FC2ブログ
7月5日のSVOワークショップに向けて、
ちまちまと準備をしている私たちです。
そのうちの大きな課題が、「寝具の調達」でありました。

実のところ、うちに幾つの寝具があるのか分かっていませんでした。
今回の宿泊予定者は、今のところ大人14名、子供3名です。
さて彼らの分を準備することができるのか?

今回の救いは、「恵那のじいちゃん・ばあちゃん」でした。
そうです。大阪からこの春に恵那に越してきた私の両親。
彼らが近くにやってきたことで、何かと便利になっています。
今回もこのワークショップに合わせて、予備の布団を借りてきました。

「さて、では我が家に何組の寝具があるのか、数えてみようではないか!」
ということで、布団の棚卸し作業が始まりました。
まず、全ての布団類を一箇所に集めます。
私が布団をポーンと投げていると、案の定、U太怪獣が引き寄せられてきました。
布団山を見て、もう早くも興奮状態です。キャーキャー叫びます。
そこでしばらくの間、「布団遊び」をすることにしました。

「ヘイ!今日は盛り上がろうぜ!」
布団1

「ギャー!いきなり襲われた!」
布団2

「何をこのやろめ。捕まえてやる!」
布団3

「こりゃ、どこへ逃げる?」
布団4

「おっと、足をすくわれた。」体勢を取り直す怪獣。
布団5

「ギャー!すっぽんぽんに襲われた!」
布団6

「う~む、撃沈!」
布団7

とまあ、布団の山に飛び込み、転がり、大騒ぎ。
U太は大興奮です。
やがて一息ついたところで、本題の棚卸し作業に入ります。
奥の客間に、二組ずつセットして並べていきました。

すると、掛け布団は十分にあるけれど、敷布団が足りないことが判明。
でも、もう夏前だからね。少々布団が薄くてもきっと何とかなるでしょう。
敷布団を何とか誤魔化せられれば、18組分の布団を確保できることが分かりました。
布団8

もし敷き布団が足りないとか、寒いというのならば、
毛布類も使ってもらいましょう。
ということで、「ま、何とかなる」ことが分かり、ほっと一息。
布団9

ところで、二つ上の18組写真を撮る時は、ちょっとしたドラマでした。
私が布団を整えようとすると、そのすぐ後から怪獣がやってきて、崩しにかかります。
怪獣は遊んでいると思っているので、なかなか止めようとしません。

そこで一考。
一旦その場から離れて、「U太、一度こちらに来なさい。」
そして、「いいか、ここに座って、しばし待て!」と、指示をしました。
すると、それも遊びの一つと思ったのか、
本当にその場に座ってニコニコとしながら待っておるではないか!

私が数枚撮っている間、ずっと待っていたU太。
「よし、もう撮影したので、行ってよし!」と号令をかけると、
「キャー!」と叫んで布団群に突進して行ったのでした。
その姿にお父さんはしばし感動。
「こいつってば、分かっているじゃないか。」

そんなこんなで、大騒ぎしながら受け入れ態勢を整えつつあります。
寝る部屋も、その気になれば5・6室確保できそうです。
来られる方々へ。ということでご心配なく。
マイシーツは持って来てね。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1089-3096de2f