FC2ブログ
今日は、これから先に「バイオ燃料を使って運転してみよう!」
という気になられた方のために記しておきます。

当たり前のことでしょうが、車検証には使う燃料が指定されています。
ディーゼル車の場合は「軽油」と書かれているでしょうね。
でも、世界で初めてディーゼル車が登場した時の燃料って、
100%のピーナッツオイルだったって知ってました?

話がいきなりそれましたが、
ともかく通常は「軽油」と指定されているので、
天ぷら油やバイオディーゼル燃料を入れようとするのならば、
そのように使用許可を得ておく必要があります。

ちなみに、いろいろ調べてみると、
バイオディーゼル燃料の英語表記の略語「BDF」は、
ある会社が商標登録していたので、これから先は使わないことにします。
その会社は他人が使っていることをとやかく言わないそうですが、
ここはやはり外しておきます。

以前、「阪神優勝」という言葉が商標登録されていることで、
当の阪神球団が勝手に使えないという騒動がありましたが、
こういう話題を聞くたびに、
「何でこんな言葉を許可したんだ?」と疑問に感じるばかりです。
おっとまた話題がそれました。
今日は気分が散漫しておるのかも・・・

さて本題に戻ります。車検証の表記を変更する話題でした。
私は中津川市に暮らしていますので、
車検証の管理は中部運輸局岐阜運輸支局が管轄になります。
よく「陸運局」と呼ぶ施設ということですが、
その場所はかみさんの実家の近くです。
ということで、当然のごとく、かみさんとU太もセットで移動となりました。

さて陸運局に着いて、まずは相談窓口(8番)に向かいます。
そこで、「廃食油を使えるようにしたいのですが・・・」と言うと、
「ああ、あれね。」という顔をされました。
そしてまず出された書類がこれです。
自動車検査票
1自動車検査票審査依頼書
備考欄記載事項等連絡票
2備考欄記載事項等連絡票
手数料納付書
3手数料納付書
そして、「10番窓口に行って、『第2号様式』と『第10号様式』を購入し、
必要事項を記入してください。」と指示されました。
その第2号様式がこれで、
4第2号様式
第10号様式がこれです。
5第10号様式
記入内容は大体は分かるのですが、
私の場合、車を会社所有にしているので、
どう書けばよいのか分からない箇所がありました。
そこで、改めて相談窓口に向かうと、今度は人が並んでいます。
ようやく順番がきて、正確な書き方を教えてもらい、
「書いたらもう一度ここに来て下さい。」との指示です。

そのようにして書いて再び相談窓口に行くと、またしても人の列。
並んで待って、ようやく内容のチェックを受け、
「では5番窓口に提出してください。」とのこと。
そこでもまた待たされました。
こういう施設って、本当に人を平気で待たせますね。
もう諦めていますけれど。

周りを見ると、つなぎを着た人が多いです。
きっと、○○モータースさんたちなのでしょうね。
私もかつては何でも地元のモータースにお任せでした。
でもこれからは自分でやる必要が出てくるかもしれません。
さしあたって、来年1月の車検は自分でやってみましょうか?

やがて名前を呼ばれ、新しい車検証が渡されました。
その中の備考欄に書かれた、燦然と輝く「燃料 廃食用油燃料併用」の十文字。
この文字を記載してもらうために、私は半日つぶしております。
7新車検証s
さぁこれで終わりかと思いきや、また新たに書類を渡され、
「これに記入して、18番窓口に提出してください。」とのこと。
自動車税申告書です。
6自動車税申告書
この提出を終えて、ようやく身体が開放されました。
そして、これでようやくおおっぴろげに「天ぷら油で走っています!」と公表できます。
ステッカーも貼ろうかな。
ところで、最後にこんな書類を渡されました。
クリックして拡大してみてください。
8陸運局の注意書きs
なるほど、やはり最近こういう事例が増えてきているのですね。
そして彼らは「あくまで自己責任の範疇なので、私たちは知りませんよ。」
と宣言しておるのでしょう。
これも時代の流れの1シーンだと思います。

ところでところで、上記の手続きにかかった費用はいくらだったと思います?
ジャーン!
何と、60円です。『第2号様式』と『第10号様式』の購入費用だけです。
100円でお釣りがくるなんて愉快、愉快。
高山で申請した人が80円かかったと言っていましたが、この20円の差は何だろう?

また、名古屋で同じ申請をしようとしたら、
入れる燃料の成分分析表の提出を求められたとか。
その場合は、例えばバイオディーゼル燃料を購入する場所で、
そのような書類を発行してもらう必要があるようです。

このように、所管の陸運局によって、多少の対応が異なると思います。
これを読んだ皆さんも、是非一度申請してみてください。
そして、まずはバイオディーゼル燃料を試してみてはいかがでしょうか?
そういう一歩踏み出した行動から、
次の行動と新たな意識が生まれてくると思います。
(使用する前に、ディーラーに確認してみてね。
たまに、植物性油に合わないホースを使っているケースも聞きますので。)

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1102-0fc1dd26