FC2ブログ
ずっと猛暑が続いています。
「加子母は山里だから、きっと涼しいのでしょう?」
と思っている都会のあなた。それは誤りです。

加子母でも日中は相当暑いです。今年は特に暑く感じます。
それでも夜からは冷えてきて、
朝方は布団が無いと寒く感じるくらいなのが救いですが。

7月13日に田植えを終えた田んぼの方では、
植えた苗が次々に株分けを始めています。
周りの水田と比べるとかなり出遅れ感がありますが、
この夏の間にきっと盛り返してくれることでしょう。
株分かれ
先日U太とお母さんが畦に撒いた大豆も、
無事鳥に食われずに出てきました。
枝豆を食べられる時がいつやって来るかな?
とても楽しみです。
大豆

さて田んぼを一望すると、
枯れ草マルチのお陰でそれほど雑草は出ていないように見えます。
田んぼ

でもよく見ると、実はぼちぼちと草が出始めています。
そしてその草たちは結構パワフルです。
というのも、もともとものすごい背丈まで伸びた草の上を刈っただけなので、
根はしっかりと大きく育っているのです。

昨日はその草たちを取り除く作業に精を出しました。
田植えの時とは違い、水が張られているので、ずっと中腰の作業です。
これは相当きついです。
お陰で腰がパンパンになってしまいました。

昔、「お百姓さんが八十八の手間をかけるから『米』と書く。」
と教えられました。
今やかなり機械化されているので、それほどの手間ではないでしょうが、
今回のような作業をすると、まさに上の言葉が身体に沁みます。

午前中、ゼーゼーいいながらとりあえず終了して、
水シャワーを浴び、しばし休息。
午後からは畑周りの草刈りをしました。

今年は家にいる時間が長くなったので、例年よりは草刈りのペースは良いです。
でも草刈りをやればやるほど、
「あそこもやろう。あちらもやらねば。」と気づく点が多々現われます。

今年は、いや今年こそは、借りている畑全体の草刈りを完了したいものです。
全体で4反弱(1200坪)ほどあるので、
最後までいったらまた始めからやることになる、
「ネバー・エンディング・ストーリー」なのでしょうが・・・

それでも今までは最後までやったことがないので、
ある箇所はジャングル化しています。
「土地全体をメンテする!」
今年後半の大きなテーマになりそうです。

実は心密かに、
「一日中、こうやって田や畑や山の管理をしながら過すことで、
生きていけたらいいだろうなぁ。」と願っています。
もう少し正確に書くと、土地の管理をするというよりも、
土地の「デザイン」をするのが好きなんだと思います。

現実には「家族を食わせていかねばならない」面があるので、
悠長なことを言っている場合ではないのですが、
少しずつ願いを叶えながら生きていきたいものです。
きっとこれまた「ネバー・エンディング・ストーリー」なのでしょう。
そしてそれは「終わりのない喜び」の時なのだとも捉えています。
今日もまた畑に出ます。

↓応援(一日1クリック)していただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1111-eeecdeb0