FC2ブログ
最近のU太と私は本当にラブラブです。
私はかつてこれほど人に好かれたことがあったでしょうか?
というくらいです。(失礼!かみさん。)
その蜜月をより深める出来事が昨日ありました。

ゴンの狂犬病集団注射の日が仕事と重なっていたので参加できず、
昨日、動物病院に行くことにしました。
合わせて、先日申し込んだパスポート更新の受け取りにも行こうということになり、
その行程をU太と共に過ごすことにしたのです。

私はある作戦を思いつきました。
前夜からU太に情報を仕込みます。
「U太、明日は一緒にドライブしような!」
ウキウキ気分で床についたU太。

朝は目覚めとともに声を掛けます。
「U太、今日は一緒に消防車と救急車を見に行こうか?」
もうU太はハイテンション。
消防車と救急車のためとあらば、朝食もさっさと済ませてくれます。

そして出発!
家を出て、いきなり近くの消防署に向かいました。
前夜から期待させていますので、
これ以上焦らすのではなく、さっさと目的に到達したのです。
消防署では気持ち良く署員の方が出てきてくれました。
「消防車に乗るかい?」
s1乗せてあげるよ

こわごわと近づくU太。
内心はとても嬉しいくせして、その場では固まってしまうのです。
そこでお父さんも一緒に乗ります。
前回もそうでしたが、本人は固まったまま。
むしろ逃げたがっている様にも見えます。でも内心は嬉しいはず。
s2消防車ひきつり

続いて、救急車にも乗せてもらいました。
何だか目が空ろです。
s3救急車目が空ろ

そこで車から降り、前で写真を撮ってもらいました。
でも固いまま。「本当は嬉しいんですけれどね。」と親が言い訳わけわけ。
s4救急車の前で

消防車の前でも撮影。
おいおい、どこをみておる。
「これでも後で大興奮するんですよ。」と言い訳わけわけ。
s5消防車の前で

本当に不思議です。上の写真のどれもが嬉しそうではないんだもの。
でも、出掛けて最初に目的が達せられ、安心したのか、
その直後に眠ってしまいました。

眠っている間に動物病院の用事を済ませ、ドライブ続行です。
着いた先でも、別の消防署を訪問しました。
そこでも「キューキューシャ!」と叫びながら消防署に近づくのですが、
いざ車を前にしたら立ちすくんでしまうU太。
本当に面白いキャラです。

桜の樹の下でお弁当をいただき、
爽やかな風を受けるU太を眺めていたら、
突然「バックホー!」と叫びました。
指差す方向をみると、確かに少し離れた場所にバックホーが見えます。

「よし、近くまで見に行こう!」と移動開始。
レンタル会社に置かれていたので、中には入れませんが、
遠目に見ても迫力があります。
U太はすっかりご機嫌。
自然な笑顔で、ポーズも決めてくれます。
s6バックホーとポーズ

「もう少し近くにまで行こうか?」と誘い、
すぐ傍にまで近寄ります。
すると一転して呆然とした様子のU太。
面白いなぁ。
s7巨大さにボーゼン

それでも、一旦離れると、「もう一回見たい!」とせがみます。
このU太のモノとの接し方は独特だと思います。
私がイメージする幼児の反応とは違うもの。
でもこれがU太。
この間合いを親も覚えておこう。

こうして、U太の大好きな乗り物巡りの一日が過ぎました。
おかげで帰宅後もご機嫌です。
風呂場で、「救急車!バックホー!」と連呼です。
また一緒にどこかにいこうな!

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1016-50e899d3