FC2ブログ
2005.11.04 自ビール!
タンクからビンに移されるビールたち
CIMG0458-2.jpg


昨日は他にもイベントがありましたが、
流石に一日に4つブログを書くのははばかれましたので、今日に回しました。
それはビール作りです。

こいつは楽しい作業です。
何が?って言われると難しいけど、
要は毎晩良い気分にさせてくれるものがこんなに簡単にできるのかってことですかね。
本当に簡単なんです。以下、手順です。

①「ビールの素」を買ってくる。
 これは東急ハンズやインターネットで売ってます。すぐに見つかります。
②水とタンクを確保する。
 うちでは水は水道水ですが、かなり標高の高いところの湧き水を使っているので、
とても美味しい。カルキの臭いもしません。
 タンクは23リットルものです。
③コップ一杯のお湯を沸かし、温度が下がったところで、
「ビールの素」に付いていたビール酵母と砂糖を入れて予備発酵させる。
 通常、すぐに泡がブクブク出てきます。
④大き目の鍋に1.5リットルくらい湯を沸かし、「ビールの素」を入れてしばらく煮る。
⑤タンクに10数リットル(この分量は好み)の水を入れ、煮た「ビールの素」を入れる。
⑥予備発酵したものを入れる。

これで一次発酵は完了です。
あとはタンクを20数度で保温すること。こいつが一番やっかいです。
うちでこの時期に仕込むときには、ペット用の保温マットの上にタンクを置いて、
その上に毛布をかぶせます。

さて一週間から10日後、いよいよビンに充填します。
うちはオランダの「グロールシュ」というビールのビンを使ってます。
こいつは蓋に針金がからんであって、指で押して針金をはずして蓋を開けます。
一旦開けた蓋をはめて針金で押さえると、また閉まります。
つまり、何度も蓋が閉まるというすぐれものです。

このビンを消毒し(この消毒作業が結構面倒)、砂糖をスプーン一杯入れて、
タンクの液を充填します。
今まではタンクのコックをひねって入れてましたが、これだと泡が立って時間がかかります。
今回はサイフォン方式で充填する器具を手に入れ、初めて試してみましたが、
とっても楽でした。おかげで順調に終了。
一本約470mlのビンで、40本仕込みました。
あとは冷暗所に3週間置いておくだけ。これで自ビール完成です。

自ビールを作るようになって一年以上になりますが、概ねうまくいきます。
大体うちのサイズで一本80円弱の経費ですかね。
これを始めると、外でビール飲むのが馬鹿みたいな気がしてきます。
ほとんど酒税と店の儲けのために飲むようなものですからね。
特にうちのビールは私の好みで黒ビールにしていますので、
なお独特な雰囲気を醸し出しています。
今、我が家にはビール80本キープしてます。これで年を越せそう。
味わいたい方はお気軽にどうぞ。
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/100-3ca032f3