FC2ブログ
昨日、かみさんが「兆候らしきものを感じた」とかで、
あくまでも「らしきもの」ですが、
再び「お、もうすぐか?」モードが高まった私たちです。
(でも、その後はやっぱりのんびりモードらしいですが・・・)

では今のうちにと、U太と私だけで加子母に日帰りしてきました。
「あれがない」「これがあると便利」「あれをし忘れた」系の用事を済ませるためです。
そしてもう一つの目的は「お母さんを一人にさせてあげること」。
お腹の子とゆっくり語り合う時間が必要と考えたのです。

さて家に着き、次々と用事を済ませようとしますが、
「トータンこれ見て!」「トータン歌って」「トータン本読んで」攻撃に合い、
なかなかはかどりません。
よく地震などで避難した家族が、短時間の自宅戻りを許されたものの、
「大したこともできんかった。」と帰途につく姿が自分とだぶりました。

いろんな準備をこなすうちに、目の端に写ったものが一つ。
「そうだ。これも途中だったんだ。」
それは「最新型廃食油ろ過システム」の試作品です。

以前、「つづく」と書きながら、そのままにしていたネタの一つですが、
その後の報告をしておりませんでした。
まず、この時の「漬物石モデル・タイプⅠ」は、今いちでした。
コメント欄でもアドバイスがあった通り、ろ過した後と前を見比べて、
透明度が若干高まったものの、満足できるレベルではありませんでした。

そんな時、恵那の親父と話していて、
「炭を使ったらどうだ?」との助言をもらいました。
昔は炭を使って山水をろ過したとも言いますし、
このアイデアは結構いけるかも?

そしてもう一つのヒントが「ペール缶のくびれ」です。
ペール缶って、どれも同じ場所にくびれがあるのです。
ちなみにペール缶を重ねてみると、うまい具合にそのくびれで止まります。
これは便利!何かに活かせるかも?

ということで、早速試作品にとりかかります。
まず、上段用のペール缶にはキッチンペーパーを敷き、
1第二弾上段ペーパー

不敷布バッグを載せ、
その中に炭を入れました。
2第二弾上段炭

一方、下段用のペール缶には4つの穴を開け、コスロンを取り付けました。
3第二弾下段コスロン

何故こうしたかというと、少し考えを改めたからです。
前回は「脱コスロン」を宣言しましたが、やはりコスロンの効果は強いです。
でも今の「コスロン二段仕込み」では、あまりに消費が早い。
そこで「脱コスロン」改め、「省コスロン」と称し、
できるだけコスロンを少なめにして使うことにしたのです。

そして、「二段仕込み」の方は、コスロンの設置数を減らし、
むしろろ過する回数を増やすことにしました。
要は、手間を惜しまない主義に変更したのです。
今回取り付けたコスロンは、その最初の層という訳です。
(実物を見ない方には、何を言っているのか分かりにくいでしょうね。)

そうして出来上がった第二弾。
前回の第一弾よりもペール缶が一つ増え、背が少し高くなりました。
4第二弾完成

そして早速に廃食油を上段に注いだところ、
何と!炭が浮き出しました。
しまった!炭が油に浮くということに考えが及んでおりませんでした。
馬鹿ですねぇ。

仕方なしにそのままほおっておき、数日後にろ過後の油を見ましたが、
ほとんどろ過されておりません。
つまり、大失敗。

「ならば、炭が浮かないようにすればいいんだろ?」と反骨心に一人火がついた私。
何かないかと百均に向かい物色すること数度。
見つけました!ドラム型の洗濯ネットです。
「ランジェリー用」と書いてあったのが少し恥ずかしかったですが、
目的のためにはそんなことを気にしておれません。
5第三弾炭袋

そして今回、新たな改造を加えました。
最上段のペール缶には多目の穴を開け、
6第三弾最上段穴

「リード」のキッチンペーパーを数枚敷いて、網焼き用の網を被せました。
リードのペーパーは他のキッチンペーパーよりも目が粗いので、
最初のろ過には丁度良いようです。
網はもちろん百均でゲット。
7第三弾最上段ネット

そして二段目のペール缶には普通のキッチンペーパーをやや多めに敷き、
8第三弾二段目ペーパー

その上に「ランジェリー洗濯ネット炭袋」を置きます。
つまり、最上段ペール缶の底に押されて、炭が浮かないという訳です。
しかも炭の細かい煤をキッチンペーパーが受け止めます。
9第三弾二段目炭袋

そして三段目は、第二弾下段に使った「コスロン4つペール缶」です。
こうして出来上がった第三弾のろ過システム、
最後にろ過後の油を受け止めるものも含めて、4つのペール缶を重ねたタワーです。
名づけて「重ねペール缶タワーモデル・炭タイプ」です。
(だんだん名前が長くなってきた。)
91第三弾重ねペール缶モデル炭タイプ


この最新ろ過システムを作り上げ、廃食油を注ぎ込んだ状態で、
岡崎に旅立ったのでありました。
その結果は?
フッフッフッ、つづく。

↓応援ありがとうございます!
↓一日1クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
Secret

TrackBackURL
→http://maasan.blog19.fc2.com/tb.php/1160-e8244278