FC2ブログ
1/24(土)〜25(日)、【もりのいえ】にて、お醤油搾りをやります!
見学&参加できますよ〜!

★★★
ついにお醤油搾りの時期が近づいてきました。

私たちは【もりのいえ お醤油倶楽部】なる会を作って、口数に応じて毎年出資をし、共に管理をしつつ交流を深め、最後のお醤油搾り作業まで約10ヶ月に渡るお醤油づくりを体験しています。
お醤油-5

★★★
最初に、麹屋さんから購入した麹に塩を加えて混ぜる「塩切り」の作業を行いました。
これは3月頃に行なうことが多いです。
お醤油-1

お醤油-2

続いて、水を加えて樽に仕込みます。
お醤油-3

これで「諸味(もろみ)」ができました。
お醤油-4

この諸味を、期間をおいて別樽に入れ替える作業が「天地返し」です。
この作業を春から晩秋まで、お醤油倶楽部のメンバーが毎度集って行なってきました。
お醤油-6

この間の作業で、深い愛情を注ぎ、丁寧に行なうことがいかに大切なのかを、数年の経験で私たちは学んできました。

★★★
そして年が開けて、お醤油搾りの日を迎えます。
お醤油-8

私たちにお醤油づくりを指導してくれた、「なかや」のときさんが、今回も搾り師として来てくださいます。

まずは諸味の状態を見て、お湯を加え、
お醤油-7

お醤油-9

袋に小分けしていきます。
お醤油-10

その袋を船の中に納めていきます。
袋が重なるにつれて、最初のお醤油が洩れ始めます。
その神々(こうごう)しいこと!例年の光景ですが、歓声が上がります。
お醤油-11

そしてひと舐めすると、「美味い!」
毎年、ドキドキワクワクしながら迎える瞬間ですが、最近は優劣に関係なく、「美味い」と実感しています。

やがて袋が積み重ねられ、ジャッキで圧を加えていくと、お醤油がどんどん搾られていきます。
お醤油-12

時を経るにつれてお醤油の様子が異なるのも面白いです。
お醤油-13

★★★
その搾りたてのお醤油を使って、昼食をいただきます。
焼きおにぎり、
お醤油-14

お醤油-15

うどん、
お醤油-16

あくに漬けた大根、
お醤油-17

・・・この時でしか味わえない至福の時です。

「お醤油だけでご飯を食べられる!」
心からそう思える瞬間です。

一樽の仕込みで、一升瓶のお醤油が30本以上とれます。
投資をした以上の、いや別格の喜びを沢山いただける、素晴らしい活動だと自負しています。
お醤油-18

そのお醤油搾りを、来年1/24(土)と1/25(日)に【もりのいえ】にて行ないます。
両日とも同じ作業をします。

この作業の見学やお手伝いをご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

参加費はカンパでお願いします。
昼食代は、大人お一人1,000円を目安にお支払いください。

24日の夜は、ときさんが【もりのいえ】に泊まります。
貴重なお話を聞ける、またとないチャンスです。よろしかったらご一緒にどうですか?

宿泊代は任意です。宿泊はせず、夕食のみをご希望の場合はお問い合わせください。

食を自らの手で加工する、とても貴重な機会です。
スポンサーサイト



かつて、整体師・けんちゃん(サクラ ケン氏)を招いて開いていた視力回復合宿。
その後、私がけんちゃんの了解を得て私なりのスタイルで行なってきました。

この合宿で目指すものは、まずはその名の通り、視力の回復です。
この点をこれまでは少々あやふやにしてきましたが、これからははっきりとそれを目指すと明記します。

次に、視力だけなく、「生きるチカラ」を回復することを目指します。
それはカラダ全体と、ココロにもアプローチすることを意味します。

そして、ご自身がご自分のチカラで、生きる自信を取り戻し、道を拓いていかれるようにお導き(ナビゲート)します。

★★★
そのために提供できることが幾つかあります。

まず、10以上の具体的なメソッド(方法)です。
眼球はもとより、視力回復につながるツボマッサージ、カラダ全体へのアプローチなど。

私自身が右目0.03、左目0.05だったのが、今や普段の暮らしでは裸眼で暮らしている、そのメソッドをお伝えします。

続いて、私の【整魂(せいこん)】があります。
お一人ずつ、カラダとココロの状態を診させていただき、得た情報をお伝えしてシェアするうちに、様々な「とっかかり」が解けていきます。

【整魂】については、こちらのページをご覧下さい。
→ https://sites.google.com/site/maasansaito/gallery

また【もりのいえ】ならではの特徴は、理恵さんの料理です。
彼女は最近ますます料理の腕を上げていて、私は全幅の信頼を寄せています。

P3270018.jpg
P4260002.jpg
P3160024_2014120917582366c.jpg

素材の魅力を生かした料理は、力強く、とても美味しいです。
そしてカラダもココロも満足できることが、視力と生きるチカラをみなぎらせます。

★★★
そして私が目指していることがあります。

それは、「帰宅後にも継続できるメソッド(方法)をお伝えすること」です。

これまでの半生をかけて下げてきたあなたの視力が、3日で一気に上がり、それが持続するとは考えない方が良いです。

それよりも、「合宿後も続けられる方法やきっかけをつかむ!」という姿勢でご参加ください。
それに見合うだけのものは提供できると確信しています。

いわば、この合宿で経験していただくのは、一階から二階に向かうまでの踊り場に辿り着くようなものです。

それをきっかけに、お伝えしたことを継続できれば、無事二階に上がれます。
(視力が回復したまま持続します)

でも、合宿後に何もしないでおれば、気がつけば一階に戻っています。
(合宿前の視力に戻ります)

その前者になれるよう、私が全力を挙げてお伝えし、支えます。

★★★
この視力回復合宿を、2015年1/9(金)〜11(日)に開催します。

初日の17時までに入浴を済ませて集合。最終日は昼食後の14時頃に解散です。
参加費は、お一人30,000円です。(食事・宿泊・おやつを含めます)
定員は6名とさせていただきます。

実は視力回復には冬が一番なのです。この機会に試してみませんか?
ちなみにかつての冬の視力回復合宿の様子をご紹介しておきます。
寒修行みたいですが、それほど厳しくはしませんので、ご安心くださいね。

P2120016.jpg

ピンッときた方からのご連絡をお待ちしています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

https://sites.google.com/…/maasansaito/-munorifuresshu-he-su
12/30(火)は、注連縄(しめなわ)と門松を作ります!
PC310005.jpg

毎年、私は注連縄と門松を自作しています。よろしかったらあなたも作ってみませんか?割とカンタンですよ。

★★★
まず、注連縄ですが、こちらに移住した当初は、地元の名人にお越しいただき、作り方をご指導いただきました。
PC290048.jpg

その後は僭越ながら私が皆さんにお伝えしています。
私はサッサとはできないのですが、かえって素人さんにはその方が動きが分かりやすいかもしれません。

何と言っても【もりのいえ】の注連縄の特徴は、稲ではなく、育てたマコモ(真菰)を使うことです。
PA010011.jpg

真菰は、稲が日本に伝来する前から存在していたものらしく、その姿は実に神々(こうごう)しいです。
香りもうっとりするほど素晴らしい!

出雲大社など幾つかの神社では、真菰を使った注連縄を掛けているとか。
一本の葉が2mほどにもなる真菰で注連縄を作るとなると、途中で足さなくとも注連縄には十分な長さのものができます。

その姿は実に美しい!昨年、私が作ったものをご紹介しておきます。
PC280010_20141209171437a1b.jpg

★★★
つづいて門松づくりです。

まずは竹を伐るところから始めます。
それを適当な長さに切り、節を挟んで斜めに切ります。
するとあら不思議!笑顔が現れます。
PC310004 - バージョン 2

「笑う門(かど)には福きたる」の表現そのままの様子ですね。
それを三本縛り、桶やバケツなどに立てて、家の周りで見つけたもので飾ると、いっぱしの門松の出来上がり!
PC310001.jpg

★★★
どうです?これらを一緒に作ってみませんか?

これはイベントと言うよりは、私たちの年末の暮らしそのものですので、それに入っていただくような形で参加していただきます。

12/30(火)、9時頃から注連縄づくりを始め、午前中に作業を終えて、お昼前に竹を伐りに行き、午後から門松づくりをしたいと考えています。

参加費はお志でお願いします。
昼食代は大人お一人1,000円を参考にお願いしますね。

前日の29日には玄米餅つき会をしますので、お泊まりで合わせて参加してもらってもいいですね。
→ http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-3020.html

加えて、前々日の28日夕刻からは大忘年会をしますので、それにも合わせて二泊というパターンもありです。
→ http://maasan.blog19.fc2.com/blog-entry-3019.html

さらに加えると、【もりのいえ】のおせちはベジ!それが実に綺麗で美味しい!
P1010002.jpg

元旦に入る温泉が実に気持ちいい!その後にいただくおせちとお酒が、実に身体に沁みるんだよね。

つまり、年末年始を【もりのいえ】で過ごすという方法もあるのです。

ともかく、楽しんで、心豊かに時を過ごしてまいりましょう!
突然ですが、このタイプのストーブで譲っていただけるものはないでしょうか?
img61194293.jpg

外イベント出店時、これからの季節にあたたかいスープなどお出ししようかと考えているのです。店先に置くと、お客さんも暖をとれるし。

そこで、この写真のように、上に鍋を安定して置けるタイプで、しかも車に載せられるほどのコンパクトサイズのストーブ(40cm巾程度)で、あまり古くなくって、「もう使わないよ」というものがありましたら、ご連絡をいただけましたらありがたいです。

いろいろと勝手なことばかり書いて申し訳ありませんが、「眠っているものを生かせたら」という思いだけですので、ご協力いただけましたら嬉しいです。

お礼は「ファイヤー!&くろべぇ&その時の理恵さんのお菓子」ということで、よろしくお願いします。
12/29(月)、【もりのいえ】にて、恒例の玄米餅つき会をやりま〜す!
PC290005.jpg

【もりのいえ】の玄米餅つきは面白いよ〜!

玄米餅はとても甘くて滋味も栄養もあり美味しいのですが、普通、玄米をそのまま蒸して突くと、玄米がなかなか蒸せないため、米粒感が残った固めの餅ができ上がります。

そこで一計。玄米を一旦精米します。
その分づき米と米ぬかに分けた状態で蒸らすのです。
PC290017.jpg

すると、お米は柔らかく蒸されます。愛農かまどが大活躍!
PC290035.jpg

そして餅を突く時に、分づき米と米ぬかを合わせて突きます。
PC300001.jpg

すると、栄養価としては玄米と同じで、柔らか〜いお餅が突けるという訳です。
PC300074.jpg


いわば、一旦別れたカップルが、よりを戻してより甘く柔らかくなるという案配です。これは超お勧めの突き方ですよ。
PC300079.jpg


昼食はもちろん突きたてのお餅をいただきます。
あんこ、えごま、きなこ、自家製お醤油、大根おろし、海苔、ファイヤー!・・・いろいろ付けて楽しみましょう!
PC300081.jpg

お持ち帰りも可です。鏡餅も作ろう!
PC300080.jpg

朝7時頃から火を入れ、お米が蒸され次第、突いていきます。
PC300057.jpg

お昼時にはほぼ終了しますので、お早めにお越しくださいね!

参加費:餅つき会への参加は無料です
昼食代:大人お一人1,000円、お子さんは食べた分量次第でご判断ください
持ち帰り:ご希望の方は申し出てください。分量で値段を決めましょう

前日(12/28)の夜には大忘年会をしますので、それと合わせてお泊まりでお越しということもできます。

超お勧めの玄米餅つき会。どうですか?一緒に楽しみませんか?
さぁ、12/28(日)、【もりのいえ】の大忘年会が近づいてきました〜!
PC280010.jpg

年々エスカレートしてきている忘年会。
最初は「仮装した人にはもれなくプレゼント!」としていたのですが、結局誰もが仮装するようになりました。楽しいね!
PC280008.jpg

PC280012.jpg

そして今年もやります!
18時頃からぼちぼち集合して、さみだれ的にスタートしましょう!
PC290006.jpg

参加費は「一人一品」。おかずでも、デザートでも、お酒でも結構です。何か持参してください。
PC280002.jpg

「何人分用意すればいいの?」と訊ねられることもありますが、「30名以上参加」を一つのイメージとしてください。
ただし、「30人分を用意すること」ではありませんので、誤解なきように。
PC280022.jpg

そして、このパーティーは出逢いの場でもあります。
PC290002.jpg

「一目会ったその日から、恋の花咲くこともある」と聞いて懐かしむ人は少なくなっているかもしれませんが、そんな素敵な出逢いの実績有り!の忘年会なのです。
PC280033.jpg

もちろん、初めての方でも参加可です。
すぐに打ち解けて得難い仲間になりますよ。
構えずに気軽にお越しください。

PC290007.jpg

お泊まりも可です。宿泊代は「任意」です。つまり、ご自身が納得される金額をお支払いくださいな。

ということで、沢山の方と年の終わりを祝いたいと思います。ご参加お待ちしています!
PC280025.jpg