FC2ブログ
加子母のAコープは、時々ウソみたいに安売りをすることがあります。
今朝、たまたま覗いたら、皮が黒ずんだバナナが 1パック30円!
これで100円しない!
PB060019 のコピー

そこで、今日のおやつはバナナクレープを皆で作りました。
バナナを切るのはKAN太とFUKUのお役目。
PB060019.jpg

生地を焼き、トッピングするのはU太と私と決めたのですが、途中からはKAN太もFUKUもやはりやりたがり、ごちゃごちゃになりました。
PB060019.jpg

PB060022.jpg

それでもそれなりに完成!
PB060023.jpg

まちこちゃんが作ってくれた、ひえのクリームと、キャロブのチョコレート風クリームが結構濃厚で美味しかったです。
PB060028.jpg

かくしておやつで腹一杯になった私たちでしたが、続いて夕食のご馳走が待っていたのでした。

★★★
こちら(特に飛騨地方)では、鶏肉をニンニクたっぷりのタレに漬け込み、野菜と一緒に炒める料理を「けいちゃん」と呼びます。

これが豚肉だと「とんちゃん」ですが、加子母近辺ではとんちゃんはあまり聞かないですね。

うちではKAN太が鶏肉が苦手なので、よくとんちゃんをします。
あるいは両方混ぜて「けいとんちゃん」にしたりもします。

さて、昨日、お隣からさばいたばかりの鹿肉をいただきました。
まさに山から戻ってきたばかりの軽トラの荷台から、「ほれ、持ってけ!」と渡されたくらい、新鮮な肉です。

私はその鹿肉をスモークにすることにして、帰宅してすぐに血抜きのために塩をまぶして漬け込みました。
ところが、夕方帰宅した理恵さんはその話を聞いて、「鹿焼き肉、食べた〜い!」とおっしゃるではありませんか。

そこで、今日はその肉の塩抜きをして、焼き肉と、けいちゃん風にしていただくことにしました。
鶏ならば「けいちゃん」、豚肉ならば「とんちゃん」なので、鹿肉では「かちゃん」ですね。

ところが、「ここで馬肉があったら、『おばかちゃん』だね」とふざけていたら、「うちの冷凍庫に、以前いただいた馬肉があるよ」とのこと。
ならばコトの流れで、本当に「おばかちゃん」を食べてみようということになり、馬肉を解凍しました。

この馬肉、刺身でいただけるような代物でしたが、一応火を通すことにしました。
焼き肉にすると、旨い!

鹿の焼き肉も結構柔らかくていけました。
ただ、塩抜きが十分ではなかったので、少々塩辛かったですが。

そしていよいよ「おばかちゃん」の登場です!
まずは馬肉と鹿肉を合わせてにんにくたっぷりの醤油タレに漬け込んだものに、しっかりと火を通します。

その上にたっぷりの野菜を載せ、後で焼きそば用のそばも加えました。
もうこれはハッキリ言って、焼きそばです。
PB060033.jpg

食べてみると、結構いけました。
塩気の強い鹿肉と野菜がうまく合ったようです。
大量に仕込んだのに、みるみるうちになくなっていきました。

子ども達はおやつも結構多かったのに、よく食べたね。
この歳で、新鮮な馬肉と鹿肉をいただくなんて、なんと贅沢なことでしょう。

かくして、新メニュー「おばかちゃん」は成功のうちに終わりました。
こういう機会は滅多にないことでしょう。

ただ想像がつくのは、明日、子ども達が、「昨日、おばかちゃんを食べた〜!」と言いふらすことでしょうね。
まぁ、それもご愛嬌です。
スポンサーサイト



自分だけのデザイン・カラーで、大きなキャンドルをつくろう! 
PA270006_2014110613055869d.jpg

とってもお洒落で、ココロが和み、そして持ちも良いので災害時にも活躍します。
【もりのいえ】でもイベントの際によく登場するカラーキャンドルを、あなたのお好みで自作しませんか? 
P3310059.jpg

今回で三回目となるこのワークショップ、キャンドルづくりのプロ・たかくん(中山貴臣くん)が【もりのいえ】に来て一緒に作ってくれます。 
P3310084.jpg

繊細な作業はたかくんにお任せして、あなたはデザインとカラーを選ぶだけ! 
素敵なマイキャンドルが出来上がります! 

P3310009.jpg

PC010001.jpg

P3310056.jpg

PC010016.jpg

自分自身への記念やご褒美に! 家族の思い出に! 親しい方への感謝のしるしに!
クリスマスも近く、格好のプレゼントにもなりますよ!

★★★
日程:2014年12月6(土)&7(日)

両日とも10時頃から開始し、お申し込み順に作っていきます。夕方に終了します。
キャンドルが固まるまで時間がかかる場合があるので、まる一日のイベントだとご理解ください。

参加費:キャンドル一つにつき、3,500円、昼食代:お一人1,000円

制作可能数:一日最大20個です。
★★★

お早めにご予約ください!
約二週間後にせまりました【ワクワク合宿】(11/22-24 )について、再度ご案内します。

この企画の趣旨はひと言で言うと、「自分探しの羅針盤づくり」です。

【もりのいえ】に集って来られる人の多くは、自分探しの旅をしている方が多いです。お客さん、ウーファーさん、スタッフさんと、ここに滞在する形は様々ですが、共に過ごすうちに、ご自身にとっての新しい人生を拓く何かのきっかけをつかんで旅立っていかれるようです。

その事例を私は幾つも見てきました。そしてこの体験をもっと大勢の方にしてもらえれば、「私らしい生き方」を見つける人が増えていくと願うようになりました。

基本的な姿勢は変わりません。【もりのいえ】の暮らしの中に入っていただきます。その中で今回は特に、お互いに向き合い、シェアし合いながら、お一人お一人の人生設計図を作ることを目指します。

もう少し噛み砕いて趣旨を説明しますと、次のようなことを目指します。
・自分の特徴を見つめ、自分が本当にやりたいこと、やれることを見つける
・それを実現する上で障害となっていること、障害だと思い込んでいることに、正面から向き合う
・やりたいこと、やれることを現実のものにするために有効な事柄を思考する
・最終的に、一人ひとりの「私の人生設計図(ライフプラン)」をつくる

つまり、夢を憧れで終わらせず、リアル(現実のもの)にするための道筋をつけることを目的とします。

そのためのケーススタディとして、【もりのいえ】の事例を全てお見せします。体裁は構わず、できたこと、できなかったことの全てをお話します。私やりえさんの経験もお話します。そして、その場に集った仲間で、どんどんシェアしていきましょう。

アプローチ方法としては、心の面(自分の枠・固定概念を外す、お金と向き合う、シェアリングなど)と、具体的な対応策(組織運営の仕方、営業許可申請の仕方、衛生管理、企画立案方法など)を学ぶ面を組み合わせていきます。

日程は、初日の夕方に集って、最終日の昼食後に解散という二泊三日コースです。

そしてナビゲーターは私です。私のやり方が完成している訳ではなくて、いつも試行錯誤しながらの現在進行形なのですが、そんなありのままの姿を見てもらいつつ、共に学び、刺激し合っていければとイメージしています。その上で、あなた自身の具体的なライフプランを作ってみませんか?

合宿中、あるいは前後の時間帯で、私の【整魂(せいこん)】を受けていただくこともできます。そうすることで、「私の人生設計図づくり」がより明確になってくることでしょう。
ご連絡をお待ちしています!

PB040032_201411061121336c0.jpg

★★★
自分自身を最大限に生かす方法を見つけよう!
そして、リアルな「私の人生設計図」をつくろう!
【ワクワク合宿】
日程:2014年11月22(土)〜24(祝)
  初日は17:00集合、最終日は14時解散
会場:【もりのいえ】
   岐阜県中津川市加子母2220番地 
   0573-79-3268 masa@mori-no-ie.com
参加資格:高校生以上
参加費:26,000円(二泊三日6食付きの料金です)
*中学生以下の方は参加はできませんが、通常の宿泊は可です。
 参加ではない場合の宿泊代:中学生以上16,000円、小学生9,000円、2-6歳7,000円、2歳未満2,000円
★★★
今夜は交通安全地区支部長として、交通安全法令講習会に参加してきました。
恥ずかしながら、免停になったりして受けた講習会以外で、交通安全系の講習会に参加したのは初めてでした。

お話された警察の方。
お義母さん(奥さんのお母さん)が20数年前に交通事故に遭い、片足を失くして以来、ずっと車椅子の生活とのことでした。

その交通事故とは、車を運転中に対向車がセンターラインを越えてきて正面衝突し、自分の車に足をはさまれたという経緯だったそうです。

その事故の経緯は昨年夏の理恵さんのものと全く同じです。
ただ幸いなことに、理恵さんは両足がつながり、今も回復上にあるということです。

でも、ちょっとしたズレで、理恵さんも、お話にあったお義母さんと同じ状況になっていてもおかしくはなかった。
いや、それ以外の可能性も十分にありました。

事故の翌日のことでした。
緊急入院で対応して下さった院長先生がおっしゃった言葉が今も残っています。

通常では事故現場に院長が呼ばれることはないそうですが、理恵さんの時には呼び出されたそうです。
そして現場に駆けつけると、レスキュー隊員さんが声を振り絞って、「まだ若い人なんです!どうか足を切断しなくて済むようにお願いします!」と懇願されたとか。

その思いを受け、院長先生はできる限りのことをして下さいました。
そんな皆さまのおかげで、今の私達の暮らしがあります。ただただ感謝です。

ところで、そのお義母さん、最近は筋肉が減ってきて、残った足に入ったボルトが浮いてきたそうです。

理恵さんの両足にも、おびただしい数の金属片やボルトが入ったままです。
慌てずに、いつかきっとそれら全てを出せる時が来ると信じていこう。
そして少しずつ今の暮らしを歩んでいこう。

そんな気分で講習会場を終えて外に出ると、とても幻想的な月が見守ってくれていました。
ありがとうございます。
PB050020.jpg

黒にんにくが順調に仕上がってきています。
PB050036.jpg

先日旅立ったウーファー・アビちゃんがとても丁寧に仕事をする人で、黒にんにくを作る時も、きっちりとザルに並べてくれました。
PB050021.jpg

今回の味も絶品!甘くてジューシー!

最近、あるマーケットで【もりのいえ】の黒にんにくを買って下さった方からお電話があり、「とても美味しかったので、まとめて購入したい!」との嬉しいお申し出がありました。
ありがたいことです。

黒にんにくを食べ慣れている人でも、「【もりのいえ】の黒にんにくはジューシーで美味しい!」と言って下さっています。

黒にんにくを食べたことがない人は、その食感と味にとても驚かれます。
「これがにんにくなの?」と。
もともと無農薬の加子母のにんにくに、全く何も加えず、ただ黒にんにくに加工したものですので、とても安全安心です。
そして美味しくてカラダにも良い!

うちのかみさん、つまり理恵さんが、いつもこぼします。

「うちの黒にんにくは安く値段設定し過ぎてる!」らしいです。
確かにこの味でこのお値段(100g 980円)はお買い得です。

PB050027.jpg

黒にんにくを作る時に使うザルが、どんどん黒く染まっています。
黒にんにく染め?何とも良い風情ですね。

PB050029.jpg

ということで、黒にんにくの方も手応えを感じています。
何もかも、ありがたいことです。

ご希望の方はこちらからお申し込みくださいな。
http://morinoie.shop-pro.jp/?pid=64526947