少しさかのぼって記していくことにしますが、まずは昨日の東京ベジフードフェスタ(代々木公園)にて無事完売できましたことに、深くお礼申し上げます。

手伝ってくださった皆さん、お買い求めくださったみなさん、本当にありがとうございました。主催者の皆さんもご準備ありがとうございました。

そして、13時に閉店させていただいたため、購入できなかったみなさん、訪れてくださったのに既にお店がなく、がっかりされた皆さん、申し訳ありませんでした。ここにお詫び申し上げます。

★★★
さて、お話は28日にさかのぼります。
この日は朝から病院におりました。親父の精密検査の結果に立ち会うためです。お話の結果、12月中旬に親父は数日間入院することになりました。

医師の説明の立ち会い、その後の幾つかの検査に付き添い、入院に際しての様々な書類を一緒に記入しながら、(これがまた、かなりの分量でした)、「私もいつかは親父の立場になることもあるのかなぁ」などと思いに耽っておりました。

ただ、私の子ども達が私に付き添うなどという光景が、今はなかなか想像できず、不思議な感じがしました。

★★★
午後に帰宅してからは、東京出店に向けての準備に取りかかります。私は夜通し運転する予定でしたので、本音は早く眠りたい!でもいろいろとやることがあって、ともかく粛々と準備をしておりました。

そのうちに、あることに気づきました。イベント当日の天気について、「終日曇」という理解をしていたのですが、ふと風速予想を見てビックリ!「日中は風速6〜8m/s」となっているではありませんか!

これは半端ない強風です。イベント規定でも、「5m以上の場合は中止」となっています。その判断を前日18時の天気予報を元に判断するとも記載されています。

実はこのイベント、3年前にも強風で中止になったことがありました。会場に到着すると、大多数のテントが崩れていて、「これは何かのオブジェか?」と思ったほどです。

結局初日は中止!その時は幸いにも2日目が晴れて、私たちのお菓子も完売できたので助かりました。

ところが今年は最初から初日の出店のみを申し込んでいました。つまり、初日が中止になると、持ち込んだお菓子をお披露目する機会が失われるということになります。

今回、理恵さんは相当頑張って、通常の出店に比べて3倍程度のお菓子を焼いてくれていました。彼らが生かされないのは何とも残念です。

28日夕刻の時点で、私が想定したのは次のケースでした。
① 28日のうちに、29日の中止が決まる
② 29日、会場に到着してから、中止が決まる(3年前のケース)
③ 29日、出店中に風が強まり、中止となる
④ 予定通り、29日は開催される

それぞれのケースについて、対処法を検討しました。

まず、①の場合は、ネットショップ【もりのいえのお届け便】にて急遽販売することにしました。その際の告知文を作成し、個別のお菓子たちをいつでも撮影できる算段をつけました。賞味期限が短いものが多く、それらは「29日発送、30日お届け、その日のうちに食べていただく」パターンのみです。

②と③の場合は、都内の別の場所で販売させていただく方法を検討し始めました。当日スタッフの方々にその旨お伝えし、「どこか心当たりはありませんか?」とお願いしました。そして数カ所の案を教えていただいていました。

④の場合でも、天候不順によりイベントそのものへの来場が少ないことが想像できました。そこで、「10時の開店から3時間の出店」とイメージを固め、当日のスタッフさんたちの動きなどを考えておきました。

★★★
やがて主催者から「29日は開催します」との連絡が入り、ともかくも出発準備を進めていきました。ただ、子ども達が私と遊びたがるのに相手ができないのが不憫で、夜の歯磨きの際には「一緒に遊べず、ご免な」と何度も語りかけました。就寝前には、いつもはお母さんがしている本の読み聞かせを私がして、一緒に眠りました。

さて、0時に起床!無事お菓子達も焼き上がり、大量の荷物を車に積み込んで、1時に出発です!まちこちゃんと二人、いろんな話をしながら走り続けました。

途中、20分ほどの仮眠を二回して、7時に代々木公園に到着!小雨でしたが風はさほど強くなく、ほっとひと息です。早速設営を始めました。

やがて当日スタッフさんたちも集い、ご挨拶のあと、まずは試食会です。皆さん和気あいあいとされていて、とても良いムードでスタートしました。

最初のお客さんは、77歳の男性でした。3年前に初めて出店した際、うちのお菓子をとても気に入ってくださったSさんという女性がおられ、ご自身のブログで絶賛してくださいました。

翌年の出店の際もご購入いただき、とても喜んでくださっていました。ところが昨年は私たちが出店しなかったので、残念がっておられました。

そんな経緯もあり、今年の出店をとても楽しみにされていたSさんからは、事前に取り置きのお申し出がありました。ところがSさんのご親族にご不幸があったとかで、「今回は行く事ができないので、とても残念ですが予約をキャンセルします」とのメールを前日に受けていたのです。

今回の最初のお客さんは、そのSさんのご親族の方とのことでした。詳しくは聞きそびれましたが、お父様だったのかな?「あの子がとても楽しみにしていたお菓子を是非買ってあげたいと思って、本人には黙って買いにきました。こういうところに来るのは初めてなのですが、品はお任せします」とのことでした。

事情をお伺いし、そのお心遣いに感動いたしました。ありがとうございます。このように、とてもあたたかい出会いから、私たちの出店が始まりました。

★★★
さて、無事に開催されたものの、お天気は曇時々雨。時折雨脚が強くなる中、イベントそのものへの来場はかんばしくありませんでした。2年前の時に比べて、感覚的に1/3くらいかな。

それでも【もりのいえ】には常にお客さんが集ってくださり、列ができておりました。ありがたかったですねぇ。

中には、2年前・3年前の出店時のことを覚えて下さっている方がちらほらおられました。「あの時は買おうと思ったたら売り切れていたので、今年は早めに来ました!」という方もおられ、本当にありがたい限りです。

また、何と言ってもスタッフさんたちの頑張りが凄かったです。皆さん、【もりのいえ】のスタッフ、そして岐阜県民になりきったかの様子で、素敵な笑顔と熱意で接客してくださいました。本当にありがとう!

初めて作ったちらしも好評でした。雨の中、笑顔と声かけを絶やさずにちらしを配ってくださったスタッフさんたち、ありがとう!

懐かしい顔にも出会いました。整体師仲間のゆうきちゃんと共に、前常勤スタッフのゆきちゃん&なっちゃんも来てくれました。今や滋賀で素晴らしいコミュニティを運営している二人ですが、こういう場所で再会できるのも愉快だね。
IMG_2795.jpg

Facebookで友達になり、初めてお目にかかれた人もいました。ご縁のつながりに感謝です。
IMG_2792.jpg

そうこうしているうちに、あっと言う間に3時間が過ぎ、13時に完売させていただきました。天候と客足を考えるに、本当にありがたいことです。

こうして、無事大成功のうちに出店を終えることができました。繰り返しになりますが、お越しいただいた皆さん、手伝ってくださった皆さん,本当に本当にありがとうございました!
IMG_2797.jpg

そしてとても頑張ってお菓子を焼き続けてくれた理恵さん。ありがとう。本当にご苦労様でした。その努力が報われたね。

★★★
出店を終え、駐車場を出た途端に、疲れと眠気が出てきました。そういえば、あまり寝ていませんでした。そしてそういえば昼食を食べていないのでした。これはスタッフさんたちも同じで、今回は全員、昼食も休息さえもなかったのでありました。そんな状況でも笑顔を絶やさずに立ち回っていただいていたことに改めて感謝です。

私はその後、今回お手伝いいただいた方のご実家に泊まらせていただくことになりました。そのお宅に伺ってみると意外にも山中で、圏外だったためネットもつながりませんでした。

ですから、すぐにご報告出来なかったのは申し訳なかったのですが、私自身の状態を振り返るに、結果的に良い環境に身を置くことができました。

そして、「今日はお疲れでしょうから」とご配慮いただき、早めに夕食を出していただき、何と19時に就寝させていただきました!これはここ最近の私にとって最大のご褒美でありました。

おかげで心身ともに復活しました。今朝はお母さんに【整魂(せいこん)】もさせていただき、ご縁が深まりました。

今はまだ帰路の途中ですが、帰宅後はまた新たな暮らしが待っています。今回の旅、とても有意義でした。

全ての出逢い、出来事に感謝です!
明日の東京ベジフードフェスタ(代々木公園)出店に向けて、最大の佳境を迎えている【もりのいえ】です。

これは、新作「カボチャとリンゴの甘酒タルト」です。

この他にも、いつもと同じく、乳製品・卵・白砂糖を使わなくて、自然の旨味がにじみ出る商品をたっぷり持参します。

明日は強風が予想されていますが、現時点では予定通り開催するそうですので、これから東京に向けて旅立ちます。

素敵なご縁がつながり、深まりますように!

東京ベジフードフェスタについては、こちらをご覧ください!

http://tokyo-vegefest.com/
2014.11.28 朝のリズム
ここ数日、私にとって快適なリズムができつつあります。

4時頃に起床。理恵さんは既に起きていて、お菓子を焼いています。

薪ストーブに火を入れて、マコモ風呂へ。

ストレッチ〜神棚にご挨拶〜延髄呼吸法+トーラス体操〜瞑想

6時前後に子ども達が起き出します。

今朝はFUKUが一番ノリで起きてきて、瞑想中の私の膝に乗ってきました。
毛布を掛けて抱きしめると、至福に包まれたように小さく声を上げて微笑みました。
PB280005.jpg

6時半頃からは子どもタイム。
トイレ促し、着替え、歯磨き、顔洗い、
その後、FUKUの髪を「おろく櫛」でときます。

スタッフさん達は6時半から作業開始。
トイレその他の掃除、生ゴミを鶏に、洗濯もの干し、朝食の支度,,,
いろいろ分担してくださり、感謝です。

そして全員揃って7時過ぎに朝ご飯をいただきます。

あっと言う間に時が流れますが、そんな中でも心にゆとりを持って過ごせるようになってきていることが嬉しいです。

全ての人々、出来事に感謝!

さて、今夜は少しイレギュラーな動きになります。
夜12時頃に加子母を出発して東京を目指します。

11/29(土)、東京・代々木公園・NHK脇のケヤキ並木にて、東京ベジフードフェスタが開かれます。
→ http://tokyo-vegefest.com/
土日2日間のイベントですが、29日のみ【もりのいえ】が出店します。

今回は、かつてないボリュームのお菓子を持参します。
当日スタッフは、私を含めて8名の予定です。

皆様との素敵なご縁のつながりを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。
ついに秘密基地の屋根替え作業が終わりました〜!

南面
PB270003.jpg

いやぁ、結構大変でした。
古い瓦下ろしから始まり、棟木と周りの修復、そしてトタン張りを続け、今日ようやく全ての作業を終えました!

全くの素人が、自分たちだけで考えて、どうにかこうにか形にしました。
一番上のところは太陽の光が少しだけ入るようにもしました。

いざやってみると、イメージ通りにはいかないところもありつつ、それでもここまでできたのは充実感がありますね。どれも見栄えは悪いけれど、十分遊びました。

ほとんどの作業を一緒にやった大ちゃんは、「もう、小さな家くらいは建てられそうな気がしますね」と自信をつけてきた様子。

PB270006.jpg

そう、そうなんです。屋根さえかけられれば家になりますからね。この次にこういう機会がある時に、きっと今回の経験が糧になるはずです。

ともかくも雪が積もる前にこの作業を終えられて良かった〜!
この先の秘密基地は、それこそ楽しみながら作り込んでいきます。

「この先10年間の私のおもちゃだ!」宣言であります。

リニューアル前の屋根の様子

PA100009.jpg
29日(土)の東京ベジフードフェスタ出店に向けて佳境に入ってきました!
「紫芋のスコーンパン」も大量に仕込んでいます。
PB260003.jpg

かつて、スコーンを焼こうとしたら失敗して、「パンみたいになっちゃった〜」

でも食べたら「美味しいじゃないか!」ということで、「スコーンパン」と命名したものです。それが今では【もりのいえ】を代表する商品に育っています。

仕込む分量が多い時は、私がこねております。これだけでスコーンパン45個分です。今年は【もりのいえ】畑の紫芋がとても濃い色で収穫できたので、スコーンパンの紫色も映えています。
PA130008_201411261249050fc.jpg

あま〜くて、もっちりして、お腹にしっかりとおさまる、紫芋のスコーンパン。是非ご賞味あれ!

東京ベジフードフェスタについては、こちらのページをご覧下さい!

http://tokyo-vegefest.com/
わーい! 嬉しいな!
A4版 二つ折り。2004年に【もりのいえ】の考えをまとめて以来、初の本格ちらしです。

まずは表と裏です。
【もりのいえ】ちらし表

【もりのいえ】ちらし裏

ここに宿泊代を載せていますが、今朝の夫婦会議により、「宿泊代は任意」にすることにしました。

つまり、《通常料金》はあくまでも目安で、実際に泊まっていただいた後に納得する金額を払ってくださいというスタイルに変えます。今日から。

つづいて、【もりのいえ】ちらしの見開きです。
【もりのいえ】ちらし見開き

下の方のイラストは加子母が誇るイラストレーター・きよちゃん(本間希代子さん)作です。
全体のデザインとロゴマークは、しほちゃん(村元しほさん)にお願いしました。

二人とも、素敵に仕上げてくれてありがとう!!!
とても嬉しいです!
ということで、【もりのいえ】をこれからもどうぞよろしくお願いします!
さて、私は何をしているのでしょう?
PB240005.jpg

秘密基地の屋根リフォーム作業中なのであります。

瓦屋根だったのをトタンに替えることにして、一枚ずつ貼っていくのですが、最後の一枚はどうしても這いつくばってやることになります。

ところが、このトタン板、とても滑るのです。まるで滑り台!

そこで、足首を大ちゃんに支えてもらって、逆さ吊り状態で最後のトタン板をトンカンしているという次第です。
PB240005.jpg

この屋根リフォーム作業ももう少しで終わります!
本格的な冬が来る前に何とかなりそうです。
2014.11.22
棟木の修復完了!

棟木の中央が腐っていたのを切り取り、
PB170001.jpg

うちにあった材を加工して
IMG_2768_20141122182709d36.jpg

組み合わせ、
IMG_2770_20141122182710976.jpg

ボルトで締めてできあがり〜!
IMG_2771_20141122182711d83.jpg

棟木にかかっていて、同じく腐っていたので途中で切ってしまった垂木は、L字の金物でつなぎました。

隙間は切り口をあえて揃えず、ざんざに切ったまま残すことにしました。

あとは波板をはっていって、棟木の上は天窓に仕上げるだけです!

何という安直な屋根リフォーム!プロが見たら呆られそうです。
おかげさまでココカラ マルシェでお弁当とお菓子を完売させていただきました。
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

今日の私は、とてもノリが良かったです。ここ最近のイベント出店では、一番のノリだったかも。

何故かと思い返してみると、お客さんのノリが良かったんですよね。質問をよくしてくださるし、こちらのお話も聞いてくださる。つまり会話のキャッチボールができたのです。やっぱりイベント出店はこれが醍醐味ですね。

お勤めの方が多かったのも今回の特徴でした。そんな方々がお話に乗ってくださるのも嬉しかったです。

そして、とても嬉しいこともありました。
一年前に【整魂(せいこん)】を始めたばかりの頃に受けていただいた方と再会できたのです。

プライバシーに関わることですので詳しくは書けませんが、当時はとても思い詰めたご様子だったのが、今日はとても晴れやかになっておられて、私はとてもとても嬉しかった。お互いに、一日一日、一瞬一瞬を、目一杯生きていきましょうね!

また、お弁当を覗いて、「しまった!今日は弁当を持参したので買えない!次回はいつですか?」と、何人かの人からお声かけいただきました。

このイベントは、次回以降は毎月第二金曜日開催ときいています。
是非またお越しください。お待ちしています。
2014.11.21
今日のココカラ マルシェ(岐阜市柳ヶ瀬本通り)用のお弁当です。
すごいボリューム!
「ちょっと盛り過ぎじゃぁないの?」と、内輪で指摘が出ているほどです。
今日は私とまちこちゃんで向かいます。
10:00-14:00頃までの予定です。よろしくお願いします!

【もりのいえ】今日のお弁当
PB210005.jpg

高きびのハンバーグ with 人参ソース
ブロッコリーのスパイスフリット
ひえと白菜の炒め煮
南瓜と椎茸のゴマ味噌和え
ひじきのソテー
里芋の含め煮
大根ステーキ
カブの葉のおひたし
ぬかづけ
八重桜の塩漬け
ラディッシュの梅酢漬け
明日(21日)、ココカラ マルシェ(岐阜市柳ヶ瀬本通り)に【もりのいえ】が出店します。

広いアーケードでの出店は初めて!

ご縁のつながりと広がりを楽しみにしています!

ご希望の方には【整魂(せいこん)】もしますよ〜!

詳しくはこちらをご覧くださいな。

http://idea-nessy.jp/programs/5441839c7777774051530100
棟木を改修する上で、棟木に束を立てて補強しようと思案していた時のことです。

「ならば、地面から束を立てて支えよう!そして束は丸棒にして、その束をつたって降りられるようにしよう!」ということになりました。

そう。これは消防署にかつて常設されていた「滑り棒」の発想です。

一説によると、一人ずつ棒を降りるのを待つよりも、一斉に階段を降りる方が早いので、消防署では次第に無くなったそうですが、でも楽しいよね!

そこで単管を購入し設置したところ、ピッタリ!
PB200014.jpg

早速降りてみました。楽しい!!!
PB200006.jpg

棟木への負担も減り、一石二鳥です。
PB200011.jpg

何と言ってもここは秘密基地なので、何が緊急なのか分からないけれど、これを「緊急脱出バー」と呼ぶことにしました。

また一つ、ワクワクが増えました〜!
【もりのいえ】の初めての本格的チラシが間もなく完成します。
これまでにイラストレーターさん、デザイナーさんと詰めてきました。
今月末の東京ベジフードフェスティバルには間に合いそうです。

合わせて、【もりのいえ】のロゴデザインも決まりました。
デザイナーさんが素敵にまとめてくれました。ありがとうございます。
morinoie1JPEG.jpg

これからは、このデザインで告知をしていくことになります。
どうぞよろしくお願いします。
2014.11.19 八ヶ岳の旅
八ヶ岳の旅から戻りました。

昨日今日と、八ヶ岳は快晴でした。昼間は暖かく、まさに理想的なお天気となりました。
IMG_2721.jpg

まず訪れたのが、仙人修行時の兄弟子、しんちゃんの新居&新店舗予定地です。

しんちゃんは仙人小屋の隣でお店を開いていましたが、今月16日に閉めました。
新店舗は、ひまわり市場の交差点を上がっていったところです。
駐車場も広く、素晴らしいロケーションに、私の方がワクワクしてきました。

奥さんのりえちゃんも変わらぬ若さで素敵です。これからもお互いに生きていこうね!
IMG_2724.jpg

★★★
続いて訪れたのは、私が修行した「仙人小屋」です。
最近は何度もマスコミに紹介されているらしく、お店は大繁盛だそうです。
IMG_2726.jpg

私たちが訪れた時も、テレビ局の人たちが打ち合わせに来ていたので、私は仙人とは二言三言会話しただけで、あとは美味しく食事をいただいてきました。

私が注文したのは、マタギ汁定食。
鹿肉がこれでもかとばかりに入っていました。
IMG_2729.jpg

旅に同行してくれた、まんちゃんが注文したのが、きのこ天ぷらそばです。
IMG_2728.jpg

私が座ったカウンター席で嬉しいものに出会いました。
かつて私が陶芸工房を開いていた時に自作し、修行を終えた時に仙人に差しあげたコップが置いてあったのです。10年ぶりの再会です。
IMG_2727.jpg

これは年に一度、開いていた「野焼きの会」での作品です。
焼成温度が低いため、割れやすいのですが、よくぞ残しておいてくれました。
ありがとうございます。

仙人との会話は少なかったけれど、私自身はある思いを持って訪れていたので、それで十分でした。

帰り際、初老のスタッフさんが私に声かけてこられました。
「仙人とは知り合いなのですか?」
「ええ。今回は久しぶりです。」

多分、5〜6年振りの再会だったかと思います。
仙人、ありがとうございました。そしてますますのご発展を祈っております。

★★★
甲斐大泉駅下の「パノラマの湯」の露天ぬる湯で、夕陽を眺めつつゆっくりと浸かった後に向かったのは、眠る予定の地でした。

知り合いの加藤さんが仲間たちとともに建てた山小屋に一泊させていただくことになったのですが、これがすごい場所にありました。

私の車で行けるのは途中まで。
そこから荷物を軽トラに積み替え、私たちも荷台に乗って、相当揺られながら現地に到着しました。

その時点で周りは真っ暗になる間際。
どこに何があるのかも分からず、ともかく薪ストーブに火を入れて酒を飲み始めました。
IMG_2731.jpg

電気は小さな灯りがあるのみ、後はランプが常備されていました。
IMG_2739.jpg
IMG_2738.jpg

水は止めてあったので、今回は水無しで過ごしました。
夜、トイレで外に出ると、満点の星空!見事でした。

結局、夕方5時半頃から約5時間ほど話し込み、布団の中に寝袋を入れて就寝。
おかげで寒い思いをせずに朝を迎えましたが、外気はマイナス8℃でした。
IMG_2735.jpg

陽が登ってから、外で【延髄呼吸法+トーラス体操】をしました。
実にすがすがしい!
これはやはり多くの方に伝えていこう。
IMG_2747.jpg

かくして、私もこんな夜の過ごし方をしたことがないという、山中にひっそりと建つ山小屋での、実にワイルドな夜を過ごし、旅立ちました。

★★★
今回の旅での目的の一つに、仙人修行時代に通った山に入ることがありました。

かつて、仙人から「お前はこの山に毎朝入れ!」と指示を受け、タマゴタケをよく集めたものでした。

今やキノコの時期は過ぎましたので、今日はただ山に入るのみです。
道なき傾斜に足を踏み出す度に、懐かしい思いがこみ上げてきます。
IMG_2757.jpg

以前、この地でキノコを探していた際、突然に両足の裏から熱いものがこみ上げてきて、震えが全身に巡り、絶叫したことがありました。

その直後、一陣の風が舞い、樹々が語りかけるかのように音を出していました。
自然との一体感を感じ、同時に自分の小ささを知った時でもありました。

今回はそういう出来事はありませんでしたが、懐かしい地に足を踏み入れ、実に感慨深いものがありました。

★★★
最後に訪れたのは、小淵沢絵本美術館です。
こちらのオーナーご家族とは、八ヶ岳時代に大変お世話になりました。
変わらぬ皆さん、変わらぬ風情にほっとします。

心の恋人・真理さんとは、以前、家系図を読み解いていただいた際、お互いのご先祖様が戦国時代に同じ殿様の元にいたことが分かり、不思議なご縁を感じています。
IMG_2763.jpg

絵本美術館の前は開けていて、お日様のエネルギーがサンサンと注いでおりました。
IMG_2759.jpg

ご縁に感謝です。

★★★
こうして八ヶ岳の旅を終えて戻ってきました。

今回、私が意識していたのは、「守破離」の「離」でした。

今、まさにそのような気分でおります。

別の表現をすると、「離陸した」あるいは「吹っ切れた」とでもいいましょうか。

今は詳しくは解説しないことにしますが、ともかくも私のこの先の人生のリフトオフ(離昇)が始まった感があります。
明日から一泊で八ヶ岳に旅します。久しぶりだなぁ。
若い頃、上京してほどなくして、通うようになった地。
初めてその地に立った時、とても初めてとは思えなかった、懐かしい地。
やがて東京を離れ、その地に移住して新たな人生を歩み始めました。
理想的な環境、人々、出来事に囲まれ、まさかその地を離れるなんて想像もしなかった。
それが不思議な流れで離れることになり、私の第二の故郷になりました。
気がつけば、加子母での暮らしは八ヶ岳時代よりも長くなり、今では全てが懐かしい思い出です。
そして今回、その地を訪れるに祭し、私なりに感じていることがあります。
それは、「守破離の離」
今年は私にとり、何かと「かたをつける」事柄が続いています。
心の片隅にひっかかっていた事柄や人々との、一つのけじめが続いています。
今回の旅も、そんな予感がしています。
ただ、さほど深刻には考えていなくて、むしろ展開を楽しみにしている自分がいます。
現地に着いたら、まずは山に入ろう。
そして、かつて親しんだ自然と再会しよう。
自分の野生を確かめよう。
それから向かうのは、大変お世話になった仙人のもと(仙人小屋)です。
噂によると、最近はテレビの露出が多く、大人気店になっているとか。
その後は思い出の地を訪れたり、温泉にゆっくり浸かろうかな。
新たな出逢いを求めて、有機村に行くのもいいね。
ともかく、私の第二の人生のルーツを探る旅となりそうです。
まるで遠足の前の晩のように、うきうきした気分です。
2014.11.16 今日のお弁当
今日のサンビル(ぎふ・柳ヶ瀬 サンデービルヂングマーケット)にお出しするお弁当です。今回は私とまちこちゃんが仕上げました。
PB160010.jpg

フライはまるで魚フライですね。
PB160002.jpg

そして、私の得意料理の、「椎茸のじくの唐揚げ」を追加しました。これは、地元の椎茸農家さんから「じくの利用法を考えて!」と依頼を受け、編み出した料理です。
PB160006.jpg

今回は特にじくが太いので、まるで若鶏の唐揚げみたいです。
お弁当に盛る前に、ついお皿に盛って撮影しました。

私と理恵さんは行けませんが、まちこちゃんと大ちゃんが会場に向かいます。
黒にんにくの試食も、どんどんしてもらう予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。

<ひえフィッシュ&たかきびそぼろのっけ弁当>

ひえのフィッシュフライ
高きびのそぼろ
カリフラワーのスパイス炒め
ブロッコリーの塩麹蒸し
ラディッシュの梅酢マリネ
椎茸のじくの唐揚げ
我が家にはテレビがありません。ですからその時々の話題にはすぐについていけないことが多いです。
私はそれでも構わないのですが、子ども達を眺めるに、「少しは周りとの話題についていける方がいいよね」と感じます。
例えば私の少年時代は、「8時だよ!全員集合!」と、「吉本新喜劇」を観ていることが、友達とのコミュニケーションを図る大前提でした。大阪でしたので。
そんな自分の経験から、少しずつ、子供たち向けのネタを小出しにして伝えています。
昨年は、「ドラゴンボール」や、「ワンピース」のDVDを観せ始めました。
そして今年は、やっぱり「妖怪ウォッチ」でしょう、ということで、数日前にDVD第一巻を借りてきたところ、案の定,子ども達は大喜び!特にKAN太は歓喜しております。
で、当然ながらその流れで、踊りを踊り始める子ども達であります。最初は眺めるだけだった私ですが、教えられてこの動画を観た途端、「お父さんも覚える!」
https://www.youtube.com/watch?v=dQlaMaPoaMQ
今年の大忘年会(12/28)に向けて、家族全員を誘って練習しようかと画策しております。
その時の格好!どうしよう?やっぱりセーラー服?
11/29、東京ベジフードフェスタ(代々木公園)での【もりのいえ】のブース番号が「121」との連絡をいただきました。それがどこかは今のところ分かりませんが、お待ちしております。

イベントそのものは、29・30日の2日間ですが、【もりのいえ】は29日(土)のみの出店ですので、お間違えのないようにお願いします。

ちなみに、二年前に出店させていただいた際は、2日間の出店で申し込んでいたのですが、初日の午後早くに2日分が売り切れてしまったので、その後は閉めさせていただきました。多数のご来店、ありがとうございました。

そして、閉店後に入場された方から「出てなかったよ〜!」との連絡をいただきました。その節は申し訳ありませんでした。二年前出店時の写真を載せておきますが、人しか写ってないですね。

PA200023.jpg

なお、今回、この東京ベジフードフェスタに入場して、アンケートに答えた方に抽選で当たる景品の一つとして、【もりのいえ】の黒にんにくペースト「くろべぇ」20本を提供させていただくことになりました。

PA020013_2014111518293054d.jpg

また、大辛ソース・ファイヤー!は、素材にアルコール類を使用している関係から、イベント規定により販売できません。あしからず、ご了解ください。

P8140004_20141115182933288.jpg

そこで、ファイヤー!をご所望の方には、差しあげることにしました。あくまでも私個人の道楽でお渡しするものですので、ご希望の方は私に直接お声かけください。

今回も素敵なご縁がつながることを願っています。

東京ベジフードフェスタのサイトはこちらです。
http://tokyo-vegefest.com/
約一週間前にいただいた鹿肉で、スモークを作りました。

通常は、筋や膜を丁寧に取り除いてから血抜きをしますが、今回は最初の行程をパス!そのまま塩でもんで置き、2日間血抜きをしました。

そしてじっくりと塩抜きをしました。これにも2日ほどかけたかな。

その後、通常ならばハーブなどを入れたソミュール液にしばらく漬けるのですが、今回はその行程もパス!

そして風乾すること2日間。超手抜き仕込みでしたが、それでもこれまでに一週間待ちました。

昨夜、愛農かまどのオーブンにくん材を入れ、いぶしていきました。桜の枝も混ぜたけれど、手元にあるものでということで、ヒノキが多かったかな。これもまた手抜き、いい加減です。

それでもそれなりにスモークができました。色つやもこんなものでしょう。
PB140003.jpg

分厚めのものは大きくスライスして、火を通しました。この最後の行程で少し火入れし過ぎたのが痛恨!ま、それもまた良しです。

★★★
ところで、今日、元ウーファーのゆりちゃん宅に布団をいただきに行った際、ウイスキー「ローヤル」をいただきました。

「おじいちゃんが持っていたもので、一体いつのものか分からないんですけど・・・」とのことでした。

よく見ると、封を切っていないのに、中身が減っています。これは相当な年季ものかも。
PB140004.jpg

私が幼い頃、親父達が好むウイスキーは、“普段使いの”オールド、“ちょっと贅沢に”角、そして“今日は豪勢に”が、このローヤルだったように記憶しています。

そのローヤルのいつのか分からないもの!言わば「古ローヤル」!興味沸きます。

★★★
そこで、今夜は夕食の始めにいそいそとこれらをいただく準備をしました。
PB140001.jpg

鹿肉スモークは、向かって右が燻製しただけのもの。生ハムっぽかったです。

そして向かって左が、火入れしたもの。こちらは期待していなかったのですが、「鮭とば」みたいで意外にいけました。

そして、古ローヤル! これが美味かった!実にまろい深みがあって、いけます!大ちゃんの顔もほころんでおりました。もちろん、スモークとの相性はバッチリ!

かくして、今日は昼は芝ヶ瀬食堂でB級王者クラスのどてめし、夕には自家製鹿肉スモークで古ローヤルという、実に贅沢な一日でありました。

自然の恵みに感謝です。
今日のお昼時、私と大ちゃん、まちこちゃんの三人で、芝ヶ瀬食堂に行きました。
ここは知る人ぞ知る、B級グルメの名店です。

「12時までに到着しないと、混雑するぞ!」
急いで10分前に到着すると、駐車場はほぼ満杯!そして次々に停まろうと乗り入れてくる車たち! すごいです。

その車のほとんどが、社用車や軽トラ!
そう、ここはワーカーたちの憩いの店なのです。
都会だと、「タクシー運転手さん御用達」という風なお店です。

店内に入ると、まさにそこに集っていたのは、オヤジたち。

その片隅に座り、私はすかさず「どてめし」のご飯大盛りを注文しました。

何故大盛りかと言うと、並だとご飯とどてのバランスが悪く、つまりどての方が多くて、ご飯が辛くなるからです。

大ちゃんもどてめし大盛りを頼みました。
そして、どてめしに味噌汁はついているのですが、今回は二人とも豪勢に豚汁も注文!

面白かったのが、まちこちゃんです。
彼女が注文したのは、サラダ単品!
この店に来て、そんな注文をした人は、かつていなかったんじゃないでしょうかね。

要は、「どんな店か見てみたい」ということなのでしょうが、お店のおばさんも思わずまちこちゃんの顔を見返しておりました。

やがてやってきました!どてめし大盛りと豚汁!

いやぁ、さすがのボリュームです。そして美味い!味噌かげんが、岐阜っぽい!
食い終わったら、お腹ポンポン!大満喫でありました。

私の後ろに座ったサラリーマン風のお二人の会話です。
「何にする?」
「どてめし!」
「やっぱり、ここに来るとどてめしだよねぇ」
「でも実は、煮カツ定食が美味いらしいけど」

ふむふむ、次回は大食らいの人と来て、いろいろ注文してみようっと。
東京ベジフードフェスタ(11/29 代々木公園)に【もりのいえ】出店。現地スタッフ追加急募!

既に数名の当日スタッフお申し出をいただいており、ありがとうございます!

加えて、当日、お店の前でちらしを配っていただける2名の方を募集します。

実は【もりのいえ】初のちらし制作中でして、今回のイベントに間に合うように頑張っております。

それを店先でガンガンに配っていただける方、よろしくお願いします!
求めるのは、笑顔!

11/29(土)10:00〜13:00の3時間だけで結構です。

よろしくお願いします!

http://tokyo-vegefest.com/
2014.11.13
「マイキャンドルづくりワークショプは、子供でも参加できますか?」との質問を受けましたが、もちろん!
お子さんと一緒に楽しめるのがいいですよ〜!

これは2年前の時の私たちの画像です。
PC010010.jpg

親がロウソクの芯を持って、子供がカラーキャンドルのブロックを入れていくとかすると楽しめますね!
カップルでの共同作業にもピッタリ!

それにしてもU太はまだ幼いし、私の髪型も随分違いました。
わずか二年で懐かしい光景です。
そして、実はFUKUを背負っているのがみえますか?
PC010012.jpg

マイキャンドルづくりワークショップ、予約制です。
あと10本分くらいで一旦閉め切らせていただきます。
お考えの方はお早めにご連絡ください〜!

Facebookではこちらです!

https://www.facebook.com/events/1562817537287024/?pnref=story
来年の手帳は決まりましたか?

【もりのいえ】で人気の『旧暦美人ダイアリー手帳』、2015年版の注文受付を開始します。

私はもう何年もこの手帳です。
来年は「だんご黒」を使うことにしました。
だんご黒
だんご赤
金半月
金満月
森のお話
大福
朝の波


なお、この手帳は注文を受けてから発注しますので、できれば早い時期にご注文下さればありがたいです。
お申し込みはこちらからお願いします!
http://morinoie.shop-pro.jp/
ここ最近の嬉しいことの一つに、朝の祈りの時間が復活したことがあります。

昨年夏以来、毎朝、神棚にご挨拶した後に、【トーラス体操】をして、瞑想をするという習慣が続いていました。その間、様々な事柄に思いを馳せたり、あるいは何も考えなかったりという有意義な時を過ごしていました。

当初は、理恵さんの事故と入院に際して見守ってくださった方々への感謝の気持ちを込めて、次第にその範囲を広げて、地域の方々や【もりのいえ】に関わって下さる方に向けて、そして次第にそういう区別なく周りの方々や存在、出来事に感謝して祈ってきました。

その最中はいつも心穏やかで、瞑想の後はとても爽やかな気分で一日が始まったものでした。

その習慣が崩れたのは、思わぬ出来事がきっかけでした。
今春、私の身体にカビが繁殖するということになり、いろいろ試した結果、マコモ風呂を家に設置することで解決の道が拓けました。

それはそれで素晴らしいありがたいことなのですが、目を覚ましてすぐにマコモ風呂に入るようになったことで、祈りの時間がなくなってしまったのです。

★★★
その後、ワクワク優先で、暮らしを走り続けてきました。
『ソース』の後押しもあり、やりたいことを今、同時平行で進める手応えも感じてきました。

そこで数日前から、祈りの時間を復活させることにしたのです。

しかも、【トーラス体操】の前に、「延髄呼吸法」なるものを加えています。

延髄は呼吸ととても深い関わりのある部位です。
ここを意識して呼吸する方法を「延髄呼吸法」と呼びます。

この延髄呼吸法と【トーラス体操】を組み合わせると、カラダとココロにとても良い流れが生まれることに気づきました。
(このセットを周りの方々に是非お伝えしたく、解説付きの映像をいずれアップしたいと考えています。)

ということで、これらを組み合わせると、次のような流れになります。
目覚め → マコモ風呂 → 神棚にご挨拶 → 延髄呼吸法 → トーラス体操 → 瞑想

そしてこの後に朝食となります。
このリズム、定着させていきたいものです。
もちろん、楽しみながらね。
本日、甚目寺(愛知県あま市)朝市に【もりのいえ】が出店します。
今回は私とスタッフさん2人で参ります。
今日のお弁当は、コンパクトにぎっしりとまとめました。
ご縁のつながりを楽しみにしています。
PB120021.jpg

<今日のお弁当>
黒豆の自家製テンペの照り焼き
ひえとシイタケのクリーム煮
ゴボウのフリット
もちあわの中華煮
かぼちゃとひじきのサラダ
大根ステーキ
ブロッコリーのえごま和え
サツマイモのリンゴジュース煮
白菜の浅漬け
ラディッシュの梅酢漬け
大根の糠漬け
八重桜の塩漬け
【もりのいえ】では、かつては講師をお招きしてのイベントを年に何度もしていました。
この手のイベントを行うには、どうしても採算性というものを考えてしまいがちです。
お招きする講師に、十分なお支払いができるように。間違っても損はさせないように・・・
お金ではない面での満足感や達成感をもちろん再重要視していますが、現実に収支面で満足してもらえないと、なんだか申し訳ないような気分になります。
ですから、「いい企画だから是非参加して!」という気持ちと、「人数が集まることで、講師代を支払える」という気持ちが混在していたのは事実です。
私は、そのレベルに身を置くのが嫌でした。
そんなことでやきもきするのが嫌だったのです。
★★★
そこで、理恵さんが交通事故に遭って全てのイベントをキャンセルして、活動を再開した時、「もう、あのような思いをしたくない。この先は、採算を気にせずにできるパートナーと組みたい」と決めました。
結果的に講師をお呼びしてのイベントは激減し、数年前のようなお祭り騒ぎのイベントはほとんどなくなりました。
代わりに、私や理恵さんが主体となって進める企画が増えました。以前よりは小ぢんまりとなりましたが、今の私達サイズで程良いのかなと捉えています。
そして何よりも採算性という物差しをほとんど考えずに進めることができていて、精神的にとても楽です。
★★★
ところで、最近の私は、12/6-7 の「マイキャンドルづくりワークショップ」の告知に力を入れています。
これは久しぶりに講師を招いてのイベントです。このイベントに際し、私は心に決めました。
「もし仮に、所定数に届かなかった場合は、全て【もりのいえ】が買い取る」
今回、キャンドル1本で3,500円。2日間で40本分準備していただくので、総額14万円分となります。その金額全てを受けとめる覚悟を、まずしました。
というのも、私はこのキャンドルが本当に大好きだからです。ですから、うちに何本あったって構わない。講師と話がつけば、後で販売するという方法もあるかもしれません。
それでは私たちは今、その金額を払えるだけ経済的にゆとりがあるかと言うと、とんでもありません。本当に笑っちゃうほどに、かつかつの暮らしをしています。
それでも、「私はこのキャンドルが大好きだから、このキャンドルづくりが楽しいから、やる!この件でお金の概念は持ち込まない。後は何とかなる!」と心に決めたのです。
ですから、今回のイベントで「何人集まったらどれだけ売上げが上がる」という計算は全くしていません。
★★★
そんなことよりも、伝えたいことがあります。
それは、過去二回、こちらで同じイベントを実施した時の、参加者さん達の、本当に真剣な姿と、楽し気な様子、出来上がったマイキャンドルを手にした時の嬉しそうな顔です。
P3310088.jpg

そして、我が家ではイベントの度、夕食後によくこのキャンドルを灯しますが、実に暖かいムードを醸してくれるのです。自分に素直になれると言うのかな、このキャンドルのおかげで、本音を出しやすくなります。
また、誰かさんの誕生パーティーの度に、これらキャンドルが大活躍します。祝ってもらう人の嬉しそうなこと!

P9200022_20141111185207261.jpg

P9130020_20141111185206b33.jpg

P7060001_20141111185204de5.jpg

PA270013_20141111185333cf1.jpg

PA280032.jpg

P9210005.jpg

P9240026.jpg

そしてそして、これらのキャンドルを出してくる度に、うちの子ども達は自慢するのです。「このロウソクは僕が作ったんだよ!」って。
P3310057.jpg

子ども達は何度も何度も繰り返します。それほど自慢で、楽しい思い出なんですよね。
この喜びを、今、【もりのいえ】で起きているこの楽しい時を、より大勢の皆さんにシェアしたい!
ただそれだけなんです。
そして、このキャンドルがそれぞれの家庭に幸せを運んでいる姿を想像して、ワクワクしているのです。
この思いが大勢の方に伝わることを願います。
★★★
マイキャンドルづくりワークショップ
→ https://www.facebook.com/events/1562817537287024/?pnref=story
日程:2014年12月6(土)&7(日)
*一日単位のイベントです。(もちろん、お泊まりも大歓迎!)
両日とも10時頃から開始し、お申し込み順に作っていきます。夕方に終了します。キャンドルが固まるまで時間がかかる場合があるので、まる一日のイベントだとご理解ください。
参加費:キャンドル一つにつき、3,500円、昼食代:お一人1,000円
制作可能数:一日最大20個です。お早めにご予約ください!
★★★
ちらしができました〜!
スライド1
最近の私は、日々の暮らしに少しずつ手応えを感じるようになりました。
こだわりや体裁を手放し、身軽で気軽になり、今を生きることに意識を向けて、ようやく自分サイズの、お気に入りの暮らしが実現してきたという気がしています。
かといって、何かしら大それたことができたという訳でもないんです。一つ一つは些細な出来事です。
例えば、新しい工具部屋ができて、部屋に近づくと自動で灯りが点灯し、工具がすぐに見つかってご機嫌だとか、今春リフォームした寝室にダブルカーテンを取り付けたことで、窓をペアガラスにしたことと合わせて、この冬はもう寒くないぞ!といった、ささやかな出来事一つ一つが喜びなのです。
でもそういったささやかなことが、これまではなかなかできませんでした。「こうなればいいなぁ」とか、「これをしておきたいなぁ」などと繰り返すばかりで、なかなか前に進めないのでした。しかもそれがどんどんたまっていきます。
何故前に進めなかったというと、それは物事に優先順位をつけていたからです。
「やりたいことはあるけれど、まずは今やらねばならないことを片付けてからね」という訳です。
そんなことを言っているうちに、その「やらねばならない」と思い込んでいることをし続けているうちに一日が終わっていたのです。
時折、その「やらねばならないこと」が一段落した時に、ようやく「やりたかったこと」に手をつけられるようになります。すると大抵の場合、あっと言う間に終わったりします。
つまり、「やらねばならないこと」に多くの時間を割き、いざ「やりたいこと」を始めると、すぐに終わってしまった、なんてことは何度もありました。その度に感じたのは、「こんなこと、最初からやっておけばよかったのにね」という思いです。
★★★
PB110018.jpg

その発想を変える背中を押してくれたのが、この本『ソース』です。この本の素敵なところは沢山ありますが、その一つが、「やりたいことを、今すぐ、全て、同時平行でやりましょう」というものです。
普通、そんなことを言われたら、「全て、同時平行なんてやっていると、どれもなかなか前に進まないじゃないか」と考えそうなものです。私もそう捉える一人でした。
「今をワクワクして生きる!」と決めながらも、「まずはこのワクワクに集中して終わらせて、次に別のワクワクをして、・・・」という風に考えていました。
でもこの本を読んで、「なるほど、こういう発想もあるよね」と捉え直し、実践してみることにしました。
私の場合は、ファイヤー!や黒にんにくを仕込んだり、離れ家をリフォームして秘密基地にしたり、ご縁台帳を更新して年内状を出そうとしたり、【整魂(せいこん)】を極めるための勉強をしたり、自分にとって楽しいイベントを企画して告知したりといった次第です。
その他、その時々に思いついたことに、すぐに手を出すことにしますた。最近ならば、なかてぃのマチイハウスでのイベントに出かけて、【整魂(せいこん)】ツアーをするといったことです。
これらを同時並行で進めてみると、案の定、一つ一つは思ったようなペースでは進みません。
それでは心が焦ったり、不安になるかというと、さにあらず。楽しいことがず〜っと続くことに気づいたのです。
つまり、「ワクワクが長続きする」という訳ですね。そして、確かにそれぞれの進むペースはゆっくりですが、それでも確実に一つ一つは前に進んでいます。その過程がとても嬉しい!
「やりたいことを後回しにして、いざやってみると、あっと言う間に終わる生き方」と、「やりたいことを同時に進めて、ずっとワクワクして生きること」の違いは歴然ですね。
最近、私はそのことを体験的に実感しています。そして毎日が、生きている今が、幸せです。
今月末に行なう予定の「ワクワク合宿」では、例えばこういった視点でシェアを進めます。この『ソース』の考え方も取り入れ、一人ひとりの人生設計図を描けたらいいなと考えています。
ピンッときた方はご連絡くださいな。あと2名ほど、参加が可能です。
★★★
自分自身を最大限に生かす方法を見つけよう!
そして、リアルな「私の人生設計図」をつくろう!
【ワクワク合宿】
日程:2014年11月22(土)〜24(祝)
  初日は17:00集合、最終日は14時解散
会場:【もりのいえ】
   岐阜県中津川市加子母2220番地 
   0573-79-3268 masa@mori-no-ie.com
参加資格:高校生以上
参加費:26,000円(二泊三日6食付きの料金です)
*中学生以下の方は参加はできませんが、通常の宿泊は可です。
 参加ではない場合の宿泊代:中学生以上16,000円、小学生9,000円、2-6歳7,000円、2歳未満2,000円
★★★
2014.11.10 落ち葉集め
今日は朝から落ち葉集めをしていました。
IMG_2702.jpg

ここ加子母は針葉樹が多く、落ち葉がなかなか集まらないので、例年この時期になると、近所の公園にいただきに行きます。

昨日はずっと雨だったため、落ち葉が濡れて、今回はとても集めやすかったです。おかげであっと言う間に大量の落ち葉が集まりました。
IMG_2703.jpg

今年は一番スムーズに、そして多くの落ち葉が集まり、ありがたいことです。
これらが堆肥になり、来年も美味しい野菜を育んでくれることでしょう。
PB100020.jpg
2014.11.10
昨日は【もりのいえ】にて三名の方に【整魂(せいこん)】させていただきました。

お一人目 2時間半、お二人目 1時間半、三人目 2時間。
三者三様、どなたも深いところでつながらせていただきました。
ご縁に感謝です。

昨日のお一人に【整魂(せいこん)】をさせていただいた際、彼女が寝入ってから、情報が届かなくなりました。正確には同じ情報がぐるぐると回っていて、歩みがないという状態になりました。

そこで、「これは彼女が目覚めてから話し合えということなのだろう」と受け止め、そのようにしたところ、まさに語り合っているうちに、一つの灯りが見えてきました。

通常は、私が受け取った情報をお伝えし、その感想を聞きながら少しお話することが多いです。今回のように情報をもとに、じっくりとお話を進めていくという方法もあるのだなと気づいた次第です。

そして、従来でしたら、情報が止まったところで、「さて、どうしたものか?」と思案したかもしれませんが、今回は迷わず次の道がみえてきました。

★★★
【整魂(せいこん)】を名乗って、本格的にワークを始めるようになってから、約一年が過ぎました。

始めた当初に比べると、私自身も随分と変わりました。始めた頃は、少しチカラが入っていたというか、「この人にとって有益となるように努力しよう!」という気負いがありました。

今はそういったことは手放しています。お伝えすることを相手の方がどのように受けとめるか?どのように【整魂】を評価されるか?といった詮索をする感覚は無くなりました。もちろん、お伝えの仕方の配慮はしていますが。

また、当初は価格設定をしていたことで、「払っていただく以上の満足を得てもらいたい」という自我もありました。

今はそれも解き放ち、受けた後に納得のいく金額をいただくことにしたことで、お金の尺度を全く考えずに、より純粋な状態で目の前の方に向き合えるようになりました。

【整魂】を始める前の準備も、最中の道具も、どんどんシンプルになってきています。

すぅっと【整魂】ができる状態になり、気負い無く目の前の方に向き合い、全身全霊をかけて集中できるようになってきました。

私が目指す【整魂】の最終型にはまだほど遠く、未熟であることは承知していますが、少しずつ階段を登っている実感があります。

これまでに受けていただいた方々に本当に感謝しています。皆さんとのご縁がなかったら、今の私はないです。ありがとうございます。

整魂(せいこん)
https://sites.google.com/site/maasansaito/gallery
今日は保育園保護者会の行事で、親子ハイキングに行きました。

そもそも、正月明けに行なう「左義長」を保育園でも行なっていたのですが、園児数が減ってきたことで開催が厳しくなり、今年初めて左義長が中止になりました。

その代わりの父子の行事として新たに始まったのが、この親子ハイキングです。
もちろん、お父さんだけでなくお母さんも参加できます。

最初に加子母B&G海洋センターに集合し、順次歩み始めて、まずは小郷地区の神社に立ち寄り、それから「加子母大杉」を目指しました。

加子母大杉は、樹齢千数百年と言われる、とても大きな杉の木で、国の天然記念物に指定されています。
いつもは柵に囲まれているのですが、今回は特別に柵内に入らせていただけました。
つまり、触れる!
IMG_2641.jpg

IMG_2646.jpg

IMG_2643.jpg

IMG_2644.jpg

IMG_2645.jpg

IMG_2648.jpg

このありがたさは、むしろ大人の方が感じ取っていたでしょうね。
子ども達はさほど大したこととは感じる様子も無く、遊び回っておりました。
それもまぁ、いいのか。
IMG_2662.jpg

IMG_2653.jpg

IMG_2668.jpg

ただ、結果的に子ども達が大杉に足をかけて登ろうとしたり、木の皮が次々と剥けていく様子をみると、多少心が痛みました。
加子母大杉、今日はどうか勘弁してくれ!そしてもっと長生きしてくれよ!

昼食は大杉の傍でお弁当です。
IMG_2677.jpg

IMG_2680.jpg

IMG_2693.jpg

そして、大杉が立つ地区の会館で、たまたまこの地区の老人会の敬老会が開かれていたので、KAN太のいる年長組がソーラン節を披露しました。
おじいちゃん&おばあちゃんは大喜び!おひねりが総額1万円を越えたとか。

こうして保育園の新たな行事が誕生しました。
当初、「晴れのち曇」の天気予報でしたが、結局終日晴れ、今年の保護者会は本当に天候に恵まれています。

最後に。
移動の際、要所要所で保育園の先生方が立って下さったのですが、その鴇のプラカードが可笑しかったです。
「園児に注意」って、園児は熊か?
IMG_2694.jpg