pid=81386353
昨夜はイスラエル人ウーファーのアビちゃんが郷土料理を作ってくれました。
PA220010.jpg

フムス、ファラフェル、オレンジスープ(さつまいも+かぼちゃ+ニンジンのスープ)、そしてサラダ!どれもとっても美味しかった〜!色も綺麗だね!アビちゃんは料理をよくするらしく、滞在中にもう一度お願いする予定です。彼女は一つ一つの作業がとても丁寧なので、細かい作業もお願いしています。今日はファイヤー!を一緒に仕込んでいます。

ところで、フムスとファラフェルについては以下に説明しておきますね。本当に美味しかったんですよ!アビちゃん、ありがとう!
PA220013.jpg

<フムス>
フムス
フムスは、ゆでたヒヨコマメに、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調味したペースト状の料理。 豆とゴマを原料としているので、たんぱく質や食物繊維に富み、ミネラル分を多く含む。また、オリーブオイルに由来する単価の不飽和脂肪酸も豊富で、かつ純植物性の料理なので、世界中のベジタリアンに好んで食べられている。

<ファラフェル>
ファラフェル
水にもどしてから磨り潰したひよこ豆かそら豆、またはその二つを混ぜたものにパセリやコリアンダーと様々な香辛料を混ぜ丸めて揚げたもの。イスラエル建国当時、国外からの移民が集中した時、イスラエル国内では深刻な肉不足が起こり、安価で蛋白質が豊富なファラフェルは国民の貴重な蛋白源となった。
週末は概ね晴れる予報ですので、予定通り行ないます。
2日目夜の過ごし方ですが、外にテントを張るか、あるいはうちの薪ストーブの周りに雑魚寝というパターンもありかなと考えています。
楽しんで過ごしましょう!

詳しくはこちらをご覧くださいな!

http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-2914.html
2014.10.21 横浜へ
以前の職場の同僚から、かつて大変お世話になったHさんがお亡くなりになったとのご連絡を受けました。享年86歳。本日お通夜、明日告別式です。慎んで故人のご冥福をお祈りします。

Hさんは旧満州国から戻られ、自衛隊などでの経験を経て、私が一時期勤めていた会社で顧問というお立場で私たちを指導して下さいました。

毎年、数千枚の年賀状を手書きしていたHさん。普段の暮らしでも、出会った方には即、達筆の毛筆でその方への思いを届けておられました。その姿を真似て、私も文章を書くようになり、そのおかげで今こうしてブログやFacebookなどで文を綴ることができています。

Hさんはそれまでのご経験を生かして会社に貢献しつつ、後継者を育てることに力を注がれました。当時、通称「H学校」と呼ばれた仕組みの中で、私は一生徒として競争社会で生き抜く術を学んでいました。主に営業という立場で、Hさんと共に旅に同行させていただくことが多かったです。

「勝てば官軍、負ければ賊軍だぞ」が口ぐせだったHさん。勝つことを目指して、戦略戦術を身をもって示してくださり、またとても丁寧に伝えていただきました。

その生きる姿勢は潔く、普段は周りを笑わせて和やかな場をつくりつつも、時には厳しい方でした。同時に愛にあふれた方でもありました。思うに、私に対しても実に丁寧に向き合っていただき、感謝しております。

ただ、1995年の阪神淡路大震災を契機に、私は人生の舵を切りました。そしてその会社を辞め、田舎暮らしを始めることになりました。つまり、H学校も中退したという形になります。

当時、そのような判断をした私に理解を示して下さった方もおられましたが、特に上司の方々からは、「これまで育ててもらった恩をあだで返すのか!」という指摘をいただきました。

Hさんの心中は分かりませんが、私自身が、育てていただいたことに対する感謝とともに、「期待をうらぎってしまった」という思いを、しばらくの間、ひきずっていました。

今ではそういった思いはなく、純粋に感謝の気持ちで向かわせていただいています。気がつけば18年間お会いすることもなく、今日を迎えました。

数日前にご訃報のお知らせをいただいた時は、今日はこの地に残りながらご冥福をお祈りするつもりでいました。ところが、おくやみ電報や、お香典を現金書留で送るなどという手段を考えるうちに、違和感を感じるようになりました。

私個人の死生観としては、人が死ぬ時には、まるで衣を脱ぐかように魂が肉体から離れるだけという考えです。ですから私が死んでも、式には出てくれなくとも思いを馳せてくださればそれで十分という受けとめ方をしています。

ただ、今回は私の考えというよりも、Hさんのお気持ちを察した時に、やはり最後にお目にかかっておこうという気持ちにかわりました。最近、映画『おくりびと』を観て感銘を受けたこともあります。

そこで、ともかくも式場(横浜)に向かうことにしました。
改めて、人の死と生について思案しつつ、これよりお伺いさせていただきます。
今日は一日中、お片づけの日でした。
昨日のイベントまでにいろいろモノが広がっていましたからねぇ。

そしてようやく新工具部屋とその奥の部屋の片付けが始まりました。
よくぞこれだけのモノが置いてあったと驚くばかりです。
PA200001.jpg

隣のゴミステーションと合わせて一気に片付け、
IMG_2598.jpg

念願の、工具の整理整頓に着手です。
IMG_2599.jpg

これをしたかったのですよ。
IMG_2596.jpg

BGMをかけ、夕刻からは少々焼酎もなめながら、スルメを口にくわえつつ、ご機嫌に基地づくりに熱中しております。
今日は、今年一番ではないかというくらい、てんやわんやでした。

私は3時半に起床。理恵さんは2時頃からお弁当の仕込みをしていました。
5時からお弁当のセッティング開始。
PA190003.jpg

8時前に【もりのいえ】を出発。10時に柳ヶ瀬に到着。
わらわらと出店準備するうちに、マーケット開始前からお客さんが並び始め、五月雨式にオープン。
IMG_2586.jpg

大勢のお客さんが訪れてくれた中、私的に一番受けたシーンがありました。

あるお客さん。きっと初めての方だと思うのですが、まちこちゃんにいやに親し気に声を掛けてこられました。

「あなた、何年生?」
・・・これにはバカウケした私でした。

さて、私たちは次の予定があったので13時過ぎにその場を離れ、あとはスタッフさん達にお任せしました。

さぁ、それからが大変!帰宅後にオードブルを作らねばならないのですが、帰路の運転中に襲う強力な睡魔!やっとのことですり抜け、帰宅後からの二時間はまさに怒濤でありました。

いつも私は調理しながらシンクの洗い物もするのですが、今日はそういった余裕はまるでありませんでした。理恵さんと二人で、2時間で大皿料理9皿。頑張りました〜!
IMG_2588.jpg

結局、18時に道の駅 加子母にお届けするとお約束していたのを、18時02分に道の駅到着!まさにギリギリでありました。

その後は映画『つ・む・ぐ』の吉岡監督ら素敵な皆さんと楽しい時を過ごしました。
そして20:30に帰宅。長〜い一日を無事終え、今ようやく自分を労って祝杯をあげております。
IMG_2594.jpg

今日一日、お関わりできた皆さん、ありがとうございました!
2014.10.19 本日のお弁当
本日の、柳ヶ瀬・サンデー ビルヂング マーケット(http://ysbmkt.com/)にて販売するお弁当です。

最近、お弁当のアップばかりですが、もちろんお菓子も売っています。今日は結構品揃えも分量も沢山持っていきます。

そして、大辛ソース・ファイヤー!、黒にんにく、黒にんにくペースト・くろべえも持参します。試食もあり!

<お弁当>

高きびとマコモダケのハンバーグ
黒豆の自家製テンペの照り焼き
マコモダケと板麩ソテー
西方芋のアマランサスごま味噌焼き
小松菜のおひたし もちきびゴボウソース
揚げナスの味噌和え
かぼちゃのマリネ
紫芋のリンゴジュース煮
りんごのカシューナッツ和え
糠漬けきゅうり
八重桜の塩漬け
2014.10.18
明日は、柳ヶ瀬・サンデー ビルヂング マーケットに出店するのと、地元加子母での映画『つ・む・ぐ』上映後の交流会にオードブルを依頼されている関係で、家の中は準備に大わらわです。
理恵さんは、お菓子を焼きつつ、黒にんにくペースト「くろべぇ」のラベルを描いてくれました。
くろべぇラベル

そんな中、私は秘密基地の屋根替えに没頭している次第です。
まぁ、スコーンパンをこねたり、お使いに行ったり、お菓子の袋詰めを手伝ったり、子供の相手をしたり、夕食(けいちゃん風 焼きうどん)を作ったりもしていますが、気持ちは主にどこに向いているかというと、秘密基地の棟の一部が傷んでいるのをいかにすべきかというところです。

想像以上に崩れていて、しかも棟木ですからねぇ、さてどうすべきかと思案を重ねている訳です。
プロの方が見たら、即、「一から造り直しなさい」と言われそうな状態です。
それを何とかならないかと、素人があれこれ考えております。

私は今回は、大人がおもちゃを手に入れて「わーい!」と熱中しているようなものですので、いわば道楽です。
様子を覗きにきたなっちゃんが、「もう乗れないと言われた中古車をいじくっているようなものですね」と言っていましたが、まさにそんな感じです。

ともかく、屋根の瓦は全て降ろしました。
そして当初は元母屋の瓦を置くつもりでしたが、どうも負担がかかりそうなので、トタンを張ることにしました。

今日は、片側の半分に張ったところで作業終了!
新調した10m×10mのブルーシートが壮観です。
IMG_2581.jpg

IMG_2582.jpg

まさに私の今の「大人のおもちゃ」。
10年間くらいは遊び相手になってくれるかな。よろしくね。

ところで、母屋の屋根の上あたりに、ココペリ(ネイティヴ アメリカンが描く精霊)が居るように見えますが、それもまた愉快!(最後のはいただき画像「ココペリ」です)
imgres.png
おお、明後日10/19(日)、柳ヶ瀬・サンデー ビルヂング マーケットに出店するのであった! 今回は【もりのいえ】家族全員+スタッフ全員で参加します!うちで育ったマコモタケもお弁当で出るよ〜!
→ http://ysbmkt.com/
今日は朝から分担して作業にいそしみました。

まずアビちゃんは、マコモタケの収穫。
PA170002.jpg

オーストラリア人のジミーは、古い障子の解体。
主なパーツは元ウーファーのまぁちゃんが欲しいと言っているのでキープしておくね。
PA170004.jpg

だいちゃんは、秘密基地の一階・道具部屋づくりです。
PA170005.jpg

そして理恵さんはお菓子を焼き、まちこちゃんが包装。


その後、外作業チームは秘密基地前の大片付けをしました。
屋根がかかった駐車スペースがほしいと、移住してからずっと願っていたのです。
10年越しにその夢が叶いました。これで雪の日もラクチン!
PA170006.jpg

いずれここはコンクリを打ちます。
【もりのいえ】来たことがある人は、「まさかここが片付くなんて」と驚かれるかもしれませんね。

そして道具部屋も姿が見えてきました。これまでの約3倍のスペースです。
どさっと混じっていた釘やネジ類も、これからは整理整頓していきます。
こちらのスペースも、ずっと夢を見ていたものです。
PA170013.jpg


今年は蔵の片付けを始め、長年願っていたことが次々と実現していっています。
嬉しいなぁ〜!
今日は秘密基地の屋根瓦を降ろしました。まずは半面のみです。
結構、年季の入った瓦たち。

PA100011.jpg

それらを外すと、風情のある板が現れました。

PA150005.jpg

PA150016.jpg

PA150017.jpg

軒の端の一部が朽ちていたので、これは要修復ですね。
さてどうするか?思案のしどころです。

PA150012.jpg

ところで、今日のこの作業、私はワクワクでやっていたのですが、作業中の皆の反応がまちまちで面白かったです。

まずはまちこちゃん。作業を始めて小一時間ほどした頃に思い詰めた顔で、
「まぁさん。私、この作業は精神的に辛いです・・・」
早く言ってください! ということでリタイア。
その後、昼食と夕食を美味しく作ってくれました。

続いてまんちゃん。
「労働作業を黙々としているうちに、瞑想状態になっていました」
半年のワークの成果ですね!

ウーファーのアビちゃん。
「イスラエルに戻ったら、どんな暮らしになるだろうかと、ずっと考えていました」
なるほど。

そして長期ウーファーのだいちゃん。
「いたって普通です。仕事ですから」
なるほど。

金子みすゞさんがおっしゃっていますが、
「みんなちがって、みんないい」
2014.10.13 台風の一日
今日は「台風が来るぞ〜!」と言いながら、夕刻まではその素振りもなかったのですが、何となく「今日は何にもできない日」と決めているところもあって、何だか儲けた気分の日です。

私は当初、電気関係の物品を整理整頓していました。電気回りの部品やコード類、パソコン関係のパーツが混沌としていたので、まずはそれを整理しました。

その後、ネジや留め具類の整理に移行。これまでは箱にガサッと入っておったのを、分類して小袋に分けました。こういう作業は、そういう気分にならないとなかなかできないものですが、今日はたまたまそういうモードになったので、一気に片付けました。

PA130008.jpg

イスラエルのアビちゃんには、障子のリフォームをお願いしました。一つ一つの作業を丁寧にしてくれるアビちゃん。「これは性に合っている!」とかで、喜んでしてくれました。

PA130005_2014101321520735d.jpg

まちこちゃんはアマランサスの脱穀作業、だいちゃんは台風対策とファイヤー!仕込みの準備、理恵はお菓子作りと、それぞれに思う作業にいそしんでいました。

そして夕食後はDVD上映会!子ども達と「次の嵐が来たら、『おおかみこどもの雨と雪』を観ようね!」と約束していたのです。KAN太の誕生日プレゼントで買ったものですが、ようやく観られる時がきました。やっぱり名作です。

PA130010.jpg

さて、台風の各地での影響をお祈りするばかりですが、私自身は、秘密基地に作る新大工道具部屋をどう細工するかでワクワクの時です。目指すは東急ハンズ!仕上がりをお楽しみに!
2014.10.12 お弁当
本日の甚目寺(愛知県あま市)朝市にてご提供するお弁当です。
先日の美江寺での朝マルシェの時に比べて、小ぶりにまとめました。
それでもギッシリ! 心がこもっています。

PA120002.jpg

高きびとマコモのハンバーグ
黒豆の自家製テンペの照り焼き
西方芋のもちあわ味噌焼き
小松菜のおひたし ゴボウのソース
揚げナスの味噌和え
人参の胡麻和え
大根葉の浅漬け
糠漬けきゅうり
八重桜の塩漬け

今日は理恵さんとだいちゃんが甚目寺に行きます。
私は子ども達と加子母の運動会に!
10区対抗の大運動会です。
明日の甚目寺(愛知県あま市)朝市に出店します。
私は地元加子母の運動会にて綱引きに、U太は自慢競争にノミネートされているので(委嘱状までいただくのです)、そちらに参加します。

甚目寺へは理恵とだいちゃんが向かいます。どうぞよろしくお願いします。

http://jimokuji.exblog.jp/
超オススメのイベントのご紹介です。

道の駅 加子母(かしも)さんの主催で、「ふれあいのやかた かしも」にて、10/19(日)15:30〜映画『つ・む・ぐ』の上映会をすることになりました!
会場のHP:http://www.kashimo.net/fureai/

つむぐ上映会ちらし表

つむぐ上映会ちらし裏


その前には、楽器『カホン』を作るワークショップもあります。
そして、映画には吉岡監督が登場!お話とライブもあります。
そして何と!その後、道の駅 加子母で行なう交流会には、【もりのいえ】の理恵さんによるオードブルが登場!もちろん私たちも参加します。
この機会に是非、加子母にお越しくださいな!

映画『つ・む・ぐ』には、さとううさぶろうさん(うーさん)が登場します。私は二年前にタイの「うさとサイアム」にて滞在させていただき、大変お世話になりました。

そのご縁にも感謝して、今回の企画は全面的に協力させていただきます。映画は、いのちの大切さを感じる素晴らしいものです。是非この機会にご覧くださいな!

ご連絡をお待ちしています。
なおこの日は、岐阜市・柳ヶ瀬の「サンデー ビルヂング マーケット」にも【もりのいえ】は出店します。フル稼働で動かせていただきます。

どうぞよろしくお願いします!
今日はいろいろありました。

まず、秘密基地の屋根に登りました。瓦が限界に近いですね。
PA100010.jpg

母屋の屋根瓦を替えた時に残した赤瓦があるので、それに替えるつもりです。
ただ、今は私とだいちゃんしか男手がないので、効率良く作業する必要があります。
そこで、今度の台風が過ぎた後、晴れの日が続く時に一気にやることにしました。
楽しみなことです。

★★★
秘密基地の屋根裏に沢山しまい込んでいたもののうちに、ガラス戸がありました。
そのうち使えるものは、とりあえず一階の奥部屋に置こうかということで、奥部屋にあったものを出してみると、食器がわらわら!軽く100枚以上ありましたね。
ここに越してきた当初は、この5倍以上もありましたが、「まだあったのか!」と驚きです。
中には使えそうなものもあったので、物色中の図です。
PA100013.jpg

私は徳利をゲット!なかなか風情があるでしょ?
PA100015.jpg

★★★
織り機のものらしきものは、集め直して一旦残すことにしました。
PA100019.jpg

形が美しいですね。
PA100022.jpg

PA100020.jpg

よく見ると、「安政四年」とあります。西暦1858年製の織り機ということでしょうか?
どなたか分かる人に見てもらいたいものです。でないと、知らずに薪に紛れ込んでしまいそう・・・
PA100021.jpg

★★★
これは何でしょう?未だに分かりません。
恵那郡坂本村の荻野興助さんの発明品なのでしょうか?
PA100016.jpg
PA100017.jpg

★★★
今日の午後は、岐阜県瑞浪市で開かれていた、全国マコモサミットを覗いてきました。
全国から300名ほどの人が集っておられました。
PA100001.jpg

うちでもマコモを育てていますが、上手に育てているとは言えません。ようやく70株ほどに増えたマコモを、来年こそは丁寧に育てていきたいと願い、そのきっかけをつかみに行きました。

その結果、いろいろ分かってきました。
・マコモには早生と晩生があり、寒冷地には早生の方が適していること。うちのは晩生らしいこと。
・特に水管理が大切なこと。その点、うちはモグラ君が大活躍していて、水がじゃじゃ漏れなこと。
・大抵の場合、マコモを語る時は、マコモタケを収穫することを目的とされていること。私のような、「葉っぱが欲しくて、マコモタケはおまけ」というのとは少しスタンスが異なること。
・我が家で愛用しているマコモ風呂については、全く語られていないこと。
いろんな学びになりました。

ところで、マコモタケの本を農文協さんが売っておられたので購入したら、「先着20名様だけにプレゼント!」という、マコモ専用の鎌をいただきました。
マコモをよく育てている台湾から入手したそうな。ありがとうございます。
IMG_2553.jpg

そして、参加者にはマコモ弁当が配られました。
発表でも学生さん達がいろんなレシピを紹介していましたし、マコモタケ、これからの注目食材ですね。
IMG_2554.jpg

ともかく、今、我が家で育っているマコモを今後どう管理するかという方針も見えたので、まずは目的を達して満足です。
おかげさまで今日の朝マルシェでも売り切らせていただきました。お越しいただいた皆様、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。

IMG_2550.jpg
IMG_2551.jpg

今回手伝ってくれたのは、いつものはる香さんと、昨日やってきたイスラエル人ウーファー・アビちゃんです。
IMG_2548.jpg


アビちゃんは、おじいちゃん・おばあちゃんの国籍が、トルコ・ルーマニア・チェコ・ウクライナだそうです。世界中に広がるユダヤ民族ならではですね。緑色の瞳が美しい人です。
約一ヶ月の滞在予定です。楽しもうね!
2014.10.09 今日のお弁当
今日のお弁当です。結構なボリュームです。美江寺観音(岐阜市)でお待ちしています。
りえさんのお菓子、私のファイヤー!、黒にんにくペースト「くろべぇ」も販売しています。

PA090003.jpg

<雑穀とお野菜のとっておき弁当>
里芋ともちあわのコロッケ 味噌ソース
黒豆の自家製テンペの照り焼き
かぼちゃ&ピーマンと高きびのゴマ炒め
小松菜のおひたし ゴボウのソース
揚げナスの味噌和え
そうめんかぼちゃのサラダ
さつまいもと干しあんずのリンゴジュース煮
大根葉の胡桃味噌和え
お待ちしています!
************
2014年10月9日(木) 10:00~14:00 ※雨天中止・小雨決行
会場:美江寺観音(岐阜県岐阜市美江寺町2丁目3)
駐車場は 岐阜幼稚園さん向かいの、西野町佐久間県有地です(岐阜県岐阜市西野町3丁目1)。周辺での路上駐車は近隣の方への迷惑となりますので、ご遠慮ください。
************
離れ家あらため、「男の秘密基地」。
PA080004.jpg

屋根裏スペースを片付けました〜!
ざっと18畳くらいの広さかな。

PA080017.jpg

置かれていたものを全て降ろすと、ものすごい分量!

PA080002.jpg

ほとんどが焚き物(薪ストーブや薪風呂の薪)にするようなものですが、中には面白い“お宝”もありました。

PA080009.jpg

だいちゃんは念願の大鎌を手に入れて嬉しそう。

PA080007.jpg

織機を分解したらしいものもありました。組み立てられればいいのですが、ちょっと厳しいかなぁ。

PA080008.jpg

そして古銭を発見!まさにお宝ですね。

PA080011.jpg

この屋根裏は、それなりにリフォームしたら面白いスペースになりそう。
シェアリングとか、私の【整魂(せいこん)】もここでできるようにしようかな。
それには床壁天井の細工が必要ですが、楽しんで作り込んでいこうっと。

今年は、厨房裏の蔵を片付けたりと、移住して以来の念願が叶い、嬉しい出来事が続きます。